« 連休後半初日は鶏小屋 | トップページ | 今度は西ノ谷で気分が・・・ »

2007年5月 4日 (金)

久し振りの大久保はやはり・・・

今日は本当に久し振りの大久保(西の平)。特にOT氏にとっては何年ぶりだろう。ムリを言って来てもらうので、何とか結果が出て欲しいが、こればかりはどうしようもない。集合時刻の6時半より10分以上早く池に着いたが、OT氏はもう来ていた。おっ、ブルーバード(旧マーチ)の人もいる。早速堰堤を見に行くと、ブルーバードの人は一番右で釣っている。それでは、邪魔にならないよう左端にOT氏、その右に私が入ることにしよう。5340047153400472さて、準備開始。仕掛けに悩まないOT氏はじきに開始。私は竿は11尺で底、餌はペレ底の両ダンゴと決めたが、底が思うように取れない。と言うか、底を取って餌打ちすると、ウキの馴染みが出ないのだ。何度やっても同じ。おかしい。私がもたもたしている間にOT氏に1匹目。釣れて良かったには違いないが、私のほうは精神的にヨレヨレ状態。仕方なく、底かどうかは分からないが、とにかく馴染みが出るように「たな」をセット。ブルーバードの人はいつ頃から開始しているのか不明だが、我々の準備中に竿を曲げた。7時頃、OG氏登場。見学かと思ったら、今日は竿を出す。場所はブルーバードの人の隣。「お」でバラケを撒き散らして怒られないだろうか。OG氏が車に荷物を取りに行ったまさにその時、私の竿が曲がる!やった、ボウズを免れた。実は今日もあとからグルテンを作っている。なかなか両ダンゴでは厳しい感じがするのは、私だけだろうか。534004735340047453400475_1OT氏もじきに竿を曲げ、今日は好調か?また、OG氏も1年ぶりに竿を出すと言いながら、開始してすぐに1匹目。全く衰えを見せないアームにはただただ感心するのみ。私も負けてはいられない。グッドなあたりで2匹目をゲット。サイズもグー。このまま行きたいところだ。しかし、OG氏のウキは動いているものの、私とOT氏のウキの動きが悪くなる。OT氏も私も2匹目から全く伸びない。OG氏はその後1匹追加して、3人とも2匹で並ぶ。時間だけが無情に過ぎ、ブルーバードの人が時折竿を曲げるが、擦れが多いようだ。私はウキの動きが止まったので、この池特有ではあるが、竿を短くする。9尺に変更。すると、すぐにウキが動き出し、あたり!やったと合わせるが、外れてしまった。これでへらが散ったかな、と思いながら続行すると、じきにあたり!今度は逃がしません。う~ん、53400476これこれ。これで3人では単独トップ(貧相!)になった。それからじきに餌が尽き、今度は釣れても釣れなくても宙だ。10時頃か。餌はいつもの両ダンゴ。そして餌打ちを再開すると、何と1投目からウキが動き出した。あたりにはならないものの、これが判断を狂わせ、ひょっとしたら釣れるかも、と、無駄な?餌打ちを続けてしまう。もちろん数は増やせないまま。どうも宙ではダメのようだが、かと言って底には出来ないし。ん、底?そうだ、餌はそのままで底にしてみよう。すると、底にしてすぐにウキが返すようになる。これは餌がバラケたせいではない。絶対にあたりの前兆だ。そう思ってウキを見つめると、あたり!やったと合わせるが、顔を水面に出す前にバラシ。ガクッ。口にかかっていたと思うのに、返す返すも残念だ。さて、OT氏は結局1匹も追加出来ずに納竿。これで再び彼を大久保に誘うのはほぼ不可能になった。一方OG氏は1匹追加して計3匹で終了。「お」の霊験あらたかだった。さて、2人が帰った11時頃に、この池の常連さんが登場。彼らは右岸に入った。私は餌が残っているからと、宙に戻して続行するが、状況に変化なし。そこで、11時半頃に仕掛けを段差の宙に変更だ。「お」も出す。そして再開すると、ウキが動き出し53400477た。そして弱いがあたりらしき動きも。ひょっとして釣れるかも、と必死で餌打ちするが、ウキがグッと入るようになるものの、カラばかり。そして12時のサイレン。ところが、神は私を見捨てなかった。遂にあたりに合いました!おっと、凄い引きだ。まさか擦れ?慎重にやり取りすると、おおっ、グッドサイズではありませんか。これで粘った意味がある。しかし、その53400478後はあたりに合ってもジャミがかかり、これでお終いだ。餌も尽きて本当の終了。結果はたった4匹と冴えないが、大久保はこんなものかも。堰堤にも常連さんが入った。私のいる場所はない。さっさと片付け、池をあとにした。OT氏には悪いことをした気分だが、OG氏と久し振りに釣りが出来た(そして「お」の力を見せてもらった)のは良かった。それにしても、朝が早いので腹が減った。早く帰って昼飯だ。そう思いながら車を走らせた。

|

« 連休後半初日は鶏小屋 | トップページ | 今度は西ノ谷で気分が・・・ »

コメント

ここはなかなか思ったよりも大釣りがむずかしい池かもしれませんね。
小さい池は池なりのむずかしさですかね。
堰堤の11尺は出した事有りませんが(だいたい8or9尺)
話によると10尺からは浅く逆駆け上がりになっているようですよ。
それでうまく底が取れなかったのでは?

投稿: 黄金バット | 2007年5月 5日 (土) 20時14分

バットさんこんばんは。私はいつも大久保では堰堤右端で11尺を出しています。夏の盛りは9尺にしますが。堰堤右端では問題なく底が取れていますので、それと同じやり方で中央でやったのがまずかったのかも。確かに逆かけ上がりになっているようですが。

投稿: sunshine_hera | 2007年5月 5日 (土) 21時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/14948878

この記事へのトラックバック一覧です: 久し振りの大久保はやはり・・・:

« 連休後半初日は鶏小屋 | トップページ | 今度は西ノ谷で気分が・・・ »