« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月31日 (木)

認定日

今日は初めての認定日。時間に遅れてなるものか、と7時半過ぎに家を出たら、8時に職安に着いてしまった。ほぼ1番乗り。次回は2時ということで、出かける時間と道路の混み具合で上手に調整しなければ。

話は変わって、セコムのCMが中止になるとのこと。人間が猛獣に変身するものだが、電設工事をしている人が変身する部分(危険人物になる)は流石に問題だろうと思っていたら、案の定クレームが付いたようだ。発想は悪くなかったが、そこからの突っ込み(配慮)が足りなかった。広告代理店も大したことないね。奢っているのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月29日 (火)

美しき日々AGAIN

今週の日曜日(27日)から、GYAOで「美しき日々」が再放送されている。一週間に一度(日曜)3話更新されるので、結構きついスケジュールだ。これと「初恋」も見なければならない(←そんなことないゾ!)ので、いくら時間に余裕があると言っても、へこたれてしまいそうだ。
「美しき日々」は、韓流ブームに乗り遅れた人必見。早速GYAOにアクセスしよう(←って、別にGYAOの回し者ではありません)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今度は緑資源の

今朝、緑資源の前身の公団理事だった人が自殺。松岡農水相に触発(インスパイア)されたのだろうか。このままいやな連鎖が起きなければ良いが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月28日 (月)

松岡農水相

死者に鞭打つつもりはないが、死ぬくらいなら全部吐露してほしかった。プライドが高く、晒し者になるのが耐えられなかったのだろうか。それとも、後のことは何とでもするから、とりあえず墓まで持って行ってくれとでも頼まれた(脅された)のだろうか。いずれにせよ、これで事務所経費と緑資源の問題はうやむやになってしまう。こうやって様々な問題は消されていくのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月26日 (土)

鶏小屋でトホホの釣り

今日は調整池。少し早く池の様子を見に行くと、やはり昨日の雨で増水し、池の周りは53400541_1水没している。これでは車も入れないし、竿も出せない。そこで、釣り好きには場所を鶏小屋に変更したとメールを打つ。そして私も鶏小屋へ。いつもながら、入り口の橋は注意。既に2台車が停まっている。まずは池の様子を見に行くと、堰堤左端に1人と右岸奥に1人。それでは私は堰堤左端の右側に入ることにし、車から荷物を下ろし、先客に挨拶して釣り台に入りる。昨日の雨で釣り台が濡れているので、シートを敷いてさあ準備だ。今日は11尺で行こう。もちろん底。餌はいつもの両ダンゴだ。準備が終ると6時を過ぎている。まだ太陽は顔を見せないが、今日は最高気温が28度とか予報に載っていたので、好調だったら早く終ろう。準備も出来、餌打ち。すると、何故か時々根掛かりする。おかしいなぁ。それでも、いきなりあたり!残念カラだったが、これはいけそう?そんな所にOT氏登場。私の右に入り、今日は9尺で底だと言う。餌は宙のものをそのまま使うらしい。ええっ、と思いながらも、私は自分の釣りに専念。しかし、あたりがなくなっている。ここで、MM氏から昨夜の飲み会の酒が抜けないので今日はNG、とのメールが来た。さて、餌打ちを始めたOT53400542_1氏だったが、何と数投であたり!残念バラシたが、すぐに本当の1匹目をゲット。これには私もガクッ。その後もOT氏にはあたりが出て、何度か合わせる音がする。そして、気が付けば3匹をゲット。私の左隣も竿を曲げ、私1人がおいてきぼり。太陽も顔を出し、暑さと無念さで精神はボロボロ。全くウキが動かない。たまに動いてもあたりまで行かず、何故だ、何故だと思いながら時間が過ぎる。そんな私の1匹目は、何とかかってました。その前にウキが動いた53400543_1が、あたりとは思わず合わせなかった。おそらくその時にかかっていたのだろう。あたりに合わせて釣ったのではないので、残念は残念だが、とにかく1匹目が出てまずはホッ。なにしろ釣り始めてから1時間半は経っている。さあ、これからOT氏に追いつくぞ、と急にやる気満々。すると、8時を過ぎて地合になったのだろうか、ウキの動きが良くなり、バッチリのあたりで53400544_153400545_1
2匹目をゲット。こうでなくては。その後もう1匹追加して、ウキを交換してからあたりの出なくなったOT氏にようやく並んだ。確かに餌に手水を加えて柔らかくしたが、それだけではないだろう。ところが、すぐにOT氏が53400546_153400547_1竿を曲げ、またも私が追いかける展開に。しかし、私の地合はまだ残っており、4匹目、5匹目をゲットして再びOT氏を抜く。OT氏もすぐに1匹ゲットして、デッドヒートは一応続くが、この後2人とも、いや、先客や後から来た人達も含め、全体的に食い渋りとなる。両ダンゴでポンポン餌打ちしたいが、そんな釣りではなさそう。ずっと待つ。そんな中、OT氏はポツポツとあたりを拾い、またも私53400548を抜いた。私も手を拱いていたわけではないが、ウキが動かないのではどうしようもない。やっとウキがズボッと入って1匹ゲットしたが、目はパッチリしているものの、どうもマブナライクだ。これは一応カウントしておくが、バットさんからクレームが出るかもしれない。その後は再び静かなまま時間が過ぎる。その静寂を破ったのは、またもOT氏。続けざまに竿を曲げ、2桁まであと1歩と迫る。53400549_153400550_1私も負けていられず、ポツポツとあたりを拾い、何とか離されないようにするが、これが精一杯。OT氏は10匹目の竿を曲げたものの、残念バラシ。その後しばらくして納竿した。私は何とかしてもう1匹と粘るが、最後の1投で消し込みが出たものの、擦れで両ハリスを失ってジ・エンド。結果はOT氏が9匹に私が8匹(マブナライク1匹含む)。いつもなら宙だからと言い訳出来るが、今日はそうはいかない。紛れもなく完敗だ。片付けを終え、用を足した後に挨拶して解散。OT氏が明日も出来そうだと言うので、一応都田(増沢池)と言って別れた。それにしても、9尺と宙の餌(ガッテンとかいう)の底釣りで私の上を行ったOT氏には脱帽だ。もし底を切っていたら、もっと多くのへらをゲットしていただろう。私が今までずっとやって来た底釣りは一体何だったのか?そんなことを思いながら家路についた。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月24日 (木)

湖西新池に行く

今日は湖西新池に行ってきた。往路は環状線を南下して旧浜名バイパスに入り、終点から北上。約40分かかった。平日のせいなのか池には誰もおらず、また田植えシーズンなのか、かなり減水していた。竿を出す時間帯でもなさそうなので、そのまま帰路についた。復路は浜名湖に沿って再び北上し、無料になったレークサイドウェイを抜けてあとは道なり。かかった時間は行きとほぼ同じ。ナビが嘘ばかりつくので、少し腹をたてながら帰宅したところ。53400537_153400538_153400539_153400540_1


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年5月23日 (水)

社会保険事務所

最近、テレビや新聞などで年金の問題が多く報道されている。これは他人事ではない。早速確認だ。社会保険庁の出先というか、西社会保険事務所に行ってきた。高町の坂の途中、出雲殿の信号を右折してしばらく行くと、あった!混雑していて駐車できないかと思っていたが、結構空いていた。受付を済ませ、順番を待つ。番号を呼ばれ、単刀直入に年金の納付期間と受給予定額を質問。おおっ、ちゃんと約28年の納付記録があった。そして、61歳から受給出来る。ただ、金額については、こんなものかという感じ。公務員なんかはかなり良いんだろうなぁ。また、示された数字は、あくまで今日現在のものであって、諸事情により変更(減額だろう)されるとのこと。とりあえずちゃんともらえそうだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月20日 (日)

バットさんと調整池

今日はバットさんと調整池。かねてからの約束をやっと果たせる。集合の5時半に間に合わせるべく、5時過ぎに家を出るが、何故か寒い。でもじきに暖かくなるさ、と着替えずに出発。5時半少し前に池の入り口に着くと、バットさんはもう来ていた。まずは挨拶、それから池の様子を見に行く。水位がかなり低いようだ。鍵を開け、池の日向側に53400555入る。バットさんが奥の深場、私がそこから数メートル手前。私はこの池専用の仕掛け(道糸1.5号、ハリス0.8号)で竿は15尺の底で両ダンゴ。バットさんは、段子川用の9尺で底。餌はセットを作るが、最初は両グルテンから入った。やはり寒い。でも、もうじき日が当たる(それはそれで暑いのだが)。それまでの我慢だ。さて、一足早く準備が終った私は、緊張の餌打ち開始。一応この池の先輩としては、何としても先に釣らなければ。すると、幸先良くあたり!やったと合わせるが、凄い引きで、懸命に堪えたもののバラシた。見ると、仕掛けのオモリから下がない。サルカンの所から抜けたのかも。多分鯉。予備を用意していないので、道糸はそのままで仕掛けを現場施工。その間に開始したバットさんが、結局先に竿を曲げた。しかも、上がってきたのは35cmのへら。ガクッ。何とか仕掛けを作った私は、追いつくためにも必死で餌打ち。すると、じきにあたり!これに合わせれば、本日の1匹目。マブナ。でもいい。続行。あたりと竿を曲げる回数は私のほうが多いと思うの53400556だが、かかるものがバットさんはへらで私はマブナ、という時期が少しあって、その後私にもへらがかかるようになる。一応証拠の写真。この後、釣ったへらとマブナの写真はありません。悪しからず。何故か20cmから30cm弱のへらもマブナもかかってこない。昨年の釣り大会では結構出たと思うのだが、鵜が来て食べてしまったのか。その後、2人ともポツポツと竿を曲げるが、一通り釣れたのか、あたりがなくなってくる。そこ53400557で、私はグルテンを作り、バットさんはハリス長を調節。朝まずめほどではないが、あたりが出るようになった。バットさんは40cm超のへらを2匹もゲット。一方私のほうは、グルテンを作ったことが災いしたのか分からないが、その後、60cmクラスの鯉を3回もかけてしまう。仕掛けはまず切れないので、寄せて外すしかない。これには本当に疲れた。バットさんが、こん53400558なスマートな鯉は見たことがないと言うので、やはりこの池は慢性的な餌不足なのだろう。だとすると、もっとあたりが出ても良さそうなものなのだが、どんどん渋くなる一方。朝の寒さはどこへやら、日が射すと暑い。空には雲ひとつない晴天だ。ただし、朝から風は吹いており、波が収まることはなかった。さて、あたりと釣った数ではバットさんに勝るものの、肝心のへらのサイズでは全く届かないまま。良くて36cmくらい。私も40cmオーバーを釣りた~い!しかし、10時頃餌が終る。ここで、この池では宙で釣れないというジンクスを壊すべく、宙を模索してみよう。餌はいつもの特Sベースの両ダンゴ。元々「たな」が1m数10センチしかないので、宙にしようとすると、ウキとオモリが近づき過ぎる。私のアームでは仕掛けトラブルが発生しそう。でもやってみる。しかし、かなり餌打ちしたが、1回ウキが戻したように見えただけ。結局ジンクスは変えられなかった。それでは底だ。でも餌が宙なので、それにダンゴの底釣り(夏)を加えて練り、底で持つようにする。それまでの間に、バットさんはナマズと鯉をかけ、いずれもバラした。底にもどした私だったが、じきにマブナをゲット。地合なのか?そのまま続行。ポツポツとあたりが戻ってきた。そして、私にもナマズが来たが、バラした。11時前に、バットさんがいつ頃終るのかと聞いてきたので、11時半くらいと提案。と、バットさ53400559んの竿が曲がる!またもナマズ。でも今度はバラさなかったので、写真を撮らせてもらった。60cmくらいあるとのこと。さて、餌もそろそろ終わり。「上がりべら」もゲットしたので、もう終っても良いが、釣り人のセコイ所でもう1匹と願う。しかし、マブナがかかって「上がりマブ」になってしまった。その後、最後の1投は空振りで終了。バットさんもほぼ同時に終了した。今日はバットさんに数釣ってもらうつもりで来たが、肝心の魚影が何故か良形ばかりで、ウキを多く動かす7,8寸は姿を見られなかった。最後のほうで、バットさんがバスらしき魚が別のものを追っているのを見たらしい。もしこれが本当なら、7,8寸はバスの餌食になってしまったのか。一体誰がこの池を汚す行為をしたのか。非常に腹立たしい。さて、私のほうはおそらくマブナを含めて30匹近くを釣ったように思う(数えていないので不明)。最初の勢いは持続しなかったが、まあ良しとしよう。一方、バットさんからは、最初は数釣るつもりだったが、グッドサイズのへらをボチボチ釣れたので良かったとのお言葉をいただき、調整池に誘った私も胸を撫で下ろした。片付けを終え、慎重に池を出る。車止めのチェーンをかけ、挨拶して解散。今日は本当に天気に恵まれて良かった。それにしても腹が減った(いつものとおり)。さっさと帰って昼飯だ。そう思いながら車を走らせた。

今日の釣行については、バットさんもブログに載せるので、また違った角度からの見方も楽しんでいただきたい。
バットさんのブログはこちら。

http://members.goo.ne.jp/home/batt129

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月19日 (土)

雨のち晴れの東ノ谷

今日はOT氏と東ノ谷。予報では6時から12時までは降水確率10%なので、多分大丈夫だろうと集合時刻は6時半に設定。しかし、出かけようとした6時頃、何やら雨が降ったようだ。いや、微妙にパラパラしている。とりあえず池に行きますとOT氏にメールを打ち、ゴー。6時半頃池に着くと、OT氏はもう来ていた。5340055253400553ヘラ師は他に、新しい池に2人だけ。我々は古い池の外れに入ることにした。OT氏はさっさと準備。私は13尺両ダンゴで底。チンタラ無駄話をしながら準備したので、釣り台に座った時にはもう7時。すると、いきなり雨粒が落ちてきた。本降りにはならないだろうと、荷物にシートをかけておく。すると、空がどんどん暗くなり、どうやらこれは本降りか?次第に雨粒が大きくなるので、仕方なく傘を出す。すると、いよいよ雨粒は大きくなって、一時は土砂降りに。今日はお休みのMM氏から、続けるのかとメールが来たが、止めたくてもこの雨では片付けも出来ない。しばらくは我慢だ。OT氏は既に1匹釣っているので、いつ止めても良さそう。私も、雨粒で良く見えないが、ウキが動いているようにも見え、もう少しの辛抱だ。じきに雨は小止みになり、7時半のチャイムが聞こえてくる。新しい池の堰堤にいた人は、せっかく雨が止んで来たのに、何故か片付け。後で分かったのだが、この人はその後引佐天池に行ったようだ。さて、私のウキはまだ動いている。そして良いあたりが!やったと合わせるが、尻鰭から上がってきた。ガクッ。でもその次のあたりで、ようやくかかりました!サイズはそれほどでもないが、これで帰れる。時刻は7時42分。尚、今日はカメラを雨対策でリュックにしまったため、途中のへらの写真はありません。悪しからず。私は連荘で2匹目をゲットするが、その後はバラシ。ようやくそこそこのサイズが出た3匹目は7時55分。これからこれから、と思っていると、何故かウキの動きが止まる。OT氏も同様のようで、2人とも首をかしげながら時間が過ぎる展開。私はその後、ウキが馴染まなくなり、どうやらジャミが来ている様子。何度かあたりに合わせてみると、お約束のジャミがかかってきました。今日は宙をやりたいので、底の餌は少ししか作っていない。そろそろ終わりだ。もう9時近くなっている。餌はいつもの両ダンゴ、竿も9尺に替え、「たな」を約80cmくらいにして再開。すると、すぐにウキが動き始め、9時ちょうどに1匹目をゲット。そして、9時13分に2匹目。続いて連荘で3匹目。これは簡単な釣りだ。9時20分には4匹目。そしてまたも連荘で5匹目。底と併せて8匹。開始して30分ほどで底の結果を抜いた。これなら2桁は達成出来そうだ。ところが、ここからあたりに合わなくなる。そして、合ったとしてもバラシ。全く数を増やせないまま餌が終了。まだ10時前。13匹のまま停滞しているOT氏が餌を作ると言うので、私もお付き合いして続行だ。今度は特S抜きにしてみる。OT氏は再開後すぐに1匹釣るが、私はウキの馴染みが悪い。手直ししながら餌打ちするうちに、10時8分に6匹目をゲット(底と併せて9匹目)すると、次の餌打ちでもかかりました!やった2桁達成だ!しかし、目の前まで寄せてきてバラシ。道糸も掴んでいないため、泣く泣くノーカウント。しかし、次の餌打ちであたり、更にはその次の餌打ちでもあたりにも合って、もしバラシていなければ4連荘だ。結果も計11匹と2桁を達成。OT氏も20を覗う調子。よし、餌のある限りやってみよう。さっきまでは雨と低温で震えていたが、今はカンカン照りで汗ばむくらい。空も晴れわたっている。私はその後、3連荘もあって数を増やし、底と併せて16匹となったところで餌が尽きて終了。まだ11時前だ。餌が残っているOT氏はしばらく続行し、計23匹53400554(擦れ含む)で終了した。少し早く終了した私は、リュックからカメラを取り出し、片付け中のOT氏をパチリ。階段状堰堤には2人入っている。片付けを終え、挨拶して解散。明日はバットさんと調整池だ。しかも5時半集合と早いので、今日はさっさと帰って休養だ。腹が減っているが、金を使わないように、改装中の「いなさ食堂」を横目に車を走らせた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月16日 (水)

Do it!

この間の日曜日、何気なく「ザ・サンデー」を見ていたら、私の知らない歌手の特集をやっていた。馬場俊英。40歳らしい。どんな歌を歌っているのだろうと少し気になって見始めた。野音でのコンサートを実現するまでのサクセスストーリーだが、彼の曲が繰り返し流される中で、次第に引き込まれる何かを感じてしまった。それが、Do it!と、ピースのリフレイン。今関連サイトを見てきたが、彼の曲は既にいろいろなTV番組に使われていた。最近は音楽から遠ざかっていて、寡聞にして知らなかったが、ちょっとCDを聴いてみようかという気持ちになった。

http://music.biglobe.ne.jp/special/0704/baba/index.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

