« ブログのコメントで自殺未遂? | トップページ | 5分で分かるスカイプの仕組み »

2006年10月22日 (日)

黄金バットさんと鶏小屋

今日はいよいよ黄金バットさんと鶏小屋で釣る。昨夜雨が降ったので、今日出来るか不安だったが、何とか雨も上がった。7時前集合だが、少し早めの6時半頃池に到着。すると、バットさんはもう来ていた。まずは挨拶。ちゃんと言葉を交わすのは今日が初めてだが、ブログでやり取りしているので、顔は初めて(都田でちらっと見たことはあるが)でも初めて話すような緊張感はなかった。他に誰もいないので、まずは池の様子を聞く。堰堤は釣り台が3箇所あるが、道具を置くスペースがなさそう。右岸は奥に何箇所か釣り台が設置されている。車に戻って道具を下ろし、前回バットさんが入った場所に入ることにする。ちょっと足元がグズついているが、何とか荷物をセット。バットさんは私の右、少し張り出した場所に入った。彼は短い竿で底。私は今日は最初から13尺底と決めている。餌はダンゴの底釣り(夏・冬)にバラケマッハの両ダンゴだ。まずは底取り。結構水深がある。バットさんより一足早く開始。しかし、じきに根掛かり発生。これは困った。バットさんは前回ここで12尺で根にかかることはなかったとのこと。振り込む方向で逃れられるかもしれない。と、ここでOT氏登場。7時を過ぎている。最近は竿を出すことがなかったので、ブログで見て様子をうかがいに来たかと思ったら、何と竿を出す。我々の奥に入った。さて、私は再びの根掛かりで両ハリスを切り、どうもこの場所に嫌われたようだ。そこで、OT氏のいる、奥に移動。すると、そこには3台釣り台が設置されている。前方の見晴らしも良い。OT氏が左端に入っているので、私は右端に入ることにした。セッティングしている最中に7時半のチャイム。う~ん、早い。この台も前にせり出ているので、落ちないよう後方に重心をかける。さあ再開だ。しかし、ここは先ほどの場所より更に水深があり、3mくらい。ウキを替えた方が良いかちょっと迷ったが、そのまま続行。餌打ちを始めるが、昨日と同じように全くウキが動かない。堰堤には人が入った。バットさんもウキが動かず、厳しい状況。ただ、宙のOT氏だけウキが動き、連続して3回バラシが出る。やはり宙か。私は出来るだけ一定のペースで餌打ちするが、どうにもウキが動かない。と、バットさんの竿が曲がった!やはり大したものだ。時間は刻々と過ぎ、9時を過ぎた頃にMM氏登場。こちらは様子を見に来ただけ。状況を報告。私のウキは全く動かないまま。OT氏はそろそろ本領発揮なのか、ウキが動き出したようで、しきりと合わせる。また、彼のウキ近くには、早くもへらが湧いているらしい。全くもってうらやましい限りだ。そして、擦れではあるが1匹目をゲット。これで私に凄いプレッシャーが。充分予測されたことではあるが、やはり現実となると辛い。MM氏は10時頃帰った。さて、両ダンゴでは厳しいのかと、「玉」も出してみるが、どうもそういうことではないらしい。まず、へらが寄っていない。ダンゴをペレ底ベースに変えてみるが、バットさんが様子を見に来た時に1度ウキが戻しただけ。グルテンを作ったOT氏からお裾分けをいただき、付けてみても同じ。一方OT氏のほうは、次第に好調というか本来の調子を出し、ポツポツと竿を曲げる。用事が出来て帰った11時過ぎまでに、擦れ含みではあるが計5匹をゲット。私のほうも11時頃からようやくウキが返すようになる。しかし、上針のバラケ(元ダンゴ)が抜けてもその後がない。ただ、一度だけバラシがあった。そんなこんなで結局OT氏が帰るまでに結果を出すことが出来なかった。もうあせりとかそんなものは関係ない。ただ1匹釣りたい、それだけ。バットさんが竿を伸ばすと言っている。私はどうしようか。今ウキが動き出したので、このまま行こう。12時のサイレンが鳴る。私のウキもあたりらしき動きを示すようになるが、かかるのは木の枝や空き缶。そして、遂にカニ!えっ、ウキを動かしていたのはこれ?愕然。ところが、カニを釣ってからもウキの動きはなくならない。そして、消し込みでハリス切れも出て、期待は膨らむばかり。そして、ようやく、上針の餌が抜けてから待ちに待っての、あたりらしきあたりでかかりました!本来なら12時のサイレンで終了なのに、粘って良かった。なかなか寄らない。ここでハリス切れしてはこの次はないから、絶対寄せなければ。やれやれ、寄った。でも、色は地べら風で、目が小さい。サイズと体高は充分だが。せっかくの1匹、出来ればへらであって欲しい。バットさんから、それはへらでしょうと認定を受け、ようやく1匹ゲットだ。時刻は12時28分。この池に来てから6時間、この場所に移動してから5時間が経過して、ようやく1匹出た。ゼロと1とでは大違いだ。これで帰れる。バットさんも竿を替えてからウキの動きが良くなった様子。ただ、カニかもしれないと言っている。私のウキはその後も動き続けたが、次のあたりで痛恨のハリス切れ!ここで多分今日の私の釣りは終わったのだろう。そこからはウキの動きがなくなった。そうして、1時半に餌が尽きた。バットさんはまだ釣るようなのだが、私は片付けをして終了。今日は缶コーヒーやパンをもらったり、いろいろとアドバイスもいただいた。本当にありがとうございます。この次もよろしくと挨拶をして駐車スペースに向かう。久し振りの長丁場(と言っても、7時間だが)で、かなり疲れた。さっさと車に荷物を積む。堰堤は賑やかだったが、一番端の人の竿が良く曲がっていたようだ。細い道を抜け、ヘアピンカーブを曲がって家路についた。ロケーションがなかなか良いので、もう一度くらいは来てみよう。そんなことを思いながら車を走らせた。

今日の釣りは黄金バットさんもブログに載せるので、私の記憶違い等はそちらで確認してください。ずっと釣れず、頭もボウッとしていましたから。

|

« ブログのコメントで自殺未遂? | トップページ | 5分で分かるスカイプの仕組み »

コメント

今日は本当にありがとうございました。
21時頃から一度寝てしまい、今起きたところでこちらを拝見させていただきました。
今から風呂に入って目を覚ましてから私のBlogを書くつもりです。

お互いに釣果が今一つだったかもしれませんが、楽しかったです。
OTさん、MMさんにもお会いできたし、また機会が有りましたら、お手合わせ願います。
今度はもうちょっと釣果が出る増沢あたりでね。

投稿: 黄金バット | 2006年10月22日 (日) 23時18分

こちらこそ本当にお世話になりました。こんなへぼの相手をしていただいて、かなりお疲れになったのでは、と心配しています。

投稿: sunshine_hera | 2006年10月23日 (月) 08時14分

とんでもないですよ。
私は朝早く目覚めた為に夜寝てしまいました。

昨日遅くに私の方はアップしました。
sunshineさんとOTさんを画像で載せましたが、もし差し支えが有る様なら削除しますのでご一報をお願いします。

投稿: 黄金バット | 2006年10月24日 (火) 06時42分

ぶさいくな顔でもアップではなかったので、ホッとしています。OT氏もこの程度なら特に文句も出ないのでは。逆に、もっとアップを載せろと、どこかで言っているかもしれません。

投稿: sunshine_hera | 2006年10月24日 (火) 15時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/12376541

この記事へのトラックバック一覧です: 黄金バットさんと鶏小屋:

« ブログのコメントで自殺未遂? | トップページ | 5分で分かるスカイプの仕組み »