« ろくでもないコメント | トップページ | 半月が過ぎた »

2007年5月 9日 (水)

西大谷はちびフナばかり

一応済ませるものは済ませたので、今日から本当のフリー状態。天気が良いのに家にこもっていても仕方ありません。9時頃家を出て、急に西大谷に行くことにする。掛川インターで降りたまでは問題なかったが、それから道を間違えてしばらくの間迷走状態に。ようやく気持ちも落ち着き、今度こそ間違いなくダム方向だ。それにしても、前回(5年くらい前)来た時は、こんなに長い距離を走ったかなぁ。記憶のいい加減さに呆れる。ようやくダムに着いたのは10時頃。とりあえず所定の駐車スペースに車を停めるが、ゲッ、5340049753400498桟橋まで遠い!そこで、道沿いにあった食事処「櫟」に停めさせてもらう。嫌な顔一つせずに了解してもらえた。さあ、行こう。荷物を持ち、階段を下りる。桟橋には3人しかおら5340049953400500ず(良く考えたら平日だった)、どこに座ってもOKだ。帰りが楽なように桟橋に渡る橋のすぐそばに入る。まずは9尺の宙といこう。ところが、仕掛けを2回も付け間違える手際の悪さ。ただでさえ暑いのに、イライラで熱気ムンムン。餌はいつもの両ダンゴ。「たな」を1mくらいにセットして餌打ち開始。すると、第1投からウキが動いた。でも、これは既に承知。ちびフナだ。それにしても寄りが早い。これも平日のせいか。そして、じきにちび5340050153400502フナゲット。とても嬉しい(わけないだろ!)。なかにはこんなのかかるの、というくらい小さなフナまでかかり、これではまるで「工業団地の池」だ。毎回せわしなくウキが動き、頼んでもいないのにかかってくる。う~ん、どうしよう。そうだ。まずはハリスを短くして馴染みを早くしよう。変化なし。次は「たな」を深くしてみよう。通りかかった爺さんが、型の良いのは2m以下の深いところと教えてくれた(なんでも魚探で調べたらしい)ので、9尺で2mの「たな」、ほぼウキが穂先状態で打ってみるが、風が出て来たこともあって、思うように餌打ち出来ず、また道糸が穂先に絡むトラブル発生。結局、ウキを何とか馴染ませても、かかってくるのが同じと分かった時点で最早ギヴアップ。最初の餌が尽きたら、今度はもっと長い竿で深いところを探ってみよう。12時のチャイムが聞こえてくる。私の左奥で釣っていた人が終了。小さいのしか釣れなかったと話し掛けてくる。私も同じ。今度は竿を長くしてみると言うと、頑張ってと言って帰っていった。さて、それでは15尺くらいを出してみるかな。あれっ、仕掛けがない。以前都田で頭上に木にかけて切れてから、放置されていた。かと言って、18尺は風も強くなっているので無理だろう。それでは、13尺だ。餌は、13尺で底が取れればペレ底単体の、取れなければペレ道ベースの両ダンゴとしよう。13尺で底に届かないようなので、宙に決定。「たな」は約3m。そして再開。やはり道糸が穂先に絡みそう。風も強くて思うように振り込めない。何とか振り込み、馴染みを出すと、ウキがすぐに動き出す。今度こそは!しかし、多少はサイズアップしたものの、やはりちびフナしかかからない。餌を大きめに付けているので、終了は1時半頃。私の右奥にいたカップルも終了したようで、帰り際に、男のほうが、この池はこんなもの?擦れで1匹まともなものをかけたと話し掛けてきた。何か大きなのを釣る秘訣でもあるかと聞かれたの53400503で、ちびしか釣れていない私には答えようがなかった。カップルは食事処でも大きな声で誰かに尋ねていた。さて、片付けも終わり、私も車に戻る。荷物を車に積み、店の人にお礼を言ってから、池を後にした。それにしても、数年前とは様変わりの西大谷ダム。ちびが釣れるということは、自然繁殖しているということで、それはそれで喜ばしいことなのだが、出来れば私のそばには来てほしくなかった。これでは東名代を使って来た意味がない。帰りも東名なのだから。これからしばらくは、都田近辺で良しとしよう。何よりお金がかからないから。帰りも静岡に行った時のように、安全運転(80km/時)で帰った。

|

« ろくでもないコメント | トップページ | 半月が過ぎた »

コメント

とうとう行きましたね西大谷。まさか行くとは…。

魚が小さいとの情報は連休中に聞いていたので早く教えてあげればよかったです。
どうせ行って釣れるなら大型の方がねぇ、大型じゃなくても中型くらいは欲しかったかもしれません。
昨日今日は気温も上がりましたので、さぞかし暑かった事と思います。
この次の日曜日は野守を予定してますが、また天気が悪そうでどうなることやら。

投稿: 黄金バット | 2007年5月 9日 (水) 22時11分

バットさんこんばんは。実は「月刊へら3月号」掲載の「もじり戦記」で西大谷ダムについて書かれていたので、ちびへらは最初から知っていました。でも、ひょっとしたら、と思って出かけたのが間違いでした。更なる間違いは、15尺の仕掛けがなかったこと。「月刊へら」では、15尺底釣りから、少し底を切った状態でそこそこのへらが釣れたとあったので、同じようにすれば釣れると思いながら仕掛けの確認をせずに出かけたのが、もうお話にならない。18尺でも良かったのですが、風が強くて私のアームでは振れませんでした。

投稿: sunshine_hera | 2007年5月 9日 (水) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/15011087

この記事へのトラックバック一覧です: 西大谷はちびフナばかり:

« ろくでもないコメント | トップページ | 半月が過ぎた »