« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月30日 (火)

私の頭の中の消しゴム

今度深キョンとミッチーで再リメークするらしい「私の頭の中の消しゴム」。韓国映画のソン・イェジンも可愛かったが、元祖の永作博美も可愛いよ。私は永作のファンなのだ(最近良くお目にかかるのは月桂冠「月」のCMだっけ)が、このドラマ(タイトルは「Pure Soul~君が僕を忘れても~」は多分見ていない。キー局の静岡第1テレビで再放送してくれないかなぁ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年1月29日 (月)

NSP

今日の、おっと昨夜の「新堂本兄弟」に出演した高橋ジョージが、実はNSPのファンだったということを告白。元NSPの中村氏と平賀氏と3人で「さようなら」を熱唱した。ちょっと感激。

ついでに、28日には遂に1日のアクセス数が100を超えた。こちらもちょっと感激。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月28日 (日)

今年初めての大久保でボウズ

今日は特に釣行予定はなかったが、元々雨の予報だったのが晴れになっていたので、ついその気になってしまった。後にして思えば、この時一旦考え直すような心の余裕があれば良かったなぁ。とにかく8時過ぎにゴー。池には8時半頃到着。誰か(例えば旧マーチ、現在はブルーバードの人)いるかと思っていたが、私が一番乗りだ。池の様子を見に行くと、いかにも寒々しい感じ。既に太陽は右側の木々に隠れている。風・波はそ53400242
れほどではないが、空気が冷たい。かと言ってココまで来て帰る馬鹿はいない。車から荷物を降ろして池に向かう。一番右の釣り台が何故か2つくっついているので、荷物を置くのに都合が良い。そこに入る。さあ準備だ。竿は11尺で底。餌はいつものとおり、と言うかこれしか知らない。底がうまく取れずちょっと時間をロスしたが、何とか開始。当然ウキは動きません。しかし寒い。9時を過ぎる頃から、急に人がやって来た。1人目は左岸倒木横に入った。そして2人目は背後から挨拶されたので驚き。今日は気温も高く?釣れそうだと言うので、そうですかと返すと、いや分からないと言う。はぁ?その人は私から釣り台1つ隔てたところに入った。見ていると、どうも「段差の底釣り」のようだ。やはりそうか。いわゆる「バランスの底」ではあたりが出ないのだろう。私の釣りは無意味?確かに開始してからウキは微動だにしない。でもほんの少しだけ戻しているようにも思えるのだが、単なる勘違いかもしれない。その後もう1人やって来て、左岸奥に入った。左岸の2人がどういう釣り方をしているのかは確認出来なかった。さて、ウキが動かないと、普通は餌をどんどん打つのだが、冬場はそれが逆効果とされている。そのことと私の無精が重なって、餌打ちのインターバルが非常に長くなった。このままでは12時になっても餌がなくなりそうにない。そのかわり、「玉」を食わせにしたり両グルテンにしたり、と私でもそれくらいのことはする。しかし何の効果もないまま10時を過ぎる。本当に釣れないと時間の経つのが早い。携帯で時刻を確認すると、10時半を過ぎた。と、隣の竿が曲がった!「段底」の効果か!ここで選択。このまま続けるか釣り方を変えるか。結局そのまま続行。ウキが微妙に返しているように思えるのだが、どうだろう。11時を過ぎる。ひぇ~っ、あと1時間しかない。隣が多分トイレ休憩に席を立ったので、私もその後に続く。すっきりして再開。すると、地合なのか、ウキがはっきり戻すのが分かるようになった。しかしあたりにはならない。何とかあたってくれ。今日の予定は1匹だが、レベルダウンさせてあたり1回でもいい。そんな願いが神に通じたのか、ウキがもやっと入った。やったと合わせれば、一瞬かかりました!しかし外れ。糸ずれか。この状況でバラシては、もう終わりだ。そろそろ気持ちは終了モード。気温が一向に上がらず、却って朝より寒く感じるが、気温のせいばかりでもないだろう。そしていよいよ12時のサイレン。餌がまだかなり残っている。池の中で釣ったのは私の隣だけ。残り3人はあたりさえ出ない。私も一旦は終了しかけたものの、餌を半分捨て、残った餌で数回だけやってみよう。風・波も出て来たが、ここが最後の踏ん張り時だ。しかし効なくいよいよ本当の最後の一投。両グルテンで餌打ちし、東ノ谷のような劇的な終了を期待する。気持ちは早く終わりたいのだが、ウキが動かなかったことがあまりにも癪で、ただそれだけのための両グルテン。しかしそれも虚しいだけか。ウキはさっぱり動かない。片付け開始。餌ボウルに水を入れてこびりついた餌をふやかす。そして手袋を外す。と、ウキが小さく入り、そして返した!あーーっ、あたりだった!!手袋を外す途中で手が使えず、見過ごしてしまったのだった。これは完全に食っていた。せっかく最後の一投で粘っていたのに、諦めた瞬間にあたりが出るとは。これを合わせていれば、東ノ谷の再現が出来たはずなのに。餌を捨てているために、次の一投が打てず、返す返すも残念な終了。片付け開始。残る3人は皆知り合いで、まだ続けるようだ。私は片付けを終え、車のエンジンをかけてから我慢していた用をたす。気持ちはかなりブルー。さっさと帰ろう、と足早に池を離れた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月27日 (土)

何か写真を・・・

このところ、写真がなく文字ばかりだったので、特に意味はないが写真を載せる。
53400241通販で買ったヘビ皮の財布。パイソンらしいが、良く分からない。厚いので、ズボンの尻ポケットには入れられないなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月25日 (木)

ヨン様の所得が42億だって!!

これにはノー天気な私もビックリ。ヨン様の所得税は約12億。それから類推して、昨年の所得が42億だそうな。もちろん韓国の俳優ではトップ。しかも、そのうちの90%を日本から得ているとのこと。流石に韓流ブームの火付け役、他のタレントとはちょっと違う(韓国での俳優としてのランクは別にして)。うらやましいとかいうレベルを超えた収入だ。これにはイ・ビョンホンやチャン・ドンゴンも驚いているのでは?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再訂正(怒りの鉄槌をSkypeに!!)

Skypeの新料金体系について、もう少し見えてきたので、再度訂正する。
どうも2通りの料金体系になるようだ。

①従来のSkypeOutは継続する。その場合、1通話あたり通話料(分あたり)に加えて0.039ユーロの接続料が発生する。
②新しいサービスSkypeProが立ち上がる。これは1ヶ月あたり2ユーロを支払うことで、通話料は1通話あたり接続料0.039ユーロのみ。分あたりの通話料はなし。

これなら納得出来る?かな。いやぁ、①は実質値上げだから、ちょっとイヤだ。②は、たくさん通話する人達には有効だろう。
スカイプの公式ブログにも載っていたから、これで間違いないと思う。それにしても、最初は情報が理解出来なくてちょっと興奮し過ぎたようだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月24日 (水)

アクセス7000突破!

12月にアクセスが5000を突破してから、1ヶ月と10日ほどで7000を突破した。1日あたり50アクセスがある感じ。いずれにしてもありがたいこと。これからもこれを励みに頑張ります(って、一体何を?)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

訂正(怒りの鉄槌をSkypeに!!)

情報が不確実だったが、もう少し見えてきたので、前の記事を訂正する。実は前の記事より状況はもっと悪く、基本料金2ユーロ/月の導入はすぐにではないものの、通話に必要な料金は今までの通話料(分あたり)に加えて接続料が追加されるということだ。全く人を馬鹿にしているとしか言いようがない。

P.S. 本日試してみました。PCから自分の携帯にかけたところ、1分で22円引かれた。これは通話料17.5円に接続料4.9円を加えると合点がいく。早いね、やることが!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月22日 (月)

イ・ヨンエがスマスマに

イ・ヨンエがSMAP×SMAPに出るというので、10時前からTVの前で待っていた。ところが、始まる前に番組の予告が何度も流れ、そのなかで何度も彼女を見たので、本番はさらっと言う感じになってしまった。確かに綺麗だが、緊張しているのか、それともバラエティに馴染まないのか、ちょっと表情がぎこちなく見えたのは私だけだろうか。
ともあれ、彼女を見られて良かった。←それだけかよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月21日 (日)

今更「あるある」に怒るなんて

「発掘!あるある大事典Ⅱ」とやらのデータねつ造に視聴者が怒っているとかテレビでやっており、NHKでも番組そのものの一部を流していた。私に言わせれば、何を今更という感じだ。元々いい加減なものなんですよ、この手の番組なんて。あれだけ騒ぎ立てたマイナスイオンは結局どうなったの?今回の騒動の結果、番組がなくなるかもしれない。それはそれで結構なこと。これで視聴者も少し勉強すれば良いが、また別の番組で引っかかるのは目に見えている。それほど視聴者(のほとんど)というものはテレビを100%信用しているのだ。何の根拠もなく。民放がやるこういう番組のほとんどは科学的な裏付けがしっかりしておらず、ただセンセーショナルに煽ることを目的に作られているものが多い。そして無責任。今回はどうして発覚したのかは知らないが、テレビ局が本気でチェックをやるというなら、ほとんどの類似番組が消えるだろう。もちろんそんなことは出来ないから、ただ叩かれた部分だけをゴニョゴニョやってはい終わりました、てなもんだろう。そして人の噂も75日。再び同じようなことが起きて、またトカゲの尻尾切り、の繰り返し。だから、そんなに熱くなってもしょうがないよ。それより自分で考えることをしよう、視聴者(のほとんど)の皆さん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

劇的な終了!最後の最後に・・・

今日はOT氏と東ノ谷。昨日は寒かったようだ(家に閉じこもっていたため不明)が、今日は予報では暖かいらしい。集合の8時少し前に池に着くと、階段状堰堤に人が入っている。空はどんよりしていて、湖面には波。右側から風が吹いている。さてどうしようかと思っているところにOT氏登場。相談して、フェンスの左、木のそばの堰堤に入ることにし53400237_1
た。こちらにも波はあるが、仕方がない。車を移動し、準備。今日も竿は15尺で底。餌もいつものセット。OT氏は今日は12尺だ。さて、底取りするが、どうも15尺ではまだ堰堤の上に仕掛けが落ちるようで、いまゆる「かけ上がり」状態。それでもそのまま開始。かなり左に流される。その度に、ある場所でウキが戻るので、何かいるのではと一瞬思ったが、何のことはない、ブロックの高低がウキに現れていただけ。OT氏もウキの動きなし。こちらから見える古い池の方にも、石積みのあたりに2人入った。9時近くになり、バットさんに連絡。どこかで釣っていますかと。すると、竜洋の公園(地理不案内にためどこか分からない)に来ているとのこと。昨日も都田に行き、年をまたいだボウズにもさよならしたようだ。こちらはウキが動かないまま9時。OT氏は早くも終了をほのめかす。まだ始めたばかりでしょう。私は「ドボン」に変更。大分波が穏やかになってきたが、ウキが動かないのは同じ。9時半頃になって、OT氏がいよいよ終了に向けて動き出す。釣り台から離れ、車に戻った。そこに、いつも木のところで釣っている爺さんがやって来て、2人でしばらく話し込んでいた。爺さんは90歳だということで驚き。こんなに元気に90歳を迎えられるとは素晴らしいの一言だ。今日は午後から駅伝の放送があるので、釣りはしないと言って帰った。OT氏は釣り台に戻ったが、10時半には終わると宣言。私にも引き留める材料がないので、OKの回答。私のウキは「ドボン」にしてから一度だけ一目盛返したが、それだけ。10時を過ぎ、せっかく風もなくなり、釣りやすい状況になったのだが、OT氏は身の回りの整理を始める。私も「ドボン」を止め、そろそろ終わるつもりで、ひょっとして何かあるかも、と「たな」を上げるが、意味なし。OT氏は予定どおり10時半に終了。11時前に帰った。寒い間しばらくは釣りはしないと言いながら。私も終わっても良いが、やはりボウズは嫌だ。そこで、再度底を取り直し、餌打ち。ウキがかなり見やすくなった。と、右の方で釣っていた人の竿が曲がった!おっ、と思ったが、次の瞬間バラシた。やはり食わないのか。私の方も1回だけウキがスッと入ったが、もちろんあたりではない。でもへらが来たことに間違いはないので、少しやる気が戻る。時刻は12時に近づき、グルテンも残り少なくなってきた。それではと「玉」を数粒用意。これで食わせが尽きたら終わりだ。そしてグルテンが尽き、いよいよ「玉」の登場だ。慎重に餌打ち。ウキに動きなし。そして12時のチャイムが鳴り始めた。終わりだ。と、ウキがズバッと入った!えっ、と思いながらも合わせれば、何とかかりました!右の方から、釣ったとの声。しかしまだ分からない。本当に「へら」か?また、ちゃんと食っているか?その前に、バラシては元も子もない。前回は焦って寄せようとして2回もバラシているので、ゆっくりと浮かせ、寄せる。おおっ、「へら」のうえに口にかかっている。サイズもまあまあで問題なし。最後の最後でボウズから逃れられた。しかし、針を外そうとして口に手をかけた瞬間に暴れられてハリス切れ。もう2回分くらい餌が残っていたが、終了だ。しまった、カメラを53400238_153400239
持っているのに写真を撮り損ねた。まあいい。片付け。それから、古い池の方を見に行53400240
くと、駐車スペースは満杯で、釣り人はほとんどが階段状堰堤の右に片寄っている。何故だろう。さて腹も減った。帰りには「いなさ食堂」にでも寄って行こうと車を走らせたが、何と休み。暖簾は出ていたのだが、残念。そのまま家路についた。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月20日 (土)

ロスとスカイプでビデオ通話

今朝はかなり寒く、また曇っていたため、なかなか釣りに行こうという気持ちになれず、9時半頃パソコンの電源を入れたところ、アメリカ(ロサンゼルス)のST氏からスカイプメール(チャット)が届いた。今スカイプ可能かと。早速電話してみる。最初は絵が出なかったが、じきに懐かしい顔が現れてきた。さすがスカイプだ。会社での通話はカメラもなく、またインターネット回線の細さのせいか会話もぶつ切りになることが多かったが、今日はそんなことはなかった。理由は分からないが、何度か回線が落ちたものの、久し振りに顔を見ながらの話が出来た。これが無料で出来るのだから、スカイプ様様だ。でも有料サービスの変更は断固反対!

今は外も晴れてきたが、もう今日は無理だ。明日は多少曇っていても、OT氏と釣りに出かけるとしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月19日 (金)

怒りの鉄槌をSkypeに!!

Skypeの固定電話・携帯電話への有料通話サービスSkypeOutの新しい料金プランが発表された。名称はSkypePro.。しかし、それを見た途端に、私の瞬間湯沸かし器は点火した。なな何だと~~~!!ふざけたことを抜かすな~~~!!ハァハァハァ・・・。今までの従量制から定額制に変更するとのこと。基本料金は月あたり2ユーロ。そのかわり、1通話あたりの通話料はどこにかけても一律0.039ユーロ(約4.9円:時間制限なし)。一見良さそうに思えるのだが、実はとんでもない。今までの料金体系は基本料金なしで、通話は国内であれば約2.7円/分。どこぞの「ひかり電話」より安い。私のようにほとんどSkypeOutを使わない人間にとっては、どちらが安いか一目瞭然だ。そのうえ、今までは(今後はどうか分からないが)、購入したクレジットの有効期限は180日で、その間に1回でも通話すれば、有効期限がそこから再び180日となる素晴らしいものだったので、1回購入した10ユーロのクレジットも長持ちしている。それが今後は月あたり2ユーロ引かれては、クレジットもじきに底をついてしまう。確かに頻繁にSkypeOutを使い、通話時間が例えば国内で月あたり100分以上の人達にとっては割安になるのかもしれない。でも、最初にSkypeOutの素晴らしい考え方に惹かれてクレジットを購入したのに、今になって突然月あたり2ユーロいただきますはないでしょう。そのうえ、今までコツコツとギフトを蓄えたものの、それが2ユーロ未満の人達は今後それが使えるのだろうか。年末に連続してギフトデーがあったが、それがすぐに使えないものに変わろうとは、一体誰が想像しただろう。それにしても、どうしてSkypeはこんな風に変わってしまったのか?まさかeBayが買収費用を回収しようとしているのではないだろうか?話を戻して、やはり良識的な解決策は、私のようなスモールユーザーには従来のSkypeOutを、そしてヘビーユーザーにはSkypeProを、と選択性にすることだ。そうでなければ、多くのSkypeユーザーが今回のことで気持ちが離れていくのではないか。最後はお願いになるが、関係者の方々、どうか従来のSkypeOutも選択の余地を残してください。お願いしますよ、ホント。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月17日 (水)

コメントする資格

最近とてもきれいな写真が掲載されているブログを見つけた。あまりにきれいな写真なので、ついコメントしたくなり、入力を終えて送信しようとしたら、メールアドレスの入力を求められた。えっと言う感じ。私の、そして私が良く見に行くブログも、コメントは普通に入力するだけだったので、とまどいを隠せなかった。結局コメントは止め、時々その写真を見に行っているのだが、コメントするにはいろいろ条件があるのだろうか?ちょっと寂しい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月15日 (月)

へっへっへ、出来たぜ

やり始めると止まらない。乾電池が1本足りなかったが、充電池で間に合わせ。なかなかかっこいい。ちゃんと動いた。53400227_153400236_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またしても余計なものを買ってしまった

会社の帰りにOAナガシマでUSBメモリでも買おうかなと立ち寄ってみたが、お目当ての2GBは結構高い。しばらく考えたが購入中止。ショップを出ようとしたところに、変なものが目に入ってしまった。それがこれ。5340022553400226

1000円以下だからいいかな。今までラジコンというものを買ったことがなかったので、ついフラフラと購入してしまった。家に帰って中を開けてみると、何と組み立て式。すぐには動かせない。それでは、気がむいた時にでも組み立ててみようか。とは言え、私の部屋には合計で10万以上払いながら形になっていない「RealRobot」がまだあるのだが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月13日 (土)

今日は出勤

今日は土曜日だが出勤。お隣さんはお休みだが、たくさん車が停まっている。景気が良いのだろう。さて、今日は緊急事態対応訓練があったのだが、休みの人が多くてしまらない訓練となった。休みは明日1日しかないが、どうしよう、釣りに行こうかな?寒いのでまたもパスかな?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年1月12日 (金)

真っ昼間にアクセス

今会社でアクセス状況を確認したら、何と12時の1時間だけで33回のアクセスが発生しているではないか。確かに年賀状などで「見てね」とは連絡したが、それにしても驚きの数(一般的にはそれほどでもないのかもしれない)だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月11日 (木)

春眠暁を覚えず?

今日は3時休みに寝てしまった。ふと我に帰ったのは休みを5分以上過ぎてから。誰も起こしてくれなかった、と言うより、どうして寝込んでしまったのか。どうも無呼吸症候群のせいのようだ。自分でもうっすらと気付いていたが、肥満が進んだこともあって、寝ている際のイビキが凄いらしい。以前に知り合いから、夜中に暴走族が走り回っていたと言われたこともあり、これはいよいよダイエットを再開しなければ。今日のように休み時間なら良いが、車の運転中にもしも睡魔が襲ってきたら、逃げられないと思う。よ~し、頑張るぞ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月 8日 (月)

長期連休(冬休み)最終日

今日で冬休みが終わる。13連休はかなり長い休みだが、終わってみればあっという間という感じ。今日は釣りに出かけたかったが、寒いので中止。バットさんからは鶏小屋に行くとコメントがあったので、早速携帯メールで確認したところ、第1投からさわりがあるとのこと。結果はブログを楽しみに待っていよう。

私のほうは寒い寒いと言って家で縮こまっている。さっきまでSK氏のパソコンの面倒を見ていた。彼はデスクトップとノートの2台を所有しているため、片方でスカイプをやりながら、webカメラでもう片方の画面を映し出すやり方でフォローを行った。こんなに便利なのに、なかなか理解してもらえないのは非常に残念だ。みんな一度使ってみれば良いのに、と思う(別にスカイプの回し者ではありません)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月 7日 (日)

新年会

いよいよ冬休みも明後日まで。今日はそんな去りゆく冬休みを惜しんでの新年会がNM邸で開催された。雪がちらほら降る中を集まったのは会社のお爺ばかり。写真はほん5340021653400220

の一部だが、お約束のカニもほぼ食べ放題。その他の料理もあって、これが今年最初で最後の豪華な飲み会になるだろうと、皆思い切り楽しんだ。それからはNM邸ご自慢の50インチプラズマディスプレイと100インチプロジェクターで映画鑑賞。明日も寒くなりそうだが、行けるものなら釣りに行きたい。それも大久保へ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月 5日 (金)

3日連続して1匹・・・東ノ谷

今日はOT氏のお誘いで東ノ谷。集合の8時に池に着くと、OT氏はもう来ていた。池に53400215
は階段状堰堤の右隅に1人。早速荷物を降ろして池に向かう。OT氏がちょうど堰堤から左に伸びた端、私が「蛍の食用貝(カワニナ)を育てる用の水路」に、水がないので入る。今日も竿は15尺で底。餌はずっと同じセット。どこでも同じだ。OT氏は12尺の宙。一足早く開始。私も遅れ馳せながら底取り。と思ったら、ウキが見えない。逆光?波も出ている。何とか底を取り、開始。相変わらずウキが立っていることしか分からない状態だが、我慢して餌打ちを続ける。OT氏はウキが全く動かないとボヤいている。私の方は、ウキがもやもやしているのではないかと思いながらも、はっきりと見えるわけではないので合わせも控えていたが、1回だけ餌を切る際に何かに当たった。しばらくして、体をかなり左の方にずらすとウキが良く見えることが判明し、今更と思いながらも場所を左側に移動。最初からこうすれば良かった。ウキの見え方が全然違う。これでようやく本当の開始か。すると、今度はちゃんと底が取れていないことが分かる。もう~っ。ようやく本当の開始は9時を過ぎている。波は出たり収まったりで一定しない。と、バットさんからメール。大久保ですか?と。OT氏と東ノ谷と回答。その後、ちょっと脇見をした瞬間にあたりが出たが、合わせきれずにバラシ。どうにも我慢出来なくなって今日も「ドボン」に変更だ。しかし、ドボンだからあたりが出るというわけでもない。黙々と餌打ち。そろそろ10時だ。と、いきなりOT氏の竿が曲がる!本人も驚いた様子。とにかく今年の1匹目が出た。私はドボンであたりもなく、いよいよボウズも視野に入ってきた?しかし、私にもあたりが!ほんの小さくウキが入るのに合わせたが、力が入り過ぎたのかハリス切れ。急いで交換するが、もたつく。再開。すると、ウキが立ってしばらくしてから、ズルズルと入っていく。とりあえず合わせると、かかりました!バラシは許されない。じっくりと寄せる。サイズは30cmくらい。最初はマブナかと思ったが、体高があるので認定。時刻は10時17分。これで「ドボン」は終了し、底に戻す。特に理由はない。その後、かなり良いあたりでバラシたところに何とバットさん登場。仕事の途中で様子を見に来た(こらこら)。2人にコーヒーをおごってくれたので、このことは内密にしておこう。と、バットさんと話し込んでいる間にまたもOT氏の竿が曲がる!こちらも30cmくらいある。バットさんは11時前に帰った。お仕事頑張ってください。さて、大体12時頃には終わるので、それまでにもう1匹釣ってOT氏に並んでおかなければ。そんな私の気持ちが通じたのか、ウキがピョコンと入ったのに合わせてまたもかかりました!これで追いついた。と思ったら、何と目に擦れている。う~む。時刻は11時4分。OT氏のウキが静かになったのとは逆に、私の方はウキの動きが良くなったように思え、ちょっと力が入るが、次のあたりはバッチリ!今度こそ2匹目だ。ほら、寄ってきた。あっ、バラシ!目の前で外れた。時刻は11時14分。針にかけた数は私の方が多いぞと言いたいが、負け犬の遠吠えだ。何にもならない。その後は2人とも何もなく、いよいよ終了間近。OT氏は先に納竿。私は最後の1投にかける。待って待って待ち続け、ようやくチクッというあたり!これに合わせれば、やったかかりました!粘った甲斐がある。サイズはやや小ぶりだが、それよりも2匹目が嬉しい。やれやれ、と道糸を掴もうとした瞬間にまたもバラシ!ガクッ。これで終了。片付け中に12時のサイレンが聞こえてくる。結果はOT氏が2匹、私が1匹と目に擦れ1匹とバラシ2回。明日から天気が崩れ、また気温も下がるようなので、OT氏は休み中の釣りは今日でおしまいとのこと。私もそうしようかなぁ。腹が減ったので、帰りに「いなさ食堂」でトンカツ定食をと思ったが、何と駐車スペースが満杯で停められない。恨めし顔で通過。都田のラーメン屋「ふるさと」が久し振りに開店していたので、そこで昼食。いつもの女性ではなく、おじさんがラーメンを作っていた。味はまずくはないが、少しくどいように感じた。これで新年は3回連続1匹だ。しかもそのうちの2匹は「ドボン」。別にドボンが良くないというわけではないが、やはりバランスの底で釣りたい。休み中にもう1回釣行出来るかどうかだが、もし出来たら、「底」で2匹以上(小さい目標だ)釣りたい。そんなことを思いながら家路についた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月 4日 (木)

真夜中にアクセス6000達成!

12月13日にアクセス数5000を超えたと思っていたら、そこから約20日で6000を超えた。何故か急にアクセスが増えたようだ。中には自身のアクセスも含まれているかもしれないので、そのまま鵜呑みには出来ないが、嬉しいことに違いはない。これからもコツコツ更新していこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 3日 (水)

初釣りは3者揃い踏み-アクシデントもあり

今日は天気も良く、絶好の釣り日和。予定していた鶏小屋に向かって8時過ぎにゴー。途中缶コーヒーを買い、気分はルンルンで池への細い道を入って行く。おっ、先客がいるな、場所はあるかな、と橋を越えようとした時、いきなりゴリゴリという音!とても嫌な雰囲気。ゆっくり車を戻す。板金に傷はないようだ。とりあえず車を切り返し、池に入る。先に来ていた誰かが話し掛けてきたが、とても応答するような気分ではない。車を停め、下部を見ると、樹脂の部分が一部めくれている。新年早々何でこうなるのか。でも、ここまで来て帰るわけにはいかない。先客は堰堤入り口の右に釣り台を出した。私も荷物を降ろし、堰堤入り口左の釣り台に入る。気分は最悪だが、早く気持ちを切り替えよう。それにしても良い天気だ。風もない。ゴリゴリさえなければどんなに気持ち良く竿を出せただろう。雑な自分に自己嫌悪。さて、道具をセットし、竿は18尺で底にする。餌はダンゴの底釣り(夏・冬)にペレ道とバラケマッハを混ぜたバラケと本グルのセット。どうやら気持ちが落ち着いてきた。と、右隣から、気持ちが落ち着きましたか、との声。sunshineさんですよね、と聞かれ、はいと答えるが、ひょっとしてmasaさん?2回目の出会いも前回同様バツの悪いものになってしまった。masaさんからすれば、せっかく顔合わせが出来たと思ったら、またも私の仏頂面を見ることになり、さぞや気分が悪かったことでしょう。返す返すも申し訳ありません。その後は2人とも黙々と準備。私は一旦餌打ちを始めたが、どうもウキの馴染みが良くないので、何度も底取りする。バットさんとご一緒した際もそうだったが、かなりのプレッシャーがかかる。ようやく思い通りの馴染み幅になり、餌打ち再開。しかし、予定通りウキは動かない。masaさんから、ここの常連さんは上の池に行っているようだと言われ、やはりこの場所はダメなのかと、前回のボウズが脳裏をかすめる。そのうえ、右岸にいる、やはり常連さんから、堰堤はここ1週間ダメだと言う声が聞こえてきて、気持ちは更に沈む。そうだ、バットさんにmasaさんと竿を出していることを連絡しておこう、とメールを打つ。既に9時半を過ぎた。ウキは微妙に動い53400207
ているように思えるが、はっきりとしたさわりにはならない。masaさんも同じのようだ。10時を過ぎ、masaさんの知り合いという方が様子を見に来て、masaさんと話し込んでいる。私はじっとウキを見ている。と、masaさんの竿が曲がった!おっ、と注目したが、途中でバラシ。いよいよ地合になったか?すると、私のウキも何やら動き出したように思え、じっとウキを見ていると、もやっと1目盛戻したあとにフッと入り、これに合わせれば、やったかかりました!と思ったのはほんのわずかの間。すぐに竿先から力が抜ける。バラシた。う~む、これで散ったかな。しかし、ウキはまだ動く。今度は、竿先を少しずつ前に出していく途中にウキがスッと入り、これに合わせて今度こそと張り切るが、またも喜びはわずかの時間。鱗が付いてきた。どうもこれでジ・エンドか。そこで、どうせ食いが悪いのならと両グルテンで放置しておくと、ウキがじわじわと戻し、今度こそ正真正銘チクッと入り、しかも掛かりました!これは外せない。へらの動きが変なので、擦れているかとヒヤヒヤしたが、片方が尻ビレにかかっていた。サイズは30cmないだろう。やれやれ、これで今日出て来た意味があった。時刻は10時46分。すると、じきにmasaさんの竿も曲がり、1匹目をゲット。これでお互い力が抜けた(私だけかも)。11時を過ぎて、バットさんがやって来た。masaさんと初対面?の挨拶。それから、堰堤右の釣り台に入った。masaさんの知り合いの人も私とmasaさんの間に入り、半年ぶりに竿を出すとの声。しかし、太陽は右手の木々に隠れて風も出て来た。どうも逆ゴールデンタイム突入の雰囲気?masaさんとバットさんはお互いの知り合いの方々が重複しているようで、話が盛り上がっている。私は元々1人か限られた人達としか釣りをしていないので、当然ながら話を聞くだけ。これからも釣りをしていくのなら、やはり知り合いを多く作ることも必要かもしれない。12時のサイレンが聞こえてくる。そろそろ終わりかな。と、ウキがチクッと入り、待ってましたと合わせるが、瞬間的に擦れと分かる。全く予兆がなくあたった。やはり腹から上がってきた。ガクッ。その後はウキが全く動かず、お二人も静かなまま。堰堤には穏やかな時間が流れる。1時になり、餌も終わりに近づいたので、納竿を連絡。片付け。masaさんとバットさんはまだ続行のようだ。気温が朝方より下がってき53400208
たようなので、体調に気をつけてください。最後にお二人の写真を撮らせてもらって終了。手前がmasaさん、奥がバットさんだ。挨拶も済ませ、ずっと我慢していた用を足す。それから、ゆっくりと車を動かす。まさか帰りも同じことをするわけにないかない。慎重に橋を抜ける。今年最初の釣りは、思いがけずmasaさんバットさんと竿を出すことになり、これはラッキーだったが、それを帳消しにしかねないゴリゴリもまた私らしいと言うべきだろうか。masaさんバットさん、こんな私ですが、これに懲りずに今年も宜しくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月 2日 (火)

冬の雨

やはり雨が降り出した。冷たい雨が降っている。
♪冷たい雨が降っている(吉田拓郎)
♪雨・・・(中島みゆき)
♪雨(三善英史)
♪雨は似合わない(NSP)

ぼうっとしていると、昔の唄ばかり思い出される。1月2日の午後。

P.S.歌詞を載せるのは著作権法上問題があるということで、曲名に変更しました(1/15)。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 1日 (月)

天国の階段

新年明けましておめでとうございます。今年が私とこのブログを見に来てくれる皆さんにとって良い年であることを祈っています。

さて、新年は好天に恵まれ、風もないので絶好の釣り(早速かよ!)日和と思ったが、昨日張り切って掃除したため、だるくて仕方がない。そこで、家でゴロゴロしていたが、ふとGYAOを見てみると、冬ソナは最終話だが、新しく「天国の階段」が始まっているではないか。韓国ドラマでは「美しき日々」もそうだったが、第1話が非常に重くて気が滅入る展開だ。さっきようやく見終わったが、どうやらチェ・ジウがまたも泣くドラマのようだ。どうしようかな、このまま見続けようかな。クウォン・サンウが能天気なボンボンの役らしいが、「悲しき恋唄」でもそれほど強い印象が残らなかった(キム・ヒソンばかり気になった)ので、今回は少し期待して見てみようかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »