« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月28日 (木)

永遠の嘘をついてくれ-その後

いやはやインターネットとは本当に素晴らしいもので、中島みゆきが吉田拓郎にために作ったこの曲の経緯が分かるものがある。

http://www.begets.co.jp/doda/archive/064.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

確定申告に行ってきた

今日は街に出る用事があったので、ついでに確定申告してきた。場所は可美総合センター(名前はそうだったと思う)。予めパソコンで入力・印刷してあったので、後はチェックしてもらうだけ、と思っていると、何とチェックはなし。会場のほとんどがパソコンで入力させるためのスペースだ。そのために広い場所が確保されている。そこで入力・印刷した書類に別の場所で添付資料を貼付する際に、そのチェックはしてくれるが、入力内容については各自の責任ということだ。もし間違っている場合は、後日修正申告とやらをしなければならない(何か脱税か申告漏れという悪いイメージがつきまとうなぁ)。私の古い記憶では、確定申告はまず会場(税務署)の駐車場に入るまでに外の道路でずっと待ち、税務署の中に入っても順番を待ち、と待ち時間がかかるというイメージだった。更に順番が来ると、記入内容や添付資料を確認してくれて、それで初めてOKとなるのだ。そのイメージで会場に着くと、駐車場は混雑しているが、外の道路まで渋滞しているという事はなく、また書類が作ってある場合には、正味5分程度で申告書の提出が終わるのにビックリ。これならe-Taxでも良かったような気がする。ただ、カードリーダーを買ったり(この費用は還付されるようだが)事前の準備が面倒くさそうなので、書類を作るようにしたのだが。まあ、いずれにせよ終って良かった。これで明日から釣りの事だけ考えればいいのだから(←おいおい、本当にそれでいいのか?)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月25日 (月)

しょこたんの発言

昨日のサンデージャポンでのしょこたんの発言が話題になりそうだ。私も観ていたのだが、イージス艦と漁船の衝突で行方不明になっている2人が既に亡くなっている(番組では「死なずにすんだ」)と言ってしまったこと。その時私もあっと思ったが、周りのレギュラーメンバーからは何もこれに関して発言がなかった。誰か何とか言ってやれ(フォローしてやれ)と思ったのは私だけだろうか。しょこたんは番組の最後およびブログで発言について謝罪しているのだが、このことを大袈裟にする必要があるのだろうか。既に行方不明になってからかなりの時間が経過しており、多くの人も心の中ではおそらく生存の難しさを思っていたのではないだろうか。だからと言って口に出してはいけないことがあるのも事実だが。私としては笹川某国会議員の発言の方が罪は重いと思う。今日、漁協は捜索を中止したと報道されたが、この意味は誰にも分かるのではないか。しょこたんのブログは更新が止まっているが、早く再開してほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月24日 (日)

「北の駅から」第2部断念

第1話は観たものの、2,3話はパスして今日の更新(4,5話)も観るつもりがないので、これからも続きは観ないだろうことがはっきりした。これからはNHKで何度も観たチャングムでも観ようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月23日 (土)

天気が・・・

今朝は3時に目が覚めてしまい、そこからウトウトしていてすっきりしないいまま朝となったため、午前中は外が晴天にも拘わらず家でゴロゴロしていた。が、12時を過ぎると急に外が暗くなり、強い風とともに雪が。すぐに雨に変わったが、予報どおり午後からは荒れ模様の天気になるようだ。そんな中、一応メールで確認すると、masaさんは都田に行っていた。しかも午前中で10匹。もちろんアームが素晴らしいのは当然だが、このところの陽気でへらの活性も上がっているのかも。でもそれも今日で終わりか。ん、空が明るくなってきたぞ。でも油断は禁物。ここは大人しくしていよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月22日 (金)

東ノ谷で爆釣のはずが・・・

今日は気温も上がり風もないという予報に誘われて、今年初めての東ノ谷に向かう。10時半頃池に着くと、新しい池には誰一人おらず、古い池には階段上堰堤の右端に5人とフロート近くに2人。池に波は出ているが、我慢出来ないほどではない。ただ、先客の竿が曲がっている様子がないので、これから竿を出して良いのか思案してしまう。奥の池に行こうかな。いや、堰堤左端が空いているから、そこに入ろう。池の写真を撮ってか5340010053400101ら荷物を降ろす。水量がかなり減っているようにも見えるが、とりあえず15尺で底と行こう。餌はダンゴの底釣り(冬)がなくなってしまったので、代わりにペレ底を使用。あとは同じ。「玉」は出さず。底が思うように取れないのは捨て石のせいだろう。とにかく底らしきものが取れた。開始。11時少し前。しかぁ~し、第1投から根掛かり。そして再度根掛かりしたのを機に、階段を1段前に出る事に決める。これから掛からないだろう。11時を過ぎてしまった。おまけに波。ウキのシモリが凄く、先日の都田と同じく気分が滅入る滑り出し。ところが、都田と違うところは、数投でウキがシモリながらスッと入り、これに5340010253400103合わせると早々と1匹目だ。まだ「たも」を出してないので、へらを掛けたまま釣り台から降り、急いで用意して掬う。先客も調子が上がって来たらしく、合わせる音が聞こえてくる。私は次の餌打ちでもあたり!連荘だ。これは素晴らしい。どんどん行こう。すると、何と次の餌打ちでも53400104バッチリのあたり!3連荘か?残念目の前まで寄せてきたがバラシ。「たも」とのタイミングが合わなかった。ここで一旦連荘は途切れるが、その後もう1匹追加して、これなら2桁は軽い軽い。しかぁ~し、しかぁ~し、ここからバッタリウキが動かなくなる。一体何故だろう?右からは次々と合わせる音が聞こえてくる。風の方向は次々と変わり、階段を1段前に出した効果もなくなって、ウキが流されて根掛かり!そして上針を失う。ちょうど12時のサイレン。さっさと交換して餌打ちすると、すぐにウキが動いたがカラ。そこで「たな」を微調整すると、次の餌53400105打ちであたり!ようやく4匹目をゲット。新旧が釣れて良かった。が、最初の勢いに戻りたいなぁ。すると、しばらくしてまたも根掛かり。今度は両ハリスを失ってしまう。ここで戦意喪失。15尺は止めよう。18尺にチェンジだ。ついでと言っては何だが、今日砂利穴に行っているmasaさんに状況を訊いてみる。すると、何と途中までで21匹をゲットという返事。私の結果を言い辛くなってしまったが、一応こちらも途中経過を報告。そして再開。12時半過ぎ。水53400106深が深くないのでウキが遠い。おまけに波ではもうお手上げ?いや、再開してすぐにウキが動く。そしてあたり!残念カラ。でも次のあたりに手を出すと、かかりました!しかし擦れ。あ~あ、第2目標は遠いなぁ。すると、この擦れが影響したのか、ウキの動きが悪くなる。そこで「た
       ↑擦れ        な」を上下してウキの馴染みを調整。右側からの合わせる音が減ってきた。風は遂に背中から吹くようになり、細かな波が更にウキを見にくくす5340010753400108る。もう1時を過ぎている。と、小さなあたり!これを逃さずに合わせれば、ようやく5匹目ゲット!ウキの動きは悪くても、あたりはある。そしてじきにもう1匹。何とか第3目標まで行かないかなぁ。そんな私の願いも53400109虚しく、次のあたりではまたも擦れ。ガクガクッ。餌も残り少ない。何とかしないと。「たな」を微調整するが、ウキの馴染みが思うようには変わらない。そして両グルテンで待って待ったあたりはバラシ。そろそろ終わりにした方が良いのかも。やっても2時だな。それでも次のあたりで何
     ↑またも擦れ      とか7匹目ゲット。これで先日の都田に並んだから、もう5340011053400111_3いいかな。そして、残ったバラケとグルテンを混ぜてグルダンゴを作り、餌を切ろうと空合わせをくれると、何とかかってました!8匹目。もちろんカウント。後はただ餌を打っただけ、で終了は2時を少し廻った。片付け。急に波が収まって来たが、もういい。masaさんの数字を聞いて私も2桁を目指そうとしたが、所詮無理な話だった。前回の都田を超えたことで良しとしなければ。それにしても最初の勢いでは2桁など楽勝だったのになぁ。良くなるところでいつも失速するのが私ならでは。これを克服しないと爆釣はないぞ、と自分に言い聞かせて車に荷物を積む。それから奥の池を見に行くと、びっくり沢山の車が停まっている。池を覗くと、堰堤に5人釣り台に6人。今日は平日のはずだが、これは一体何だろう。もっとも、私に言えた534001125340011353400114義理かという突っ込みは覚悟のうえ。一応写真を撮る。それから、ついでに真ん中の池53400115の写真も。ここには誰も入っていないが、前に見に来た際に、やけに浅かった記憶がある。今日は連続都田を避けて東ノ谷にやって来たが、くどいようだが本当に最初は入れパクの雰囲気だった。それを壊して結局1桁の釣果にしてしまったのは私。かなり大きな課題を背負わされた釣りだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月21日 (木)

小さな旅(都田総合公園)

午前中の用事が済んだので、ビーグルさんが来ているかもしれない、と急いで都田に向かう。駐車場に着いて、まずはいつものとおり飲み物を買いながら池の様子を覗うと、日向深場の昨日と同じ場所に3人、坂の下には2人。ここで良く考えたら、私はビーグルさんと面識がなかった。駐車場に戻って、停まっている車のナンバーを一通り確認するが、浜松と大阪ナンバーだった。今日はいらっしゃらないのかな。でもこんな良い天気は滅多にない。池を一周して、この公園に来たことがない人に情報を提供するのも良いのでは、と思い立った。早速スタート。写真をクリックすれば、800×600ピクセルの大きさ53400060534000615340006253400063に拡大されます。まずは公園の看板。そこから右に向かって(池は左側)歩く。しばらく行くと道が二手に分かれ、右は芝生の方に行くが、今回は池を廻るので左に進む。池53400064534000655340006653400067に流れ込む雨水の通路が見える。更にそのまま進むと、道は池の形に従って左に折れる。右側は山になっていて、今は紅白の梅が咲いている。写真はピントが合っていな53400068534000705340007153400073い。橋の手前には左に下って遊歩道に繋がる坂(坂の下には看板がある)があるが、今日は上の道を進む。橋のそばに橋の説明と石碑。かなり暖かい。もはや春のようだ。よ53400074534000755340007653400077うやく池の半分を廻った。橋を渡らず道をダム?方面に向かって進む。これから左側は日向深場。湖面が穏やかなのが分かる。遊歩道に降りる階段の下には誰も入っていない。階段の逆側を上るとソリ遊びが出来る広場などがあるが、今日ははそのまま進んでダム?に至る。ダム?の上は外の道路に繋がる通路になってい53400079534000805340008153400082る。通路を渡って外の道路に出る。途中、池の様子を写す。本当に穏やかな日だ。ジャンパーは不要で、汗ばんでいるのが分かる。外の道路は坂になっていて、それを公園53400083534000845340008653400088の入り口に向かって上る。左側に池の日陰深場が見える。この坂はいつもキャリアーをヒイヒイ言いながら引っ張って運んでいる。今日は何も持っていないのに息があがるの53400090534000925340009353400094は、多分暑さのせいだろう。ようやく公園入り口に着いた。ここから左に曲がって公園に入り、そのまままっすぐ進むと、最初の写真の場所に着く。駐車場は右。100台近く駐車出来る。吊り橋を示す53400095534000975340009853400099_2道標。そして橋。いよいよ私の小さな旅も終わりだ。駐車場に続く階段を上る。写真の構図等あまり考えずに写真を撮ったので、分かり辛いかもしれないが、その辺はまぁご勘弁と言うことで。さあ、帰るかな。後でmasaさんからメールで、ビーグルさんは用事が出来て竿を出さずに帰ったとの連絡があった。今日は良い天気なので、残念だったのではないか。また次回を楽しみにしていよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月19日 (火)

今日は引佐の天池

昨日に引き続き、今日は工事中の引佐天池を見に行く。池に着いたのは1時過ぎ。手前堰堤は工事対象外のようで、奥の方に工事用車両が見える。まずは運動公園に車を停める。平日なのか誰もいない。かなりもったいない気がする。これも「ハコ物」行政5340003153400032と関係あるのか。公園から道路に出て、写真を撮りながら歩く。どうやら池に流れ込む川を人工的に作ろうとしているようだ。「川」の横には遊歩道らしきものが見える。そして道路側からも遊歩道が。写真をクリックすると、ある程度拡大(800×600ピクセル)するの534000335340003453400035534000365340003753400038で、見やすくなると思う。堰堤の向かい側には展望台らしくものも見える。水位は1m以上下がっているが、果たしてへらは元気でいるのか?気温は10度を超えているのだろ534000395340004053400041534000425340004353400045うか、風がなければ暖かい。一通り写真を撮って、公園に戻る。帰りはちょっとオシャレ?な階段を登る。最後にもう一度人工の川を見るが、水は一体何処から引いてくるの534000475340004853400049だろう。元々あった水源なのだろうか。その辺りは不明。ポカポカ陽気になった池を離れ、今度は都田(増沢)に向かう。日向深場に3人、坂の下看板横には2人入っている。暖かそうだ。明日は最高気温が2桁になるようなので、気持ちが乗ったら来ようかな。そんな事を考えながら家路についた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月18日 (月)

知らなかったなぁ(不覚!)

ブログのバックナンバーだが、決められた月数分しか載っていない(しかも月が変わる毎に古い月の分が消えていく)ので、それより古いものはどうやって見れば良いのか分からずにいた。しかぁ~し、バックナンバーと書かれた部分をクリックすると、全てのバックナンバーが表示されるではないか。不覚にも知らなかった。いやぁ、全くもって情けないの一語。今更こんな事を書くのも恥ずかしいだけなのでどうかとも思ったが、自分への戒めとして残しておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

確定申告

いよいよ確定申告のシーズンになったので、最近TVでも池脇千鶴がCMをやっている e-tax とやらを使ってみるかな、と関係するHPを見てみると、パソコンは少し分かっているつもりの私でも、分かりにくく(本音は良く分からない)面倒くさそうな事が書いてある。これで一般の人達がすぐに使えるとでも思っているのだろうか。これなら税務署に直接行った方が早そうだ。 e-tax は、もし誰か知り合いがやるのなら、真似をしてやってみようかなという感じ。いやはや、いろいろな事が電子化されているが、官僚の考えることは本当に良く分からないなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

獅子ヶ鼻公園

今日はふと思い立って(←良く「ふと」なるなぁ)、獅子ヶ鼻公園に出かける事にした。事前情報は何もナシ。カーナビで目的地を選択すると、それらしい「獅子ヶ鼻荘」とやらが出て来たので、とりあえずそれを目的地にしてゴー。浜北大橋を渡り、あとはクネクネ良く分からないがナビの言うとおりに進むと、細い道の途中で案内終了。あれっ、ナビでは53400028近くに公園があるが、近くは山だ。この上の方に公園があるのかな。すると、どう見ても公園には辿りつけそうにない。公園に目的地をセットしようとするが、近すぎて無理だと言う。仕方なく帰り道をトボトボ(←車ですけど)。それにしても、こんな田舎の細い道でもやたらと何カ所か道路工事をしている。これも予算消化のためなのか。ここにも道路特定財源としてガソリン税が53400029使われていると思うと、腹が立ってくる。ある程度離れてから、再度目的地をセットすると、今度は出来た。それで車をUターンさせる。そして走り出すと、あれ、最初は気が付かなかったが、ちゃんと標識が出ているではないか。やれやれ、と指示に従って右折すると、ナビが道が違うと言う。まぁ良くあることだと無視して山を登り出すと、今度はコースを逆走していると「警告」53400030だ。自分は標識のとおり細い山道を登っているのだが、何度も「警告」されると不安になってくる。しかぁ~し、再び公園を示す標識が現れ、ナビは無視。山の頂上付近でやっと公園らしき看板を見つけた。やれやれ(アゲイン)。奥に駐車場があるようだが、道が狭いので入り口付近に車を停め、来たぞという証に写真を撮る。グッタリ疲れた。公園を散策する気持ちにもなれない。そしてゴーホーム。一体何のために行ったのか訳が分からない。とりあえず家に着いたのでこの文を書いている。

じゃあの(←竹原慎二のパクリ)。

P.S.今ネットで調べたら、もう少し奥に行くといろいろあるらしい。良く見ると私が撮った写真にも詳しく載っているではないか(写真をクリックすれば拡大します)。その時はただ写真を撮ってさっさと帰る事だけ考えていたので、今となってはトホホと言うしかない。あ~あ、本当に何しに行ったんだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月16日 (土)

NHKニュースより

東芝がHDDVDから撤退することで最終調整に入ったと7時のニュースが伝えた。これで次世代DVDはBD(ブルーレイディスク)に決まった。これがP社にとって吉と出るか凶と出るか。しばらく見ていこう。株価は暴落状態(紙切れ同然一歩手前)だが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

貸切には理由がある大久保

いやぁ、寒い。寒いがそろそろ禁断症状が出ている。起きようかな。と、masaさんからメールが。今日はお休みになったので都田に行くとのこと。朝食を済ませ、さて私も出かけようかな。腰に負担がかからない、移動が楽な鶏小屋、または大久保?東と西の谷もあるぞ。よし、思い切って大久保だ。その旨masaさんに返事をする。でも出かけたのは9時半を過ぎてから。快晴だが、風はありそうだ。意外と早く池に到着。先客がいるかと思ったが、私が一番乗りだ。旧マーチの人が来ていると思ったが、まあいい、車を停めて池の様子を覗う。5340002053400021おっ、堰堤の釣り台が5つに増えている。しかも一番奥は豪華な幅広だ。既に入り口付近は翳っているので、ここは選択の余地なく一番奥に決定。荷物を運ぶと車が1台やって来たので、最近の様子を訊こうと思ったら、釣り人ではなくウォーキングの人だった。さて準備するかな。風は結構強く吹いているのだが、堰堤でだいぶ遮られてまあまあ快適だ。ただ、水は手を切るほど冷たい。竿は9尺の底、餌はいつものとおり。釣り好きには大久保に着いたこと、誰もいないこと、そして寒いことを連絡。バットさんからはmasaさんと都田で釣ると返事が来た。それにしても立派な釣り台だ。後から誰かやって来て、そこは俺の場所だからどけと言われたらどうしよう。ちょっとビクビクしながら準備。おっ、最初には53400022気付かなかったが、オーバーフローにもへらが落ちないようにフェンスが作ってある。こりゃぁますます来辛くなるなぁ。でも準備完了。底取りだ。う~ん、ちょっとハリスが短いかも。上ハリスを切って下ハリスを上にしよう、とハサミを入れると、ゲゲッ両方とも切ってしまった。急いで交換。その他余計な手間があって、開始は10時半になってしまう。日陰はどんどん迫って来ると言うのに。それでも何とか餌打ち開始。最近は長い竿ばかりなので、9尺の軽いこと!風・波は少ないとは言っても、後ろから吹いてくるのでウキが前方向にシモッてしまう。それでも、数投でウキが戻しているようにも見えるが、どうだろう。11時を過ぎ、OG氏がバイクで様子を見に来た。いろいろと情報交換していると、OG氏からウキが動いていると指摘があり、よく見ると確かにモヤモヤしているようにも見える。そこで目を凝らすと、少し戻したウキがチクッと入った!これに合わせればやったかかりました!ちょっと引きが変なようにも思えるが、早く寄せてみよう。ああっ、バラシた!残念。11時28分。開始してほぼ1時間。よしこのまま行こう。しかぁ~し、バラシの後はウキが動かなくなる。そして12時。日陰はもう私のすぐ右まで迫った。OG氏も見学場所を移動。そして、私が1匹釣るまで見ていようかと思ったが、どうも無理なようだと言って帰った。その後、遂に日陰が私を捉える。一気に寒くなった。湖面も吹きすさぶ風でバラバラの方向の波が起きる。もう終ろうかな。とりあえず2時間は竿を出したことだし。いや、同じ寒さの中で2人が都田で竿を出している。私のようにすぐにめげることがない頑強な精神の持ち主が。私ももう少しだけやってみよう。それに、段差の底釣りは今更出来ないが、外付けのオモリでドボンまがいなら出来そうだ。次の餌打ちから変えよう。と、ウキが小さく戻してから、小さくグッと入った!これに反応すると、やった53400024かかりました!今度は本物だ。今日は「たも」を出していないので、慌てて用意するが、柄を付けずに掬う。やった・・・。サイズは30cmオーバー。帰らずに頑張って良かったなぁ。これで気が楽になった。しかぁ~し、絡んだハリスを解こうとしてまたも両ハリスを切ってしまう。ここで終っても良いが、交換してドボンまがいで続行しよう。すると、ウキの目盛を調整している時に、ジャ53400025ミが擦れてかかってきた。あれれ?とりあえず写真。昼を過ぎて魚が動き出したかな。しかぁ~し、再開すると、ウキの動きナシ。そして1時半に餌が尽き、終了。私の釣り座は完全に日陰になっていて、風もあって震える寒さだ。片付けの途中で我慢出来なくなり、用を足す。結局今日は私以外誰も来なかった。そしてそれが何故か今分かった。水温は相変わらず冷たい。53400026今日は水が落ちていないのに、こんな小さな池でも水が日光で暖まる気配もなかった。これからもしばらくは(寒気が遠ざかるまで)釣り人は来ないと思う。片付けを終え、車に戻る。汗も出ない。寒さしのぎに車に入り、結果をメールで釣り好きに報告。masaさんから4匹目を釣ったと返事が来たので、ブログ更新を楽しみにしていよう。バットさんはどうかな?荷物を車に積み込み、体が冷え切っているので早く帰って炬燵に入ろう、と環状線をひた走った。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

永遠の嘘をついてくれ2006

たまたまYOUTUBEで往年の浅田美代子(この頃本当に可愛かったなぁ)の曲を探していたら、その繋がり?で吉田拓郎の2006つま恋コンサートでの「永遠の嘘をついてくれ」があったので、早速聴いてみると、中島みゆきが出て来た。そして一緒に歌っている。これは素晴らしい。このコンサートはDVDが出ているようなので、明日にも借りに行こう(買うんじゃなくて)。

拓郎は去年体調を崩して現在療養中のようだが、映画「結婚しようよ」の試写会にも出てこなかったということで、重病説(再発?)の噂が流れているようだ。そんな悪い噂を吹き飛ばすように、早く姿を見せてほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月15日 (金)

タルツさんの日記

先日、時々拝見しているtarltzさんのブログ「タルツの日記」にコメント(質問)させてもらったところ、わざわざブログを更新して丁寧に(写真付きで)解説していただいた。これにはビックリ。段差の底釣りでさっぱり結果が出せないので、ちょっとキモを教えてもらおうとしたのだが、親切な方はいらっしゃるもんだ。本当にありがとうございます。これからもちょくちょく寄らせてもらおう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月14日 (木)

「北の駅から」第2部開始

う~ん、どうかなぁ。第1部と全く違うシチュエーション(「北の駅」は同じだが)と配役。冬ソナでジンスクを演じたイ・へウンと、「パパ」でイ・ヨンエの弟役だったチョン・チャンが出ていること以外は今のところ興味が湧かない。もう少し見ないと何とも言えないというのが本当のところ。それにしても、どうして全てガラッと変えてしまったのかを知りたい。第1部の続きはどうなるのか、その方が気になるのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初雪?

今日午前中に用事で外出した際に、車のフロントグラスに小さな紙くずのようなものが舞ってきた。あれっ、この辺りで何か燃やしているのかな?と思っていると、それはハラハラと周りにも降りてきているではないか。おお、初雪だ?いや、これは風花でしょう。ともあれ、温暖なこの地も「爆弾低気圧」のせいで冷え込みがきつくなってきたんだなぁと少なからず感動した。もっとも、用事が済んだ帰りには、そんな名残は微塵もなかったが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月11日 (月)

段子川でバットさんの釣りを見学

今日は腰が痛くて釣りはお休み。家でゴロゴロしていると、バットさんから段子川に来ているとメールが。見に行けたら行きますと返事したが、昼飯を済ませると、天気も良いことだし見学にでも行くかと家を出る。川に着くと、すぐそばの公園駐車場はほぼ満車。おっ、バットさんの車だ。その後ろに駐車。さてさて、何処に入っているのだろう。おっ、向534000025340000353400005かい側にいるではないか。道路にかかる橋を渡って向かい側へ。まずは挨拶。ウキが動き始めたところらしい。しばらく話をした後、私は釣り場をぐるっと廻ることにする。奥に534000065340000753400008かかっている橋までにも釣り人の姿が。更に橋の奥、河口までにも釣り人が。全部で10人以上が竿を出している。橋の付近は浚渫で多少深くなっているが、他は1mあるかないかだろう。バットさんが竿を出している辺りは浅い浅い。橋を渡って河口に進む。534000095340001053400011河口の先までは行かなかったが、途中でUターン。ゴミ除けのフロートが見える。1人が竿を曲げた。サイズは不明。シャッターチャンスを逃す。それから橋の近くまで戻って公園534000125340001353400014付近をパチリ。バットさんの釣り座に戻り、岡ジャミになってしばらく話をするが、その間にもウキはへらが来たことを知らせてくれる。しかぁ~し、良いあたりは1回だけ。しかも53400017_2残念ながらカラ。でも、この調子ならじきに釣れそうだとついつい長居してしまったが、2時半になったので、幾ら何でもこれ以上はお邪魔でしょう。対面に移り、1枚写真を撮って(←ちょっと手ぶれ)から川を後にした。今日のような陽気なら、もう少し早く出て来て私も竿を出そうかな。そんな事を思いながら舘山寺街道を上った。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年2月10日 (日)

