2019年5月21日 (火)

メダカライフへの道-番外編-

Img_20190521_0002コトブキのセット水槽を買った際に付いて来たマンガ。
私程度にはぴったりの内容だ。
だが、これさえも焦るとすっ飛ばしてしまいそう。
しかぁ~し、何しろ物も言わず表情にも出ない生き物相手なのだから、とにかくメダカさんには快適に暮らして頂きたい。ただそれだけ。
このまま1週間くらいはポンプを稼働させて水質を安定させてからの導入が望ましい(と書いてある)ので、この先このテーマでの投稿は1週間はなくなってしまうが、ご承知頂きたい。

明日は行く!絶対に行くぞ
    ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

メダカライフへの道-その5-

Img_20190521_150905昨夜からの豪雨?でゴミ出しに難儀したものの、次第に雨が小降りになってきて、後にずらした通院も濡れずに行くことが出来た。まずはホッ。
帰りにダイソーに寄って小物を買い(メインはゴミの水切りネット)、午後になってようやく昨日の続き(と言っても最初から)を始めた。
底面フィルターと外掛けフィルターを合体させるのがポイント。高さをちょうどいい感じにするのに、なかなか思うように行かずイライラしたが、それでも写真まで漕ぎ着ける事となった。ゴミの水切りネットは底面フィルターに底石が入って目詰まりしないようにするため。サイズがちょうどでグー・グ・グー。
さあ、後は水が澄むのを待つだけだ。ようやく私のメダカライフも形になって来たか。

まだ生体を導入するのは早過ぎる?
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2)

2019年5月20日 (月)

メダカライフへの道-その4-

Img_20190520_194346やっとそれなりに動き出した私のメダカライフへの道。
しかぁ~し、一旦近付いたかと思ったのも束の間、まだ先は長そうだ。
まずは水を入れて漏れを確認。まあ大丈夫だろう。
続いて外掛けのフィルターを動かしてみる。意外と水の循環がありそうだ。メダカはこの水流に耐えられるか。
と言う事で、もう一つ選択肢が用意してあるのだ。それが底面フィルター。
しかぁ~し、これが沈まない。何だこれは・・・。ボックスタイプというのが良くないのかもね。
多分底石を乗せれば重しになって浮かないのかな。
更に試しに底面フィルターの出口を外掛けのフィルターに接続。その際にモーターは外してエアーポンプのみの力で循環するか試してみたが、なんとかの法則で水の勢いが出ない。まさにトホホ。
で、一旦水を抜いて考える事に。今日は疲れたのでもう寝ます。
そうそう、水槽の水量は35cmタイプでも意外に多くて20リットルくらいは入りそうだ。
それと、今日はそんなに作業をしなかったのに、かなり床を濡らしてしまった。これも良くないね。
更に湿気がかなりありそうな気がする。根本から考え直す必要があるかも。
 
もっと簡単な安価なやり方もあったのに・・・
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

メダカライフへの道-その3-

Img_20190520_161855前の記事を載せてからしばらくして、荷物が届いた。
今日は午前中にジャンボエンチョーで買い物もして来たので、もうこれで買うものはないかな。やれやれだ。
さあ、これから私のメダカライフが始まる?いやいや水槽を立ち上げてからでないと、メダカにはお越しいただく訳にはいかない。
O合さんではないが、そんな簡単じゃないぞ。
 
昔なら適当な入れ物に適当に入れてよしとしていたが
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

メダカライフへの道-その2-

Img_20190520_152130水槽を入手してから数日経ったのに、一向に進まない私のメダカライフ。
たかがメダカ数匹を飼うために、あれこれと買い物ばかりが先行している。
写真のラックも今日ジャンボエンチョーで買ってきて組み立てたところ。
そろそろ水を入れて、漏れがないか調べる事にしよう。そうしよう(以下同文)。
 
明日は雨で竿は出せません
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

Bob Dylan/偉大なる復活

Bob-dylan急に欲しくなってOMNI7(旧7ネット)で購入。
20世紀に出たCD2枚組は3000円を超えていたが、何故か同じCDで1500円(税抜き)で買えるものがあったので、特に考える事なくポチっとな。
よくよく見れば、後から出た廉価版というものだった。でも、別に音が悪くなっている訳でもないのでノー・プロブレム。
思えばこのレコード(当時)を聴いていたのは今から40年以上も前の事。
この人がノーベル文学賞を貰うとは、当時誰が思っただろうか。
 
メダカライフは着々と進行中?
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2019年5月17日 (金)

まだ遠いメダカライフへの道

Img_20190517_183850遂に届いた第一陣。いやぁ、ここまで来るのにも一苦労。
ネットで散々調べたり、ブログ等で確認したり。とりあえず形になるものを先に買ってしまえば、後に引けなくなるから・・・。
まだ細かいものが足りないので、ボチボチ追加するつもり。
その前に水槽を置く場所を確保しなければならないので、季節外れの大掃除。早くもグッタリ。
私のメダカライフへの道はまだ遥か彼方だ。
 
情報ばかり頭に入れて頭でっかちになっているような気が・・・
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2019年5月16日 (木)

