« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月31日 (木)

篠島その2

さて、いよいよ宴会だ。料理が準備されている部屋へ移動。一体どんなものが食べられるのかな?おおっ、と驚くほどのものではないが、まずはこれだけが卓上に乗っている。そこに、スズキの活け作りがやって来た。それから、後から後から料理がやって来る。Img_0206_3_1Img_0207_1私が気に入ったのは、大アサリのグラタン風マヨネーズ焼きとでも言うのだろうか。これが見かけよりずっとあっさりしていて(←アサリだけに?)、うまい。冷えたビールも今日は格別にうまい。もっとゆっくり食べろと2人から言われるのだが、元来の早食い、どうしてもペースが上がってしまう。酒もビールから日本酒、そして焼酎へと変化。結構盛り上がっていたのだが、宴会にも終わりの時刻があるようで、名残惜しいが一旦終了。今度は場所を部屋へと移して続行だ。あなごの干物をつまみに話は続く。そして何時頃か分からないが、就寝。枕が変わるとなかなか寝付けない私(←結構神経質なんです)、ウトウトしていてふと目が覚めると、外は既にカンカン照りの様相。一体何時かと思って時計を見れば、まだ5時台だ。それからはもう眠れない。7時には2人も起き、8時に朝53400026食。まあこんなものでは?9時半頃に精算。宿泊料が10500円に、酒代。車で船着き場付近まで送ってもらう。そして、船が来るまでのわずかの間に竿を出す。が、ほとんど何もしないうちに船が来た。続きは伊良湖岬でやろう。そうそう、帰りは左側に座って、何としても風車5基を撮らなくては。10時40分に篠島を離れる。すると、何だか様子が変だ。いつまで経っ534000285340002953400030
    ↑船着き場付近        ↑さようなら篠島       ↑全く見えません
ても風車に近づかない。えっ、帰りは来た時と違うルート(風車から遠い)なの?ガクガクッ。結局風車を撮ることは出来ず、伊良湖岬に到着だ。11時。船着き場付近では何人かが竿を出している。が、暑い!真面目に釣りをするなら、船が入って来る防波堤まで行けばいいのだが、この暑さ、とてもそこまでする気力はありません。我々も船着き場53400031近くで竿を出すことに決定。とりあえずリールでウキ釣り。竿は3m。すると、しばらくしてウキに動きが(←へら釣りではありませんが、表現は同じ?)。そしてウキが引っ張り込まれるのに合わせて1匹目ゲット!ヒイラギ(ネコマタとも言う)だ。最初から何か大物を釣ると言う気持ちもないので、何でも良いからかかればOK。それから今度は中通しのオモリに変えて53400032ドボン?だ。すると、数センチのハゼの子供がかかってきた。こんなサイズでもあたりは手元に伝わるので、海の魚は引きがいいなぁ?そして最後の1投では、あたりに合わせたつもりでも手応えは感じなかったが、寄せてみれば鯛の子供。一緒に竿を出したOG氏も結果が出て、まあまあ良かった。さて、帰路につくとするか。帰りは途中まで渥美半島の北側を走る。そして遅い昼食。何処でも良いので、とりあえず目に入った蕎麦やに入る。私に蕎麦の5340003353400034_2味は分からないが、つゆが上品過ぎる(物足りない)感じだった。それから、ついでにと言っては何だが、メロンを売っている店に入る。そして、再び渥美半島の南側に移り、浜名バイパスまでの冗長な時間を過ごす。この道に何かもう一つあれば、伊良湖岬とその先への旅もより一層楽しくなるの5340003553400036だが・・・。そして、OG氏の勧めにより潮見坂の道の駅に寄る。なかなか立派なもんだ。そして今回の旅も終わり。OG氏を自宅で降ろす。この時、OG氏からは採りたての野菜をもらった。ありがとうございます。そして私の家。今回の旅行を企画したOG氏、それにずっと運転手を務めてくれたNM氏、本当にご苦労様でした。またお疲れ様でした。それに乗っかって、ほとんど何の役にも立たなかった私のことをどうぞ忘れずに、また何かあったら呼んでください。宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

篠島その1

29日から1泊2日で篠島に行ってきた。NM氏とOG氏に同行させてもらう。11時半にNM氏が某高級外車で迎えに来てくれ、その後OG氏を拾って潮見坂近くの食堂で昼食。なかなかのボリュームで腹一杯になり、それから渥美半島をひた走って伊良湖岬に向かう。途中、この辺りで有名な「長屋門」をパチリ。1軒は、これは門ではないかもしれな53400007_25340000853400009いが、あまりにも屋根の作りが豪華だったので、圧倒されながらパチリ。こんな家は滅多に建てられるものではない。2時過ぎに伊良湖岬道の駅に到着。暑い。急いで中に入り、往復の乗船券を買う。夏休みとは言え、平日のためか旅行客の姿は多くない。伊良湖岬出発は3時ジャスト。船が来るまでの間、しばしの休憩(←って、大変なのは運534000105340001153400012
    ↑道の駅到着       ↑鳥羽から来たフェリー    ↑しばし休憩のお二人
     ↓外の景色        ↓高速船乗り場            ↓船が来た  534000135340001453400017転していたNM氏だけだが)。さて、船がやって来た。乗船。これから約20分で篠島に534000185340001953400020
  ↑いよいよ出発・離岸       ↑船内はガラガラ      ↑見難いが波が高い
着く。船を待つ間に遠くに白波が立つのが見え、これはかなり揺れるかもと思っていたら、案の定飛沫が窓にザブンザブンとかかる。ちょっとビビッた。また、道の駅での賑わいのなさのとおり、船内はガラガラ。まあ、楽にどこでも座れるのでこちらから文句はないが。進行方向向かって右側に、風力発電の風車が5基並んでいるのが見えるが、残念ながら右側の座席には(たまたまではあるが)客がいるので、写真には撮れなかった。帰りには左側に座って、絶対撮るぞ!そうこうしているうちに、篠島に無事到着。迎53400022_3えに来ていた、今日我々がお世話になる民宿「南風」さんの車に乗る。「南風」さんは海水浴場のほぼ真向かいにある、立地条件バッチリの宿。この日も我々の予約でちょうど満員とのこと。ここで、「南風」さんの写真を撮ったつもりだったのだが、その場ですぐに確認すれば良かったのを、放置していたため、こうして帰ってから確認して撮れていないのが分かってもどうにもならない。4階の部屋へ案内される。おおっ、当たり前ではあるがエアコンが効いている。外は全室オーシャンビュー。今気が付いたのだが、写真をクリックして拡大する53400024と、右の真ん中辺りに小さく風車が5基写っている。これを撮りたかったんだ。明日は間違いなくゲット!また、民宿到着すぐには移動疲れ?で何もする気がなかったのだが、メインが宴会とは言え、流石に何処にも出かけないのはどうかと言うことで、ちょっとだけ付近を散策。ここで、カメラの電池切れが発覚!一応予備は持っているが、それは明日に廻すことにして53400025いるので、残念ながら初日の写真はここまで。宴会の料理の写真は、NM氏が撮ったものを貰ってから載せることにする。食事(宴会)までまだ時間があるので、風呂に入って汗を洗い流す。そしてエアコンの効いた部屋でゴロゴロ。何やら家にいる時とあまり変わらない気がするが、そこはまあ宴会目的の旅と言うことで。旅の続きはその2に記すことにする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月28日 (月)

天候急変!

昼前に車を走らせていると、急に空が暗くなってきた。あれっと思いながらドラッグストアに入る。買い物を済ませてレジから外を見ていると、木の枝が凄い勢いで揺れている。揺れているというより、今にも吹き飛ばされそうな感じ。台風?そんなバカな。ストアから外に出ると、やはり強い風が吹いている。叩きつけるような大粒の雨もやって来た。道路にはいろいろな物が散乱していて、まさに台風の様相。昨日何処かで起きた突風はこんなものだったのかもしれない。家に着く頃には雷も鳴り出した。幸い、今は風雨は収まっているが、また急に雷が鳴り出した。この天候急変はまだ続くのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月24日 (木)

ブログ通信簿

Tushinbo_img_2誰かのブログで、「ブログ通信簿」なるものがある事を知った。世の中の子供達は夏休み前にもらったことだし、私も何かもらいたいと早速試してみる。う~ん、主張が足りないか。もっと「へらず口」を叩かないと点数アップしないかも。でも、「幼稚園の知識や経験」って一体何だろう。ひょっとして一で二三さんのコメントとかが関係してるのかな?まぁ、お遊びとは言え、ちょっと気になる通信簿でした。

   ブログ通信簿はこちら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クソ暑い大久保で

今日は大久保で釣る。起きたのは5時半頃だったが、いつものようにグズグズしていて、家を出たのは6時過ぎ。6時半頃に池に到着。まだ誰もいない。草が繁茂している。さて、何処に入ろうかな。いつもなら一番大きな、堰堤左端の釣り台に入るのだが、今5340009553400096日は一番右に入ろう。車から荷物を降ろし、堰堤に向かう。まだ日は出ていないようだ。さあ準備。しかぁ~し、台の選定は大きな間違いだった。後で分かる。さて、今日も9尺宙で両ダンゴだ。餌は特S:天々:バラケマッハ:水を2:1:1:1。開始は6時40分過ぎ。ゆっくりとやればいいや、と思って餌打ちを始めたのだが、何と第1投からウキが動く。おそらくジャミだろうが、ひょっとしてへらかも、と、さっきまでののんびりムードは何処へやら。そしてじきにあたり!カラ。やっぱりジャミかなぁ。そして数回カラを繰り返した後にかかってきたのは、やはりジャミ。予定通りだ。でも、そのうちきっとへらに置き換わるぞ。すると、あたりに何かがかかったが、バラシ。でもジャミの手応えではなかった。そろ53400097そろチェンジングタイムかな?そして7時を過ぎると、やった1匹目!都田とは手応えが違う。サイズも2回りくらい大きい。さあこれから爆釣だ。その前に、日が出て来たので傘をセット。一番左の釣り台に入っていれば、8時頃までは傘の必要がないのだが、失敗したなぁ。もう暑い。傘を慎重にセットして直射日光に当たらないようにするが、汗が滴る。一応飲み物は2本用意してきたが、足りないかもしれない。さて、爆釣を予感させたあたりだったが、その後は擦れバラシ連発。良く見ると、オーイ、水面近くにへらの口が見えるぞ。バラケた53400098餌をパクパク食っている。肝心の餌には反応しないようで、あたりは多分擦れ、でサッパリ。時間だけが過ぎる。8時前になって、ようやく2匹目。これは両ダンゴでは難しいか。餌打ちのたびに、水面近くにへらの口。そしてあたりに合わせて、瞬間でもかかると、黒いへらが水面下に見える。かなり寄っている雰囲気。きっと管理釣り場はこんな感じなのだろう。8時を53400099過ぎて3匹目をゲットするが、良く分からない。暑さで集中力も持続しない。最初の餌が終ったら、終了しようかな。ただ、かかった時の手応えは良いので、もう少し釣れる前提でやってみよう。それにしても暑い。まさに「言うまいと思えど今日の暑さかな」だ。そして、最初の餌ではもう1匹ゲットしたのだが、残念ながら写真がエラーになってしまい、現物は表示不可。Photo参考写真で勘弁してください。結局9時頃に餌が尽きて一旦終了。かなりやる気は失せているが、幾ら何でもここで終るのは寂しい。続行だ。よし、竿を9尺から7尺に変えてみよう。餌はペレ道:バラケマッハ:水を2:2:1の両ダンゴ。と、この池の常連さんがやって来た。私とは釣り台を1つ空けて入った。その人の釣り方を見ていると、ゲゲッウキからオモリまで30cmもないくらい。これが本当のカッツケだ。私は「たな」を9尺の時の1mから80cmくらいに変えて開始。おっ、早くもウキが動き出したか。でも隣を見習って、「たな」は60cmくらいにしよう。既にへらが口をパクパクするのが見える。それに、40cmくらいのへらが足元まで寄ってくる、写真は撮らなかったが、去年と変わらない様子にビックリ。それでSannkouも、あたりに合って1匹をゲット。しかぁ~し、これも写真ナシ。再度参考写真でご勘弁願います。さて、最初はウキの動きが良かったものの、やはり次第にウキが動かなくなる。隣も開始早々はへらがかかったが、その後は静かになってしまった。常連さんはポツポツやって来て、最終的には3人が堰堤釣り台に入った。私はあたりの出ないまま、暑さで?漫然と餌打ちしていたが、10時頃になって、これではいけないと「トロ掛け」を試してみる。すると、第1投で消し込みが!残念ハリス切れ。強く合わせたつもりはないんだけどなぁ。でもウキ5340010153400102の動きは続き、消し込み消し込みたてまつる~とばかりに2匹をゲット。こりゃあ行けそうだ?しかぁ~し、しかぁ~し、目先が変わった直後はウキの動きが良くなるが、じきに元の黙阿弥になるのは都田と同じ。そのうえ、合わせ切れではない(強い引きに堪え切れずに)ハリス切れ発生。う~ん、勿体53400103ない。それでも、何とか堪えて11時前に4匹目。これは大きい!バラケを食っているが、「そんなの関係ねぇ」だ(←古い?)。常連さん達はポツポツ竿を曲げている。流石だ。11時を過ぎると、最早「トロ掛け」でもあたりが出なくなり、それでは今度は「お」だ。すると、最初の1投から消し込み!残念かからなかったが、やはり最初は目先が変わったことによる活性の変化が出たのだろうか。バラケ(元はダンゴ)が経時変化で粘ってきたのか、その後はあたりが悪くなる。そして、かかったと思えばハリス切れ。ク~ッ、難しい。そのうえ、餌打ちしてすぐ、餌ボウルに目をやった瞬間に手元が引っ張られた!慌てて合わせるが53400104ハリス切れ。これは恐かった。それで、餌も残り少ないからよそ見は止めて真剣にウキを見ていると、ズバッと消し込みが出、「上がりべら」ゲットか。その後、再度のハリス切れで、餌は後数投分残っているが終了。12時を過ぎている。暑い中片付け。今日は何をどうすれば良いのか分からないまま終了。両ダンゴ、トロ掛け、「お」の全てで中途半端だった。結果も253400105桁に届かず、底釣りでもやれば良かったか(←本日のタラレバ)。片付けを終え、ずっと我慢していた用を足してから車に戻る。本当に暑い。今日は結果としてはそれほどではなかったが、久し振りに都田以外で竿を出すと、違う池では違う釣り方(餌も含め)が必要だと言うことが改めて分かった。ただ、暑さで疲れた。傘で日光の直射が遮られていたにも拘わらず、腕がヒリヒリする。さっさと帰ろう。そして週末は都田だ。そんな事を思いながら池を後にした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月18日 (金)

エアコンの掃除

今朝、随分久し振りのエアコンの掃除をした。家には3台エアコンがあるのだが、どれもここ数年掃除をした記憶がない。昨日ジャンボエンチョーで買ってきたスプレーでフィンを掃除し、その後フィルターを洗ったのだが、これが汚いこと!掃除をマメにやってない部屋のエアコンのフィルターは埃で真っ黒。これでは効率も悪いだろう。さっきようやく終ったが、汗びっしょり。ついでにダイエットにも効果があると良いのだが。


追記:さっき、エアコンのリモコンが届いた。実は3台のエアコンのうち、まともに動くリモコンは1台しかないため、操作にずっと苦労していたのだが、楽天市場で探したらすぐに53400064見つかり、2台注文していたのが届いたのだ。ボタンが大きくて押しやすい。見た目はちょっと安っぽい気がしないでもないが、操作出来れば問題ナシ。早速初期設定をして只今使用中。今まで何年も不便な思いをしてきたのが嘘のようだ。まあ、何とか間に合っていたので、探す努力を怠ってきたのが正直なところなのだが。とにかくこれで、リモコンを探しにあちこち行かなくても良くなった。本当にネットは便利だと改めて思った次第。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月15日 (火)

一足早く鰻

まだ土用の丑には早いが、今晩は鰻。「うなぎの井口」で買ってきたもの。気賀の鰻屋が偽装?で閉店してからは、ずっとここで買っている。本当かどうかは分からないが、一応浜名湖産。半分は白焼きのままレンジでチン、半分はたれで軽く煮て食べた。まあおいしかった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月13日 (日)

この暑さは何だ!

今日は墓参りに行った。暑くなる前にと、それでも7時前に家を出たのだが、既に暑い!墓の周りの草をむしっている間にも汗が滴る。家に帰ってからはエアコン全開。これでは絶対体に悪いと思いながらも、ゴロゴロと過ごす。バットさんとmasaさんに、今日は何処でとメールで訊いてみると、バットさんは私と同じく墓参り、masaさんは例会で鳳来に行っているとのこと。鳳来は涼しそうに思えるが、果たしてどうだろう。ゴロゴロしていたら、あっと言う間に1日が終り。こんな事なら、少々遅れても都田にでも行ったほうが良かったか?もうアフターフェスティヴァルだが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月10日 (木)

猫の話

嵐馬さんのブログを見に行って、考えた。私が良く行く都田総合公園の池(増沢池)にもたくさん猫がいる。おそらく捨てられて野良猫になったもの。嵐馬さんと同じように、へらが釣れなくなると気分転換に足元のブルーギルを釣る(嵐馬さんと同じではありませんね。失礼しましたcoldsweats01)のだが、何処で見ているのか、ブルーを釣ったのが分かるとすぐに猫が寄ってくる。そしておねだり。まあ、違法に放流され、繁殖している魚を駆除しているという気持ち(おこがましいが)で猫にあげているのだが、猫に餌をあげるということは果たして良いことなのか?釣り人だけではなく、一般の人が猫用の餌をあげていることもある。いずれも野良猫が可哀相だということであげていると思うのだが、これで猫が繁殖してしまっているという現実もある。見てすぐに親子だと分かる模様の猫たち。数が増えて人がくれる餌だけでは足りなくなれば、当然他の生き物(鳥など)を狙うようになるので、単に可哀相だからということだけでは済まされない。公園に来る人達のなかには、そういうことを危惧して、猫を捕まえては不妊手術をしている(もちろん自費で)人もいると言うことだ。本当に頭がさがる思いなのだが、すると、それを良いことに猫を捨てに来る輩が後を絶たない。これでは本当にいたちごっこだ。行政も、猫を捨てるのは違法で罰せられると公園のあちこちに掲示しているのだが、捨てる輩は「そんなの関係ねぇ」のだろう。いずれにせよ、元々は猫の飼い主のいい加減さと無責任が原因であることは間違いないので、捨てられてからのフォローでは限界がある。まずは飼い主が自分の飼っている猫に不妊手術または去勢をするか、それが嫌なら放し飼いにしないということを徹底させることが先決だ。でも、飼い主のモラルに頼っていては、まず解決しないだろう。捨て猫に限らず、最近のモラルハザードはどうしようもないところにまで来ているように思う。釣りに行き、寄ってくる猫を見る度に憂鬱になるこの頃だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 6日 (日)

床屋に行ってきた

釣りの後に床屋に行ってきた。今までは2ヶ月に1回だったのを、諸物価高騰の折り、3ヶ月に1回にしてみたのだった。すると、苦髪楽爪というか、苦労の多い私は髪の伸びるのが早くて、わさわさ状態になってしまっていた。いやぁ、すっきりした。でも次も3ヶ月に1回にすると、わさわさの頭は結構きつい。ある人から、****理容という激安の床屋を利用したらどうかと言われたが、ちょっと迷っている。そうだな、夏が終るまでに結論を出すとしよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月 1日 (火)

点鼻薬

10年以上(いや、20年以上かな)点鼻薬のお世話になっていた。元来鼻が詰まりやすいうえに、流行りの花粉症もあって点鼻薬が手放せなかったのだが、この薬にも副作用というか、頻繁(効能書き以上の頻度)に点していると次第に効力が薄くなってくるうえに、点さないと鼻が詰まるというような「麻薬」的な作用があるのだった。以前に耳鼻科で、出来るだけ使わないように言われていたのだが、その利便性でなかなか止めることが出来なかった。しかぁ~し、このところの諸物価高騰の折り、必要でないものは買わない(ヘラブナ釣りを除く)ということにならざるを得なくなってきたので、薬が切れたのを機に購入を止めてみた。すると、最初は多少の鼻詰まりでつい「ヤク」が欲しくなった(禁断症状?)のだが、これを我慢していたら、何と鼻が詰まりにくくなったではないか。アルコールが入るとすぐ鼻が詰まって困っていた事も今では遠い昔の話。鼻に関しては快適に過ごせるようになった。点鼻薬の乱用が逆に鼻を詰まりやすくしていたのだった。物価高騰は日常生活を圧迫しているが、ライフスタイルの見直しも必ずしも悪くないぞと感じた今日この頃でした。happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »