2019年2月19日 (火)

雨が降っている

今日は予報通りの雨。
で、通院後にザわさんから教えられたパン屋さん「ショパン」に寄ってみた。
結構大きな店で駐車場も広いのだが、残念今日は定休日!ガクガクッ・・・。
それではと、これも気になっていた「コヨミパン」さんに寄ろうかと思ったら、なんとこちらもお休みだった。ガクガクッ×ガクガクッ・・・。
明日は風が強い予報なので、釣りではなくパン屋さん巡りでもしようかな。
 
話は変って、ネット接続でダウンロードのスピードが激遅になる事がままある。無線LANなので、それでは有線にしてみようと思ったが、それほど変わらないようだ。ただ、パソコン内で何かが起きているのかもしれない。
ひょっとして危ないサイト?を見に行った報いなのかもしれない。やれやれ・・・。
 
あまり楽しくない話題だが、こんなのはどうだろう。
 
日本から醤油製造の秘密を盗んできた醤油
 
イチゴの話でもあったように、日本人のお人よしに付け込むかの国の輩。「人を見たら泥棒と思え」のことわざは今こそ大事なのかもしれない。
 
最近はいろいろと散財する事が多くなった。カード払いなのがよくないのかも
    ↓        ↓        ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2019年2月18日 (月)

運がいいやら悪いやら@大楽地

やっと大楽地に行く気になったのは、好天で風が弱いとの予報から。いつもよりかなり早く家を出たつもり。9時過ぎに到着。駐車スペースには3台。さっさと荷物を降ろして池に向かうと、先客3人は皆さん右岸の桟橋(釣り台)に入っている。挨拶をしそびれたので、ちょっと重い感じでいつものバルブそばに入る。しかぁ~し、虫がわんさか飛んでいるぞ。もっと左に寄れば何とかなりそうだが、まあいい、そのままで。予報通Dscf0101_2り晴れ上がっていて風もそこそこ。だが先客からは1時間以上打っていてウキが動かないとの声。気にしても仕方ないとは思っても、やはり気になる。竿は15尺でバランスの底。餌はいつものバラグル。何かにせっつかれたのか、ささっと底を取っての開始は9時49分。今年初めての大楽地、引佐天池のように結果が出ればいいのだが。すると、何と言う事でしょう。まだ10投もしないうちにウキが返したではないか。まさかへらが寄ってる?餌が抜けたという事も考えられるが、自慢ではないが私の餌はそんな簡単には抜けません?じゃあ、やっぱりへらか。すると、しばらくしてウキがズルッと入ったではないか!慌てて合わせるがカラ。でも、この調子ならじきに釣れそうだ。しかぁ~し、その後はたまにウキが返す事があってもその後がない。更にウキが馴染んでいく途中でモヤモヤしたり、馴染んですぐに返したりと、これは絶対にいるでしょう。しかぁ~し、全くあたらない。開始1時間が過ぎて底取りをやり直したが、その後も状況は同じ。ウキ下の微調を繰り返してもどうにもならない。11時を過ぎて、ここは「ドボン」で行くでしょう。ささっと(またか!)オモリを追加して再開だ。しかぁ~し、ウキはピクリともしない。先客は1人竿を曲げたが、もう1人はバラシの連荘。一番奥の人は不明。そして手前の2人が11時半頃に終了。ポツポツと帰った。そして12時のサイレン。最早どうしようもない。間違いなく凸まっしぐらだ。おまけに背後から冷たい風が吹いて来て、心まで冷えて来Dscf0102たぞ。よし、今日は凸覚悟でやりたい釣り方でやろう。12時22分に一旦終了し、トイレタイムと昼食。それから竿はそのままでウキと仕掛けを交換。そうです、両グルの宙をやるんです。何故かというと、2回くらいへらが跳ねたから(オイオイ)。餌はいつものグルテンとガッテン・マッハのバラケを少々。私の準備中に先客の3人目も帰り、池には私一人になってしまった。貸切だから釣れる訳でもなさそうな雰囲気なので、後は池に落ちるとかないように気を付けるだけか。少し深めの「たな」で再開は12時38分。まずはいつも通り打つ・打つ・打つ。しかぁ~し、というか当然というか、ウキは動かず。まあ、大体こんなものだと最初から分かっていたので、「たな」を上下しながらウキが動くところを探って行くが、2回ほどウキが動いた気がした(あくまで個人の感想です)が、あっという間に1時間が経過。で、ここはいつも通りに「ナンチャッテ」へと移行しよう。そうしよう・・・。これもあまり期待せずに、ただ餌を打ち切るのが主目的。しかぁ~し、数投でウキが返した?これはあたるかもと、午前の事はすっかり忘れた様子でウキを見つめると、2時近くにDscf0103なっていきなりウキがズルッ!やったと合わせれば掛かりました!う、嬉しいゾ~ッ!あたるとは全く想定していなかったので、嬉しさも一入(ひとしお)だ。黒々とした地べらで、35cm以上はある。よし、それならちゃんと底を取ってやれば、もう1匹くらいは釣れるかも、と底取りすると、あれれ「ナンチャッテ」より深いぞ。これは一体どういう事だろう。まあいい、適当なのは「ナンチャッテ」も同じだから。で、そのまま再開すると、しばらくはウキが返す事があったもの、その後はシーン。それなら午後のGTに期待しようと思ったが、特に何もないままに時間だけが過ぎ、2時50分に餌を打ち終えた。結果、午前中はノーあたり。午後は「ナンチャッテ」で1匹と、かろうじて結果が出た。O合さんに言わせれば、運がよければ釣れると言う事か。実釣は4時間40分だった。片付け。う~ん、この池Dscf0104Dscf0105雰囲気は釣れそうなんだけどなぁ。餌の周りに寄っては来ても、肝心の鈎は食わないんだな、これが。次回は「段底」でもやってみようか。片付けを終え、咲いている桜を撮って車に戻る。今日はベイシア詣でもないので、代わりにシャトレーゼにでも寄って行こう。そうしよう、・・・。そそくさと池を跡にした。
 
次は何処の池に行こうかな
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2019年2月17日 (日)

これが驚かなくて何に驚くのか!

日をまたいでパソコンの前にいる。
またもや驚きの記事を見つけたのでご紹介。
 
言ってはいけない!「日本人の3分の1は日本語が読めない」
 
スマホをいじっていてもⅠTのスキルは低いと言う事か

P.S.調査の例がここにある。これはなかなか難しいぞ。
 
OECD 生徒の学習到達度調査
 
月曜には竿を出すぞ!しかも増沢以外で?
    ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2019年2月16日 (土)

とんびが鷹を生むって自分から言う事?

日付が変わる前に是非とも載せたかった。
 
韓国の女性アナウンサー「私の父は肉体労働をしています!」と勇気ある告白→韓国大発狂
 
なんじゃこれは?コメント欄も見てね。
 
かの国って一体・・・
    ↓
 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2019年2月14日 (木)

同窓会名簿

Img_20190214_180323Img_20190214_180351高校の同窓会名簿が届いた。
歴史ある高校なので、名簿も上下巻に分かれている。
私はまだ若い方だと思っていたので、下巻を懸命に見たが、ない。
何と下巻は平成がメインだった。私は古い方なんですね。トホホ・・・
懐かしさで一杯になったが、逝去と書かれている方々が意外に多かったのにはビックリ。もうそういう歳になったのかと、ちょっとショックだった。
 
明日は曇りで今日より寒そうだが、風がないという(ホント?)
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

曇りでも風が弱いというから出掛けたのに@増沢池

相変わらず寒い日が続いているが、今日は予報によると曇りがちでも風が弱いらしい。で、それなら長めの竿を出してやってみるのもいいかなと、通院日であるにも拘わらず予約の後に増沢へゴー!遅くとも10時には始められるので、絶対終了時刻の2時までには4時間ある。きっと何かしら釣れるだろうと甘い観測で駐車場到着。O合さんの車以外にはちょっと分からない。不定期便の後に荷物を降ろして池に向かうと、ゲゲッ、湖面には波が出ているではないか。曇っていてかなり寒い。それでもへらDscf0094師は数人。看板横にはラジオの人(後で2人追加)。先に進めばO合さん。その先にはダム?そばまでに2人(後でもう1人)、対面深場にも1人いる。あまり釣れそうな雰囲気はなさそうだ。挨拶していつもの場所に入り、予想外の波ではあるが、予定通り18尺を出す。仕掛けが鳳来仕様になっているので、ウキと鈎を交換して餌落ち目盛も取り直す。餌はいつものバラグル。ちょっとモタモタした感じで開始は9時57分だ。う~ん、9時半頃に始めたかったが、仕方ない。それにしてもモーメントの関係で竿が重い。風もあって思うところに振り込めないので、オーバースローを多用するが、それでも(トホホ)。しかも、結構な風・波でウキがドンブラコ。更には白波も出て来てウキの視認性がかなり悪化。最初からやる気がなくなってきたぞ。それから懸命に目を凝らすと、1回だけウキが餌落ちまで返す事があったが、その後は特に何もなく、ウキの視認性も改善されないまま時間だけが過ぎるお約束の展開。しばらくしてT林さんがやって来たので、おそらく11時頃。前回よりはバランスの底で粘ったつもりだったが、そろそろ「ドボン」の誘惑に勝てなくなって来た。11時を過ぎたら「ドボン」にしよう。そうしよう(以下同文)。そして11Dscf0095時過ぎにオモリを追加してウキの出具合を調整していたら、何とあたりもないのに掛かりました!ほぼ空鈎なのに・・・。おそらくは鈎に残ったグルテンカスに反応したのだろう。そう言えば奥の方から、準備中の空鈎に掛かったと言う声が開始早々に聞こえて来たなぁ。私には関係ないと思っていたが、まさか当事者になるとは。まあいい、1匹は1匹。これで今日は絶対終了時刻を遵守出来る(まさか残業する気だったの?)。こんな寒くても午前中のGTがあるのか、それからDscf0096しばらくして白波の中ウキが小さく入った気がして合わせると、やった2匹目ゲットだ。これなら午前中で終わってもノー・プロブレム。O合さんからは、今日は5匹のペースだと言われるが、まさかそこまでは行かないでしょう。O合さんがトイレタイムに行った時に岡ジャミKさん登場。しかぁ~し、あまりに寒いので私が1回カラツン(ツンではなくズルッですが、何か)を出したのを見て帰った。お大事に。O合さんが帰って来てから早めの昼食を済ませ、私もトイレタイムに。相変Dscf0097わらず息も絶え絶えで往復。呼吸を整えながら再開すると、何と第一投でウキがズルッと入れば3匹目ゲットだ!ちょうど12時のサイレンが聞こえて来た。O合さんは昼食休憩。私は続行すると、ウキが小さく上下したが、手が出ず(ガクガクッ)。休憩中のO合さんから、今のはバランスの底だったら間違いなくいいあたりだったと言われたが、まさしくその通り。でも空合わせをする事なくDscf0098辛抱強く待っていたら、スパッ!とウキが消し込んで4匹目。オイオイ、こんな具合でいいのか?釣れ杉?予想もしなかった第2目標にリーチとなり、午後になって湖面が落ち着いて来たので、余裕でバランスに戻すという選択肢が出て来たが、まあこのままでいいか。ただ、午後になっても気温が上がらないのか、朝方より寒さを感じる。下手をすると風邪を引くかも。今日は充分釣れたので、さっさと餌を打ち切って終わらなければ。すると、12時半近くになって再びのズルッ!遂Dscf0099に第2目標クリア!しかぁ~し、鈎を呑んでいて外れずハリス切れに。ここまで来たので即終了としても良かったのだが、人間の欲には限りがない。もう1匹、いや2匹とハリス交換して再開するが、GTは既に終わったのか、全くウキが動かなくなる。対面T林さんからもウキが動かないとの声が聞こえてくる。そして1時頃に餌がいよいよ後3投分。すると、馴染んだウキが何故か1目盛入ったままで動かない。まさかと合わせてもカラ。更にラス前ではウキがズルッと入ったものの、竿から手を離していたせいかどうかは分からないがカラ。これが午後のGTのやり方かっ!そして最後の一投では待ちに待ってみたがあたらず、1時10分に終了Dscf0100となった。結果、18尺のおかげかどうかは不明だが、バランス「ドボン」と併せて実釣3時間で5匹。この寒さの中出て来た私への神様からのご褒美と喜んで受け止めよう。片付け。急にトイレに行きたくなって来たが、堪えて片付けを終える。そしてO合さんT林さんに挨拶して車に戻る。我慢我慢だ。今日は風が弱いというそれだけでやって来たが、予想が外れて難儀した。でも結果が出たのでまあよしとしなければ。片付けを終えると、まだ1時半過ぎだ。やれやれ、気持ちに余裕が出来たので、帰りに「秋桜」にでも寄って行くかな。そろそろと池を離れた。
 
明日は用事で竿が出せません。来週はどうかな
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2019年2月12日 (火)

河津桜も咲き始めたというのに@増沢池

今日は快晴でも風が強いとの予報。いつもなら竿を出すのは見送るのだが、今日は何故かゴー!通院帰りに増沢へと向かった。池に着くと、O合さんの車以外には咳払いくらいしか分からない。あまり人が来ないのは、やはり釣れていないからでは?それでもさっさと荷物を降ろして池に向かうと、途中でO石さんと遭遇。お久し振りです。橋の上から河津桜が一部咲いているのが見える。このところの寒さで、まさか咲くとは思っていなかったので、ビックリ。確か前回ここに来た時には蕾だったと思うが、いDscf0087Dscf0088つもより早くないか。坂を下りると、日向側浅場に咳払い。そのまま遊歩道に入れば、O合さんまで誰もいない。なんだか不安になって来た。へら師はあと、対面深場とこちら側ダム?そばだけ。私はいつもの場所に入るぞ。そして15尺バランスの底で餌はバラグル。準備中にO石さんがやって来て、私とO合さんの間に入った。さて、風と波Dscf0089で底取りに手間取ったものの、開始は10時39分。大体2時半に終わるとして、実釣4時間か。まあ1匹くらいは釣れるかもね。しかぁ~し、予想外に強い風・波でウキが流される。おまけに風向きがアゲンストなので、これはアキマヘン。O合さんとO石さんは12尺か。そんなに風・波の影響はないみたいだ。しばらく打っていたが、あまりのひどさに早々と「ドボン」へと逃げる事にする。大体11時頃。仕掛けが「ドボン」OKなので、オモリを追加してウキが3目盛くらい出るように調整して再開するが、状況は変らず(トホホ)。対面深場にいたのはⅠ川さんという人らしい。この人は途中で8匹釣ったというのが聞こえて来てビックリ。話相手のダム?そばの人も4匹とか。裏山の鹿がごそごそと出て来たぞ。11時15分頃にT林さんが巡回にやって来て、こんな風の強い日に来るとはと揶揄われた。だがしかし、T林さん効果も午前中のGTもないままに11時半を過ぎた頃、ウキがモヨ~っと入った気がして合わせてみたが、手応えなし。果たしてあたりだったのか?それにしても「ドボン」とはいえウキの動きがほとんどないのは辛い。午後になったらバランスの底に戻し、さわりが出たら「ドボン」にしてみる事にする。トイレタイムの後しばらくして12時のサイレン。ささっと昼食を摂り、幸いやや湖面が穏やかになったので、仕掛けを戻して再開。しかぁ~し、やはりダラダラと流されてしまう。O合さんO石さんはずっと静かだったが、O石さんが1回あたりを見たようだ。午後は多少粘ったものの、やはりウキがダラダラ流される(トップが視認性重視の太いものなので・・・)ので、1時頃に再び「ドボン」に変更だ。ちょうどギラギラタイムがやって来たが、何とか見えるぞ。すると、何と言う事でしょう、しばらくしてウキがチクッと入ったではないか。慌てて合わせたら、やった掛かりましたと思った瞬間のバラシ(かじったと言うべきか)でガクガクッ。更にしばらくすると、今度はウキがビヨーンとボディが出るくらいまで返した!これは食い上げ?慌てて合わせたが、これがカラでガクガクッ×ガクガクッ。ただ、午前中よりはウキが動くようになった気がしてならない。O石さんから午後のGTは2時からと言われ、もうすぐもうすぐと気持ちを盛り上げると、またもウキがチクッ!今度こそと合わせたら、掛かったものの寄せる途中でまたも外れた。クーッ。元々2時間くらいで使い切る予定で作ったので、さすがに餌がもうない。少し早めでも終了しようかと思ったが、お二人からまだ時間があるから餌を小一時間くらい作ってやれ!と言われ(嘘嘘、嘘ですよ)、私も凸のまま終わるのは癪なので、α21+わたグルを作る。そして一旦トイレタイムとし、2時少し前に再開だ。さあいよいよ午後のGTか?しかぁ~し、ウキが特に動き出す事もなく、気が付けば2時半頃。見るとO石さんが片付けの真っ最中。あれれ、もう終わるんですかと言った後、ウキに視線を戻すと、ウキがない!慌てて合わせれば、やった今度こそ三度目の正直で掛かったでしょう(丸尾スエオ君風に)!しかぁ~し、しかぁ~し、確かに口に鈎が入っていると思った(O石さんも確認済)のだが、「たも」を出す前に外れた・・・多分唇ではなく上顎に刺さっていたのだろう。O合さんから、余所見で合わせが遅れた分だけ鈎が奥に入ってしまったのではと言われ、ガクガクッ×ガクガクッ×・・・。今日はこれで終わり。凸の予想はほぼ当たった。O石さんは帰った。お疲れさまでした。O合さんも片付けに入り、深場の先客も帰ってしまっては、へら師は私とT林さんの2人だけになってしまう。と、3時を過ぎDscf0090て岡ジャミをしていたO合さんが帰ろうとするその時に、またもあたり!しかも今度こそ掛かったでしょう!ただ、ギラギラが目に入って食っているのかどうか分からない。懸命に寄せると、O合さんから腹にスレていると言われ、ガクガクッは何回掛けても足りないくらい。あ~あ、私も終わろうかな。O合さんも帰った。お疲れさまでした。さあ、早く餌を打ち切って終わろう。もDscf0091うどうでもいい。しかぁ~し、それからしばらくして、今度こそのチクあたり(「ドボン」なのに?)で4度目の正直、掛かったでしょう。ただ、引きが今一つ。上がって来たのは体高があってグーだが、放流チック。対面T林さんから文句を言うなと言われ、仰る通りです。ただ、やっとの思いで凸解消となったぞ。もう餌を打ち切るだけだ。いや、これが遅れて来た午後のGTDscf0092だったのか、ラス前々の3時半間際にまたもチク(何故だ?)で「上がりべら」ゲットだ。これは地べらです。やれやれ、両目まで開くとは嬉しいの一語。そして3時35分に餌を打ち切って終了となった。結果、実釣4時間半で2匹。残業手当は出ました。ブラック企業ではありません。片付け。いつもより遅くまでやったので、グッタリだ。片付けの途中でT林さんの声。やや、Dscf0093先に終わったか。お疲れ様でした。遂に池には私一人となってしまった。気を付けて帰らねば。しかぁ~し、車に戻って荷物を積んでいたら、T林さんが話し掛けて来た。まだいたんですね。今度こそのお疲れさまでした。さあ、今日はベイシア詣でをしなければと、さっさと池を離れたが、ベイシアでまたもやT林さんに遭遇。再度のお疲れさまでした。
 
最近は体力がとみに落ちて来たので、連荘の釣行はキツそうだ
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2019年2月11日 (月)

とりあえず見てみたらどうだろう

寒くて竿を出せず、またもパソコンの前。
そんな中、またまたこんな記事を見つけた。
記事そのものよりも、スクロールしてその下の方の「みそっちのソウル紀行」⑦を見てみたらどうだろう。
気分が悪くなるかもしれないので、あくまで自己責任で。
 
買ったマルチーズが糞を食べるから返金してよ
 
明日は竿を出せるかな
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2019年2月10日 (日)

I Need To Be In Love

youtubeで見つけたもの。
いやぁ、綺麗な声で歌もうまい。本当に心癒される感じだ。

しっとりとした歌声。個人的には本家を上回る気がする
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2019年2月 9日 (土)

分かるかな?

私が最近見に行く事が多い「よもぎねこです♪」で、以下の記事があった。
 
世話になったからこそ韓国人は反米になるのだ

いつも視点のユニークさに感心させられるのだが、今回もなかなか。
私もこれくらい文才や洞察力があれば、アクセスももっと増えるのに。って、んな事ないか。
 
来週は増沢でも大楽地でも行きたいなぁ
    ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2019年2月 7日 (木)

行き先を変えた結果は吉とでたか@引佐天池

今日は晴れて風も弱い絶好の釣り日和。実はさっさと大楽地に向かう予定だったのだが、家を出たのがやや遅かったのもあって、途中で行き先を引佐天池に変更。釣れるか釣れないかは情報がないので不明(大楽地も同じですけど)だが、大楽地よりは早く始められるだろう。池に着くと先客は堰堤深場に2人だけ。この陽気でもこれだDscf0081け?ヤバイ、凸まっしぐらの予感。それでもやらなければ。遊歩道入口付近に車を停めて荷物を降ろし、池に向かう。バサーが2人。先客の中に多分前に私に近くで宙をやるなと言った爺さんがいたので、私はオーバーフロー左に入る。さあ準備だ。湖面は凪いでいるので何をやっても良さそうだが、まずはバランスの底から行こう。竿は15尺、餌はいつものバラグルだ。ささっと底を取っての開始は10時9分。右からはウキが動かないとの声が聞こえてくるが、真に受けていいのだろうか。様子を見ながら餌を打ち続ける。ウキ下を微調して馴染み具合を調整するが、確かにウキは動きません、動きませんよ(2回言いました)。O合さんではないが、さわりさえも出ない状況に早くも諦めが。そしてビックリするくらいに早く11時を迎える。次第に風・波が出始めて、何処からかゴミがやって来た。そして上空雲が多くなって体感温度も下がり気味に。しかぁ~し、シモッたウキがチクッと入ったのを確かに見た!そして合わせた!が、カラ。う~ん、あたりではなかったか。すると、その後ウキが返すようになったのだが、それはおそらくバラケを柔らかくしたから。へらが寄って来たとは思えない。11時半近くになって、何故か先客2人が中座。昼食を買いに行ったのか?すると、ちょっとの間下を向いていて顔を上げたら、Dscf0082ウキがズルッと入ったところだった。慌てて合わせると、やった掛かりました!ただ、スレかも。いやいや大丈夫でした。う、嬉しかぁ。とにかく凸を脱したのが何よりだ。サイズもここの平均35cmくらいある。しばらく余韻を噛み締めたいが、それよりも2匹目をゲットしよう。しかぁ~し、そこから先がないのは何処の池でも同じか。では、12時のサイレンが鳴ったら「ドボン」に変更しよう。そうしよう(以下同文)。と、その前に早めの昼食。先客が帰って来て12時のサイレン。結果、バランスの底では実釣1時間50分で1匹。よし、次は「ドボン」だ。仕掛けが「ドボン」に流用出来るようになっているので、オモリを追加してささっと再開。しかぁ~し、ウキは静かなもの。と、いきなりのウキがズルッ!やったと喜ぶが、残念バラシでガクガクッ。これで場が荒れてしまったか。いやいやそんな事はDscf0083ありません。12時半近くになって、ウキが1目盛チクッ!まさかと思いながらも合わせれば、やった2匹目ゲットだ。まさに「ドボン」さまさまと言ったところか。だがしかし、その後は再びのシーン状態。風・波は相変わらず出ているものの、視認性重視のウキを使っているのでだいじょうブイ。すると、今度は1時を過ぎたところでウキがズルッ!よし3匹目ゲットだ!Dscf0084しかぁ~し、寄せる途中で目にスレているのが分かり、ガクガクッ。あのあたりで目にスレるのか・・・。先客は静かにへらを引っ張っているのかもしれないが、釣れているかどうかがさっぱり分からない。バラケが尽きたので両グルにして第一投。すると、またもウキがズルッ(ズバッ!Dscf0085でも良さそうだが・・・)で3匹目。これは嬉しいの一語。「ドボン」にしてからあたりだけで4回も出ている。これがバランスだったらどうだったか。バランスで続けていた方が面白かったか・・・。いやいや結果が出たのは「ドボン」なのだから、これが正解なのでしょう。タラ・レバは言っても仕方ないし。その後、両グルではウキが1回も動かないままに1時38分に餌を打ち終える。体感温度はかなり下がっている。結果、「ドボン」では実釣1時間40分で2匹。トータルでは実釣3時間半で3匹かぁ。どうだろう、行き先を変更したのは正解Dscf0086だったのかな。まあ、凸でなかったのが良かったとしておこう。それにサイズも増沢よりグーだったし。片付け。バサーはトータルで5人くらいやって来たが、いずれも結果を出せなかったようだ。片付けを終え、車に戻る。最近は短時間の竿出しでもかなり疲れる。体力が相当落ちているのではないだろうか。それでは帰りましょう。そうだ、途中で「秋桜」にでも寄ろうかな。さっさと池を離れた。
 
P.S.「秋桜」は3月末で店頭販売を終えるそうだ。ただし、金曜だけは販売を続けるとの事。
 
今週はこれで竿を出す事はないだろう
    ↓        ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2019年2月 6日 (水)

こんな考えがあるのか

私がよく見に行くサイトに、こんな記事があった。
 
人を差別する権利はあるのか?

人が頭の中で何を考えようと、それを咎めたり罰したりする法律はない。実際に行動に移さなければ。
でも、人間だから?確かに頭の中では、言葉に出してはいけない考えが過る事があるような気がするのだが、文章にされてしまうとちょっと抵抗があるなぁと感じてしまう。
これは私が、今流行りのポリコレに毒されているからなのかもしれない。ホント、ポリコレって怖いよ
 
明日は竿が出せるかも
    ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2019年2月 5日 (火)

