2022年8月14日 (日)

今日のメダカ

台風は浜松近辺には上陸せず、被害はほぼなかったのではないだろうか。
我が家のメダカも何とか無事に朝を迎えることが出来た。
雨による増水(溢れ)もなく、午前中には餌をやった。
午後になってそれでも水替えくらいはと道具を持って外に出ると、ゲゲッ、ガラス水槽では水の色がかなり薄い緑色になっているではないか。
雨なのか、それとも太陽光の不足なのか植物プランクトンが一気に死滅したようだ。
メダカの様子に変わりはなさそうなので、とりあえず水替えくらいはしておこう。
まずはトロ舟2つをそれぞれ5リットルくらい汲み出して交換。その後餌をやったが、どうもトロ舟のメダカは水草が多過ぎて隠れる場所が多くなったせいか、やたらと隠れて出て来ない。見えるのは針子数匹だけ。
ビニールの覆いはもう必要ないので外し、簾だけにしておいた。
肝心のガラス水槽では底まで見通せるのでプロホースで汚れを集中的に吸い出し、大体10リットルを交換して餌をやった。
内壁を拭いたら茶ごけのようなものがビッシリ付いて来た。定期的に掃除する必要があるのかも。
こちらも簾だけにしておいた。
室内では昨日避難させておいた洗面器をベランダに戻し、こちらも餌やり。
発泡スチロール容器では底を浚って少しだけ水替え。
ガラス水槽では通常の水替えで5リットルくらいを交換した。ついでにフィルターも交換しておいた。
 
明日はどうしようかな?家で大人しくしている方が無難かな
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2022年8月13日 (土)

台風

台風8号が静岡県付近に接近し、大雨と強風の予報が出ていた。
心配して昨夜は雨戸を全て閉めて対応したが、本番の今朝からはそんなに状況が悪くなる気配はなかった。
不思議に思って予報を見る(今更?)と、台風は御前崎付近から静岡辺りにかけて上陸するようだ。
外のメダカは雨対策をしておいたが、トロ舟の1つはビニールの覆いが飛ばされて溢れる寸前だった。
気が付いて慌てて水を汲み出しておいたものの、さっき見たらまたもや吹き飛ばされていたので今度はしっかりと覆っておいた。
洗面器のメダカは昨夜から室内に避難中。
 
まだ予断を許さない状況なので、予報はしっかり見るようにしよう(今更?PART2)
    ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2022年8月11日 (木)

雨を恐れて早仕舞いしたのだが@増沢池

今日は好天で風も弱そう。ただし天気は不安定でところによっては急な雨もあると言う予報。今までも同じような予報の時に釣行しても雨に遭った事がないので、今日も大丈夫と家を出る。駐車場に入るとK田さんの車が奥の方に見えた。それにO合さんが車から荷物を降ろしているところだった。挨拶すると、何と昨日も来たと言うではないか。その時には大雨が降っていたと。私と入れ違いになったんですね。今日は私のいつもの場所は空いているが、ご自分の場所は先客ありなので柳の木の奥の方に入ると言って池に向かった。私も後を追って池に向かうと、途中で私のいつもの場所から数メートル浅場にK田さんが釣り台をセットしているところだった。私はいつもの場所に入り、さあ準備だ。既に汗が滴っている。傘のセットは必須だ。さて、今日も竿は11尺で底から入るDscf3282ぞ。餌もいつものバラグル。全く変わり映えしないがこれでいいのだ。O合さんは柳の木の奥にも先客がいたので、更にその奥のO橋さんの定位置(今日はお休み)の手前に入った。とにかく蒸し暑い。汗拭きのタオルがすぐにビッショリになってしまった。スポーツドリンクを飲みながら底を取っての開始は9時37分。まずはいつも通りウキの馴染み具合を確かめながら餌を打つ。大体思った通りになった。後はウキの動きが出るかどうかだ。すると、じきにウキが返すようになったが、これはバラケが溶けているからではないか。それ以外に一向にウキが動く事はなく10時を迎える。あっ、O合さんの竿が曲がっている。そんなに早く釣るなんてビックリだ。私も早く1匹目が欲しいところだが、残念ウキは返すだけ。しかぁ~し、いきなりの糸ずれで少しやる気になっDscf3283たところに、今度こそのあたりで1匹目ゲットは開始40分。最初の状況ではなかなか出ないと思っていたのでまずはホッ。しかぁ~し、遠くでまたもやO合さんの竿が曲がった。K田さんはこちらから姿が見えないのでどういう状況かは不明。それでも一度バシャバシャと取り込む音が聞こえた。私の方は1匹目から何も変化がなくなり、ひたすら餌を打つだけの時間が過ぎる。10時Dscf3284半を過ぎ、あまりにウキが動かないのでちょっとK田さんの様子見。今日は宙でやっているが、あまりにウキが動かないのでどうしようかと思っているところらしい。釣り座に戻ると、床休めがちょっとだけ効いたのかすぐにあたったが、残念バラシた。時間的には午前中のGTがもうじきなので、そろそろウキが動いても不思議ではなさそうだ(あくまで個人の感想です)。しかぁ~し、上空次第に暗くなって来た。まだ蝉は鳴いているので雨は大丈夫と思いたいが、K田さんからも大丈夫かと心配する声が。すると、やはり来ましたか雨。どうだろう、ただの通り雨なのかそれともこの後本降Dscf3285りになるのか。どうするか迷っているそんな中、11時を過ぎてやっと2匹目。既に少なくとも3匹をゲットしているO合さんに早く追い付きたいと思ったが雨は強くなって来たのでいよいよ決断。K田さんは餌が尽きたら終わると言うが、O合さんはまだやるようだ。私はびしょぬれになるのが嫌なので終了を決断し、片付け開始。時刻は11時7分。結果は実釣1時間半で2匹。多分Dscf3286これからが午前中のGTなのに、残念でならないが、決めた事なので仕方ない。ただ、雨は一旦止むとその後は降り出す気配がない。片付けを終えたので今更再開など考えられないので、皆さんに挨拶して車に戻る。汗まみれでベイシアに向かったが、買い物を終えて店を出ても雨などなかった。まさにガックリだ。そのまま家路に就いた。
 
今週末は台風で大荒れになりそうだ
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2022年8月10日 (水)