秋野不矩美術館

今朝、ふと思い立って「秋野不矩美術館」に行くことにした。前から行きたいとは思っていたのだが、いつでも行けると思うとなかなか行き出せなかった。こういう状況になって53400527534005285340052953400530初めてその気になった。鹿島の橋を渡り、川に沿ってしばらく進んだところに駐車場がある。そこから坂を登って行き着く先が美術館だ。ここは、履き物を脱いで鑑賞する、珍しい美術館になっている。入館料は300円。安いのではないか。なかなか画家個人を対象にした美術館に行くことはないので、静岡まで行くよりもここに何回か来たいと思った。さて、鑑賞も終わり、家路につこうかと思いながら車を動かし始めて、これもまた急に「熊(くんま)」に行ってみようと思い立った。何故かは分からない。以前、とは言っても5340053610数年前だが、熊に「ホタルの里」というのがあって、2,3回訪ねた記憶がある。細い山道をクネクネと20kmくらい走って、「水車の里 かあさんの店」に入り、昼食。天ざるそばを注文。そばはゴツゴツした感触、天ぷらは舞茸がサクサクとおいしかった。そこからUターンして家路についたが、山道を走ることが最近なかったので、ちょっと疲れた。まあ、いい気分転換になっただろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月14日 (月)

半月が過ぎた

何やかんやと過ごしているうちに、半月が過ぎた。一応処理しなければならないことはほぼ終えた。何となく虚脱感が漂っている。このまま萎びてしまうかも。いや、何か自分に出来ることを探して、それを心の支えにしていかなければ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月 9日 (水)

西大谷はちびフナばかり

一応済ませるものは済ませたので、今日から本当のフリー状態。天気が良いのに家にこもっていても仕方ありません。9時頃家を出て、急に西大谷に行くことにする。掛川インターで降りたまでは問題なかったが、それから道を間違えてしばらくの間迷走状態に。ようやく気持ちも落ち着き、今度こそ間違いなくダム方向だ。それにしても、前回(5年くらい前)来た時は、こんなに長い距離を走ったかなぁ。記憶のいい加減さに呆れる。ようやくダムに着いたのは10時頃。とりあえず所定の駐車スペースに車を停めるが、ゲッ、5340049753400498桟橋まで遠い!そこで、道沿いにあった食事処「櫟」に停めさせてもらう。嫌な顔一つせずに了解してもらえた。さあ、行こう。荷物を持ち、階段を下りる。桟橋には3人しかおら5340049953400500ず(良く考えたら平日だった)、どこに座ってもOKだ。帰りが楽なように桟橋に渡る橋のすぐそばに入る。まずは9尺の宙といこう。ところが、仕掛けを2回も付け間違える手際の悪さ。ただでさえ暑いのに、イライラで熱気ムンムン。餌はいつもの両ダンゴ。「たな」を1mくらいにセットして餌打ち開始。すると、第1投からウキが動いた。でも、これは既に承知。ちびフナだ。それにしても寄りが早い。これも平日のせいか。そして、じきにちび5340050153400502フナゲット。とても嬉しい(わけないだろ!)。なかにはこんなのかかるの、というくらい小さなフナまでかかり、これではまるで「工業団地の池」だ。毎回せわしなくウキが動き、頼んでもいないのにかかってくる。う~ん、どうしよう。そうだ。まずはハリスを短くして馴染みを早くしよう。変化なし。次は「たな」を深くしてみよう。通りかかった爺さんが、型の良いのは2m以下の深いところと教えてくれた(なんでも魚探で調べたらしい)ので、9尺で2mの「たな」、ほぼウキが穂先状態で打ってみるが、風が出て来たこともあって、思うように餌打ち出来ず、また道糸が穂先に絡むトラブル発生。結局、ウキを何とか馴染ませても、かかってくるのが同じと分かった時点で最早ギヴアップ。最初の餌が尽きたら、今度はもっと長い竿で深いところを探ってみよう。12時のチャイムが聞こえてくる。私の左奥で釣っていた人が終了。小さいのしか釣れなかったと話し掛けてくる。私も同じ。今度は竿を長くしてみると言うと、頑張ってと言って帰っていった。さて、それでは15尺くらいを出してみるかな。あれっ、仕掛けがない。以前都田で頭上に木にかけて切れてから、放置されていた。かと言って、18尺は風も強くなっているので無理だろう。それでは、13尺だ。餌は、13尺で底が取れればペレ底単体の、取れなければペレ道ベースの両ダンゴとしよう。13尺で底に届かないようなので、宙に決定。「たな」は約3m。そして再開。やはり道糸が穂先に絡みそう。風も強くて思うように振り込めない。何とか振り込み、馴染みを出すと、ウキがすぐに動き出す。今度こそは!しかし、多少はサイズアップしたものの、やはりちびフナしかかからない。餌を大きめに付けているので、終了は1時半頃。私の右奥にいたカップルも終了したようで、帰り際に、男のほうが、この池はこんなもの?擦れで1匹まともなものをかけたと話し掛けてきた。何か大きなのを釣る秘訣でもあるかと聞かれたの53400503で、ちびしか釣れていない私には答えようがなかった。カップルは食事処でも大きな声で誰かに尋ねていた。さて、片付けも終わり、私も車に戻る。荷物を車に積み、店の人にお礼を言ってから、池を後にした。それにしても、数年前とは様変わりの西大谷ダム。ちびが釣れるということは、自然繁殖しているということで、それはそれで喜ばしいことなのだが、出来れば私のそばには来てほしくなかった。これでは東名代を使って来た意味がない。帰りも東名なのだから。これからしばらくは、都田近辺で良しとしよう。何よりお金がかからないから。帰りも静岡に行った時のように、安全運転(80km/時)で帰った。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月 8日 (火)

ろくでもないコメント

最近、しつこくろくでもないコメントが付き、その度に「ココログ」に連絡して削除している。それは、Viagra。コメントというか、英文なのでおそらく機械的に送られているのだろう。そんなものなくても充分・・・(以下、このブログにふさわしくない内容のため、削除)。どうして繰り返しコメントが付くのか。しかも同じ記事に対して。以前、同じ内容がトラックバックにあり、ずっと放置しておいたのだが、その間何もなかった。最近、別のトラックバックから「ワンクリック詐欺」が発生したので、一気にトラックバック全てを削除したのだが、その後しつこく「Viagra」のコメントが付くようになった。こういうものは、フィルターなど使って付かないように出来ると思うのだが、今のところやり方が分からないため、対処療法になっている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月 6日 (日)

連休最後は雨

昨夜から雨が降り続いている。連休最終日に惜しいという考えもあるだろうが、ここはひとつゆっくりと鋭気を養って、明日からの仕事につなげていこう。って、私には関係ないか。でも、釣り疲れも取れてきた。これで次の釣りはバッチリ。それだけかよ(一人突っ込み)!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月 5日 (土)

今度は西ノ谷で気分が・・・

53400479今日はOT氏、MM氏と西ノ谷。6時集合のため、5時起床。天気は曇りだが、雨はなさそうなので、5時半過ぎにゴー。池に着くと、2人はもう来ていた。予定の堰堤脇の釣り台には先客がいるため、我々は道路に付いた岩の下に入ることにする。この池は早朝波が出てウキがほとんど見えないが、次第に波が止み、釣りが出来る。私とMM氏が釣り台5340048053400481に、OT氏は釣り台をセットしてさあ準備だ。今日は3人とも9尺宙で両ダンゴ。やはりウキは白波で見えない。何とかトップが立っているのが分かる。それにしても、この場所は風通しが良く、夏場は気持ち良いのだが、今日は寒い。薄手のジャンパーでは風邪をひきそうだ。とりあえず車に戻って着替えをしてこよう。と、立ち上がったところにMM氏が竿を曲げる。ウキは見えているのかな。着替えを終えて釣り台に戻ると、もう7時近い。随分暖かくなった。と、あたり!合53400482534004835340048453400485いました。サイズはこんなものか。「たも」を出す必要もなさそうだ。OT氏はなかなかあたりに合わない様子。私はその後ポツポツとあたりを拾う。途中「たも」を出す。MM氏も53400486534004875340048853400489私と同じくポツポツ。風・波も収まり、体感温度が上昇。再び着替え。OT氏は最初こそ調子が出なかったが、そのうち頻繁に竿を曲げるようになった。今日はウキが良く動くの5340049053400491で、餌の減りが早いようにも思えるが、何故か気持ちが乗らないまま時間が過ぎる。あと1匹で2桁だが、そこからジャミの3連荘。餌も残り少ないし、急にここで終了モードに突入。次のあたりで擦れると、片付け開始。8時半頃。OT氏もMM氏も「えっ」という感じだが、私自身も自分の行動が分からない。多分、いくら頑張ってもサイズアップしないことに力が抜けたのだと思う。この池でそんなことは百も承知のはずなのに、何で今更。私は片付けを終え、2人の釣りを見ていた。MM氏は最初から9時までということで、予定通り9時に終了。結果は11匹。OT氏は好調を持続していたため、多分止めたくはなかったと思うが、2人が終了したため、お付き合いで終了。カウントはしていないが、おそらく20くらいか。途中で止めさせてしまい、申し訳ありません。MM氏は53400492534004935340049453400495帰り、私とOT氏は池の周りを散策、と思ったら、途中で通行止めになっていた。池の周りには釣り台が整備されており、管理している方々には本当に頭が下がる思いだ。さて、OT氏とは挨拶して解散。私は時間が早いので、今まで行ったことがない、「あらたま」中学近くの池を見に行く。う~ん、水深はなさそう。それにバサーしかいない。ちょっとここでの釣りは難しそう53400496だ。それでは、と、今度は新池へ。こちらも池の半分が干上がっていて、草が生えている。これでは釣りは出来ないだろう。帰りに上州屋に寄る予定だったが、こちらも何故かそのまま家路についた。今日はどうも変調の釣りだった。一緒に釣行してくれたMM氏とOT氏には本当に済みませんでした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年5月 4日 (金)

久し振りの大久保はやはり・・・

今日は本当に久し振りの大久保(西の平)。特にOT氏にとっては何年ぶりだろう。ムリを言って来てもらうので、何とか結果が出て欲しいが、こればかりはどうしようもない。集合時刻の6時半より10分以上早く池に着いたが、OT氏はもう来ていた。おっ、ブルーバード(旧マーチ)の人もいる。早速堰堤を見に行くと、ブルーバードの人は一番右で釣っている。それでは、邪魔にならないよう左端にOT氏、その右に私が入ることにしよう。5340047153400472さて、準備開始。仕掛けに悩まないOT氏はじきに開始。私は竿は11尺で底、餌はペレ底の両ダンゴと決めたが、底が思うように取れない。と言うか、底を取って餌打ちすると、ウキの馴染みが出ないのだ。何度やっても同じ。おかしい。私がもたもたしている間にOT氏に1匹目。釣れて良かったには違いないが、私のほうは精神的にヨレヨレ状態。仕方なく、底かどうかは分からないが、とにかく馴染みが出るように「たな」をセット。ブルーバードの人はいつ頃から開始しているのか不明だが、我々の準備中に竿を曲げた。7時頃、OG氏登場。見学かと思ったら、今日は竿を出す。場所はブルーバードの人の隣。「お」でバラケを撒き散らして怒られないだろうか。OG氏が車に荷物を取りに行ったまさにその時、私の竿が曲がる!やった、ボウズを免れた。実は今日もあとからグルテンを作っている。なかなか両ダンゴでは厳しい感じがするのは、私だけだろうか。534004735340047453400475_1OT氏もじきに竿を曲げ、今日は好調か?また、OG氏も1年ぶりに竿を出すと言いながら、開始してすぐに1匹目。全く衰えを見せないアームにはただただ感心するのみ。私も負けてはいられない。グッドなあたりで2匹目をゲット。サイズもグー。このまま行きたいところだ。しかし、OG氏のウキは動いているものの、私とOT氏のウキの動きが悪くなる。OT氏も私も2匹目から全く伸びない。OG氏はその後1匹追加して、3人とも2匹で並ぶ。時間だけが無情に過ぎ、ブルーバードの人が時折竿を曲げるが、擦れが多いようだ。私はウキの動きが止まったので、この池特有ではあるが、竿を短くする。9尺に変更。すると、すぐにウキが動き出し、あたり!やったと合わせるが、外れてしまった。これでへらが散ったかな、と思いながら続行すると、じきにあたり!今度は逃がしません。う~ん、53400476これこれ。これで3人では単独トップ(貧相!)になった。それからじきに餌が尽き、今度は釣れても釣れなくても宙だ。10時頃か。餌はいつもの両ダンゴ。そして餌打ちを再開すると、何と1投目からウキが動き出した。あたりにはならないものの、これが判断を狂わせ、ひょっとしたら釣れるかも、と、無駄な?餌打ちを続けてしまう。もちろん数は増やせないまま。どうも宙ではダメのようだが、かと言って底には出来ないし。ん、底?そうだ、餌はそのままで底にしてみよう。すると、底にしてすぐにウキが返すようになる。これは餌がバラケたせいではない。絶対にあたりの前兆だ。そう思ってウキを見つめると、あたり!やったと合わせるが、顔を水面に出す前にバラシ。ガクッ。口にかかっていたと思うのに、返す返すも残念だ。さて、OT氏は結局1匹も追加出来ずに納竿。これで再び彼を大久保に誘うのはほぼ不可能になった。一方OG氏は1匹追加して計3匹で終了。「お」の霊験あらたかだった。さて、2人が帰った11時頃に、この池の常連さんが登場。彼らは右岸に入った。私は餌が残っているからと、宙に戻して続行するが、状況に変化なし。そこで、11時半頃に仕掛けを段差の宙に変更だ。「お」も出す。そして再開すると、ウキが動き出し53400477た。そして弱いがあたりらしき動きも。ひょっとして釣れるかも、と必死で餌打ちするが、ウキがグッと入るようになるものの、カラばかり。そして12時のサイレン。ところが、神は私を見捨てなかった。遂にあたりに合いました!おっと、凄い引きだ。まさか擦れ?慎重にやり取りすると、おおっ、グッドサイズではありませんか。これで粘った意味がある。しかし、その53400478後はあたりに合ってもジャミがかかり、これでお終いだ。餌も尽きて本当の終了。結果はたった4匹と冴えないが、大久保はこんなものかも。堰堤にも常連さんが入った。私のいる場所はない。さっさと片付け、池をあとにした。OT氏には悪いことをした気分だが、OG氏と久し振りに釣りが出来た(そして「お」の力を見せてもらった)のは良かった。それにしても、朝が早いので腹が減った。早く帰って昼飯だ。そう思いながら車を走らせた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月 3日 (木)

連休後半初日は鶏小屋

今日から連休後半、と言っても、私にとっては長い休みのうちの1日でしかないが。一応5時半には起床するものの、グズグズしていて出発は6時半過ぎ。今日は久し振りに鶏小屋で釣るぞ!バットさんが先日釣行して、そこそこの結果を出しているので、私にも釣れるかもしれない。でもボウズは嫌だなぁ。池に着いたのは7時頃。右奥の岸辺には誰かいるようだが、堰堤はフリー。フェンス入り口左の釣り台に入る。53400459気温が低いと思って厚手のジャンパーを着込んでいたが、日が当たるようになると暑くて仕方ない。薄手のものと交換。さて、バットさんは11尺だったが、私は13尺で行こう。餌はペレ底単体の両ダンゴ。底も取れ、開始。途中、この池を管理していると思われる人がやって来て、私が乗っている釣り台にぶら下げてあるネットにマブナが入っているということで、上の池に持って行った。ウキのほうは、第1投から動き、これは爆釣?といつもの勝手な予感。しかし、あたりが出ない。気温はどんどん上昇する。バサー2人がやって来て、私の左で始めるが、すぐに堰堤右手に移動した。ウキはなかなか思うように動かず、「玉」を付けてみるが、却って動きが悪くなる。それでも、ウキの返しが出て、あたり!えっ、せっかく堪えたのにハリス切れ。これでダメか、と急いで交換し、再開。すると、ほどなく1匹目をゲット。やれやれ。でも、続かない。ウキは毎回のように返すが、あたりにならない。何とか5340046053400461534004622匹目をゲットした時には8時を過ぎている。まだ時間はある。あせるな。すると、ほどなく3匹目をゲット。ずっとグッドサイズだ。嬉しい。ここで、バットさんにメールを打つと、バットさんは予定通り湖西の「昭和新池」に行っているとのこと。結果が楽しみだ。私のウキは好調。しかし、次のあたりでハリス切れを食らうと、そこからはカラツンの嵐。全く合わない。時間だけが過ぎる。左隣に若いヘラ師が入った。隣に誰か来ると緊張するのが私の悪い癖。ただでさえカラツンに参っているのに、横に人が入ったため、精神的にメロメロになってしまう。どうにも仕方がなくて、「たな」をちょっとだけ深くしてみると、次のあ53400463たりは拾えました。何と1時間以上経っている。そろそろ餌が尽きる。次はどうしようか。宙?いや、あくまで底で行こう。餌は私にとって安心の「ダンゴの底釣り(夏・冬)とマッハ」のバラケにグルテンのセットだ。最初はウキの馴染みがしっくりしなかったが、ダンゴのように回転良く餌打ちせず、待っているとあたりが出、5匹目はほどなくゲット。ずっとサイズはグー(on53400464e pattern?)。すると、地合なのか餌のせいか、5匹目からはほぼあたりを拾え、10時台には5匹目を含めて7匹をゲット。なかには連荘もあった。始めた頃には思いもしなかった2桁を達成だ。しかも全てグッドサイズとくれば、これはなかなか素晴らしいぞ。バサーと2人でやって来た左横の学生には勝った(隣は別にこっちと競っていないょ。)!堰堤右側にはあとからやって来た2人連れが入っている。5340046553400466_153400467534004685340046953400470さあ、この好調がいつまで続く?ところが、このあとはウキの動きがバッタリ。右側の2人の竿は曲がるようになったのに、こちらは学生も含めてさっぱりだ。ふとウキの前方を見ると、何やら黒っぽいものが蠢いている。ゲッ、へらの集団だ!何十匹というへらが群れをなして泳いでいる。私のウキ下にいたへらも奴らと一緒に行ってしまったのか?いや、かすかにウキは動いている。ただ、全く食わない。餌を打てども打てども効果なく、気が付けば12時のサイレン。ガクガクッ。仕方がない、終了だ。最後の2投は両グルテンで打ってみたが、ウキが返したので、へらは底にいるのだろう。「上がりべら」を期待したが、最後の1投はウキの動きもなくジ・エンド。ぐったりして片付け。今日は9時台と11時台がさっぱりだった。結果は2桁を超えたのだから、もっと喜んでいいと思うが、最後がさっぱりのため、まるでボウズのような感じの終わり方だ。左隣の学生は帰省中のようで、同窓生のような連中と楽しそうに話している。私はその中の1人に車をどかしてもらい、池をあとにした。日に当たりすぎて疲れた。明日も釣行があるので、今日は早く寝よう。そう思いながら車を走らせた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月 2日 (水)

とりあえず連休?

昨日は健康保険の任意継続の支払いと、会社に行って書類をもらってきた。そして、今日は年金の切り替え手続き。職安は連休明けに行くことにしよう。それにしても、いよいよ毎日が休日になった。しばらくはボーッとすることになるだろう。その間に、今までしようと思って出来なかったことをまとめて始末しよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »