« レイアウト変更 | トップページ | これはひどい »

2007年10月30日 (火)

随分久し振りの四ツ池へ

急に思い立って四ツ池に向かう。随分久し振り、いや何年ぶりだろう。この時期でもウキはガンガン動くのだろうか。9時半少し前に到着。釣り人はいるね。早速車から荷物を下5340005453400055ろして池に向かう。さて、どこに入ろうか?日向が良さそうだが、日陰にも1人いる。よ5340005653400057し、日陰に行こう。先客に挨拶して、状況を確認。竿は10尺の底。現在12匹釣っているが、あたりが遠くなってきたとのこと。竿は長いのを出してもいいよと言われたので、10尺を持っていない私は11尺を出す。もちろん底から。餌はいつもの両ダンゴ、と思ったが、ちょっと柔らかくなったのでペレ道をパラパラと振りかける。後で思うと、これが良くなかった。さて、底も取れたので開始。ウキが見にくいなぁ。それでもすぐにウキが動き出す。そしてあたり!あれっ、かからない。隣はポツポツと竿を曲げている。53400058何度も空振りした後、ようやくウキを動かしている正体が分った。ジャミ。その後もウキはせわしなく動くが、全てジャミ。数センチのものが擦れてかかってくるので、相当数が寄っているのだろう。困った。隣もジャミに悩まされている筈なのだが、どうしてへらを釣れるのだろうか。餌は何?池に来ている人は皆知り合いのようで、その中の会話で餌は底力と新Bらしい。そんなものはないので、しばらくはこれで行くしかない。毎回のようにあたる(ジャミ)ので、餌の消費が早く、これでは1時間も持たない。そんな折り、あたりに53400059合わせると、これはへらだ!とにかく良かった。写真写真。サイズはともかく、これで帰れる。しかし、その後は再びジャミ攻勢で餌が終了。ほぼ1時間で使い切った。さて、次はどうしようかな。宙もあるが、ここは底で続行だ。竿はそのままでハリス長を5cmくらい短くし、餌はダンゴの底釣り(冬)単体だ。ちょっと柔らかくなった分は夏を振りかけて調整。11時前に再開。すると、ウキが割とすんなり馴染むようになった。これは行けそう?すると、ジャミ5340006053400061_2もそこそこかかったものの、やはり引きが違う!2匹目ゲット!3匹目はせっかく「たも」に入れながら、針を外す際に逃げられてしまい写真はなし。返す返すも残念。調子が出て来たのはハリスを短くしたおかげ、それとも餌?その後も普通に4匹目をゲットするが、次のあたりではゲゲッ尻尾から上がっ53400062_353400063てきた。でもせっかくだから写真。もちろんノーカウントです。ずっと湖面に映る対面の景色でウキの視認性が悪かったが、どん
        擦れ        どん見にくくなるので、そろそろ終わりにしたいなぁ。その後、無事に私の第2目標もクリアし、餌も尽きたので、底はこれでお終い。まだ12時前だ。さて、それでは宙をやるかな。竿はウキが見やすいよう7尺だ。餌はいつもの両ダンゴ。「たな」は1mない。早速餌打ち。うまく馴染み幅が取れないので、練る・練る・練る。そして馴染み幅が出たが、ウキの動きはもやもや。そして、竿を上げるたびに数センチのジャミが擦れてくる。う~ん、宙でも同じか。隣はポツポツと竿を曲げる。既に合計で20匹は釣ったのかも。底のほうが良かったか。しかし、とりあえずあたりに合わせているうちに、一度バラシたが、手応えはへら。よし、頑張るぞ。すると、次のあたりで5340006453400065やった宙の1匹目。それからじきに2匹目。これは爆釣?ところが、その後は再びジャミあたり。「たな」を変えてみるが、効果なし。一体何匹のジャミが群れているのか。毎回のように擦れて上がってくるとは。本当に嫌になる。そのうちにあたりさえもなくなり、こうなるとどうして良いか分らず、漫然と餌53400066打ち続行。おっ、タナゴがかかった!一応写真。しかし、その後は再びジャミがかかる。隣は1時半過ぎに終了。皆さんボチボチお帰りのようだ。私も帰りたいが、せめて餌を全部打ってから、とケチ丸出し。もう2時だ。ヤバイ。と、いきなりのあたり!やった上がりベラ?残念目に擦れてきた。ノーカウントだがせめて写真だけでも。そしていよいよ53400067最後の1投。ダメだ、ジャミが擦れてきた。結果、底で5匹(擦れ1匹含まず)の宙で2匹(擦れ1匹含まず)の計7匹。もっと釣れる筈の四ツ池ではトホホだ。でも、私の隣以外はあまり釣れていないようで、2つ目の池で釣っていた隣の知り合いは、ギブアップと言って1時過ぎに帰った。
        擦れ        私が入っている池では、対面に1人だけになってしまった。さあ、早く片付けよう。キャリアに荷物を括り、とぼとぼと歩く。途中、2回もバランスを崩してキャリアを転倒させてしまった。まさに泣きっ面に蜂だ。次回もし来ることがあれば、絶対に日の当たる所に入ろう。そう思いながら池を後にした。

|

« レイアウト変更 | トップページ | これはひどい »

コメント

めずらしいですね、四つ池とは。
ジャミがすごいでしょ。
時々覗きにいくのですが
あのジャミを見ると行きたくなくなります。
でもタナゴが居る池も減りましたから貴重ですね。

投稿: 黄金バット | 2007年10月30日 (火) 23時56分

バットさんこんばんは。またも中途半端な時間です。四ツ池は、私の印象では小さいへらが湧いてくるせわしない池という感じでしたが、季節のせいか随分様変わりしていましたね。へらのサイズは変わりませんでしたけど。以前はブルーギルもかかったのですが、30日にはお目にかかれませんでした(それはそれで良いことなんですが)。

投稿: sunshine_hera | 2007年10月31日 (水) 03時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/16921088

この記事へのトラックバック一覧です: 随分久し振りの四ツ池へ:

« レイアウト変更 | トップページ | これはひどい »