今朝の事

今日は久し振りに竿を出すぞ。昨日は予定通りハリスを巻き、壊れた11尺の仕掛けを作り替えた。
万全の態勢で今朝を迎えたのだが、昨夜は雨があったようで慌てて外のメダカの様子を見に行くと、やれやれ水が溢れることはなかったようだ。
本来なら外の3つの水槽?の水替えをしてから出掛けるつもりが、あまりの暑さに止めて増沢へゴー!
しかぁ~し、外に出ると北から東にかけて雲がもくもく。一部は黒くなっている。こりゃぁ一雨来そうだ。
それでも道中は雨の跡もなくスイスイと進んだのだが、公園に入る坂の辺りから道路が結構濡れていた。
そして公園入口付近でK田さんに遭遇。帰るところだったようだ。
話を聞くと、さっきまで雨だったとの事。竿を出しているのは咳払い1人だけ。日曜も3人しかいなかったとの事。
後ろから車が来たので挨拶してK田さんは帰った。
私は一旦は駐車場に車を停めてどうしようか考えていると、駐車場で煙?のようなものが出ている事に気付いた。
が、これは湯気だったようだ。暑くなったアスファルトに雨が降って蒸発している最中だった。
これで決めた。これからどんどん蒸し暑くなる。汗かきの私には厳しい。それに知ったへら師がいないと寂しいし楽しくないし、ここは勇気を持って止めよう。
代わってベランダの洗面器のメダカを発泡スチロール容器に移そう。
帰宅すると北にあった雲は散って明るくなっている。が、もうやりません。明日に賭けよう。
 
O石さんにCメールを打ったが届かなかった。何故だ?
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2022年8月 9日 (火)

長靴&今日もメダカ

今日、通院の帰りにジャンボエンチョーで長靴を買って来た。遂に、遂にだ。
売っていた中で一番高いものを買ったら、何と今まで使っていたのと同じ物だった。ビックリしたなぁ、もう。
瞬間接着剤で騙し騙し使って来たパイセンとは今日でお別れ。今までご苦労様でした。
さあ、明日からは新たな気持ちで竿を出すぞ。
その前に11尺底の仕掛けとハリスを巻かなければ。面倒でも仕方ない。

続いて今日もメダカ。
先日空にした発泡スチロール容器Aにはベランダの洗面器のメダカを移そうと思っていたが、残り1つの発泡スチロール容器Bがあまりにも汚れている(先日水替えしたばかり)ので、ここからAに移そうと方針転換。
しかぁ~し、水草をどかしてみたらいるはいるはでこれは困った。ざっと50匹以上いるのだ。
とりあえず新たな容器Cにカルキ抜きした水と洗面器の水を混ぜ、そこに掬ったメダカを入れてAに浮かべておいた。
そしてBは残りの水を捨て壁面の藻?をこすり取り、カルキ抜きした水を加えてから洗った水草を戻す。
ここでまたもや方針転換。Bのメダカは綺麗にしたBに戻そう。
CをBに浮かべ直して温度合わせと水合わせを行い、投入。
どうかな、大丈夫かなとしばらく様子を見ていたら、残念ながら2匹が☆になっていた。
この2匹は元々弱っていたのか、それとも新たな環境に馴染めなかったのは不明。
この調子だとまだまだ☆になるものが出てくるかもしれない。失敗したかな。
Aには元の方針通りベランダの洗面器2つのメダカを移す事にした。ここにはそんなにいない筈なので大丈夫だと思う。
ただ、Bの状況が良ければの話で、しばらくは様子見としよう。そうしよう(以下同文)。
Aでは絶賛エアレーション中。
 
外ではトロ舟で1匹が☆になっていた。暑さのせいなのか、それとも病気なのか
    ↓        ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2022年8月 7日 (日)

今日午後のメダカ

室内ガラス水槽に移したメダカ達、思ったより小さめで数が多い。
早速フィルターを回そうかと思ったら、水草の様子がおかしいぞ。
先日具合の悪そうなところは除去したのに、再び茶色っぽくなる部分が出て来た。
仕方なく水草を取り出して不要な部分は除去し、残りを水洗い。そして戻した。
が、かなり量が少なくなってしまった。この水槽だけ水草が育たないのだ。
やは太陽光がないせいなのか。
ほったらかしの洗面器でも増えるのは太陽光以外に考えられない。LEDライトではダメなのかな。
一応フィルターを回してみたが、メダカはしんどそうな感じには見えないので小一時間回してから止めた。
エアレーションは継続中。
それはさておき、投入したメダカの具合は今のところ特に変わった様子はない。
外のトロ舟でも同様。だがしかし、まだ投入当日なので今後もう少し経ってからでないと確かな事は言えないなぁ。
 
特に外のトロ舟では水温の上下がきついので心配だ。隣の先輩を見習って欲しい
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

今日のメダカ

朝方雨が降ったので急いで外の容器に覆いをしたのだが、じきに止んで取り越し苦労だった。
予報では最高気温が32度とあったので、それなら思い切って今日はメダカの大移動をしようと思い立った。
まずは室内ガラス容器から。水草をどかして飼育水を容器に入れ、その中に「たも」で掬ったメダカを入れる。
なかなか捕まらず難儀したが、何とか。水草とタニシは水槽に戻しておいた。
次にメダカを入れた容器を外の新たなトロ舟に移動させるのだが、まずは容器を浮かべ水温が合うまでの間に残り2つの水替えをする。
トロ舟では大体5リットルくらいを掬いカルキ抜きした水を入れる。これはそんなに負担が掛からないと思う。
ガラス水槽では半分以上を水替え。先日大掛かりな水替えをしたばかりなのだが、またもやグリーンウォーターが濃くなってしまったので。
これはメダカだけでなく私にも相当の負担が掛かり、汗びっしょりだ。
その間に温度合わせが済んだとして、メダカを入れた容器にトロ舟の水を加えて水合わせ。
忙しいぞ。
水合わせの間に、今度は空いた室内ガラス水槽に白い発泡スチロール容器2つのうち平均サイズが大きい方のメダカを移す。
一気に外のトロ舟へと移動させようかとも思ったが、やはり全滅が怖いのでまずは室内ガラス容器からとした。
残念ながら1匹が☆になっていた。が、今更中止にはしない。
こちらも只今ガラス水槽にメダカが入った容器を浮かべて温度合わせの後に水も合わせ中。
しかぁ~し、途中でまたもや☆になってしまった1匹をハケーン。
元々弱っていたのか不明だが、これも仕方ないとした。
空いた発泡スチロール容器は水洗いして壁面も綺麗にした後にカルキ抜きした水を入れて水草とタニシを戻し絶賛エアレーション中。
それから外のトロ舟にいよいよメダカを放した。どうかな、馴染んでくれるかな。
1個目のトロ舟の際にはパイロットフィッシュ数匹を入れて様子を覗ったが、今回はいきなり全て(約30匹)を入れてしまった。
どうなるかは神のみぞ知る。
さあ、これからいよいよ室内ガラス水槽へ発泡スチロール容器からの大移動を完遂させる。
頼む、何事もなく移動を終えて欲しい。
 
