« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月31日 (日)

総合格闘技(これが今年最後の日記?)

さっきまでダイナマイトとやらを見ていた。何か釈然としないものを感じながら。はっきり言って面白くないのだ。別に変な演出が欲しいというわけでもない。何でも有りの緊張感はあるが、それ以上のものをかんじることが出来ないのだ。ストリートファイトは道端でやれということか。ただの喧嘩からある程度洗練されてきて、それなりのルールはあるのだろうが、例えばボクシングのように、禁じられた部分があって、それで面白味が増すということがない。とは言え、世間ではこれが評価されているのだから、私の見方のほうが間違っているのかもしれない。でも、もういいという感じ。TVではやらないPRIDEも同様だろう。私の格闘技好きもそろそろ看板をおろす時が来たのかもしれない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月30日 (土)

年の瀬

今日は朝8時から買い物。開店早々だから楽に入れると思ったが大間違い。既に駐車場は満杯だ。何とか車を停め、店内に入る。人・人・人・・・。そう言えば去年も同じようなことをした。学習能力の欠如。しかも、出来るだけ余計なものは買わないように、予め何を買うかメモしているのに、財布から万札が消えてゆく。どうにか買い物を終え、今度はお墓に向かう。こちらも混んでいる。今年も我々を見守ってくれてありがとうございます。線香と花を添えて感謝の気持ちで拝む。これで外は終わったが、まだ家の中が残っている。今はちょっと休憩。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月29日 (金)

今頃になって年賀状を書く

いつもの年ならとっくに済ませているはずの年賀状を今書いている。実は年賀状を書くのがずっと憂鬱だった。今年の良くないことばかりが頭に浮かび、明るい話を述べることが出来なかったからだ。実際、今日書いた年賀状のうちの一部は、宛先になった人には申し訳ないが、内容の暗いものになってしまった。この場を借りてお詫びします。

P.S.年賀状を書き終え、郵便局まで自転車ででかけたが、いつもの車目線ではない見方で、車もそうでない自転車も、実は非常に危ないことをしているということが分かった。両者とも交通ルールやマナーの無視がひどすぎる。もっと丁寧にいかないと、何か起きてからでは遅いよ、と言いたくなる連中ばかり。年末で慌ただしいこともあるだろうが、もう少しゆとりを持って振る舞おう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月28日 (木)

強風のなかで今年最後の釣り

昨日は好天にもかかわらず釣行しなかったので、今日こそ行くぞと朝起きてみれば、あれっ?曇っている。予報では晴れとなっていたのに・・・。朝食を済ませてもしばらくグズグズしていたが、8時半を過ぎて、やはり今日行かないと今年はもうないだろうと決意(大袈裟)し、これも決めていた大久保に向かってゴー。環状線は平日のため混んでお53400199
り、9時15分頃到着。他に車は停まっていない。先ず池の様子を見に行くと、おっ、釣り台が新設されている。曇っているので太陽が目に入らない。それに風・波もなさそうだし、これは良いコンディションかも。車に戻って荷物を降ろす。それほど寒くなさそうなので、防寒パンツを履こうか迷ったが、結局履いて池へ。さあ準備だ。この池では長い竿は無用、11尺を出す。もちろん底。餌もいつものセットだ。仕掛けを初めて使う(この池で道糸が切れ、ウキもなくしたまま)ので、まずは餌落ちから。おやっ、ウキがフワフワしているように見えるぞ。ひょっとしてジャミ?底も取れ、餌打ち開始、と思ったら、風・波が出て来た。どうしていつもこうなのだろう。でもこれくらいなら大丈夫。開始。すると、第1投からウキが動く。嫌な予感どおりにジャミあたり。数投後にかかってきた。ウキが動かないよりはましだが、早くへらにチェンジしてほしい。ジャミあたりはしばらくの間楽しませてくれたが、10時頃から風・波が本格的に暴れ出すと、そのあたりもなくなる。そのうえ、餌を切っても風で仕掛けを寄せることが出来ず、凧揚げ状態。餌打ちのインターバルが乱れる。本当にこの池の冬の風は四方八方から吹くので、ウキのシモリもバラバラだ。ただ、前方から吹くことは少ないので、餌打ちだけは何とか出来る。そのまましばらく餌打ちしていたが、う~ん、場所を工業団地の池に変えようかな。とにかくウキが見にくいし、それに体感温度も下がってきた。防寒パンツを履いていて本当に良かった。どうしようかどうしようかと悩んでいるうちに、いきなりあたりが!とりあえず合わせれば、一旦かかりました!手応えあり!しかし次の瞬間バラシ。ガクッ。時刻は10時46分。へらがいた。場が荒れたかもしれないが、このまま続行することにする。すると、気のせいかもしれないが、ウキが動き出したように感じ、餌打ちも力が入る。そして11時7分にその時がやって来た。あたり!今度こそかかりました!早く姿を見たいが、あせって引っ張ってハリス切れやバラシが出ても困る。もたもたしていてなかなか寄らない。ようやく寄った。サイズもまあまあだ。やれやれ。とりあえず1匹出て、これで気持ちも落ち着いた。あっ、しまった!カメラを持って来ながら、写真を撮るのを忘れていた。次に撮ればいいとは簡単に言える状況ではないため、返す返すも残念。これでしばらくあたりもないと53400202
思っていたが、11時25分に今度は大きなあたりが!そしてかかりました!カメラを出し、写真を撮ろうとするが、良いアングルにならないので、とにかく1枚。これで証拠が出来た。上針を食っている。さて、これでもう終わっても良さそうだ。でもまだ昼までは時間がある。もう少しやってみよう。すると、へらは確かにいるようで、餌を切る際に擦れたり、カラツンも出たりする。何とかもう1匹。すると、12時を過ぎてすぐにあたり!嬉しくてしかたがない。今度も写真を撮る。53400205これで3匹。私にとって望外の結果だ。それに、ボウズの連鎖も断ち切ることが出来た。やれやれ。それからじきに終了。まずは釣り好きに結果を報告。それから片付け。風・波は相変わらず暴れているが、もういい。腹も減った。早く帰ろう。とにかくこれで今年の釣りは終わり。来年は今年(2006年)並みに釣行出来るだろうか。いや、ひょっとすると去年(2005年)以上に釣行出来るようになるかもしれない。あまり嬉しくないが。まあ、そんなことを考えるのは休み明けで充分だ。せっかくの休み、楽しく過ごそう。そんなことを思いながら池を後にした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年12月27日 (水)

かりんとうが届いた

遂にこれで今年のインターネットでの買い物の全てが終わった。いろいろな種類がある53400203ということで、楽しみにしていたのだが、量が少し・・・。でも、まあいいか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長期休暇初日

すっかり晴れ上がった初日。しかし風が強く、またやる気も燃え上がらないので、釣行は中止。明日にしよう。というわけでのんびりしているが、そうだ、年賀状でも書くとするか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月26日 (火)

休み前夜

明日から長期の休みに入る。そのまま休みっぱなしということもあるかも?そんな軽口を叩けるのも今のうちだけだろう。
雨が降っている。明日は晴れるというが、雨の残りで足場が悪そうだ。大久保にでも行ってみようか。それとも最近お気に入りの鶏小屋?いずれも釣り台があるので楽な場所。まあ、世の中はまだ休みに入ってないだろうから、ゆっくり起きて考えてからでも大丈夫だろう。懸案の「段差の底釣り」でも試してみるのもいいかもしれない。ただ、年賀状を書かなければならないので、行けるかどうか。
ところで、アクセス数が5000を超えたと書いたのが13日。それから半月も経たないうちに5500を突破だ。一体何がどうなっているのか。嬉しいことは嬉しいが、内容が伴っていないのでは、と不安もある。やがて飽きられて捨てられる運命(なんでそうなるの?)ではないだろうかと。これは元来のマイナス志向のなせる技かもしれない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月25日 (月)

あと1日

あと1日で私の今年(の仕事)が終わる。明後日からは有休も含めて何と13連休!ちょっと数字悪~い。あまり憂鬱にならず、楽しく過ごしたいが、果たしてどうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月23日 (土)

忘年会

今日は忘年会。名鉄ホテルの最上階「鳳凰」という名の中華料理店で開催。部屋を取っ53400196_5
てもらったので、気兼ねなく話が出来た。これでルームチャージなし。最上階だけあって、景色も抜群。料理もおいしいとあって、大満足だった。1ヶ月以上前からの約束でもあり、おそらくこれが金をかける最後の忘年会になるだろう。写真も撮っておいたが、ちょっと失敗か。おみやげに月餅5個セットまで買ってしまった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月22日 (金)

気力が下がった

年末だと言うのにボーナスもなし。先の見通しも見えないし。あ~あ、気力も下がるっつーの!!
ホント、お金は大事にしよう。これからは貧相に生きていきます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月19日 (火)

地震?

会社で1回揺れを感じた。近くの女性も揺れたと言っているから、夢ではない。あとから、愛知県を震源とする地震があったとネットに出ていたそうだ。最近はこのような小さな揺れが多くなり、いよいよ本番が近づいているのかと不安になる。一方、こうやって少しずつ地震の素を解放していって、最終的にはそれほど大きな地震にならずに済むという考えもある(かな?)ので、多少楽観している部分もある。自分の住んでいる地域は、地盤が固いそうなので、これも安心材料だ。ただ、会社のある地域は地盤がゆるい危険地帯らしく、いつ地震が起きるかで(どこにいるかで)その後が決まる。出物腫れ物所嫌わずというが、地震のように気をつけようがないものには、とにかく普段から備えだけはきちんとしておこう。

P.S.例えがおかしかったですね。出物腫れ物・・・は、「災いは、忘れた頃にやって来る」でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月17日 (日)

ほんのわずかの時間でも竿を出したかった

今日は朝から寒い。地面も濡れているようだ。7時前には起きたが、「所さんの目がテン!」を見たあとは再びベッドへ。9時過ぎに起きて今度は「笑っていいとも増刊号」。このままではこれで1日が終わってしまう。12時頃、ちょっと外へ出てみようかと思い立ち、昼食後厚着をして車を走らせる。目的地は鶏小屋。別に竿を出さなくても良いから、とにかく様子を見に行こう。1時頃到着。おおっ、車は5台停まっている。空いた所に駐車し、池の様子を窺うと、前々回腹の具合が悪くなった時に道具を見てくれた人が、その時と同じ入り口そばの場所に入っている。指定席のようだ。あとは堰堤左端と右側に1人ずつ、それから右岸手前に1人と、はっきりとは分からないが、奥に2人いるようだ。結構寒いと思うのだが、皆さん大したものだ。きっと知り合い同士なのだろう。と、堰堤右の釣り台に入っている人が竿を曲げた。う~ん、どうしようかな。堰堤左に1つ釣り台が空いている。しばらく考えたが、思い切って入り口そばの人に、「その釣り台に入らせてもらっていいですか?」と言ってみる。その人は、今頃からやるのか、と言いたげな顔をしたが、いいよと答えてくれたので、これで決まり!車に戻って道具を出し、ウキウキしながら釣り台に入る。さあ準備しようかな。と、私のすぐ右でビシッと言う音!入り口そばの人が竿を曲げた!これでますますやる気になる。そうだな、4時頃まで出来れば御の字だろう。15尺で底といくか。餌はいつものセット。底取りも済ませ、餌打ち開始は1時20分過ぎ。風と波はあるものの、陽が当たっているせいかそれほど寒いとは感じない。さて、ウキはどんな動きをしてくれるのだろうか。うん、馴染み幅も予定どおり。あとはウキが動くだけだ。しかし、というか予定通りウキは動かない。堰堤左端の人も、今日は朝からやっているが、擦ればかりと言っている。やはり口を使わないのか。一方右岸の方では、時折バシャバシャとへらを寄せるような音がする。私もウキに集中しよう。あまり見過ぎて餌打ちのインターバルが長くならないよう注意しながら続行。時々両グルテンにしたり、食わせに「玉」を使ってみるが、ウキは一向に動かない。ここで、大変な事に気がついた。餌をセットから両グルテンに変えてもウキの馴染み幅が変わらないのだ。いつも2目盛。食わせに「玉」を付けても同じ。まさかとは思いながら、餌落ち目盛を確認すると、最初に測った時より2目盛入っている。よくよく考えてみると、前回も同じウキで同じ状況だったことを思い出した。どうもウキが水を吸っているようだ。これはまずい。慌てて時計を見ると、2時を過ぎている。今更と思いながらもウキを交換。最初からやり直しだ。今度は餌の違いによる馴染み幅の変化も確認出来た。でも既に意気消沈状態。そのうえ、2時半を過ぎて堰堤に陽が当たらなくなると、急に体感温度が下がる。私の両隣はもうじき終わろうと話し始めた。特に私の左の人はまだボウズなので、未練があるようだが、私もかなり冷え込んできたのを感じ、予定の4時は止めて3時で終わろうと決める。足元は防寒パンツを履いているが、冷え冷えしている。さて、ウキを替えても状況は変わらず。ただ一度、餌を切った際に何かに擦れた。両隣は片付けを開始している。私も続こう。このままでは凍死?してしまう。残念ながらこの池で初のボウズとなってしまったが、まあ仕方ないだろう。片付けを終え、我慢していた用を足すと、左で釣っていた人が、「寒いだけだったなぁ」と話かけてきたので、そうですねと返事。竿を出せたこと以外の収穫はなし。さっさと荷物を車に積み、池を後にした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月16日 (土)

OT氏に逆転負け!東ノ谷で長竿の釣り

ベッドの中でうとうとしていると、携帯メールの到着を知らせる音が。あっ!と気付いて起きたらもう7時を過ぎている。せっかく5時に目覚めたのに、まだ早いと再び寝てしまったようだ。メールはOT氏からのもので、今日はどうしますかと聞いてきた。そうだ、昨日東ノ谷と約束したのだが、OT氏が忘年会のため、今日の朝こちらからメール53400180_2をすることになっていたのだった。ひたすら恐縮して、8時過ぎには行けますと連絡。それから準備。とりあえず朝食はバッチリ摂る。寒くなったので、今日から釣り台は胡座をかくものに変更だ。荷物を車に積み、とりあえず満州道路を北上し、都田の池を左に見ながら更に北へ。362を東に進んで池に着いたのは8時半少し前。OT氏は階段状堰堤の左端で準備中だった。まずはお詫びと挨拶。それから車に戻って荷物を降ろす。そしてOT氏の右に入る。堰堤の右端には常連さんらしき2人が、「釣れない」と言いながら竿を曲げている。よし、準備だ。OT氏はいつもの9尺両ダンゴの宙で開始している。私は最初15尺を出そうと思っていたが、急遽18尺に変更。もちろん底。餌はいつものセット。釣り台の設置等でもたもたしたため、開始は9時少し前。しかし、第1投からウキがもやもやする。これはいけそう?一方のOT氏は全くウキが動かない。これは私の方が先に釣れそうだ。しかし、ウキはもやもやするだけ。再度底を取り直すが、変わりなし。OT氏もさすがに今日は9尺ではきついと思ったのか、9時半頃12尺に変更。しかし変わらず。私のほうは9時43分に良いあたりが出てやった1匹目!と喜んだが、寄ってきたのはマブナ。う~ん、残念。OT氏から、見ているのは2人しかいないから、と悪魔の囁きが。いや、これはノーカウントだ。しかし、その後もウキは動くようになり、9時53分には正真正銘のへらだ。放流なのかサイズが小。そして連荘で2匹目。いいぞいいぞ、このまま行け!OT氏は静かなまま。私は10時を過ぎてポツポツとあたりを拾う。2回目の連荘も出る。新べらの中に30cmくらいの旧べらも混じり、引き味も良い。10時半には6匹目をゲット。前回の都田とは正反対だ。ゴー!ゴー!と、OT氏の竿が曲がった!ようやく笑顔が見えた。良かった良かった。しかし、実際はそんな生易しいことを言っているような状況ではなかった。そして、私とOT氏が同時に竿を曲げた瞬間から悪夢が始まっていた。私は寄せる途中でハリス切れとなったが、OT氏はゲット。そのうえ、私がハリス交換している間に3匹目。風・波が出て来て、竿を振りにくくなった私に対して、OT氏は絶好調に。11時を過ぎた頃には遂に私に並んだ。私のほうは一気にプレッシャーが。何しろ30分くらい前には6対0だったのが、追いつかれている。そして遂にいつもの状況に。6対0から6対7だ。そして6対8に。OT氏のウキの下にはへらが寄っているのだろう。私のウキの下にも何かがいるのだろうが、あたりにならない。ようやく1匹追加したと思ったら、すぐさまOT氏も追加。そして2桁に突入だ。私はもはや付いていけない。このうえは何としても2桁を達成しよう。そして、3回目の連荘で9匹目まで持って行くが、10匹目と喜んだ次のあたりは、寄せてみれば30cmくらいのマブナ。どうもこれでジ・エンドのようだ。最初と最後がマブナというのも私らしいと言えば私らしいか。些か自嘲気味になる。OT氏は13匹まで数を増やして終了。今日も負けてしまった。しかも途中までは独走していながらの逆転負け。底と宙というのは言い訳にはならないだろう。最後に、OT氏に年賀状用の写真を撮ってもらい、12時に終了。挨拶して解散した。53400181

帰る途中、いつも気になっていた、十割そばの店に入ってみる。そしてもりそばの大盛りを注文。ん、結構固い。腰があるというより、ゆで時間が短いような感じ。喉越しを味わうようなものではなさそう。つゆの味は良いのだが。masaさんには悪いが、どうも私にはそばを食べる資格がなさそうだ。そのうえ、腹が物足りないからと、「いなさ食堂」でトンカツ定食を食べ直し。masaさん本当にゴメンなさい。満腹になって家路についた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月15日 (金)

今年もあとわずか

ちょうど12月の半分が終わる。いよいよ2006年ともお別れが近づいてきた。歳を取ると1年が短くなると以前に書いたが、本当に実感する。何か良いことはあったか?何か自分を高めるようなことは出来たか?非常に虚しい問いかけだ。10月頃から急に会社の中が忙しくなり、そして減給。今日もボーナスが88万円とか出ていたが、こちらの懐は空っ風が吹いている。おおっと、そんな暗いことばかりでもなかっただろう。今年は湖西の昭和新池や鶏小屋での釣りを果たし、またブログに関連して黄金バットさんやmasaさんにも出会えた。普通にしていたら、多分どこかで顔を合わせたかもしれないが、素通りだっただろう。これまであまり釣り場で人と知り合うこともなかったし、あえて知り合いを作ろうとも思っていなかった。それが思いもよらないところからの巡り会いだ。是非とも大事にしたい。また、サッチャンさんとは、たまたま見に行ったブログにコメントを残したことから、一度もお会いしたことがないが、まるで旧知のようにお互いのブログにコメントとやり取りするようになった。皆さん、インターネットでは無礼な連中が多いと言われるなかで非常に紳士的だ。自分もつられて優しくなれたように思える。そうか、これが今年の大きな収穫か。まんざら悪いことばかりでもなかったようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月13日 (水)

アクセス数5000突破!

遂に、と言ったら良いのだろうか、アクセス数が5000を突破した。「ただ」でブログをやっているため、アクセス数などは表示出来ないので、時々ココログの管理画面で確認しているのだが、去年の11月29日から約1年でアクセスが5000を超えたことには感激もひとしお。アクセスしてくれる人達に感謝しよう。ブログが1年続いたことも嬉しかったが、そうか、5000か。よし、このまま次は10000目指してコツコツ書いていこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まさお君のこと

テレビ東京の「ぽちたま」で有名な旅する犬まさお君が死んだ。7歳、人間なら50歳くらいということで、私とほぼ同じだ。テレビ愛知での放映、さらには第1テレビでの再放送と、毎回ではないが良く見ていた番組だったし、食い意地が張っているのも私と同じということで、結構馴染み深い犬だった。今朝のやじうまワイドでもこのことに触れており、また海外でも人気の犬だったようで、まるで芸能人の死のように思えたのは私だけだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月12日 (火)

余計なものを注文

最近楽天市場でついつい買い物をしてしまう。今日はかりんとう。お試しセットということで、いろいろなかりんとうの詰め合わせ(1種類ずつ少しの量)で送料込みの2500円。このまま行くと歯止めが効かずに余計な物をどんどん買ってしまいそう。非常にまずい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 9日 (土)

雨、ですね

予報どおりの雨が降っている。「新べら」に会うのは明日まで我慢だ。
さて、今日は午後からSK氏のパソコンメンテ。果たして光の効果はどれほどのものか、という興味もある。
そういえば、昨日は「トラ・トラ・トラ」の日だったが、会社の若い人には知らない人もいて、新聞のコラムにあったように、「ジョン・レノンの命日」のほうが若い人達には有名かもしれない(もっと若い人達はそれも知らないかも)。ただ、このところの右傾化もあって、若い人にはもう少し自国の歴史(それもここ100年くらい)について興味を持ってほしい。私が「戦争を知らない子供達」であっても、そのことには関心がある。「韓流」ブームも、日韓の関係まで意識がまわっているか。最近、韓国で日本に協力的だった100人くらいのリストが公開されたようだが、隣の国ではこんなこともやっているんだと言うことも知らないと、「平和ボケ」で本当に世界のなかで置いていかれてしまう。
雨からこんなことまで連想してしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 8日 (金)

世の中はボーナス

ココログのメンテナンスのせいでもないだろうが、このところ更新が滞ってしまった。
さて、世の中はボーナスらしい。こちとら不景気のせいでボーナスなしのうえに賃金カットだ。ホント、馬鹿らしくてやってられません。いやいや、会社がこういう時こそ、一致団結して会社のために頑張りましょう。ハテ?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年12月 2日 (土)

鶏小屋も渋くなりました

今朝はあまりに寒いので、起きたものの、家でグズグズしていた。それでも、このまま家にいれば、テレビを観て終わってしまう。それならとりあえず外に出よう、と思ったのは10時近くになってから。天気は良さそうなので、鶏小屋にでも行こう(このところほとんどだが)と家を出る。途中コンビニで昼飯を買い、細い道に突入だ!と、途中に軽トラが停まっている。右に寄せてあるが、目測ではギリギリだ。このままバックも出来ず、行くしかない。おぉ、そうだ。TIIDAには左側にセンサーが付いている。これで側溝との距離を測りながらそろそろと前進。やれやれ、通れた。しかし本当にギリギリだ。帰りは大丈夫だろうか。池に着いたのは10時15分。既に3台車が停まっている。まずは池の様子を覗いてみると、あれっ、釣り人は堰堤右側の釣り台と右岸に1人ずつ。まあいいや、堰堤左の釣り台が空いているので、そこに入ろう。風・波は気にならない程度。前回は2時間で4匹と私にとっては素晴らしい結果だったが、今日は3時頃までやるとして、何匹釣れるかな。車から荷物を降ろし、防寒パンツを履いて池に入る。さて、今日も15尺で底。餌は前回と同じセット。一応「玉」も出しておく。おっ、私の準備中に右隣の竿が曲がる。何尺か分からないが、こちらも底。果たして活性はあるのか?底も取れ、餌打ち開始。いつもながら最初はドキドキしながらの餌打ちだ。数回餌打ちするが、ウキに動きなし。まあこんなところだろう。最初からウキが動くような季節ではない。それにしても暖かい。太陽は右のほうに移っているが、充分だ。水温も予想したほど冷たくない。それならそのうち爆釣か?いや、餌打ちを続けるが、ウキは静かなまま。と、右岸の人の竿が曲がった!一体いつ頃から釣っているのだろう。また、遅れて1人やって来た。この人は堰堤対面に入ったが、ここは皆から見られるポジションなので、ちょっと入るには度胸が必要かも。この人もこの池の常連らしく(私以外は皆知り合いのようだ)、話を聞いていると、右岸の人は既に3匹釣っている。また、2人が上の池にいるらしい。さて、私のウキはようやく小さく戻すようになり、へらが来たかな、と思うが、ウキの動きはそれだけ。厳しい!と、あたった!残念カラだったが、へらは間違いなく来ている。ところで、時刻は?と携帯を見ると、11時15分。もう1時間経った。さて、餌打ち。すると、ウキが立ってから馴染みながら、ズッと入った。これを見送ると、馴染んでからも入っていくので、合わせれば、やったかかりました!何だか分からないが、底で釣ったようには感じない。でも1匹に間違いはない。サイズもバッチリだし、これで帰れる。しかし、他の誰の竿も曲がらない。私も1匹釣ってからは再びウキが静かになる。4人が黙々と餌打ちを続ける。何かしないといけない、とずらし幅を取ってみるが、おかしいな、ウキの馴染み幅が変わらないぞ。これは、と餌なしで打ち込んでみると、まさか、餌落ち目盛が変化していて、2目盛ほど深くなっている。それを馴染み幅と勘違いしていたようだ。これはまずい。直さなくては、と思っていると、ウキが入りました!とりあえず合わせればかかった!でも引きが強く、どうも擦れているようだ。針の残ったグルテンの「カス」に反応したようだが、それにしても強い引きだ。ゲッ、目に擦れている。早く外さないと。何とか寄せて針を外す。ゴメンね。時刻は11時57分。その後、12時のサイレンが鳴ったのを機に昼休み。おにぎりを食べながら、釣り好きにメールを打つ。そして再開。太陽の位置は右後ろのほうに移動して、私の釣り座も翳ってきた。予定では3時頃まで釣ることにしているが、冷え込みもあるし、少し早く終わろうかな。それにしても、ウキが立つ前に何やら動きがあるようで、やはりへらは上のほうにいる様子。そこで、ずらし幅を変えるふりをして、「たな」を底から30cmくらい上げてみる。すると、ウキが動きました!でもさわりだけ。しばらく餌打ちしてみたが、あたりになりそうにないので、再び底に戻す。が、やはり静かなまま。竿を長くしたほうが良いかも。でも、面倒だし、餌も残り少なくなってきた。このまま行こう。時刻は1時30分くらいになり、やはりこのままではダメだ。思い切って、「たな」を1.5mくらいに浅くする。何か言われたら、知らなかったふりをして底に戻せば良い。そのまま餌打ち。すると、ウキがズルッと入った!これはカラだったが、その後もウキは動き続け、これなら1匹くらいは釣れそうだ。すると、ウキが馴染んでからズバッと入り、感激しながら合わせれば、やったかかりました!この手応え。おっと、あまりはしゃいでもいけない。静かに静かに寄せる。時刻は1時52分。この時期に宙で釣れるということは、この池のへらは宙で釣られることが少ないので、宙の餌に素直に反応するということか。嬉しいが、何か後ろめたい気持ちもあって、平静を装って続行。すると、またもあたり!しかし、強く合わせ過ぎたのかハリス切れ。もう餌は数回分しかない。ここで終わろうか。いや、ハリス交換だ。すると、再開後にまたもあたり!今度もかかりました!時刻は2時2分。でもここでグルテンは終了。バラケが2回分丸めてあるので、「玉」を付けてみるが、どうやら反応しないようで、おしまい。結果は、底以外で3匹と擦れ1匹。と、右隣が竿を曲げた。しかし寄せる途中でバラシ。へらの活性が上がったかな?その後、私の片付け中に再度右隣の竿が曲がった。あれっ、ウキの位置が変わっている。底の釣りではなさそう。私の様子を見て変えたのかもしれない。さて、片付けを終え、車に戻り、まずは結果を釣り好きに報告。それから、ゆっくりと池を後にした。細い道の途中には車はなく、安心して通過。一応増沢池の様子を見に行くと、4,5人が竿を出していたが、いかにも寒そうだった。明日は放流らしいが、6時半集合では起きれません。ご免なさい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »