« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月30日 (土)

全くダメ!引佐の池でボウズ

いよいよ待ちに待った休日。昨日から引佐の池に行くと決めていたので、6時前に家を出る。ただ、既に車のフロントグラスには雨粒。天気は持つのか?意外と道も混んでいて、6時15分頃池に到着。3人の釣り人が池の真ん中あたりで準備中。私は、あまり入ったことがない、階段の右に入る。バサーが元気だ。今日は13尺で底から行こう。餌はいつもの両ダンゴ。しかし底が思うように取れない。以前も同じようなことがあった事を思い出す。ちょうど13尺が届くあたりで底に変化でもあるのか。とりあえず底らしきものを取り、餌打ち開始。馴染み幅は出ている。先客は宙が2人で、1人が底。話で盛り上がっているが、やがて静かになった。宙のウキは動いているらしく、ウキの立つあたりから奥にかけて、へらが跳ねている。私のほうはと言うと、ウキがすんなり馴染んでそれで終わり。7時のチャイム(野バラ)が聞こえてくる。そして、MM氏からメール。あたりなしと答える。さて、雨も降り出し、どうもこの池は性に合わないようで、ウキは馴染んでそのまま、を繰り返すだけ。へらの寄りを示す動きは一切ない。先客もウキがもやもやするだけで、落とさないとぼやいている。それでも私よりは遙かに良い状況。私も出来るだけ餌打ちのペースを一定にして、何とかへらが寄るように、と頑張るが、ウキは全く動かない。ウキの戻りは元より、さわりさえも出ない。時刻を見ると、もう8時を過ぎた。バサーが大きなバスを釣った。うらやましい。8時半頃、試しにグルテンを作ってみるが、変化なし。先客は誰か知らないが1匹釣った。何故私のウキは動かないのか。次第にボウズの予感がしてくる。こんなにウキが動かない池があるか。大久保でももっと動く。9時を前にして、今度は竿を交換。15尺にしてみる。すると、13尺の時より遙かに底が深くなった。ただ、雰囲気は良くなったように思え、期待は高まる。しかし、状況は変わらず。ウキはきちんと馴染み、馴染み幅も出ている。餌もきちんと打っている。それなのに、ウキは戻しもなければさわりもない。目を皿にようにしてウキを見つめるが、真冬でもこんなことはないくらいウキが動かない。よし、それではドボンをやってみよう。とにかく出来ることはやって、それでダメならもうこの池は私の腕では釣れないということだ。間違って初心者が上級者用の池に来てしまった感じ。遂に10時だ。ドボンも効果なし。先客はそれぞれ1匹は釣ったようで、軽口も叩くようになった。ただ、話の内容が酒酔い運転の自慢話のようで、これはいただけない。これだけマスコミによる報道が多くなされていても、相変わらず酒酔い運転をする輩には当事者としての意識がないようだ。おっと、話が釣りから外れた。さて、10時をきりにして終わっても良いが、妙な未練が残らないよう、宙もすることにする。これでダメなら、この池で私が何をやってもダメということで、言い訳が出来なくなるので、次回から来なくても良くなる。ただ、宙は先客の様子では普通の両ダンゴではダメな感じで、かと言って他に術のない私はいつもの両ダンゴを用意する。竿は11尺。ふと見ると、私の隣、池のほぼ端に1人入っている。この人は、最初ホテイアオイを掬っていたので、多分この池の常連さんなのだろう。彼も私が帰るまで1回も竿が曲がらなかった。さて、今更ながらの宙だが、何か状況に変化がある、少なくともウキがもやもやくらいはするだろうと思いつつ餌打ちするが、全く状況は底と同じ。「たな」を変えてみるが状況は変わらない。もうほとんど惰性で餌打ちしている。結局宙でも1回もウキが動くことなく餌打ち終了。時刻は11時45分。先客はまだ続けるようだ。彼らの前方では、まだ時折へらが跳ねている。記念すべき今年50回目の釣行で、5時間もの間餌打ちを続けて結局ボウズの私は、疲れ果てて片付け。雨も止んで、少し暑く感じる。このまま帰るのも癪に障るので、帰りに都田にでも寄って行こうかとも一瞬思ったが、逆に返り討ちも辛いし、崖?を上り下りする体力も残っていない。虚しく池を後にした。この池で釣るには、もっと足繁く通って池の状況や餌について知らなければ無理だろうが、ちょっとそこまでやる気力もない。ここで結果を出している黄金バットさんは大したものだ。明日、天気が良ければ、本来は休みなのだがどこかの池(引佐の池以外の)に行ってみようかな。とにかく疲れた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月28日 (木)

