2017年10月23日 (月)

台風なう

選挙の結果は大方の予想通り与党の圧勝となった。ただ、これが安倍内閣の信任とイコールなのかどうかは不明。
今後本当に憲法改正に向かって動き出すのだろうか。
 
それはさておき、いよいよ台風が迫って来た。雨・風ともに強く雨戸に打ち付けている。
我が家は高台にあるので分からないが、南の方では浸水とかあるのだろうか。さっきスマホに市から情報が飛んできたが、避難した方が良い地域とか書いてあった。該当する地域の皆さんは充分注意してください。
もう、早く去ってもらいたいの一語。
 
これからが本番?朝まで気が抜けない
    ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2017年10月22日 (日)

投票に行って来た

台風接近で、期日前投票にでも行こうかと思っていたが、気が付けば今日(オイオイ)。
テレビでやっていたが、期日前投票は今日の天気が悪いのが分かっているので、かなり混んでいたそうだ。どちらが良かったかな。
さて、今日は張り切って7時前に家を出る。もちろん雨が激しくなる前にと言う事で。
しかぁ~し、投票所についてビックリ。7時数分前だと思うが、既に20人以上が並んでいるではないか。
「早くしろ」との声が聞こえる中、列が動き出した。やれやれ。
それにしても、こんな早くから並ぶ人もいるのに、どうして投票率が上がらないんだろう。まあ、今夜の開票速報まではのんびりしているとするか。
 
天気は火曜から良くなるようだ
    ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2017年10月21日 (土)

馬肉

台風が近づいている。明日の投票はどうなるか。
と言っても、私自身については投票は皆勤賞なので、明日は大雨でも行きますよ。でも、本当は期日前投票もしてみたかった。
 
Img_20171021_145048ネットで馬肉を購入。今まで馬肉には馴染みがなかったが、福島旅行の際に初めて食べて、その癖のなさに驚いた。これはいける。
ちょうどネットで格安のうえに送料無料(価格に含まれているのは重々承知)のものがあったので、思い切って購入してみた。
残念なのは国産ではなかった(私が購入したのはメキシコ産)事。でも、例えば松坂牛と同じように履歴がしっかりしているようなので、これは大丈夫と購入。
最新の冷凍技術のおかげで、解凍の際のドリップがほとんど出ない。味も本当に癖がなく美味しい。次回は国産のものを買ってみようかな。
 
このところ体調も湿りがちだ
    ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2017年10月20日 (金)

へらスタイル海へ!

雨続きで釣行出来ず、パソコンの前に座り続ける毎日。
そんな中、面白いものを見つけた。ヘラブナ釣りの仕掛けで海釣りをするというもの。
前後半に渡っているが、すぐに見終わってしまうくらい面白かった。





竿やウキが塩気で傷まないか心配だ
    ↓        ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2)

2017年10月18日 (水)

何処に入っても厳しいようで@増沢池 with Oさん

やっと雨の降らない日が来た。体調は万全ではないが、とりあえず龍角散を飲み、のど飴を持って増沢へゴー!いつもより多少早めに出たつもりだったが、駐車場着は8時過ぎか。あっ、Oさんの車。それではいつものように日陰側深場へ挨拶に行くかな。いや待てよ、確か前回、次は日向側へ行くとか言ってたような気が。それではさっさと荷物を降ろし、橋を渡る。かつてのいつもの場所にはいつもの人。挨拶したが様子は訊けなかった。日向側遊歩道に沿って1人、旧流れ込みに1人。日陰側ダム?Img_20171018_085457Img_20171018_084453そばにはあたりさわりの声。遊歩道沿いにいたのがOさん。まずは挨拶。今日は11尺で、まだウキが動かない。私はそこから更に深場へと向かい、整地された辺りの左端に入り、さあ準備しよう。それにしても暑い!今日は確か20℃くらいまでしか上がらない筈なのに、既に暑い。1枚脱ぐ。さて、竿は15尺で底から入ろう。餌はもちろんいつものバラグルセット。湖面は凪いでいるので、太いトップのウキは不要な気がするものの、ウキを替えてオモリの調整をするのが億劫でそのまま。準備中にO合さんがやって来て、同じ整地された辺りでも、私からかなり離れた深場に入った。さて、底も取れて開始は9時3分。ウキの馴染みはまあまあ。果たして雨の後で濁りがあって釣れそうな気がするが、どうだろう。すると、何と言う事でしょう、第一投からウキが返した!まあまあ、バラケが抜けたのかもしれない。もう少し様子をみよう。だが、その後も強弱はあってもウキの返しが出る。これは絶対に何かいるぞ。更に返した後にもモヤモヤする時があって、これは絶対にあたるに違いないと粘ってみても、悔しいかなその後がない。もちろんウキ下の微調はやってみるが、何しろ極太のトップなのであまり効果が出ない感じ。Oさんも相変わらずウキが動かないと言っている。O合さんも同じ。遠くいつもの人はどうだろう。竿が曲がるところを見ていないが、果たして。その後どうにもならない時間が続き、10時を過ぎる。ここでひらめいた。ウキを替えよう!私にとってはありえない選択。でも、やりました。すると、第一投からウキが馴染んで上下。ちょうどOさんが様子を見に来てビックリしていた。対面には5,6人のへら師。竿が曲がっているかは不明。私はウキを替える事であたりが出るかと期待したが、状況は変わらず。ただ、ウキの動きが多少大きくなっただけ。それに、どうやらへらは底から少し上にいる様子。上ずらせたのかもしれない。あたりらしきウキの動きも2回くらい出たが、いずれもカラ。どうやら今日の凸は間違いないところ。11時を過ぎ、餌も減って来た。私の両側はまだ1回も竿を曲げていない。あまりにあたらないので、これは多分違うだろうというウキの動きに出を出してバラシ。もうどうにもアキマヘン。と、11時前に終わったいつもの人が様子を見に来てくれた。これにはビックリ。こDscf8539ちら側の足場の良さに感心していた。お疲れさまでした。さて、いよいよ11時半を過ぎる。と、フワッと返したウキがグッと入り、これに合わせればやったとうとう掛かりました!う、嬉しかぁ。サイズはそんなでもないが、この1匹は大きい。時間的にも午前中のGT、さあどんどん行こうとDscf8540言いたいところだが、バラケが尽きてしまったので、両グルで打つとウキの動きは悪くなり、ラス前にバラシが出てガクガクッ。どうやら今日はこれで終わり。遂にオーラス。しかぁ~し、やっと「最後の一投」が効いて「上がりべら」ゲットだ!こちらのサイズはまあまあ。時刻は11時56分。結果、底では実釣2時間50分余で2匹。本当に厳しい中、何とか凸を免れてDscf8541ホッ。さあ、一旦休憩して昼食としよう。それから、竿を12尺に替えて両グルの宙をやるそ。餌はα21・グルテン四季。「たな」は深めで開始は12時13分。Oさんが竿を曲げている。流石です。さて、数投でウキがグッと入り、やったと合わせるがバラシ。すると、そこから先はウキの動きがなくなってしまう。O合さんも竿を曲げた。私はウキが馴染んだら1回誘ってから餌を切る、を繰り返したがウキは動かず。次第に曇って来て、体感温度も下がって来たのでDscf85421枚羽織る。と、何故か急にウキが動き出し、これはと思ったものの、あたって来たのはブラックの子供。ピンボケだが一応写真。ご退場願った。その後は再びウキが動かなくなり、「たな」をどんどん深くして底を探る。すると、ここであたりに合わせて掛かって来たのはブルー。こんなものしか掛かりません。一体どうすれば・・・。Oさんはまたも竿を曲げる。私が終わるまでにもう2匹追加して4匹となった。素晴らしい。さて、底が分かったので、そこから少しずつ「たな」を上げていくと、最初よりやや浅めでウキが動くように思えたので、そこを重点的に攻める事に。だが、ウキは極小さくモヤモヤしたりするが、どうにもあたらない。あっDscf8543という間に1時を通り過ぎて2時だ。ここで考えた。鈎に残るグルテンカスで打ってみよう。すると、何と言う事でしょうPART2、ウキがグッと入って嬉しや1匹目ゲットだ!やはり動く餌には反応するのかな。ものの本には、へらは動くものに反応しないと書いてあった記憶があるが、そんなの関係ねぇ~っ!てか。まだ午後のGTにはちょっと早い気もするが、どんどん行こうではないか。しかぁ~し、餌が残り少ない。せっかくウキが動き出したのに・・・。Dscf8544そしていよいよラス前。あっ、あたった!そして掛かりました!やった「上がりべら」ゲットか?しかぁ~し、何だか横を向いて上がって来るぞ。「たも」に収めるとガックリ腹びれにスレ。今日一番のサイズなのに・・・まさにトホホ。そして最後の一投も叶わず2時18分に終了。結果、宙では実釣2時間余で1匹。トータルでは実釣5時間10分で3匹。ダメだ、釣れなかった。Dscf8545特に底ではあれだけウキが動いてもあたりが出ず苦労した。あの場合私はどうすれば良かったのだろう。ヒイヒイ言いながら日向側までやって来たが、効果はあったのだろうか。片付け中にOさんがやって来た。今は全くウキが動かないとの事。それでも渋い中4匹ゲットすれば充分でしょう。O合さんはあの1匹以外はウキが動かないと言っている。片付けを終え、お二人に挨拶して車に戻る。午後になって逆に冷えて来た気がする。さあ、帰るとするか。ベイシアには寄っても寄らなくてもいいが、寄ろうかな。さっさと池を離れた。
 
明日からまた天気が悪くなる。今日の釣行は正解だったんだろう、きっと
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2017年10月17日 (火)

残念!

Img_20171017_114329体調は依然として変わらず。天気も変わらず。
と言う事で?今日は雨の中パン屋さん「55bread」まで行って来た。単に行っただけだが。
と言うのは、到着するもやっている気配がない。店内に入っても暗く、中にいた人に訊くと、何と今日は月に何回かある火曜休みだと言うではないか。ネットでは本日営業とあったので、疑いもなく来てしまったのだが、まさにトホホ。
でもまあ、そんな事もあるさと気を取り直し、次の目的地「つかさ製菓」へと向かう。
ここで、ザわさんからグーと言われている「みそまん」を購入。楽天で1位になったとか正面に貼ってあった。
それから、帰宅途中に「松月堂」でコッペパンを買う。昔のボソっとした感じではなく、今風のパンになっているのは仕方ないか。
 
体調を戻さないと釣りにも行けない
    ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2017年10月16日 (月)

体調が

このところの雨と低温で、体調が思わしくない。喉が痛い感じがする。どうやら風邪をひいたようだ。
それに、足の先が痺れる。これは腰から来ているようだ。
大事に至らないよう注意しているが、果たして。
他にやる事もないので、パソコンの前。これも目が疲れる。
早く天気が回復して欲しいものだ。そうすれば釣れても釣れなくても竿が出せる。
ホント、こんなに釣行したいと思ったことはそんなにない。ただ、先に書いたように体調と相談しなければ。
布団に入って大人しくしているのが正解かもね。
 
明日はちょっと無理してでも出かけてみようかな
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2017年10月13日 (金)

喜楽堂 & まるしょうパン

今日は朝から天気が悪く、何だか体調も優れない感じだ。
何とか釣りは出来そうな予報でも、だるくてやる気も出ない。
これではマズイと、昼食後に出掛ける事にした。
行き先は助信方面。柳通りを東に向かい、赤電の手前の細い道を入って「喜楽堂」へ。小さな店だが、以前から何度となく瓦せんべいを購入している。
Img_20171013_134657それから、以前ザわさんから聞いていたパン屋さん「まるしょうパン」へと向かう。
店の前の道が一方通行なので、ちょっと入りにくい感じ。
パンは価格的にはリーズナブル。まだ食べていないが、適当に見繕って買って来た。
これからしばらくは雨が続くので、鬱陶しい日を送る事になる。その後は一気に寒くなるので、人間だけでなくへらもしんどいのではなかろうか。
 

ホント、具合が悪くなるような天気だ。何だろうこれは
    ↓        ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2017年10月12日 (木)

短時間でも充実?の釣り@増沢池 with Kさん & ラ・ジータ

昨日は予定していた用事がなくなったので、釣りに出掛けても問題なかったのだが、気持ちが乗らず。そのためなのか、または明日から天気が・・・(以下同文)。今日は通院日で普通は釣行しないのに、何とか間を縫って増沢へゴー!駐車場にはOさんKさんの車がない。ひょっとして釣れなくて来ていないのか。とりあえず荷物を降ろして池に向かう。もちろん行き先はかつてのいつもの場所。あっ、柳の木の奥に先客。Dscf8531たまに見かける人だ。挨拶すると、今日は良くないと言う。「今日も」ですねと返事。対面にはO合さんがいつもの場所で準備中か。私はかつてのいつもの場所に入る。前回釣れた旧爆釣ポイントでもよかったが、先客がすぐそばにいるので・・・。まだ湖面は凪いでいる。さっさと準備しよう。しかぁ~し、ここで風・波。ガクガクッ。そういう時間帯に来る私が悪いのは分かっているが、ちょっと辛い。遅くとも1時半には終われるように段取りするぞ。まずは底から。竿は15尺、ウキは極太トップ、餌はいつものバラグルセットと前回と同じ。ウキの視認性には問題ないので、ささっと底を取って(今日はあたらなかった)、開始は9時24分。ウキの馴染み具合を見ながら数投すると、ウキが小さくではあるがモヤモヤしているように思えてならない(個人の感想です)。が、特に何も起こらず10時。ダム?方面には消防車が来て訓練を開始。この頃Kさんがやって来て、ちょうど私の正面に入った。さて、ウキは前回同様動いてはいるものの、その後2回連続してあたったがDscf8532カラ。それでウキ下を1cmくらい上げてみると、これがバッタリ。わずか1cmでそんなに違うのか?10時半頃にウキ下を元に戻す。すると、何と言う事でしょう、ズバッとウキが消し込んで1匹目ゲット!凄い引きだったのでスレかと思ったが、OK。対面O合さんも竿を曲げた。前回同様好調な様子。私の方Dscf8533はそれからしばらくして、ウキが馴染んで返してチクッ!の抜群のあたりで2匹目!これは素晴らしい。こんないいあたりで釣れるなら言う事なしだ。しかぁ~し、出ている風・波でウキが流されるのは仕方ない。ただ、何故かウキの動きは残り、シモリながらのチクッ!で3匹目!つい最近までウキが動Dscf8534かないとボヤいていたのが嘘のようだ。さあ、こうなると底単独での第2目標が視野に入ってくる。しかぁ~し、本当に何故なのか分からないが、そこからウキの動きが急に悪くなる。あっという間に11時。予定では12時のサイレンまでには底を終えるつもりなのに、ウキの見過ぎなのかまだ餌が残っている。まあ、何とかなるさ。柳の木の奥の先客は帰った。釣れたかどうかは分からないが、お疲れさまでした。さて、その後も餌を打ち続ければ、これまた2回だけあたったものの、いずれもカラ。午前中のGTは最早ないと同じなのか。その後も虚しい餌打ちが続くが、12時近くなり、グルテンの方が余りそうなので両グルで打ってみると、数投後にウキがモヤッと返したままで動かない。やれやれ、何も変わらないなぁと、ふとDscf8535下を向き再び顔を上げると、ウキがない!慌てて合わせれば、やった掛かってます!これまたスレかと思いきや、ちゃんと口でした。そろそろ餌が終わるのに、このタイミングであたってくれてありがとう。その後12時のサイレンを聞けば、残りあと数投。そしてラス前。頼む、ここまで来たら何としても第2目標Dscf8536をクリアしたい。すると、何と言う事でしょうPART2、またもや返してチクッ!で「上がりべら」ゲット アンド 第2目標クリア!もう何も言う事はありません。残念ながら最後の一投は叶わなかったが、充分満足して12時13分に終了。結果、実釣2時間50分で5匹。終わりが決まっている中でこれだけDscf8537釣れた。嬉しいの一語。途中どうなるか心配だったが、ほぼ予定通りに餌を打ち終えたのも嬉しい。もう次をやる必要は感じない。終了としよう。片付け。見れば対面には8人ものへら師。まだ傘は必要らしいが、Kさんはナシでやっている。暑くないのか?片付けを終え、対面に挨拶しようと思ったら、何とKさんが竿を曲げているではないか!しばらく待って取り込んでから挨拶。車に戻る。いやぁ、今日はホント来て良かったぁ。短時間でこれだけ楽しめたのだから(もちろん私にとって、だが)。気温は上がりつつあるが、日陰にいたのでノー・プロブレム。車に戻るまででも息も上がらない。さあ帰ろう。さっさと池を離れた。
 
Dscf8538帰宅途中、「秋桜」でパンでも買って行こうと思っていたのに、気が付けばモクレン通りをひた走る自分がいた。最近は物忘れがヒドくってねぇ(って、そんなの知るか!)。それではついでではないが、久しぶりに「ラ・ジータ」に行ってみよう。1時を過ぎているが、そんなの関係ねぇ~!ってか。適当に見繕って購入。さっさと家路に就いた。
 
