« 園田一で二三(ひでふみ)さんに遭遇! | トップページ | 丸和の餃子 »

2008年5月26日 (月)

真夏の大久保(西の平)で

今日も予定にない釣行。あまりにも気温が上がるというので、それなら大久保で両ダンゴが効くかもしれない、と張り切って8時頃出発。環状線は混み混みだが、何とか8時半頃池に到着。先客が堰堤に5つある釣り台の右から2番目に入っているので、2番手としては非常に入りにくい。挨拶をしてから、やむなく一番左に入ることにする。既にカン5340005053400051カン照り。準備の前に傘をセット。さて、今日はどうしようかな。今日は元々大久保で両ダンゴの底を確認しに来たのだから、やはり底でしょう。竿は9尺。餌はいつもの。準備も出来、開始は9時少し前。すると、2投目でウキが動いた!う~ん、ジャミかな。ウキは毎回のように馴染みながらモヤモヤ。ジャミなら早くへらと代わってほしい。しかぁ~し、あたりに合わせてバラシた際の手応えはジャミではなかった。急にやる気になる。た53400052だ、あたりと思われるウキの動きは良くない。底を何度か確認する。そして再度のバラシの後にようやく1匹目。良く引くなぁ。サイズもグーだし。とにかくこれで一息ついた。ウキは馴染みながらチクッと入るのだが、これに合わせてもカラ。やはり底に着いてからのあたりを拾わないと。でもこれがあたり?という動きで2匹目をゲットするが、どうも納得出来ない。かなり5340005353400054寄っていることは確かなようだが、既に上ずっているとも言える。逆に言うと、底の地合ではないのかも。すると、次の馴染み際のあたりでは、都田もビックリのち   ↑最初の擦れ
びへらが擦れてきた。上の方はこいつらかな。釣り人(常連さん)はポツポツやって来53400055て、堰堤、左岸倒木横、右岸倒木の両側に入っていく。何だか圧倒される感じ。と、今日初めての良いあたりで3匹目ゲットは10時少し前。私にしては上出来の推移か。それからもウキの動きは止まらない。10時台が午前中最大の地合という感じになって、後から来た常連さんも、底・宙のいずれでも竿が曲がる。私も好調(←あくまでも私にとってだが)を維持しなけ534000565340005753400058
       ↑擦れ        れば。10時台には擦れも出るものの、4匹を追加して好534000595340006053400061
       ↑擦れ        調(←あくまでも私にとってだが)は続く。本当に引きが良い。竿が短いせいもあるが、堪えに堪えてへらを浮かす気持ち良さは何物にも代え難い。それに何と言ってもグッドサイズ。その手応えは「止められまへん」。11時を過ぎると、次第にへらの食いが悪くなってきたようで、これは気温の上昇と関係あるかもしれな53400062_253400063_2い。常連さん達も竿を曲げなくなる。私は餌が尽きた11時半頃までに何とか1匹を追加するが、またもサイズ小の擦れが出て気持
     ↑擦れ     ちも萎える。これで終わりにしようかな。いや、せっかく大久保まで来たのだから、一応宙の両ダンゴもやっておこう。竿はそのままで仕掛けを交換。特Sとバラケマッハを2:2に水1で餌を作る。それに水がまわるまで、トイレ休憩。再開は11時40分過ぎ。「たな」は1mで餌打ち開始。すると、何と2投目から小さいあたりが出たではないか。残念ながらカラだったが、宙でもいけるか53400064も。すると、ウキが馴染んでからズバッと入るあたりで難なく1匹目をゲット。これは素晴らしい。しかぁ~し、ウキの馴染みが悪くなって、まずはハリスを詰めてみる。多少効果があったようだが、解消しない。そこで餌を練って対応する。ところが、これでウキの馴染みは出て来たが、ウキの動きは悪くなる。そこで、再度ハリス長を伸ばして対応。何だかチグハグ。12時を過ぎると、餌やハリス長ばかりでなく、本当に食い渋りが出てくる。常連さんで竿53400065が曲がる人はいなくなった。皆さん昼食休憩か。私は昼食の用意がないので、そのまま続行。そして、餌落ち目盛が出てから小さく入るあたりでようやく2匹目ゲットは12時を過ぎてから。そろそろ集中力も切れてきた。それに腹も減っている。やはり底で終れば良かったか。まぁ、餌もそろそろ終る。何とか打ち終えよう。しかぁ~し、餌の経時変化で粘りが出て来たところへ、カラツン対策とやらで更に練ってしまったので、餌がほとんどバラケなくなる。それでただでさえ食い渋りになっているところに追い打ちをかけてしまい、ウキはドップリ馴染んでからゆっくり戻るが、ほとんどさわりがなくなり、たまに出るあたりは全部カラ。何53400066やら都田での宙と同じ推移を辿っている感じだ。餌は1時半に尽きたが、それまでに1匹を追加したのみ。その後またもサイズ小の擦れが出たが、面倒なため写真はナシ。そして最後はカラツンで終了。疲れた。片付け。やはり宙は必要なかったか。結果としては2桁をゲットしたことになるが、宙の後半はただ餌打ちするだけになっていた。これで私の宙での課題がはっきりしたが、さてどうすれば良いだろう。餌のタッチ(餌合わせ)が宙のキモであることが間違いないので、これからは餌作りと餌の手直しがポイントになるが、果たして自分で見つけることが出来るのだろうか?大きな課題(誰でも同じかもしれない)を背負いながら家路についた。

|

« 園田一で二三(ひでふみ)さんに遭遇! | トップページ | 丸和の餃子 »

コメント

こんにちは。
昨日は暑かったでしょうね。
覗きに行きたかったです。
痩せてるのも、抱卵も居るようですが、尺上はいつ見てもいいですね~~。

投稿: 黄金バット@会社 | 2008年5月27日 (火) 12時53分

バットさんこんにちは。
意外と暑く感じませんでした。傘のおかげと、薄手のジャンパーを着ていたためかな(直接陽が当たらない)。また、時折傘がグラグラ揺れるくらい風があって、思ったよりは暑くなかったです。
久し振りに大久保のへらを堪能しましたよ。ちびへらはご愛敬ということで。また、この日は不思議なことにジャミが1回もかかりませんでした。堰堤の一番右の人は、ジャミのダブルで怒っていましたが。

投稿: sunshine_hera | 2008年5月27日 (火) 13時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/41325313

この記事へのトラックバック一覧です: 真夏の大久保(西の平)で:

« 園田一で二三(ひでふみ)さんに遭遇! | トップページ | 丸和の餃子 »