たな卸フォロー終了

やっとたな卸フォローが終わった。今日は昨日に比べて随分楽だった。でも体にはかなりの疲労が蓄積している。早くこの疲れを取って、休みには気持ち良く釣りがしたい。ただそれだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月27日 (水)

たな卸

今日は「たな卸」のフォローで終日資材庫に。昨日のブログを読んだ人から、今日は臭わないよとからかわれる。さて、最近はほとんどが座っての仕事のため、立ちっ放しでの作業は堪える。午前中はほとんど立ったままの状態で、昼休みには足がパンパンになり、腰にもきた。午後は椅子に座って何とか定時間が終わる。ここで帰っても良かったが、KY氏に1時間でも続けてくれと言われ、断れずに続行。しかし、最後にはあまり愉快でない気分で終了した。何故かは言いたくない。明日も午前中はフォローがあるので、それをしっかりやって終わろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月26日 (火)

ボケ?

風呂上がりにアフターシェーブローションをつけようと思って、間違ってオーデコロンを顔につけてしまった。ビンの形状も違うし、いつも同じ事をしていて間違うはずはないのだが、何故だ?急いで顔を洗ったが、簡単に臭いが消えるわけもない。明日は「たな卸」の応援で終日資材庫にこもることになるが、他の人に迷惑がかからないことを祈る。それまでに「香り」が飛んでいますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月25日 (月)

お彼岸その2-彼岸花

彼岸花は「秋」のお彼岸の頃に咲くから彼岸花でした。春は咲かなかった。私のいい加減さ!また、SK氏によると種子は出来ないとのことだったが、調べてみると種子でも増えることが分かった。ただ、有毒であるということは合っていたので、彼への追求は止めよう。田んぼのあぜ道で良く見かけるのは、球根の毒によりモグラやネズミを寄せ付けないように植えられているとのこと。昔の人は偉いね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月24日 (日)

お彼岸

今日は午前中墓まいりに行くので釣りはお休み。お寺には彼岸花がきれいに咲いていたが、白い(というよりクリーム色か)花もあって、これは初めて見た。この花を見るたびにいつも思うのだが、葉っぱはないのか?また、彼岸の頃咲くので「彼岸花」と言うのだから、年2回咲くのか?どうやら葉っぱは花より先に出て、花の前に落ちるらしい。また、花は実を付けないとのこと。すると、多分球根で増えるのだろうが、どうやって運ばれるのだろう。動物に食べられて運んでもうらうのか?今日は午後からSK氏のパソコンメンテに行ったが、ちょうど氏の邸宅のそばに彼岸花が咲いていたので、ついでに聞いてみると、彼岸花の球根にはアルカロイドが含まれていて、毒性があるので食べる動物はいないだろうと言う。う~む、不思議だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遂に出遭った

このブログにコメントを寄せてくれる「黄金バット」さんに遂に出遭った。いつ出遭うのかドキドキしていたのだが、昨日7時半頃に私に声をかけてくれた人がそうだったとは。私もひょっとしたら、と思い、釣ったへらの写真を撮っているか確認したのだが、写真を撮っているようには見えなかった(実際は撮っていて、ブログに載っていた)ので、釣りに集中し直した。それにしても、愛想が悪いので良くない印象を与えたかな?本当に愛想が悪いです、私は。申し訳ない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月22日 (金)

心配な人がいる

心配な人がいる。偶然見かけたブログにコメントしたのがきっかけで、多少のコメントのやり取りがあった人。最近1ヶ月以上ブログの更新がない。病気と闘いながら楽しいブログを綴り、また私のブログにコメントをくれた人。気になってどうかしましたかと古い日記にコメントしたが、返事はない。昨日たまたまブログを覗いたら、別の人が誕生日おめでとうというコメントを寄せていた。病気が悪化したのか、はたまた単に面倒で更新間隔が長くなっているのか。後者なら安心だが、早く更新されたブログを読みたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月19日 (火)

認証要求

最近、神奈川県の人からスカイプの認証要求があった。何もコメントがないし、誰からなのかさっぱり分からないので、とりあえず保留にし、神奈川県に住んでいる知り合いに聞いてみたが、該当者なし。そこで、申し訳ないが認証を拒否した。ブログにスカイプボタンを設定しているので、基本的には誰でもOKというスタンスなのだが、それにしても例えば「へら釣り」の共通点があるとか、ブログを見て何か声でコメントしたくて、とか書いてあればそれなりに考えるのだが、何もなくていきなり認証要求があると、思わず引いてしまう。スカイプも、知らない人とのコミュニケーションツールとして利用している人も多いと思うが、やはりいきなり見知らぬ人から電話とか認証要求とか来られると、ちょっと身構えてしまうのが大半ではないだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月18日 (月)

また余計なものを買ってしまった

連続して更新。
ちょっと外へ出たついでに、OAナガシマでスカイプ用ハンディフォンを買ってしまった。別に意味はないが、1980円だからまあいいか。早速接続。音はまあまあ。こんなものだろう。写真はまたもピンボケだが、イメージだけつかんでほしい。

53400109

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久し振りにリトルジャマーを見た

ずっと箱に入ったままだったリトルジャマーが久し振りに陽の目を見た。ほこりにならないよう、オーディオラックの中に入れてみたが、6人が並ばないので、ドラムだけラックの上にいてもらうことにした。ちょっと変かな。別売のラックにしまえば良いが、リトルジャマー・プロ購入の検討もあって、ラック購入には踏み切れていない。

写真はちょっとピンボケ。

53400107

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨が降っている

今日は台風の余波で雨。釣りに行くつもりなら憂鬱だが、そうでなければ穏やかな気持ち。台風の被害に遭われた方には、お見舞い申し上げます。さて、急に思い立って部屋の掃除などしてみる。ようやく床の2/3が見えるようになった。もう一息だ。休憩中にこれを書いている。きれいになったら、ずっとしまってある「リトルジャマー」を出して鳴らしてみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月15日 (金)

統合審査終了&飲み会

3日間におよぶ統合審査が終了した。4人も来て3日、対応するほうも本当に疲れた。そのうえ指摘事項をお土産にされて嬉しいこと!統合審査とは一体どんなものかと期待していたが、何のことはない、並行審査または同時審査だった。これで統合審査が出来るなどと言うN本N率K会は大したものだ。他の審査機関への鞍替えも視野に入れて今後の対応をしなければ。

さて、今晩は2ヶ月前に会社を辞めたYM氏の遅い送別会。古い連中が久し振りに集まって痛飲した。やはり話が合うというのは楽しいもの。最近は親睦会が課単位になって、横のつながりが薄くなっているので、こういう催しは大歓迎。これからも時々会って飲みたいものだ。

ただ、明日は出勤日。最近まで休みだと思っていたので、それを知ってビックリ。多分明日は半数以上が休み、そして3連休だろう。負け惜しみではないが、明日は天気が良くなさそうなので、出勤で良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月12日 (火)

明日から統合審査が始まる

当社はISO9001と14001、品質と環境のマネジメントシステムを統合したので、その審査を受審する。一応やるべきことはやったと思うのだが、何かとんでもないことを忘れているのかもしれない。それでも今日は帰ってきました。いわゆる「人事を尽くして天命を待つ」と言ったらカッコ良過ぎかも。会社にとっても相当の出費となるので、何とかクリアしたい。全ては明日からだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月10日 (日)

2日連続の釣りは久し振りの東ノ谷奥池

今日は特に釣行の予定はなかったが、「所さんの目がテン!」を見ているうちにふと釣りに行きたくなった。一応釣り好きには東ノ谷とメールするが、返事が返ってきたのはMM氏だけ。それならとりあえず行ってみよう。ということで、車は東ノ谷方面に。ちょっと出だしが遅く、既に太陽はカンカン照り。池に着いてみると、思いの外人がいない。一体どうしたのか。一旦は車を停めようと思ったが、今日は底釣りをしたいので、急に奥池に行こうと思い立つ。そのまま車を進め、奥池に到着。7時45分。あれっ、誰もいない。上天気なのに。この池は以前底釣りしかしてはいけないという立て看板があったので、今日はちょうど良い。でも、看板が見つからないのはどうしてだ。ひょっとして宙もOKになった?いや、いつ誰が来て怒鳴られるかもしれないから、予定通り底で行こう。車から荷物を下ろし、堰堤に入る。暑い。真夏に逆戻りの雰囲気だ。さっさと釣り台をセットし、傘を出す。竿は昨日と同じ13尺。餌も昨日と同じ。底を取ると、さすがに都田よりは深いようだ。今日は朝食を済ませてきたので、さっさと開始。すると、第1投からウキが動く嫌な感じ。どう見てもジャミだ。その後、ウキはなかなか底に着かず、途中でジャミあたりのオンパレード。どうしたものか。しかし、ジャミかと思って合わせれば、あれっ、手応えが違う。かかった?しかし痛恨のハリス切れ。合わせ切れではありません。さっさとハリス交換。すると、ジャミあたりのような感じでかかりました!今度は切らせないぞ。ところが、今度はバラシ。水面まで持ってきたのにどうして?悔しい。これはひょっとしてボウズもありかな。もちろん、ジャミもかかるしズイゴも大小取り混ぜてかかる。肝心のへらは、再度のバラシが出て、どうも良くない雰囲気。更に、今度こそ、と合わせた途端に手応えがなくなり、またもハリス切れかと仕掛けを見れば、オモリから下がない。どうやらヨリモドシの結び目が解けてしまったようだ。ヨリモドシの予備はないので、これで万事休すか。丸カンがあるのでそれを付けるが、指先が思うように動かずイライラする。オモリも巻き直し、ようやく完了。まだ9時前だ。再開。すると、餌打ちしない時間があったのが功を奏したのか、餌が底に着くようになり、チクッというあたりで1匹目ゲット。これでボウズ脱出だ。更にはウキが立ってから斜めに引っ張られ、渋々合わせたところ、へらがかかった。ついでにジャミも擦れてきて、変則のダブル(へらではないので違うか)。これで両目が開き、帰れる。やれやれ。しかし、ここから再び餌が底に着くことはなく、途中でジャミあたりのオンパレード再開だ。その後全く良いところがなく、時間だけが過ぎる。時折背後に車の音がしたが、皆帰った。1人は堰堤の端で準備までしながら、何故か帰った。下の池に行ったのかもしれない。さて、全くウキが馴染まないまま、特にそれを回避することもせずにいた私だが、もう1匹追加。もう何が何だか分からない。何があたりを出しているか不明なので、とにかく合わせないと。ほとんどはジャミ(ズイゴも含めて)だが、なかにはへらのあたりもある。結局餌が尽きた10時半までにはそれ以上結果を伸ばすことはなく、終了。結果3匹。これ以上やっても同じだろう。宙に変えることも出来ないし、もし変えたとしても今以上にジャミの嵐となるだろう。実釣は2時間くらい(仕掛けトラブル除く)だが、昨日も釣行したので、充分だ。片付けを終え、下の池を通ると、古い池のほうは階段状堰堤とゴルフ場側に数人、新しい池のほうには結構入っている。今更ここで釣る気にもなれず、車は帰途につくが、362をテクノポリス方面に曲がるところで急に気持ちの変化が。そうだ、引佐の池に行ってみよう。13尺の底なら出来るかも。そのまま362を西に向かって進み、池に到着。車は6台。排水溝を挟んで2手に分かれている。ちょっと入りにくい雰囲気があるので、しばらく様子を見た後、池を離れた。仕方ない、今日は終わりにしよう。腹も減った。まだ11時を少し過ぎたところだが、さっさと家に帰って昼飯だ。そう決めて車を走らせた。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月 7日 (木)

アクセス解析

今日初めてアクセス解析というものを見た。去年の11月の終わりにこのブログを始めてから、延べ約2,400人の人が訪れてくれた。実際にはアクセス解析が始まった5月18日以降の集計で、1日あたり21人ということ。一体どれくらいの人が見てくれているか不安ではあったが、自分としては意外に多くの人に見てもらっている(あくまでアクセスだが)という感じ。これは励みになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遂に「美しき日々」が最終回

なるほど、こういう終わり方だったのか。確かにハッピーエンドという選択もあるとは思ったが、今までの流れから素直に肯けない結末。涙涙は嬉し涙だった。韓国のドラマは、視聴者に結末を選択する力があると聞いているが、これもその一つだったのか。まあ、「チャングムの誓い」も最終話は何かすっきりしない感じだったので、こういう結末もありなのだろう。それにしても・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 5日 (火)

いよいよ「美しき日々」もあと2回

白血病のヨンス(チェ・ジウ)と結婚することにしたミンチョル(イ・ビョンホン)。2人のはかなくも「美しき日々」が幕を開ける。
あと2話で終了。この後涙涙の結末へと導かれる。見たいような見たくないような。
ところで、このドラマではイ・ビョンホンの血の繋がらない弟ソンジェ役で出演しているリュ・シウォン。ドラマのなかでは兄ちゃんにチェ・ジウを取られるが、チェ・ジウとリュ・シウォンが恋人役で共演するドラマがあるのを、今日TSUTAYAで発見した。何と54話もあるようだ。リュ・シウォンは他にも「悲しき恋唄」のキム・ヒソンとも恋人役で共演している。あの男、そんなにイケ面か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 3日 (日)

ペンマウス

53400106
新しもの好きとしては、買わずにはいられませんでした、ペンマウス。おまけにコードレスと来ては、発売前からずっと監視しており、発売が2回くらい延期されたが、その度にメーカーに問い合わせて期待は膨らむばかりだった。そして遂に発売。ただ、田舎にはなかなか出回らず、週末にはパソコンショップに足繁く通ってようやく1台を見つけ、すぐにゲット。ちょっと作りがチャッチイが、まあいいだろう。早速接続。すると、おおっ、コードレスでポインタが動く。感激。少しボタンが扱いにくいが、そのうち慣れるだろう。と、いきなりポインタが凄い早さで移動し、デスクトップから見えなくなってしまった。そしてそのまま帰ってこない。一度電源を切り、再度チャレンジするが、ダメ。これでは使い勝手に慣れるどころではない。何度かやってみるものの、ある程度まではポインタをコントロール出来るのだが、急に制御不可能になる、の繰り返し。これではどうしようもない。しまいには部屋の隅に追いやられてそのままの状態が1年以上経過。最近、ふと思い出して電池を充電し、接続してみた。おおっ、動くではないか。エージングが必要だったのかな?と、やはりポインタがどこかに逝ってしまった。捨てるには惜しい気持ちがまだ少し残っているので、誰かこのマウスの使い方を教えて欲しい。それとも、これは不良品なのか。捨てるしかないのか。それも教えて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 1日 (金)

遂に1年の2/3が終わった

若いうちの1年はすごく長く感じるが、歳を取ってからの1年は短く感じるという。それは、それまでに過ごした年月に比べて、ということだろう。12歳の子供は、それまでに過ごした11年が人生の全てだから、そこでの1年は1/11。50を過ぎた人の1年はそれまでに過ごした50年と比べて、やはり12歳の子供の1/5くらいの感覚になるのだろう。ま、そんなことを考えても何の得もない。キリギリスのように楽しく過ごさないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »