2018年9月22日 (土)

お彼岸

椿テレビから、季節の鉢植えが貰えると連絡があったので、お彼岸でもあるしお墓参りのついでに貰って来ようと思い立った。
Img_20180922_144918ちょうど雨も止んで明るくなったので、ゴー!
お寺に着くと、かなり蒸し暑いが風もあるのでなんとか。
良く出来たもので、この時期ピッタリに彼岸花が咲いている。
お墓の周りの雑草を抜き、除草剤を蒔いてから手を合わせる。
それから椿に向かい、白い蕾がある「マリブ」というのを貰って来た。

外出する事で、少しくらいは前向き?になれたか
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2018年9月21日 (金)

テンションだだ下がり

今月に入ってから、家人の送迎、更には私の体調不良により通院日数も増えた上に天候不順で竿を出す機会がかなり減った。前回の釣行からは一週間以上が経過している。
いつもなら早く竿を出したいとうずうずするのだが、何故か気持ちが逸らないのだ。
いつかKさんが言っていたように、一旦竿を出すのを止めると、そのうちどうでも良くなってしまうと言うのがピッタリしている感じ。
こんな事は過去に何回かあったものの、何とか脱却して現在に至っているが、今回は何となく今までとは違うように思えてならない。
今も通院帰りで何とかこれを書いている。

しばらくは釣り以外の記事で埋めて行くしかない?
    ↓        ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2018年9月18日 (火)

「さわやか」で昼食

Img_20180918_112702家人を医院まで迎えに行った帰り、時刻は11時を過ぎており、いつもなら駐車場は満杯な「さわやか」に、まだ空きがかなりあるではないか。
で、急遽予定を変更して「さわやか」で昼食と相成った。
いやぁ、ここはいつも入りたいと思いながらも、あまりの混雑に断念ばかりしていたので、こんな素晴らしい?事はない。
さっさと駐車して店に入り、受付の機械を通したら、何と8番目ではないか。
すぐに席に通されて、私はいつもの「げんこつハンバーグ」ランチを注文。
ちょっと肉が冷たい部分があったが、まあいいだろう。
我々が帰る頃にはいつも通りの混雑となっていたので、まさにラッキーと言うしかない。良かった良かった。
 
通院を週2回にしたので、ますます竿を出しにくくなって来た
    ↓        ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2018年9月16日 (日)

ザわさんのライヴ@銀座ライオン and トゥルネラパージュ

_20180916やっとその日がやって来た。ザわさんが所属するバンド「HONEY WEST」のライヴだ。
チケットを買ってくれたⅠH氏と会場の「銀座ライオン」で待ち合わせ。開場の5分前に店に着いたところ、何と行列が出来ているではないか。そんなに凄い人気なのか?
とりあえず列に並び、12時を過ぎて入店。出来るだけ正面に入りたかったが、ちょっと難しいのでやや右に。
1ドリンク付きなので、私はオレンジジュース、ⅠH氏はビールを注文。
驚いたのは客の中にⅠH氏の中学時代の知り合いが相当数いた事。バンドのメンバーやその奥方がⅠH氏の知り合いとか。
Img_20180916_1206281Img_20180916_122838Img_20180916_130203Img_20180916_133852ホント世の中は狭いもんだ。いつもの小編成ではないバンドを約2時間堪能させてもらい、感謝感謝。障子紙の耳も満足。

Img_20180916_155804その興奮も覚めやらぬ中、帰りにこれまた寄りたかったオーディオ喫茶「トゥルネラパージュ」に寄ってみた。1千万以上するスピーカーが設置してあるので、1回は見てみたかったが、なかなか機会がなかった。ちょうどⅠH氏も行きたかったと言う事で、暑い中歩いて向かう。
Img_20180916_152514Img_20180916_152533Img_20180916_154518日曜と言う事もあるのか、店は混んでいた。壁にはレコードがぎっしり。スピーカーのある場所は吹き抜けになっていて、2階からも音楽を楽しめるようになっている。我々は螺旋階段の途中にある席に入る。
正面にはプロジェクターによる大画面の無声映画が流れ、その下にゴッツイスピーカーシステムが鎮座し、オーディーマニアらしき人たちが周りを取り囲んでいる。
Img_20180916_152436Img_20180916_152459私は水出しのアイスコーヒーを注文。
Img_20180916_153439障子紙の耳では大した感想はないが、音が極自然な感じがした。何かを強調する事もなく、何かを足す事もない感じ(あくまで個人の感想です)。
とりあえず行くと言う目標は達成したので、これまた満足だ。店の前には駐車場もあるので、これからたまに寄ってみるのもいいかもしれない。

ただ、久し振りに歩いたのでかなり疲れた(おまけにここでは書かないが、余計に歩く羽目になった事も)。帰宅後すぐにシャワーを浴びるくらいに汗びっしょり。おまけにその後「こむら返り」まで出てしまっては、Oh,My God!
 
P.S.駐車場は10月から使えなくなるとHPにあった。ガクガクッ・・・
 
写真は拡大出来ません。ブログの容量がいっぱいいっぱいなので・・・
    ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2018年9月14日 (金)

今年の目標

最近は天候不順に加え、自分の通院その他、更に家人の送迎等も増え、なかなか竿を出しにくい状況になって来た。
このままでは年間釣行100回という目標は達成が難しそうだ。
私は2000年にヘラブナ釣りを始めたのだが、データによると年間の釣行が100回に満たないのは開始年(この時は開始が5月を過ぎていた)と足首を骨折した2013年の2回だけ。それが、特に大きな問題もないのに8月終了時点で70回に達していないのだ。しかもエヴリデイ・アングラーなのに。
今後気持ちを引き締めていかないと、何もないのに目標未達という事になりかねない。
まあ、他の人からしたらどうでもいい事だけど。

明日は行けそうか?なかなか難しい
    ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2018年9月12日 (水)

雨へのトラウマで早逃げ@増沢池

昨日は好天でも用事があって竿を出せなかったので、今日は曇りで晩から雨との予報でも出掛けました増沢。いつもより早めに家を出たつもりだったが、池に着いたのは8時半過ぎ。既にあたりさわりグループは来ているようで、それなら今日は「かつての」いつもの場所にでも入ってみるとするか。もしⅠ藤さん2号がいたら旧爆釣ポインDscf9567トで。さっさと荷物を降ろして池に向かうと、まだ雨は残っているのか水が流れている。池は泥色で風が出ている。水量はやや多い感じ。気温が上がらなくて秋みたいだ。さあ準備しよう。深場ワンドで13尺を出せば根掛かりせずに底釣りが出来るなぁと思っていたが、ここなら12尺でも良さそうだ。餌は夏・冬・天々(マッハを切らしているから)のバラケとα21・わたグルのバラケ。ささっと底を取っての開始は9時10分。うわぁ、やっぱりウキが流されるなぁ。でも、何となくウキが返しているようにも見えるぞ。しばらく打ち続けると、ウキが餌落ちまでグッと戻した。あたれ!と祈るが残念。その後もウキは馴染んでから1目盛くらい返す事がしばしば。そして遂に餌落ち付近まで返したウキが黒帯くらいのチクッ!やったと合わせるものの、カラでガクガクッ。とにかく今日はそれらしいウキの動きもかなり少ない上に、合わせても合わせてもカラ。しかも、10時にあとわずかという時間にやっとあたりに合ったかと思えば、お約束なのか小さなブルーが掛かって来てガクガクッ×ガクガクッ。体調も芳しくないので、かなりやる気がトーンダウンしてDscf9568いる。それでも10時を過ぎて、かなり左に流されたウキが、シモリながらもスッと入ってやった1匹目ゲット!う、嬉しかぁ。見れば奥の方にはⅠ藤さん1号らしきへら師が竿を曲げている。対面看板横の先客も。私だけがアウト・オブ・ザ・蚊帳かと思っていたので、本当に嬉しいのだ。さあ、どんどん行こう。しかぁ~し、ウキが馴染んですぐのムズッ!ではスレバラシ。すると、ウキの動きDscf9569が一気に悪化(トホホ)。それでも10時半を過ぎて、そろそろ午前中のGTかなと思っていたら、馴染んで返して小さくチクッ!が出ましたよ。やった2匹目。すると、次の餌打ちでも馴染んですぐのチクッ!やった連荘?しかぁ~し、またもやブルー。最近になって、ブルーがかなり岸から離れたところまで餌を取りに行くようになった感じ。これは深場ワンドでもあった。更にしばらくしてのあたりでは再びのブルー。遂にブルーがへらを追い越してしまった。そして午前中のDscf9570GTなどもっての外と言う感じで餌が尽きたのは11時9分。結果、セットの底では実釣2時間で2匹。まさにトホホだ。Ⅰ藤さん1号らしきへら師は、私が見る度に竿を曲げている感じで、対面の先客もポツポツ。アームの差が歴然で辛かぁ・・・。さあ、気分を変えて次だ次。竿はそのままでウキと仕掛けを交換。両ダンゴの宙をやる。餌はへらスイミー・ガッテン・マッハ。ささっと早めの昼食を済ませ、「たな」は前回のままで再開は11時23分。しかぁ~し、何故か風・波が強くなってウキの視認性がかなり悪くなった。予報では雨は6時過ぎとなっているので、まだ大丈夫と打ち続けると、時折馴染んだウキが入るように見えて合わせるのだが、全く手応えなし。「たな」を上下しても同様。あっという間に12時のサイレンが鳴り響く。で、両グルでは必ず1回はトライする「ナンチャッテ底」をやってみると、ウキが馴染み切る手前で小さく入っているように見える時があって、とりあえず合わせるがカラ。しばらく打っていたものの、次第にウキが動かなくなって来たので、何を思ったのかハリスを25cm+35cmくらいから35cm+50cmくらいに伸ばしてみる。もちろん餌は持ちを良くするようにコネコネ。しかぁ~し、特に変わりなく、「ナンチャッテ底」を諦めて「たな」を適当にセットし直して宙に戻す。さあ、まだ餌はあるのでラストスパートだ。しかぁ~し、しかぁ~し、白波の中泡付けが出ているように見えたのだが、これがどうやら雨粒。ゲゲッ、雨?確かに雨が落ちて来ている。まだ本降りにはならないが、一応スマホの Y!天気で確認すると、朝にはなかった筈の雨雲がじきにこの辺りに次々とやって来るではないか。これはもう撤収でしょう。何と言っても大楽地の件以降、雨にはからっきし弱くなっている私なのだから。餌を捨て、Dscf9571片付け開始は12時54分。結果、両ダンゴの宙では実釣1時間半で凸。トータルでは実釣3時間半で2匹。これは何だろう、ほぼ凸と言ってもいいか(そんな事はない)。見れば奥の方でⅠ藤さん1号も片付けている。何と言っても雨にはトラウマがあるので、焦る。何とか片付けを終え、車に戻ればまずはホッ。さあ、今日もベイシア詣でと行きたいが、雨は大丈夫なのか。とりあえず車を走らせると、店の正面が空いていたので、そこに停めれば万が一ザアザア降りになっても凌げるだろう。と言う事で、今日は早逃げの釣りでした。
 
明日の事を思うと、またもや憂鬱になってしまう
    ↓        ↓        ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2018年9月11日 (火)

明日は行こうかな

このところ、体調不良に加えて天気が悪く、更には家人の送迎があって出掛けられなかった。
幸い明日は何も予定がなく、天気も持ちそうなので、増沢にでも行こうかな。
明後日は通院に加えて検査もあるし、それに家人の送迎更には天気も悪くなりそうで、今週は明日しかなさそうだ。
日曜にはザわさんの所属するビッグバンドのライヴがあるので、体調は出来るだけ良い状態で行きたいところ。
 
かなり気持ちはブルーになっているが、せめて竿をだすくらいは・・・
    ↓        ↓        ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2018年9月10日 (月)

今日も雨

このところずっと雨。今週中も雨で竿が出せるかどうか。
かと言って、家に籠っていても仕方ないと、どこかに出掛けた方がいいのかもしれないが、残念ながら気持ちも盛り上がらず。
で、結局は家にいる。
そうだ、ハリスを巻こう。すっかり忘れていた。
これくらいしか思い付かないが、まずはやる事が見つかって良かった良かった。
 
って、それでいいのか(それでいいのだ!)
    ↓        ↓        ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2018年9月 9日 (日)

体調がすぐれない

このところずっと体調不良が続いている。
釣り日記にはあまり書いていないが、釣りの最中も実はしんどいのだ。
腰から来る足の指先の痺れ以外にも様々な症状が出ている。
で、気分まですぐれない。単に夏バテとはいえない気もする。
明日は通院日だが、その後釣りをしたいようなしたくないような。
 
頑張って竿を出してみようか
    ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2018年9月 6日 (木)

やはり両ダンゴは難しい@増沢池 with いつものへら師

今日の朝3時頃に北海道で大きな地震があり、亡くなった方もおられるような被害が出ている。原発は今のところ大丈夫らしいが、早く停電を復旧させないと福島の二の舞になってしまう。

そんな中、不謹慎と言われるかもしれないが、今晩からしばらく雨が続くとの予報に、我慢出来なくなって増沢へゴー!駐車場にはKさんの車があるが、はてさて何処に入っているのかな?私は最近お気に入りになっている(帰りが意外と楽)深場ワンドへと向かう。正面にはいつも通りK林君の釣り座があるが、いない。下りて行くと、右に先客が2人いて、そちらで談笑?している。挨拶して私は「最近の」いつもの場所に入る。あっ、Kさんは対面にいた。曇っているとはいえ、大丈夫か?さて、今日はどうImg_20180906_091816Img_20180906_091751_2しようかな。湖面は凪いでいてウキの視認性は問題ないが、まずは9尺で「トロ掛け」と行こう。と言うのは、まず9尺宙の仕掛けが「トロ掛け」になっているから。更には前回「トロ掛け」で調子が上がりつつあった(個人の感想です)のに、雨の気配で撤収したので悔いが残っているから。餌はガッテン・天々にトロロ。「たな」は前回より深めに取っての開始は9時25分。しかぁ~し、バラケが持たない感じなので、天々を追加。すると、3投目でウキがグッと入り、やったと合わせるが残念スレたようでハリス切れ。クーッ。急いで交換して再開すると、ウキはまだ動いているぞ。しかぁ~し、先に竿を曲げたのは両ダンゴのK林君。今日もやられたか。しかも、モヤモヤするウキのDscf9550動きから選んで合わせたつもりがブルーでガクガクッ。それでもウキが馴染んでから小さく入るあたり?で9時半過ぎに1匹目ゲットだ。そうそう、こうでなくっちゃ。さあ、どんどん行こう。しかぁ~し、ここからが今日のハイライト?あたってもあたっても掛かるのはブルー。何と5連荘で早くもやる気がトーDscf9551ンダウンだ。9尺は失敗だったか。竿を12尺くらいに替えてブルーの攻撃から逃れた方がいいのかも。とか思いながらも面倒で続行すると、続行は正解だったようで、10時近くに2匹目。と、ここでO石さん、T林さんが続けてやって来て、それぞれ指定席に入った。さて、私のウキは動いてはいるのだDscf9552Dscf9553が、その後もブルーとへらを交互にゲットして、4匹目は今日一番のサイズ。時間的にも午前中のGTか。しかぁ~し、続いてのブルーが鈎を呑んでいて、これを外せずハリス切れ(ガクガクッ)。急いで交換したが、ハリス段差がそれまでより多少短くなってしまった感じ。でDscf9554もそのままで続行だ(オイオイ、段差が大事じゃなかったのか?)。すると、やはりウキの動きが悪くなったような気がしたが、今日はあまり段差に拘らなくても良かったようで、11時前に5匹目。やった第2目標クリアだ。ただ、やはり段差が気になって仕方なく、結局上ハリスを詰めて段差を広げると、Dscf9555Dscf9556今度こその午前中のGTで、11時から11時半までの30分間に、あたりに合って5匹を追加。見事第3Dscf9557Dscf9558目標もクリアして、気持ち良かぁ。しかぁ~し、そこからバッタリとなってしまい、代わってK林君がDscf9559次々と竿を曲げ始めた。クーッ!PART2。そしてそのまま数を増やす事なく、11時56分に餌が尽きて無念の終了。ラス前オーラスと消し込みが出たが、もう1匹は釣りたかったなぁ。結果、「トロ掛け」では実釣2時間半で10匹。いつもなら万々歳なのだが、最後が尻すぼみでちょっと・・・。まあ、それはそDscf9560れ。ささっと昼食。Kさんは12時のサイレンが鳴る頃にはいなくなっていた。その後岡ジャミに現れなかったので、釣れたかどうかは不明。さあ、次はどうしよう。両ダンゴでやりたいが、ブルーのオンパレードは御免被るので、ここは竿を12尺に替えよう。餌はガッテン・天々にへらスイミーを半量。「たな」は9尺の時をおもいだしながらセットしての開始は12時9分。時間帯なのか、皆さん竿が曲がらなくなって来た。そんな中、最初からポツーリポツリと底で釣っているO石さんは周りの様子には無関係のようだ。さて、餌打ちを始めると、じきにウキに動きが。ただ、掛かるまでは分からない。ブルーも充分ありうるから。すると、開Dscf9561始10分経たないうちにグッとウキが入っての1匹目。よしよし、この調子なら両ダンゴでも行けそうな気がするぅ~♪しかぁ~し、見ると上鈎がない。ハリス切れでなく、巻いた部分が抜けた感じ(オヨヨ・・・)。もうハリスがあと2本しかないのに、これか。急いで交換するが、ひょっとしたら久し振りの現場施工もあるかもね。それでもウキはモヤモヤから時折あたりらしき動きを見せ、12Dscf9562Dscf9563時半を過ぎて2匹を追加。これは素晴らしい。餌が良かったのかな。しかぁ~し、次のあたりでバラすと、そこから先はウキはそれまで通りにモヤモヤするものの、全くあたりらしき動きにはならず。更に、たまにそれらしき動きになっても手応えなし。一気に状況が悪化してしまった。T林さんからもウキの動きが悪いと言われ、私の対応は餌に手水と混ぜ混ぜだけ。次第に餌が粘って来たのが良くないのは重々承知だが、何かを足したりしないのが省資源釣法(キリッ!)。そのまま打ち続ければ、まさに餌打ちマシン。あっという間に1時を過ぎ、更に1時半。右の先客2人は帰っている。ここで、K林君とT林さんのフォレストコンビの「たな」がかなり深いのに気づく(今頃かよっ!)。で、右へ倣え(左Dscf9564だけど)と一気にウキをずらしてみる。すると、何と言う事でしょう、再開第一投でウキがモヤモヤしながら入り、そこからのチクッ!で、やっと出ました4匹目。これは嬉しいでしょう。T林さん曰く「エレベーター現象」との事。ただ、これは続かないのが一般のようで、その後もウキは動くがあたらず。で、1時50分に餌を打ち終えて両ダンゴは終了。結果、両ダンゴでは実釣1時間40分で4匹。トータルでは実釣4時間10分で14匹。やはり両ダンゴは厳しかった。まだ時間に余裕はあるものの、気持ちが付いていかないので終了だ。片付け。今日もへら師Dscf9565Dscf9566は少なく、私を含めて7人。昨日見に来た時には4人。その前、先週の金曜には7人。2桁にはならない。やはり他の池に比べて釣れないのだろうか。片付けを終え、しばらくT林さんのウキを見ていたが、「止め」が出てからモヤモヤと入って行くまではバッチリなのに、馴染む頃にはモヤモヤしかなくなっている感じ。難しいね、両ダンゴ。お三方に挨拶して車に戻る。さあ、今日もベイシアに行くとするか。さっさと荷物を積み、さっさと池を離れた。
 
深い「たな」も面白いが、餌を持たせるにはどうすれば?
    ↓        ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2018年9月 5日 (水)

台風一過の増沢

昨夜の雷雨が嘘のように静かな朝を迎えた。
湿気がムンムンしている中、家人を医院に送った後、気になっていた増沢の様子を見に行った。
駐車場には数台のへら師と思われる車。
深場ワンド方面に下りて行くと、いつものようにK林君が竿を出している。
へら師はK林君の左に1人と、右に2人。多分Ⅰ藤さん1号ともう1人。
Img_20180905_093331Img_20180905_093339それと、対面看板横にも1人いる。暑そうだ。
水は思ったほど濁ってはおらず、また水嵩も普通だ。本当に雨が降り注いだのかと思うくらい。
ただ、雨でへらが散った(オーバーフローから落ちた?)のか、ウキの動きが悪いようで、K林君の左の先客の竿が曲がったが、ブルーだった。
そうそう、先日はあれから雨はすぐに止んで、6時頃まで大丈夫だったと聞いた。
汗も滲むし、これから散髪に行くのでまた宜しくとその場を去った。
 
明日は出来るかな?週末は雨だし・・・
    ↓        ↓        ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

予報通り

ただいま5日の午前1時近い。
すごい勢いで雨が降っている。予報通りだ。
おっ、一瞬勢いが弱くなったぞ。でもまだ降り続いているので、予報通りなら明け方まで雨なんだろう。

雷も鳴り始めた。怖い怖い・・・
    ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2018年9月 4日 (火)

台風、去る

今日は予想外で、我が家付近は確かに強い風と雨はあったが、特に被害らしい被害はなかった。
そして台風は既に日本海に抜けている。
ただ、まだ油断は出来ない。これから日付が変わる頃まで強い雨が降るとの予報が出ているから。
いかぁ~し、、今10時30分だが、外は割と穏やかになっている。本当にこれから雨風があるのか?
 
西日本の近畿四国では台風に伴いかなりの被害が出たようだ。関空は水浸しでストップ。トラック横転やらもあった。これから北日本の日本海側にも大きな被害をもたらした後に、大陸に行って低気圧になるようだ。

復旧にどれくらいかかるのかは不明。被害額もこれから明らかになるだろう。
 
明日は増沢の様子を見に行こうかと不謹慎な事を考えている
    ↓        ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2018年9月 3日 (月)

台風近づく

まだ今のところ特に影響は出ていないが、明日は雨風がかなり強くなりそうだ。
とりあえず食料の買い出しと鉢植えやスダレの片付けは終えたので、後は被害が大きくならない事を祈るだけだ。

今年一番の規模の台風と言う事で、常に情報の確保に努めなくては。
 
台風一過の増沢は爆釣?不謹慎か
    ↓        ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2018年8月31日 (金)

止める勇気なのか、それとも単に釣れないからか@増沢池 with 深場ワンドの皆さん and 竿を出さずに帰ったKさん

今日はまだ天気に余裕があるので、月末と言う事もあるし出掛けました増沢。本当は大楽地にでも行こうかと思っていたのだが、結局いつも通り。駐車場に着くと、車は少Dscf9540ない。Kさんの車ハケーン。さて何処にいるのかな。今日は最初から深場ワンドに入ろうと思っていたので、さっさと荷物を降ろして池に向かう。予想通りK林君が坂の正面。あとは見える範囲で3人いるが、Kさんは何処かな?荷物をいつもの場所に置き、先客に挨拶しながら「かつての」いつもの場所方面へと移動。「かつての」いつもの場所にはいつもの人。挨拶して様子Dscf9541を訊くと、良くないようだ。ただ、泡だけは出ている。と、正面日向側坂の下に1人と、そこに岡ジャミしているのはKさんではないか。どうやら日向側でやるつもりだったようだが、岡ジャミに化けている。さて、釣り座に戻って準備だ。今日は終日曇りと予報にあるが、晴れている。風は少し出ているが、これくらいがちょうどいい感じ。さあ、竿は9尺で両ダンゴの宙から行くとしよう。餌はガッテン・天々に、古くて効果があるか不明の「粘りの素」をパラパラ。さあどうか?「たな」は前回のままで開始は9時3分。と、第一投からウキがモヤモヤ。う~ん、ちょっと餌が持たない気がする。で、数投後にマッハを追加してボソタッチに変更。すると、ウキの馴染みはしっかり出るようになるが、動きはそれほどでもない。Kさんがやって来て岡ジャミ。昨日は柳の木のところで3時間で8匹。まあまあじゃないですかと言うと、いやいや釣りにならなかったとの事。それでは8匹くらい釣って喜んでいる私の立場は・・・。対面坂の下のK子さんは「ドボン」で既に20匹近くをゲットしているらしい。暑さを堪えればそういう結果もあるのか。さて、しばらく打ち続けると、1回だけかすった。しかぁ~し、先に竿が曲がったのはK林君。流石です。私もあたりらしきウキの動きに合わせてるんだけどなぁ。Kさんは9時40分頃に帰った。岡ジャミDscf9542お疲れさまでした。餌にはいつものように手水とガサガサ(かきまわす音)。と、10時近くになってやっとあたりに合いました。やれやれ、凸でなくなったぞ。周りにへら師がいると、緊張してしまう私。今日の目標を達成した(オイオイ)のが嬉しくて嬉しくて・・・。さあ、どんどん行こう。しかぁ~し、そんなにDscf9543簡単に釣れる筈もない。見えないが、いつもの人は帰ったんだろうなぁ。その後もウキは動き、時折あたりらしき動きも見せる中、10時半近くになって2匹目。更に気が楽になった。ただ、その後はウキの動きが芳しくなくなって10時45分に餌を打ち切った。結果、第1ラウンドでは実釣1時間40分で2Dscf9544匹。ここは風の通りがいいので、汗も早く引く。さあ、次はどうしようか。前回と同じく両グルを小一時間やってみるとしよう。餌はα21・わたグル。時間をおかずに開始したところへ、今日はやや遅めのご出勤のT林さん登場。まずは亀に餌やりタイム。さて、私の方はすぐにウキが動き出したまでは良かったのだが、その後が良くない。両ダンゴと同じハリス長なので、アピールがやや足りない感じだ。で、オモリの位置をずらして疑似的にハリス長を10cmくらい長くしてみると、ウキの動きが一変。馴染んだ後に誘うとズバッ!まで出るが、一向Dscf9545に掛からないのはそれまでと同じ。それでも合わせ続けると、開始して1時間近く経った11時半過ぎにようやく1匹目。う、嬉しかぁ。ひょっとして午前中のGTが来たかも。が、餌がもうない。最初から小一時間と決めていたので仕方ないが、11時54分に餌を打ち切ってしまった。結果、第2ラウンドでは実釣Dscf95461時間余で1匹。午前の部では実釣2時間50分で3匹。前回は両グルでもう少し釣れたのだが、まあこんなものだろう。一旦休憩して昼食。それから次は「トロ掛け」だ。ハリスを縮め、段差は5cmないくらい。餌はガッテン・天々(実はマッハを使い切ってしまった)のバラケと、これまた今日で使い切りのベイシアのトロロ。大分古くて繊維が短そうだ。「たな」は変えずに再開は12時のサイレンが鳴ってじきの12時4分。すると、じきにウキが動き出したのにはビックリ。そしていきなりの消し込みまで出るが、残念掛からず。そうこうしているうちに、どうもトロロの持ちが悪いような気がして来た。あたりそのものが減って来たのだ。そしてかすかにスレる事数回。私の右にいた先客は帰った。なかなか厳しい状況の中、ポツポツと竿を曲げていた。さて、いつもとは逆の展開ではないかと思いつつ、少し「たな」を上げてみると、ウキの動きは多少良くなったものの、あたりらしき動きはDscf9547見せない(見過ごしているのかも)。で、再び「たな」を深くして、更にハリス段差を広げてみる。すると、これが功を奏したのか、ウキが馴染む途中でのズバッ!でやった1匹目は12時40分を過ぎている。まだまだ行けそうだ。すると、ほどなく馴染み切ったウキがスバッ!やった2匹目ゲット。しかもちゃんとDscf9548トロロを食っている。対策が実ったか。これでトータルでの第2目標もクリア!なかなか厳しい中(個人の感想です)、よくぞここまで来たもんだ。しかぁ~し、K林君とT林さんから、雲行きが怪しいというお言葉。そう言えば先客が帰る前から時折ゴロゴロという音が鳴り響いていたのを思い出した。確かに上空には黒い雲が。何となくヤバイ雰囲気ではある。Y!天気で雨雲の様子を見ると、Dscf9549引佐インター辺りにかなりの雨を降らせそうな雨雲があって、結構な速さで東に進んでいるではないか。お二人は撤収(K林君は雨が止めば再開らしい)の準備。私も今はウキの動きが良くなってはいるが、そんなに釣れている訳でもないので、これは「止める勇気」とはちょっと違うものの、12時58分に片付け開始。結果、午後の部では実釣50分余で2匹。トータルでは実釣約3時間40分で5匹。私的には急いで片付けを終え、先に片付けを済ませたT林さんの後を追うように、雨が来る前にと車に戻る。すると、何と言う事でしょう、車に荷物を積むタイミングで大粒の雨が落ちて来た。まさにジャストタイミング~(グー・グ・グー)。さっさと荷物を積んでベイシアへと向かった。までは正解だったのだが、ベイシアから出て来たら、ピーカンになっているではないか。わずかの我慢だったか。でも、今更竿を出すなんて絶対に出来ない!で、そろそろと家路に就く私だった。
 
