« いよいよ7月 | トップページ | 朝鮮半島 »

2006年7月 4日 (火)

嫌韓流その後

またも7&Yで本を買った。今度は「「マンガ嫌韓流」のここがデタラメ」。こちらもそのまま鵜呑みには出来ないが、少なくとも「マンガ嫌韓流」よりは冷静だ。やはり、「冬ソナ」から始まった韓流ブームが両国を近づけ、それによって様々な問題も露わになってきたと考えるのが妥当だろう。親密になることで摩擦が生じるのはごく自然で、その摩擦を乗り越えたところにさらなる理解がある。両国が偏狭なナショナリズムに陥らないよう、微力ではあるが自分なりに出来ることを考えていこう。

|

« いよいよ7月 | トップページ | 朝鮮半島 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/10789733

この記事へのトラックバック一覧です: 嫌韓流その後:

« いよいよ7月 | トップページ | 朝鮮半島 »