底と宙とで大違い@増沢池-その2-

さて、餌を打ち出したところまでは良かったのだが、これがウキの馴染みが出ない。前回はこれくらいの練り方で馴染んだ気がするのだが、馴染まないならと更に押し練り。こりゃぁカラツン万歳もやむを得ないか。どうにかウキが馴染むと、おっ、ウキに動きが出始めたぞ。ただ、あたりらしきウキの動きでは当然のようにカラ。まさにトホホDscf0661状態。とりあえず底では3匹釣ってトータルでの20を目指すつもりなのだが、この調子ではそれさえも難しいかも。11時半を過ぎ、やっと掛かったかと思えば、サイズはグーでも残念アッパーでガクガクッ。大体最初は掛かるもんなんだけどなぁ(個人の感想です)。しかぁ~し、それからしDscf0662Dscf0663ばらくして1匹目ゲットは地べら。何だかホッとした。ただ、最初の目標は相変わらず遠い感じが消えない。それでも12時のサイレンが鳴るまでにかろうDscf0664Dscf0665じて地べら。頼む、もう1匹(って、誰に?)。すると、12時を過ぎてサイズは放流に変わりつつあっても12時15分までに3匹をゲットすれば、嬉しやDscf0666最初の目標はクリア出来た。さあ、次の目標は単独での第2目標。欲を言えば8匹釣ってトータルでの25、いや13匹釣ってトータルで前回並みの30を目指すか?まさかそんな高いところに目標を設定するとは、強欲も限りないところ。しかぁ~し、ウキの動きは次第になくなって行く。しDscf0667Dscf0668かも12時半を過ぎて掛かって来た2匹はいずれも放流。でも、これでトータル25にはリーチとなった。餌が残り少ないものの、1匹くらいは何とかなるかも。しかぁ~し、いいあたりだと思っても放流がバックオーライしてはどうしようもない(写真はなし)。遂に餌が終わる最後の一投。どうしようかな、釣れなかったらプチDscf0670残業でもしようかな。とか思っていたら、ウキがズバッ!と入ってやった「上がりべら」ゲットだ!これで残業はやらなくて済む?しかぁ~し、寄せる途中でやけに目が出ている事に気付いてしまった。そうです、目にスレてたんです。まさにガクガクッ×ガクガクッ。一瞬喜んだが、それも束の間。「上がりスレ」で残業の気持ちは完全に萎えてしまった。時刻は1時5分。結果、Dscf0671宙では実釣1時間50分余で7匹。トータルでは実釣3時間半で24匹。グッタリして片付け。私とO合さんの間、旧爆釣ポイントには午後から1人入っている。まだ釣れてはいないようだ。片付けを終え、O合さん、それに隣に挨拶して車に戻る。すると、私の車の横にO石さんの車が停まっている。来たんだね。さあ、これからカインズホームに行って、観賞魚関連のものがどれくらいあるのか見てこよう。さっさと池を離れた。
 
明日は用事で竿を出せそうにない
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

底と宙とで大違い@増沢池-その1-

今日は何処へ行くか本当に迷ったものの、気が付けば自然と増沢へ(オイオイ)。しかぁ~し、途中で腹の具合が(またか?)。駐車場に着くや否や不定期便。すると、帰りにKさんに遭遇。今日も日向側に入るそうだ。私はかつてのいつもの場所に入るべDscf0642く、荷物を降ろして池に向かう。まだ減水は収まっていない。へら師はこちら日陰側深場整地された辺りに集中している。さあ準備しよう。今日はいつもと順番を変えて宙→底でやろうと思ったが、11時頃から風が強くなりそうなので、いつも通りに戻す。竿は9尺、餌はガラッと変えて「トロロの底釣り」+「冬」。準備中にO合さんがやって来て、昨日は深場に入ったが、今日は柳の木の奥に入ると言う。そして荷物を持ちに行った。私は前回折れたトップを交換したウキを使ってみて、調子が変わったか確認するつもり。しかぁ~し、風が出始めたのもあって底取りにもたつく。やっと開始は9時11分。うん、替えたトップなかなかいいじゃなDscf0643いか。これなら釣れそうだ(えっ?)。が、ウキの馴染みが思ったより少ないぞ。餌が軽いのかなぁ。それにウキはなかなか動き出さず。でもまだ微調はしません。すると、開始15分くらいであたり!そして1匹目ゲット。放流でも1匹は1匹。さあどんどん行こう(worn out expressions)。Dscf0644Dscf0645しかぁ~し、それからじきに2匹目、そして連荘で3匹目をゲットしたのだが、2匹目は何と「掛かってます!」。おかしいなぁ、ウキはちゃんと見てる筈Dscf0646Dscf0647なのに。まあいい、次だ次。すると、9時半以降もポツポツと3匹をゲットして第2目標を楽々クリア。この調子なら前回並みも視野に入りそうだ。しかDscf0648Dscf0649ぁ~し、次第にウキの動きが悪くなってバラシが顔を出して来た。7匹目は10時を過ぎてから。その間わずかに15分くらいなのに、随分間が空いたDscf0650Dscf0651気がしたのはそれまで毎回のようにウキが動いていたから。遅れて始めたO合さんも開始早々から竿を曲げているので、何処にもへらがいるんだとDscf0652Dscf0653分かる。さて、その後もカラやバラシにめげずにポツポツとあたりを拾い、10匹目は10時14分。ほぼ時間10匹のままで終われればグー・グ・グーDscf0654Dscf0655なのだが、果たして。それから10時半までに2匹を追加して、いよいよ前回並みが見えて来たぞ。そして10時半過ぎからも立て続けに3匹をゲットDscf0656Dscf0657して、あらら前回並みも楽勝だった(コラコラ)?しかぁ~し、私の欲が空回りしたのか、ウキの動きが悪くなってしまう(と言っても僅かの間なのだが)。餌がもうない、前回を超える事は不可能なのか?しかぁ~し、しかぁ~し、ラス前々とDscf0658Dscf0659ラス前に連荘で2匹をゲットすれば、嬉しや前回を超える結果となったぞ。そして最後の一投もカラで10時53分に餌を打ち終えて底は終了。私のアームがどうこうではなく、へらの食い気が相当だと言う事だろう。餌は付いていれば何Dscf0660でもいいのかもね。結果、底では実釣1時間40分で17匹。時間10匹をクリアしたぞ。嬉しかぁ。さあ、次は前回良かった宙だ。竿はそのままでウキと仕掛けを交換。餌は前回と同じ宙バラ2+カルネバ1+マッハ1に水1。軽く混ぜただけにしてトイレタイム。帰りにO合さんとすれ違った。11時だもんね。さあ、宙をやるぞ。と、その前にかなり早めの昼食。それから餌を押し練りして再開は11時13分。
 
TO BE CONTINUED!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2019年5月15日 (水)

あちこち廻ってみた

今日は用事で竿を出せなかったので、それではと合間を見て「沢の金魚屋」と「みずきん葵町店」を廻って来た。
その中で特に思い入れが強かったのが「沢の金魚屋」だ。
大昔、私が小学生の頃に遠足?かなにかで何回か行った記憶がうっすらある。
その時に、動物園でもないのにツキノワグマがいたのは強く覚えている。
それから時は経ち、今から40年くらい前にも何故か急に魚を飼いたくなって60cmくImg_20190515_133941らいの水槽と金魚を数匹買いに行った事もあったなぁ。あの水槽は今何処に・・・。
さて、記憶の中ではかなり大きな店だった筈なのに、着いてみるとあれっという感じになってしまった。
HPによるとマンション経営をしているようなので、敷地の一部を充てたのでは?と勝手な推測。
「みずきん」はメダカが入口付近に何種類も置いてあって、さすがのメダカ人気を感じさせた。
ついでにケーヨーD2とジャンボエンチョーにも寄って来たが、D2はほとんどないと言っていいくらいの品揃え。ジャンボエンチョーではかなりのスペースが割いてあった。まだカインズホームには行ってないので、明日増沢に行ったら帰りに寄ってくるとしよう。そうしよう、双子葉植物。
 
あれこれ迷っているうちが一番楽しいのかもしれない
    ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

ネタがない時には(オイオイ)

昨日は予報通りの雨。今日は晴れでも用事で竿は出せず。
で、ネタがない日にはこんな記事でも引用させてもらうとするか。
 
みずきの女子知韓宣言より:韓国人「日本軍慰安婦は6.25韓国軍慰安婦と本質的に同じ」「慰安婦問題が解決しない理由は『紛争の継続』を目的とする韓国人の精神文化のせい」
 
明日は行けると思うよ
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2019年5月13日 (月)

これからは早く来て早く帰って暑さを凌ぐ?@増沢池-その2-

釣り座に戻り、まずは早めの昼食(本当に早っ!)。それから餌に練りを加えて再開は10時58分だ。しかぁ~し、まだウキのなじみは出難いので、更に練り込む。これではカラツンさんこんにちは!とはならないか。一応開始10分頃から消し込みが出始Dscf0624めるが、最初はカラばかり。やはり餌の影響なのか。しかぁ~し、1匹目を開始20分で消し込みでゲットすると、まずは一安心。そうそう、目標を決めてなかったな。まずは5匹釣ってトータルで20。欲を言えば宙だけで第3目標にも達したいところ。このところこの餌で「つ」抜けなど見た事もないのだ。ウキの動きはまだなくならない。いつもなら途中で必ず穴が開く時間Dscf0625Dscf0626があるのに、今日は最後まで動き続けた。さて、11時半までに連荘でもう2匹ゲットすれば、最初の目標が見えて来たか。しかぁ~し、確かにあたりらしきウキの動きはあっても、最初から出ていたカラは元より、途中からはバラシがあDscf0627Dscf0628まりに多かった。そんな中、たまに掛かるを繰り返すだけの感じで、まさに時合(と言うか食い気)だけの男の面目躍如。「たな」も餌もハリス長(20Dscf0629Dscf0630cm+30cm)も変えずに11時半から12時のサイレンが鳴るまでに、ハリス切れ1回のトラブルがありながらも連荘を含め5匹をゲットすれば、最初のDscf0631目標はクリアして、宙だけでの第3目標まで見えて来たぞ。ただ、上空少し暗くなって来た感じで、まさかの雨があるかも。予報では浜松市北部(何処だ?)では雷注意報とやらが出ているので、雨があってもおかしくない。Kさんが終了してこちらに岡ジャミに来たのも雨を警戒しての事らDscf0632Dscf0633しい。さて、次第にあたりらしきウキの動きが減って来た感じになって穴が開いたかと思ったが、それでもポツポツと12時半までに3匹を追加すれDscf0634ば、やった宙だけで第3目標に届いたぞ。しかも放流から地べらに変わりつつあるような気も(もちろん個人の感想です)。さあ、次はトータルでの30を目指すのみ。おそらくそれ以上は望めないだろうから。O合さんは午前中のトイレタイムからパッとしなかったが、いつからか竿を曲げるようになり、「つ」抜けは確実な様子。その奥ではおそらくM上さんと思われる方が前Dscf0635Dscf0636回同様竿を曲げ続けている。今度近くで見させてもらおう。さて、いよいよ餌も残り少なくなって来たが、いつもと違って今日は経時変化など関係ねぇDscf0637~っ!とばかりにウキは動きあたりも出す。そして3匹を追加してトータルでの30にリーチとなった。が、目標達成の15匹目は何と「掛かってます!」のお粗末。でもカウントしますが、何か。そして連荘!で16匹目のおまけまで付いて来た。もう十分でしょう。そして最後の一投でも消しDscf0638Dscf0639込みが出たが、これは掛からず。時刻は12時57分。結果、宙では実釣2時間で16匹。最近にない好釣果で嬉しいの一語。そしてトータルでも実釣3時間40分で31匹。時間10匹には届かなかったし、やはり放流が多かったけれどDscf0640も、まあ満足でしょう。さっきまで暗かった空は明るくなっている。O合さんのところへ様子を見に行くと、トイレタイム以降には6匹釣って無事「つ」抜けを果たしたようだ。しかも地べら主体で。釣り座に戻り片付けを終え、O合さんに挨拶して車に戻る。ちょうどKさんが帰るところ。お疲れさまでした。さあ、これから散髪に行く。それからビッグ富士で買い物と、予定はビッシリ?さっさと荷物を積み、さっさと家路に就いた。
 
明日は通院後に上州屋でウキのトップを買わなければ
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

これからは早く来て早く帰って暑さを凌ぐ?@増沢池-その1-

まだ5月だと言うのに、気温はどんどん上がっている。温暖化と関係あるのかは分からないが、日陰側でも暑くなるのは間違いない。で、これからは多少早めに来て早めに帰り、暑さを凌ぐのがベターかもしれない。と言う事で、今日は8時頃に家を出た。しかぁ~し、通勤の時間帯と重なって時間のロス。コンビニでKさんに会ったが、挨拶もそこそこに池を目指す。さっさと荷物を降ろして池に向かうと、へら師は日向側には1人もおらず(後でKさん含め3人が入った)、日陰側も深場整地された辺りに数人。Dscf0607あっ、そんな事より重要なお知らせが。それは減水。私が今日入るかつてのいつもの場所は、岸辺がおおよそ60cmくらい前になっている。今日は9尺で底をやるつもりなのに、釣り台を前に出すと11尺と同じ事になる感じだ。それに頭上も太陽光を遮るものがなくなってしまい、厳しい環境に。でもやらなければ。傘は出しません。予定通り9尺の底から入るぞ。Kさんがやって来て、前述の通り対面階段下に入った。さて、ウキは11尺と同じものを採用し、餌もいつものダンゴ。何故か急に風・波が出て来てちょっと底取りに手間取ったものの、開始は8時53分。すると、第一投とほぼ同時にO合さんがやって来た。減水に驚いている。そして今日も柳の木の奥に入ると言って深場方面の先客の元に向かった。さあ、Dscf0608今日は一体どんな釣りになるのかな。と、3投目からウキが返すようになったではないか。前々回はここに入ってそこそこの結果となったが、今日も行けそうか。すると、9時Dscf0609を過ぎて10分で1匹目ゲット。しかも地べら。これは素晴らしい。前回はすぐ隣の旧爆釣ポイントでさっぱりだったので、今日は行けるぞ。すると、何と言う事でしょう、連荘で2匹目ゲットだ。ただ、サイズはダウンしてしまい、厳しいDscf0610Dscf0611O合さんなら放流と言われそうだ。ここでO合さんが道具を持ってやって来た。そして準備開始。私は9時半までに3匹を追加して、早くも第2目標クリア。Dscf0612Dscf0613間違いない、爆釣(もちろん私にとって、だが)だ。9時半を過ぎてほぼ連荘(記憶が薄い)で3匹をゲットしたくらいでO合さんが開始。ウキが動かないとDscf0614Dscf0615言うのはいつものセリフ。私は少し間が空いた後にまたも連荘で第3目標に到達だ。ただ、途中から完全に放流に入れ替わっているのが少し残念なとこDscf0616Dscf0617ろ。しかぁ~し、あまりの好調はトラブルも呼び寄せる。10時少し前にダブル!になったのだが、寄せる途中で片方が外れた?いや、上ハリスが切Dscf0618Dscf0619れてしまった。何故?急いで交換するが、多分大丈夫と底取りはやり直さない。すると、10時に12匹目ゲットと思いきや、またも何故か!なのだがウキのトップが折れてしまうアクシデント発生。仕掛けを強く湖面に打ち付けるような事はしていないし、粗末に扱った記憶もない。まさに何故なんだぁ~。まだ湖面には白波が出ているので、ウキの視認性を確保するためにも、ここは太めのトップのウキを採用しよう。そうしよう、双子葉植物。で、12尺で使っている極太トップのウキを取り出して餌落ち目盛・底取りとやり直す。これはあたりが出そうにないなぁ。しかぁ~Dscf0620Dscf0621し、再開してしばらくはウキの動きがなかったものの、連荘!で2匹をゲットすれば、もう1匹で前々回に並ぶぞ。餌が残り少ないが、何とかなるかも(個人の感想です)。そして10時半近くに目標をクリアするが、その後はバラシでDscf0622Dscf0623数を増やせず、10時41分に餌を打ち切ってしまった。結果、底では実釣1時間40分(トラブル対応除く)で15匹。放流主体になってしまったのは返す返すも残念だが、まあいいでしょう。さあ、次は宙。竿はそのままでウキと仕掛けを交換。餌は毎度おなじみの宙バラ主体。餌を作ったところでトイレ休憩。すると、O合さんと並んでしまった。それまでに5匹をゲットしているとの事。サイズが地べら主体らしいので、裏山の鹿がゴソゴソ。
 
TO BE CONTINUED!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2019年5月12日 (日)

ハードオフに行って来た

今まで何度も行こう行こうと思いながらも、いつもの癖でモタモタしていた不用品の売却。やっと今日行く気になって午後にゴー!
ブツはWin95のソフト「フライトシミュレーター」とそのコントローラー。
買った時にはそこそこの値段だったのだが、既に10数年(いやもっと?)経っているので、ただ同然でも仕方ないと思っていると、査定は500円だったので、これは喜んでいいのかな?もちろん売却。持って帰る馬鹿はいないと思うよ。
しかぁ~し、帰りにデイリーヤマザキでパンを買ったら綺麗になくなってしまった。まあそんなものか。
まだ家にはXP対応のパソコンと19インチのCRT、それにHPの複合機があるので、これもいずれは処分しなければならない。
しかぁ~し、相変わらずのグズグズ発動で、当分は家にあるかもね。
 
メダカ水槽がだんだん欲しくなってきたぞ
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2019年5月11日 (土)

今更のはなし-スマホのその後-

落水したスマホは、素早い対応がよかったのか、特に動作がおかしい事はなく今に至る。
ただ、当たり前のことに今更ながら気づかされた。それは発熱。
カバーを外して使っていると、背面がやけに熱くなっているのだ。これは暖かいという範疇を超えている。
確かに今までもドローンを飛ばす際にはカバーを外して送信機に括り付けるのだが、それがかなり熱くなっていた。
でも、それはカメラを長時間使っているとか電波を送受信し続けている(Wi-Fi)のだからと思っていたのだが、今は普通にネットニュースを見ているだけでも十分暖かい?のだ。
今までは手帳型のカバーでそれが分からなかった(カバーはほんのり暖かくなる程度)。これはマズイのではないだろうか。あれだけの熱量は放熱してやらないと、機能を十分に発揮出来ないのでは、と思う。それにスマホの寿命も縮めていないか気になるところだ。
ただ、スマホケースは未だに手帳型が廃れてはいないので、ひょっとしてケースが放熱を助けているのかもしれない(個人の感想です)。
 
落水で今まで以上に発熱を生んだ?
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2019年5月10日 (金)

アクシデントでメンタルはめろめろ@増沢池-その2-

とりあえずは1匹釣ってトータルでの第2目標、更に出来るならトータルでの第3目標Dscf0594まで辿り着きたいところ。すると、何と言う事でしょう、ウキの馴染み具合を見ながら餌を調整していたら、数投後にあたり!そして1匹目ゲットだ。これは素晴らしい。底より宙か。いや、書いては悪いかもしれないが、右隣は午前中1匹に終わったので、決してお気楽には出来Dscf0595ないのだ。そしてその通り、次がないままダラダラと時間が過ぎて行く。1時までにもう1匹追加したのみ。餌のせいにしたいところだが、もちろん肘から先ですよ問題は(倒置法)。O合さんは4匹目からずっと厳しい状態が続いたが、突然竿を曲げるようになり、終了までに5匹くらい追加したようだ。隣も午前と午後では状況が様変わりしてポツポツとあたりに合うよDscf0596うになり、こちらは「つ」抜けしたのではないか。さて、ウキはモヤモヤし始め、餌は前回Ⅰ藤さんから聞いたように硬めのボソになっている(個人の感想です)ので、あたりが出るようになって1時過ぎに3匹目。いいぞいいぞ(そう言えば一で二三さんは今いずこ?)。更に1匹追加Dscf0597して、この調子ならトータルでの第3目標も夢じゃない?しかぁ~し、次のあたりで目にスレてしまうと、ウキの動きが悪化。ウキはモヤモヤからあたりに変わらなくなってしまう。1時半を過ぎ、Kさんが終了。橋の上から声を掛けて来た。あたりがありませんと言ったその時にまさDscf0599かのあたり!そして掛かりました。ようやくの単独第2目標クリアだ。まさにKさんさまさま。お疲れさまでした。よし、こうなったらもう1匹釣ってトータルでの第3目標クリアを狙おうではないか。そして2時になろうとする頃に6匹目ゲット。やっと達成出来たぞ。前回の3分の1でしかDscf0600ないが、今日はとても嬉しい(本音です)。そして1時51分に餌を打ち終えて午後の部は終了。結果、午後の部では実釣1時間40分で6匹。トータルでは実釣3時間10分で10匹。メンタル崩壊でも頑張った方ではないか(自画自賛)。もう終わっても何の問題もないが、ちょっと終わるには早いかなぁ。では、最近はお約束になっているプチ残業でもしようか。餌Dscf0601はもちろんカルネバ・マッハ。比率は2:2に戻した。当然ながら1時間で使い切る量。今日はこれと言った目標がないので、テンションはやや低め。そうだな、まずは1匹。それから出来れば4匹釣って宙での第3目標クリアかな。更にもう1匹釣れば、単独での第2目標となるので、それくらいか。いずれも切羽詰まってはいない(オイオイ)。そして再開するとすぐにウキが動き出し、2時を過ぎて1匹目。最初の目標はクリア出来たので、まあいいんじゃないかな。と、ここDscf0602Dscf0603で隣が終了。お疲れ様でした。すると、隣にいたへらがこちらに来たのか、ウキの動きが良くなったぞ。そして2時半近くに2匹目をゲットすれば、急に欲が出て来てもう2匹もう2匹と頭の中はそれだけ。湖面が凪いでいるのでウキの動きが見やすくなったのもあるかもしれないが、2時半を過ぎてポツDscf0604Dscf0605ポツと2匹が釣れたので、もう1匹と人間の欲には限りがない。しかぁ~し、最後の一投も消し込んで終了は2時52分。終了していたO合さんにもしっかり見られた。結果、プチ残業では実釣1時間で4匹。午後のGTもDscf0606多少は貢献しているのは間違いないところ。宙だけでは予定通り2時間40分で10匹。トータルでは実釣4時間10分で14匹。地べらがほとんど(極甘に査定すれば全て地べらですが、何か)なので数は少なくても良しとしよう。そうしよう、双子葉植物。片付け。O合さんは奥の方へ行ったので、片付け後に車に戻る。今日は長靴で台に跨ってやったので、途中の波が凄い時に水が右の長靴に入り込んでズボンがびしょ濡れ。なのでベイシアには寄らず、さっさと家路に就いた。
 
次回もここに入ってリベンジだ
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

アクシデントでメンタルはめろめろ@増沢池-その1-

今日は好天で風も弱いとの予報。これは間違いなく行くでしょう。通院後にゴー!駐車場にはO合さんの車。Oさんはいないようだ。おっ、奥の方にKさんの車。確認しました。さっさと荷物を降ろして、日陰側かつてのいつもの場所方面に向かう。もうこれDscf0587からは日陰ですよ。しかぁ~し、先客あり。しまったと思いながら柳の木方面に向かうと、何とそこにはO合さんがいた。奥の整地された辺りでは先客に平らなところを占められてしまったので、仕方なく入ったとの事。まだウキは動かないと言いながらも、私が旧爆釣ポイントで準備中に竿を曲げた。それと、対面日向側階段下にはKさん。暑かろうに傘も出さずにやっている。さDscf0588て、私の右の先客は準備中で、宙をやるとの事。私は今日は9尺で底をやるつもりで来たが、どうも底の様子が分からないので11尺に変更。と、釣り台をセットしていたら、胸ポケットに入れてあったスマホが池に落ちてしまった!ヤバい、防水ではないのだ。慌てて拾い、水を切る。そしてケースから外して拭き取り、とりあえず電源オフ。これで乾くまで触らない方がいいのだ。ただ、いきなりのアクシデントでメンタルはめろめろ。それでもやるしかない。と言う事で、餌はいつもの両ダンゴ。多分底は取れたろうと開始は10時21分だ。前回並みとは言わなくても、「つ」抜けくらいは楽勝であって欲しいなぁ。すると、3投目くらいであたり!やったと合わせるが明らかにスレ。しかもバックオーライでその上バラシ。もうガクガクッ。すると、メンタルが弱っている事もあるが、やたらと1匹目が欲しくて堪らない。しかぁ~し、バラシが効いたのかウキは返してもあたらず。気持ちばかりが先走るまずい展開だ。O合さんはポツポツと竿を曲げる。予想を超えた風・波も弱り切ったメンタルに追い打ちをかけ、支離滅裂な合わせで最早凸まっしぐらだ。あっという間に11時。本当にヤバくなってきた。ウキ下を微調。と、ここで奥の方から知らない人がやって来て、どうだと聞いて来た。そして横で岡ジャミ。ただでさえ釣れなくてイライラDscf0589しているのに、岡ジャミなんて勘弁して欲しい。しかぁ~し、この人が来て2投目に何とウキが馴染むや否やあたり!そして掛かりました!これは岡ジャミさまさまなのか?しかも地べらだ。一気に気が楽になった(最近この表現が多くなった)。11時半近くで、開始ほぼ1時間がDscf0590経っている。その人は右隣でも岡ジャミして消えた。ハテ?さて、午前中のGTなのか、それからじきに今度はバッチリのあたりで2匹目。う、嬉しかぁ。もう「つ」抜けなんて言わないので、せめて第2目標くらいまでには持っていけないか。しかぁ~し、ウキの動きは良くならず。そして、やたらと合わせたせいで餌がもうない。これはダメだろう。最近こんな低い数字は見た事がないぞ。メンタルを鍛えないと・・・。しかぁ~し、ここで今度こその午前中Dscf0591Dscf0592のGTなのか、ラス前オーラスと連荘で2匹をゲット。時刻は11時52分。もう何も言う事はありません。結果、午前の部では実釣1時間半で4匹。いずれも地べらだったので、不満ではあるがこんなものでしょう。さあ、Dscf0593次の準備だけしてトイレタイムとしよう。次はもちろん宙ですよ。竿は9尺で、餌以外は準備してから上に向かう。ちょうどトイレに入ったところで12時のサイレン。駐車場からO石さんらしき声が聞こえた気がするが、幻なのか。いや、O石さんはそれからじきにやって来て、看板横に先客がいたので日向側いつもの場所に入った。さて、トイレから帰り、餌を作る。もちろん最優先のミッションで宙バラ主体の両ダンゴだ。カルネバとマッハを追加。それから昼食を摂り、再開は12時12分。
 
スマホの運命やいかに?
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2019年5月 8日 (水)

結構肌寒い@増沢池-その2-

さて、そろそろ気温も上がって来たかなと思っても、相変わらず日陰は肌寒いぞ。これで宙は大丈夫か。とりあえずは6匹釣ってトータル20を目指そう。何となく餌もアームも不安なまま再開すると、何と言う事でしょう、餌落ち目盛がちょっと気に入らないので合わせようとしたら、オモリを切り過ぎてしまいトップの付け根まで出てしまった。Dscf0567トホホの展開に急いでオモリを追加すると、結局元の位置付近で落ち着いてしまい、まさにガクガクッ。気を取り直して再開すると、意外やじきにウキに動きが。そして開始15分で1匹目をゲット。ただ、餌の持ちが良くないので、どんどん練り込んで行く。結構固そうになって来たが、これDscf0568で大丈夫なのか。すると、やはりなのかウキは動いても掛からないまま12時のサイレン。これはダメだ。まずは気分転換にトイレタイムと行こう。ついでに昼食も摂る。そして再開すると、何と1投目からあたり!そして2匹目ゲットだ。途中休憩が功を奏したか?ただ、あたりはそんなに増Dscf0569Dscf0570えた訳ではなく、ポツポツと12時半までに3匹を追加すれば、宙だけで第2目標をクリア。サイズも地べらが釣れて来て嬉しいの一語。更に予定Dscf0571Dscf0572の6匹にはあと1匹。しかぁ~し、これがなかなか。餌の経時変化なのか、それとも「たな」が変わったのか?とりあえずは餌に手水で柔らかくしていDscf0573く。そしてポツポツと1時までに2匹を追加すれば、何とか予定はクリア。すると、次は宙だけで第3目標まで持って行きたいところ。ただ、前回のこの場所及び一昨日もこの餌ではあまり釣れなかったので、期待は薄い。すると、予想通りあたってもカラまたはバラシで数を増やせず、1時Dscf0574Dscf0575半までには2匹を追加したのみ。恰好だけは第3目標にリーチとなったものの、先は明るくないぞ。しかぁ~し、1時半を過ぎて何故か連荘!で一気にDscf0576Dscf0577第3目標クリア。そしてトータルでの25にまで漕ぎ着けた。餌の残りから、30は難しい(無理!)が、何とか1匹でも多くゲットして終わりたい。そしDscf0578Dscf0579て餌が尽きた1時48分までに何とか1匹を追加して終了。結果、午後の部では実釣2時間20分で12匹。こちらもカラとスレバラシが多かったし、何よりハリス切れが2回もあったのには我ながら驚きだ。トータルでは実釣3時間50分で26匹。まあまあではないか。まだ終了には少し早いので、ここは1時間程度プチ残業してみるか。万が一(万が一ですよ)凸で終わっても時間5匹は確保出来ているので、安心して残業出来そうだ(オイオイ)。竿と仕掛けはそのままで、餌はカルネバ・マッハを2:3に水1。普段は2:2のところを前回50分で終わってしまったので、もう少しやれるようにと。このちょっとした欲張りが果たして吉と出たか?とりあえず4匹をゲットしてトータルでの30を目指そう。さっさと再開すると、じきにウキの動きが出た。よしよし、予定クリアは楽勝?しかぁ~し、最初のあたりでは何と4回目のハリス切れでガクガクッ。Dscf0580Dscf0581こんなにハリスがプツプツ切れた事は記憶にないので、本当にびっくりだ。急いで交換して再開すると、2時を過ぎてあたりに合うようになり、10分ほどDscf0582で3匹をゲット。これなら何とかなりそうだ。しかぁ~し、いつもならこちらの餌の方が宙バラ主体より釣れるのに、マッハ追加の欲張りが仇となったのか、ウキの動きはどんどん悪くなる一方。午後のGTも近いのに、何故だ?Kさんは帰った。お疲れ様でした。対面看板横にはO石さんDscf0583が午後から入っている。さて、あたりも減り掛かりも減って、本当にポツーリポツリとしか掛からず、2時半までに1匹しか追加出来ず。とりあえずはトータルでの30には到達したが、尻すぼみの感は否めない。そして午後GT間違いなしの2時半過ぎにもやっとの思いで1匹を追加して、Dscf0584Dscf0585単独での第2目標もクリアしたが、皮算用では2桁も行けると思っていた(図々しいぞ!)ので、かなりのガックリ。更に「上がりべら」かと思った最後のあたりでもスレでガクガクッ×ガクガクッ。まさに「上がりスレ」となってしまった。あまりに腹立たしいので写真をアップ。そして2時58分に餌を打ち終えて残業が虚しく終了しDscf0586た。結果、プチ残業では実釣1時間10分で5匹。宙だけでは実釣3時間半で17匹。トータルでは実釣5時間で31匹かぁ。喜ぶべき数字なのだろうが、あまり達成感はない。地べらが混じったのが唯一の救いかもしれない。片付け。奥の方もポツポツと終わった様子。片付けを終え、O石さんに挨拶したが分からなかったようだ。車に戻ると、ほぼ同時にⅠ藤さん、O合さん、それにOさんがやって来た。Ⅰ藤さんから、塩ビ管右に入って竿が良く曲がっていたM上さん(字が合っているかは不明)は堅めの餌だったと教えてくれた。餌に手水では逆方向だったのかもしれない。皆さんお疲れさまでした。さあ、今日は何としてもベイシアに寄るぞ。って、そんなに言う事もないけど、さっさと池を離れた。
 
明日は通院、明後日も通院で竿が出せるかな
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

結構肌寒い@増沢池-その1-

今日は特に用事もないので、それではと出掛けました増沢。他の池でも良さそうなものだが、何故か増沢。駐車場にはO合さんとOさんの車。何処にいるのかなと思いながら、かつてのいつもの場所に向かう。おっ、正面に先客。多分知らない人。あっ、いつもの場所にO合さんがいない。急いで荷物を置き、深場に向かうと、いましたO合さDscf0551ん。今日からこちらに入ったとの事。遠くワンドにはOさんの姿が見える。あっ、竿が曲がった!O合さんによると、今日のOさんはバクバクだそうだ。と、ここで対面に目を向ければ良かったのだが、そのまま釣り座に戻り準備開始。晴れてはいてもこちら日陰側はその名の通り寒々しい。おまけに風が吹くと震えるくらいだ。しかも正面の景色が湖面に映って、おそらくはウキが見辛い事極まりない。でも準備しなければ。竿は11尺でまずは底から。そうそう、今日から両ダンゴにするんだっけ。と言っても、餌はいつもの夏・冬・マッハ。前回とほぼ同じ水深なので?ささっと底をとっての開始は9時41分だ。対面は竿を曲げているが、放流ばかりと嘆くのが聞こえた。私も前回底では放流ばかりだったので、両ダンゴなら放流も来ない(T林さんによる)なら、こんな良い事はない。すると、数投でウキが返すようになった。よしよし。しかぁ~し、最初のあたりではバラシ。そして次のあたりでもバラシ。まだウキ下の微調には早過ぎる。すると、次のあたりではカラ。その後もウキはほぼ毎回のように返しても、全く掛からないまま時間だけが過ぎて行く。で、仕方なくDscf0552Dscf0553ウキ下を微調してみたら、10時を過ぎてやっと掛かりました。放流でも文句は言いませんよ。とりあえず凸を回避したので、あとは釣るだけだ。と思ったら、連荘!で2匹目。これは素晴らしい。まだまだ行けるぞ。しかぁ~し、白波がDscf0554Dscf0555ひどくなるとウキの動きはほとんど分からなくなった。なので雰囲気で合わせるのだが、これがさっぱり(当たり前か)。10時半までの3,4匹目はあたDscf0556Dscf0557りで合わせたのではなく、ただ偶然の産物(オヨヨ)。それでも第2目標にはリーチ。少なくとも前回並みの15くらいは行きたいなぁ。ウキの動きはなくなDscf0558Dscf0559らず、その後7匹目までは確かにあたりを見た。そこから10分ほど間が空いたものの、ウキは動き続けて11時までの10分間に4匹をゲットすれDscf0560Dscf0561ば、第3目標達成だ。まあまあかな(ホントか?)。ただし、しつこいようだがいずれも放流。11時を過ぎても、おそらくは3連荘であと1匹で前回並み。トDscf0562Dscf0563イレタイムのO合さんが様子を見に来てくれた。それと、対面階段下にはKさんがいる事が判明。最近は車を停めるところが変わったので、見過ごしてDscf0564Dscf0565いたか。さて、何とか1匹くらいは地べらにお目にかかりたいと思っていたら、ラス前に確かに掛かった大物(地べら?)は、上がって来る途中までは確認出来てやったと思ったものの、残念バラシてガクガクッ。そして最後の一投も甲Dscf0566斐なく11時13分に餌が尽きて底は終了。結果、午前の部(早上がり)では実釣1時間半で14匹。前回より数は少なくても時間が短いのでノー・プロブレム。ただ、ウキの動きの割にはカラが多く、バラシもそこそこ。スレて上がってくるのは少なかった。更にこれまでほとんど出なかったハリス切れが1回。最近の私は合わせがかなり優しくなっているので、合わせ切れではありませんよ。さあ、次は宙だ。ちょっと迷ったが竿は9尺に変更。餌はミッションクリアのために宙バラ主体でカルネバ・マッハを追加した両ダンゴ。「たな」は触る事なく再開は11時28分。
 
TO BE CONTINUED!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2019年5月 6日 (月)

連休最終日(私にはノービジネスだが)の釣行@増沢池

今日は午後から天気が不安定になるとの予報でも、ここは出掛けなければなりません。と言う事で、やって来たのは増沢。おっ、O合さんの車があるぞ。でも雨を考慮して日向側には行きません。久し振りの日陰側深場ワンドに入ろう。荷物を降ろして池に向かうと、対面にO合さん。その右には月曜の2人。まずは挨拶。それから適当な位置に荷物を置いて準備開始。へら師は私の右遠くに1人と塩ビ管右に1人が見える。そしてダム?そばにも1人。あとで浅場にKさんがいる事が分かったが、午後早くDscf0529に帰ったようだ。対面にはダム?そばに1人と階段下付近に3人。あとは思い出せない。さて、今日は何をしようかな。底をやりたいが、底の状態が良くないと聞いているので、安全を考えて13尺を出す。餌はいつものバラグル。ゲゲッ、さっきまで凪いでいた湖面に風・波。ちょっと底取りに手間取ったものの、開始は10時13分だ。右の先客が竿を曲げ始めた。私にもおこぼれがあるかな。しかぁ~し、じきにウキが返し始めたのに、肝心のあたりが出ない。10時半頃T林さんがやって来て、いつもの場所に入った。そして開始してじきに1匹目。右かDscf0530らもへらを寄せる音が聞こえてきて、すんごいプレッシャーだ。今日は底でとにかくあたりが出にくかったことは間違いない。それでも開始30分に満たないうちに1匹目が出たので、まずはホッ。しかぁ~し、その後がない。あっという間に11時。左右からはへらを寄せる音が連続して聞Dscf0531Dscf0532こえ、まさにトホホ状態。メンタルが弱いので早く2匹目をと、あたりではなさそうなウキの動きにも手を出してしまう迷走。それでも午前中のGTがやってDscf0533Dscf0534来たのか、11時半までに3匹を追加。これまで全て放流だが、文句は言いません。言いませんが・・・。11時半を過ぎてもポツポツとあたりを拾えDscf0535Dscf0536ば、とりあえず第2目標はクリア。すると次は当然第3目標となる訳だが、ポッカリと穴が開いてしまって12時のサイレン。そして餌が尽きた12時22Dscf0537Dscf0538分までに1匹を追加したのみで底は終了。結果、午前の部では実釣2時間10分弱で8匹。1匹だけ地べらと呼んでも良さそうなサイズがあった。さあ、次はお待ちかねの宙だ。T林さんから宙ならサイズアップすると言われているので、少しやる気が出て来たかな。とりあえず2匹釣ってトータルでの第3目標を狙おう。竿を11尺に変更し、餌はミッションクリアのために宙バラベースとし、カルネバとマッハを追加。それからトイレタイム、そして昼食だ。「たな」はやや深めで午後の部は12時51分に開始。遠く看板横にはO石さんが見える。さて、開始早々からウキが動き出したので、これは行けそうかとほくそ笑むものの、こちらもなかなかあたりが出ない。餌のせいだと言い訳したいが、実は肘から先が問題なのだ。そしてこちらも開始30分くらいであたりが出始めたものの、1発目は腹びれにスレでガクガクッ。しかぁ~し、午後のGTでもDscf0540Dscf0541なかろうに、そのすぐ後に連荘?でグッドサイスをゲットだ。これは素晴らしい。あっという間の目標達成で、思わず大きな声が。さあ、どんどん行こうではないか。しかぁ~し、何故かウキの動きがバッタリ。聞けばT林さんも右の先客も同様な感じ。へらも昼休みなのか。餌に手水でどんどん柔らかくしていくが、状況は変わらず。お約束の時間だけが過ぎる展開。しかぁ~し、その間も私の両側は竿をポツポツと曲げ続けて行く。と、ここで何故かパラソルさん登場。これから竿を出す。私の方は一向に状況が変わらず、2時を過ぎてしまう。対面ではへら師が帰り支度。2時半を過ぎてO合さんと月曜の2人組も終わったようだ。そして私の右の先客も終了。O石さんも終わりか。しかぁ~し、私には時合という味方があった。2時半を過ぎDscf0542る頃から急にウキが動き出し、2匹目から1時間以上の合間があってやっと3匹目。いやぁ、キツかったなぁ。が、その後はまたもシーン状態に。そして虚しく餌を打ち終えたのが3時1分。結果、午後の部では実釣2時間10分で3匹のトホホ。精神的に疲れたので終わりたいところだが、T林さんとパラソルさんが続行するようなので、ここは新しく餌を1時間分作ってプチ残業と行こう。カルネバとマッハを2:2に水1でささっとかき混ぜて再開。しかぁ~し、餌が持たないので指でこねてウキの馴染みを出せば、何とウキが動き出したではなDscf0543Dscf0544いか。そして開始10分経たないうちに1匹目ゲット。ただ、地べらから放流にバトンタッチされたようで、その後もウキの動きに合わせれば放流という、Dscf0545Dscf0546何処かで見た(底でしょう)光景。1匹だけグッドサイズが掛かったものの、残念腹びれにスレていた。まさにガクガクッ×ガクガクッ。時合なのか餌なDscf0548Dscf0549のかも分からないままに餌が尽きた3時56分までに計6匹をゲットして終了となった。結果、残業では実釣50分で6匹。午後の部全体では実釣3時間で9匹となった。更に総計では実釣5時間10分で17匹かぁ。結局雨はなかったDscf0550ので、かつてのいつもの場所でやっていればもう少し数を増やせたかもしれないというのは、言っても仕方ないタラ・レバでした。奥の方でやっていたⅠ藤さんがやって来て、T林さんパラソルさんと談笑中。私は早く帰りたいのでさっさと片付けを終え、皆さんに挨拶して車に戻る。さあ、今日は何処にも寄らず帰ろう。明日は通院とガスの点検があるので竿は出せない。明後日以降だな。さっさと池を跡にした。
 
底も次回からは両ダンゴにしてみよう、そうしよう・・・
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

«森まで新茶を買いに