「北の駅から」第1部終了

25話を持って「北の駅から」第1部が終了となった。この先どうなるのか?話の中心は誰になるのか?すぐにも26話を見たい気持ちもあるが、ここしばらくは今までを振り返ってその余韻に浸ることとしよう。
最後にアボジが孫に言ったガンジーの靴1足の話は有名なのかもしれないが、私は初めて聞いた。第1部の最後を飾る暖かい話だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 8日 (金)

新たな展開か?「北の駅から」

第24話。アボジが健康診断で再検査となり、その結果肝硬変の初期と分かる。それと並行して、別の駅の駅長に昇進し、併せて次回から新たな展開が予想される。ドラマもちょうど半分が終ったところ。次回は一体どのような内容になるのか、今から楽しみだ(決して不謹慎ではありませんよ)。日曜更新(GYAO)なので、すぐにやって来る。pc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 6日 (水)

万引で一億って

たまげたのは万引で一億をせしめた奴のこと。数年で達成?というのは、一体どういう数を一遍に盗んでいたんだろうか。しかもスケジュールを組んで月・木は釣り具屋、火・水・金は書店、そのうえ土日は休日だって。偉そうに週休2日?だ。盗んだものはネットで売却し、その金で万引きした店から高級釣り具を購入。休日?に釣った魚の魚拓もその店のHPに掲載させていたなんて、呆れるを通り越して正に「何をか言わんや」だ。でも、多分彼は自分の病気に嫌気が差して、いつか捕まえてほしいと心の奥底では願っていたと思うよ、いや思いたい。ただ、ひとつ疑問に思ったのは、そんな多額の万引きをされた店だが、その程度?の金額は最初から予算に織り込み済みなのだろうか。普通なら店がつぶれてしまうような額だと思うけどなぁ。引き合いに出して悪い(悪くないか)けど、ふと「あびる優」の事を思い出してしまった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

またも急に

もういい加減にしてほしい、IE7の不具合。最近それまで普通に使えていたIE7がまたおかしくなった。やたらと「応答なし」で止まってしまう。以前にもあったが、知らず知らずのうちに何とか使えるようになっていた。それが・・・。今度のWINDOWS UPDATEでIE7を無理矢理導入させることと関係があるのか。本当に何とかしてほしい。他のブラウザに代えようかな。pout

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 4日 (月)

あ~あ・・・

今日は午前中用事で外出したが、おっ、風さえなければ意外に暖かいじゃないか。午後から釣行してみようかな、と思い立ち、昼食後12時半過ぎにとりあえず家を出る。さて、短時間しか出来ないから、駐車スペースから釣り場まで近い方がいいな。大久保にしようか鶏小屋、それとも段子川?よし、一番近いところで鶏小屋にしよう。そして、もし釣れなくても竿を出した事だけで満足しよう(←果たしてそうか?)。車を進める。と、細い道の入り口でBMWとすれ違う。そしてもう1台。危ない危ない。もう少し奥で出遭ったら、すれ違い出来なくてパニックになるところだった。何とか事なきを得、池に到着。先客は2人。堰堤左端と対面。太陽も出ていて風がなく、いかにも暖かそうだ。534000765340007753400078私が車から荷物を降ろしていると、車が1台やって来た。私は荷物の運搬が楽な、堰堤入り口のすぐ右に入ることにする。荷物を運ぶと、後から来た人が「竿は幾つを出すつもりか」と訊いてきたので、18尺と答えると、自分はいつもその場所で21尺を出していると教えてくれた。でも私には18尺までしかない(21尺は修理中、と言うか、ほったらかし)ので、そのまま続行。餌はいつものセット。後から来た人は先客の知り合いらしく、先客と話し込んでいた。さて、底も取れた私は開始。1時半過ぎ。と、ここでも私の開始と同期するように風・波が出てくる。本当に不思議だ。最初のうちはまだ我慢出来たが、太陽がどんどん後方に移動していくと、次第にウキが見にくくなり、また3時を過ぎて太陽が隠れると、体感温度は一気に下がった。ところで、先客も調子は上がらない感じだったが、岡ジャミの人と話している間に調子が出て来たのか、2時頃から対面ドボンの人はポツポツと竿を曲げるようになった。そして堰堤隅の人も1匹ゲット。私のウキは返しもないまま時間が過ぎる展開。今日は遅くても4時前には終りたいので、それまでに何とか1匹。しかぁ~し、ウキは全く返さない。水はかなり冷たく、これではへらも動きたくないだろう(←って、先客は釣ってるぞ)。食わせを「玉」にしてみても、両グルテンで放置してもウキは静かなまま。ズラシ幅も調整するが、効果なし。全くもって釣れそうな気がしない。対面ドボンの人は、タイマーで何分かおきに餌を交換していて、そのピピピッという音だけが、岡ジャミの人が帰ってからは池に響いている。私のウキは全く返さないまま、もう3時だ。これはいよいよバットさんの仲間入りか?風・波は次第に強くなって来ており、それに加えて3時頃には太陽が隠れ、対面だけに日が当たっている。寒い。ウキもほとんど見えない。少なめに作った餌だが、捨てて早く終るようにしよう。先客も静かになった。私の最後の1投は両グルテンで待って待って待ったが、遂に今日は一度もウキが動かず3時半に虚しく納竿。この時期実釣2時間では結果を出すのが難しいのは当たり前か。竿が出せればそれで満足などとほざいた自分が嫌になる。そのうえ、私が片付けを始めると、急に湖面が穏やかになった。それはないでしょう。最初から最後まで調子に乗れない今日の釣りだった。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年2月 3日 (日)

冬だから

外は雨。関東では雪になっているようだが、やっぱり昨日は釣りに行くべきだった( ←って、結局それかよ!)。それはさておき、NSPの曲に「雨は似合わない」というのがあるが、それは彼らの出身地である岩手だから言えることであって、ここ浜松(旧浜松市)では、なかなか雪にお目にかかれないが、この曲がヒットした当時は何とも思わなかったものの、今降っている雨を見ながら、別に雨でもいいじゃんと呟いている。ところで、NSPっていうのは今現在どの程度の認知度なんだろう。最早「懐かしのメロディー」に分類されると思うので、40歳以上のおじさんおばさんにしか分からないだろうなぁ。ああ、ノスタルジ~!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月 2日 (土)

可睡の池に行ってきた

今日は曇りだが風がなく、OT氏は都合が悪いものの1人で釣りに出かけようかなと思っていたが、何故かモタモタしているうちに昼になってしまった。やれやれ。バットさんに何処かに出かけているかとメールすると、今日は仕事とのこと。それで、今日はもったいないがお休みにしようと一旦は決めたが、昼飯を食べた後、ふと「可睡の池」に行ってみようと思い立った。場所の大体は昨日バットさんに訊いているので、ナビもあるし何とかなるだろうと1時半過ぎに出発。しかし、なかなか浜松市内から抜けられない。ようやく国道1号に出た頃には腹の調子も悪くなり、ここは帰ったほうが賢明かと思いながらも道を進む。時間帯が悪いのか道は混んでおり、とても30分やそこらでは着きそうにない。ようやく可睡斉近辺に辿り着いた頃には3時だ。もうへとへと。やはり私には都田が5340006753400068似合っている?とにかく池を発見し、車を停める。結構広い駐車スペースだ。池はそれほど大きくないが、奥には桟橋のようなものが作られている。そこに3人、何故か手前に5340006953400070は道具だけがセットされたまま。ふむふむ、バットさんのブログのとおりだ。桟橋から池を見渡すと、おっ、対面にも1人いるではないか。堰堤にも釣り台があるが、こちらは浅5340007253400073_2
いらしい(バットさんより)。竿を出してみたい気持ちはない訳ではないが、まぁここまで来るのは今日だけにしておこう。写真を撮るだけ撮って池を後にした。53400075

写真をクリックすると、もう少し大きな画像が見られます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »