2021年11月27日 (土)

今日のメダカ

このところ寒くなってメダカの世話も滞りがちになっていたので、今日はやや風があるものの好天なので気温が上がる午後になってから室内外の水替えを行った。
まずは室内3つの発泡スチロール容器から。
スポイトで底の水を吸い取り、その後新たな水を入れた。大体容器の10分の1以下だと思う。
その際に何匹かスポイトに吸い込まれるメダカがいた。大丈夫か心配だったが、そのまま容器に返した。もう底の方に大人しくしているようだ。水替えは次回から底の方はしないようにしよう。

それから外のガラス水槽。見に行くと何匹か水面近くにいたが、私に気付くとさっと逃げた。なんだかなぁ。
底の方にはグリーンウォーターの沈殿物や糞が溜まっていて、それをプロホースで吸い取り用意していた水を足す。約10リットルで容器の10分の1くらい。いつも通りだ。
メダカの隠れ家として三角コーナーにろ材を入れたものを沈めてあるが、今日は植木鉢を1つ追加して沈めた。
それから餌をやったが、まだ落ち着かないのかあまり食べず、仕方がないので網で掬っておいた。あとで再度やろう。

最後は室内ガラス水槽。実は水が匂っていてずっと気になっていたのだ。
やり方は外と変わらない。
まずはスネイルを除去。そして水草やら底に沈めてある土管?を取り除き、フィルターを回しながらプロホースで底石を吸い上げては落とすを繰り返すと、出るは出るは汚れ。多分大半が糞と餌の残りだろう。
舞い上がった汚れを網で掬い、それから用意してある水を足す。今日は大体5リットル、水槽の3分の1くらいだった。
水草は水道水で洗っておいたら、入れておいた洗面器にスネイルが10匹以上張り付いていた。もちろんご退場頂いた。
で、水草を戻そうとしたら水槽には何処から出たのかスネイルが何匹かガラス壁面にへばり付いている。
本当に取っても取ってもなくならない。イタチごっこだ。でもとりあえず見えなくなるまで除去。
しかぁ~し、水草を戻ししばらくすると再びスネイル。なんだこれ!負けずに除去。
これで様子見。次回は12月の中頃か年末くらいだろう。特に外のガラス水槽での冬越しは初めてなので、しっかり管理しないと。
 
増沢の放流後一週間経過。新べらに会いに行きたいが・・・
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2021年11月25日 (木)

パーチに行って来た

姪夫婦がコロナ禍にも拘わらず去年11月に開いた「パーチ」というカフェレストラン。
早く行きたかったが緊急事態宣言やワクチン未接種もあってなかなか行けず、代わって開店祝いの花を届けるにとどまった
Img_20211123_101317そしてやっと緊急事態が解かれ、気が付けば開店一周年になっている。
これはさすがに行かないとまずいでしょう。
で、妹のところに1泊させてもらい、「パーチ」に行く事になった。
出掛けたのは勤労感謝の日。おまけに現在東名は工事中。果たしてスムーズに到着出来るかと心配になったが、意外や渋滞に掛かる事もなく到着。
次の日にようやく「パーチ」に行く事が出来た。横浜駅の近くと言う好立地、ただ少し大通りからは外れている。
Img_20211124_101705Img_20211124_101913Img_20211124_104229Img_20211124_104857Img_20211124_102117Img_20211124_103254当日はわざわざ午前中を貸切にしてくれて、いろいろと料理を出してくれた。
写真は一部だが、どれもが美味く大満足。固定客も付いたというから、結構忙しいようだ。
Img_20211124_103606Img_20211124_104215Img_20211124_105027Img_20211124_105923Img_20211124_110845Img_20211124_111432開店祝いではなく開店一周年祝いを渡してやっとすっきりした。

好天にも恵まれて良かった良かった
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2021年11月21日 (日)

今日午前中の出来事

1637461295681今日は増沢の放流日ではあるが、私は町内の美化運動で参加出来ず。
集合の8時頃には上空かなり暗くて、何時雨になってもおかしくない雰囲気。予報では午後3時頃には雨になっているが、実際草取りの途中に雨がポツポツ来てしまった。
こりゃぁこの後に予定している放流相手の釣りは無理と判断し、帰宅してメダカに餌をやっていたら何と雨は止み明るくなって来たではないか。
でももう今日は竿を出す気力がなくなってしまったので、釣行は明日以降にしよう。そうしよう、双子葉植物。
写真はザわさんからご提供いただいたもの。今年も自動で放流がされたようだ。

明日は雨になりそう。明後日は晴れても風が強く・・・
    ↓        ↓        ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2021年11月18日 (木)

やはり場所ではなくアームの問題だった@増沢池-午後の部-

まずは残りのグルテン(+スイミー+カルネバ)を打ち尽くす。それからいよいよ午後の部のグルテン(+カルネバ)で勝負だ。すると、何と言う事でしょう、すぐにウキが動き出したではないか。そしてあたりらしきウキの動きも出て来た1時過ぎ、K田さん登場。今日は起きるのが遅くて釣りを断念したが、昨日まで5連荘で釣行したらしい。お元気デDscf2715スネ。そして右隣とも知り合いのようで、そちらに行ったその時、ウキの動きに合わせたらやった掛かりました!何故宙にしたら動き出したのかは不明だが、動いていればそのうちに掛かると言ったK田さんの言葉は本当だった。しかも次の餌打ちでもあたり!残念バラシだったが、宙は見込みがありそうか。前回並みに釣れてくれればノー・プロブレムとなるが、だがしかし、そうはならないのがこの池。その後は毎回のようにウキが動き、時にはズバッと消し込みまで出るのに一向にかすりもしない。こりゃぁ面白いぞ。どんどん合わせて行こうではないか。しかぁ~し、さすがに毎回のカラツンでは厳し過ぎる。でもこれを解消する手立ては私にはないので、とにかく合わせるのみ。だってそれが「闇雲流」だから(オイオイ)。それでも何もしないのはさすがに辛いので、ハリス長を数センチ詰めてみた。すると、あたりはDscf2716減らないもののカラツンも減らない。そしてどんどん時間だけが過ぎる・・・。しかぁ~し、1時半を過ぎたところでまたもあたりに合いました。まさに2ボール(たまたま)だ。これを続けさせるにはどうすればいいのか。やはり餌なのか、それともハリス長なのか。はたまた鈎の結びなのかそれとも曲がり具合なのか?ただ悩むだけで一向に手を加えない私ではそれ以上がある訳もなく、遂に2時。餌の消費はまあまあでそろそろ尽きそうだ。遠くO合さんが終わった様子。午後も釣れたのかな。そして2時半近く、餌はあと3投分。ちょうどそこへ片付けを終Dscf2717Dscf2718えたO合さんが様子を見に来た。今日は午前中に5匹釣ったが午後はゼロだったとの事。と、ここでウキの動きに何気なく合わせたら、やった掛かりました!O合さんはそれを見て帰った。お疲れさまでした。そして私も餌を打ち終え、2時27分に終了。結果、午後の部では実釣2時間弱で3匹。トータルでは実釣4時間で4匹かぁ。Dscf2719第2目標にも届かなかったが、これもアームだと思うしかない。片付けを終え、片付け中の隣に挨拶して車に戻る。途中坂の下のO石さんに様子を訊くと、3匹釣った後はウキが動かないとの事。トイレが近いので長話も出来ず、また宜しくと坂を上り車に戻る。一応紅葉のシーズンではあるがあまりパッとしない。それでも写真だけ撮って池を離れた。
 
そのうちXデーがきっと来る
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

やはり場所ではなくアームの問題だった@増沢池-午前の部-

好天は今週で終わりとの予報に、これは出掛けないとマズイと言う事で増沢へゴー!今日は曇りがちでも風は弱いし気温もそこそこ上がると言う抜群のコンディション。これで結果が付いてくれば言う事なしなのだ。しかぁ~し、駐車場にはO合さんの車しか見えない。なんだか不安になって池に向かうと、看板横と坂の下には誰もいない。先客はO合さん含め3人。これは絶対に釣れなさそう。しかもO合さんはいつもと違う場所、前にK田さんが入っていたところで準備中だ。挨拶がてら様子を訊くと、やはりワンドは足場が悪くなっているようだ。私はいつものワンド付近に行ってみたが、どうも台を据えるようDscf2711な環境ではない。でも看板横に戻るつもりはなかったのでどんどん深場方面に向かい、階段下から一つ離れたところに入る事にした。ここは結構深く楽しめそうだ。さあ準備しよう。もちろん竿は11尺で底。餌はいつものバラグル、と思ったら、何と前回わたグルも使い切って新べらグルテンしかない事に気付いた。オー・マイ・ゴッド!仕方なくスイミーを混ぜてみたが、これがまとまらない。とりあえず底を取ってから下鈎にグルテンを付けて打ってみたが、ウキの馴染みは出ない。こりゃぁダメだ。で、カルネバを加えて持たせる事に。打ってみたら馴染みが出たし簡単には抜けそうにないので、開始は10時15分。と、ここでいきなりウキが馴染む途中で糸ずれのあたり!もちろん合わせることはないが、これでへらが近くにいる事は間違いない。しかぁ~し、そこから先はウキが全く動かず返しも出ない。底にはいないのか。そしてそのままダラダラと時間だけが過ぎるお約束の展開。あっ、遠くO合さんが竿を曲げるのが見えた。裏山鹿~。私の右隣には1人入っている。顔は見た事があっても名前は知りません。本当に今日は曇りでも風がないため非常に過ごし易い。が、釣果とは無関係だと否応なく教えてもらう事になった。あっという間に開始1時間。ウキ下の微調等やれる事はやったつもり。ただ食わせのグルテンがどうしても信用出来ないまDscf2712ま。と、ここで初めてウキが入った!時間的には午前中のGT、やった掛かりました。やれやれ、これで凸は回避出来たぞ。しかぁ~し、その後バラシが出てしまい一旦休憩する事に。今日はトイレまで遠いなぁ。途中O合さんに状況を訊けば、何と4匹をゲットしていると言うではないか。最早ガクガクッどころではない。場所ではなくアームなのだ。更に進んで坂の下、O石さんが準Dscf2713備中だった。そして帰りにちょうどO石さんが竿を曲げる瞬間を見た。まだ始めてそんなに経っていないのに、素晴らしいし裏山から鹿もゾロゾロ。釣り座に戻り再開する。まだ12時前だが腹が減ったので昼食を摂りながら再開する事に。すると、再開第一投でちょうど竿から手が離れた瞬間にあたった!床休めは効果ありか?更に次の餌打ちでも小さくあたったが、これは「齧り」と言う奴だった。午前中のGT、あるかも。しかぁ~し、その後は全く何もないまま12時のサイレン。今日は消防車が来てダム?の上で何やら訓練していた。私は結局その後何もDscf2714ないまま12時21分にグルテンが残っていても強制終了。なんだかなぁ。さあ、次はどうしよう。グルテンもない事だし、セットか両ダンゴ?いや、ここはさっき作ったようなグルテン+カルネバの両グルまがいで勝負だ。竿も9尺に替え、再開は12時34分。大体2時間で使い切る量を作ったつもり。果たして何か良い事はあるか?
 
TO BE CONTINUED!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2021年11月16日 (火)

アームでも何でもない、結局は地合なのか?@増沢池-午後の部 & 残業編-

まずは残っているバラケを打ち尽くす。それが終わったのが1時頃。さあここからが本番だ。相変わらず風・波は出ている。しかぁ~し、何故かウキはじきに動き出した。そしてあたりらしき動きまで。おおっ、午後は宙で爆釣か?と妄想も甚だしいが、ここで私にピDscf2704ッタリの「掛かってます!」が出てしまう。単に空合わせしただけで、その前にウキの動きはなかった。まあいい、1匹は1匹。カウントカウント。すると、更にしばらくして今度はズバッ!という消し込みが出た。まさかそんなあたりが出るとは予想もしていなかったので慌てて合わせれば、やった2匹目ゲットだ。これはDscf2705嬉しい、嬉しいですよ(2回言いました)。午後になってあたりが止まったと言うO石さんには悪いが、何とか追い付いたぞ。ただし私のGTと言う奴は2匹が限界。ウキの動きは消えないがかなり弱くなってしまった。そしてそれに拍車をかけたのが橋の影。大体1時半頃から2時にかけて日陰になると同時に体感温度もグッと下がった。これはキツイ。それでも餌を打ち続けなければへらは何処かに行ってしまう。寒さに震えながら餌を打てば2時。もう少しで日が当たる。遠くK田さんが終わったようだ。私もそろそろ餌が終わる。確か2時間分くらい作ったつもりだったが、量を間違えたか。そして前回はそれでも6匹釣れたのに今日はまだ第2目標にも届いていなDscf2706い。最後の一投に、こりゃぁ今日は残業かななんて考えているとウキが弱く入った。これに何気なく反応して軽く合わせたら、やった掛かりました!最後の一投は今日も健在でした。ちょうど終了したK田さんが帰り際に見てくれていた。時刻は2時13分。結果、午後の部では実釣1時間15分で3匹。これで残業Dscf2707は確定。もう1匹釣って第2目標くらいはクリアしたい。奥ではO合さんが6匹をゲットしたとか、スレばかりだと言っていたO橋さんも結果を出している様子が聞こえて来た。私はせめてあと1匹と残業モードに入る。餌はわたグル+新べらグルテンの配合を少し変えて小一時間出来る量を作る。そして再開。O石さんはまだやるかと思っていたら、トイレタイムの後に片付け。今日は3匹出た後に鱗を2枚釣ったらその後あたりもなくなったとの事。私は時刻を見ようと竿から手を離して時計に目をやったら竿がガタンと音。ヤバいと竿を持てば確かな手応えがあったがバラシ。見ると鱗だ。今日はもうダメかな。その後奥からO橋さんがやって来た。今日は6枚ゲットしたとの事。素晴らしいデスネ。お疲れさまでした。橋の影になっている頃には風も出ていたが、今は大分凪いで来た。岡ジャミしてくれているO石さんからもこれからこれからと言われ、ウキを見ると確かに1目盛くらいモヤモヤしている。時間的にもDscf2708午後のGTが来たか?その後O合さんも帰って来た。今日は午前中3枚午後4枚との事。裏山鹿~。そしてお二人が背後で岡ジャミしてくれている間に数回あたりらしき動きがあり、合わせたがカラ。しかぁ~し、3時ギリギリに出た再度のモヤでやった今度こそ掛かりました!これで第2目標クリア。残業の甲斐があったのいうもの。O合さんは帰り、しばらく岡ジャミしてくれていたO石さんも帰った。お二人ともお疲れさまでした。池には私とT林さんだけ。橋の影がどいて一旦は暖かくなっていたのだが、3時を過ぎて太陽が山の陰に隠れると再び体感温度がガクンと下がり、寒くなって来た。こうなると後は餌を打ち尽くすだけ。作った餌を捨てる事はしない、Dscf2709それが省資源釣法(キリッ!)。すると、地合でもあるまいし(いや地合でしょう)、大きくウキが入ってやった「上がりべら」ゲットだ。これは望外の結果( by 藤井4冠)。そして3時17分に餌を打ち切って終了。結果、残業では実釣1時間で2匹。宙のトータルでは実釣2時間15分で5匹。総トータルでは実釣4時間でDscf27106匹。何とか格好がついたか。体勢が悪かったのか腰が痛い。片付け。太陽の姿は見えなくなってもまだ明るさは残っているが寒い。トイレに行きたいので早く片付けないと。そしてT林さんに挨拶して車に戻る。早く行きたいのはマウンテン・マウンテンでも腰が痛いしパッキンも緩んでいるし。まずは荷物を積み、急いでトイレタイム。それから久し振りのベイシアへと車は向かった。
 
これで今週の釣りはない(筈)
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

アームでも何でもない、結局は地合のみ?@増沢池-午前の部-

久し振りに増沢で竿を出す事が出来た。実は気持ちがさっぱり盛り上がらず釣りから少し遠のいていたのだった。が、このままでは年内竿を出す事はないかもと思えば少しだけやる気になり、今日の日となった。いつも通り通院後にゴー!駐車場にはO合さんとO橋さん、それにK田さんの車。皆さん来てるんだなぁ。さっさと荷物を降ろして池に向かう途中、橋の上から看板横が空いている事に気付く。それと対面ワンド私がいつも入るところDscf2701のすぐ近くに1人先客が準備中。これで決まった。前回パッとしなかった看板横に入ろう。荷物を置いてまずはO合さんとO橋さんのところへ。O合さんは既に1匹。O橋さんはスレばかりだと。あまり芳しくないのかな。後で知ったが、K田さんは旧流れ込みに入っていた。釣り座に戻り、さあ準備だ。今日は晴れて暖かいが風が出るとの予報だったが、何の事はない今は凪状態だ。ここでまたもや閃いた(どうせ碌な事ではない)。今日は段底でやってみよう。竿は11尺でバランスの底の上ハリスを適当に切って下鈎トントンで底を取る。餌は「段底」+「玉」ハード。ささっと準備を終えてさあやろうと思ったのが10時34分。しかぁ~し、餌落ちが気に入らない。風が出て来たので出来るだけ水面より上にトップを出したくないのだ。で、それを調整中にO石さん登場。坂の下に入った。大体10分以上モタモタして再開すると、ウキが返しながら入った気がしたので合わせたところ、背後から声が。T林さんが巡回に来ていて合わせるところをしっかり見られた。その後11時を過ぎて今度こそのバDscf2702ラケが落ちてからの小さく入るあたりでやった1匹目ゲットだ。これこれ、これですよ。いやぁ、今日はなかなかいいぞ。この調子なら爆釣も夢ではない?しかぁ~し、風・波が大きくなるとウキが流されてしまう。で、バラケも流されるので当然ながら食わせには同調しない。で、あたりも出なくなる。それでも11時半を過ぎたあたりでウキがスッと入った気がして合わせると、やった2匹目ゲットか?残念外れた。ここでO石さんに状況を訊くと、何とバランスの底で既に2匹をゲットしていると言うではないか。これでは何のための段底なのかと一気にやる気を失い、上ハリスを交換して底を取り直し、私もバランスにする。大体ハリス段差は10cmくらい。そして餌は段底のまま。こんな適当でいいのかと思いながらも餌打ちし、ウキの馴染み具合を調整するところで12時のサイレン。O石さんは3匹目をゲットしていて、離されるばかりだ。昼食を摂りながら懸命に餌打ちすると、1回だけ抜群のあたりが出たが、残念またも外れDscf2703た。これでやる気は全くなくなり、12時34分にバラケが残っていても強制終了。次は釣れても釣れなくても宙だ宙。餌はわたグル+新べらグルテン。餌を作ってからトイレタイム。そして竿はそのままにウキと仕掛けを交換。ハリス長はそのままで「たな」をやや深めにしての再開は12時45分だ。
 
TO BE CONTINUED!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2021年11月12日 (金)

今週は

今週は遂に竿を出せなかった。と言うより出さなかったと言うべきか。
ウィークデイ・アングラ―なので余程の事がない限り土日に竿を出す事はない。
さあ来週こそ竿を出せるかな?
話は変わってメダカ。室内ではまだ動き回るのが見える。特にガラス水槽では朝にライトを点けると、底にいたメダカが一斉に動き出すのが見える。驚かしてゴメン。
外のガラス水槽では水温がかなり下がっているのかほとんど上にいない感じ。
日中日が当たる時でも上には来ない気がする。
こうなると水替えも難しい。プロホースは吸い込むところの口径が大きいので底付近のメダカは吸い込む可能性がある。何と言っても発泡スチロール容器でさえ、細いスポイトに稚魚が吸い込まれる事があるのだから。
でも最近かなり緑色が濃くなった気がするので、そろそろ底を浚った方がいいような。どうかな。
さて、話は更に変わる。
失言の川勝知事、一応会見で謝ったのにまだ文句がある人がいるようだ。
更に辞職を求めるとか、どうかしている。自民党も確か最初は打ち止めにしたような気がするのに、やれると思ったのかこちらも再度騒ぎ出した。最近の選挙結果が余程悔しかったのだろうか。なんだかなぁ。
御殿場市民は本当に知事の発言で深く傷ついたのだろうか。テレビの街頭インタビューではそんな人たちばかりを流しているし、何かこのチャンスを逃すなとばかりにわざわざ事を大きくしている気がしてならない。

また新たにかの国が日本の葡萄をパクったらしい
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2021年11月10日 (水)

今日のメダカとインフルエンザ

新型コロナが収束に向かっている中、去年はコロナに押されていたインフルエンザが今年は流行りそうだとあちこちで話題になっている。
で、先日通院のついでに医院でインフルエンザワクチンの接種を受けて来た。
去年は市役所に行って無料接種券をもらって来た(条件あり)のだが、今回はまあいいやと言う事で。
左ひじの少し上くらいの場所にチクリと打ってもらったのだが、これが意外と後を引いている。コロナのワクチンより痛みが出てそれがまだ残っている状態。

Img_20211110_142505まあ、これくらいなら問題なしと言う事で次はメダカの話。
最近朝晩と昼の寒暖差が大きくなり、それにつれてメダカの動きも悪くなって来た。
室内はそれほど気温差が生じないせいか、ガラス水槽も発泡スチロール容器も餌への食い付きは悪くない。
しかぁ~し、前にも書いたように外のガラス水槽はメダカの姿が見えないし、餌をやってもなかなか上がって来ない。
このままだと真冬にはまず姿を見る事が出来なくなるのではと心配になる。
水槽の周りにプチプチでも貼らないとまずいかもしれない。
 
寒くなる前に水替えをしておこうかな
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2021年11月 8日 (月)

強い風が吹いている

先週末にずっと悩んでいた懸案事項が解消したので、今日はゆっくりのんびり過ごしている。
午後に通院があるので釣りには行けないのが残念かと思いきや、晴れていても凄い風が吹いている。
これではおそらく竿を振れないだろう。
明日も通院で竿が出せるかどうか。
その間にどんどん季節が進んで寒くなりそう。まあ普通になるのだが、それでもやはり暖かい方がいいなぁ。
外のメダカはいよいよ餌をやっても上がって来なくなった。
 
庭の鉢植えがやたらと倒れる
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2021年11月 4日 (木)

今日はゆっくり

Img_20211104_145502今日は好天でも昨日の結果に釣行を断念。かなり疲れているし。
と言う事で、今日は家でゆっくり。
午前中はパソコンの前であれこれ。午後になって急にメダカの水替えを思い立ったので、さっき終わった。
発泡スチロール容器3つは、スポイトで底を浚った後に、用意してある飼育水を足すだけ。簡単だ。
室内ガラス容器はそれより大変。
水草を除き、プロホースで底を浚う。メダカが間違って吸い込まれないよう注意して。
そう言えば発泡スチロール容器の時に1匹吸い込まれた。
底の砂利を均してから水草を投入。その後飼育水を入れて、あとはしばらくフィルターを回しているところ。
エサのやり過ぎなのか底はかなり汚かった。
Img_20211104_145520それから外のガラス水槽。最近は気温が下がったせいか水温も低くなってメダカの動きも少なくなって来た。
こちらは底を浚っても吸い込まれるメダカはいない。
バケツ1杯、大体10リットルくらいを替えても全体の1/10くらいだから影響は限定されていると思う。
気が付いたのがハイビスカス。まだ咲いてくれている。
それと菊の仲間と思われるもの。夏の間、雑草と間違えて抜くところだった。
花があるのはいいが面倒を見るのが億劫か。
 
明日は通院があるので遠くには行けそうにない
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2021年11月 3日 (水)

場所じゃない!結局はアームだ@増沢池-午後の部&残業編-

「たな」がどれくらいか分からないので適当に私にとってはやや深めに設定して餌打ち開始。すると、何と言う事でしょう、じきにウキがモヤモヤ。上ずっていたのは間違いないDscf2696か。そして開始10分経たないうちにズバッ!前触れは一切なかったのでビックリしながらも合わせれば、やった早くも掛かりました!サイズもグーだし、今度こその爆釣だぁ!しかぁ~し、その後はウキは動いてもあたりにならない午前中の底と同じパターンに落ち込んで行く。手を変え品を変え打ってみても状況は変わらず。こりゃぁ本当に場所でなくアームだなぁ。更にウキの動きも悪くなってしまってはどうしようもない。1時頃になって遂に「ナンチャッテ」を決行。すると、すぐにウキが動き出したので一安心かと思ったら、今度はあたっても掛からない。結局1匹目から1時間Dscf2697近く経ってようやくの2匹目。これでトータルでの第2目標には届いたが、このまま底を続けると餌の消費が進まないので、ウキの動きも悪くなって来た事だし、底は諦めて宙に戻す。すると意外にもウキの動きがすぐに出始めてビックリ。ただあたりにはならない最初と同じパターンの繰り返し。それに1時半頃から橋の影が掛かるようになって体感温度がグッと下がる。マズイ、へらも何処かに行ってDscf2698しまいそうな気がする。だがしかし、それでもウキは動き続け、2時前に3匹目ゲットだ。トータルでは6匹目。あたりは小さかった。どうかな、O石さんに並べたかな。しかぁ~し、すぐにO石さんが7匹目。ガクガクッ。そして2時5分に餌を打ち終えた。結果、午後の部では実釣1時間45分で3匹。ウキが動く割にはDscf2699釣れなかったなぁ。やはり場所ではなくてアームだったんだと痛感。そろそろ終わっても良いが、まだ2時。O石さんも2時半くらいまではやると言うから、思い切ってプチ残業でもしてみよう。餌は同じ配合でわたグル+新べらグルテン。今日は祝日とあって家族連れが多かった。きっと何処も混んでいるのだろう。さて、やはり打ち始めはウキがすぐに動き出してやる気を出させるが、なかなかあたらない。そしてあたりはズバッ!と豪快に消し込んでのカラ。もちろんピラミッドパワーやらオセロなどやれる事はやったつもり(あくまで「つもり」ですが、何か)でも、思いっ切り消し込んでスカではガクガクッばかりだ。2時半頃にO石さんが終了。結果は7枚。流石です。私の方は相変わらずのウキの動きでカラばかり。奥からO合さんが帰って来て、今日は8枚だったとの事。お疲れさまでした。そして遂に最後の一投。すると、何と言う事でしょうあたりました!そして掛かりました?残念バラシで終了は3時2分。Dscf2700残業は手当なしになってしまった。もうショックショック。しばらくはここに来ないぞ。片付け。ちょうどS我さんが帰って来た。結果は7枚だが、掛かったのは10数枚だとか。お疲れさまでした。私も片付けを終え、待っていてくれたO石さんと駐車場に戻る。釣れないとこうも疲れるのか(最近はずっとお疲れ気味)。駐車場で挨拶して解散。私はベイシアへ寄る気力もなく家路に就いた。
 
とてもエヴリデイ・アングラ―にはなれそうにない
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

場所じゃない!結局はアームだ@増沢池-午前の部-

今日は最初から増沢へ行くつもり。天気はいいし祝日だし(これは関係ないか)。いつもより少し早めの8時半過ぎに家を出る。駐車場にはO合さんの車しか見つからないが、こんな天気でもへら師は来ないのか?さっさと荷物を降ろして池に向かうと、O合さんがいつもの場所でやっている。あっ、看板横が空いているぞ。最近はここで皆爆釣だとO石さんが言っていたので、たまにはそういうところへ入るのもいいんじゃないかと荷物をDscf2690置き、まずはO合さんの様子を見に行く。底取りをしていた。最近はあまり良くないらしいが、今日はどうかな。釣り座に戻り、さあ準備だ。竿は11尺の底から入る。餌はいつものバラケとわたグル+新べらグルテンの食わせ。ウキも細いトップのものを採用し、小さなあたりにも対応出来るようにしてみた。本当にいい天気だ。これで結果が付いて来れば言う事なし。開始は9時43分。Dscf2691ウキの馴染み具合を見ながら餌打ちすれば、じきにウキが返すようになってやる気も満々。そして10時頃にあたりに合わせれば、やった早くも1匹目ゲットか?しかぁ~し、何故か腹にスレ。大体最初は掛かるもんだけどなぁ。まあいい、何となく爆釣の匂いがするぞ。するとそれからじきに本当に1匹目ゲット。ちょうどS我さんがやって来た。今日は奥のワンドに入るようだ。さあ、まだ調子は崩れてDscf2692Dscf2693いない。どんどん行こう。だがしかし、ウキの動きはなくならないが、あたりらしき動きにはなかなかならずヤキモキ。それでも10時半少し前に2匹目ゲット。ちょっと予定よりペースが遅いものの、これからこれから。O石さんはいつもの場所に入っている。さて、その後はどうなったかと言うと、何と連続してのハリス切れが出た。もちろん合わせ切れではありません。なのに何故?しかも次第にウキの動きが悪くなって来た。どうやら上ずってしまったか。O合さんがトイレタイムのついでに寄ってくれたが、ならば時刻は11時頃。既に3匹をゲットしているとか。う~む・・・。O石さんも竿が曲がっているし、私だけがアウト・オブ・ザ・蚊帳なのかも。あまりにもウキの動きが悪い(あたりが出ない)ので、今更と思いながらも底を取り直したら、ゲゲッかなり違っていた。底取りのオモリを替えたのだが、それがDscf2694影響したか。それでも再開してじきに3匹目が出たので、こちらが正解だろうと続行するが、その後はさっぱりのままになってしまった。で、まだ餌が残っていたが11時47分に強制終了。結果、午前の部では実釣2時間で3匹。爆釣ポイントと言われて入ってみたが、アームの方に問題があったみたいだ。さっさとDscf2695トイレタイムを済ませ、さあ急いで午後の部に入ろう。竿は9尺に変更し、まずは残った餌を打つ。途中に12時のサイレンが鳴ったので昼食を摂りながら続行するが、あくまで餌を捨てないための餌打ち。だってそれが省資源釣法だから(キリッ!)。約10分で打ち終え、次の餌を作る。わたグル+新べらグルテンはこれしかグルテンがないから(これはトホホなのか?)。そして再開は12時15分。
 
TO BE CONTINUED!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2021年10月31日 (日)

雨の投票日

さっき投票に行って来た。
雨で人出が少ないかと思ったら、個人の感想としていつもと変わらない感じだった。
やはり投票する人は雨であろうと投票するのだ。
 
投票のたびに思うのが重複立候補。
選挙区に2人候補者がいたとして、片方が当選すればもう片方が落ちる。
しかぁ~し、落ちた方が比例でゾンビ復活するので、結局2人とも当選。
こうなると選挙の意味があるのか疑わしい。
民意によりふるい落とされても復活当選なら最初から2人当選でもいい?
そんな馬鹿な話はない。民意は何処へ行った?
まあ、得票差があまりにも開いていれば惜敗率とやらで復活も無理になる事があるので、少しは意味があるかもしれない。
それにしても議員さんは守られているなぁ。自分で法を作ればこんなものか。
 
いよいよ明日から11月。今年も押し迫って来た
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2021年10月30日 (土)

昨日と今日の出来事

Img_20211030_220635前の記事で書き洩らしたのが、放流バッジの事。
T林さんが最近珍しく巡回に来てくれたと思ったら、放流協賛バッジの購入依頼だった。
もちろん断る理由などなく、喜んで購入。
バッジは午後に届くと言うので、その後釣りに勤しんでいたら、釣りが終わった?S我さんが届けてくれた。
色は緑色というのか、綺麗な色だ。
これで来年も放流が出来ると思えば、協力は当たり前。
 
さて今日の話。
昼食を摂っていたら、いきなり左の耳にゴーッ!と言うかなり大きな音が聞こえて来た。
元々耳鳴りは長い付き合いだったのだが、これほどの音はなかったのでビックリ。
すると、その直後から頭がフラフラする感じがやって来た。
以前にも通院時にめまいが出た事があったが、それと同じような症状。
食事など出来る訳もなくその場に横たわったが、時間が経っても症状は改善する気配もない。
で、這うようにしてベッドに移り静かにしていた。少しは眠ったのかもしれない。
5時頃に目覚め?ると、症状は嘘のように消えていた。が、安心は出来ない。今後もいつ同じような症状が出るか分からないのだ。
次の内科通院時に紹介状を書いてもらって大きな病院を受診した方がいいかも。
 
なので今日はメダカに1回しか餌をやっていない
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2021年10月29日 (金)

一日空ければいいってもんじゃなく@増沢池-午後の部-

先日は宙でさっぱりだったので、あまり期待は出来ず。ただ前回並みのトータル3匹は確保したいところ。餌の出来具合はまあまあか。まずは餌を打つ・打つ・打つ。しかぁ~し、ウキに動きなし。これはマズイ、マズイぞ(2回言いました)。そうだ「秋は「たな」を釣れ」とあるからウキ下を弄ってみよう。と言っても長ハリスでウキ下を詰めると変な感じになるので、ここは深くする方向で。すると、ある場所でウキが動いた。よしここでやってみDscf2683よう。すると、何と言う事でしょう、1時半を過ぎたところウキが消し込んで1匹目ゲットだ。これは素晴らしい。K田さんは5匹釣っても放流まじりなのが気に入らないようで終わるとの事。明日も来ると言って帰った。お疲れさまでした。私はその後2匹目をゲットしたかと思いきや、掛かっていない方の鈎が「たも」に掛かってしまい上手く寄せられずハリス切れでロスト。ガクガクッ。もうこれで今日の釣りDscf2684はお終いなのかとションボリしながら餌を打つと、2時前に再びのズバッ!やった今度こそ慎重に寄せなければ。しかぁ~し、同じように掛かっていない鈎が「たも」に掛かってしまう。だがしかし、前回と同じ轍を踏む事なく取り込む事が出来た。やれやれ。すると、それからはその「たな」にへらがいるのは間違いないようでウキの動きがグッと良くなり、2時を過ぎてすぐの3匹目もズバッ!でトータルDscf2685Dscf2686での第2目標クリア。O合さんは1匹を追加して昨日の結果を超えると同時に「つ」抜けにリーチとなったが、その後がないまま2時を過ぎたところで終了。私はその後4匹目もズバッ!で気持ち良い釣りになった(単独での第2目標にもリーチ)かと思ったら、急ブレーキでズバッ!ズバッ!とカラを打ってしまう。それで少しだけ「たな」を上げてみたら2時半前にズバDscf2687Dscf2688ッ!でやったとうとう単独での第2目標をクリア出来たぞ。更に2時半を過ぎてズバッ!6匹目ゲットは既に帰ったO合さんまであと1匹に迫る勢い。しかぁ~し、世の中そんなに甘くなく、餌がもうない。そして2時50分に餌を打ち終えた。グルテンの出来がやや柔らかめだったのでDscf2689グルテンカスは付いておらず、おまけの一投は出来なかった。結果、午後の部では実釣1時間半強で6匹。出来過ぎでしょう。トータルでは実釣3時間半で8匹かぁ。午後の部ではウキの動きが良く、何かをすればもっと釣れたに違いない。トータルどころか単独での第3目標も夢ではなかった筈と、いつものタラ・レバでした。片付けを終え、対面のT林さんに挨拶して車に戻る。途中坂の下と看板横には誰もおらず、S我さんとO石さんは既に帰ったのか。分からなかった。ハアハア言いながら車に戻る。さあ、今日はちょっとだけベイシアに寄って行こうかな。グッタリして車は池を離れた。
 
大楽地が次第に遠ざかる
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

一日空ければいいってもんじゃなく@増沢池-午前の部-

昨日は最初から行くつもりはなかったので、家でメダカの世話を中心にゴロゴロ。さて今日は通院があるのでその後にでも出掛けようかなと思っていたら、何と外科が混み混みでリハビリを終えると10時を過ぎている。ヤバい、火曜より遅くなってしまった。最悪でも11時にはスタートさせたいのに、これは厳しいか。法定速度を守りながら必死に池へと向かう私だった。そして何とか10時半頃には駐車場に到着。O合さんとK田さんの車しか確認出来なかったが、急いで荷物を降ろして池に向かう。今日もポカポカ陽気で気持ちいい。橋を渡り坂を下りると、看板横にS我さんと坂の下にO石さん。S我さんは2投目、O石さんはまだ開始していない様子。そのまま遊歩道を進めば前回と同じ場所にK田さん。K田さんも昨日は通院でお休みだったとの事。今日はまだウキが動かないらしDscf2679い。更に進めばいつもの場所にO合さんだ。昨日は8匹ゲットで、今日も既に3匹とか。早くも裏山から鹿がゾロゾロ。私もその恩恵に与れるかな。前回に懲りて?いつもの場所に入る事にする。しかぁ~し、湖面は汚れが凄い。とても仕掛けを打ち込む雰囲気ではなさそうだ。だがそれでもO合さんは3匹ゲットなので、釣れる人には関係ないんだろう。さあ準備だ。竿は11尺の底から入るぞ。餌は夏・冬・スイミーのバラケにわたグル単体の食わせのバラグル。ハリスが火曜のままなので下ハリスを詰めるが、ちょっと失敗したのか段差が数センチになってしまった。う~ん、どうしよう、私の感覚では狭すぎる。それにグルテンが柔らかくて持たない気がする。しかぁ~し、そのいずれも解消させる事なく開始はジャスト11時。とりあえず12時までに1匹は欲しいところ。ウキの馴染み具合は想定内だが、やはりグルテンの持ちが悪そう。でもグルテンをパラパラ足すくらいしか能がない私、そのまま打ち続ける。すると、10投もしないうちにウキに動きが。これは爆釣の予感なのか?そして小さくあたったのだが、残念カラ。ハリス段差とグルテンが気になって仕方ないが、そのままで続行。するとその後もウキは動いたのに全くかすりもせずで時間だけが過ぎるお約束の展開。その間にO合さんとK田さんは竿を曲げる。K田さんとO合さんは私の午前の部が終わるまでにそれぞれ5匹を追加。私は両側からのプレッシャーに押しつぶされそうだ。あっという間に12時近く。マズイ、このままではミッションクリアは不可能だ。で、ここでようやくウキ下の微調。更に、ハリスを25cm+30cm弱から30cm弱+40cmDscf2680くらい(個人の感想です)に変更する。すると、再開第一投であたり!そして掛かりました!う、嬉しかぁ。これでとりあえずミッションはクリア出来たのでまずはホッ。さあここからだ。しかぁ~し、12時のサイレン。昼食もそこそこに餌を打つ私だったが、ウキの動きは芳しくない。それにゴミは風向きが変わると目のDscf2681前を行ったり来たり。もういいかなと思っていると、12時半近くにようやく2匹目。ただ相変わらず調子は上がらないまま。そして12時56分に虚しく餌を打ち終えた。結果、午前の部では実釣2時間弱で2匹。ダメだね。よし午後の部では両グルの宙をやるぞ。餌はわたグル+新べらグルテン。竿は9尺に変更Dscf2682だ。そしてずっと我慢していたトイレタイム。途中にO石さんに様子を訊くと、やはり5匹をゲットしている。う~ん・・・。釣り座に戻り「たな」は仕掛けのままで開始は1時14分。
 
TO BE CONTINUED!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2021年10月27日 (水)

連荘で行く必要はなかったのでは@増沢池-午後の部-

すると、じきにウキに動きが。そして何とあたりまで出たではないか。おおっ、これは・・・。しかぁ~し、かすりもせず。しばらく打っていたものの、これでは埒が開かないと「たな」を下げて「ナンチャッテ」に向かう。するとここでもじきにウキが動きあたりも出る。が、同様にかすりもせず。何故だろうと「たな」取りゴムでラフに測ったら、何と底に着いていませんでした。これこそトホホだ。で、今度こそと再開すると、やはりウキに動きが出るが、あたりはカラ。いやいや2回ほどかすってバラシになったが、それ以上もなくさすがにこれはヤバいと「たな」を上げる。餌の量が最初から1時間を目安に作ってあるのDscf2676で、あれこれやるともう終わりが近い。結局両ダンゴでは何もなく1時31分に餌を打ち切ってしまった。なんだこれ?時間の無駄?もう止めた方がいい?だから連荘で来たくなかったんだとぼやき連発。でもこのままでは帰れまテン。もう1回両グルでやろう。もちろん1時間分だけ。ただ、α21が少ししか残っていないのでわたグルと混ぜてグルテン四季も使い切った。次回からはいつ買ったか不明の新べらグルテンをメインに使おう。時間も時間だし「たな」は浅めでどんどん餌を打つ事に。すると、こちらもやはりじきにウキが動き出した。頼む、最低でも昨日と同数(あと1匹)は釣らせてくれ。しかぁ~し、誘っても誘ってもダメ。1回だけ誘ったらあたりが出たのだが、すんごい引きでバラシ。もうトホホ以外の何者でもない。2時になり、K田さんが終了。そしてO橋さんとO合さんも。私も終わりたいのはマウンテン・マウンテンなのだが、如何せん餌がまだ残っている。これを打ち切るまでは帰れまテン。それが省資源釣法(キリッ!)。すると、今度こその午後のGTなのか、ウキの動きが良くなって来た気がする。そして片付けを終えたK田さんがこちらの様子を見に来た時にズDscf2677バッ!とウキが入ってやったトータルでの3匹目ゲットだ。ようやく続行の意味があった。お三方は帰った。お疲れさまでした。明日は来ませんのでよろしくお願いします。そして私も2時22分に餌を打ち終えた。昨日と同じくグルテンカスで粘ったものの、残念結果に結びつかなかった。結果、トータルで3時間半で3匹。昨日あれだけ寒い中でやった結果と同じにはなったが、今日の陽気でこれだけDscf2678かぁ。O橋さんは16匹と他の追従を許さない結果、O合さんとK田さんも底で結果を出している。私も今日は底から始めるべきだったか(これもタラ・レバ)。片付けを終え、対面T林さんに挨拶して車に戻る。途中片付け中のO石さんに様子を訊くと、何と5匹をゲットしたとの事。裏山鹿~。明日は来ませんと言って橋を渡る。今日は好天とは言え、連荘で来る必要はあったのか?ただ疲れるために来ただけだ。ガックリして荷物を積み、帰路に就いた。
 
明日も明後日も好天だが・・・
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

連荘で行く必要はなかったのでは@増沢池-午前の部-

今日は間違いなく大楽地と思っていたのだが、いつものグズグズとちょっとした雑用をこなしていたら時間が過ぎてしまい結局は増沢へ向かった私。そうだな、せめて昨日くらいの結果は欲しいところだ。駐車場にはO橋さんとO合さん、それにK田さんの車が見える。駐車しようとしたらT林さん登場。今日も日陰側深場ワンドに入るらしい。私は昨日に懲りて今日は釣れても釣れなくても日向側に行く。寒いのは嫌だ。坂の下でO石さんが準備中だったので、日向側ワンドにいつもO石さんが入るところがあるので、そこに入らせてもらう事に。遊歩道を進むと途中にK田さん。今日は底でウキが動かないとの事。Dscf2672そのまま進むとO合さんとO橋さんは定位置で、ちょうどO橋さんが竿を曲げていた。訊くと既に9匹をゲットしていると言うから素晴らしい。一方のO合さんは昨日は7匹!をゲットしたが今日はまだ。さて私はどうしよう。昨日の再来は避けたいので、最初から宙で行くとするか。竿は11尺、餌はα21+グルテン四季。「たな」は仕掛けのままで開始は何と昨日と同じ10時49分だ。それにしても日向は暖かいなぁ。いや暑いくらいだ。そして湖面は凪。あとはウキが動くだけ。すると、何と言う事でしょう、10投もしないうちにウキがモヤモヤ。これはいける?だがなかなかあたらない。11時を過ぎ、O合さんがトイレタイム。ウキはまだ動いていたDscf2673が、あたりらしき動きでもカラ。しかぁ~し、開始30分になろうとする頃に、ウキが水中に入って行くのを確認して合わせると、やったとうとう掛かりました!う、嬉しいゾーイ。これなら爆釣もありだ。しかぁ~し、残念その次がない。しばらく打ち続けたが状況は好転せず。11時半を過ぎて「たな」を上下してみる。何しろ「秋は「たな」を釣れ」だもんね。すると、どんどん深くなって行く「たな」だったが、「ナンDscf2674チャッテ」まではさすがに伸ばせず。深宙でもないくらいの「たな」でウキが動いた。よしここだと集中的に餌を打ったらズバッ!でやった2匹目。ところが、さあ昨日は1時間で3匹ゲットしているので今日もそれくらいはと打ち続けるものの、状況は一向に良くならず12時のサイレン。そして12時3分に餌を打ち切ってしまった。結果、残念だが実釣1時間15分弱で2匹。O橋さんは既に「つ」抜けを達成しDscf2675ており、最早裏山から鹿が出てくる状況ではなさそうだ。まずは昼食。今度は何と両ダンゴでやるつもりなので、食事中に餌を作っておく。持ち優先で粘麩+カルネバ+天々+ガッテンを1時間分。そしてトイレタイム後に「たな」は両グルの際のままで再開は12時16分だ。
 
TO BE CONTINUED!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2021年10月26日 (火)

楽をしたいため日陰側に入ったら・・・@増沢池

今日は好天で風も弱そうとの予報に、通院後にいそいそと出掛けました増沢。なかなか大楽地には行けないが、何とか今年中には1回くらい行きたいところ。まあ、それはさておき10時過ぎに駐車場着。知った人の車はO合さんしかいない。トイレに行くついでに池を眺めると、対面にはいつもの場所にO合さん、それに看板横に1人。残念今日はそこに入りたかったのに、時間が少し遅れたか。車に戻り荷物を降ろして池に向かう途中でふと考えた。湖面は凪いでいるようだし、わざわざ橋を渡らなくてもこちら側いつもの場所でいいんじゃないかな。トイレも近いし日陰側にしよう。そうしよう、双子葉植物(最Dscf2666初から飛ばすねぇ)。足元に注意しながら池に降りると、わっ驚いた右に先客がいるではないか。慌てて挨拶。そしてO合さんにも。さあ準備だ。陰っていてウキの視認性が良くないのは分かっているが、首を振るくらいで何とかなりそうだ。竿は11尺でセットの底から入るぞ。餌はいつものバラグル。ちょっと柔らかめに出来上がってしまったが、ドンマイ。ささっと底を取っての開始は10時49分。3時までやれば4時間は出来そうだ。と、ここで対面にO石さん登場。坂の下に入った。私の方はとりあえず餌を打つ。ちょっとウキの返しが早いような気もする(バラケるのが早いか?)が、まずはこのまま。11時を過ぎてO合さんがトイレタイム。訊くと既に1匹はゲットしている様子。私も早く1匹目が欲しいところ。しかぁ~し、ウキはさっぱりのままで途中から風が吹き出すと寒い!O石さんは11時を過ぎたところで1匹目をゲット。やはり日向側なのか。私も隣も全くウキが動かない感じで時間だけが過ぎる。そうそう、こちら側橋の上(かみ)浅場にもう1人いた。寒さに震えながらも餌打ちそしてウキを見つめるが、どうにもウキは動かず。そして遂に12時のサイレン。次第にやる気がなくなって来たのは単に寒いからだけではないだろう。どうせ張り切っても状況は変わるまいと昼食。そしてこのままでは凸確定なので、何とかしないと。と言う事でオモリを追加しウキ下を調整。そうです、「ドボン」に切り替えたんです。だがしかし、これでもウキは動かず。へら、いるんかいな?対面ではO石さんが竿を曲げる。看板横の先客も。裏山から鹿が出るとか言ってる場合じゃないと「ドボン」を続けたが全くウキが動かない。1時近くになってもどうでもいいやとオモリを外し、オモリべたに切り替える。すると、何と言う事でしょう、今日初めてあたったではないか!急にやる気になる現金さよ。オモリを追加して「ドボン」にしたり外してオモリべた、更には適当に底を取っての「ナンチャッテ」まで繰り出してみたが、どうにもウキは動かない。隣は12時半頃に帰った。ウキが動かなかったのは私と同じ。お疲れさまでした。私は気力なく餌を打ち、1時20分にやっと餌Dscf2667を打ち切った。結果は言うまでもありません。落胆・・・。このまま続けても状況は変わらないに決まっている。寒いしもう止めようか。いや、このまま終わるのは悔しくて堪らない。ダメ元で宙をやってみよう。もちろん両グルで。面倒なので仕掛けとウキは底のままで「たな」のみを変える。餌はα21・グルテン四季を1時間分くらい。トイレに行きたいが終わるまで我慢だ。午後は一時期風・波が出たが、そんな中再開。すると、何と言う事でしょうPART2、あれだけ動かなかったウキがモヤモヤしているではないか。そして遂にあたりも!残念掛からなかったが、思ったのはブルーではないかと。もしそうならこれ以上辛い事はない。ほぼ残業までやって挙句の果てがブルーなんて。それでも何かしら掛かってくれれば張り合いも出るとDscf2668言うもの。とにかく合わせ続けたら、開始30分くらいでとうとう掛かりました!う、嬉しいゾーイ。放流だったがそんなの関係ねぇ~っ!ウキはまだ動いていたが、元々底の仕掛けのままなのでハリス段差が気になって仕方ない。で、思い切って上ハリスを詰めて段差を10cm以上にする。そして再開すると、まだウキは動いている。今日は最初から宙でやれば良かったのではと言っても仕方ないタラ・Dscf2669レバ。2時頃にO合さんが終了。私は2時を過ぎてズバッ!というあたりが出た。やったと合わせると凄い引きでヤバいスレかと思ったが、堪えに堪えて寄せれば、30cmオーバーでした。スレでなくて良かったぁ。しかぁ~し、何故か鈎が外れずハリス切れ。もう餌がほぼないのに、今になって切れるのかよと思いながらも急いで交換。その際にハリス段差を更に広げてみた。地合なのかウキはまだ動いていたが、その後はさっぱりのままで遂に最後の一投。しかぁ~し、これも空振りで終了か。いや、鈎にまだグルテンカスが付いている。これでもう1回やって終わりにしよう。すると、ここからズバッ!でやった「上がりべら」ゲットだ。時刻は2時24分。結果、Dscf2670Dscf2671プチ残業では実釣1時間で3匹。釣れたのは嬉しいが、なんだかなぁと言う感じは否めない。片付け。看板横の先客も終わっている。池にはあとO石さんとこちら側浅場の計2人だけ。片付けを終え、O石さんに挨拶して車に戻る。途中、ずっと我慢していたトイレタイム。最近はパッキンが緩んでいる?ので充分気を付けて。さあ帰ろう。寒さもあってかなり疲れたし腰も痛い。体力が戻っていれば、明日はひょっとして大楽地に行くかも。さっさと池を離れた。
 
ホント、グッタリだ
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

«今日のメダカ