« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月31日 (土)

明日はどうかなぁ

明日の釣行が可能かどうか、4時半頃に調整池まで水位を見に行って来た。ちょうど雨が降り出し、一応予報では小雨で済みそうだが、どの程度水位に影響するのかは分からない。池の入り口に着くと、進入口の途中に竹が垂れ下がっている。これは車に傷を付けそう。明日やるなら、取り払わなければ。足元に気をつけながら池に向かうと、おっ、池の周囲は見えているぞ。これで明日までに乾いてくれれば、何とか出来そうだ。5340007953400080でも、途中の排水口から滝のように水が流れ込んでいる。この量と池の排水能力の差で水位が決定しそうだが、残念ながらずっと見ている訳にもいかず、とりあえずその時点では釣りの可否を決めることが出来ない。その旨明日の参加者に連絡。昨日MM氏Image003_2が送ってくれた写真では、池の周囲は完全に水没していたので、池の排水能力がこのままなら、水位については今日の雨程度では心配なさそうだ。ただ、水位が問題ないとしても、岸辺がグズついていると、車で入るのは危険。スリップしてそのまま池に、という可能性もある。そうなると、明日は一応集合して、その時点で可否を決めることになるだろう。いやはや、最後まで手間をかけさせる池だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月29日 (木)

日本刀(かたな)

53400071今日の朝刊に入ってきた「酒のビック」のチラシに、花の舞が輸出用に作っている「日本刀(かたな)」という純米吟醸超辛口の酒を見つけたので、つい買ってしまった。しかも4合でいいところを1升。さて、どんな味なのかな。今夜が楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月27日 (火)

丸和の餃子

53400067昨日の釣りの帰りに、久し振りに丸和の餃子を買ってきた。諸物価高騰のおり、ここの餃子もやむを得ず4月から価格据え置きで個数を減らしていた。1000円のものを買ったのだが、個数が64個から56個になっていた。計算すると、約14%の値上げになっている。
  ↑上段は6個×4列、下段は8個×4列で、計56個  小麦粉の価格は秋にも再値上げがあるので、ここの安くてうまい餃子も苦しい経営が続くと思われる。幸いだったのは、既に昼を過ぎ、2時頃に行ったにも拘わらず、客が並んでいたということ。客の支持があれば大丈夫。これからも宜しくネ!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年5月26日 (月)

真夏の大久保(西の平)で

今日も予定にない釣行。あまりにも気温が上がるというので、それなら大久保で両ダンゴが効くかもしれない、と張り切って8時頃出発。環状線は混み混みだが、何とか8時半頃池に到着。先客が堰堤に5つある釣り台の右から2番目に入っているので、2番手としては非常に入りにくい。挨拶をしてから、やむなく一番左に入ることにする。既にカン5340005053400051カン照り。準備の前に傘をセット。さて、今日はどうしようかな。今日は元々大久保で両ダンゴの底を確認しに来たのだから、やはり底でしょう。竿は9尺。餌はいつもの。準備も出来、開始は9時少し前。すると、2投目でウキが動いた!う~ん、ジャミかな。ウキは毎回のように馴染みながらモヤモヤ。ジャミなら早くへらと代わってほしい。しかぁ~し、あたりに合わせてバラシた際の手応えはジャミではなかった。急にやる気になる。た53400052だ、あたりと思われるウキの動きは良くない。底を何度か確認する。そして再度のバラシの後にようやく1匹目。良く引くなぁ。サイズもグーだし。とにかくこれで一息ついた。ウキは馴染みながらチクッと入るのだが、これに合わせてもカラ。やはり底に着いてからのあたりを拾わないと。でもこれがあたり?という動きで2匹目をゲットするが、どうも納得出来ない。かなり5340005353400054寄っていることは確かなようだが、既に上ずっているとも言える。逆に言うと、底の地合ではないのかも。すると、次の馴染み際のあたりでは、都田もビックリのち   ↑最初の擦れ
びへらが擦れてきた。上の方はこいつらかな。釣り人(常連さん)はポツポツやって来53400055て、堰堤、左岸倒木横、右岸倒木の両側に入っていく。何だか圧倒される感じ。と、今日初めての良いあたりで3匹目ゲットは10時少し前。私にしては上出来の推移か。それからもウキの動きは止まらない。10時台が午前中最大の地合という感じになって、後から来た常連さんも、底・宙のいずれでも竿が曲がる。私も好調(←あくまでも私にとってだが)を維持しなけ534000565340005753400058
       ↑擦れ        れば。10時台には擦れも出るものの、4匹を追加して好534000595340006053400061
       ↑擦れ        調(←あくまでも私にとってだが)は続く。本当に引きが良い。竿が短いせいもあるが、堪えに堪えてへらを浮かす気持ち良さは何物にも代え難い。それに何と言ってもグッドサイズ。その手応えは「止められまへん」。11時を過ぎると、次第にへらの食いが悪くなってきたようで、これは気温の上昇と関係あるかもしれな53400062_253400063_2い。常連さん達も竿を曲げなくなる。私は餌が尽きた11時半頃までに何とか1匹を追加するが、またもサイズ小の擦れが出て気持
     ↑擦れ     ちも萎える。これで終わりにしようかな。いや、せっかく大久保まで来たのだから、一応宙の両ダンゴもやっておこう。竿はそのままで仕掛けを交換。特Sとバラケマッハを2:2に水1で餌を作る。それに水がまわるまで、トイレ休憩。再開は11時40分過ぎ。「たな」は1mで餌打ち開始。すると、何と2投目から小さいあたりが出たではないか。残念ながらカラだったが、宙でもいけるか53400064も。すると、ウキが馴染んでからズバッと入るあたりで難なく1匹目をゲット。これは素晴らしい。しかぁ~し、ウキの馴染みが悪くなって、まずはハリスを詰めてみる。多少効果があったようだが、解消しない。そこで餌を練って対応する。ところが、これでウキの馴染みは出て来たが、ウキの動きは悪くなる。そこで、再度ハリス長を伸ばして対応。何だかチグハグ。12時を過ぎると、餌やハリス長ばかりでなく、本当に食い渋りが出てくる。常連さんで竿53400065が曲がる人はいなくなった。皆さん昼食休憩か。私は昼食の用意がないので、そのまま続行。そして、餌落ち目盛が出てから小さく入るあたりでようやく2匹目ゲットは12時を過ぎてから。そろそろ集中力も切れてきた。それに腹も減っている。やはり底で終れば良かったか。まぁ、餌もそろそろ終る。何とか打ち終えよう。しかぁ~し、餌の経時変化で粘りが出て来たところへ、カラツン対策とやらで更に練ってしまったので、餌がほとんどバラケなくなる。それでただでさえ食い渋りになっているところに追い打ちをかけてしまい、ウキはドップリ馴染んでからゆっくり戻るが、ほとんどさわりがなくなり、たまに出るあたりは全部カラ。何53400066やら都田での宙と同じ推移を辿っている感じだ。餌は1時半に尽きたが、それまでに1匹を追加したのみ。その後またもサイズ小の擦れが出たが、面倒なため写真はナシ。そして最後はカラツンで終了。疲れた。片付け。やはり宙は必要なかったか。結果としては2桁をゲットしたことになるが、宙の後半はただ餌打ちするだけになっていた。これで私の宙での課題がはっきりしたが、さてどうすれば良いだろう。餌のタッチ(餌合わせ)が宙のキモであることが間違いないので、これからは餌作りと餌の手直しがポイントになるが、果たして自分で見つけることが出来るのだろうか?大きな課題(誰でも同じかもしれない)を背負いながら家路についた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月23日 (金)

園田一で二三(ひでふみ)さんに遭遇!

明日から天気が悪くなると予報が言っているので、水曜に行ったばかりだが再び都田へ。「小さいのを釣っても面白くない」ので、今日からは宙のみで釣る。8時過ぎに駐車場に到着。既にムッとする暑さ。飲み物を買いながら池の様子を見に行くと、WINDOMの人はいつもの橋の下。看板横にも2人入っている。あっ、OT氏のいつもの場所から草むらひとつ隔てた所に、キャンプ用の椅子がある。持ち主は不在のようだが、ひょっとしてあの人では・・・。その人の昨日のブログでは、8時前に一旦家に帰って朝食を摂る5340002753400028らしい。それで不在かな。私は車に戻り、荷物を降ろしていつもの場所へ。暑くて暑くて、ジャンパーを脱ぐ。さて準備だ。予定通り、9尺で宙の両ダンゴ。釣れても釣れなくても、今日からしばらくはこれで押し通す。餌は特S・天々・バラケマッハを1:2:1に、オブラートを溶かした水1だ。私の準備中に椅子の持ち主が帰ってきたようで、草むらの向こうではもう竿が曲がっている。底だな。8時半頃準備が出来、開始。餌は作りっ放しで手もみする。「たな」は1.2mくらい。波が出ていて、どうしてもウキが流れてしまうのは仕方ないとして、やはりウキが馴染まない。「たな」はしばらく動かしたくないので、餌付けの際に強く揉んでみるが、芳しくない。それでも何とか馴染みだした。しかしあたりは?キッパリと底とはサヨナラしたつもりだが、すぐ近くでバシャバシャやられると、「タラレバ」が頭をよぎる。OT氏のいつもの場所には、以前にも見たことがある外国の人が入った。53400029ウキは馴染んでそのまま戻る、を繰り返していたが、それでも何とかモヤモヤになってきたぞ。と、ウキが小さく入った!これに合わせると、やったかかりました!とりあえず気持ちが落ち着くが、サイズは小。何のために宙にしたのか、これでは意味がない。そのうえ、次第にウキの馴染みが出なくなってくる。「たな」を少しずつ上げてみるが、どうやらそういう問題ではないようだ。それでは餌を練ってみよう。う~ん、変わらないなぁ。ウキは何かしらの動きを示しているので、ハリスが長過ぎるのかも、とハリスを詰めると、次の餌打ちで予53400030想通りウキがズバッと入った!これは嬉しい。しかもサイズはグー。これこれ、私が狙っていたのは。さあ続けていこう。しかぁ~し、ウキが流されるせいか、あたりが続かない。無理して小さなあたりらしき動きに合わせても、連続してバラシ。元より抽き出しの数が少ない私には、これ以上の対策はない。そして10時に餌が終了。底でやっていれば、もう2桁は楽勝なのにと、またも「タラレバ」。後から来て旧爆釣ポイント奥に入った人も、既に竿を曲げている。そして草むらの向こうではバシャバシャ。さて、餌を作るかな。今度はペレ道・特S・バラケマッハを2:1:1で行こう。この配合に特に意味はなく、残っていた特Sを使い切るため。出来上がりのタッチが気に入らないので、手水を加えてかき混ぜてみるが、なかなか改善しない。そのまま餌打ち再開。う~ん、ウキの馴染みは何とか出る。が、53400031ウキの動きはどうだろう。ハリスを元に戻してみようかな。これで少しはアピールするかも。すると、ウキがチクッと入り、やったようやく3匹目。サイズもまあまあ。これで私の第2目標が見えてきたぞ。しかぁ~し、ウキの動きは続かない。そこで、更に餌に手水を加えながら練り込んでみる。そして、ついでにと言っては何だが、またもハリスを詰める。後で気付いたのだが、同時に2つの対策をすると、うまくいってもいかなくても原因を追及出来ないでは5340003253400033ないか。本当にトホホだ。でもその時はそのまま続行。すると、ウキが動き出し、10時台には2匹をゲットだ。これで第2目標もクリア。ただ、サイズが底でやっていても変わらなくなってきた。これはヤバイ。11時を53400034_2534000355340003653400037過ぎると、何故かウキの動きが急に良くなり、バタバタと4匹をゲット。理由が全く分からない。が、サイズは小。まさに上でも下でも小。全く宙にした意味がない。波は出たり出なかったりを繰り返し、湖面が落ち着くことはほとんどなかった。そして12時少し前に1匹をゲットすると、そこからはウキの動きがバッタリ。奥の人も途中からは芳しくない様子。看板横の2人と私53400038の隣の外国の人は12時過ぎに帰った。私の餌はあと少し、12時半頃には終る。最初の餌で大きく付け過ぎたのを反省して、小さめに付けたせいか、予定より消費が少なかった。さて、12時を過ぎてウキの動きは止まってきたが、時折思い出したようにあたる。しかぁ~し、これが全てカラ。もう抽き出しを持たない私には為す術なし。そのまま予定通り餌が尽きて終了。片付け。そして我慢していた用を足すが、残った案件が一つ。それは草むらの向こうで竿を曲げている人への挨拶。多分園田さんだ。元より無愛想で自分から他の人に話し掛ける事などほとんどない私だが、彼のブログに是非お会いしたいとコメントした以上、このまま知らん顔で帰ることは出来ない。意を決して話し掛ける。「こんにちは。良く釣れてますね」「ああ、こんにちは」「あの、ブログで・・・」「ああ~」「園田さんですか、sunshine_heraです」「あっ、こんにちは」と丁寧に帽子を取って挨拶されたので、こちらも恐縮。でも気さくな方のようだ。それに若そう。今日もウキが良く動き、1匹は40cmくらいあったとのこと。「ヘラ釣りは面白いッスね。まだ始めたばかりなので、いろいろと教え53400039てください」「いえいえ、私など他人に教えることはありませんよ」「masaさんと言う人にも是非お会いしたいですね。同姓だし、いろいろな人から名前を聞くので」「じきに会えると思いますよ」「でも、私は土日は仕事の関係で都合が悪いんですよ」「う~ん、そうするとちょっと難しいかも。あっ、そうだ。写真を撮らせてもらっていいですか」「どうぞどうぞ」と、1枚撮らせてもらった。まだへらぶな釣りを始めたばかりだと言う割には、本当にウキが良く動く。鮎釣りもしていると言うので、釣りのセンスが良いのかもしれない。それに、周りの人に教えてもらえれば、上達はかなり早いのでは?釣りの邪魔をしても悪いので、また今度と言ってその場を離れた。話し掛けて本当に良かった。これで何もなく帰っていたら、しばらくはウジウジと悩んだと思う。スッキリして駐車場に戻るが、暑いせいで息がはずむ。masaさんに今日の事をメールで連絡してから、息を整えつつ池を後にした。

へらぶな釣りが大好きな園田一で二三(ひでふみ)さんのブログはこちら。

こどもたちの笑顔のために

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月19日 (月)

モンド・セレクション

Docu0012新聞の広告で目にしたお茶。GWが終ってから工場直売店を見に行ってみた。最近良く耳にするモンド・セレクションだが、ずっと昔ココナッツサブレが受賞していたのを記憶していたが、あれは確かお菓子だった。今ではいろいろなものを対象に行われているんだということを実感。どれほどの価値なのかは分からないが、まあ宣伝の謳い文句にはなるのだろう。

P.S.後からWikipediaで調べたら、ココナッツサブレはバターココナツと言う名前だった。また、地元三立製菓の源氏パイも忘れてはならない一品だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月16日 (金)

のりピーと大橋巨泉

今日の「笑っていいとも」テレフォンショッキングに出て来たのりピーこと酒井法子。裁判員制度周知のための映画に出演したとかいうことで、ポスターを持ってきたのだが、タモリからどういう話かと訊かれて、「裁判員」という言葉が出てこない。更に、裁判員制度がいつから始まるのかと訊かれると、一瞬言葉に詰まった挙句「もうじき」という答え。これには、祝電を送ってきた最高裁もさぞかし脱力したことだろう。

続いて大橋巨泉。もうとっくにリタイアしたと思っていると、年に数回はバラエティに出演する。最早過去の人なのに、何か勘違いしていて大物ぶっている。今のバラエティで要求される、短時間でのリアクションと気の利いたコメントなど全く無理なのに、それでいて若手の芸人を見下す態度にはあきれるばかり。本人は道楽のつもりで出演しているのだろうが、ただのKY爺さんだ。上岡龍太郎を見習ってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

素敵なHP

偶然見つけたHP。写真がきれい。「つれづれ日記」に釣行記が載っている。5月11日はこれも偶然、増沢で例会があったらしい。私は初めて見たのだが、へらの世界ではきっと有名なのだろう。こうやって新しいHPやブログを見つけると、つい嬉しくなってしまう。

半魚人の部屋

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月15日 (木)

久し振りの引佐天池でそこそこの結果が

昨夜から何故か急に引佐天池に行きたくなってきた。今日は好天の予報だが、5時半頃目覚めると肌寒い。昼頃には20度を超えるようだが、はてさて何を着ていけばいいのかな?とりあえず長袖のシャツとベスト、それにズボンの下にはタイツとしよう。かつての通勤路、7時を過ぎると混んでくるのは周知の事。そこで、6時半過ぎに家を出る。しかぁ~し、思ったより車の量が多い。何だかんだで到着は7時過ぎだ。誰かいるかと思っていたが、どうやら私が一番乗りか。ゲゲッ、湖面に何かが一杯浮いている。杉か何5340008953400090かの花?かな。これでは釣りにならないぞ。でも、風でオーバーフロー近くは湖面が見える。よし、その右に入ろう。さあ準備だ。今日も竿は11尺の底だが、餌はいつもと違ってダンゴの底釣り(夏・冬)とペレ道をそれぞれ1に水1.5の両ダンゴだ。さて底を測るかな。ゲッ、最初から道糸が絡んだ。しかも絡み防止の撚りの部分が。少々頭に来て強く引っ張ると、プツンと切れた。え~っ、現場施工?いや、道糸を結んで使おう。ひょっとしてウキを失くすことになるかもしれないが、結び目は瞬間接着剤で補強。何とか底が取れた。11尺では都田のいつもの場所とそれほど変わらない感じ。餌打ち開始は7時半を優に超えている。最初から太陽が燦々と照りつけていて、暑く、また眩しい。とりあえず偏光グラスだけ対応。餌打ち開始後数投でウキがモヤモヤし始め、これはと力が入るが、ウキが立ってすぐに引き込まれ、渋々合わせるとやはりブルー。ただでさえイライラしているところに、鈎を呑んでいるので更にヒートアップ。落ち着け落ち着けと自分に53400091言い聞かせて再開。すると、ウキが馴染んでからスッと入り、合わせるとやったかかりました!今日の目標はボウズ脱却だったから、もう目標達成だ。しかもグッドサイズ。やれやれ、力みが取れてきた。しかぁ~し、風の方向が様々に変わり、ゴミが私の前を行ったり来たり。そのうえ、餌打ちしてもウキが立たなくなることも発生して、再びイライラが募る。8時半頃に、この池をいつも掃除してくれる人がやって来た。そしてもう1人。湖面を見て驚いてい5340009253400093る。ただ、ウキが馴染むと動きはあるようで、私も9時前に待望の2匹目。ウキがズルズル入っていったが、ちゃんと口。これもグッドサイズ。いいなぁ。ウキはまだ動いているぞ。すると今度は、馴染み際のあたりで534000943匹目。ただ、「君は都田から来たの?」と言いたくなるサイズ。こんなの昔からいたっけ?ウキはまだOK。ただ、カラツンやハリス切れも出る。特に後半では、上ハリスを連続して切られた。断っておきますが、合わせ切れではありませんよ。そのうえ、肝心のウキの戻りがあまり鮮明ではなく、いきなりあたる感じがどうもスッキリしない。でも釣れれば問題なしとしよ53400095う。暑い。スポーツドリンクをゴクゴク。後から来た2人は、竿が曲がる様子もない。私がポツポツ釣れるのは、早起きの結果なのかな?さて、この辺りで、ウキの動きが一旦停止。出来るだけ餌打ちのインターバルを一定にして、何とかウキの動きを出そうとすると、10時前になってようやくウキがムズッと小さく押えた。これに合わせればやった5匹目!サイズもグレ53400096ートになってきたなぁ。35cm以上は間違いないが、写真では顔の部分が切れてしまった。そうそう、私の第2目標もクリア出来た。これは素晴らしいぞ。この池では今まで良い想い出がないので、今日は想い出作りに注力する。目標は大きく私の第3目標(2桁)だ!はてさて、そんな大風呂敷を広げて大丈夫なのか。しかぁ~し、その後もポツポツと3匹をゲット534000975340009853400099だ。最後の1投は効果なかったが、ここで餌が尽き、一旦終了。結果は8匹。目標まであと2匹だ。どうしようか。まだ11時。よし、今度は宙だ。竿は9尺に変更。餌は特SとGTSを2:2に水1の両ダンゴ。と、その前に我慢していた用を足す。そしてベストを脱いで車に仕舞い、バットさんには天池に来ていることを連絡。さあ再開だ。この池では、こんな短い竿での宙は未経験。「たな」は1.2mくらいで餌打ち開始。11時半頃か。すると、あれれっ、ウキが馴染まない。餌を練ってみるが、効果なし。おかしいなぁ。それでは、と「たな」を1mにしてみるが、変わらず。どんどん短くすると、ほぼ60cmくらいで消53400100し込みが出た!私のアームではちょっと恐い(道糸が絡む恐れあり)が、これで行こう。それにしても、餌の選択を間違えたかなぁ。早くも12時のサイレンだ。と、またも消し込みが!今度はかかりました!これはデカイ!ウキの馴染みは悪いまま、続行。餌が悪いのか、それともへらに落とされているのか?時折馴染むと、その後にウキが動く。擦れも出て、ハリスが「たな」に対して長すぎるのかもしれない。しかぁ~し、何の変更もせず、餌を練るだけでやり過ごす。後から来た人が、12時頃から急に竿を曲げるようになった。また、12時半頃からポツポツと常連さんらしい人達がやって来て、今日も浅場に入っていく。日陰になるのがポイントかもしれない。さて、そろそろ終わりが近づいてきた。後1匹で第3目標達成だが、どうやら無理な雰囲気だ。私のアームでは、「たな」だけでなく両ダンゴも無理53400101なのかもしれない。と、馴染んだウキがズバッと消し込んだ!当然合わせます。すると、やったかかりました!多分多くの人の視線が私の方に向いている(←自意識過剰か?)ので、絶対にバラせない。何とか「たも」に取り込む。これもまあグッドサイズ。それに目標達成だし、もういいだろう。宙でも最後の1投は効果がなかったが、気持ち良く終了。1時前。空はカ53400102ンカン照り。偏光グラス、それに長袖のシャツに薄手のジャンパーで少し暑いが、紫外線対策にはなっただろう。欲を言えば、傘も差すべきだったが。あれだけあったゴミも、11時を過ぎる頃から一応何処かに固まったようだ。私の前は嘘のようにきれいになった。さて、片付けを終え、車に荷物を積み込む。そしてゆっくりと池を離れた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月14日 (水)

新しいのが出た(韓国俳優本)

2韓国俳優事典の最新版を7&Yで入手。前回のものよりも200人多く載っている。ちょっと印刷の品質が悪くなったように感じるが、価格が掲載人数増加分より上がっていないので、まぁこんなところか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月10日 (土)

雨の日に「雪の女王」を観る

いよいよ佳境に入ってきた感じの「雪の女王」。ゴヌがハン・ドックとハン・テウンが同一人物であることに気付いてしまう。一方ボラも兄の親友だったハン・テウンという人物に興味を抱く。次回には遂に正体がボラに知られてしまうのか?
また、ボラ(ソン・ユリ)がどんどん綺麗になっていくのには驚き。雰囲気も優しくなった。果たしてドックがテウンだと分かっても、彼への気持ちは変わらないのか?それとも・・・。
今回が11話だから、後5話しかない。裏番組が超強力だったので、視聴率的にはふるわなかったために放映回数が増えなかったのだろうが、充分面白いよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 9日 (金)

小さな旅(都田総合公園から引佐天池)

明日から天気が悪くなると予報が言っているので、今日は行くべきかどうか悩んでいたが、結局午後になっても出発出来ず、それなら様子を見に行くだけ、と1時過ぎに家を出る。駐車場に着くと、ヘラ師の車が数台。橋まで行ってみると、いるいる。対面看板横に1人。あとは階段下。こちら側は旧爆釣ポイントから奥に1人と、ダム?横辺りに1人。あたりはあるのかなぁ。それはさておき、今日も小さな旅をするぞ。まずは公園の看板をパチリ。それから、今日は池をグルリではなく、上の芝生の方に行ってみよう。タオルを首534000365340003753400038に巻いてゴー。前回に比べ、緑が濃い。途中で、今まで気付かなかった階段を発見。そち534000395340004053400041らをフラフラと登る。と、そこがひとつの広場になっている。その向こうに、さっきの道から右に曲がる坂が見える。まずはそこまで行こう。そんなに歩いていないのに息がはず534000425340004353400044むのは、単なる運動不足なのか、それとも老化か。さて、坂に出たものの、これが上の公園のトイレ近くまで伸びているのが分かると、途端に足が重くなる。そこまで行くのは今日はよそう、また途中に階段があるので、それを登って自分を誤魔化す。おおっ、上534000455340004653400047は広いグランドになっているようだ。それにしても、上の駐車場とトイレまではかなりあるなぁ。また今度にしよう。さて、戻るかな(ええ~っ、もう?)。さっきの広場を見ながら今5340004953400050534000515340005253400053度は坂の方を歩く。そしてそのまま池を廻らず、元来た道をテクテク。と、途中まで来て、タオルを落とした事に気付く。やばい、何処に落としたのか?急いで来た道を引き返すと、上の広いグランドにあった。息がハアハア。荷物もないのに(情けない)。息を整えながら、駐車場に戻る。時間にして20分も経っていない。これでは旅どころか準備体操にもなっていないぞ。まぁ、ミクロな旅と言っておこう。それでは、今度は引佐の池だ。362に出て、そろそろと進む。池には車が5台。私はまず公園の駐車場に駐車。それから、前回は開いていなかったトイレを見に行く。おっ、今日は大丈夫。一体どんな具合かな。中に入ると、自動的に蛍光灯が点く。そして、洋式のトイレだ。これなら私も安心して用が足せる。そこから出て、上から東屋付近をパチリ。まだ遊歩道の入り口付近は立ち入り禁止になっているが、工事が終ったのは3月末。一体何のために立ち入り禁止なのだろう。しかぁ~し、その割には、誰か入った足跡が一杯付いている。私もついつられて、途中の道から中に入って散策だ(本当は534000545340005553400056534000575340005853400059いけませんよ)。堰堤向かい側の展望台?からは釣り人が良く見える。今日は何故か534000605340006153400062浅場に固まっているようだ。後はオーバーフローの横に1人。さあ戻ろう。せっかくだから、池の看板をパチリ。う~ん、やっぱり「天池」と言うんだなぁ、と変な感心。それから車を公園駐車場から池の空きスペースに移動し、しばらく釣りを見ていると、誰か知らないが、カップルがタクシーで乗り付けてきた。これから釣りをするらしい。また、浅場で釣っている人達とも知り合いのようだ。私はオーバーフロー横で釣っている人のウキをしばらく見ていたが、宙で毎回のようにあたる。だが、合わせてもかからない。ふ~ん、と見ていると、今度はあたらないようだが、何故か餌を切らず、ずっとウキを見ている。一体どうして?まあいい、そろそろ帰ろう。タイミング的には私も竿を出しても良かったのだが、さすがにタクシーで乗り付けるほどのパワーはない。カップルは着々と準備中。私はそっと池を後にした。今日は都田でも引佐でも、竿を出そうと思えば出す事が出来た。何かもうひとつテンションが上がらなかったのは、やはり天気のせいだろうか。明日から気温は最高でも20度を切る、肌寒い日が続くようだ。雨もありそうだし。返す返すも私の優柔不断にはあきれるばかりだった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月 8日 (木)

セルフレジ

今日初めて都田のベイシア(食料品)に行った。広い、とてつもなく広い。そして、そこで出遭った更なる初体験が、セルフレジ。自分で液晶表示に示されたタッチパネルを操作するのだが、ちょっと面食らった。近くに店員さんがいるので、まさかとは思うが、そのまま何も処理せずにレジを通過出来そうだ。一体どうやってそれを防止しているのか?それとも、ある程度のスルーは覚悟して人員削減しているのだろうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月 6日 (火)

今日は飲み会

今日は正月以来の、元と現P社の方々との飲み会だ。会いたくない奴も来たが、私が少し我慢をすれば良い事。皆さんと話が出来、やや引きこもりがちの私には、社会性を回復させてくれる楽しい時間を過ごすことが出来た。快く場所を提供してくれたNM氏、いつも面倒な幹事をしてくれるMM氏には本当に感謝の一言。今後とも宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 4日 (日)

アサヒガニ

今日、ようやく買ってから3週間くらい経った、冷凍の「生アサヒガニ」を食べた。茹でる53400148のではなく、蒸して。そうだなぁ、ズワイやタラバとは違うが、それなりにおいしい。内子もあったので、まあ満足。これが1kg(約6杯)で送料込みで1980円だから、そんなに高いものでもないので、もしダメだったとしても損した気分にはならないが、そこそこだったので良かった。ちょっと形が変わっているので、外見から入る人には食べ辛いかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 1日 (木)

一周年

遂に5月。一周年を迎えた。特に何の感慨もないが、まぁこのままダラダラと行くのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »