« 図書館に行ってきた | トップページ | 内側から見た富士通「成果主義」の崩壊 »

2007年7月16日 (月)

引佐の池でバットさんの柔らかい合わせを見た

今日は月曜なのに休日だということに気付かず、バットさんからメールが来て初めて分かった。そこで、バットさんに、これからどこに行くかと聞き、もし見に行けたら行く(←これはOG氏の決まり文句)とメールで連絡。すると、引佐の池にいると連絡を受け、午後一番に家を出ようかと思ったのだが、出たのは1時半過ぎ。池に到着すると、釣り人はバサーを含めれば10人くらいだが、へら師はバットさんを含めて5人。バットさんのTシャツがユニークだ。5340001453400015やはり池は泥水状態。でも風がないので釣りやすいだろう。しばらくフェンスの外で見ていたが、中に入ってバットさんに挨拶。最初は8尺底で2匹釣ったが、あたりがなくなったので11尺に替えたところ。餌は「真底」主体の両ダンゴ。後ろで見ていると、あれっ、合わせたのかなと気付かないくらい柔らかなそして小さな合わせをすることに初めて気付いた。これは素晴らしい。私の理想とする合わせに近い素晴らしい合わせだ。私がこの合わせをマスターすれば、合わせ切れなど発生しないだろう。ただ、私が最初に見たのはブルー。残念。しばらく話していると、バットさんの知り合いがやって来た。Sさんと言うらしい。バットさんから紹介され、またも不細工な顔を知られてしまった。53400016さて、釣ったブルーを堰堤にぶつけて失神させて池に落とすと、足元を回遊しているバスが食べるとバットさんが言うので、最初は半信半疑だった私も、実際にバットさんがそれを見せてくれたので感動した(←大袈裟な)。Sさんはしばらく話していたが、今日は宙をやると言って、バットさんの左に入った。私も竿を出したい気持ちに少しだけなったが、何と言っても池全体で竿の曲がりがあまりにもないので、出すのをためらってしまう。それでも3時近くになって左奥にいた2人の竿が曲がり出した。そして3時のチャイムが近くの工場から流れてくると、バットさんの右で釣っていた人の竿も曲がった。そして遂にバットさんの竿も!合わせの柔らかさに見とれてしまって写真はないが、確かにこの目で確認しました。サイズは33.5cmとのこと。池全体にも竿の曲がりが出始め、どうやら地合になったようだが、私もそろそろお暇しなければ。バットさんに挨拶して池を離れた。今日は竿を出しても良かったのだが、やはりボウズが怖くて出せなかった。もっと自信を持って釣りをしなければ。そして、合わせも「軽く小さく」を目標に頑張ってみよう。今日は随分殊勝な気持ちになったというお話でした。

|

« 図書館に行ってきた | トップページ | 内側から見た富士通「成果主義」の崩壊 »

コメント

おはようございます。
昨日はありがとうございました。

はい、私はあのTシャツ通りの「猫舌」です。
お茶を飲む湯呑みの中にはいつも氷を入れます。邪道ですよね。

合わせの件はちょっと褒めすぎですね。
見られていたので特に意識していたと思いますよ。

ところで、見ていると竿を出したくなりますよね。
よく竿を出さずに帰られましたね。
私だったら我慢できないですよ。
またお手合わせお願いしますね。

投稿: 黄金バット | 2007年7月17日 (火) 07時38分

またまた、ご謙遜を。私の場合、海釣りをしていたせいか、本当に合わせで苦労しました。最初の頃は、底釣りでもカラツンの時には仕掛けが空中に飛び出していましたから。最近ようやく合わせが(やや)小さくなりました。これは宙を始めたことも関係していると思います。宙は西ノ谷の道路沿い岩の下で始めましたが、合わせがきついと全て頭上の木の枝にかかってしまいますので、自動的に合わせが(やや)小さくなりました。
昨日は見ていて本当に参考になりました。Sさんの釣りを見られなかったのは残念ですが、また見る機会があるかと思います。それにしても、お二人とも5匹釣ったんですよね。素晴らしい。

投稿: sunshine_hera | 2007年7月17日 (火) 11時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/15776816

この記事へのトラックバック一覧です: 引佐の池でバットさんの柔らかい合わせを見た:

« 図書館に行ってきた | トップページ | 内側から見た富士通「成果主義」の崩壊 »