« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月29日 (火)

いよいよ佳境に入ってきました「美しき日々」

「美しき日々」いよいよ佳境に。親父が殺人犯だと知ったミンチョル(イ・ビョンホン)はヨンス(チェ・ジウ)との婚約を破棄する。それにしても、一体タイトルの「美しき日々」は何を指しているのか?美しき、とは過去を意味していると思う。普通なら美しい、となるはずだが、強調の意味で美しき、となっているのか。原題は beautiful days とあるので、何となく過去を示唆していると感じるのは私だけだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月28日 (月)

夢人島

土日の2日間、浜名湖ガーデンパークで「夢人島~」というイヴェントがあったらしい。新聞に出ていたし、昨日は連れが会場からメールしてきた。結構ビッグなアーティストが出ていたようだが、実際昨日メールが来るまで知らなかった。会社でも一部ではティケット(12,000円)を5,000円で売りたいとかいろいろあったらしい。でも私のアンテナはかなり低いので、伝わって来なかった。もし伝わってきたら、ひょっとして行ったかもしれない。でも、1回の公演で6万人というから、そんな人の多いところには行きたくないという気持ちもある。そう、うん10年前の私なら躊躇なく行っていただろう。でも今はそんなパワーはない。これが老化というものだろうか。9月にはつま恋で吉田拓郎とかぐや姫のオールナイト(かな?)コンサートがあるが、これも我関せず、だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月25日 (金)

ただいまダイエット中

既にダイエットを始めて1ヶ月以上経つ。1日3食のうちの1食をいわゆる「プロテイン」とやらに置き換えるというもの。粉を牛乳200ccに溶かし込み、それを飲むだけでかなりの減量が期待できるというものだ。味が単調にならないよう、7つの味で1週間持たせる。通常4週間分のところを5割増しの6週間分が同額ということで、試しに買ってみた。そして、何と夕食を抜くという、ダイエット初心者にしては大胆な設定。空腹は水を飲んで抑える。すぐにギヴアップするかと思っていたが、自分でも驚くくらい続く。これだけ努力したら、きっと素晴らしい結果が待っているに違いない。そして1ヶ月が過ぎ、体重計におそるおそる乗ったところ、・・・。えっ、体重変わってない?ダイエットを始める前と1kgの変化もない。最初は体重計が壊れているのでは、と疑ってみたりしたが、どうやらこれが真実のようだ。愕然。今までしていた間食や、ポテトチップをつまみながらの晩酌も全て絶ち、根性で迎えた1ヶ月目だったのだが、一体あの努力は何だったのか。遠くの方から、体を動かさないダイエットはあり得ないという声が聞こえてくる。そうだろうなぁ。でも、食べても食べなくても同じなら、やっぱり食べるほうに行きたいのは人情。もちろん食べれば体重が減ることはない。でも、他にない「食べる楽しみ」を絶って臨んだこの1ヶ月以上。まだ1週間分残っているから、一応最後までやってみよう。それでダメなら次は「おからクッキーダイエット」だ。
写真を後から追加。 53400105

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年8月20日 (日)

SK氏のパソコンメンテ

今日の釣りで様子を見に来たSK氏のデスクトップパソコンのメンテにSK氏宅に向かう。3時頃出かけるつもりだったのだが、ちょうどお祭りの屋台が家の前にいるので、1時間くらいは車を停められないということで、4時前に家を出発。インターネットに接続出来ないとのことで、早速パソコンをON。すると、フレッツADSLをセットするソフトがインストールされていることが分かりそれを起動させると何のトラブルもなくインターネットに接続出来た。SK氏はほぼ95%までこぎつけておきながら、最後の詰めが出来ていなかっただけだった。これで終了かと思ったら、その後は無料のアンチウィルスソフトやスカイプのインストール、設定などいろいろな注文が出始め、なかなか終わることが出来ない。ついでにノートパソコンまで面倒を見ることになり、終了したのは9時近く。とりあえずまともに動くようにはなったが、疲れた。明日から会社なので、今日は早く寝るとするか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月19日 (土)

「美しき日々」その後

ようやく8話まで見た。最初はゴチャゴチャしていた関係も慣れて分かるようになると、変だと思っていたオーバーアクションもそれなりに理解出来るようになる。憎しみで人生を生きることのつまらなさを早く分かってほしい、そんな感情移入も自然に。まだ全体の1/3が終わっただけだ。この後どんな展開が待っているのか。既に見た人には教えないでと言っておく。私のお気に入りは「ナレ」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月17日 (木)

再び東ノ谷で予定外の釣り

昨夜OT氏よりお誘いがあり、今日は都田の予定だったのだが、朝目覚めると外は雨。これくらいの雨ならと5時半過ぎに家を出る。しかし、途中でOT氏からメール。雨なので中止とのこと。せっかく家を出て途中まで来て、それはないでしょう。それなら東ノ谷で東名橋の下なら少しの雨でも濡れないので、そこにしようと提案し、了解を得る。さて、6時に池に着くと、橋の下には先客あり。しかも真ん中に座っているので、我々は離れて座ることになる。さてどうしようかとうろうろしているところにOT氏登場。随分久し振り。雨が上がりそうなので、古い池の堰堤脇の木の下に入ることにした。OT氏が堰堤の横、私が木の陰(釣り台が作ってある)。しかし、木の陰は雨が上がったあとでもポツポツと水滴が落ちてくる。仕方なく傘をセット。これはまずい選択だった。そのうえ竿が頭上の木の枝にかかりそうだ。でもセットしたからこのままやろう。竿は9尺で宙だ。餌は特Sとバラケマッハを2:2に水1の両ダンゴ。準備中にいつもここで釣っている爺さんが来て、ここは宙では釣れないと言う。私にはそんなところに入っても釣れないとしつこく。嫌が応にもやる気が出ます。餌打ち開始。すると、ウキの馴染みが出ない。餌を多少練ってみるが、同じ。もうへらが来ている?そのとおりで、すぐにあたりが出るが、連続してバラシ。一方のOT氏は、さすがに1匹目を釣るが、このサイズが小さい。四ツ池もびっくりだ。私にもようやくかかるが、同様のサイズ。場所を変わろうか。もう少しやってみよう。すると、2匹目は同じくらいだったが、3匹目はやや大きくなる(とは言え、25cmくらい)。続いて連荘と思ったら、寄せる途中でバラシ、お約束のとおり頭上の木の枝に仕掛けをかける。しかも、竿にも道糸がグルグル巻き。これで嫌になり、場所を変わることに。OT氏の左、堰堤だ。移動中に7時半のサイレン。雲は途切れ、太陽が顔を出している。今度は雨でなく日除けのために傘をセット。暑い。この頃OT氏が急に好調になり、ポツポツと竿を曲げ始めた。私も急いでセッティング。そして再開。すると、第1投からウキが動き、2投目ではウキが引きずり込まれた。もちろん擦れだったが、こんなに活性が高いのか?OT氏は餌を作り替えた。私はもたもたしていた分、餌の消費が少なく、経時変化で粘りが出たせいかカラツンが多くなり、数を稼げない、というか、途中で数を忘れた。上空雲の流れは昨日と同様速く、次第に暗くなってきた。そのうえ湖面には波。ウキの視認性がかなり悪くなる。それでも餌を作り替え。今度はペレ道ベース。この餌は最近あまり良くないが、最初と同じ餌では面白くない。そして再開。時刻は8時半頃か。波の影響か2人ともあたりが減る。さっき我々に宙では釣れないと言っていた爺さんが、いつの間にか私が釣っていた場所の隣に入り、底で竿を曲げている。我々への注意は単に自分がそこに入りたかったということか。まあいい。波は消えず、我々はウキの動きも良く分からないまま雰囲気で合わせ、ポツポツと釣る。9時半頃、OT氏が餌が切れたので終わろうと提案。私の餌はまだ沢山あるため、それをOT氏に半分あげて使ってもらう。本来軽い餌で釣るOT氏には合わないと思ったが、彼はウキを沈没させながらも何匹かゲットした。雨がポツポツやって来て、私は道具を車に積み込んだため、ハリス切れでも交換が出来ず、1本針で続行するが、これで何匹かゲット。でも餌の消費が少ないので、少しずつ池に捨てる。また、穂先に道糸が絡むアクシデントで懸命に解そうとしているうちに、突然雨粒が大きくなった。これで終了は決定的。何度も車と釣り座を往復し、汗と雨で体中グチャグチャ。やっと片付けが終わった頃には雨も小降りになり、2人で片付けのタイミングを間違ったなあと笑いながら解散。私は髪をタオルで拭きながら、新しい餌を買いに東海釣り具に向かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月16日 (水)

夏休み3回目の釣行は東ノ谷

今日も1人で東ノ谷。台風の余波で天気が悪くなると予報にあったが、朝起きると快晴だったので、勇んで東ノ谷にゴー。最近は出が遅く、今日も池に着いたのは6時45分。新旧どちらの池でも良いが、出来れば堰堤に入りたかった。しかし、場所的にはまだ余裕があったが、車を停めることが出来ず、古い池の捨て石が打ってある所に入ることにした。階段状堰堤には1人入っている。さて、今日も9尺で宙だ。餌はいつもの両ダンゴ。餌が落ち着くまでの間に朝食を摂る。風・波もなく、太陽もまだ顔を出していない。さっさと開始しよう。「たな」は1mより幾分か深め。すると、じきにウキがもやもやし始めたように思え、あたりを待つ。すると、すぐにあたり!しかし、連続してバラシ!その後ウキの動きは一旦収まる。う~ん、場が荒れたのかも。急いで繰り返し餌打ち。そして、1匹目が出たのはちょうど7時半のサイレンが鳴った時。とりあえず1匹出たのは嬉しいが、サイズが20cmくらい。これではここに来た意味がない。ここでは宙でもう少し大きなサイズが釣れるはずだ。それを期待して餌打ちを続行。すると、あたりに合うようになり、自分でも好調かと思えるテンポで釣れ続く。サイズは別にして。よし、こうなれば2桁になった時点で時刻を確認しよう。ところが、サイズアップした9匹目を釣った後にハリス切れ発生。ハリス交換のついでに、リュックにしまっておいた携帯で時刻を確認。おっ、まだ8時13分。1匹目を釣ってからほぼ5分に1匹釣れた勘定だ。これは素晴らしい。このまま行ける?しかし、妙な気持ちの高ぶりが仇となり、なかなか10匹目が釣れない。太陽も顔を出し、これが暑いこと。傘をセット。何とか餌が尽きるまでに15匹を、と頑張るが、結局最初の餌が尽きた9時頃までに5匹を追加出来ただけ。サイズは9匹目からアップしたのだが、あたりに合わなくなった。計14匹。ラス前には一瞬ダブルかと思わせる動きもあったが、届かなかった。ここで一旦休憩。次の餌はペレ道ベースとし、朝食の残りを食べる。階段状堰堤の様子は分からないが、私の前方の堰堤には5,6人いるようだ。さあて再開しよう。すると、へらはまだ「たな」にいるようで、ウキがすぐに動き出す。しかし、何故かあたりに合わない。たまに合っても連続して擦れとなり、カウントも進まないまま。餌のせいか?そんなことを考えていると、いきなり強い風が吹き始めた。足元には波がジャボジャボと押し寄せ、傘は吹っ飛びそうだ。とても思うように餌打ち出来る状況ではなくなった。この風は途中弱まることもあったが、最後まで吹き荒れた。傘を出していると、自分自身が危うい感じになり、傘をしまう。これこそ台風の余波か。餌打ちはバラバラで、これではへらも散ってしまう。事実、ウキの動きは悪くなり、それでは、と「たな」を深くしてみる。餌も手水を加えて良く混ぜ、多少の柔らかさと粘りを出す。そしてようやく再開後の1匹は10時過ぎ。う~ん、仕方ないか。上空雲の流れも速くなって、明るくなったり曇ったりを繰り返す。もう傘は出せない。それでも、餌が尽きた11時までに3匹を追加し、ペレ道ベースの餌では4匹(擦れ2匹を含まず)だった。トータルではほぼ4時間の実釣(宙のみ)で18匹なら私にとってはまあまあか。最初の勢いが続けばこの倍はあったはずだが、後半の状況ではこんなモノだろう。他の釣り人の様子は分からないが、私から見て左の、木のある堰堤に入った2人は竿を曲げている様子は少なくとも見えなかったので、私としては良くやったのではないか。実に疲れた。特に、風が一番強くてまだ傘をしまう前に、一瞬ではあったが風で傘が煽られて、釣り台の前が浮き上がるアクシデントぎりぎりの状況もあった。とにかく片付け。見ると、階段状堰堤の人はいない。アスレチック側には数人入っている。腹が減ったので、帰りにトンカツ定食でも食べようと思っていたが、何と定休日。それでは、同じ肉でもチキンにでもするか、とケンタッキーに向かって車を走らせた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月15日 (火)

美しき日々

「パリの恋人」は見過ごしたが、「美しき日々」は第4話まで見た。明日から天気が悪くなるので、時間をつぶすのにはちょうど良い。今後が楽しみだ。今日の新聞によると、日本から韓国へ旅行する人の数が減ったそうだが、私の韓流はゆっくりと進む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風の影響で

夏休み後半は天気が崩れるようだ。今日は釣りをお休みしたため、残り5日間釣りが出来ない可能性がある。これは寂しい。あと2,3回は釣りをしたかったのだが、果たして台風の進路は?もしずっと雨になるなら、こんなつまらない休みはない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月14日 (月)

久し振りの大久保はやはり難しい

夏休み3日目は大久保。今日も出だしが遅れ、池に向かう途中の車中で朝食。池に着いたのは5時45分。まだ誰もいない。これ幸いと堰堤一番右に入る。空は明るいが、太陽はまだ左側の木々に隠れて出てこない。さあ準備しよう。今日は9尺で宙。餌は特Sと天々、バラケマッハを2:1:1に水1の両ダンゴに、練らずに粘りを出すためのオブラートを1枚。でも水温が低い。果たして宙は正解か?気温も上がらず、非常に気持ち良い環境での第1投。「たな」を深くし過ぎたため、餌が持たない。「たな」を調節して餌打ちを続けると、ウキがフワフワし始める。そろそろかな、と身構える。すると、あたり!残念かからないが、このまま続ければ何とかなりそうだ。そして、6時22分に1匹目。これで気持ちに余裕が出る。その後、ちびへら1匹を含めて計4匹釣ったところで時刻を確認すると、7時20分。まあまあかな。しかし、既にウキの真下にはへらが湧いている。足元にも何匹か寄ってきた。この、食い気のないへらに仕掛けがかかってしまい、へらがジャンプして逃げた際に仕掛けが竿に巻き付くアクシデント発生。しばらく解こうとするが、仮に解けてもハリスがヨレヨレになるので、涙をのんでハリス交換。時間をロスする。また、7時半頃から太陽が顔を出し、傘をセット。再開後は竿が振りにくくなった。それでもあたりはまだ出ていて、やったと合わせればガクッ、ジャミがかかる。めげずに餌打ちを続けると、何とか2匹を追加。まだ8時前だ。このままいけるか?ところが、今度は消し込みあたりで擦れ。ちょうど私が擦れと格闘しているところに1人やって来た。彼は私と釣り台一つ隔てた左に入った。底釣りのようだが、餌を作るところを見ていると、トロロ昆布を使っている。餌付けも結構大きく、これで釣れるのかと思っていたら、じきに1匹目。一方私のほうは、餌が尽きたので、今度はペレ道とバラケマッハを2:2に水1の両ダンゴでやる。すると、再開後にまだウキは動くが、あたりらしきものに手を出してもカラ、または擦れバラシと冴えない。それでも8時31分には7匹目。隣はもう3匹くらい釣っている。私はこのあたりからウキの動きが鈍くなり、活性が落ちたのでは、とグルテン(α21)を用意する。これは底も見据えた餌作り。両グルテンにしてみたり、セットもどきにしてみたりするが、全くダメ。時間だけが過ぎる。そこで、隣が底で好調?のようなので、真似て底にしてみる。本来なら仕掛けも替えるのだが、今日は宙の仕掛けのまま。適当な底取りで、セットもどきで餌打ちすると、すぐにウキが動き出す。えっ、これなら今日は最初から底だったのかも。10時少し前にどうやらこの池の常連さん登場。1人は右岸奥、もう1人は私のすぐ左に入る。この人が両ダンゴの宙釣りをするのだが、「たな」は40cmくらいか。そのうえ、餌打ちしてから待つ時間がかなり長い。これがこの池の釣り方なのか。私のほうは底に変えて3回目のあたりでようやく8匹目をゲット。時刻は9時54分。いやぁ長かった。もう1人常連さんが来て、右岸コンクリに入る。私は8匹目の後もあたりは続いたのだが、ハリス切れなどで場が荒れたのか、それとも逆ゴールデンタイムになったのか、次第にウキが動かなくなる。隣はやはり年の功でポツポツと釣れるようになる。私はさっぱり。時刻は不明だが、このまま続行するよりも、隣が宙であたりを拾えるなら、と再度宙に戻す。すると、ウキはじきに動き出すが、先ほどまでとは違って弱々しい。そして、ウキがスッと入るのに合わせると、ん?何か付いてきた。ゲゲッ、2,3cmのジャミが擦れている。ウキを動かしていたのはこいつらか。太陽は徐々に位置を変えるが、傘と適当な風のおかげで汗が噴き出すことはない。今日良かったのはそれだけ。さて、早く餌を終わらせよう、とセットもどきで餌打ちすると、ウキがチクッと入り、これに合わせて9匹目ゲットは11時10分。傘が邪魔をしてなかなか取り込めない。針外しも「たも」も用意していないので、必死で手前に寄せ、手で針を外す。さあ、ようやく2桁にリーチだ。隣の隣はもう帰っている。2桁近くは釣ったのではないか。私も餌が残り少ないので、1投1投を大事に餌打ちするが、結局結果を出せないまま11時45分に納竿。隣に、釣り台に土足であがるなと言われたことを思い出し、片付けの後丁寧に台を拭く。それから結果を釣り好きにメールで報告してから車に戻った。今日は2桁超を予定したが、残念ながら叶わなかった。本当にこの池は難しい。調子が良いようでよくない。隣が、あまり手前のへらはスレているので、少し長い竿にしたようなことを言っていたので、次回は12尺以上でやってみよう。腹が減ったが、今日はいつもの食堂ではなくモスバーガーが食べたい。何を食べようかな、など考えながら車を走らせた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月11日 (金)

明日から夏休み

子供のように喜んでいる。特に何かするわけではないのだが、嬉しい。ただ、暑さだけは何とかならないか。釣りには4,5回は行きたい。あとはゴロゴロ。いや、体を動かして夏バテにはならないようにしておかないと、休み明けからしんどくなりそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 9日 (水)

台風一過

被害に遭われた方々には申し訳ないが、自宅付近は特に被害というべきものはなかった。ただ、昨日帰宅途中に空の色が異様な明るさだった。これは新聞にも載っていたが、何か大きな天変地異でも予感させるような雰囲気だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 7日 (月)

再び韓流の渦に

GYAOで「美しき日々」と「パリの恋人」が始まった。「美しき日々」は第1話を昔観たきりで、その後なかなか観る機会がなかった。今日第2話を観て、改めてストーリーを思い出した。そうか、そうだったのか。もうひとつ、「パリの恋人」は、私以上に韓流フリークのOM氏絶賛の番組。こちらも観るとなると、これからしばらく夜更かしが続きそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

分かる人にだけ分かる話

今日、ばったり会ってしまった。帰り際。重苦しい雰囲気。通路を歩く間も長く感じる。ほんの、ほんのちょっとの勇気を出して声をかければ事態が変わるかもしれない。でもそれが出来ない。通用口で小さく挨拶して終わり。いつからこんな風になってしまったのか。もちろん自分に原因があることは分かり切っている。今日もひょっとして幸運の神様が作ってくれたチャンスかもしれない。しかし、自らそれを放棄する。どうしようもない。自己嫌悪。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 5日 (土)

今日はガス給湯器を取り付けてもらった。知らなかったのだが、ガス給湯器の寿命は10年。馬鹿にならない出費。結構な物入りだ。そのうえ、今度はエアコン。冷風が出ず、この頃の暑さには参っている。これも今日椿テレビの人に見てもらったところ、室外機の基板がどれか壊れているらしい。修理は出来るが、やはり寿命が10年ということで、いずれにせよ近いうちに新品にする必要があるようだ。確かに家を建てて10年以上経つ。家については、10年目のメンテナンスということで、外壁の再吹き付け、ベランダの防水、シロアリと金がかかった。しかし、家電までは計算外。給湯器の次はエアコンか。しかも、家の3台とも同じ機種で新築時に取り付けたもの。残りの2台もいつ寿命が来るか分からないということであれば、金がいくらあっても足りない。まだある。冷蔵庫。最近冷凍機能が落ちてきて、アイスクリームを入れておくと、柔らかくなってしまい溶ける寸前。これも寿命が10年ということで買い換えとなると、ひえ~。どこかにお金が落ちていないか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月 2日 (水)

いよいよ夏本番って・・・!

天気予報によると、季節外れの涼しさは今日まで。いよいよ明日からは夏の日差しとなるらしい。でも既に8月。例年なら夏真っ盛りと言ったところだが、まだ梅雨が終わってそれほど経っていない。この異常?とも思える天気はこれも温暖化のせい?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 1日 (火)

最近いつも空腹気味

最近は晩飯を軽くするようになり、常に腹が減っている。これで体重の変化があれば良いのだが。心持ちウェストに影響が出ているように感じているので、自分としては意外に続いている。ただ、相変わらず運動をしないので、基礎代謝はおそらく低いままだろう。これでは効果薄かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »