« 思惑が外れた東ノ谷 | トップページ | 大久保の茶屋 »

2008年10月18日 (土)

次元が違う釣り

GYAOの釣りビジョンで、熊谷充さんのチョーチンを観る。竿は11尺。餌は天々とバラケマッハ。後は粘力とダンゴの底釣り(夏)を適宜。餌付けは結構デカイ(鈎も大きい)。そして、ウキをしっかり馴染ませてからズバッというあたりで次々と釣り込んでいく。管理釣り場ということもあるかもしれないが、へらのサイズもグッド。驚いたのは、あたりに合わせてから寄せるまでのスピードの速さ。まあ、どれをとっても私とは次元の違う釣りだ。いつになれば、ああいう釣りに近づけるようになるのだろう。う、裏山鹿~(←これ、分かる?)。それにしても、餌付けは大きかったなぁ。餌を打つ量も半端ねぇ。私の餌付けはしょぼ過ぎるのかも。また、あれだけ釣れても反省しきりとは、向上心もスゴイ。勉強になりました。

|

« 思惑が外れた東ノ谷 | トップページ | 大久保の茶屋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/42830557

この記事へのトラックバック一覧です: 次元が違う釣り:

« 思惑が外れた東ノ谷 | トップページ | 大久保の茶屋 »