« ようやく1周年 | トップページ | 世の中はボーナス »

2006年12月 2日 (土)

鶏小屋も渋くなりました

今朝はあまりに寒いので、起きたものの、家でグズグズしていた。それでも、このまま家にいれば、テレビを観て終わってしまう。それならとりあえず外に出よう、と思ったのは10時近くになってから。天気は良さそうなので、鶏小屋にでも行こう(このところほとんどだが)と家を出る。途中コンビニで昼飯を買い、細い道に突入だ!と、途中に軽トラが停まっている。右に寄せてあるが、目測ではギリギリだ。このままバックも出来ず、行くしかない。おぉ、そうだ。TIIDAには左側にセンサーが付いている。これで側溝との距離を測りながらそろそろと前進。やれやれ、通れた。しかし本当にギリギリだ。帰りは大丈夫だろうか。池に着いたのは10時15分。既に3台車が停まっている。まずは池の様子を覗いてみると、あれっ、釣り人は堰堤右側の釣り台と右岸に1人ずつ。まあいいや、堰堤左の釣り台が空いているので、そこに入ろう。風・波は気にならない程度。前回は2時間で4匹と私にとっては素晴らしい結果だったが、今日は3時頃までやるとして、何匹釣れるかな。車から荷物を降ろし、防寒パンツを履いて池に入る。さて、今日も15尺で底。餌は前回と同じセット。一応「玉」も出しておく。おっ、私の準備中に右隣の竿が曲がる。何尺か分からないが、こちらも底。果たして活性はあるのか?底も取れ、餌打ち開始。いつもながら最初はドキドキしながらの餌打ちだ。数回餌打ちするが、ウキに動きなし。まあこんなところだろう。最初からウキが動くような季節ではない。それにしても暖かい。太陽は右のほうに移っているが、充分だ。水温も予想したほど冷たくない。それならそのうち爆釣か?いや、餌打ちを続けるが、ウキは静かなまま。と、右岸の人の竿が曲がった!一体いつ頃から釣っているのだろう。また、遅れて1人やって来た。この人は堰堤対面に入ったが、ここは皆から見られるポジションなので、ちょっと入るには度胸が必要かも。この人もこの池の常連らしく(私以外は皆知り合いのようだ)、話を聞いていると、右岸の人は既に3匹釣っている。また、2人が上の池にいるらしい。さて、私のウキはようやく小さく戻すようになり、へらが来たかな、と思うが、ウキの動きはそれだけ。厳しい!と、あたった!残念カラだったが、へらは間違いなく来ている。ところで、時刻は?と携帯を見ると、11時15分。もう1時間経った。さて、餌打ち。すると、ウキが立ってから馴染みながら、ズッと入った。これを見送ると、馴染んでからも入っていくので、合わせれば、やったかかりました!何だか分からないが、底で釣ったようには感じない。でも1匹に間違いはない。サイズもバッチリだし、これで帰れる。しかし、他の誰の竿も曲がらない。私も1匹釣ってからは再びウキが静かになる。4人が黙々と餌打ちを続ける。何かしないといけない、とずらし幅を取ってみるが、おかしいな、ウキの馴染み幅が変わらないぞ。これは、と餌なしで打ち込んでみると、まさか、餌落ち目盛が変化していて、2目盛ほど深くなっている。それを馴染み幅と勘違いしていたようだ。これはまずい。直さなくては、と思っていると、ウキが入りました!とりあえず合わせればかかった!でも引きが強く、どうも擦れているようだ。針の残ったグルテンの「カス」に反応したようだが、それにしても強い引きだ。ゲッ、目に擦れている。早く外さないと。何とか寄せて針を外す。ゴメンね。時刻は11時57分。その後、12時のサイレンが鳴ったのを機に昼休み。おにぎりを食べながら、釣り好きにメールを打つ。そして再開。太陽の位置は右後ろのほうに移動して、私の釣り座も翳ってきた。予定では3時頃まで釣ることにしているが、冷え込みもあるし、少し早く終わろうかな。それにしても、ウキが立つ前に何やら動きがあるようで、やはりへらは上のほうにいる様子。そこで、ずらし幅を変えるふりをして、「たな」を底から30cmくらい上げてみる。すると、ウキが動きました!でもさわりだけ。しばらく餌打ちしてみたが、あたりになりそうにないので、再び底に戻す。が、やはり静かなまま。竿を長くしたほうが良いかも。でも、面倒だし、餌も残り少なくなってきた。このまま行こう。時刻は1時30分くらいになり、やはりこのままではダメだ。思い切って、「たな」を1.5mくらいに浅くする。何か言われたら、知らなかったふりをして底に戻せば良い。そのまま餌打ち。すると、ウキがズルッと入った!これはカラだったが、その後もウキは動き続け、これなら1匹くらいは釣れそうだ。すると、ウキが馴染んでからズバッと入り、感激しながら合わせれば、やったかかりました!この手応え。おっと、あまりはしゃいでもいけない。静かに静かに寄せる。時刻は1時52分。この時期に宙で釣れるということは、この池のへらは宙で釣られることが少ないので、宙の餌に素直に反応するということか。嬉しいが、何か後ろめたい気持ちもあって、平静を装って続行。すると、またもあたり!しかし、強く合わせ過ぎたのかハリス切れ。もう餌は数回分しかない。ここで終わろうか。いや、ハリス交換だ。すると、再開後にまたもあたり!今度もかかりました!時刻は2時2分。でもここでグルテンは終了。バラケが2回分丸めてあるので、「玉」を付けてみるが、どうやら反応しないようで、おしまい。結果は、底以外で3匹と擦れ1匹。と、右隣が竿を曲げた。しかし寄せる途中でバラシ。へらの活性が上がったかな?その後、私の片付け中に再度右隣の竿が曲がった。あれっ、ウキの位置が変わっている。底の釣りではなさそう。私の様子を見て変えたのかもしれない。さて、片付けを終え、車に戻り、まずは結果を釣り好きに報告。それから、ゆっくりと池を後にした。細い道の途中には車はなく、安心して通過。一応増沢池の様子を見に行くと、4,5人が竿を出していたが、いかにも寒そうだった。明日は放流らしいが、6時半集合では起きれません。ご免なさい。

|

« ようやく1周年 | トップページ | 世の中はボーナス »

コメント

なかなか厳しい釣りでしたね。
まだまだ底でも宙でも活性はよさそうなのにねぇ。
先日の段子川ではへらの確立が少し高くなりました。
(Blogをアップ出来てません。)
今日も行きたくてウズウズしてました。
知り合いのSさんからも朝からメールが来て「どこに居るの?」って。
明日は自宅での仕事と家族の具合を見て出掛けれればどこかへって思っていますが、無理かな?

投稿: 黄金バット | 2006年12月 3日 (日) 02時38分

鶏小屋を知ってからは、大久保が縁遠くなっています。何と言ってもサイズ、環境が素晴らしい。大久保は魚影が濃すぎる(狭い池に入れ過ぎ)ではないかと思っています。

投稿: sunshine_hera | 2006年12月 3日 (日) 08時28分

こんばんは、やっと本日のスケジュールが終了しました。朝5時起きして増沢、四つ池、稲荷川のへらぶな放流に同行。そのあと忘年会2箇所のスケジュールでした。
鶏小屋も渋かった様ですね。今週来週くらいは、本日放流した各所が釣れますよ!(今年この地方に来たへらは結構いい型でした。)
今からブログを更新しようかと思っています。

投稿: masa872 | 2006年12月 3日 (日) 21時49分

鶏小屋で宙釣りは禁止になるのでしょうか?今回も最初から宙にしていたら、かなり釣れたと思います。

投稿: sunshine_hera | 2006年12月 4日 (月) 17時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/12904633

この記事へのトラックバック一覧です: 鶏小屋も渋くなりました:

« ようやく1周年 | トップページ | 世の中はボーナス »