« 凄いぞ女子ソフトの金 | トップページ | 星野ジャパン惨敗 »

2008年8月22日 (金)

星野ジャパン敗れる

どうもそんな気がしていた、星野ジャパン。2点のリードを守ろうとする姿勢(少なくとも私にはそう見えた)が弱気に映り、韓国を調子づけた。日本には何が何でも勝とうという強い気持ちがなかったのではないか。淡々とした攻めを続けた日本。逆に、韓国は何をしてでも勝とうという気概が強く溢れていた。そして魔の8回裏、調子の良くないイ・スンヨプの打席で、ここでひょっとしてホームランが出そうだという悪い予感が的中したとき、もう見ていられなくてテレビのスイッチを切ってしまった。そして今Yahooで結果を知った。対戦相手との実力に差がなければ、後は気持ちの問題。女子ソフトを見習うことは出来なかったのか。残念だ。次は気持ちを切り替えて3位決定戦に臨もう。ただ、今の様子ではこちらも難しいと思う。

|

« 凄いぞ女子ソフトの金 | トップページ | 星野ジャパン惨敗 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/42239035

この記事へのトラックバック一覧です: 星野ジャパン敗れる:

« 凄いぞ女子ソフトの金 | トップページ | 星野ジャパン惨敗 »