今夜は猛烈な雨が明日の朝まで続くらしい(あくまで予報)
    ↓        ↓        ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2018年8月30日 (木)

残暑厳しき折@大楽地の池

今日は通院日なので竿を出すのは止めて、ちょっとした用事のついでに大楽地の池を訪ねてみた。O合さんの車があるのは承知。
しかぁ~し、坂を上るとジャカゴにO合さんの姿はない。先客は3人なのだが、右岸奥の釣り台が並ぶ辺りに3人とも竿を出している。その中、一番奥にいるのがO合さんらしい。あそこまで歩くのか・・・。
Img_20180830_093918フウフウ言いながら途中の先客に挨拶したら、誰かと勘違いしたのか微妙な返事。まあいい、奥を目指そう。
O合さんはかなり浅場にいた。まずは挨拶。やはり増沢では釣れないと言う事で、こちらに来ている。と、ここまでは前回と同じ。
増沢には涼しくなったら行くと言っている。ここはへらのサイズも大きいし、しばらくはここでやるそうだ。
また宜しくとその場を離れ、車に戻る。釣り座は日陰になっていたが、往復で汗が噴き出した。
さあ、帰るとするか。途中の餃子屋に寄ろうかと思ったが、面倒なのでそのまま家路に就いた。
 
次の台風が去れば、今度こそ「秋の気配」か
    ↓        ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2018年8月29日 (水)

昨日の消化不良を解消するために出掛けた@増沢池

昨日はたった2時間しか竿を出せなかったので、いささか消化不良となっている。で、今日も出掛けました増沢。駐車場着は9時前。あれれKさんの車がないぞ。今日は来ないつもりかな。さて、今日は何処に入ろうか。幸い?あたりさわりグループとかは、Dscf9526昨日と同じく来ていないようなので、それではもし雨があっても大丈夫な深場ワンドに入るとするか。荷物を降ろして坂を下りる。正面にはK林君。挨拶すると、これから始めるところらしい。私は前回とほぼ同じ場所(頭上が少し高くて、万一バラシても引っ掛かりにくそうだ)に入る。あっ、柳のDscf9527木の奥の奥(こちらから見れば前の前)にいるのはⅠ藤さん2号ではないか。早速近くまで行って挨拶。既に5匹をゲットしているようだ。写真は写りが悪くて分からないが、確かにいますよ。さあ、釣り座に戻って準備しよう。ちょっと迷ったが、竿は9尺で宙から入る。餌はへらスイミー・ガッテン・マッハ。「たな」は前回とほぼ同じで開始は9時17分。先に始めたK林君から、今日はT林さんは所用で来ないと知らされる。さてM開始してじきにウキがモヤモヤ。確かにへら師は3人しかいないので、へらの寄りは良い筈。ひょっとすると爆釣かも(昨日を思い出せ!)。しかぁ~し、あたりらしきウキの動きで掛かって来たのはお約束のブルー(ガクガクッ)。さっさとご退場いただくが、それしかいなかったのか、その後はシーン状態に。逆にK林君は竿を曲げる。裏山鹿~。ちらっと見るとⅠ藤さん2号も。裏山の鹿を何頭数えればいいんだろう。それでもしばらくすればウキの動きが出て来た。が、これがなかなかあたりにならず。どんどん時間は過ぎて行く。O石さん、知らないへら師2名が来て池は多少賑やかになった。K林君から「たな」を深くしたらウキの動きが良くなったと言われたが、私は逆に浅くする。すると確かにウキは動くのだが、たまに出るあたりらしきウキの動きではかすりもしない。K林君とⅠ藤さん2号はポツポツと竿を曲げ続ける。これはなかなか辛いが、餌に手水とコネコネ以外に何か対応策がある訳でもない私は、ひたすらの餌打ちが続き、あっという間に開始1時間。何だか凸必至の様相。で、ここは素直になって「たな」を20cm以上深くしてみたら、それまでよりウキの動きがグッと良くなった。が、あたりらしきウキの動きでDscf9528は同様の推移。しかぁ~し、開始1時間半が経過しようとするまさにその時に、やっとあたりに合いましたよ!時合かもしれないし、K林君の教えが良かったのかもしれない。しかぁ~し、その後は再びあたりに合わず、結局11時1分に餌が尽きて無念の終了。実釣1時間40分強で、結果は言うまでもありませんね。消化不良の解消より欲求不満が高じてしまった(トホホ)。でも、ここでちょっと閃いたのが「両グルの宙」。ウキは動いているのでひょっとしてダンゴよりは私に向Dscf9529Dscf9530いているかも。早速α21・わたグルを小一時間分作って再開すると、まだへらが残っていたのか、じきにウキに両グル独特のモヤモヤが出始める。そしてウキが馴染みDscf9531切ったら1,2回誘ってから餌を切る、を繰り返すと、あたりも出始めたが、これがさっぱり掛からず。しかぁ~し、今日も出てしまいました「掛かってます」で1匹目は11時半少し前。まあ、何でも掛かればOKでしょう(トホホ・・・)。11時半頃Ⅰ藤さん2号が終わった。トータルで2桁はいったのではないだろうか。お疲れさまでした。私のウキはまだ動き続け、隣が竿を曲げたのと同じタイミDscf9532Dscf9533ングでウキが消し込み2匹目。これは両グルのおかげなのか、それとも「たな」なのか、更には午前中のGTなのか?更に3匹目は白波でウキの視認性がかなり悪い中での、誘った後のチクッ!さきほどまでの両ダンゴは一体何だったのか?12時のサイレンが鳴ってじきDscf9534の12時15分にグルテンを打ち終え、両グルの宙は終了。結果、両グルの宙では実釣1時間10分ほどで3匹。トータルでは実釣2時間50分くらいで4匹。2桁を狙うK林君の足元にも及ばないが、それでも凸スレスレだった事を思えば、まさに世界が変わった?これで少しは気が晴れたかも。さあ、次はどうしようか。一瞬「トロ掛け」も浮かんだが、ここは再度両ダンゴでやってみよう。ただし餌は粘麩・ガッテン・マッハ。さっさと昼食を終え、再開は12時23分だ。すると、これまたすぐにウキに動きが。ただ、今まで通りあたっても掛からず。Dscf9535クーッ、何故なんだ?最初の頃に戻ってしまった感じだ。もちろん餌に手水とコネコネでどんどん柔らかくしていくが、あまりやり過ぎると粘麩のいいところがなくなりそう。それでも1時を過ぎて1匹目ゲット。これでトータルでの第2目標をクリアしたが、昨日はもっと早い時間帯にこれをクリアしていたので、ここDscf9536からが本当の勝負だ。何とかトータルでの第3目標くらいには到達したいなぁ。すると、連荘ではないが、それからじきに2匹目。これは素晴らしい。ひょっとして午後のGTが来たか?すると、1時半少し前に小さくチクッと入るあたりに手を出せば、ギュイーンと糸鳴りするくらいの引きに、やられた(スレ?)かと思いながらも懸命に堪えると、途中もう一方の鈎が尾ビレ辺りに掛かってしDscf9537まい、余計に暴れられてさっぱり寄らず、他のへら師からはスレと言われてしまったが、「たも」に収めればちゃんと鈎を呑んでました。やったぞ3匹目。しかぁ~し、これがなかなか外れず。自慢の指鈎外しではダメなので、本物の鈎外しを出して事なきを得た。これが今日一番のサイズで、おそらく40cmくらいはありそうだ。岡ジャミしていたへら師(名前は知りません)まで見に来てくれた。Dscf9538エッヘン。ウキの動きはまだ続き、1時半を過ぎて4匹目。この調子なら単独での第2目標、更にはトータルでの第3目標も夢じゃない?しかぁ~し、何故かはわからないが、その後はまたもあたりらしきウキの動きに全く合わず、2時17分に無念の終了。結果、再度の両ダンゴでは実釣2時間弱で4匹。トータルでは実釣4時間40分強で8匹。まあ、最初の事を思えば良かった良かったと言いたいところだが、尻すぼみでちょっと寂しさが残るのは否めないか。片付け。今Dscf9539日は「かつての」いつもの場所や旧爆釣ポイントより遥かに過ごし易い時間だった。今後もこちらに入ってみようかな。片付けを終え、皆さんに挨拶して車に戻る。勾配もあり距離もいつもより長めなのに、何故かいつもより楽(と言ってもしんどいが)なのは何故だろう。汗は出なくてもフウフウ言いながら車に戻る。さあ、今日は少し早いがベイシアへゴー!さっさと池を離れた。
 
明日は通院日で竿を出せない。明後日以降は天気が悪いので、8月の釣行は終わった
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2018年8月28日 (火)

雨の予報に撤収も晴れ間@増沢池 with 岡ジャミになったKさん

昨日は行こうと思えば行けたのに行かなかった。で、今日は終日曇りとの予報に、最初は大楽地に行こうと思っていたのだが、さっさと始めたいからと増沢に変更。駐車場着は9時過ぎか。Kさんの車を発見したので、まずは橋まで行って何処に入っているか見てみようと思ったら、橋の上を歩いているではないか。挨拶すると、へら師がいないと言う。さっさとやりましょうと言うと、「かつての」私のいつもの場所に入るようなので、それでは私は旧爆釣ポイントにしよう。車に戻って荷物を降ろす。今日はかなり蒸し暑くて、既に汗びっしょり。Kさんは後から来ると言うので、さっさと池に向かう。柳の木の奥の先客に挨拶すると、底で始めたばかりとの事。深場ワンドにではK林君Dscf9519が貸切だと言っているが、今からそちらに向かうのもしんどいし、Kさんが来るから旧爆釣ポイントは変えず。荷物を降ろして準備開始。汗が止まらない。と、Kさんが何も持たずに降りて来た。あれれ?訊くと、予報では午後から雨になっているから止めたとの事。え~っ、今日は確か曇りの筈ですよとスマホを見ると、ゲゲッ、本当に12時から雨になっている。これは一体どうDscf9518いう事だ?K林君がこちらに来たので、様子を訊くと、先日は遅くまでやって30は出たとの事。スンバラシイ。でも今日は天気もあるし、午前中で止めよう。ただし絶対に1匹は釣って帰ると言う事で、勝負が速そうな9尺の宙にしよう。餌は粘麩・ガッテン・マッハ。K林君は釣り座に戻り、Kさんは岡ジャミで私が1匹釣ったら帰ると言う。かなりのプレッシャー・・・。開始は9時40分。今から大体2時間で餌を打ち切るので、予報通りならギリギリ雨は回避出来そうだ。すると、やはり貸切(へら師はたったの3人)のおかげなのか、じきにウキが動き出した。そして弱くではあるがあたりらしき動きも出るようになる。しかぁ~し、相変わらず掛かりまテン!そうこうしているうちに先客が竿を曲げる。底の方が良かったかと、早くもフラフラする私。それにしても今日の湿気は格別で、風がないのと相俟って顔は幾ら拭いても汗。後ろには厳しい目の岡ジャミもいて、最初からダウン寸前。更には昼前に餌を打ち切るミッションもあって、平常心ではいられません。それでも何とか掛かりました!と思ったら手の平サイズのブルー。こいつにはさっさとご退場頂く。そして、何を思ったのかハリスを20cm+35cmくらいから35cm+45cmくらいに変更だ。すると、確かに最初よりはウキが動くようにはなったものの、掛からないのは同じ。ただ泡付けだけは凄い。これも貸切の恩恵か?先客はもう1匹ゲットしている。厳しぃ~っ!時刻を確認すれば、何と10時20分。見ると深場にはT林さんが定時出社。と、ここで先客の声。道糸が切れたのかウキをロストしたらしい。Kさんがレスキューで私の「たも」で救出。そして私が釣れそうにないと見切って帰った。岡ジャミお疲れさまでした。さて、背後からのプレッシャー?がなくなったせいか、その後しばらくしてやっとあたりに合いました。残念バラシとなったが、今日初めての手応え(ブルーDscf9520除く)だ。すると、開始1時間が経ったジャスト10時40分に今度こそ掛かりましたよ!う、嬉しかぁ・・・。目標達成だぁ。しかぁ~し、ハリスがグシャグシャに絡んでしまい、カットを余儀なくされる。せっかく調子が出かかったのにぃ・・・(いつもの事)。急いで交換して再開すると、何と言う事でしょう、早めの午前中Dscf9521Dscf9522のGTなのか、11時までにポツポツとあたりに合って2匹を追加。これは嬉しいです。さあ、どんどん行こう。しかぁ~し、続いて掛かって来たのはまたも手の平ブルー。しかも鈎を呑んでいて、外すのに難儀。何故調子が出かかるとこうい事が起きるんだろう。しかも、続いてはバッチリの消し込みでも沖に逃げられてのハリス切れ。ガクガクッ。どうやらこれで今日の仕事はお終いか。いやいや、まだGTは続いていて、11時を過ぎてもあたりにDscf9523Dscf9524合って2匹をゲットすれば、嬉しや想定外の第2目標クリア!先客からもKさんがいるうちに見せつけてやればよかったと言われても、私のアームでは無理でしょうか。ウキはまだ動いているが、何となく変な感じでウキがズルズルと沈んで行くのに合わせたら、何とブルーの連荘でガクガクッ×ガクガクッ。このままではへらとブルーが数で並んでしまうかも。と、見ると先客は帰り支度。仕掛けを直したらやる気が失せたらしい。11時半頃帰った。お疲れさまでした。これでへら師は私を含めたった3人となってしまった(最初と変わらず)。さて、その後もウキは動き続けるが、先程までとは打って変わって全く掛からず。何かちょっとした違いによるものなのだろうが、それが分かれば苦労はない。餌に何かを加えるとかハリスを詰めるとかの対応策がない訳ではないが、もう餌が終わりそうなのでやりません(キッパリ!)。そして11時52分に餌が尽きて無事終Dscf9525了。結果、実釣2時間10分で5匹。前回に比べれば御の字でしょう。予定通り片付けを始めるが、空は明るく日も差している。でもスマホでは雨なのだ。12時のサイレンを聞きながら片付けを終え、奥の2人に挨拶して車に戻る。息は上がり汗も噴き出している。おかしいなぁ、空は明るいし、続行すれば良かったのではと今更ながらのタラ・レバも出るが、仕方ない。さっさと荷物を積み、今日はベイシアにも寄らずに帰った。
 
さくらももこさんの訃報にはビックリ。ご冥福をお祈りします。
    ↓        ↓        ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2018年8月27日 (月)

朝日はこんなところまで

先日の続きになるが、朝日ってどうしてこうなんだろう。どこかの国や日本の某政党のように無謬主義なのか?
 
報道しない自由権と言葉の力について 朝日新聞慰安婦強制連行捏造
 
何処まで読者を馬鹿にすれば気が済むのか
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2018年8月26日 (日)

異例の長時間(もちろん私にとって、だが)も効なく@増沢池 with チケットを持って来たザわさん

今日は日曜なので本来は竿を出さないのだが、何とかして回数を増やすべく出掛けました増沢。池に着いたのは9時少し前くらいだが、既に暑い。この陽気ならさぞかしへら師の数も多いだろうと踏んでいたが、車はそんなに多くない。まずは橋から池の様子を覗うと、「かつての」私のいつもの場所にはⅠ藤さん2号、あとは柳の木の奥から深場ワンドの真ん中くらいまでへら師がいるが、10人はいない感じ。それならT林さんの定位置辺りもいいじゃないかと思いつつも、入ったのは旧爆釣ポイント。ちょDscf9501Dscf9502うどⅠ藤さん2号が柳の木の奥と話中だったので、まとめて挨拶。さあ準備しよう。汗が滴る中釣り台をセット。さてどうしよう。右のⅠ藤さん2号はいつものように6.5尺底で8匹をゲットしている。よし、それなら私も9尺の底から入ってみよう。餌はいつものバラグルセット。ささっと底を取っての開始は9時22分。しかぁ~し、ウキはしばらくすると返すようになるが、一向にあたらない。隣でⅠ藤さん2号はポツポツと竿を曲げ、早くも「つ」抜け達成。裏山鹿~。私の方も10時近くになってようやくそれらしき動きが出始めた。が、あたってもカラでトホホ。T林さんは定時出社。と、その時深場からザわさん登場。頼んでおいた、9月に行われるジャズバンドのライヴのチケットを持て来てくれた。と、その時ウキが馴染み際であたり!あっと思ったが合わせられず。Dscf9503しかぁ~し、底に着いてから再びあたりが!そして掛かりました。う、嬉しかぁ。今日は凸必至かと思いきや、何とか救われたので、まずはホッ。さあどんどん行こうではないか。しかぁ~し、しかぁ~し、そこからがさっぱり状態。ウキは動きまたあたりらしき動きも見せるのだが、見過ごしたり手が出なかったりと、まさに「アカン!」状態に。両グルにしてみたり両ダンゴもどきにしてみたりと一応の対策?をしていると、11時を過ぎてようやく掛かりましたよ!放流でも1匹は1匹。Dscf9504_2Dscf9505文句を言うと叱られますよ(誰に?)。すると次の一投でもあたり、そして連荘で放流。やっと午前中のGTに間に合ったか。しかぁ~し、私のGTは2匹と相場が決まっているのか、その後は再びのシーン状態。しばらくしてグルテンが尽きたのを機に、車に戻ってチケットを受け取る。そしてザわさんは帰宅。岡ジャミお疲れさまでした。ちょっと息が上がったが、釣り座に戻り、残ったバラケで両ダンゴもどき。すると、再開第一投でウキDscf9506が返したと思ったらチクッ!でやった4匹目ゲットだ。まさにGTさまさま。第2目標にリーチ!しかぁ~し、残念餌がもう終わる。11時55分に終了だ。結果、底では実釣2時間半で4匹。最近では良い方ではないか。Ⅰ藤さん2号はあたらなくなったと宙に変えたが、しばらくして見たら底に戻っていた。さDscf9507て、次は宙なのだが、9尺の宙の仕掛けは「トロ掛け」になっているので、それでは「トロ掛け」をやってみようかな。餌はガッテン・マッハのバラケとベイシアのトロロ。「たな」は仕掛けのままで再開は12時14分。すると、数投でウキが動き出し、ズバッ!というあたりまで出るようになるが、カラ。でもグーンとやる気が出たぞ。と、それからじきに再びのズバッ!でやった早くDscf9508も1匹目ゲットだ。トータルでの第2目標クリア。しかぁ~し、「たも」の中で、食っていた下鈎ではなく上ハリスが切れていた。急いで交換すると、12時Dscf9509半少し前に再びズバッ!で2匹目。こんなあたりで釣れるのなら、「トロ掛け」万歳だ。その後12時Dscf9510半を過ぎたところでまたもズバッ!で3匹目。これこれ、この調子で行きましょう。4匹Dscf9511目はやや間が空いたものの、1時前にやはりズバッ!早くも単独での第2目標にリーチ!と、ここまではそれほど文句が出る展開ではなかったのに、そこから状況がやや悪化。しかもズバッ!でまさかのハリス切れ。急いで交換したらハリス段差がやや広めになってしまったのをそのまま使っていたら、ウキが動かなくなってしまったではないか。ハリス段差って結構シビアなんだね。で、2cmくらい詰めたらウキの動きが復活し、またもズバッ!しかぁ~し、何故かまたもハリス切れ。急いで急いで交換したら、オヨヨまたも段差が広がってDscf9512しまったではないか。それをそのまま打ち続けると、思った通りウキの動きが悪くなったので、再度段差を詰めたら2時少し前にズバッ!でようやく5匹目。4匹目から約1時間が経っている。ふ~っ・・・。しかぁ~し、「たも」の中で暴れられて痛恨のハリス切れ。今日は一体何本ハリスを替えたのだろう。これDscf9513また急いで交換したら、2時を過ぎて、何と「掛かってます」で6匹目。遂にトータルでの第3目標に到達したぞ。隣のⅠ藤さん2号は帰った。数を増やせたかどうかは不明。後半はだいぶ手こずっていたようだ。お疲れさまでした。さて、時間的には最近早めになっている(個人の感想です)午後のGT、まだまだ釣れそうな気がするぅ♪しかぁ~し、あたりはあっても掛からず2時24分にトロロがDscf9514尽きて終了。結果、「トロ掛け」では実釣2時間10分で6匹。とにかくトラブルが多かった。さあ、トータルで5時間近くやったのでもう終わってもいいが、今日は何故かやる気が残っている。で、やってみたかった両ダンゴで「有終の美」を飾ってみよう(オイオイ)。まずはへらスイミー・ガッテン・マッハのダンゴを作ってから仕掛けを直し、ハリスを18cmくらいと30cmくらいにする。そして同じ「たな」での再開は2時32分。今日もベイシア詣でが予定されているので、出来るだけテンポ良く餌を打って行こう。もちろん餌に手水とコネコネで段々柔らかくしていくつもり。さて、餌打ちを始めるとじきにウキがモヤモヤし始めた。これは爆釣の合図?しかぁ~し、そこから先は厳しい~っ!の一語だった。まずはズバッ!あるいはスッあるいはチクッとあたりらしきウキの動きに合わせてみても一向に掛からず。餌は手水にコネコネで柔らかくまた多少の粘りが出て来たが、それでもカラでう~ん・・・と唸ってしまう。しかも掛かったかと思えばバラシまたはハリス切れで、全くいいところがないまま3時。何度となく交換したので、ハリス長はおそらく20cm+35cmくらいになっている。やらなきゃ良かったとタラ・レバ満載になるが、いずれにせよ餌を打ち切らないと帰れまテン!それが省資源釣法(キリッ!)。トラブルにめげる事なく?とにかくあたりらしきウキの動きに積極的に合わせて行く(人呼んで闇雲流)と、Dscf9515地合がグーンと良くなる3時半近くになってやっと1匹出ましたよ。ただ、ホッとする反面、釣れないなら釣れないままで終わった方が「きよきよしい(清々しい)」のではとの思いもあったので、1匹出ても複雑な気持ち。どうだろう、もう1匹くらい釣れれば気持ちも変わるかも。しかぁ~し、いよいよ餌を打ち終える4時少し前になって、今更のズバッ!で糸鳴りの凄い引きに遭遇。多分スレなんだDscf9516ろうから、バラすなりハリス切れになればいいのに、これが一向に切れず外れず。腕がどうにかなりそうなのを懸命に堪え、やっと「たも」に収めると、悔しや今日一番のサイズなのに腹ビレにスレ(予想通りでもガクガクッ)。それからじきに餌が尽き、4時5分に無念の終了となった。結果、両ダンゴでは実Dscf9517釣1時間半で1匹!トータルでは実釣6時間余で11匹。残業は不要でした(手当は付かないだろうな、おそらく)。片付け。左隣は2時半頃帰った。20に到達したようだ。スンバラシイ。気温はどんどん上がって片付け中に汗ばむくらい。何とか終えて車に戻る。ハアハアと息が切れる。さあ、さっさとベイシアへ向かおうではないか。そして涼もう。さっさと池を跡にした。
 
今日の午後、池の上空をドローンがホバリングしていた
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

«やっと台風が去った