« チャングムAGAIN | トップページ | 彼岸の入り »

2008年3月15日 (土)

段子川で自虐的な釣り

今日はOT氏の都合が悪く、都田は明日にしよう。それでは、とバットさんにメールすると、まだ7時前だが段子川で底取りをしている所と返事が。それでは私も行ってみようかな。前回パスしたので、非常に興味がある。ただし、出発は8時半頃。川に着くと、さすがに好天だ車が多い。でも奥のほうに片寄っている。おっ、バットさんの車発見。そしてその近くにバットさん発見。まずは挨拶。9尺底で5340003353400034既に35cmくらいを1匹釣ったが、今ちょうどハリス切れになった所との事。また、私の前にざワさん(ザわさんだったかな?)が見に来ていたらしい。両側の笹?のせいか風もあたらず暑いくらいだ。用事があって9時20分には終了すると言うので、私はその後に入らせてもらうことにする。ウキは動いているらしいが、残念ながら私が見ている間5340003553400036には釣れなかった。本当にポカポカ陽気で、多くの人が竿を出している。ただ、聞こえてくるのは「あたりがない」。バットさんが釣ったのも朝方ではないだろうか。バットさんは9時半過ぎに帰った。私はその後に入るが、釣り台のセットがうまくいかず、何とかセットが済んだ時には汗がポトポト。さて、私は11尺にしよう。餌はいつものセットだ。ただ、グルテンは固めに。何と言っても底が浅いので、ウキが遠くなる。そして、ウキを入れて初めて気がついたのだが、ちょうど太陽が正面に来ていて、ウキがほとんど見えない。これはまずい。竿を9尺に替えようか。いや、そのうち見えるようになるだろう、とのんびり開始。10時頃か。しかぁ~し、この状態は1時間以上続いた。その間、隣を含め釣り仲間らしい人達からは「あたりがない」の言葉ばかりが聞こえてくる。ただでさえウキが見えず憂鬱なのに、そんな言葉を聞かされては釣れるものも釣れなくなりそうだ。今日都田(増沢)に行っているmasaさんに、調子はどうかとメールを打っておく。さて、ようやくウキの視認性が上がって来たのは11時半頃。既に終了モードだが、バットさんを見習って9尺でも出してみるか、と竿をチェンジ。しかぁ~し、隣から「水がきれいになってきた」との声が。これでは9尺はアウトか。でももう元には戻さない。早速餌打ち再開。すると、さっきまでとは打って変わってウキがよく見えること。ただ、バットさんの頃よりウキが流されてしまう感じ。12時にmasaさんからメールが。都田は「乗っ込み」で爆釣、午前中の2時間で20匹と言う内容に、体がカーッと熱くなったのは気温のせいだけではないだろう。普段なら私も都田に行っていて、そういう楽しい釣りをしていた筈なのに、どうしてわざわざ自虐的な釣りの方に来てしまったのだろうか。そんなくだらない考えが頭に浮かぶ。こちらはノーアタリと返事。ところが、それからしばらくしてウキがシモリながらスッと入った!えっと思ったが、私が餌を切るのとほとんど同時だったのでどうしようもない。隣は13尺底から16尺ドボンに変えたようだが、結果が出ていない。竿は短い方が良いとはなかなか考えないものだが、私もバットさんの先例がなかったら、今頃は13尺か15尺にしていただろう。とにかくウキが動いたので、急にやる気が。そして、ウキが左から右に流されながら、私の正面で遂にチクッと入った!やったと合わせるがカラ。う~ん、残念。今度は両グルテンで打ってみよう。同様に左側に餌を打ち、右に流す。が、ウキが入って行かない。あれっ、と思っているうちにウキがシズシズと馴染み、それからグッと入った!今度こそ合ったでしょう(丸尾スエオ)!わわっ、ギューンと糸鳴りがして、竿が伸される。ハリス切れ?いや、懸命に堪え、少しずつ寄せれば、おおっ、これは大53400037きい。写真ではうまく伝わらないが、優に35cmはありそうだ。急に気持ちが楽になった。自虐的な釣りもなんとか結果が出せたから。その後は惰性での餌打ちになってしまったが、1回くらいはウキが動いたかもしれない。そして1時に餌が尽きて終了。やけに肩が凝っている。片付け、そしてmasaさんとバットさんに結果報告。ボウズの報告でなくて本当に良かった。一応セーターを着てきたが、全く不要。ただ、朝方は冷え込みに気をつけよう。さて、明日は都田。「乗っ込み」とやらを味わうことが果たして出来るか?それとも・・・。今日のmasaさんのブログを参考にして、私の明日の更新が楽しいものになることを期待しよう。決して自虐的ではなく。

|

« チャングムAGAIN | トップページ | 彼岸の入り »

コメント

自虐的っていいでしょう。
達成感が有りますよね。

雨の日には雨を貯めて貯めて貯め抜いてから
車のワイパーを動かします。(キケンです)

お寿司を食べるときも好きなものは後に残して
嫌いなものから食べていく私。(家族に先に食べられてしまいます)

私と同じ感覚の方もいらっしゃるでしょうけども
たぶん、少数派ですね。

でも、あの場所には私のボーズビームをしのばせてあったはずなのに…。

投稿: 黄金バット | 2008年3月16日 (日) 18時43分

バットさんこんばんは。ボウズビームは隣の人に効いていたようです。それはさておき、素直に9尺から入るべきでした。そうすれば、もっと早くバットさんが寄せておいてくれた恩恵に預かれたと思いますよ。それにしても、聞こえてくるのが「あたりがない」ばかりでは、それが事実でも本当に滅入ってしまいますね。隣の仲間の人達は今日(3/16)は何処に行ったのでしょう。確か四ツ池とか言うのが聞こえましたが。

投稿: sunshine_hera | 2008年3月16日 (日) 21時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/40506790

この記事へのトラックバック一覧です: 段子川で自虐的な釣り:

« チャングムAGAIN | トップページ | 彼岸の入り »