TO BE CONTINUED!
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2022年8月 5日 (金)

「途中下車の旅」と洗面器のメダカ

Img_20220805_1006481今週末の日テレ系(静岡第一テレビ)「途中下車の旅」で、キスマイの横尾君が横浜で私の姪の店「パーチ」に立ち寄ったと連絡があったので、これは是非とも観なければ。ついでに録画も。
ただ、編集の都合でどれくらい映るのかは不明。
なので、期待半分くらいで待とう。

話は変わってメダカ。
今日は通院後に外のメダカの面倒をみるつもりだったが、雲行きが怪しいので中止。
代わりにベランダの洗面器のメダカの方の水替え(ほぼ全替え)をする事にした。
1つはまあまあ綺麗なので足し水くらい。もう1つは先日書いた通りかなり濁っているので水草も含めて交換だ。
この後実施予定。

P.S.予報通り雨はなかった。で、洗面器に加えて外のガラス水槽とトロ舟も水替えをする事にした。
それでもまだ雨を疑い、先に外の水替え。トロ舟の水草の半分くらいをまだ生体がいない(何故か針子がいるけど)方に入れておいた。
何もないと栄養不足で枯れそうなのでメダカの餌をパラパラ。そして3つ全てに雨対策の覆いを掛けておいた。
2つあるうちの水替えする洗面器Aでは水草をどかして色の悪くなった部分は除去。交換する水は昨日の室内ガラス水槽で吸い取ったうちの上澄みを別の洗面器Bに入れて並べておいたので、水温はほぼ同じになっている筈。
それでもちょっと不安だったので一応Aの水を一部取って容器Cに入れてBに浮かべ、Cの中に掬ったメダカを入れて水合わせのつもり。
かなり大きなものが数匹いたので、それらは室内ガラス水槽へと移しておいた。
Aはかなり汚れていたので丸洗い。Bの水を入れてから水草とメダカを戻した。不足分の水草は隣から拝借。これで大丈夫かな。

空はどんどん暗くなるが予報では雨にならないとある ⇒ 雨はなかった
    ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2022年8月 3日 (水)

酷暑の中出掛けてはみたが@増沢池

今日は最高気温が37度になるとの予報に一時は釣行を躊躇ったが、結局無理矢理?行く事にしてゴー!ただグズグズする時間が長かったので、開始は9時半頃になりそうだ。駐車場には知ったへら師の車はなく、荷物を降ろしているとO合さん登場。O合さんのいつもの場所には先客があるが私の方は大丈夫と教えてくれた。先に池に向かう。Dscf3269既に暑い。汗がダラダラ。先客に挨拶し準備開始。しまった11尺の仕掛けは作ってないしハリスも巻き忘れている。で、今日も12尺でやる事に。長靴は出掛ける前に気になるところを瞬間接着剤で固めて来たつもりだったが、もう漏れている。買い替えた方がいいかな。汗ダラダラなので傘もセット。餌は相変わらずのバラグル。ササッと底を取ろうと思ったら何だかスッキリしないままの開始になってしまった。時刻は9時26分。ウキの馴染みが思うように出ないが、ままよこのままやってみよう。しかぁ~し、前回のようなウキの動きになる筈もなく(水温もかなり高くなっている)、しばらく餌打ちが続く。途中から風・波が出始めて対面の景色の映り込みもあってウキの視認性はかなり悪くなったものの、体感温度はグッと下がって汗も引いて来たのはラッキー。それでも顔を拭き拭き餌を打つ。後から始めたO合さんだっDscf3270たが、10時を過ぎて竿が曲がる。ゲゲッ、どうしてと思いながら自分のウキを見ると、何と初めてあたった!ちょっと遅れたツーショット。やっと凸を脱してまずはホッ。この頃からウキの返しもさわりも出始めたので、何とか前回並みの結果をとウキを見つめる目も真剣そのもの。するとほどなく2匹目は放流。ホンDscf3271Dscf3272ト、最初は引きがブルーかと思ったよ(オイオイ)。ただあたりは続かず。10時半少し前にT林さん登場。と、そのタイミングであたり!3匹目ゲットだ。ウキの動きからは前回並みは難しそうだが、何とか第2目標くらいはクリアしたいところ。だがしかし、その思いも虚しく11時を過ぎる。開始1時間半が過ぎてしまった。先客は11時前に帰ったが、私が見ているだけで3匹は釣っていた。と、ここでK田さん登場。竿は出さないようだ。今日は来ると言っDscf3273ていたとO合さんだが、来るけどやるとは言っていないってか。と、またもやそのタイミングであたり!いよいよ第2目標にリーチとなったまでは良かったのだが、何と鈎を呑んでいて指を突っ込んで外そうとしたらハリス切れ。前に書いた通りハリスのストックはない。もう少しで餌が終わるのに、なんでこのタイミングで切れるのか。ボヤキながら現場施工。そして再開するが特にないもないままに餌を打ち終えてしまった。時刻は11時37分。結果午前の部では実釣2時間10分で4匹。とDscf3274にかくウキの動きが少なかったし、私の方も漫然と餌を打つ時間が結構あったのは事実。暑さでへらも私もボーッとしていたのかもしれない。さ、気持ちを切り替えて次は宙。竿は9尺に変更し、餌はガッテン・天々・カルネバで前回並みの数を狙うぞ。準備してからトイレタイム。帰りに岡ジャミを終えたK田さんに遭遇。明日も通院で竿は出せないと言って帰った。岡ジャミお疲れさまでした。釣り座に戻り早めの昼食後に再開は11時56分だ。どうかな、前回よりはウキが動いて欲しいのだが、果たして。ミッションとしてはとりあえず1匹釣ってトータルでの第2目標クリアを狙う。まさかこれくらいがダメと言う事はないだろう。いつも通りウキの馴染み具合を見ながら餌をコネコネすれば、じきにウキがモヤモヤ。だがあたりにはならない。12時のサイレンはおろかその後の12時半になってもあたりがほとんど出なDscf3275い状況に、マズイ今日は凸必至かもとやや悲観的になる私。しかぁ~し、遂に出ましたズバッ!で1匹目ゲットは開始45分になろうとしている。いやぁ厳しいなぁ。とりあえずミッションはクリアしたものの、この分では単独での第2目標など夢のまた夢かもしれない。その後もウキは動こうとしないので、次第にウキ下を上げて行く私(今日は「ナンチャッテ」はしませんでした。キリッ!)。すると1時を過Dscf3276Dscf3277ぎたところで小さなウキの動きで2匹目。よしこの位置でやるぞ。しかぁ~し、次のズバッ!では遂にバックオーライとなってしまう。これを寄せるのにかなり疲れてしまい、やる気もなくなってきた。見ると跳ねているへらから「たな」は浅いと判断してウキ下を更に詰めるが、ウキのDscf3278動きはなくなってしまった。逆かぁ・・・。で、「たな」を最初の位置に戻すと1時半ジャストにズバッ!で今度こその3匹目。やはりこの「たな」だったか(オイオイPART2)。開始1時間半を過ぎ、餌もあとわずか。何とかあと2匹釣って単独での第2目標をクリアしたい(無理かな?)。しかぁ~し、「たな」が合い始めたDscf3279のかその後もウキは動いてじきに4匹目。よしこの勢いであと1匹。しかぁ~し、餌を打ってからちょっと(ちょっとだけよ)下を向いたら途端に竿がガタッ!慌てて視線を戻し懸命に竿を立てようとするが残念またもやハリスを切られてしまった。もしちゃんと合わせていたら5匹目間違いなしだったのにとは、言っても仕方ないいつものタラ・レバでした。再びの現場施工で再開したが、2時2分に餌を打ち切ってしまった。結果、午後の部では実釣2時間余で4匹。トータルでは実釣4時間以上Dscf3280で8匹。前回並みなどもっての外、半分に終わってしまった。見るとO合さんも片付け中。池にはあとT林さんが残っているくらいか。噴き出す汗の中片付けを終え、皆さんに挨拶して車に戻る。熱中症にならなくて良かったくらいの感想しかない。用意したスポーツドリンクは既に飲み干してしまったので自販機で炭酸飲料を買い、ぐびぐび飲みながら家路に就いた。
 
帰宅後のシャワーの気持ち良さは格別だぁ・・・
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2022年8月 2日 (火)

今朝のメダカ

今日は極暑。外に出るのも憚られるくらいだが、通院は行かなくては。
こんな日にも増沢には知ったへら師が竿を出しているのだろうか。
行って様子を覗いたいがこの暑さではなぁ。
Img_20220801_151714さて、今朝もメダカの世話。
通院後に室内の発泡スチロール容器とベランダの洗面器を見たら、水量がかなり減っている。
この暑さで蒸発する水もかなりの量だと思われるので、外のガラス水槽からグリーンウォーターを少し頂戴して加えておいた。
室内ガラス水槽は日が当たらないせいか水量はそんなに減っていなかった。
外では出掛ける前に餌をやっておき、帰ってから水替え。ガラス水槽ではいつも通りに約10リットルを交換。
トロ舟1(生体が入っている)では水草をどけて底を浚い、水も併せてこちらも約10リットル。1匹☆になっていた。残念だが仕方ない。
トロ舟2(生体なし)を見たら、ゲゲッ針子がいるではないか。
トロ舟1から取り出して入れておいた産卵床に卵が付いていたようで、これはどうしようかな。
室内発泡スチロール容器またはベランダの洗面器に移した方がいいように思えるのだが、また数が増えてしまうのもどうかと思う。悩むなぁ。
わずか30分ほどの作業だったが、この暑さでは汗まみれになるのは避けられない。水分補給とシャワーだシャワー!

明日も好天らしいが、酷暑では体の方が大事だ
    ↓        ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2022年8月 1日 (月)

そこそこは釣れてもそれ以上はない@増沢池-午後の部-

釣り始めは汗びっしょりだったが、風・波が出て来てまた体も暑さに順応してきて大分楽になって来た。午後の部は頑張るぞ。って言いたいところだが、グルバラとマッハの餌では良い思いをした記憶がない。今日のミッションはとりあえず3匹釣ってトータルでの「つ」抜けをクリアする事。まずはいつも通りウキの馴染み具合を見ると、カルネバのおかげでちょっとモミモミするだけで馴染みが出る。すると、数投後にいきなりウキが消し込んだのでビックリして合わせるがバラシた。ホント、ビックリしたなぁ、もう(古~っ!)。Dscf3262最初からこれでは先が思いやられるぞ。と思っていたら、開始20分でまたもズバッ!今度は掛かりました。やれやれ、これでとりあえずは凸を回避出来たぞ。この後はもう2匹追加でミッションクリアとなるが、はてさてウキの動きは?ところが今日はいつものガッテン・天々のダンゴと違い「カラツン」の嵐にはならず。ウキのモヤモヤは出てもハッキリしたあたりも見る事は少なかった。とにかくそDscf3263れらしいウキの動きには積極的に合わせて行く(これぞ「闇雲流」。キリッ!)と、12時のサイレンを聞いてじきに2匹目。その後再びのあたりには一応合ってやった3匹目ゲットかと一瞬は喜んだのだがそれも束の間、残念ハリス切れとなってしまった。実はもうハリスのストックがほぼなく、昨日はハリスを巻いておかなければとは思っても面倒でそのままだったので、1本だけ残っているハリスを丁Dscf3264寧に付けて続行すると、何と言う事でしょう再開第一投でズバッ!今度は切れないよと3匹目ゲットと同時にトータルでの「つ」抜けもクリア出来たぞ。時間3匹とはちょっと寂しいがこれが私の実力です。するとその後は何故かウキの動きが悪くなる。よくよく見るとウキが立つ辺りにやる気のないへらが口をパクパクさせているではないか。Oh My God!「たな」は少し深めにセットしてこいつらの影響Dscf3265を少なめにすると、3匹目から30分経った1時少し前に4匹目。まだ午後のGTには少し早いがそれしか原因が思いつかない。こうなるとウキが動く間にもう1匹釣って最近の私の宙の結果5匹(低~っ!)には到達して終わりたいところ。すると、1時を過ぎる頃から状況が好転したのか、ウキの動きが良くなって来た。そして餌が尽きた1時37分までに何とか2匹を追加して、単独での第2目標クリアDscf3266Dscf3267と共に宙の結果を更新した(トホホと言っておこう)。結果、午後の部では実釣2時間10分弱で6匹。トータルでは実釣4時間で13匹。結果は前回と並んだが、今日は底でも宙でも放流は1匹Dscf3268もなかったのが嬉しい。まだ2時前だがかなり疲れたので残業はなし。片付け。そう言えば今日もO石さんは来なかったが、何かあったのだろうか。それとも単に暑くてやる気がなかっただけなのか。片付けを終え、続行中のO合さんに挨拶して車に戻る。今日はこの後ベイシア詣でがあるので、グッタリの私は少し憂鬱になりながら池を離れた。
 
長靴は買い替えた方がいいのかな
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

そこそこは釣れてもそれ以上はない@増沢池-午前の部-

今日も暑くなりそうだ。しかぁ~し、今週も今日くらいしか行ける時がなさそうなので、既に暑くなっている8時頃に増沢へゴー!駐車場に着くと知ったへら師の車はない。あれれあまり釣れないので来ないのかなと思ったが、とりあえず荷物を降ろして池に向かDscf3252う。いつもの場所に入ると汗が滴っている。と、O合さんのいつもの場所に先客あり。これは困った。O合さんはじきに来そうだが入るところはあるのかな。汗まみれと長靴の水漏れで全身びしょびしょになりながら準備開始。いつもと変わらず11尺で底と思ったら、何と11尺の仕掛けは前回チチワの部分が絡まってカットしたままだった。で、竿は12尺に変更。餌は相変わらずのバラグルだ。まだ湖面は凪いでいるのでさっさと底取りし、開始は8時57分。太陽の直射があって更に暑いが、もう少しすれば日陰になるので我慢。それに何故か風・波が出て来たぞ。ウキの視認性は多少悪くなった(いつもより50cm以上遠い位置にウキが立っていDscf3253る)が、どうせそんな早くにウキは動かないだろうと高を括っていると、9時を過ぎて10分ほどであたり!慌てて合わせるとやった早くも掛かりました!ちょうどO合さんがやって来たところで橋の上からはK田さんの声もする。O合さんは柳の木の奥に入り、K田さんは今日は岡ジャミに専念すると言ってしばらくO合さんと話し込んでいたが、明日やると言って帰った。さて、今日は幸先は良いものの、私的には幸先が良くて釣果が良かったためしがないので不安になりながら続行すると、1匹Dscf3254Dscf3255目から10分ほどで2匹目。何故かは分からないがいいぞいいぞ。するとそこから更に10分後(9時半)に3匹目。大体開始30分で3匹なんて久し振りだ。今日は爆釣なのか?しかぁ~し、世の中そんなに甘くないか?少し間が空いて4匹目をゲットすると、何とか時間5匹をクリアDscf3256Dscf3257したいと急に思い始めた。時間がないが果たして。すると、何と言う事でしょう開始1時間まであと1分というところで5匹目ゲット。これは素晴らしい。今日は絶対「つ」抜けするぞ。とか意気込んだ私だったが、10時を過ぎる頃から状況が一変。ウキがほぼ動かなかなくなって来Dscf3258Dscf3259た。6匹目は10時ジャストだったが、そこからウキの返しは出ていてもあたりが出ない状況が続き、7匹目は10時半少し前。厳しい時間が続くようになって餌も残り少ない。そして11時10分に虚しく餌を打ち終えた。最初の勢いは全く消えてしまった。結果、午前の部では実釣2時間10分余で7匹。「つ」抜けなど夢のまた夢だった(トホホ)。尻すぼみの終了は全Dscf3260Dscf3261体として釣れなかった気分だ。さあ、次は宙。竿は9尺に変更。餌はグルバラ・マッハ・カルネバ。準備してからまずはO合さんの様子を見に行くと、結果は出ているがウキが動かないとの事。それからトイレタイム。戻って早めの昼食を摂り、再開は11時29分だ。
 
TO BE CONTINUED!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2022年7月31日 (日)

今日もメダカ

いよいよ7月も終わり。夏本番と言ったうだるような暑さだ。
今朝は外の水替えと同時に、昨日降ろしておいたトロ舟にカルキ抜きの水を30リットルほど入れておいた。
それから「みずきん」に底石を買いに行き、ついでにホテイアオイを3つ買って来た。
ホテイアオイはバケツに水を入れその中に入れておいた。
それだけでかなり疲れたので、次の作業は昼食後。
まずはホテイアオイを水洗いしようと思ったら、あれれ葉っぱが一部萎れているぞ。枯れている訳ではないので、まさかの水分不足なのか。
とにかく日に当てるのが大事らしいので、良く洗ってからバケツを陽が当たりそうな場所に移しておいた。
それから底石を洗面器に適量移し、ゴシゴシと水洗い。かなりの回数やったつもりなので汚れは出て来なくなった。
それらをトロ舟にパラパラと入れようとしたら、何と水が暖かいぞ。これは大丈夫なのか。
慌ててガラス水槽の温度計で確かめると30度を超えているではないか。
新しいトロ舟はそれよりも暖かい(個人の感想ですが間違いないと思うよ)ので、この状態でメダカを導入してもいいのかと心配になった。
ちなみにメダカが入っているトロ舟ではそれよりも少しは水温が低いようだ。水草のおかげかな。
メダカの導入はしばらく延期?考えてしまう。
 
室内発泡スチロール容器では水温は25度くらいだった。エアコンさまさまだ
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2022年7月30日 (土)

午後のメダカ

昼食後に室内の水替えを行った。
4つの発泡スチロール容器は簡単に底を浚ってグリーンウォーターを足すつもりだったが、やはり白い容器の一つは匂いが凄くて底を浚うと☆になったのが数匹。
もう一方の白い容器では水の濁りもなく☆になったのもいなかったので、これだけは徹底的に水を替えよう。そうしよう(以下同文)。
水草をどかしてからスポイトで出来るだけメダカを吸い込まないよう(水草をどかすと意外に多くのメダカがいる事が分かった。って、前にも書いたか)底を浚う。もちろん水も吸い出す。
大体9割ほど(全部はさすがに怖かったので)を吸い出し、何匹か吸い込まれたものも戻してからカルキ抜きした水を足す。
こんな大袈裟な事をやって大丈夫なのかは不明だが、あのままでは次々と☆になるのが増えるだけだろう。
餌をやったら食い付きが良かったので、まあ大丈夫と思っておこう。
ガラス水槽では水草があまり芳しくない状態(枯れたような色になるものがある)なので、色の悪くなったものはちぎって除けておいた。
それから3リットルくらいの水を掬って代わりにカルキ抜きの水(5リットル作って発泡スチロール容器に入れた残り)を入れ、フィルターとエアレーションの両方を掛けておいた。
外ではベランダ洗面器2つの覆いに使っていたトロ舟を下に降ろし、洗ってから乾かしてある。
明日には底石を調達して水を入れよう。段々やる気になって来たぞ。
 
まだまだ暑い日が続く
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

昨日の増沢と今朝のメダカ

昨日も好天で風もない絶好の?釣り日和ではあったが、通院後に調髪に行くので竿を出すのは止めた。
代わりに調髪後に見に行く事にする。暑いのにわざわざ汗をかきに行くとは。
Img_20220729_110450駐車場にはO合さんO橋さん、それにK田さんの車がある。時間的にT林さんも。
サンダルで滑ってからずっと肩の痛みがあるので、十分注意して池に向かう。
お三方はいつもの場所に入っていた。暑い、蒸し暑いぞ。挨拶して状況を訊くと、やはり芳しくないようだ。
ただ、そんな中でもO橋さんが竿を曲げImg_20220729_110503た。流石です。奥にはT林さん以外にも6,7人竿を出している。皆さん暑い中お疲れさまです。お三方の写真を撮ろうと思ったら、一番奥のO橋さんの写真を撮った瞬間にスマホの電源が落ちた。
帰宅して充電し確認してみたが、残念O橋さんの写真だけ保存されていなかった。ガックリ。

さて、今朝も好天。そろそろ新しくトロ舟を出してみるかな。
その前に雨で出来なかった水替えをしよう。
トロ舟では底を浚うのと併せて10リットルを交換。1匹☆になったのを見つけたが、自然の摂理?とした。
ガラス水槽では底を浚うのと併せて思い切って3分の2くらいを交換。
ついでに壁面と底をスポンジでこすってみた。すると、茶ゴケのようなものがビッシリ。
底については今まで1回もこすった事がなかったので、その汚さには驚いた。
水を足せば、そこそこ視界が良くなった気がするぞ。ただ数日で元の木阿弥になりそうだが。
餌をやれば食い付いて来る。トロ舟のびくびく状態の解消には水草をどかしていつもよく見えるようにする事が必要かもね。
午後には室内の水替えをやろう。そうしよう、双子葉植物。
 
10リットル入るバケツでかなりの回数往復したのでグッタリ
    ↓        ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2022年7月28日 (木)

汗が滴る猛暑の中で@増沢池-午後の部-

まずはいつも通り餌を付けてウキの馴染み具合をチェック。モミモミすればOK。それでは打ち始めるが、時折出る風・波と糸トンボ来襲もあって思うようなウキの動きにならず。それでも開始20分ほどで何とかウキがモヤモヤ。今日のミッションは少なくとも2匹Dscf3246はゲットしてトータルでの第3目標をクリアする事。更には前回並みの5匹くらいはクリアしなければならないし、欲を言えば底と同じくらいの数をゲットしたいところ。そんな中、12時半近くになって何故かウキの動きに合わせたら1匹目。これまた放流だったが気にするなPART2。この調子なら最低限のミッションクDscf3247リアは間違いないだろう。とか楽観的に思っていると、1匹目から10分くらいでチク!と言うウキの動きで2匹目。早くもミッションクリア。さあ、それでは次は前回並みの5匹にミッションを格上げするぞ。しかぁ~し、この頃からウキの動きはなくならず、時折ズバッ!またはスパッ!という消し込みも出るものの一向に掛からずかすりもしない。「カラツン上等!」とはいかないのが素人の私、すぐに熱くDscf3248なってしまう。池全体に「あ~っ!」と言う声が響いたかもしれない。何度となくカラを繰り返すが、1時を過ぎたところでようやくあたりに合いました。しかぁ~し、そこからがまた再びの連続カラが続く。餌の経時変化らしいのは分かっていても、手の下しようがない私は手水でグルグルくらいしか対策がない(餌を足したりする事は省資源釣法の見地からは行いません)。開始1時間を過ぎ、思ったより餌の消費が激しいのはカラばかり打っているから。2時間は持たせる筈のダンゴがもう半Dscf3249分以下になっている。午後のGTは大体2時頃から始まる(個人の感想です)ので、それまで餌が持つか?しかぁ~し、1時半を過ぎて急にウキの動きに合うようになり、4匹目をゲット。これで数字上は単独での第2目標にリーチとなった。そして次の餌打ちでもズバッ!と言うあたりに合った。やった連荘か?と思いきや外れてガクガクッ。私のGTは大体が2匹なので、バラシもカウントするともう終わってしまった(トホホ)。あとは餌を打ち尽くすだけか。しかぁ~し、4匹目から10分ほどDscf3250でやった掛かりました!隣でO合さんが「上がりべら」をゲットしている。私も事実上の「上がりべら」になったか(まだ餌は少し残っているのでもう1匹、いや2匹の思いは変わらず)と思いきや、何と「たも」の中で痛恨のハリス切れ。何故このタイミングで切れるのか?ブツブツ言っても仕方ないので急いで交換し再開するが、残念1時54分に餌を打ち切ってしまった。結果、午後の部では実釣1時間Dscf325150分で5匹。トータルでは実釣4時間強で13匹。他の人たちが数を増やせない中で何故かあたりを見、拾う事が出来たのは2ボール(たまたま)だったとしか言いようがない。素直に喜ぼう。片付け。見るとO合さんだけでなくO橋さんも終わったようだ。K田さんは珍しくまだ頑張る様子。片付けを終え、皆さんに挨拶して車に戻る。もうふらふらだ。暴発寸前のトイレを済ませ、さっさと池を離れた。
 
釣れたのは場所の違いなのか?
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

汗が滴る猛暑の中で@増沢池-午前の部-

今日は快晴で風もないとの予報。今週はあと今日しか行く機会がないと言う事で、出掛けました増沢。相変わらずのグズグズで到着が遅れたが、O橋さんとO合さんの車の横に停めて荷物を降ろす。ゲゲッ、長靴には前回水漏れした水が残っているぞ。早くも右足はびしょぬれ。さっさと池に向かうと、いつもの場所は空いていたのでそこに入ろうとしたら背後から声。O合さんだ。まだ荷物は降ろしていない様子。私はいつもの場所でまずは遠くのO橋さんに挨拶。池は湿気が凄くて風もないので早くも汗が滴る。準備中にDscf3236も拘わらずふらふら状態だ。橋の上からはK田さんの声。しばらくして柳の木の奥に入った。O合さんもいつもの場所で準備。本当に汗は凄くて腕からも滴る。準備中に対面坂の下に外国人数名がやって来て一部が水着になって池に入ったので、「Don't swim!」と言ったが聞き入れてもらえないようなので「泳ぐな!」と言ったらあっさり引き下がった。ホント、何を考えているんだろうか。いささか興奮状態で準備したら、何と竿栓を池に落として失くしてしまった。しかも11尺底のつもりが9尺を出す始末。ホント、腹が立つなぁ。さて、前回はあまりのバラシ連続でスッキリしない釣りになったので、今日は慣れたいつもの場所で爆釣だぁ?餌は相変わらずのバラグル。ささっと底を取っての開始は9時23分だ。どうだろう、ウキは動Dscf3237くのか?いやいやそんな早くに動きませんよ。O橋さんも今日は厳しいらしい。とにかく餌を打つと、ウキの返しくらいは出て来た気がする。そして開始30分で1匹目。放流だったが気にするな。さあどんどん行こう。しかぁ~し、今日は午後から大気が不安定になるとかテレビで言っていたが、この辺りから上空を黒いDscf3238Dscf3239雲が覆うようになり、蝉の声もピタリと止んだ。マズイ、まだ午前中なのにもう雨が来るのか?風・波も出Dscf3240て来たぞ。そんな中10時を過ぎて2匹目。そして3匹目は「掛かってます!」。そしてじきに4匹目。開始1時間で前回を超える4匹でしかもスレバラシとかもない好調か(但し放流主体なので・・・)。想定外の推Dscf3241移に驚きながらも続行すると、10時半を過ぎて5匹目をゲット。しかぁ~し、小サイズにも拘らず暴れてハリス切れ。しかも上ハリスだ。大体こんなものだろうと交換して底の取り直しもせずに再開する(オイオイ)と、やはりウキの動きは悪いし遂にDscf3242スレバラシまで出てしまったので、チョチョッとウキ下を弄って何とかしてみたつもり。すると、11時を過ぎて6匹目。ひょっとすると単独で第3目標にも行けそうな気がして来たぞ。隣のO合さんに午前中のGTが来たかもと言うと、そんなに甘くないとバッサリ。確かにその後はウキの動きが芳しくなくなった。が、そろDscf3243Dscf3244そろ餌が終わる11時半頃になってウキの動きが復活。やはり午前中のGT、あったのかな。そしてポツポツとあたりを拾って終了の11時40分までに2匹を追加。結果、午前の部では実釣Dscf32452時間20分弱で8匹。第3目標には届かなかったが、前回の雪辱は果たせたに違いない(そう思っておこう)。あれほど暗かった空も明るくなり風も止んだ。再び湿気が襲って来るがドンマイ。さあ次は宙。もちろん前回と同じ両ダンゴでやるぞ。餌も竿も同じだ。仕掛けの準備だけしてトイレタイム。戻って餌を作ってから早めの昼食を摂り、再開は12時4分だ。
 
TO BE CONTINUED!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2022年7月27日 (水)

昨日の雨と今朝のメダカ

昨日は猛烈な雨が降る時間帯があった。
雨が弱まったので所用で出掛けると、ホンダの正門前の信号機が消えていて何人かが交通整理をしていた。
その1つ先の信号機は動いていたので、落雷による停電かなと思いつつ車を走らせたのだが、確かに土砂降りと同時にゴロゴロピカピカからドッカーンと言う音が何度となくあったので、落雷は考えられる。
浜松では落雷によると思われる火災もあったとの報道があり、こればかりは気を付けようがないので困る。
外のメダカは雨対策をしておいたので水量に変わりはなかった。

さて、最近の異常気象により我が家のメダカにも影響が出ている。
室内ではエアコンにより気温と湿度はそれほど影響しないと思っていたが、一昨日ガラス水槽で具合の悪そうな1匹を掬いメチレンブルーの水溶液中に保護しておいたのだが、残念今朝☆になっていた。これで最近ガラス水槽では5匹が☆になった。前にも書いたが、ポツポツと数が減って行くとはまるでメダカを飼い始めた頃のようだ。
また、発泡スチロール容器でも白い1つで☆になったメダカ発見。本当に容器の色と関係あるのか。
外でもガラス水槽で弱々しい2匹を見つけたが、掬おうとしたら逃げてしまい消息は不明。
どうしよう、水替えをした方がいいのか。それとも餌が足りないのか。または寿命なのか。
 
早くトロ舟を追加したいが、天気次第なので・・・
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2022年7月25日 (月)

