« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月31日 (火)

どうしてだろう

今期のメインイヴェントだった「移行審査」が終わって、ちょっとした虚脱状態が続いている(釣り以外)。次はもっと大変なこと(秘密)が目前に控えているのに、モチヴェーションが今ひとつ上がらない。毎日昼休みは外で陽に当たるようにしている(うつ病回避)のに、どうも気分がすぐれない。何かきっかけさえあれば再び上昇モードにスイッチが入ると思うのだが、そのきっかけが掴めない。もう少し待っていれば、自然に元に戻るのかもしれないが、ひょっとしてこのままの状態でずっと時が経つのかも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月27日 (金)

おいしいもの

さっき帰ってきました。久し振りのうまいもん。酒を呑んで憂さを晴らすというより、おいしいものを食べてお腹も満足、ついでに心も癒す。ということで、貴田乃瀬という所で親睦会。最後に飯が出なかったのは少し心残りだけど、全体的にはうまかった。特に、ズッキーニの中にベーコンを詰め、薄く衣を付けて揚げたものは皆賞賛。最近は食も細くなるよう心がけてきたけど、今日は別。本当に楽しめました。さて、ボチボチ寝るかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月25日 (水)

無事終了

何とか2日目も終わった。これで肩の荷が下りた。やはり職場審査で突拍子もないことを言う人がいて、横で記録をとりながらもひやひや状態だった。部課長への教育もしっかりやらなければ、と思ったが、どうせ年1回のことだし、適当に審査時間が過ぎれば後は野となれ(言いすぎか?)という感じも見えるので、別の意味での教育が必要かもしれない。とにかく、終わった。週末には親睦会があるので、そこで今までの鬱憤を晴らそう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月24日 (火)

1日目終了

やっと1日目が終わった。疲れた。今のところ、指摘事項はなさそうだ(勝手な思い込み)が、明日は職場審査。変なことを言う人が出ないとも限らない。私の心配はまだ続く。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月23日 (月)

いよいよ明日から移行審査(フジの中村アナ)

いよいよ明日から移行審査。泣いても笑っても逃げられない。「人事を尽くして天命を待つ」心境にもなれず、今日もバタバタと走り回った。もうやることはない(と思う)。さあ、出来ていないものは出来ていない、ないものはない、といささか開き直って明日を迎えよう。

と、ここでホリエモン逮捕のニュース速報が。幹部も逮捕された。ややびっくり。
それと、地元ヤマハ発動機の家宅捜索。無線ヘリの違法輸出?合法か違法かそんなの分かってやっているに決まってる。今まで特に問題がなかったらしいが、何故今回の物件だけが騒がれるのか?こちらのほうがびっくり。

さらに追加:さっきまで見ていたフジテレビの「ネプリーグ」で、アナウンサーチームの中村仁美?アナが、答えを間違えた千野アナに向かって、「馬鹿でもお嫁にいけるんですね」と発言。どうみても個人的感情がもろに出ているとしか思えない。可愛い顔で、今まで好印象だったが、これで見方が180度変わった。こんな奴はテレビに出すな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月22日 (日)

劇的な結末(大久保)

今日は好天。釣り好きに東ノ谷でどうでしょうとメールを打つが、皆用事でNG。それでは、と行き先を変更して大久保に向かう。ここも都田と同じく昨年ボウズで終わっているため、リベンジが目的。誰もいない池で、最初は陽が当たっている堰堤から竿を出したが、ノーアタリ。風・波も少なく、コンディションは良いが、都田と全く同じ推移。堰堤が日陰になってきたのを機に、前回ボウズだった左岸倒木横に入る。でも状況は同じ。ただし風・波が強くなり、体感温度は下がる。1人来て、私の更に奥に入った。その後、あたりがないまま12時。これは都田と同じ「返り討ち」かな、と思いながらも両グルテンで打ち続け、何やらウキが戻しているように見えてきたので、これは、と最後のふんばり。しかし、結局状況は変わらないまま最後の1投。すると、今日初めてウキがチクッと入り、合わせればかかりました!竿が頭上の枝に当たってうまく取り込めない。あせりながらも寄せれば、サイズは30cmくらい。感動。今日たった1回しかなかった(見えなかった)あたりを最後の最後にものにした気持ち良さ。奥に入った人の状況は分からないが、納竿。腹が減ったので、いつもの食堂で昼食。穏やかな疲れが体を覆う。来て良かったと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月21日 (土)

今日は雪のつもりが雨(ホリエモン)

関東南部は雪らしいが、家の周りは雨。ゆっくりと起きだし、朝食。さて、どうしようか。雪とばかり踏んでいたので、特に出かけるつもりはなかったが、こうなると、雪になる前に少しだけ外に出てみようかな。お金もおろさないといけないし。床屋さんにも行って、さっぱりしようか。

話は変わって、ライブドア。TVではホリエモンをこきおろしているが、本当に手の平を返すとはこのことだ。「ホリエモンの錬金術」というブログが凄い人気で、私も覗いてみたが、ちょっと知識のある人(私はない)が情報を取り寄せてみれば(上場企業ですから、情報は開示されている)、おかしな会社だということは分かるらしい。マスコミも薄々は分かっていて、それでもホリエモンの露出が(お互いに)メリットがある間は知らん顔をしていたのかもしれない。フジテレビはさておき(調査能力ゼロ?)。ホリエモンを時代の寵児とほめちぎっていたコメンテータや評論家のうち1人でも、私が間違っていました、見る目がありませんでしたと言っただろうか。所詮はその場の「言の葉」に過ぎないのだろう。

そうそう、スカイプのアップデートがあって、ヴァージョンが2.0.0.73になった。関係者は更新してください。

さて、着替えて出かけるとするか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月19日 (木)

いよいよ雪か?

今日は急に冷え込んできた。天気予報のとおり明日は雪になるかもしれない。
大雪の地方の方から見れば何をと言われそうだが、去年の雪の日は車のタイヤがツルツル(2年前からディーラーにタイヤ交換を言われていたのにそのままにしていた)だったので、出勤の際には凍りついた道路で出来るだけブレーキを踏まないよう、後ろの車に責められながらも「のろのろ運転」をした記憶がある。
今は車も替えた(TIIDA)ので、タイヤの溝はまだしっかりある。多少は安心。でも注意をするにこしたことはない。それよりも週末の天気が心配だ。もちろん釣りのため。連続ボウズは避けたいが、天気さえ良ければ都田で今度こそリベンジだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月18日 (水)

写真で誤魔化す

これも古い写真ですが、この「へら」は30センチ弱でしょう。

photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月17日 (火)

吉田拓郎ネタは食いつきが悪い?

1970年代、私の青春時代には吉田拓郎はかかせない存在だった。その頃私と同じように青春時代を送ったおっさんの多くも彼の影響を少なからず受けたことだろうと思う。しかし、時は過ぎ、「フォークソング」は流行歌と同じように廃れ、「ニューミュージック」へと変貌を遂げる。そしてそれから年を重ねたおっさんの多くは、いつしか拓郎から離れていく。彼の支持層も代替わりして、我々(私)が聴くのは昔の曲ばかりで、どちらかといえばノスタルジーからという寂しい現実。
NHK BS-2の「フォークソング大全集」もいわゆる「懐メロ」。見ると、結構な歳の人達が昔を懐かしみながら唄う。拓郎はそのなかに埋没しまいとして頑張っているのだろうが、私にとっては既に「過去の人」。だから、拓郎について書くときには、どこか「昔は良かった」調の文章に知らず知らずなっているのだろう。それでは読む気になる人はあまりいないかも。でも、時々書かせてもらう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月16日 (月)

いよいよ迫る移行審査

ISO14001:2004年版への移行審査がいよいよ来週に迫ってきた。とりあえずやるべきことはやってあるつもりなのだが、どこか不安だ。今日も審査スケジュールを作成していて、ふと不安になる自分がいる。不安をかき消すには、もう一度やるべきことをおさらいすれば多分良いのだろうが、手に付かない。今まで更新審査は経験があるが、新しい(マイナーチェンジ)規格への移行審査とは一体どのようなものなのだろうか。漠とした不安。

ライブドアの強制捜査。まだ事態をそれほど把握出来ていないが、やはり「出る杭は打たれる」のか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月14日 (土)

雨が降っている。久し振りの雨。普段なら休みの日の雨にはガッカリするが、今日は何故か心穏やか。きっと最近雨がほとんど降らなかったので、心も湿気をほしがっていたからだろう。天竜川水系でも、工業用水の取水制限があるとか聞いていたが、多少の貢献はするかもしれない。でも、一方では大雪の地方で雪崩の危険が高まっているという。雪が溶けて川や用水の増水もありうるということで、本当に気を付けてほしい。

自分のことに戻るが、明日は天気が回復するので、絶対釣りに行くぞ!気温も上がって、きっと釣れる(と思う)。先週の休みでは好天にも拘わらず、寒くて家を出られなかった。でも明日は違う。O氏、M氏、それに「年間釣行回数5回目標」を掲げているOG氏にも声をかけてみよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月12日 (木)

どうしてこんなに悲しいんだろう

吉田拓郎が出たついでと言っては何だが、「どうしてこんなに悲しいんだろう」のエレック「人間なんて」収載版が欲しい。SONYやフォーライフから出たベスト盤4枚組は持っているが、SONY盤には何故か入っておらず、フォーライフ盤には違うアレンジのものが入っている。私が欲しいのは、ピアノで始まるやつ。一時、「人間なんて」の復刻CDが出たのだが、買いそびれてしまった。「人間なんて」のLPはカセットテープには録ってあるのだが、聴きたいときにすぐに聴けない(頭出しが必要)。最近は本当に聴くことが少ない拓郎だが、これだけは是非良い音で聴いてみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月11日 (水)

激励(永遠の嘘をついてくれ)

このところ、更新がおろそかになっていたが、遂にコメントで指摘された。これは嬉しい。逆に励みになる。見ていてくれる人がいるということは、やはりやり始めたことはそんなに早くやめるなということだろうと勝手に解釈させてもらう。とにかく、これからはせっせと更新します。

吉田拓郎が好きで、若い頃からずっと聴いてきた。ここ10年くらいは縁遠くなっていたが、たまたま「PENNYLANE」というベストアルバムを聴いていたら、おや、という感じの曲に出会った。それが、「永遠の嘘をついてくれ」。久し振りに拓郎らしい曲だなあと何度か繰り返し聴いていた。これとは別に、パソコン用の中島みゆきのCD「なみろむ」というものを入手したので、何気なしに聴いていると、あれっ、どこかで聴いたことが。えっ、吉田拓郎の曲を中島みゆきが唄っている!そんなこともあるんだ、と思いながら歌詞を見ると、これは中島みゆきの曲だ。拓郎が中島みゆきの曲を唄っていたのだった。全く分からなかった。それほどこの曲は拓郎にぴったりだった。中島みゆきと吉田拓郎には何か共通点でもあるのだろうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月 9日 (月)

釣りに行きそびれた・・・PART2

今度の連休でも釣りに行かなかった。寝る前には予定をたてているのだが、朝になると面倒になって、そのままグズグズして昼を過ぎてしまう。今度の休みは朝から晴れていたので、いつもならさっさと出かけるのだが、急に釣りへの意欲が落ちたのだろうか?それとも目標を達成したあとの虚脱感でもあるのか?また、釣りの回数を減らすかわりに何かを始めようと決めていたのに、そちらも何も決まっていない。このままでは、釣りを始める以前のぐうたら生活に戻ってしまう。かと言って、無理矢理釣りに行くのはどうなのだろうか?もう少し気温が上がったら気持ちも前向きになるかもしれない。今はそうっとしておこう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年1月 6日 (金)

スカイプの2.0正規版が出た

スカイプ関連のサイトではこの話でもちきり。私も早速ダウンロード、インストール(スカイプ本家では、いきなりRUNするように書いてあるが、私はダウンロードしてインストール)。最近、ベータ版でwebカメラを使って2人と通話試験を行ったが、両方とも途中からノイズとともに画像も乱れ、やがてザーッという音だけになってしまう現象が現れた。今まで何の不自由もなくスカイプを使ってきたが、スカイプビデオになってからはなかなか思うように通話(画像付き)できない。今、スカイプフォーラムの日本語版に問い合わせているが、今日正規版が出たことで、再度これを使って通話試験をする必要があるとのこと。

昨日、フジテレビ系列の深夜番組でほんのちょっとだけスカイプが紹介されたが、画像はあんなものなのだろうか?番組の中で使われていたwebカメラはロジクールのQVX-13で、私も使っている。番組でのPCのスペックやインターネットの接続速度は不明なので、一概にカメラ云々は言えないかもしれないが、webカメラは私にとってかなり高価なものなので、もう少し良い画像であってほしかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 5日 (木)

今年第2回目の釣り

このところ、天気が朝方は悪く昼頃から明るくなる、の繰り返しのため、なかなか釣りに出かけるタイミングが掴めなかったが、今日は冬休み最終日ということもあって、昼食を摂ってからすぐに支度。最初に大久保に行ったが、2人釣っているものの、いかにも寒そう。日も当たっていない。そこで、困ったときの工業団地の池、ということで、早速方向転換。池に着くと、まだ多少日が当たっているので、急いで車から道具を下ろし、準備。誰もいない。今日はバラケと「玉」のセットで底。最初はさっぱりウキが動かず、失敗したかと思ったが、そのうちウキが絶え間なく動くようになる。もちろん「へら」を期待しているわけではない。この池ではマブナの小さいのが冬でも元気で、それに遊んでもらうのが目的。そのとおり、ウキの動きに合わせて次々と「ちびふな」がかかる。時にはダブルも。途中から宙に変更し、合わせの練習も兼ねる。私の合わせも随分小さくなったものだ。3時頃には釣り台に日が当たらなくなったので、これを機に納竿。楽しませてもらった。これで明日から気持ちよく出社できる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 4日 (水)

いよいよあと1日

冬休みもあと1日で終わろうとしている。この休み中に何をしたか、と言われれば、換気扇の掃除と年賀状作成、それからスカイプビデオの実験くらいか。釣りも1回しかしていない。本当にゴロゴロした休みだった。最終日は釣りをしたいが、どうも天候不順で難しそうだ。まあ、冬休みは骨休めだったということにして、金曜日からは気持ちよく出社しよう。無理かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 3日 (火)

そろそろ通常モードに

正月番組も食傷気味で、食ったり食べたり?の繰り返しにも疲れ、そろそろ通常モードに切り替えないと休日明けにはしんどいことになる。とりあえず明日からはいつものように6時半に起きよう。それから、体を動かす意味からも、部屋の掃除でもするか。本当に体がなまった。だるい。気持ちも緩んでいる。こんなことで、休み明けに控えている重要な案件に対応出来るか?気持ちのほうも、何かピリッとするような事でもあって引き締まると良いのだが(トラブルとかはやーよ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 2日 (月)

今年第1回目の釣り

ようやく今年第1回目の釣行ができた。朝方は雨で、やっぱり予報は当てにならないとガックリしていたのに、昼頃から晴れてきたので、急いで準備して東ノ谷に向かう。さすがに誰もいないが、開始だ。そして、何と2匹をゲット。もう1匹は尻ビレに擦れていたためノーカウント。でもまあ満足。3時を過ぎて急に気温が下がり、また湖面も波で覆われたため、4時までという予定を変更して納竿。

奥池の様子を見に行くと、5人が釣り台で釣っている。もう4時になろうとしていて、気温も相当下がっているが、全く上には上がいるものだ。残念ながら、私が見ている間には竿は曲がらなかった。

冬休みもあと3日。何とかもう1回釣行したいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 1日 (日)

釣りに行きそびれた・・・

いよいよ2006年。へぼ釣師も始動といきたいが、天気予報に阻まれて元日からの釣りはなくなった。朝方はえらく曇っていたのに、次第に外が明るくなってきて、これは、と思わせるものの、天気予報では雨が降るとのこと。う~ん、迷う。結局グズグズしていて出かけられないまま昼。雨は降らず、ポカポカ陽気のまま今年第1回目の釣りは見送りとなってしまった。こうなると、明日がポイントだが、今度は天気予報では晴れ。今日のこともあって、逆に本当は天気が悪くなるのでは?と疑ってしまう。でも、準備だけはしておこう。釣り好きにも連絡しておかなければ。とりあえず、切れている「ダンゴの底釣り(冬)」でも買いにいこうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »