2021年6月15日 (火)

雨や雷はなかったが@増沢池

明日から天気が悪くなるとの予報に、いてもたってもいられず増沢へゴー!前回並みとは言わないまでも、少しくらいは満足する結果になるだろうと高を括って駐車場着。いつも通りO合さんの車。ざっと見回してへら師と思われる車は少ないようだ。さっさと荷物を降ろして池に向かうと、いつもの場所にO合さん。その奥には知らない人(M本さんと言Dscf2470うらしい)が準備中だ。挨拶して様子を訊くと、何とまだ結果が出ていないとの事。うわぁ・・・。でもここまで来たらやるしかない。さっさと準備。今日は竿は9尺を採用するので前回の仕掛けのままでまずは両グルの宙から行こうかな。餌は探したが他に見当たらないのでα21・わたグルだ。ちょっと水を多くしてしまったのでかなり柔らかいが、もちろん何かを足すとかしないのが省資源釣法(キリッ!)、そのままで開始は11時7分。前回は午後と言う事もあってウキの動きが良かった。今日はどうだろう。すると、割と早くウキが動き出したのでまずはホッ。ただ、ウキを動かしているのがへらとは限らないのが最近の状況、開始20分くらいで掛かって来たのは♪海を見つめていた~ 浜のキャバレーにいた~(上海帰りのギル)♪、ガクガクッ。もちろんさっさとご退場願ったが、その後もウキの動きに一喜一憂しながら合わせても全くかすりもせず。時間だけが過ぎるお約束の展開(worn out expressions)。流石に何もしなければ釣れないので、12時のサイレンと共にハリスを数センチ詰めてみる。が、状況に変わりなし。ウキの動きはない訳ではないのに、全くかすりもしない状態が続く。「たな」の上下も芳しくないので、昼食も摂らずに何とか凸を逃れるべく12時半頃に思い切ってハリスを30cm+45cm(個人の感想です)に変更。すDscf2471ると、何かやる効果が出たのかモヤっというあたり?でやった1匹目。上がってくる際に横を向いていたのでスレかとヒヤヒヤしたが、口に掛かっていない方の鈎が何処かにスレていたようだ。まずはホッ。これで凸はなくなった。が、O合さんは既に2匹をゲットして余裕の昼食休憩中。そうそう、O石さんは私の準備中にやって来たが、奥のワンドから声が掛かっていつもの坂の下から日陰側ワンドに釣り座を変更。どうやら結果は思わしくなかったようだ。さて、1匹目が出て安心し昼食を摂りながら続行となったが、喜びも束の間、餌がもうない。元より1時間半くらいで打ち切る量を作ったのだから当然と言えば当然だ。で、あと3投というところで「ナンチャッテ」に変更すると、オヨヨウキが動いたぞ。しかぁ~し、すぐに最後の一投。ここは粘るでしょう。すると、ウキが返してからのチク!まさかあたるとは思わなかったので慌ててしまい、合わせがちょっと遅れたのでダメかと思いきや、やった掛かってDscf2472Dscf2473ました!「上がりべら」で気持ち良く第1ステージを終了だ。時刻は1時59分。結果、第1ステージでは実釣1時間50分強で2匹。ただ、O合さんは午後になって2匹を追加しており、何とか追い付くためにはもっとウキが動くようにしないといけない。で、第2ステージは禁断の?両ダンゴでやろう。餌は粘麩・カルネバ・マッハ。期待を込めて再開は1時3分だ。すると、思惑通りウキはじきに動き出した。が、餌の持ちのせいか弱くモヤモヤするばかりであたりにならず。更にはたまにあたりらしき動きを見せても、1回かすっただけと第1ステージより状況は悪くなった感じ。しかぁ~し、特に何かをする事もなく餌を打ち続ける私。きっとそのうちに掛かるだろうと極甘の考えで、まさに餌打ちマシンとなってしまった。気が付けば2時。O合さんの奥の人は既に帰っている。1匹だったようだ。お疲れ様でした。私は状況を打破すべく再び「ナンチャッテ」のお世話になるものの、この池そんなに甘くない。仕方なく元に戻す。午後になって2匹を追加したO合さんも状況は良くなく、いつも通り2時半頃終了した。そのタイミングでようやく私の竿が曲がったが、残念2匹目のブルーだった。もう嫌っ!O合さんは帰った。お疲れさまでした。私は何とかもう1匹をと餌を打ち込むが、残念あたりも見る事なく3時Dscf247416分に無念の終了となった。結果は言うまでもありません。ガックリして片付け。今日良かったのは雨と雷がなかった事だけだ。片付けを終え、奥のT林さんとO石さんに挨拶して車に戻る。今日はベイシア詣でが必至なのだが、疲れていて行きたくない。が、老体に鞭打って?向かった。
 
次回はセットか「トロ掛け」か
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2021年6月11日 (金)

まあまあの結果ではあったが@増沢池-第2ステージ-

竿はそのままで、ハリスを40cm+60cmに変更。餌はα21・わたグル。ちょっと粘りが強いが、そのままで再開は2時27分だ。O合さんは2時半前に終了し、帰った。お疲れさまでした。対面O石さんはやはり調子がいいようで、底で5匹をゲットしているとの事。まだやるようだ。さて、勝手知ったる他人の家ではないが、何だかホッとして餌を打つ。ちょっとハリスが長過ぎる気がするものの、ドンマイだ。すると、すぐにウキが動き出した。まだへらは残ってたんだ。しかぁ~し、あたりらしき動きは出ても手応えがない。なんだかなぁと思っていたら、ズバッ!とウキが入って合わせたら、堪え切れずにハリス切れ。ガクガクッ。急いで交換すると同時に時刻を確認すると、まだ開始20分。よしよし、きっと釣れる。ただ、ウキの動きは鈍くなったので「たな」を上下してみると、やや深Dscf2465めの方がウキの動きが良さそうだ。そしてじきに1匹目ゲット。放流でも文句は言いませんよ。どうだろう、これも午後のGTと関係あるのかな。しかぁ~し、3時を過ぎて再びのズバッ!でまたもハリス切れ。もうガクガクッ×ガクガクッ。どうやらこれで今日の釣りは終了か。対面ではO石さんが終わったようなので様子を訊くと、何とあれから3匹を追加したと言うではないか。負けた・・・。いやいやそんな簡単に諦めるなんて私らしくない。ここはネヴァー・ギヴアップの精神でとにかく餌がなくなるまで頑張ってみよう。さっさと交換して続行するが、いよいよ餌が残り少ない。元より1時間分くらいしか作ってないので、そろそろなくなっても不思議ではないのだ。遂に3時半。どうやら年貢の納め時かな。しかぁ~し、ここに来てこれが本当の午後のGTだとばDscf2466Dscf2467かりにあたりが出始めた。そして3時半過ぎにバタバタと2匹をゲット。これが両方とも放流だったのはちょっと残念だった(ちょっとだけよ!)が、これでとりあえずはO石さんに並んだぞ。後はもう1匹、いや2匹・・・。しかぁ~し、遂に餌を打ち切ってしまった。ただ、グルテンが鈎に残っているのでそれを打ってみたら、何とズバッ!で4匹目ゲットとなったではないDscf2468Dscf2469か。これこそ正真正銘の「上がりべら」だ。時刻は3時40分。結果、第2ステージでは実釣1時間10分余で4匹。まさに地合だけだったなぁ。トータルでは実釣3時間50分で9匹。数字だけはそこそこになっている(もちろん私にとって、だが)ものの、今一つスッキリしない釣りだった気がする。片付け。対面では片付けを終えたO石さんがブルー釣りの面々と談笑中。片付けを終え、O石さんに挨拶して車に戻る。今日は曇りがちだったので思いの外汗は出なかった。荷物を積み、トイレにも寄って池を離れた。
 
これからしばらくこんな変調の釣りが続く
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

まあまあの結果ではあったが@増沢池-第1ステージ-

今日も諸事情により10時半過ぎの釣行となった。既に暑くなっており、気分は盛り下がったまま駐車場着。既に11時を過ぎている。へら師と思われる車は少ないが、果たしてかつてのいつもの場所は空いているか。さっさと荷物を降ろして池に向かうと、良かった空いていた。そしてO合さんに挨拶しようかと思ったら、何やら怖そうな人と談笑中。あDscf2458っ、T林さんでした(失礼!)。お二人に挨拶すると、今日もダメだと言うではないか。更に気分は盛り下がる。が、ここまで来たら帰るという選択肢はない。汗を拭き拭き準備開始。竿は9尺。湖面は波立っており、今日私がやろうとしている「トロ掛け」には向いていない感じだが、構わずハリスをカットしてトロ掛け専用鈎をセット。餌はガッテン・天々とトロロ。「たな」は仕掛けのままで開始は11時43分だ。前回より少しだけ早かった。気持ち的には12時のサイレンが鳴るまでに何とか1匹をゲットして、後は気楽に行きたいところ。すると、波でハッキリしないが数投でウキに動きが出た気がする。そんな中O合さんがトイレタイム。すると、その間にウキがグッと入ってやったDscf24591匹目ゲットだ。しかも「センターガッチリでございます」。これは素晴らしい。今日は爆釣もありうるかもね。O合さんが帰って来たので早速報告。驚いていた。そしてじきに12時のサイレン。心の余裕が出来たので昼食を摂りながら続行だ。しかぁ~し、何故かウキの動きがなくなった。更にしばらくすると、それでもウキの動きは戻って来たが、あたらない。たまにあたってもかすりもせずと、さっぱりの状態が続く。12時を過ぎた頃に対面坂の下にO石さんがやって来た。前回はパッとしなかったものの今日は好調なようで、竿が曲がるのを見たぞ。私はさっぱりのまま首を傾Dscf2460げながらの餌打ちが続いたが、時刻が1時近くになったのに気付くと思い切ってハリス段差を伸ばしてみる。すると、やっと1時間際に2匹目。放流で上鈎を食っていたが、下鈎が尻びれに掛かっていたのでおかしな引きだった。が、とにかく釣れて良かった。ホント、1時間釣れなかったぁ。するとそこから午後のGTではないだろうにウキに動きが出て来た。そして1時を過ぎると3匹目。これもバラケをDscf2461Dscf2462食っていた。午後のGTは前倒しになったかな?ウキはずっと白波で視認性が悪かったが、根性で見続けて1時半近くに4匹目。やっとトロロを食っている。やれやれ。ただ、その後はウキの動きDscf2463はあってもあたりは遠くなり、2時前にそれでも第2目標をクリアしてまずはホッ。「トロ掛け」をやって良かったと言ってもいいかな(いいとも!)。しかぁ~し、午後のGTらしかったのはそこまで。そこから先は再びウキの動きがなくなってしまい、2時20分に虚しく餌を打ち終えた。結果、第1ステージでは実釣2時間Dscf2464半余で5匹。放流混じりだが気にするな。さて、予定では第1ステージは2時までで、第2ステージは2時から3時までと決めて来たが、ちょっと押してしまった。でも今日は釣りの後のベイシア詣でがないので3時半くらいまでなら延長出来そうだ。と言う事で、第2ステージは久し振りの「両グルの宙」をやるぞ。
 
TO BE CONTINUED!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2021年6月 9日 (水)

外のガラス水槽

最近外のガラス水槽の水の色がやや濁り気味になっている。
それに投入した水草(カモンバ?)の具合も良くないようだ。
今日、餌をやる前に内壁面をスポンジでこすり、その後思い切ってプロホースで底を浚ってみた。
すると、底の石がひっくり返ると色が全然違って元の色になった。
これは底石に茶苔のようなものが付いたのか?
とりあえずざっと底石を浚ってみたが、水の色はそんなに変わらない。
気にしすぎかもしれないが、最初に入れたホテイアオイの状態も芳しくないように思える。
そろそろ室内飼育のメダカをこちらに移動させようかと思っていたが、どうしようかな。
 
水草は貧栄養で参ったのかも
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2021年6月 8日 (火)

無理して行かなくても良かったのでは@増沢池

今日は通院日に加えてその後に用事もあるので普通なら釣行しないのだが、このところずっと竿を出していなかったので無理してでも行きたくなった。前回まで宙でそこそこの結果(もちろん私にとって、だが)が出ていたので、今日も淡い期待を持って11時過ぎに増沢へゴー!どうみても開始は12時頃になってしまい、しかもその後はベイシア詣でが義務付けられているし、その後も用事。良くて3時間が限度。駐車場にはO合さんとO橋さんの車。私が入りたいかつてのいつもの場所は空いているかな。さっさと荷物を降ろして池に向かう。今日は気温が高くなるうえに風もないので、早くも汗。良かった場所Dscf2452は空いていた。O合さんとO橋さんに挨拶すると、今日はダメらしい。ゲゲッ、そんなつもりで来た訳ではないのに。それでもここまで来たらやるしかない。さっさと準備。今日は時間の都合で底からのんびりとやる事は出来ないので、宙一択。竿は9尺で餌はいつものカルネバ・ガッテン。汗を拭き拭き開始は11時50分。何とか12時までに1匹目をゲットしたいが、世の中そんなに甘くない。無情にも12時のサイレン。しかぁ~し、その頃からウキに動きが。ひょっとしていけるかも。そして遂にあたった!しかぁ~し、カラ。昼食休憩のO合さんもウキが動いているのを確認してくれたが、かすりDscf2453もせず。しかぁ~し、それからじきにモヤモヤからのグッとウキが入るあたりでやった1匹目ゲットだ。しかも「センターガッチリでございます」。よーしよし、この調子なら前回並みは楽勝かも。な~んて早合点してしまったが、実はそこからが本当のハイライト。何故かウキの動きが芳しくなくなってしまい、遂にはシーン状態に。これには困った。で、開始1時間経ったところで両ダンゴでは珍しく「ナンチャッテ」のお世話になる事に。すると、確かにウキは動いてあたりらしき動きまで出たものの、一向にかすりもしない。で、餌も残り少なくなった事だし宙に戻そう。大体1時半頃か。少しずつ「たな」を浅くして行くと、あるところで急にウキが動き出しあたりも出た。ここで何とかと餌を打ってみたが、残念かすりもせずPART2。結局Dscf2454最初の「たな」に戻してはみたものの、特段何もなく2時2分に餌を打ち切った。対面には私から少し遅れてやって来たO石さんが入っている。そこでは毎回5匹くらいが釣れるそうだ。裏山から鹿がぞろぞろ。さて、私の方はあと1時間しか猶予がない中で、次は竿はそのままに餌をガッテン・天々の組み合わせ。どうかな、ウキは動くかな。すると、じきにウキがモヤモヤ。餌が変わったのが良かったか。しかぁ~Dscf2455し、これまたなかなかあたらず。焦れていると、ウキがズバッと消し込んで嬉しや1匹目(トータルでやっと2匹目)ゲットだ。さあこのままと行きたいところだったが、午前の部と同様次第にウキが動かなくなる。対面O石さんは早くも1匹目をゲットしており、裏山鹿~も倍加だ。こちらO合さんも午後になって竿を曲げたが、それ以上に好調だったのはO橋さん。2時頃に帰ったが、10匹以上は釣ったそうだ。裏山から鹿がいなくなった?お疲れさまでした。今日は遅く始Dscf2456めたと言うO合さんは2時半頃まで粘ったものの、虚しく納竿。お疲れさまでした。私は午後のGTに期待して餌を打ち続けると、O合さんの片付け中にやっと2匹目(くどいようだがトータルで3匹目)をゲットだ。もうクタクタ。O合さんは帰った。お疲れさまでした。その後何とかもう1匹、いや2匹と餌を打ち続けた私だったが、残念あたりすら見ることが出来ず3時5分に餌を打ち切Dscf2457った。もう先日のようなウキの動きには期待してはいけなかったのだ。虚しく片付けし始めると、O石さんも終わった様子。両目が開いたとの事。お疲れさまでした。片付けを終え、O石さんに挨拶して車に戻る。最近は車と釣り場の往復が一番堪えるようになってしまった。今日もグッタリして車に戻り、我慢していた用はベイシアで済まそうとさっさと池を離れた。
 
ベイシアでは工事中でトイレが使えず。ずっと我慢の子であった・・・
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2021年6月 6日 (日)

緊急事態?

今まで特に問題がなさそうだった発泡スチロール容器のメダカ、今朝見たら1匹が☆になっていた。
更にもう1匹が息絶え絶え。掬おうとしたら逃げたのでその後は不明。
この2匹は我が家で生まれて育ったので、残念でならない。確かにあまり大きくなっていなかったので、体力はそれほどなかったのだろう。
S我さんから貰った黒メダカ2匹はまだ大丈夫。体格が全然違う。餌を充分に食べているのだろうか。
一体何が起きているのか。
外のガラス水槽に移す前にどんどん数が減っているのは、このところの暑さによる水温上昇なのか。そしてそれによる水質悪化?
もう一方の赤メダカ2匹は今のところ元気そうだ。こちらも元々いたヒメダカは全滅している。
早く移した方がいいのかな。
もう一つ、ガラス水槽の新入り?は今のところ元気。水カビからは逃れる事が出来たようだ。
 
発泡スチロール容器は少し水替えをしてみようか
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2021年6月 5日 (土)

今朝のメダカ

塩浴から解放されてカルキ抜きの水に入れられていたメダカ、元気を取り戻したようなので室内飼育のガラス水槽に移してみた。
どうだろう、早く元の外の水槽に戻してやりたいが。
それに他の室内飼育のメダカも最終的には外のガラス水槽に行ってもらうつもり。
どうも外のガラス水槽がスッキリしないので、もう少し待ってからにしようか。
 
室温が上がって来た。発泡スチロール水槽は窓際なので影響が大きそう
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2021年6月 4日 (金)

怪しいメール

何度となく来た怪しいメール、今までもYマト運輸と間違えるようなものがあったが、今回は佐川K便を名乗っていた。
もちろんこんなもの相手にしないが、ひょっとしてと思わせるのが危ないところ。
もちろん名前の出た佐川K便も、これについて決して添付のアドレスにアクセスしないようHPに書かれていたが、皆見るかな?
とにかく覚えのないメールには充分注意しよう。
 
不届き者は後を絶たない
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2021年5月31日 (月)

先週とは大違い@増沢池-午後の部-

予報に反して風・波は止む事がなく、午後の部も先が思いやられる状況ではあったが、何と開始早々からウキが動くではないか。これは・・・。ひょっとして午後の部は前回をなぞるような展開になるのかもと極甘の予想。ただしさっぱりだった場合には残業も視野に入れて。すると、開始20分に満たない12時半少し前にウキがズバッと消し込んでDscf2440Dscf24411匹目。やったぁ。これは素晴らしい、きっとこの後もこう言う展開が待っているに違いない。と、12時半過ぎに再びのズバッ!でやった2匹目ゲット。この調子なら前回並みの釣果も期待していいかもね。しかぁ~し、私の場合そんなに上手く事が運ぶ訳がない。そこからはカラばDscf2444かりで1時。更にそこから何と目にスレる連荘?これは厳し過ぎるでしょう。やはりダメなのか。しかぁ~し、やはり宙は違った。あたりの数はそれまでと変わらないものの、何故か急に掛かるようになったではないか。まだ午後のGTには早過ぎる、一体何が起こったのか?目にスレの直後に3匹目ゲット。更に1時半Dscf2445Dscf2446を過ぎると2時までに4匹。何とか単独での第2目標に到達したぞ。こうなれば次の目標は単独での第Dscf2447Dscf24483目標だ。O合さんは2時前に終了。今日はあたりを3,4回しか見なかったらしい。結果は出たものの、参りましたと言って帰った。お疲れさまでした。私は2時を過ぎて調子が落ちて来たものDscf2449Dscf2450の、終了の2時29分までに2匹を追加して、単独での目標到達は無理でも何とかトータルでの第3目標には届いたぞ。私とほぼ同時にO橋さんも終了。午前午後を通して竿が曲がっていた。Dscf2451さすがです。片付け。この場所は午後になると太陽の直射があって暑かったが、湿気が少ないのか汗ダラダラにはならなかった。片付けを終え、奥のT林さん、O橋さん、それに午後から来て対面看板横にいるO石さんに挨拶して車に戻る。そんなに長い間竿を出した訳でもないのにやたらと疲れている。グッタリして荷物を積み、今日はベイシア詣では勘弁してもらって家路に就いた。
 
帰宅後風呂に入ったら、どっと疲れが出てグッタリ×グッタリだ
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

先週とは大違い@増沢池-午前の部-

今日こそ好天で風も弱いとの予報なので、行かずばなるまい!ちょっと遅れ気味ではあるが、増沢へゴー!駐車場にはO合さんに加えてO橋さんの車。さっさと荷物を降ろしていつもの場所に向かうと、ゲゲッ先客あり。浅場方面に向かう手もあるが、ここは思い切って深場ワンド方面に行ってみよう。柳の木の前に立つと、すぐそばにO合さん。まだ始めて間もないらしい。それではと深場方面を見ると、えっ、柳の木の奥が空いているではないか。おかしいなぁとその先を見ると、更に深場にはO橋さん。その奥に、いつもこDscf2436Dscf2437こにいる咳払い。何故今日はここではないのか。まあいい、せっかく空いているのでここに入ろう。ここはあまり入った事がないので、様子が分からない。が、私は私の釣りをするだけ。竿は9尺で両ダンゴの底から入る事にする。餌はいつもの夏・冬・マッハ。昨日上州屋でウキのトップを買って、先日折れたウキの補修をして来たので、オモリ合わせから始める。それからささっと底を取り、開始は10時7分。とにかく早く1匹が欲しいが、ウキは動こうとしない。ただ、多少流れた先でウキが返しているようにも見える。まあ、餌を柔らかめに作ってしまったので落ちているのだろうと推測。聞けばO合さんとO橋さんは共にウキが動かないと言うので、先週とは様変わりなんだろう。それでも打ち続けると、開始15分くらいでウキがモヤ。そして1回あたったがカラ。まあいいでしょう、これDscf2438からこれから。すると、いつもより早めのトイレタイムにO合さんが立っている間に1匹目ゲット。まだ10時半前だ。これはいけるんではないかなと獲らぬ狸の何とやら。しかぁ~し、そこから先がさっぱりだった。ウキは動いてもあたらず。たまにあたってもスレバラシまたは変わり身の術で一向に数を増やせないまま11時を過ぎる。O橋さんから竿は幾つと訊かれたので9尺ですと答えると、そこは9尺では底の状態が良くないとの事。もっと早く言ってくださいよ(泣)。ただ、もう竿は替えません。意地でもこれで通すぞ。上空雲が多くて思いの外風もあるので白波が立ってウキの視認性がかなり悪くなっている。これも厳しい。その後も状況に変わりはなく、たまのあたりはカラまたはバラシでどうしようもない。おまけに前回同様へらを寄せる途中で食っていない方の鈎が「たも」に掛かってのハリス切れまで出てしまう。午前中のGTは何処へやら、全く数を増やせないままに12時。そして12時7分に虚しく餌を打ち切った。Dscf2439結果は言うまでもありません。トホホで次の準備。そうです、午後の部は両ダンゴの宙。前回は後半に爆釣(もちろん私にとって、だが)したので期待したいところだが、前半の体たらくでは期待出来そうにない。竿はそのままでウキと仕掛けを交換し、餌はいつものカルネバ・ガッテン。急いで昼食を摂り再開は12時17分だ。

TO BE CONTINUED!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

今朝のメダカ

昨日塩浴させておいた2匹のうち、小さい方が☆になっていた。昨夜から動きがほぼなくなっていたので覚悟はしていたのだが、残念だ。
もう1匹は昨夜は動きが良かったのに、今朝は弱い。
腹の辺りにカビ?つまようじで取ってあげたが、カビのための塩浴なのに何故?
で、新たな塩浴水を作り、そこに移動。これで様子を見る。
室内飼育のメダカには餌やり。特に問題はなさそうだが、そうそう、昨日ガラス水槽の針子が容器から水槽に移動していた。
餌をやったら何処からともなく小さな1匹が出て来たのでビックリしたが、まさか容器を飛び出していたとは。
体もそこそこ大きくなっていたのでもう戻さない。今朝も餌に食い付いて来たのでまあ安心か。
外の水槽では小さな1匹が水槽の隅に動かなくなっていたので掬おうとしたら、逃げた。もう少し様子をみようかな。
とにかく全滅だけは避けたいところ。
 
これから釣行。風がないので暑くなりそうだ
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2021年5月30日 (日)

続報の続報の続報

胸鰭に水カビが付いたメダカ、掬って塩浴しているが、芳しくないようだ。次第に動きが弱くなっている。
ネットで調べたら以下の事が分かった。
・水カビは弱ったり体に傷があるメダカに生える。カビがハッキリ見えるようになったら手遅れの可能性が高い
・水カビはどこにでもいる
・健康なメダカには生えないが、水カビのある環境下である事に間違いはないので注意が必要
・塩浴ではカビはやっつけてもメダカの傷が癒える訳ではない
・傷を治すにはメチレンブルーとかの薬剤を使うしかなさそうだが、メチレンブルーは問題があるのかジャンボエンチョーやみずきんでは売っていない(楽天にもなかったが、アマゾンではあった)
・他にはマラカイトグリーンとかある

水槽の水質はどうなのか?メダカを入れる時期が早いか遅いかではなく、購入時またはそれ以降のメダカの傷が問題なので、ちゃんとしたところでちゃんとしたメダカを買う事が大事なようだ。
とは言え、既に投入したのだから、残ったメダカには頑張って生き延びて欲しいとしか言いようがない。

塩浴中のメダカ、ほとんど動かなくなった(泣)
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

続報の続報

残念ながら塩浴の残り1匹も☆になってしまった。
今日は室内飼育のメダカに餌をやってから外の水槽に餌やりに行くと、1匹の胸鰭に水カビ。動きも弱くなっている。
私に出来る事は掬って塩浴しかない。
大体500ccの水に2g以上の塩を混ぜて病気のメダカを迎え入れる。
これで様子を見るしかない。
悲しい事に水槽には別の1匹が底付近で静かにしているのが見えた。
これも掬い上げた方がいいのだろうか。
とりあえずもう少し様子を見る事にして、餌だけやってきた。

全滅だけは避けたいところだが
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2021年5月29日 (土)

続報

今、午後の餌をやるべく外の水槽を見に行ったら、塩浴中のペットボトルにいる2匹のうち1匹が☆になっていて水カビが生えていた。
体が小さいので体力的に持たなかったか。
腹巻のように水カビがあった、最初に見つけた1匹は今のところ元気でいる。
何とかこの1匹には持ち直して欲しい。ペットボトルから洗面器に移したので、酸素量も多少は増えるかもしれない。
 
これで残りは8匹。餌には反応するようなので、何とか生きながらえて欲しい
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

メダカに異変

今朝、外のガラス水槽のメダカに餌をやろうと覗いたら、1匹が☆になっていた。合掌。
更に1匹のお腹の辺りが白く膨らんでいる。抱卵か?
いやいや、よくよく見ると水カビのようだ。
ゲゲッ、何故?掬ってちょっとこすったら取れたが、さっきネットで調べたら塩浴が効くらしいので、空のペットボトルでささっとそれらしく作り隔離。もう1匹弱弱しくしているのがあったので、それも一緒に。
広い水槽で動き回るとなかなかじっくり確認出来ないので、他のメダカは大丈夫なのか心配でならない。
白カビは体に傷があるとなりやすいとの事。買ってくる前から調子が悪かったのか、それとも水槽で体調が変化したのか?
もっとよく注意してみよう。
 
塩浴は1日くらいで終了予定
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2021年5月28日 (金)

久し振りの竿出しは快感?@増沢池-午後の部-

竿はそのままでウキと仕掛けを交換。餌はカルネバ・ガッテンだ。再開は1時9分。「たな」は仕掛けのままと適当で始めたが、何とじきにウキがモヤモヤし始めたではないか。底とはえらい違いだ。そして消し込みも出たが、カラ。何だこれは?O合さんは午後になって2匹追加したので、私も早く追い付きたい。と、ここで後から来て右隣に入った人が声を掛けて来た。何と竿を持って行かれたようだ。回収用のリール竿を持って日向Dscf2419側へと向かった。私には何も出来る事がないので、釣りを続行。すると、開始10分で1匹目ゲット。これは素晴らしい、素晴らしいですよ。なんだかいつもと様子が違うのは最初だけではなかったようだ。よし、これから爆釣と行こうではないか。すると、私にとっては爆釣ペースと言うか、Dscf2420Dscf24211時半からバタバタと4匹をゲットしてしまい、早くも単独での第2目標、それにトータルでの第3目標もクリア出来たぞ。ちょうど対面ではS我さんDscf2422Dscf2423がO石さんが持ってきたリール竿で右隣の竿を回収したところ。良かったデスネ。さあ、私もまだ時間と餌は充分あるので、単独での第3目標を目指そうではないか。すると、じきにズバッ!で6匹目ゲットかと思いきや、「たも」に入れようとしたところで入らず、食っていない方の鈎が「たも」に掛かってしまい、暴れられてハリス切れとなってしまった。まさにガクガクッ×ガクガクッ。調子が上がりそうになるとトラブルが発生するのが私らしいと言えばそうなのだけど・・・。急いで交換して再開すると、またもやズバッ!からのハリス切れでガクガクッ×ガクガクッ×・・・。今にも爆発しそうな感情を抑えて再びのハリス交換。そして再開すると、何と今度はバラシでもう嫌っ!こうなっては地合など崩れてしまうのが当たり前、時間的にはそろそろ午後のGTでも難しいか。しかぁ~し、今日の増沢は私に優しかった。O合さんは2時に終了。S我さDscf2424Dscf2425んも早めに帰った。お疲れさまでした。私は3時まではやる予定。何とかそれまでに第3目標をクリアするぞ!すると、2時半までに2匹。先が見えて来たぞ。更にここからが今日のハイライト。午後のGTは間違いなしで2時半からDscf2426Dscf2427Dscf2428Dscf2429Dscf2430Dscf2431Dscf24323時までに7匹をゲットと言う素晴らしさ。あたりに合う合う合う!あっという間に単独での第3目標をクリアすると共に、何とトータルでの20まで視野に入って来たではないか。餌が残り少ないものの、現状では難しくなさそうな感じ(個人の思い込みです)。対面O石さんにあとどれくらいやるかと訊くと、あと3投で餌が終わるとの返事。私の餌はもう少しありそうだ。ここで奥の方から声がしたが、何と言っているのか聞き取れなかった(最近急に耳が悪くなった気がする)。T林さんだった。今更遅いがお疲れさまでした。3時頃からウキの動きが悪くなDscf2433Dscf2434って来たが、それでもポツポツと2匹をゲットすれば、嬉しやトータルで20を超えたぞ。もちろん単に地合だけの話ですが、何か。さあ、残りの餌で欲を張ってもう4匹(オイオイ)。単独で20を超えれば言う事なし。しかぁ~し、幸せの女神はもういない。あたりは出続けたが一転してカラツンの嵐となり、全くかすりもしないまま餌が尽きて3時23分に無念?の終了となってしまった。結果、午後の部では実釣Dscf24352時間15分弱で16匹。こんなの滅多にないぞ。今年の運を使い果たしてしまったのかもしれない。そしてトータルでは実釣4時間20分弱で21匹。いやぁ、久し振りに来て良かったなぁ。ちょうどO石さんも終わったようだ。2人ほぼ同時に片付け開始。竿を回収出来た右隣はポツポツと竿を曲げている様子。良かったデスネ。片付けを終え、右隣とO石さんに挨拶して車に戻る。距離は対面に比べてグッと短くなったものの、勾配がきつくてハアハア。さあ、今日もベイシアが私を呼んでいる。さっさと荷物を積み、さっさと池を離れた。
 
気持ちよかぁ・・・
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

久し振りの竿出しは快感?@増沢池-午前の部-

やっと竿を出せるようになった。しかも昨日の雨で状況が良くなっているかも。90cmガラス水槽のメダカの様子は落ち着いている感じ。餌をちょっとだけやってみた。通院後に一旦帰宅し、それからゴー!既に10時を過ぎているので、何とか11時までには餌を打ち始めたい。駐車場にはO合さんとS我さんの車。K田さん、O橋さん、それに咳払いの車はない。さっさと荷物を降ろして池に向かう。もちろん日陰側かつてのいつもの場所。Dscf2412いましたよO合さん、前回と同じ柳の木の手前。まずは挨拶。と思ったら竿を曲げていた。ちょうど2匹目だと言う。S我さんは奥の方にいるようだ。さあ準備しよう。竿は振り出し9尺、餌はいつものダンゴ。ウキは「舞」の小さいサイズがあったのでそれを採用。オモリを合わせ、底を取っての開始は10時50分。何とか予定通りにスタート出来た。早く1匹が欲しいところではあるが、ウキはなかなか動き出さず。そんなに甘くないね、この池。O合さんは3匹目をゲットか。裏山から鹿がゾロゾロ出て来たぞ。それでも開始30分になろうとする頃にやっとウキがモヤモヤし始めたので、よしここからだと力が入る。しかぁ~し、ウキの変な動きに合わせたら中層のへらにスレてガクガクッ。底じゃないんかい!ただ、へらが来たのには間違いない。時間的にも午前中のGT、何とか結果を出すぞ。すると、ほどなく3目盛くらい入Dscf2413Dscf2414るウキの動きでやったようやく凸回避だ。久し振りに引きの手応えとご尊顔を拝する事が出来て満足満足。更に11時半過ぎに2匹目と、これからこれから。O合さんは私の上を行く結果。気にしないようにしようとは思っても、気になるぅ。ウキの動きはなくならなかったが、何故か痛恨のハリス切れが出てガクガクッ×ガDscf2415Dscf2416クガクッ。急いで交換して再開すると、12時前に3匹目。こうなると第2目標は必至か。12時のサイレンを聞き、昼食を摂りながら餌を打てば、やった4匹目。いよいよ第2目標にリーチだ。次第にウキの動きが悪くなった気がしDscf2417て焦るものの、じきに5匹目ゲットあうれば、嬉しや第2目標クリア。しかも伸び悩むO合さんに追い付いたぞ。対面坂の下には12時過ぎからO石さんが竿を出しているが、今日は好調なのか開始早々から竿が曲がった。素晴らしいデスネ。さあ、こうなると残り少ない餌で何匹ゲット出来るかが勝負。しかぁ~し、バックオーライが出てしまうと、そこからウキの動きがバッタDscf2418リ。何も追加出来ずに12時55分に餌を打ち切ってしまった。結果、午前の部では実釣2時間5分で5匹。久し振りでこれくらいなら良しとしなければ。さあ、次は宙。と、その前にずっと我慢していたトイレタイム。帰りにトイレタイムにやって来たS我さんに遭遇。雨の前後で状況が全く変わり、今日はぼちぼちだと言う。と言う事は私に言わせれば爆釣ですね。釣り座に戻り、準備再開だ。
 
TO BE CONTINUED!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2021年5月26日 (水)

早まったか!

今日は釣行の予定が、いつものグズグズで気が付けば10時。なんて日だ!
で、仕方なく次の予定をスタート。
ジャンボエンチョーで3束格安の水草を買って投入のつもり。しかぁ~し、店に入って気が変わった。
何とついでに予定外のメダカ10匹購入!だ。
まだ水が安定しているか不安な中、とにかく早く入れたいと言う気持ちが先走ってしまい、さっさと帰宅。
時刻は大体11時。まずはメダカが入ったビニール袋を水槽に投入。これで水温を合わせる。
更に前に書いた通り、余っている底石も洗って投入だ。予想通り底に敷き詰めるくらいは残っていた。
水草3束も入れて、石も3個。
大体30分以上は水温合わせを行い、次に袋を開けてプラスチック容器に水ごと移す。そして4分の1くらい水槽の水を加えて浮かべておく。
これを30分くらい毎に水槽の水と少しずつ置換していくのだ。
そしてメダカを水ごと水槽に放したのが1時40分くらい。これくらい時間を掛ければ大丈夫では?
ただ、先に書いた通り水槽の水が安定しているかが不安の種。
それに90cm水槽ではたった10匹はあまりにも寂し過ぎる。この10匹をパイロットフィッシュにするつもりはないが、しばらく様子を見た後で、いよいよ35cmガラス水槽の住人(1匹+針子1匹+エビちゃん2匹?)に発泡スチロール容器の住人(赤2匹+タニシ1匹、黒2匹+ヒメダカ2匹+タニシ1匹)の引っ越しだ。だがそれでも20匹に満たない。再度購入すべきか?
それにしても、それは来週まで待とう。そうしよう、双子葉植物。
 
明日は雨!これがどのくらい影響するのか?
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

90cmガラス水槽の続き

書き忘れたが、昨日ジェックスの「サイクル」というのを投入。高濃度バクテリアと書いてはあるが、買ってから1年以上経っても有効なのかな。
さあ、今日は釣りに行く予定だが、行かなければこの水槽の面倒を見なければ。
まずは底に何か敷いた方がいいのか。ザわさんはメダカ屋さんから底に何も敷かない方がいいと言われて、それを守っている。私は何かしら敷きたいのだが、俗に言われる赤玉土は使っているうちに崩れてボロボロになりそうで嫌だ。
で、買ってから35cmガラス水槽に入れた残りがそのままになっている小石を入れてみようかな。
多分全部入れても底を覆い尽くすのは無理と思われる。ちょっと格好悪い感じになりそうだが、それでもないよりはましかも。
後、これも買ってからほぼ使っていない石。何個かあるが、別に買わなくても良かった(そこら辺で拾っても変わらない気がする)感じのもの。これも沈めておこうかな。
そして水草。水槽が大きいので、今までのように1束くらいではどうにもならないか。ジャンボエンチョーで3束幾らで売っていたのでそれでも買って入れようかな。発泡スチロール容器のものはメダカの移植と同時に浮かべるつもり。ただし35cmガラス水槽の方はスネイルが付いていそうなので勿体ないが廃棄となりそうだ。
それが終わればいよいよメダカの投入。今週末くらいには入れたいところ。
 
雨がいつ来るかによって予定が変わる
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2021年5月25日 (火)

久し振りに訪れた増沢@増沢池

今日は好天で絶好の釣り日和だが、通院と午後からSK氏の来訪とかあって竿を出す心の余裕がない。
で、それなら見に行くくらいならいいのではと通院後にゴー!
ついでに増沢でエビちゃんの収集も兼ねて。
Img_20210525_110022池に着くと、O合さんとO橋さんの車。O石さんやK田さんはいないようだ。
まずは対面坂の下でエビちゃんの顔を拝もうと思い、橋を渡る。ゲゲッ、日向側には誰もいない。そっと日陰側を見ると柳の木の手前にO合さん。柳の木の奥の奥にはO橋さんらしき人が見える。後は深場ワンドに。あっ、日向側橋の上(かみ)に1人いたぞ。
エビちゃんには残念ながらお目に掛かれなかったので、車に戻って荷物を仕舞い日陰側に向かう。
いましたよO合さん。まずは挨拶して様子を訊くと、ここに入るのは3回目くらい。5,6匹は出るとの事。ウキはトンボの影響でハッキリしないが動いているようだ。
Img_20210525_105534Img_20210525_1059211人おいてO橋さんにも挨拶。今日は好調らしく、私が見ている間に2回竿が曲がった。
おっと11時を過ぎてしまった。この後ベイシア詣でが待っているので、お二人にまた宜しくと言ってお暇。
明日には来れたら来たいなぁ。
そしてベイシアでしこたま買って帰宅した。
 
SK氏にパソコンを引き渡して一段落
    ↓        ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

«今日の90cmガラス水槽