前回のような釣果を期待したのだが@増沢池

今日は快晴で風も弱いが、午後から天気が不安定になるとの予報。でも行きたい。張り切ってゴー!駐車場には8時半頃到着。O橋さんの車しかないので、さっさと荷物を降ろして池に向かうと、途中で何と釣り台がパカンと開いて中身がバラケてしまうアクシデント。更にいつもの場所には先客。最初からケチが付いた感じで今日は先が思いやられるなぁ。仕方なく柳の木の奥に向かうと、その奥にO橋さん。挨拶すると今日は既に5匹をゲットしていると言うではないか。そしてO橋さんの左、咳払いの定位置?が空いているのでそちらに入ればとのお言葉。あまり気が乗らないが、それでも1日中陽が当たらないのは素晴らしいのでそこに入る事にする。さあ準備だ。今日もいつもと同じく11尺Dscf3222Dscf3223の底から入るぞ。餌も同じバラグル。準備中にK田さん登場。O橋さんの右(いつもは柳の木の奥と言う場所)に入り、またじきにやって来たO合さんもいつもの場所に入った。私の準備中にもO橋さんは竿を曲げる。すんごいプレッシャー。それでも何とか準備を終え、開始は9時8分。さあどうだ、私もそれなりに釣れるかな?すると、じきにウキが返すようになり、しかもあたりらしきウキの動きもたまに見せるようになった。が、今日は何故か釣果を得られずスレバラシの連続。嫌な予感。それでも開始30分くらいで掛かりました?しかぁ~し、寄せる途中でバラシ、仕掛けが頭上の木の枝に掛かるところだった。まさに冷や汗もの。するとそこからしばらくウキの動きが悪くなる。後から始めたK田さんとO合さんが竿を曲げ始めたのに対し、私だけが置いてきぼり状態になってしまう。焦るぅ。開始1時間の10時前になってまさかとは思いながらも底取りをすると、合っているのでおかしいなぁの状態は続くが、10時を過ぎてやっとあたりに合い、今度こそ「たも」に収められますようにと寄せるが、何と言う事でしょう、今回も「たも」に入ったタイミングで鈎が外れ、せっかく一度は「たも」に収めた筈のへらも外に逃げてしまった。一体いつになったら釣れるのか?今日はこのまま凸で終わるのかといささか自嘲気味にさえなってDscf3224しまう。10時を過ぎて焦りばかりが先走る。頼む、何とか1匹。すると、10時半近くになって両グルでボーッとしていたらカチッというあたり!頼む、今度こそと合わせれば掛かりました!しかも「たも」に収められたぞ。いやぁ、嬉しいなぁ。一時はどうなる事かと思ったが、何とか凸を脱することが出来た。ただ、この時点でO橋さんは「つ」抜けを覗う状況。K田さんO合さんも好調の様子。追いつくのは難しそうだ。早く2匹目をと餌打ちを続けるが、逆にウキは動かなくなってしまう。ただそれは他のお三方も同様のようで、あのO橋さんも静かになってしまったのにはビックリだ。しかぁ~し、11時前にO橋さんがトイレタイムのタイミングでまさかのあたりに合ってやっとDscf3225Dscf32262匹目ゲット。何故かは分からないが私のGTが来たのか。しかもO橋さんが帰って来る前にバッチリのあたりが出て3匹目間違いなしと思ったら、何と鈎2つがスレていた。最早ガクガクッどころではない。開始2時間を過ぎてたったの2匹では今日来た意味がないぞ。まだ餌は少しあるがどうにもならないだろう。バラケが尽きたので両グルで最後の勝負だ。すると、Dscf3227Dscf3228ラス前にまたもやチクあたり!当然合わせればやったようやくの3匹目。そして11時27分に餌を打ち終えた。結果、午前の部では実釣2時間20分で3匹。O橋さんは11匹だが、開始時点の勢いは何故か失せている。K田さんO合さんもあたりは止まっていて、時間1匹のペースになったとK田さんも疲れ気味のお言葉。さあ次の準備だ。何となくへらは底にいない感じだったので、宙が唯一の救いになるか?竿は9尺で餌はガッテン・天々・カルネバの両ダンゴで行くぞ。仕掛けの準備だけしてトイレタイム。戻ってから餌を作り早めの昼食。そして再開は11時50分だ。とりあえず目標は2匹でトータルでの第2目標クリアを狙う。まずはウキの馴染み具合を見ると、ちょっとモミモミすれば十分馴染む。まさにカルネバさまさまだ。そして餌を打ち始めるとじきにウキがモヤモヤ。これは行けそう。午前中の悪い流れを払拭出来そうな気がするぞ。するとしばらくしてズDscf3229Dscf3230バッと言うあたりも出始め、やる気が出て来る。そして開始20分経たないうちに1匹目ゲット。それからじきに2匹目もゲット。早くもミッションクリアだ。更に12時半までにもう1匹をゲットすれDscf3231ば、一体午前中は何だったのかと言いたくなる。が、そんなバブル?もほんの一時。次第に餌の経時変化に追い付けなくなる。「たな」を変えて何とか開始Dscf32321時間の1時前に4匹目をゲットし、形の上では単独での第2目標にリーチとはなったものの、これが私の限界なのか、ウキの動きは悪くなってあたりも遠くなってしまう。「たな」を元に戻して何とかもう1匹をと気持ちだけは前向き?になるが、肝心のウキの動きはモヤモヤ止まり。が、そんな中1時Dscf323310分を過ぎて何故か急にあたりが出て遂に5匹目ゲットだ。とりあえず単独での第2目標と言う想定外の釣果になり嬉しいのは嬉しいが、こうなると欲は限りなく次はトータルでの第3目標を狙いたくなるのが人情。だがしかし、その後はどうしようもなく餌打ちだけを繰り返す状態になって1時47分に餌を打ち終えた。結果、午後の部では実釣2時間弱で5匹。餌さえ何とかなればもっと釣れたのにとDscf3234相変わらずのタラ・レバ。まだ2時前だがもういいでしょう。残業など無理無理。片付け。O橋さんはオモリの上を切られてから調子が上がらない。K田さんO合さんはポツポツと釣っている感じ(ハッキリ言って分からない)。O石さんは今日は来なかった。片付けを終え、皆さんに挨拶して車に戻る。陽が当たらなかったのにグッタリなのは単に釣れなかったからだけではないだろう。今日はベイシア詣でをするつもりだったがそれも止めてさっさと家路に就いた。
 
今週の釣行はこれで終わり?
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2022年7月23日 (土)

午後のメダカ

昼食後にやっと室内及びベランダのメダカの面倒を看た。
まずは室内4つの発泡スチロール容器だ。
それぞれ水草を取り出し、底を丁寧に(メダカを吸い込まないように)浚った後に水草を戻しグリーンウォーターを加えておく。
それぞれ意外にメダカの数が多いのに驚いた。特にグレーの容器1つでは100匹以上が泳いでいる。トータルで200匹は優に超えているのは間違いない。
残念だったのは発泡スチロール容器4つのうち白い容器2つ。
それぞれ水が臭い。更に☆になったメダカもかなりの数だった。グレーの容器2つでは1匹もいなかったのに。
こちらは半分以上の水替え。グレーの容器では大体5分の1くらいかな。
ガラス水槽ではいつものように底をプロホースで浚ってからフィルターを回しながらカルキ抜きした水を加える。
特に変わった様子はなかった。
ベランダの洗面器2つも室内と同様に水草をどかしてから底を浚い、水草を戻してからグリーンウォーターを加える。
しかぁ~し、1つは問題なく出来たものの、もう1つは水が濁り過ぎていてメダカがどれだけいるのか分からない。
仕方なく少しずつスポイトで水を減らし、適当なところでこれまたかなり汚れている壁面を綺麗にしてから水草とグリーンウォーターを入れておいた。水は濁ったままだ。
これだけでグッタリ。今夜は良く眠れそうだ。
 
来週には新たなトロ舟を導入出来るか?
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

«土用の丑&今朝のメダカ