« OpenOffice の更新 | トップページ | 次元が違う釣り »

2008年10月18日 (土)

思惑が外れた東ノ谷

今日は久し振りの東ノ谷。一体どれくらい空いたのだろう。集合時刻の7時ギリギリに池に着くと、OT氏は既に来ていた。まだ陽が射しておらず、湖面には波。肌寒い。一応長袖のシャツにチョッキ(ベスト?)、それに薄手のジャンパーを着てきたが、果たして持つか?新しい池には3人ほどが竿を出しているが、我々は古い池の階段状堰堤に入る事にする。水位は回復しているが、堰堤は4段ほどが見えている。私が堰堤の左端、OT氏が私の右に入って、さあ準備だ。仕掛け等に迷いがないOT氏の準備は早い。私は5340007553400076ちょっと9尺も考えたが、まあ11尺の宙で行こう。底でやるには15尺はギリギリだし、18尺はまだ出したくない。仕掛けは前回のままなので、今日もいつものバラケと「お」で行こう。開始してほどなく7時半のチャイム。ウキがかなり流される。これで本当に釣れ5340007753400078るか?やはり最初に竿を曲げたのはOT氏。私にもウキの動きが出てくるが、1匹目をゲットした時OT氏は2匹目。私の方には早くもジャミがかかる。更に2匹目をゲットした時には、OT氏は5匹を53400079ゲット。私はいずれもバラケを食っており、セットの意味は薄そう。しばらくセットのまま打ち続けたが、OT氏を見習って両ダンゴに変更だ。陽は射してきたが、まだ風は冷たい。しかぁ~し、次第に湖面は穏やかになり、暑さを感じるようになる。ジャンパーを脱ぐが、まだ暑い。へらの活性もボチボチ上がってきたかな?捨て石の関係で「たな」を深く取れないため、80cmから50cmくらいを探りながらの釣りになった。そして、爆釣とはいかないまでも、ポツポツと数534000805340008153400082534000835340008453400085を増やす。OT氏は2桁を達成したが、私は最後の1投でようやく8匹目をゲット。今日はOT氏に追いついても、抜くことは出来なかった。実釣2時間強で8匹はまあまあと言うべきか?最初の釣れ具合では第2目標クリアが精一杯と言った感じだったのが、第3目標間近になると、どうしても欲が湧いてくる。餌を作り直したら、「トロ掛け」で爆釣だ!バラケはグルバラ:バラケマッハ:水を2:3:1。そして再開。湖面はすっかり穏やかになっている。これなら間違いなく爆釣だ!と思ったのが運の尽き。湖面の状態が良く見えるようになると、OT氏もそうだが、何か黒いものが湧き上がっているのが分かる。そう、ジャミ。何処からこんなに集まって来たのだろう。中にはへらも混じっているが、ジャミは100匹以上でウキの立つ辺りに群がっている。これは困った。それでも、最初はウキが馴染み、トロロは食わないがバラケであたり、かかってくれた。何とか第3目標をクリア。534000865340008753400088これからは20目指して頑張ろう。しかぁ~し、やはりウキの動きはグシャグシャ。仕掛けは絡む。「たな」を上下したり、ハリス長を縮めたりしてみるが、一瞬は効果があるものの、すぐに元の木阿弥。いやぁ、難しい。「トロ掛け」はすぐに止めて両ダンゴに戻す。更534000895340009053400091に、OT氏が餌を練って1匹釣ったのを見て、私も練ってみる(最近はほとんど練らないのだが)。これが良くなかった。餌が着水すると同時にジャミが寄ってきて餌を落とす。そのため、ウキが立つ頃には餌はナシ。バラケを単体で遠くに放り、ジャミがそちらに気534000925340009353400094を取られている隙に餌打ちして何とか数を増やすが、それもじきに意味がなくなる。後から来てOT氏の右に入った人は、かなり浅い「たな」でポツポツと釣り、あっという間に5匹をゲット。私のそれまでの時間は一体どうなる?OT氏はジャミあたりに苦しみながらも、20を達成した11時半頃の時点で一旦終了か?いや、何やら餌を作って再開だ。そして何故か急にあたりを出して3匹をゲット。計23匹で終了だ。OT氏は最後に「白べ53400095ら」単体でバラケる餌を少量作り、バラケた分はジャミに、芯に残った分はへらに食わせて3匹をゲットしたのだった。私も何とか20まで数を伸ばしたかったが、如何せん練った餌ではジャミの餌食。そのまま数を増やせず12時少し前に無念の納竿。後半は実釣2時間半弱で9匹。最初と併せて4時間半で17匹だった。片付け。かなり疲れた。駐車スペースで挨拶して解散。私は「いなさ食堂」でトンカツ定食を食べるべく車を走らせるのだった。


残念ながら「いなさ食堂」は休業のようだ。それでは帰ろうか。いや、何故か急に餃子が食べたくなったぞ。しかも「福みつ」の餃子が。家に帰る道を通り過ぎて、車は住吉バイパスから152号バイパス、更に六間道路をひた走り、佐藤町?の「福みつ」に到着だ。ちょうど昼食時とあって店は混んでいたが、たまたま空きがあってすぐに座ることが出来た。注文したのは定食の「大」。餃子20個とご飯と味噌汁、それに漬け物だ。私の前では、男女4人が餃子50個を食べている。久し振りに食べた「福みつ」の餃子だったが、イメージは崩れなかった。1400円はなかなかお高いが、まあ許容範囲だろう。ただ、餃子の皮の固い部分で舌の一部を切ってしまった。これはご愛敬か。腹一杯になって家路についた(←また食い過ぎだ)。

|

« OpenOffice の更新 | トップページ | 次元が違う釣り »

コメント

こんばんは。
「福みつ」おいしいですね~~。
私はお店で食べる餃子の中ではここが一番好きです。
もうちょっと安いといいんだけどね。

投稿: 黄金バット | 2008年10月19日 (日) 21時36分

バットさんこんばんは。あれっ、釣りの話は・・・。
バットさんのブログのおかげで今朝ザ・フィッシングを観ましたが、私的にはGYAOの釣りビジョンが参考になると思いますよ。
今回の熊谷充さんのチョーチンで、餌の振り込み(落とし込み)方法が少し分かりましたが、番組等ではこのあたりをあまり映してくれません。残念。
宙の餌付けについても、今まではあまりにケチケチだったので、番組を観て、次回からはもう少し大盤振る舞い?をしたいと思います。

投稿: sunshine_hera | 2008年10月19日 (日) 22時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/42826098

この記事へのトラックバック一覧です: 思惑が外れた東ノ谷:

« OpenOffice の更新 | トップページ | 次元が違う釣り »