本日はお日柄も良く@増沢池

やっと私が出掛けられるような陽気になったので、通院帰りに増沢へゴー!もちろん前回の凸の恨み?を晴らすため。ただ、予報では晴れでも上空雲ばかりで、雨にならないか不安だ。駐車場着は10時頃か。O合さんは来ているようだが、KさんやOさん、O石さんの車はない。少し遅れ気味なので、さっさと荷物を降ろして池に向かう。橋の上(かみ)には看板横に1人と浅場ワンドに1人。遊歩道を進めば、多分午前中で帰る人。対面には深場ワンドに1人。更に進むと、私のいつもの場所とO合さんのDscf0071間には、前回「ドボン」で爆釣?した人。挨拶してお二人に様子を訊くと、O合さんはいつもと同じ返事。昨日は強風の中1匹出したそうだ。もう1人は今日も「ドボン」でまだ準備中か。旧流れ込みからダム?そばには2人。さあ準備するとしよう。今日は「段底」か「ドボン」を考えていたが、準備中にO合さんは竿を曲げた(残念スレバラシ!)のを見てバランスの底に変更。これでダメなら、その時こそ「ドボン」だ。15尺の仕掛けを変更。餌はいつものバラグルセット。曇ってはいても湖面が凪いでいるので、底取りをささっと済ませての開始は10時36分。いやぁ、遅れたなぁ。2時半までやっても4時間かぁ。しかぁ~し、第一投でウキが入った!ような気がして合わせてしまったが、カラ。でも、これは釣れるかもとやる気が湧いて来た。しかぁ~し、あっという間に11時。ここでKさん登場。今日は通院帰りにちょっとだけ岡ジャミに寄ったようだ。それからじきにT林さんが巡回にやって来た。天気のいい日にだけ来ないように言われたが、無理です・・・。時間的にもT林さん的にもそろそろあたりが欲しいところだが、それは無理な要求。ただ、私の左の先客は2回竿を曲げて帰った。裏山の鹿がそろそろ。さて、やはり多少は午前中のGTと関係あるのだろうか、11時を過ぎてウキが返すのが見えるようになった。ただ、あたりらしきウキの動きが2,3回あったものの手が出ず。ガクガクッ。更に11時半を過ぎて無理矢理合わせたら、スレバラシでガクガクッ×ガクガクッ。今日もこのまま次第にウキが動かなくなって終わるパターンなのかと、気持ちが萎えて来た。しかぁ~し、12時近くになって、またもあたりらしきウキの動きを見逃してシマッタと思っDscf0072ていたところに、ウキがグーンと上がって来た。食い上げ!これだと合わせれば、やった掛かりましたよ。今日はこれで安心して帰れるぞ。O合さんともう1人は相変わらずウキが動かないらしいが、竿の長さが違うだけでは?そして12時のサイレンを聞く。飯だ飯!釣りはお休みにして昼食。今日は初めて弁当を作って来たので、早速頂くとするか。保温タイプの弁当箱ではあるが、かなりぬるくなっていた。が、それでも美味い、美味いですよ。荷物にはなったが、これだDscf0073けでも今日は嬉しいのに、結果も出たとあれば万々歳だ。それからトイレタイム、そして再開は12時25分。どうだろう、午前中とは状況が変わったかな?すると、12時半を過ぎていきなりのあたり!やった2匹目。更にO合さんが竿を曲げたのとほぼ同時にあたりが出たが、残念鱗でツーショットにはDscf0074ならなかった。あ~あ、バラシで場が荒れたか。いや、1時近くになって3匹目ゲット。両目が開いただけでも嬉しかったのに、今日は一体どうしたのだろう。前回も天気は今日のように穏やかだったが、あたりは1回も見れなかったのだ。1時を過ぎてもウキの動きはなくならない。が、何故かあたりらしきウDscf0075キの動きを見送ってしまうのだ。釣りたくないのか?しかも、これだと思ったあたりがアッパーとなっては、今日はこれで終わりか。まあ3匹出たから良しとしてもいい感じだが、まだ餌があるので何とか第2目標まで行かないかな?かなり少なめに作った餌だが、あまりにウキを見つめる時間が長いせDscf0076いか、あと1時間くらいはありそうだ。すると、何故かは分からないが、じきに4匹目をゲット。今日は一体どうしたのだろう。そうそう、午後になって上空雲が取れたら、一気に暑くなった。汗ばむくらいだ。ただ、それとへらの活性との関係は分からない。1時半を過ぎてあたりの連荘!が出たのだが、1回目で遂に第2目標クリア。「ドボン」の人は1回もウキが動かなかったと言って終了しDscf0077Dscf0078た。前回とは全く逆の展開になったが、私には何故か分かりまシェン。もし「ドボン」をやっていたら同じような結果になったのかも不明。片付けを終えた「ドボン」の人が私の背後に来て岡ジャミ。すんごいプレッシャー!ただ、ウキは動き続ける不思議さ。そして何とギャラDscf0079リーがいても6匹目ゲットだ。これは嬉しいの一語。「ドボン」の人はそれを見届けて帰った。お疲れさまでした。さて、いよいよ私の餌もあと少し。しかぁ~し、そんな状態でもまだあたりらしきウキの動きを見逃すチョンボを繰り返してしまう。そして遂に最後の一投。これだけは絶対にあたりに合わせるぞと強い気持ちで打ったのだが・・・。ウキが馴染んでしばらくして1目盛上下!これは絶対に「上がりべら」だったのに、これも見逃す体たらく。そしてじきに無念の終了。時刻はDscf00802時5分。結果、今日はバランスの底で通したが、途中の休みを省いた実釣3時間10分で6匹。何かの間違いのような気がしてならないが、片付け。O合さんももう少しで終わるようだが、私はこの後ベイシア詣でが待っているので、さっさと片付けを終え、O合さんT林さんに挨拶して車に戻る。本当に暖かい。明日は雨で明後日は寒くなる予報だが、明日は無理でも明後日は大楽地にでも行ってみようかな。そそくさと池を離れた。
 
短時間でもやたらと疲れるのは何故だろう
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2019年2月 3日 (日)

いろいろな事があった

このところスポーツ界を始めいろいろな出来事があったが、今までなら何かしら思うところがあればここに書く事もあったのだが、何故か億劫になってしまった。
最近では新井某氏(容疑者)の強制〇交、これも容疑者が在日と言う事もあって別の意味で騒がれているのだが、特にコメントする気にもならず。
釣りの方も凸になったせいなのか、あまり気が乗らない。ただし、これは天気に左右される事が多いので、明日か明後日には何処かで竿を出しているかも。
 
何だろう、急に年を取ってしまったようだ
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2019年1月30日 (水)

遂にその日がやって来た!残業までしたのに・・・@増沢池

今日は晴れて風もない絶好の釣り日和。明日は天気が崩れるので、今日は是非とも行っておかなければ。と言う事で、やって来ました増沢。おおっ、エヴリデイO合さんの車の横に停まっているのはKさんの車ではないか。やはりこの陽気に誘われたのか。急いで荷物を降ろして池に向かうと、旧流れ込みからダム?そばまでは5,6人。あれっ、O合さんの隣に誰か入っているぞ。まさかO石さんではあるまいか。橋を渡って坂を下りれば、看板横にも先客。更Dscf0068に遊歩道に進むと、Kさんが9尺で準備中。更に1人を通り越して、私はいつもの場所に入る。対面深場ワンドに1人いた。O合さんはいつも通り12尺底でウキが動かない。その左隣はO石さんではなかった。「ドボン」をやっていて、ラジオをかけている。困った、集中力が削がれてしまう。でも、後から入るので文句は言えないし・・・。出来るだけ聴かないようにして、さあ準備しよう。予報通り湖面は凪なので、これも予定通り「段底」から入ろう。竿は15尺、餌は段底+「玉」ハード。ささっと底を取っての開始は10時31分だ。ウキの視認性はバッチリなので、これであたりさえ出ればなぁ。しかぁ~し、我々3人はウキが動かず淡々と時間が過ぎて行く。こちら側深場では竿が曲がっているのか楽し気な声が聞こえてくる。あっという間に11時を過ぎるが、そろそろ来る筈のT林さんがいつまで経っても来ない。T林さんの巡回が私に福を運んでくるのに、これは困ったPART2。Kさんと私の間の先客は午前中に帰った。竿が曲がったのかは不明。Kさんに状況が聞きやすくなったが、答えはO合さんと同じなので別にどうも。私の方も特に何かがある訳でもなく、12時のサイレンと共にルーチンワークのトイレタイム。看板横の先客は終了。今週は3連続凸らしい。浅場には3人が入っている。それにしても、たくさん着込んでいるので汗ばむような陽気なのに、ウキがこんなに動かないのは今年になって初めてだ。気分転換にはなったが、その後も昼食を摂りながら餌打ちしたものの、ウキが動きそうにないので、まだ餌が残ってDscf0069はいるが「段底」は打ち切って次だ次!時刻は12時14分。そうです、次は期待?の「ナンチャッテ底」なんです。ただ、前回は午後の部で採用したものの、ウキは動かず。無理に合わせてのバラシ1回だけの不甲斐ない結果だったので、ちょっと不安が過る。ウキと仕掛けを交換し、餌はいつものグルテンで、開始は12時25分。ウキの馴染み具合を微調しながら餌を打つが、一向にウキは動く気配がない。と、ここでザわさん登場だ。先日は野守まで行ったのにも拘わらず、竿を出したのはわずか30分ほどだと言う。あっという間に1時を過ぎると、ここで私のウキに動きが?遂に来たか・・・。2回ほどあたりかと思われるようなウキの動きを見たが、残念かすりもせず。ただ、やる気がなくならないのが嬉しい。と、ここでザわさんから声が。見ると私の右の先客の竿が曲がっているではないか。やはり「ドボン」なのか。実は私も「ドボン」が選択肢にあったのだが、湖面が凪いでいるので躊躇してしまった。それに隣同士が「ドボン」ではと言うのもあったのだが、そんな些細な事に拘らず、結果を求めた方が良かったのではとは、いつもながらのタラ・レバでした。ザわさんは1時半頃帰った。岡ジャミお疲れさまでした。と、急にKさんが私を呼ぶ声が。見ると9尺が曲がっている!すんばらしいと共に裏山から鹿が出て来たぞ。こうなると私とO合さんのどちらかが竿を曲げるかの勝負になるが、それより2人とも沈没の確率が高そうだ。右隣は再度竿を曲げ、2時を過ぎてもう一度。裏山の鹿は増殖中。2時半を過ぎ、KさんO合さんは終了。Kさんは今年ようやくへらの顔を拝んで気持ち良く終われたようだ。O合さんは私と同じ状況だが、定時退社。私はまだ餌が残っているので、これを打ち切るまでは帰れまテン。それが省資源釣法(キリッ!)。でも底を続けていてはとても打ち切れそうにないので、とにかく回転が速い両グルの宙にしよう、そうしよう(以下同文)。O合さんが片付けを終えて見に来たが、3時頃になってウキが動いた!これで予定が大幅に変更となり、終了ではなく残業となった。3時5分に餌を打ち切ったので、新たにわたグル+新べらグルテンを1時間程度分作る。これで何とか凸から逃れたいところ。KさんO合さんは帰り、右隣もじきに帰った。皆さんお疲れさまでした。対面の先客はいつの間にかいなくなり、こちら側深場もポツポツと帰っている。私はとにかく午後のGTに期待して餌を打つが、これが全くの期待外れで一向にウキが動かない。3時半頃には太陽が山に隠れ、体感温度がグッと下がった。帰りたいよぉ・・・。何故残業を選択してしまったのかと言っても仕方ない愚痴。そうだ、今はとにかく餌を打ち切らなければ。それが(以下同文)。結局何のための残業だったのかも分からなくなった上に、1回もウキが動く事なく3時58Dscf0070分に無念の終了だ。遂にXデーが来た。まさにトホホ。こんな陽気でこんな結果。グッタリして片付け。深場でも1人しか残っておらず、そのへら師も片付け中だ。うわっ、急に膀胱から指令が来た。でも、今更トイレタイムもないだろう。ここは車に荷物を仕舞ってからとしよう。懸命に堪えながら駐車場へと向かう。脂汗が出ていたかもしれない。まさに泣きっ面に蜂の気分だ。さっさと荷物を仕舞いトイレも済ませ(やれやれ)、自販機で暖かいコーヒーを買って車に戻る。缶の暖かさが身に染みるなぁ。今日は杏林堂で買い物の予定があるので、ベイシア詣ではしない。そそくさと家路に就いた。
 
次回は他の池にでも行くとするか
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2019年1月28日 (月)

風が弱い?曇っていると寒くて寒くて@増沢池

やっと風が弱い日が来たので、それでは増沢へゴー!だがしかし、風はなくても気温が低く、かなり寒く感じる。と言う事で、あまりに寒かったら竿を出すのも止めるつもりで出掛けたのだが・・・。駐車場着は9時半くらいか。O合さんの車はあったものの、やはり寒い。が、とりあえず池までは行ってみよう。さっさと荷物を降ろして池に向かう。へら師は日陰側に3人。日向側(今日は日陰ですが、何か)にはダム?そばに2人Dscf0062とO合さん。風は弱いとの予報ではあるが、何となく湖面がさわついている感じ。O合さんに挨拶すると、まだ始めたばかりだと。私はいつもの場所に入り、さあ準備だ。今日は既にやる事は決めてある。まずは「ナンチャッテ底」から入るのだ。今まで後半に採用していたので、本当に「ナンチャッテ」が有効なのか、それとも単に時合の時に「ナンチャッテ」なのかをハッキリさせたいから。そして後半は風が弱ければ「段底」で行く。で、いつものグルテンにバラケとして段底を少々。そして15尺は底取りもせず(だから「ナンチャッテ」なんだけど)、開始は10時1分。うわっ、いきなり湖面が白波で覆われたぞ。これはツキがない。ウキがほとんど見えなくなった。寒さに加えてこれでは、一気にやる気が失せた。だがしかし、既に始めてしまったので、餌を打ち切るまでは帰れまテン。それが省資源釣法(キリッ!)。O合さんはいつも通りウキが動かないと言っている。とにかく寒くて寒くて堪らない。ネックウォーマーまで使用。ただ、開始30分くらいから、ハッキリしないもののウキがたまに返しているように見えて来た。そして開始40分過ぎに、風でやたらと涙が出るのでタオルで拭こうと竿から手を離した瞬間にモヤッと1目盛入った!しまった両手が塞がっていて合わせられない。クーッ。O合さんからは「あたり返し」が出るかもと言われたので、ずっとウキを見続ければ、そろそろ止めようかと思ったところでウキがグッと入り、やった辛抱の結果かと合わせるがカラでガクガクッ。でもそろそろ午前中のGTなので、これはひょっとして釣れるかも?それに、最初に比べて風・波が弱くなって来た気がする。ここが勝負だ!すると、11時になろうとする頃Dscf0063に、小さくズルッとウキが入り、これに合わせるとやったとうとう掛かりました!これは嬉しいの一語。今日はもう凸も覚悟するくらいだったので、とりあえずホッ。ただ、さすがにウキが動き続ける事はなく、11時を過ぎる。対面にいた先客は11時前に帰り、代わりに竹さんと思われるへら師が入った。湖面はかなり穏やかになり、この状況で何とかあたらないかと懸命Dscf0064にウキを見続けると、11時半近くになって返したウキがチクッ!やった2匹目ゲットだ。もうこれは言う事がありません。今日は寒いのでもう帰ってもいいかな?更に11時半頃にO合さんがトイレタイムで席を立つのと同時に対面T林さんがやって来た。と、まさにその時にチクあたりで、やった3匹目ゲットか?うわっ、凄い引きだ。これは・・・。なかなか寄らないのでスDscf0066レかもと思ったが、2か所に掛かっていてまずはやれやれ。しかも、約40cmくらいの丸太のようなへらだ。こりゃぁ確かに重い訳だ。O合さんが帰って来て再開するが、まだウキに動きは出ないらしい。私のウキもさっぱり状態となり、しかも一向に気温が上がる気配がなく、いつもより早めのトイレタイムとしたが、トイレに着いたところで12時のサイレン。これはいかん、さっさと帰らなくては。急いで階段を下り坂を下ると、O合さんは1匹目をゲットしたとの事。うわっ、へらが移動してしまったか?昼食を摂りながら餌を打つ。が、一向にウキは動かず。そのうちにまた湖面がざわめきだした。ウキがほとんど見えまテン!Kさんが岡ジャミにやって来たが、寒くてじきに退散した。対面ではポツポツと竿が曲がっている様子。裏山の鹿がそろそろ出て来たぞ。後半は宙の予定だったが、あまりにウキを見続けたせいか、思いの外餌が残っているので、後半は「ナンチャッテ」で続行して餌が尽きたら終わる事にしよう。そうしよう、双子葉植物・・・。その後、あたりらしきウキの動きは数回あったものの、いずれも手が出ず。すると、その後はウキは返してもあたりにならない状態が続き、最早ギヴアップ状態に。O合さんは2匹目をゲットし、更に2回目のトイレタイムの後に竿を曲げた。残念スレだったが、完全に立場が逆転した感じだ。私の方はその後も一向にウキが動かず、あと3投で餌が終わると言う時に2回目のトイレタイム。そして帰着後の再開第一投では、餌がもうないのでじっくりウキを見ていたら、あたった!しかぁ~し、気を抜いていた(オイオイ)のか、完全にワンテンポ遅れて合わせたせいなのか、一瞬竿が曲がったものの、バラシでガクガクッ×ガクガクッ。そして最後の一投でも小さくチクッとウキが入ったものの、残念カラで終了。時刻は2時20分。結果、「ナンチャッテ底」で実釣4時間(トイレタイム除く)でDscf00673匹。しかもそれが11時前から11時半までに集中した。まさに午前中のGT。それに引き換え午後の部では全くいいところがなかった。「ナンチャッテ」と午後の部は相性がいいと思っていたが、そうでもないようだ。ただ、午後のGTはこれからなので、次回に期待しよう。片付け。O合さんはもう少しやるようだ。湖面は一旦凪いだように思えたが、再び荒れ始めた。今度は穏やかになりそうにない。片付けを終え、O合さん、それに対面に挨拶して車に戻る。O合さんが雨が来たと言っていたが、車に戻ったらフロントグラスに小さな雨粒があったので、間違いない。さあ、今日は終わりが少し早かったので、ゆっくりベイシア詣でをしようかな。そそくさと池を跡にした。
 
とりあえず凸はまだ見ていないぞ
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2019年1月27日 (日)

車検と栄醤油

Tamago遂に初めての車検を迎えたが、何とアイドリングストップ用のバッテリーがへたっていて交換が必要と言われた。
これは普通のバッテリーよりは高いので、車検のついでの交換は止め、何処かのカーショップでやろうとした。が、その前にあまり走行させないのもバッテリーには良くないと言われたので、そうだ行こう行こうと思いながらも行けていない横須賀の「栄醤油」に行こうと思い立った。
大した距離ではないが、往復すれば少しくらいは充電するかもと浅はかな考えでゴー!
しかぁ~し、やはりへたっているのは確かなようで、蔵に着いた時にはアイドリングストップOKのサインが出ていたのに、帰りがけに見たら消えていた(トホホ)。
そのまま帰宅すれば再びOKのサインが。だがしかし、これもしばらくして用事で外出しようとしたら消えていたのだった。寒い時期と言うのも多少はあるのかもしれないが、これは早く何とかしないと。
 
明日は風が弱くて竿が出せそうだ
    ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2019年1月26日 (土)

気付かなかった

先日購入した中華製「超」格安アンプにはUSBの口があったのだが、多分曲を入れたものを挿すんだと思っていた。
いかぁ~し、実はPCのUSBから繋いでデジアナ変換してくれると何処かに書かれていたので、慌ててやってみたら、確かに出来ました。
しかも、これが一番損失が少ないらしい。もっと早く試すべきだったなぁ。
 
次はいよいよ真空管アンプか?ないない!ってか・・・
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2019年1月23日 (水)

またもナンチャッテに助けられ@増沢池

前回の釣行からずっと寒い日や風の強い日が続いていたが、やっと今日出掛ける事が出来た。気温も10℃くらいまで上がるし風も弱いとの予報にウキウキしながら駐車場着は9時半過ぎか。しかぁ~し、ここで不定期便発生!時間をロスしたので急いで池に向かうと、へら師はいつも通り日向側に集中している。O合さんはいつものところ。あとは旧流れ込みからダム?そばまで4,5人。早足で坂を下りると、橋の上(かみ)看板横から浅場には誰もいない。それに、かなり汚い油膜のようなものが岸辺付近にビッシリ。遊歩道から池を見ても、これは竿を出す気にはなれないなぁ。O合さんに挨拶して、さて今日は何処に入ろうか。いつもの場所も手前には油膜のようなものが橋の付近から繋がっている。で、一旦はその影響が少なそうなO合さんから更に深場の整地された辺りに入ろうかと思ったのだが、背後に桜の木があるので止め。仕Dscf0055Dscf0056方なくいつもの場所に入る。おっ、対面には深場ワンドに2人いた。さあ準備しよう。O合さんから、最近は(も?)午後にならないとウキが動かないと言われ、まあそんなものではと納得。さて、竿は15尺で段底から入るぞ。湖面はそこそこ穏やかなので、多分OK。餌はいつもの。前回とそんなに変わらないだろうと、ささっと底を取っての開始は10時20分だ。日が当たっているので寒くはない。風も吹かない事はないが、長続きしないので大丈夫。ただ、ウキはゆっくり返すだけ。10時半を過ぎたところでKさん登場。今年はまだへらの顔を拝んでいないので、今日は遅くまでやるようだ。いつもの場所に入った。さて、ウキが動かないので、私もO合さんも静かなもの。ただ餌を打ち続ける。11時になってT林さんが巡回にやって来た。が、特にそのタイミングでウキが動く事もない。それでもそれからしばらくしてO合さんがトイレタイムに行った時に、ウキが馴染んでから弱く1目盛上下したように見えたが、残念手が出ず。そこから先はまさにシーン状態で、早くも12時のサイレンを聞く羽目に。で、いつもならトイレタイムとなるのだが、ここは何としても1匹をと、昼食を摂りながらの餌打ち。ダメDscf0057だ、全然ウキが動かない。ここで食わせをグルテンに変えてみる。どうせ後半はグルテンを使うのだから。配合はいつもの3種で。すると、効果があったかどうかは不明だが、確かに1回か2回はウキが返したような気が。しかぁ~し、それだけ。12時半近くになって、最早ギヴアップ状態なのでトイレタイムとする。途中、階段のところに紅梅が花開いていた。なんだかんだ言っても春は近づいているのだ。それからしばらくして段底は終了。この後釣れるかもしれDscf0058ないが、それより前回も助けてもらった「ナンチャッテ底」に移行したい。時刻は12時36分。結果は言うまでもありません。竿はそのままでウキと仕掛けを交換。「たな」は前回のままで再開は12時45分。しかぁ~し、午後になって状況が悪くなる。上空雲が多くなってしまい、風・波も多くなって、ギラギラと相俟ってウキの視認性が悪化の一途。ただ、油膜のような汚れは何処かに行ったので、それだけが救い。懸命にウキを見続けるものの、すぐに1時。いよいよ凸まっしぐらか。まだ今年になって凸は味わっていないが、出来れば味わいたくないなぁ。しかぁ~し、1時を過ぎる頃からウキが返すようになった気がして、ウキを見つめる目には更に力が入る。すると、確かに1目盛返したように思えたウキがモヤッと入った気がして合わせるが、カラ。う~む・・・。O合さんから、今のは合わせたろうと言われるが、いやいやそうではありませんと返事。すると、しばらくして、湖面がややDscf0059穏やかになったところでウキが馴染むや否やのあたり!そして掛かりました。やはりへらはいたんだ。う、嬉しかぁ・・・。しかぁ~し、その後はウキの動きがバッタリの上に、厚い雲が出て来て視認性はほぼアウト。2時になってしまう。すると、Kさんが1回竿を曲げたが、スレてバラした。今日は11尺を振っているのでウキは見易かったのかも。ウキは確かに動き出したとの事。よ~し、私もと思ったら、返したウキがチクッ!やった頂きましたと合わせたが、顔までは拝めたものの、こちらもバラシでガクガクッ。鈎は口に入っていたと思うので、きっと上顎の固いところに掛かっていたのだろう。これで場が荒れては、今日はおしまいか。2時半になり、こちら側深場も何人か帰った。対面では最初からいた2人も。そろそろ終了モードだが、Kさんが再び合わせ始めたので、これは午後のGTなのDscf0060かも。と思っていたら、私のウキも返し、そしてチクッ!やった今度こそ掛かったでしょう!いやぁ、嬉しいなぁ。今日はとりあえず顔が拝めたのでよしとしようと思っていたが、2匹目が出るとは、まさに「ナンチャッテ」さまさまだ。O合さんはさわりさえも出ないままに終了した。そしてKさんも。私はまだ餌が数投分あるので粘る。O合さんは帰った。お疲れさまでした。Kさんも片付け中。私は最後の一投に賭けてみたが、残念効なく3時3分に無念の終了。結果、午後の部では実釣2時間20分弱で2匹は上出来でしょう。今日も「ナンチャッテ」に助けられた。片付け。Kさんはゆっくり行くと言って帰った。お疲れさまでしDscf0061た。私も片付けを終え、対面のT林さんに挨拶して駐車場に戻る。残念ながらKさんには追い付けなかった。しかぁ~し、それよりも我慢していたトイレに行きたい!さっさと車に荷物を積み、トイレに駆け込んでまずはホッ。さあ、帰ろう。そうだ、今日もちょっとだけベイシアに寄って行こうかな。さっさと池を離れた私でした。
 
今週は明日から寒くなるので釣行はあり?なし?
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2019年1月21日 (月)

こんな感じで聴いてます

今日は寒くて外に出られず。その代わりにブログ上でまだ多分やっていない、幅目一杯の写真を載せてみる。
前回の写真ではどんな具合か分からない全体像だが、汚くて足の踏み場もないような私の部屋も、昨年末の大掃除でやっと空きスペースを確保出来たので、それもあって購入に思い切ってゴー!となった次第。
Img_20190121_212349
真ん中に鎮座しますのは、何度もHDDがいかれたりXPがアウトになったりしても根性で使っているDELLのPC(本体は右上の方にかろうじて映っている)。多分15年くらい?は生きている。
その両サイドにひょうたん?のグリルが付いたのが、今回購入したYAMAHAのNS-BP200という格安スピーカー。PCの左にはこれまた「超」格安の50W×2(ホントか?)の中華製アンプ。
ここに映っていないWINDOWS10のPC及びスマホからbluetoothで繋いで鳴らしている。
前回音飛びとか書いたが、これはアンプのせいではなくmp3変換の際にトラブっていたみたいだ。たまたまCD-Rに焼いたものを変換したので、前に書いたように古臭くなって読み取りがまずかったのではと思う。何度か変換し直したらそれなりになったので・・・。アンプを疑って申し訳ない。
さて、肝心の(と言うか本来の目的である)格安真空管アンプであるが、昨日までセールで更に安くなっていた(大体2500円くらい)のだが、今日見に行ったら価格が元に戻っていた(ガクガクッ)。送料の半分を損した感じ(まだ買っていないのに?)。

明日も寒くて竿は出せそうにない。見に行くのも・・・
    ↓        ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

«2題