明日からは本当に天気が悪くなる。しばらくは我慢だ
    ↓        ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2017年10月10日 (火)

本当は来たくなかったのに@増沢池 with Oさん and Kさん

昨日の悪夢がまだ頭に残っているが、明日から天気が下り坂(ワンパターンなエクスDscf8522キューズ)なので、半ばいやいやながら出掛けました増沢。駐車場にはOさんKさんの車。まずはいつも通り日陰側深場へと向かい、Oさんに挨拶。今日も良くないと言いながらも、昨日は何と5匹をゲットしたとの事。裏の山には何匹鹿がいるのか?対面O合さんとKさんにも挨拶。それから車へと戻り(既に息が荒い)荷物を降ろしてかつてのいつもの場所へと向かうと、柳のDscf8523木の奥にはⅠ藤さん2号。今日はまだ1匹との事。やはり厳しいのに変わりはないか。かつてのいつもの場所にはいつもの先客。こちらはまだ結果が出ていない。昨日と状況は変わらないようだ。ただでさえテンションが上がらないのに、更に追い打ちをかけられた感じで準備。ウキが見辛いのは承知で15尺を出す。昨日あれだけ酷い目に遭ったのに、懲りもせず底から入るぞ。もちろん太いトップのウキを採用。しかぁ~し、昨日と少し場所がずれただけで、ウキの視認性は更に悪くなっている。しかも、底取り途中から波まで出て来たではないか。それでも何とか底を取り、開始は9時49分。しかぁ~し、太いトップの採用にも拘わらず、ウキがほとんど見えない状態。先客に訊くと、昨日の私のように、見えない事はなさそうだ。やはり場所の選択が大事なのか。でも今更対面にまで行きたくないし・・・。しばらく我慢していたが、10時を過ぎてイライラが爆発しそうになり、思い切って更に太いトップのウキ(おそらく使う事がないと思っていたもの)を出す。そして餌落ち目盛だけ合わせて再開。底取りは?実は焦っていて底を取り忘れたのだが、ウキの馴染みが想定内だったのでそのまま。対面ではO合さんKさんが竿を曲げている。裏山鹿~。ただ、最初に出したウキの時にも感じていたのだが、何かしらウキがモヤモヤしている気がしてならない。時折ウキの馴染み際で落下速度が少し早くなった事もあった気が。ハッキリとそうだと言えないところが辛いのだが、それでも最初よりはウキが見えて来たぞ。太さが倍まではいかないが、結構太いのであたりは期待しないほうが良さそうだ?あくまで精神安定のためなのだから。10時半を過ぎ、先客がそろそろ終わり。私は何とかウキを見ようと立ち上がって中腰で見ていると、Dscf8524何とあたったではないか!やはりウキはモヤモヤしていたのだ。急にやる気が出てウキを見つめると、遂にあたり!そして掛かりました!う、嬉しかぁ・・・。片付け中の先客もバッチリ見ていた。何とⅠ藤さん2号とツーショットになったと言うではないか。そして帰った。お疲れさまでした。しかぁ~し、Dscf8525私のウキはまだ動き、餌落ちまで戻したウキを辛抱強く見ていてのあたりで連荘!これには自分でもビックリだ。もう昨日を超えている。Ⅰ藤さん2号も驚いている様子。更に、5時間近くやって2匹だと片付けながら話しかけて来た時には、Ⅰ藤さん2号の目の前でバッチリのあたりで3匹目ゲット!ウキをDscf8526Dscf8527太くした甲斐があるというもの。更にⅠ藤さん2号が片付けのために奥に向かった時にもあたり!何とわずかの間に4匹をゲットとは、一体昨日は何だったのか?Ⅰ藤さん2号はじきに帰った。お疲れさまでした。さあ、あと1匹釣って久し振りに単独での第2目標を目指そうではないか。しかぁ~し、私のGTは時間が短い。あっという間にウキの動きがなくなる。それで、と言うかグルテンが余りそうなので、両グルで打ってみると、数投打ち終えてからふと下を向いたその時に、竿に力が掛かった!慌てて合わせるがハリス切れ。ガクガクッ。急いでハリス交換してみるが、時既に遅し!それからじきに餌が尽Dscf8528きて底は終了。時刻は12時24分。結果、第1ラウンドでは実釣2時間35分で4匹。昨日とは雲泥の差だ。何が違うのか?日時が違うのはあたり前として、場所が少しずれた。竿を長くした。ウキのトップは極太。これくらいかな。ホント、今日は来て良かったなぁ(オイオイ)。さあ、グッと気が楽になったので、第2ラウンドは宙でもやろうか。いや、ここは昨日1匹しか出なかった(1匹も出たと言うのが正しい)「ドボン」で行ってみよう。底の時の状況から、トータルでの第2目標はおろか、トータルでの第3目標まで行けそうだ。まずは昼食。それから餌を作る。これが何故か真底+冬。両ダンゴで何とか1匹と言う事。仕掛けが遊動式になっているのでオモリを追加し、ウキを見やすい位置にセットしての再開は12時35分。しかぁ~し、ウキに動きなし。そのまましばらく打ち続けるが、ウキは動かず。ただ、空合わせ(仕掛けを上げる)で2回スレてしまい、1回はハリスを切られた。へらは餌の近くにいる、それは間違いない。ただ、食わせられないのだ。Kさんは1時過ぎに帰った。釣れたようだが本人はご不満の様子。お疲れさまでした。その後あっという間に時は去り、開始1時間。このままでは凸まっしぐら。何とかしないと。と言う事で、まずは「玉」にご登場頂いたが、ネットで見た「2つ付け」も効果なし。それではとグルDscf8529テンを作る。α21単体を少量。そしてトイレ休憩の後に再開すると、何と第一投でウキが消し込んだではないか!慌てて合わせればやった掛かりましたよ!しかぁ~し、見てみれば上鈎のダンゴを食っている。グルテン、意味ないじゃん(トホホ)。とりあえずトータルでの第2目標はクリアしたので、本来なら万々歳なのだが、何かスッキリしない。きっとトイレ休憩が床休めになったのだろう。それが証拠に、その後は再びシーン状態に。いよいよ開始2時間。餌も残り少なくなったところで、昨日は底すれすれの宙にしたが、今日は底に戻す。上鈎にだけ粘土Dscf8530を付けて振り込み、数回でウキのトップだけが水面から見えている状態に。と、そこからウキがムッと入った!まさかと合わせると、やった掛かってますよ!今日は鈎は綺麗なもので、グルテンカスなど付いていなかったのに、空鈎は食うんだ(餌が付いていると食わないのに・・・)。でも、カウントカウント(コImg_20171010_150849ラコラ)。そして再開だが、既に3時。対面O合さんが終了。と、ラス前に返したウキのチクッ!が出た。そして掛かりましたよ。う、嬉しかぁ・・・「上がりべら」だ。しかぁ~し、ハリスが絡んでそれを解くのに時間が掛かると、最後の一投では特に何もなく終了となってしまった。時刻は3時18分。結果、第2ラウンド(「ドボン」+底)では実釣2時間40分で3匹。トータルでは実釣約5時間15分でImg_20171010_1518517匹。昨日とは大違いの結果に我ながら驚きだ。片付け。O合さんは横にいたO野さん、看板横のO石さんと3人O型ブラザーズとして帰った。お疲れさまでした。私も片付け。湖面は悔しいくらいに凪いでいる。今日は気温が30℃くらいになるとの予報だったが、汗ばむ事もなく気持ちよく釣りが出来て結果も出た素晴らしい日になった。ホント、来て良かったぁPART2。片付けを終え、車に戻る。さあ、今日はベイシアに行っても行かなくても良いが、とりあえず行こうかな。さっさと池を跡にした。
 
明日は快晴のようだが、用事・・・
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2017年10月 9日 (月)

あたりが全く出ない@増沢池 with Oさん、バットさん達 and 岡ジャミKさん

このところテンションが下がっているのか、好天でも竿を出す事がない(洗車で疲れImg_20171009_090451た?事もあるけど)。それはマズイと出掛けました増沢。駐車場にはOさんの車を見つけたので、まずはいつも通り日陰側深場ワンドに向かうと、あれれバットさんとキアヌさんがいるではないか。車ってあったかなぁ?実はすぐそばにあるのに気付かなかったのだ。トホホ。今日はyurieさんがImg_20171009_090828来浜するようだ。それから深場のOさんのところへ。最近はずっと厳しいらしい。対面にはO合さんが準備中?車に戻り、楽をするためにかつてのいつもの場所方面へと向かう。案の定誰もいないぞ。対面看板横には2人の先客。1人はだみ声(失礼!)で大きな声。まるであたりさわりのだみ声ヴァージョンを聞かされている感じ。まずいところに入ったなぁ。でも、他の場所Img_20171009_092042に行く気もないし、ここで準備だ。まだ湖面は凪いでいるので、細いトップのウキを使って底から入ろう。竿は12尺、餌はいつものバラグルセット。しかぁ~し、底取りを始めようかと思ったら風・波。仕方なくトップを太いものに交換。うわっ、以前よりずっとウキの視認性が悪くなっている。細いトップにしなくて良かったぁ。開始は9時36分。ウキの馴染み具合を見ながらテンポ良く餌打ち?していくが、ウキに動く気配が感じられない。私なりに工夫をしてみるが、本当にウキが動かない(たまに弱く返す感じがしても、その後はシーン)まま、気が付くと開始1時間。それはないでしょう。たまに返すのなら、細いトップで小さなウキの動きを拾おうではないか。急いで交換して底取りするが、最初の事を忘れていた。ウキの視認性がかなり悪いのだ。まさに泣きっ面に蜂。でも、これくらいしないとあたりを見られそうにない。懸命に目を凝らすが、ウキを変えても状況は変わらず。挙句の果てに、あたりではなさそうなウキの動きに手を出してスレバラシ2回。1回くらいまともなあたりらしきウキの動きを見た気がしたが、いずれにしてもカラだった。そのまImg_20171009_120758ま12時のサイレンを聞いて餌が尽き、ジ・エンド。時刻は12時7分。まさに手も足も出ないとはこの事。看板横では2人とも竿が曲がった様子。裏山鹿~。さあ、次はどうするか。宙ではおそらく凸必至(セットも出来ないし)。段底という手段もあるが、元よりやった事が数回しかない。それでは、馴染みの「ドボン」で行こう。オモリが遊動式になっていないので、仕掛けを改造。ささっとトップの位置を決め、それから餌を作る。α21+グルテン四季を大体2時間分。Kさんが橋の上から声を掛けて来た。明日から竿を出す予定なので、池の様子を見に来たとの事。対面のO型ブラザーズのそばで岡ジャミしていたが、いつの間にか帰ったようだ。岡ジャミお疲れさまでした。さて、昼食後の12時21分に再開。グルテンが少し柔らかめに出来たので、あまり待つ事は出来そうにない。それでも数投したImg_20171009_123518ところで、ウキが小さく上下した!のを見逃さずに合わせれば、やったとうとう掛かりましたよ!う、嬉しかぁ・・・。ちゃんと口ですよ、口。あ~っ、と安堵の声。何と言ってもゼロと1では大違いなのだから。それにしても「ドボン」でもあたりは小さいのか。これは厳し過ぎるなぁ。その後もう1回小さなウキの動きが出たが、残念手が出ず。T林さんが様子を見に来てくれた。ワンドの辺りもウキが動かないらしい。OさんはT林さんが見たところでは2匹はゲットしたようだ。流石です。バットさん達の様子はバットさんのブログ更新を待とう。さあ、何とかもう1匹釣って気持ち良く終わりたいところではあるが、「ドボン」であってもウキが動かず。餌打ちのインターバルを早めたり遅くしたりと出来る事はやってみるが、状況は変わらず。餌がかなり減って来たところで、思い切って底ギリギリの宙にしてみると、何と数投でウキが動いたではないか。クーッ、痺れるなぁ。しかぁ~し、そImg_20171009_142020の後は何もなく餌を打ち終え、2時20分に無念の終了。トータルで実釣4時間半で1匹。ウキが見難いのとあたりの少なさから、いつもより真剣にウキを見つめたので、釣れないのにいつもより疲れた。腰も痛い。終わりだ終わり。片付け。看板横の2人は帰った。釣れて良かったですね。お疲れさまでした。片付けを終え、車に戻る。バットさんに皆さんに宜しくとメールして家路に就いた。今日は来なくても良かったのではと思いながら。
 
凸は大会だけで充分腹一杯だ
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2017年10月 7日 (土)

洗車

やっと洗車をする気になった。
7月に定期点検があり、その際に洗車してもらって以来だから、随分汚れているのだろう。
朝方まだ曇っていて、ひょっとしたら雨になるかもと思いながら開始。
とにかく背が高い車なので、椅子に乗って屋根を洗うが、これがキツイ。そんなに大きな車ではないのに、手が届かないところがあって、椅子をずらしながらヒイヒイ。
全体をくまなく洗い上げたところで、今度は社内の清掃。釣りの道具に付いてくるゴミが溜まり溜まって、これを濡らしたタオルと掃除機で除去。これも疲れたぁ。
体中びっしょりになったので、終了後にシャワーを浴びたが、そこで疲れがどっと出て来た。足も攣りそうになるくらい。
結構な運動になるので、もっと頻繁に洗車しよう。と今は思っているが、億劫が勝ってやらないのは必定?
 
明日くらいには竿を出したいが
    ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2017年10月 5日 (木)

場所を変えても変わらず@増沢池 with Oさん

今日は久し振りに引佐天池にでも行こうかなと思っていたが、気が付けば増沢の駐車場(って、そんなのありか?)。Oさんの車があったが、何故か今日は深場まで行く気持ちにならず、さっさと荷物を降ろして向かったのは、何と橋。そうです、これから日向側へと向かうんです。橋の上からかつてのいつもの場所にいるいつもの人に挨拶。さっき1枚目が出たとの事。やはり渋いままなのか。さて、坂を下りて向かったのは日向側看板横。ここは釣れると言われているので、もしここで釣れないと何を言われるか分からない。で、本当は避けようと思っていたのに、遊歩道まで行く気力もなくDscf8511Dscf8512到着。足元の粘土質で滑らないよう降りる。湖面は凪いでいるが、思ったより寒いぞ。薄手の上着を着て来たが、もう1枚チョッキくらいあればと言う感じ。でもないので、準備開始だ。日陰側との比較という面もあるが、12尺で行こう。もちろん底から。餌はいつものバラグルセット。ウキはとりあえず太めのトップのものを採用。ささっと底を取っての開始は9時3分。準備中にO合さんがやって来た。おそらくはいつものところに入った模様。さて、数投でウキが返すようになって来たが、今までと同じくあたりに結びつかない。しばらく打ってみたが、ここで考えた。せっかく湖面が凪いでいるのに、太いトップを使う意味は?それで、まずはウキを変えてみよう。まだ開始して10分くらいしか経っていないのに、私的にはビックリの展開だ。底は取れているし、Dscf8513ウキの抱えるオモリ量もほぼ同じと言う事で、ささっと決めて再開すると、何と言う事でしょう、第一投からウキがズバッと入って1匹目ゲットだ!サイズは放流だが、これで一気にやる気がアップ。ただ、これではウキを変えた効果なのかは分からず。更に、どうもウキの馴染み幅が大き過ぎる気がしてならない。やはりキチンと底取りしなければと、ケースから粘土を出そうとしながら、ふとDscf8514ウキを見ると、1目盛入っているではないか。慌てて合わせると、やったあたってました!サイズもグー。これは嬉しいが、あたりそのものを見ていないのがやや不満。その後底を取り直したら、やはり違ってました。でも、それで釣れたんだからそのままでいいかな?いや、やはりキチンと取り直さないと。すると、ウキの馴染み幅も思うようになって一安心。ただ、ウキの動きはさっきまでより悪くなる。おっかしいなぁ・・・。両グルにしたり両ダンゴまがいにしてみるが、あたらず。それで、思い切って待ちの釣りにしてみる。10時を過ぎてウキが返してからじっと待っていると、餌落ち付近から弱く入った!これに反応すると、やったとうとう掛Dscf8515かりました!こんなに待つとは思わなかったので、自分の辛抱を褒めよう。さあどんどん行こうかな。と、ここでへら師が1人やって来て、坂の下に入った。その後もう1人坂の下の知り合いが来て、私の右に入った。お二人とも私のウキの動き(動かない)を見て、「ドボン」を採用。確かに私のウキはもう動いていません。トホホ。そこから長~い不調の時が始まる。風・波が出て来てウキが流される。幸いにも視認性は確保されているので、そんなにイライラしないが、状況は厳しいまま。と、隣が13尺を曲げる!えっ、そんなに早く?しかぁ~し、バラシ。その後もう1回バラシた後に、ようやく1匹目ゲット。坂の下は開始早々から竿を曲げ、もう3匹をゲットしている。15尺だそうだ。「ドボン」恐るべし。私も「ドボン」にしようかなと思っていると、11時近くになってウキが動き始めたではないか。ただ、一向に掛からず。隣も3匹目をゲットしていて、追い付かれたプレッシャーで押しつぶされそDscf8516う?しかぁ~し、11時を過ぎて、シモッたウキがスッと入るのに合わせれば、やったようやく掛かりました!う、嬉しかぁ。3匹目から1時間近く経っている。最初はもっと釣れそうな雰囲気だったが、結局は日陰側と変わらない。これでいいのか?いい筈ない!ウキ下の微調やらいろいろやってみるが、ウDscf8517キの動きは却って悪くなる感じ。しかも、あたりがないのに空合わせで亀!なんだこれは!怒っても始まらないので、とりあえず亀さんには後ろに行ってもらい再開。しかぁ~し、残念その後は何もなく11時48分に終了。結果、底では実釣2時間45分で4匹。なんだかなぁ。さあ、次はどうしよう。宙をやりたDscf8518いが、釣れそうな気がしない。「ドボン」でもやろうか。いや、それも真似っ子が甚だしいのでペケ。結局粘麩ダンゴの宙にしてみる(両グルではアウトの予感がした)。昼食の後、竿はそのままでウキと仕掛けを交換。餌は粘麩・凄麩。「たな」は仕掛けのままで再開は12時6分だ。餌のタッチは袋に書いてある通りに作ったのでグー。しかも、しばらくするとウキに動きが出て来た。これは・・・。ひょっとして行けそうか?しかぁ~し、小さく入るあたりらしき動きが数回あり、鱗も掛けたりしたのだが、次第に動かなくなるのはいつも通り。「ドボン」のお二人も午後は苦戦している様子。私はウキ下を上下してあたりが出るかどうか確かめるが、何処でもNG。これは辛い。結局元の「たな」に戻す。1時頃T林さんが様子を見に来た。他のへら師も加わって坂の下は大賑わい?私のウキは一向に動く気配を見せない。しかぁ~し、1時半近くになって、小さく柔らかめに餌付けして打ち込めば、Dscf8519何故かズバッとウキが入ってやっと1匹目。嬉しいのは確かだが、もうこれ以上釣れる事はないだろうと言う予感はあたり、同じような餌で打ってもあたりは出ず、ここで、前回両グルでなんちゃって底釣りが意外と好結果を呼んだので、今日は両ダンゴでどうかなと、あと数投のところで考えた。まさに適当に底を取って再開するが、当たり前の如くウキに動きなし。この後他の釣り方をしてもおそらく釣れないだろう。これで終わろう。餌ボウルから餌を取り出し、丸めて邪魔にならないところに置き、餌ボウルには水を入れてこびり付いた餌を柔らかくしておく。Dscf8520しかぁ~し、最後の一投でウキがズバッと消し込んだ!時刻は2時3分。残念カラだったが、ここでスケベ心がむくむくと頭をもたげて来た。小一時間両グルで残業しようかな。α21・グルテン四季を1時間分作り、なんちゃって底のまま再開。しかぁ~し、水量を間違えた訳でもないのに、餌がやけにまとまり難く出来上がってしまったので、グルテンを足す。大丈夫かな?とりあえず打ってみれば、馴染みは出たのでOKだろう。しかぁ~し、ウキは動かず。しばらく続けたがギヴ・アップで宙にしてみる事に。さきほどとほぼ同じ「たな」で再開。が、大きめの餌付けで、ウキが馴染んだら切るを繰り返してもウキに動きなし。2時半頃隣のお二人が終了。私と同じくらいは釣っただろうか。お疲れさまでした。私はとにかく作った餌は打ち終えないとと、懸命に餌打ちすると、1回だけウキがモヤモヤしたが、それ以上はなし。更に1回だけズバッと消し込みも出たが、カラ。3時頃に後ろをO合さんが通った。1匹は釣れたそうだ。お疲れさまでした。私も何とか餌を打ち終え、3時13分に無事終了。無駄な残業だったなぁ。結局実釣5時間50分で5匹かぁ。Dscf8521橋を渡って遠くまで来た甲斐はなかった(アームの問題かもね)。片付け。見ると、日陰側にはT林さんとOさんだけになっている。どうだろう、釣れてるのかな。片付けを終え、T林さんとOさんに挨拶して坂を上り橋を渡る。明日から雨が続く予報だから、釣れても釣れなくても来て正解だったと思いたい。明日は雨の中洗車でもするとしよう。さっさと荷物を積み、さっさとベイシアに向かった。
 
上手ならもっと釣れた気がする(それは日陰側でも同じでしょう)
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2)

2017年10月 3日 (火)

なんちゃって底釣り?@増沢池

Img_20171003_083200今日は多分雨にはならないだろうと、出掛けました増沢。駐車場にはOさんKさんの車はない。さっさと荷物を降ろして向かったのは日陰側かつてのいつもの場所方面。あっ、道路にサワガニがいる!一体どうしてこんなところに。このままでは誰かに踏まれたり猫に虐められたりしそうなので、湿っている草むらに放してやった。さて、かつてのいつもの場所にはいつもの人はいないので、それでは私が入りましょう。対面には坂の下に1人いて、竿を曲Dscf8502げている。対面では後からO型ブラザーズが遊歩道に並んだ。さあ準備するかな。昨日のT林さんのウキの動きを見て、今日は両ダンゴの宙もいいかなと思ったものの、まずは凸回避と言う事で底から行こう。竿は12尺、餌は夏・冬・凄麩のバラケにα21・グルテン四季のバラケ。大体底は合っているので、ささっと済ませて開始は9時頃(正確な時刻は失念してしまった)。すると、何と言う事でしょう、すぐにウキが返すではないか。これは釣れそうな気がするぅ~。しかぁ~し、相変わらずそこから先がなかなか出ない。早く1匹が欲しくてイライラし始めるが、そんな時に限って馴染み際のチクッとかを見過ごしてしまう。クーッ!更に、ヤバイウキの動きに手を出してバラシ2回。もう少しで釣れそうなんだDscf8503けどなぁ。今日は闇雲に合わせる事が多かったので、餌の消費が思いの外早かった。さて、何度となく合わせ続ければ、10時前になってやっと掛かりました!しかもサイズはグー。う、嬉しかぁ。とりあえず底でやった意味はある。これからは楽な気分で行こう。すると、それから約30分後の10時過ぎにDscf85042匹目。これまたグー・グ・グーなサイズ。しかぁ~し、そこから先は、たまにウキの動きはあっても掛からず。しかも11時近くになって午前中のGTかと思われるような雰囲気になって来たが、グーなあたりで掛かったのはお約束?のブルー。今更?更にズバッというあたり?で痛恨のハリス切れまで出る始末。もう餌がほとんどないのに・・・。それでも餌を打ち切るにはハリス交換しかないDscf8505でしょう。さっさと交換するが、じきに餌が尽きて11時2分に底は終了。実釣おそらく2時間で2匹。まあまあの出来ではないか(もちろん私にとって、だが)。さあ、次は今度こその宙だ。と、ここで考えた。12尺宙の仕掛けではハリスはどうなっているのかな。もし長めだったら、ここは禁断の両グルで行ってみるのも面白いかもね。と、その前に早めの昼食。それから竿はそのままでウキと仕掛けを交換すると、やはりハリスは長めの40cm+50cmくらいになっていた。それでは餌は両グルだ。α21+グルテン四季を2時間分くらい作る。「たな」は仕掛けのままで再開は11時17分。まずは餌を打つ・打つ・打つ。すると、しばらくしてウキに弱い動きが出て来た。何となく釣れそうな雰囲気になって来たぞ。しかぁ~し、ウキの動きは断続的でかつ極弱だ。一応ハリス長を40cm+55cmくらいに伸ばしたり、餌付けはピラミッドパワーとかやってみるが、状況は一向に好転の気配を見せず、あっという間に12時のサイレン。これはどうやら凸まっしぐらか。少しずつ「たな」を深くしてみると、何となくへらに気配を感じた(個人の思い込みです)ので、それでは前にもやった事がある「なんちゃって」底釣りに切り替えてみよう。上鈎に粘土のオモリを付けて調整。数投でトップの1目盛が出たので、こんなものかなと仕掛けをDscf8506上げようとしたら、何と「掛かってます」!しかもグーなサイズ。これは嬉しい?いや嬉しいですよ。多分フリーになっている下鈎に残っていたグルテンカスに反応したのだろう。さっきまではキチンと底取りしてウキの馴染みも調整するとか手間を掛けていたのに、適当にやった「なんちゃって」底釣りの方がグーDscf8507なのか。もちろんハリス段差とかも関係あるのだろう。嬉しいが納得しがたいのが本音。それでも粘土を外し、餌を付けて振り込むと、再開第一投でウキがモヤ。やった2匹目ゲットだ。これは素晴らしい。しかも、それからじきに、1回バラシた後に今度は消し込むようなあたりで3匹目。一気にトータルでのDscf8508第2目標クリアだ。再度言うが、キチンと底取りしてウキの馴染みも調整した底釣りで2時間やって2匹なのに、「なんちゃって」底釣りではあっという間に(10分くらい)3匹ゲット!ありえねぇ~っ!おそらくはハリス段差が大きく影響していると思われるが、それでもこんなことは滅多にない。さあどんどん行こう。しかぁ~し、これまたお約束のように次第にウキの動きが悪くなる。まあ、やはり適当ではこんなものだろう。充分釣れたから満足満足。いや、それではダメだ。残った餌でもう2匹釣って、単独での第2目標を目指さなければ。それで、餌付けだけでなく、ウキが馴染んでから竿を前に出して道糸のストレスを減らしたり?竿を引いて誘っDscf8509たりしていたら(普通のへら師なら当然ですが、何か)、1時を過ぎてチクッ!やった4匹目ゲット!これは嬉しい、嬉しいですよ。いつものようにボーッとしていたら、おそらくは釣れなかっただろう。さあ、もう1匹。しかぁ~し、残念その後はウキの動きが出る事なく、餌が尽きて1時36分に終了。結果、両グDscf8510ルでいろいろでは実釣2時間20分で4匹。トータルでは実釣約4時間半で6匹。我ながらよくやったか。まだ時間の余裕はあるが、もう充分でしょう。片付け。朝方気温が上がらないのと虫刺されに閉口して薄手の長袖を着込んでいたが、暑い。さっさと片付けて車に戻ると、車中は真夏のようなもわっとした暑さ。寒暖の差の激しさにはビックリだ。体調に充分留意しないと、今後楽しく釣りが出来なくなるかも。さっさと荷物を積み込み、さっさとベイシアへと向かった。
 
秋は短いので、涼しく釣りをするにはかなりの頻度で釣行しないとね
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2017年10月 2日 (月)

出遅れと雨の予報で岡ジャミ@増沢池

今日は間違いなく午後から雨。それでも少しくらいなら竿を出せるかもと思っていたが、家人を送る都合で出発が10時過ぎになってしまった。これでは実釣3時間も出来そうにない。
それでは岡ジャミくらいならと、とりあえず出掛けました増沢。
駐車場にパラソルさんとOさんの車を見つけたので、日陰側深場ワンド方面に向かうと、パラソルさんはワンド、Oさんはそこからグッと深場に入っていた。まずはパラソルさんの元へ。
Dscf8499Img_20171002_102800小一時間打っているが、ウキに動きはないとの事。対面には多分O合さん。
しばらく話していると、T林さんがやって来た。お二人から竿を出すよう言われるが、ここは我慢。それからOさんの方へ。
Dscf8500今日はまだ1回くらいしかあたりらしいウキの動きを見ていないとの事。先週金曜には6匹ゲットしたと言うから素晴らしい。ウキを見ていると、1目盛くらいモヤモヤしているように感じるが、その後がないのは私と同じ。
また宜しくとワンドに戻ると、T林さんがウDscf8501キが動いていると言う。確かに馴染む途中から馴染み切ってもウキに動きが出ている。ただ、そこからグーなあたりにならないとの事。と、ここでOさんの竿が曲がった!すると、それに同期するかのようにパラソルさん、そしてT林さんの竿が曲がったではないか。さすがです。
まだ見ていたいのはマウンテン・マウンテンだが、足が疲れたので退散。そのままパン屋「秋桜」へと向かった。
 
明日も天気が悪くて出来そうにない。しばらくは我慢だ
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2017年9月29日 (金)

雨の後でも状況は変わらず@増沢池 with Oさん and Kさん

今月はもう釣行しないつもりでいたが、昨日の雨で少しは状況に変化が出たかもしれないと、スケベ心満載でつい出掛けてしまいました増沢。駐車場着は8時半頃。OさんKさんの車があったので、まずは日陰側深場ワンドへと向かうと、ODscf8491さんは一昨日と同じくワンドから更に深場に入っていた。今日はそこまで行って挨拶。今日は11尺両ダンゴの底。一昨日は口3匹にスレ6匹だったそうだ。車に戻り、さて今日は何処に入ろうかな。いつも同じ場所だとアクセスがグーンと減りそう。かと言って、対面日向側はかなり暑そうだ。で、結局かつてのいつもの場所方面へと向かうと、かつてのいつもの場所にはいつもの人。今日Dscf8492はまだあたり1回で亀1匹との事。私は旧爆釣ポイントに入る。さあ準備するかな。今日は前半底、後半宙で行く。きっとどちらかで釣れるだろう。竿は12尺、餌は夏・冬・凄麩のバラケにα21単体。グルテンは持ち重視でやってみる。しかぁ~し、底取りをしようと思ったら、細いトップのウキではほぼ見えない。慌てて太いトップのものに交換。始めてから交換するのは気分がよろしくないので。ささっと底を取っての開始は9時9分だ。最近は底でかろうじて凸を脱している感じだが、気持ち良いあたりでへらをゲットする事は非常に少ない。今日はどうかな。すると、開始してじきにウキが返した。あれっ、そんな簡単に落ちるようなバラケではないのに、おかしいなぁ。だが、その後もウキは馴染み切ってからじわじわ、またはスッと返すではないか。来ている!間違いない。これは釣れそうだ。しかぁ~し、そこから先がないのが最近の私の底。その後もあまり待つ事なく餌を打ち続けるが、状況は変わらず。と、先客が竿を曲げた!さすがに亀だけでは帰れないでしょう。しかぁ~し、先客は更にもう1匹。私は全く変化のない状況にイライラしてくるが、それでも波の中2回くらいあたりらしきウキの動きを見た。見ただけで手が出ず。トホホ。10時近くになって風が出て来ると、これが涼しさを通り越して寒い!先客からも半袖で大丈夫ですかと言われ、最初こそ大丈夫ですと答えていたが、やはり寒くてギヴ・アップ。急いで車に戻り、パーカーを着込んでくる。やれやれ、これで助かったと再開。すると、何と言う事でしょう、ウキが馴染み切ってからすぐに返し、しばらくモヤモヤ。クーッ、痺れるなぁ。あと少し、あと少しであたりそうなのに・・・。しかぁ~し、竿Dscf8493が曲がったのは何と隣の先客!0対3になってしまった。と、ここでやっと私にも押さえ込むようなウキの動き。これに合わせれば、やったとうとう掛かりました!竿曲がりのツーショット!う、嬉しかぁ。サイズもなかなかだし、やっと凸を免れてテンションも上がり気味。すると、ウキの返しはなくならず、それDscf8494からじきに2匹目。もう何も言う事はありません。これまたサイズはグー・グ・グー。よし、先客に追い付き追い越すぞ!しかぁ~し、何故かウキの返しがバッタリ。これが私の底PART2。既に今日の予定は釣り切ったのかもね。それでもウキの返しが出ない状況を、指を銜えて見ている訳にはいかない。バラケを両ダンゴ風に付けて打ち込む事数回。ようやくウキの返しが復活した頃に先客が終了。すると、先客の片付け中に、何と「掛かってます」?いや、ウキは動きそれにDscf8495合わせた気がするのだが、ハッキリしない(オイオイ)。とにかく掛かりました3匹目。先客はそれを見届けて帰った。お疲れさまでした。対面KさんのそばにはO合さん、O石さん、O野さんのO型ブラザーズが陣取っているが、Kさん曰く誰の竿も曲がらず。いや、その前にウキが全く動かないらしい。多少ウキが見辛くても日陰側に入って良かったぁ。それからじきに餌が尽き、11時17Dscf8496分に底は終了。結果、底では実釣2時間10分弱で3匹。最近のスタンダードと言ったところか。凸は免れたのだから御の字としておこう。さあ、次は宙。と、その前に早めの昼食。それから竿はそのままでウキと仕掛けを交換、餌は特S・凄麩。ハリスは25cm+35cmくらいになっている。「たな」はやや深めで再開は11時33分。しかぁ~し、と言うか当然と言うか、ウキに動きなし。そのまま12時のサイレンを聞く。と、ここで何故か上ハリスの鈎が結び目から外れる。ちゃんと結んでいる筈なのに・・・。そうだ、交換するついでにハリス長を35cm+45cmくらいにしてみよう。すると、何と言う事でしょう、交換して再開すれば、第一投からウキに動きが出たではないか。馴染み切ってからのモヤモヤだ。餌が持ち過ぎているのか?その後餌付けの工夫等いろいろやってみるが、次第にウキが動かなくなる。せっかくハリスを長くしてウキの動きを出したのに、その後の対応がまずかったのか?それともあれは一瞬の事だったのか?懸命に餌打ちするものの、ウキは動かず。まさにトホホ状態。こんな事なら粘麩ダンゴにすれば良かった。まだ時間に余裕はあるから、残業するしかないとか余計な考えが頭の中をグルグル。あっという間に1時。対面Kさんが終了。橋の上から対面は皆泣いていると言って帰った。お疲れさまでした。私も泣いていますよ。こうなると早く餌を打ち切って、その後どうするDscf8497かを決めよう。と、ここで風・波の中、ウキが馴染みながらモヤモヤしたかと思ったら、そのままズバッ!慌てて合わせれば、やった掛かりましたよ!しかもスレではない。何故か掛かった1匹・・・。しかもこのウキの動きはその1回だけ。その後は元のように動かなくなって1時36分に餌が終わる。結果、両ダンゴの宙では実釣2時間で1匹。トータルでは実釣4時間10分で4匹。何だかなぁ。1匹釣れたので残業はしない。片付け。いよいよ9月もあと1日。早いもので1年Dscf8498の3/4が終わる。10月からは対面日向側に行く事になるのかなぁ。そうしたらウキの視認性問題はおそらく解決するが、ウキが動くかどうかと言えば、今日のKさんとO型ブラザーズのように難しくなるのかもしれない。そうそう、24日の大会までは人気だった看板横と坂の下には最近誰も入っていない。釣れて当たり前の場所なので、釣れないと恥ずかしいと却って入りにくいのかもね。それならそんなの関係ねぇ~っ!と私が入って爆釣してやろうかな?片付けを終え、車に戻る。今日はベイシア詣でもどうでも良くなったので、さっさと帰ろう。さっさと荷物を積み込み、さっさと池を離れた。
 
そろそろ両グルの復活もありかもしれない
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

政治の混乱

民主党から名を変えた民進党の衆議院議員が、まだ出来たての「希望の党」へ合流するらしい。
とは言っても、小池さんの選別を受けるので、丸ごと移動と言う訳でもなさそうだ。
もちろん「寛容な保守」と言っているので、民進党のリベラル勢力は弾かれて当然。ここで数欲しさに辻元とかも入党させるようだと、希望の党は一気に失速するのは間違いない。
その前に、本当に「希望の党」には風が吹くのか?早くも不協和音が聞こえてくるようでは、この先も元民主党のようになるかもしれない。
いずれにせよ、公示の日までは何が起きても不思議ではない。私としてはリベラル(左巻き?)が弾かれて消えていくのを見たいのだが。
 
踏み絵はしっかり踏ませないと
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (6)

2017年9月27日 (水)

またも凸スレスレ。何とかならないか@増沢池 with Oさん

Img_20170927_083430今晩から雨になって、明日は土砂降りらしい。それなら3時頃までは大丈夫なのでは?と出掛けました増沢。駐車場にはOさんの車。急いで深場ワンド方面に向かうと、Oさんは更に深場に入っている。そこまで行けないので、遠くから写真だけ撮って車に戻る。ワンドには1人だけ、知らない若者が竿を出していたが、じきに帰った。釣れないのか。さて、今日は何処に入ろうかDscf8483な。曇っているので対面でも良さそうだ。しかぁ~し、往復が大変とかつてのいつもの場所方面に向かうと、浅場には誰もいない。それではかつてのいつもの場所に入ろう。そして今日は底で通すぞ。湖面は凪いでいる上に曇りとあれば、トップの細いウキであたりをバッチリ取れそうだ。竿は12尺、餌は真底・冬。しかぁ~し、底取りの途中から風が出て来たではないか。しかDscf8484も開始した9時1分には白波が。あまりに出来過ぎのスタート。早くもテンションダウン。ただ、やはり曇っているのは強くて、ウキは何とか見えている。これならストレスもそんなにひどくなりそうにない。対面にはO合さんが入った。さて、開始してしばらくは餌を打つ・打つ・打つ。しかぁ~し、ウキに動きなし。かと思ったら、何とウキが弱くではあるが返しているように見えるぞ。これはいけそうか?しかぁ~し(今度はホント)、そこから先が出ない。ウキ下の微調とか餌付けで対応しても、どうにもならない。これはイライラするでしょう。あっという間に開始1時間。その間に1回だけシモッたウキがスッと入る事があったが、残念カラ。それで、まさかとは思うが底を取り直す。すると、最初と状況が違う(風・白波)ので比較出来ないかもしれないが、1目盛違っていた。でも、これくらいならウキ下の調整でどうにでもなる。一応全てやり直して再開すると、第一投であたり!しかぁ~し、合わせられず。ガクガクッ。その後は再びウキは返してもその後がない状態に戻る。トホホ・・・。一体どうすればいいのかな。早くも11時近くになった。最Dscf8485早凸まっしぐらはどうにも否定出来ない。と、ここで再びシモッたウキがチクッ!まさにこれしかないというあたり!バッチリ合わせれば掛かりました!う、嬉しかぁ。しかぁ~し、しかぁ~し、寄せてみると鰓の近くにスレている。ゲゲッ×ゲゲッ!やっと掛かったと思えばスレとは・・・。餌も残り少なくなり、頼む何とか1匹と独り言。しかぁ~し、その後もウキが下向きに動く事はなく、11時28分Dscf8486に餌が尽きた。結果は言うまでもありません。ガックリ。さあ、次はどうしようか。今日は底で通すと言っていたが、無理かも。いや、せっかく湖面が凪いできたし、ここは結果がどうなろうと底で行くぞ!竿と仕掛けはそのままで、餌はダンゴからグルテンに変える。α21+グルテン四季だ。トイレ休憩の後、食事も後回しで再開すると、ゲゲッ×ゲゲッ!また風・波だ。しかぁ~し、何となくではあるがウキがモヤモヤしている。いつもより大きめに餌付けしているのも関係あるかもね。すると、開始20分も経たないうちに、ウキの馴染み際で何となく違Dscf8487和感を覚えて合わせると、やった早くも掛かりました!いつもなら絶対に手を出さないウキの動き。あまりに小さ過ぎて違和感しかない。あまりにウキが動かない今日だから反応したと言える。とにかく凸を脱して嬉しかぁ。と、ここで橋の上からT林さんの声。釣れるか?あたりはあるか?との問いに、あたりが小さ過ぎて分かりませんと返事。両ダンゴの時もひょっとしたらあたりがあったのDscf8488かも。さあ、どんどん行こう。すると、じきにウキのモヤモヤから小さく動いたのに反応すれば、やった2匹目ゲット!サイズはダウンしたが贅沢は敵!欲しがりません勝つまでは?まだ12時前だ。この調子なら両グルで爆釣間違いなし。しかぁ~し、そこから先はさっきまでと同じ。ウキは返すがあたらない。12時を過ぎ、あまりの静けさに耐えられずモヤッというウキの動きに手を出すと、これがおそらくスレで、ダーッと沖に走られてハリス切れ。クッソー・・・。急いでハリス交換するが、ウキの動きはバッタリ。ただひたすらに餌打ちを続けると、1時を過ぎてウDscf8489キが馴染みより大きく入ったままで戻らず。半信半疑で合わせると、やった掛かりましたよ!しかもサイズはグー・グ・グー!それまで特にウキの動く気配はなかったのに、何故急にあたったのかは不明だ。でも1匹は1匹。さあ、どんどん行こうPART2。しかぁ~し、再びシーン状態。確かにウキは返す。そして黒帯がチラチラするような動きもあって、今にもあたりそうなのにあたらない。これがクーッ(川平ジェイ風に)。しかも、またも押さえるようなウキの動きに手を出してハリス切れ。まさにトホホ。その後もウキは返し、1回だけそこからチクッというのがあったが、何と言う事でしょう、全く手が出ず。そのまま1時52分に餌が尽きた。結Dscf8490果、両グルでは実釣2時間半で3匹。トータルでは実釣5時間弱で3匹。厳しい中よく頑張ったなぁと自分で自分を褒める。まだ終了には早い気もするが、底を続けると意外に疲れる事が分かったので、ここは終了だ。片付け。上空雲が多くなって来たが、雨はなさそうだ。片付けを終え、車に戻る。汗は出ないがとにかくしんどい。体力が思ったより落ちている感じ。さあ帰ろう。ベイシアにはちょっとだけ寄ろうかな。さっさと池を跡にした。
 
今月の釣行はおそらく今日で終わり
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2017年9月26日 (火)

用事のついでに岡ジャミ@増沢池

今日はやろうと思えば出来る時間帯に起きたのだが、いつもながらのグズグズで時間を浪費。10時を過ぎ、そうだ椿で鉢植えをもらって来よう。ついでに増沢の様子も見て来よう(逆方向だけど)と思い立った。家に籠っているよりはいいかもね。
増沢に着くと、OさんKさんの車。まずは深場ワンドに向かうと、深い方からO合さん、T林さん、そしてOさん。湖面は凪いでいて釣りやすそうに見えるが、対面の景色の映り込みでウキがほとんど見えないのは最近の状況。浅場方面柳の木付近にはKさんが見える。
Img_20170926_111424Img_20170926_111436皆さんに挨拶して様子を訊くと、一様に釣れないとの返事。それでもしばらく見ていたら、T林さんとOさんが竿を曲げた!これは素晴らしい。
今日は気温はそれほどではないが、風がなく、また湿気もあるようで額に汗が滲む。
Img_20170926_112803それからKさんの元へ。昨日は対面で8尺底で4匹。あまりに暑かったので、今日は日陰側との事。「トロ掛け」だが、まだ結果は出ていない。
既に12時近くなっているので、早々にお暇。明日は晩から天気が悪くなるようなので、ちょっとだけ竿を出してみようかな。
底の調子が良ければ半日それで通したい
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2017年9月25日 (月)

昨日のリベンジ?で3連荘@増沢池 with パラソルさん and Kさん

土日の連荘で相当疲れているが、昨日の凸に納得がいかず、3連荘で出掛けてしまいました増沢。駐車場着は9時頃。あっ、Kさんとパラソルさんの車ハケーン!パラソルさんが来ているとは。とりあえず車を停めて深場ワンド方面に向かうと、パラソDscf8475ルさんはワンドから更に深場でバサーと話中。挨拶だけして車に戻り、荷物を降ろして向かったのはかつてのいつもの場所方面。本当は昨日と同じ場所に入りたかったのだが、返り討ちが怖くて・・・。かつてのいつもの場所にはいつもの先客。挨拶して状況を訊くと、なんと既に5匹をゲットしていImg_20170925_092049ると言うではないか。よし、今日は底から入るぞ。対面のKさんにも挨拶して状況を訊くと、ウキが全く動かないらしい。はてさてどちらが本当なのか?とりあえず旧爆釣ポイントに入り、準備しよう。竿は12尺、餌は昨日と同じ。まだ湖面が凪いでいるので、ささっと底を取り・・・と思ったが、対面の景色の映り込みでウキの視認性がかなり悪い。一応それを考慮して太めのトップのものを採用したつもりなのに、それでも厳しいのだ。ただ、上空雲が掛かると多少視認性が改善されるので、それを狙ってささっと底取り。そして開始は9時32分。どうだろう、昨日は底で1回もウキの動きを見られなかったが、今日はさすがに大丈夫では?すると、良い方向に予想があたった感じで、じきにウキが返すようになる。が、そこから先がない。と、ここで隣が竿を曲げた!う、裏山鹿~。私の方は状況が変わらずイライラ。しかぁ~し、神は3連荘までした私を見捨てなかった。開始30分に満たなDscf8476い10時前に、ウキが返したと思ったら、そこから更に上に伸び上がって来たではないか。食い上げ!慌てて合わせると、やった掛かりました!この手応え、やめられまへんなぁ。サイズもまあまあだし、早くもリベンジ成ったか?いや、1匹ではダメでしょう。少なくとも2匹、またはそれ以上釣らないと、とは心の声。とりあえず凸を脱した事もあって、気持ちは楽になった。ここからは何としてももう1匹、いや2匹。しかぁ~し、ウキの動きが悪くなるのと同時に風・波も出て来た。これは辛い。対面ではKさんが8尺底で竿を曲げ始めた。私もウキさえ見えれば・・・と、いつもながらのタラ・レバ。しかぁ~し、今日も虫さされがひどく、両腕にはポツポツと刺された跡。これを掻いている時に限ってバッチリのあたり!当然合いません。更にズルッというウキの動きではバラシ、更にピョコっとウキが入るあたり?もバラシでイDscf8477ライラが募る。何故なんだぁ。それでも10時半を過ぎる頃になって、極く小さな押さえるようなウキの動きで2匹目ゲット!これはやったでしょう。まさにグー・グ・グーと言ったところ。しかぁ~し、その後はウキの動きがなくなる。それでも懸命に打ち続けていると、11時前に隣が終了。6匹とは充分でしょう。お疲れさまでした。さあ、私もラストスパートだ(自分だけではどうにもならないが)。さて、懸命に餌を打ち続けたおかげか、それとも午前中のGTか、先客が帰るとウキの動きが出て来た。そして、ウキが馴染んで返してチクッ!という抜群のあたりDscf8478でやった3匹目ゲット!これでリベンジ成ると言ってもいいかな(いいとも~!は古過ぎるか)。その後もウキは動き続けたので、後半も餌を変えて底で行こうかなと思いつつ最後の一投を迎える。相変わらずウキが見難いので、立ち上がって見ていると、何とあたりました!慌てて合わせるが、ビィーンという糸鳴りでどうやらスレ。残念ハリスまで切られて終了だ。時刻は11時31分。結果、底でDscf8479は実釣2時間で3匹。サイズは皆グーだった。充分楽しめました。さあ、次は宙(底はハリス切れで中止とした)。と、その前に早めの昼食。それから、竿はそのままでウキと仕掛けを交換。餌は特S・凄麩。何故かというのは今まで何度も書いて来たので省略します。ハリスは大体30cm+40cmになっているので、餌が持つかどうか不安だが、手揉みで対応。「たな」は仕掛けのままで再開は11時45分。すると、最初こそ動かなったウキだが、12時のサイレンを聞く頃からモヤ。そして開始30分が経とうとする頃に、いきなりのズバッ!やったと合わせるがバラシでガクガクッ。あんなに気持ち良い消し込みでバラシとは・・・。ガッDscf8480クリして再開すると、何とまたもやズバッ!で今度こそ掛かりましたよ!消し込みの連荘も珍しいが(もちろん私にとって、だが)、とにかく掛かるとは嬉しいの一語。これでトータルでの第2目標も夢ではなくなってきた。さあどんどん行こう。しかぁ~し、いつもの事ではあるがその後はウキの動きが弱くなる。そして1回だけあたりに合ったが、一瞬ガツッ!という手応えを感じただけだった。その後もモヤモヤとか弱く入るウキの動きはあったが、残念あたりにはならず、1時20Dscf8481分に終了。結果、後半戦では実釣1時間半余で1匹。見るとパラソルさんがいなくなっている。帰ったのか。お疲れさまでした。私も終わっても良さそうだが、ここでスケベ心がむくむくと頭をもたげて来た。まだ終了には少し早い感じだし、粘麩ダンゴで1時間くらいやってみようかな。いつもなら普通の両ダンゴよりあたりも出るし。と言う事で、粘麩・凄麩を1時間半くらい出来る量作って再開。すると、最初こそそれまでの寄りからウキに動きが出て、1回だけではあるがガツッ!と引っ掛かる事があったが、その後はモヤモヤから少し入るくらいのあたりらしき動きしか出なくなる。これはヤバイ!と言う事で、まずは「たな」を上下。すると、やや浅くした方がウキの動きが良くなる事が分かった。更にはハリスを25cm+35cmくらいに詰めるのも有効。しかぁ~し、せっかく消し込むようなあたりが出ても、全くかすりもしない。2時を過ぎてKさんが終了。私と同じ数までは確認したが、トータルでは不明。お疲れさまでした。さあ、私もラストスパート?だ。しかぁ~し、全くあたりらしきウキの動きに合わないまま時間だけが過ぎて行く。当然ながら餌に手水で柔らかくし、また逆に元々粘るのを更に揉んで持たせてみたりしたが、全くダDscf8482メ。2時47分に無念の終了となった。結果は言うまでもありません。せめて1匹は掛かって欲しかったが・・・。トータルでは実釣5時間で4匹。底を続ける勇気はなかったか。周りには誰もいない。片付け。朝方は涼しかったが、予報通り気温が上がっている。片付けを終え、車に戻る。少しではあるが汗。さあ、帰ろう。今日は詣でますが、何か。そろそろと池を離れた。
 
3連荘はさすがに疲れた。明日は休みたいが、明後日から天気が悪くなる・・・
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

«放流協賛増沢池ヘラブナ釣り大会