« へら専科11月号 | トップページ | TVの映りが悪くなった »

2007年10月 4日 (木)

鶏小屋で底も宙も楽しんだ

今日は朝から晴れ上がっているので、気持ち良く釣りが出来るかも、と7時半過ぎに家を出る。行き先は増沢。ところが、元の電車道を走っているうちに、久し振りに鶏小屋に行ってみようと気が変わった。池に着いたのは8時頃。車は2台。1台はX-TRAILのようで、バサーかな?と池を見ると、ゲゲッ、バサーがゴムボートに乗っている。こんなのありかと思いながら車に戻り、荷物を下ろす。すると、何故かバサーはボートを岸に着け、帰ってしまった。まあいいや、いつもフェンス入り口左にいる常連さんに挨拶して、入り口右に新しく出来た釣り台に入る。5340011453400115涼しいと思っていたら、太陽のおかげで暑い。常連さんは快調に竿を曲げている。これは期待出来そうだ。さっさと準備。もちろん底だが、竿は11尺で餌は最近の両ダンゴ。しかし、準備が整わないうちに、隣の常連さんの空振りで仕掛けが私の顔近くまで飛んできたので、右隣の釣り台に避難。これで開始が遅くなってしまった。餌打ち開始は8時半過ぎ。すると、第1投からウキが戻し、第2投でスッと入る。そして第3投であたり!残念カラだったが、俄然やる気になる。ところが、餌を切ろうとして軽く合わせたら、根掛かり発生!両ハリスをロストしてしまった。ここで思案。今後も根掛かりは発生しそうだから、思い切って13尺に変更だ。ついでに傘もセットしよう。9時頃に再開。すると、すぐにウキが動き出す。これは爆釣か?しかし、急に腹が痛くなる。まだ何もしていない状況でもう9時15分。精神的に参ってきた。とりあえず常連さんに釣り台を見ていてもらうようお願いして、都田公園へゴー!用を足して釣り台に戻ると、もう9時30分だ。一体今まで何をしていたのか?嫌になる。それでも再開。すると、すぐにウキが動き出す。そしてあたり!やったと合わせるが、凄い引きで堪えきれずハリス切れ。今日はハリス切れ連発の日だった。常連さんは空振りも派手だが、着実に53400116竿が曲がっている。私も何とかしなければ。すると、ようやくあたりに合って1匹目ゲット。あれれ、マブナライク?1匹目だからとりあえずカウントしておこう。地合なのか、ウキの動きが良くなり、この後ポツポツとあたりを拾う。サイズはグー。しかし、相変わらず「たも」に入れてもハリス切れになって、リズムに乗れない。あたりは次第に複雑になるが、マブナライク含め私の第2目標を達成した時点で時刻を確認すると、53400117534001185340011953400120まだ11時だ。9時半の再開から随分竿を上下したような気がするが、やはりあたりが多いと時間の経過が遅く感じられるのは間違いないようだ。さて、マブナライクはカウントから外して、真の5匹目をゲットしようと張り切るが、ウキの動きはそうならず、寄りがきついのかきれいなあたりは出なくなる。そして擦れ気味のあたりでハリスをロスト。それでも最後53400121の1投でようやく5匹目ゲット。時刻は11時半。餌も終ったし、ここで納竿しても良いが、ちょっと待て、宙をやりたくなる。そこで、常連さんに声をかけて宙をやっても良いか聞いてみる。すると、あまり浅いのは困るが、「1本半」くらいならOKとお許しが出たので、1本半がどの程度かは分らないが、多分「たな」を1m以上取れば問題ないだろうと餌(いつもの両ダンゴ)を作る。竿は9尺に変更。常連さんがもう1人やって来て、右岸の茂みに入った。さて、始めようか。餌打ち開始。しかし、ウキが近すぎるなぁ。ウキも馴染んだまま動かないし。そこで、またも竿を替える。11尺。12時のサイレンが遠くから聞こえてきた。再開。すると、すぐにウキが動くのは嬉しい。そしてあたりらしき動きも。534001225340012353400124その後、ウキがズバッと消し込んで1匹目ゲットは再開後まもなく。底の時よりサイズアップしたように感じる。その後もズバッというあたりでポツポツとゲッ53400125トするが、ふと湖面に目をやると、何か緑色の塗料でも流したのかという感じで細かい藻のようなものが岸付近を覆っている。そして水もきれいではないのか、泡が消えずに残っている。それでもウキの動きは変わらず、ズバッという消し込みで次はダブルをゲットだ。しかし、「たも」に入れる際に1匹はハリスを切って逃げてしまった。「たも」より53400126先に写真だった。すると、このバラシの後からウキの動きが難しくなる。湖面にはへらが湧いているのが見える。いつも底で釣られているせいか、すぐに湧いてしまい、宙では簡単に釣れてしまうので、この池では宙はお勧めではない(禁止ではない)ということか。そのうえ、向こう合わせのような強引なあたりで次々とハリスをロスト。でもそんなの関係ねぇー!!とはいかず、何とかハリスを切られないようにと堪えるが、沖へ逃げたりしてなかなか堪えきれない。そのうちあたりも減ってきた。しかしそれが良かった534001275340012853400129534001305340013153400132のか、ハリスを切られながらもポツポツとゲット出来るようになる。そして餌が尽きた2時までに6匹を追加。底では5匹(マブナライク1匹含まず)、宙では10匹という結果となった。ハリス切れがなければ、釣果は倍になっていただろう(タラ・レバの世53400135界)。常連さんの竿はどちらも曲がり続けている。片付け。竿や仕掛けがかなり汚れた。道糸も丁寧に拭く。BMWが停まっているが、多分先程から見に来ている人のものだろう。片付けを終え、車に荷物を積んでからゆっくりと細い道を通る。すれ違いは場所によっては可能だが、それにしても何度来ても恐い道だ。昼飯は抜きだが、特別腹も減っていない。あせらずに帰ろう。そう思いながら車を走らせた。

|

« へら専科11月号 | トップページ | TVの映りが悪くなった »

コメント

こんばんは。
底でも宙でも釣果は良かったですね。
私がこの間行った時は32~35㎝位で型が揃ってましたよ。
大体その位のようですね。
BMWは多分SSさんでこの池をほぼ管理している感じの方ですよ。
口が良くない魚は居ませんでしたか?
この間は少し居ましたが…。

投稿: 黄金バット | 2007年10月 5日 (金) 00時43分

バットさんこんばんは。今日は滑り出しが悪くて、8時過ぎに池に着いたのに、本当に開始したと思えたのは9時半からでした。口の曲がったへらは1匹確認しています。あと、片方の目が釣られて出っ張ってしまっているへらもいました。宙でのあたりはわかりやすく、ちょうど四ツ池のへらが大きくなったような印象でした。ハリス切れさえ起こさなければ、私でも20~30当たり前という魚影の濃さを感じましたね。だからこそ、宙釣りは制限されているのでしょう。

投稿: sunshine_hera | 2007年10月 5日 (金) 01時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/16658132

この記事へのトラックバック一覧です: 鶏小屋で底も宙も楽しんだ:

« へら専科11月号 | トップページ | TVの映りが悪くなった »