« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月30日 (金)

発芽十六雑穀

53400060_2やずやの「発芽十六雑穀お試しセット」を購入した。その前に無料のものを取り寄せて食べてみたのだが、なかなかいけるので、購入した次第。ただ、結構値が張る。米に混ぜて炊くもの(写真左上)が1袋100円程度。米2合に1袋だから、1回の炊飯で1袋だけ使用とはいかないだろう。それから、サトウのご飯のようなレンジでチンするタイプものは1個約250円(写真左下)、普通に炊く雑穀入り無洗米2合は約500円(写真右)。「お試し」だから買ってみたが、改めて購入し、毎日食べるというわけにはいかないかも。ただ、もちもち感があっておいしいので、たまに買って食べることなら出来そうだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月29日 (木)

予想通りの結末@引佐天池

今日は昨日にもまして好天との予報。確かに暖かいし、風もない。それでは、と都田へゴー。予定では9時半から遅くとも1時までの釣り。駐車場到着は9時過ぎ。どれどれ、といつものように池の様子を覗うと、ゲゲッ、今日は賑やかだ?橋の上流側は看板横に2人、前回masaさんが入っていた所に1人。下流側深場には、ポイントポイントに人が入っていて、なかなかその間には入りづらい。日陰側にも塩ビ管近くに1人。全部で10人くらいが竿を出している。皆さん考える事は同じ。こんな良い天気にはそうそう出会えません。だが、困った。ここがダメなら、さて何処へ行こうか。橋の上でしばらく考える。鶏小屋が良さそうだが、ここで急に引佐天池が頭をよぎった。これが間違いの元だったのだが・・・。362を走って引佐日赤を右折。池への到着は10時頃。先客が2人。「名人」さんはいつもの端。もう1人もフェンス入り口付近に入っている。前回様子を見に来た5340005753400058時もそうだったが、どうしてオーバーフローの方には人が入らないのか。ひょっとして釣れない?でも私はオーバーフローの右側に入る。暖かく、風・波もない。とても1月の天気ではない。ただ、明日からは天気が悪くなるので、今日は竿を出しておかなければ。車をフェンスに寄せ、荷物を降ろして堰堤に入る。さあ、準備だ。今日も昨日と同じ竿、仕掛け、餌。開始は10時半。終了予定は1時半。先客2人は静か。フェンス入り口付近の人は、スコープをセットしている。今日は波もないので、ひょっとしてあたりが凄く小さいのかも。さて、開始すると第1投からウキがジワジワ戻すではないか。これは・・・。底はまだ堰堤の延長上なので、こういう事が起こるのかもしれないなぁ。すると、開始から30分ほど経って、いきなりウキがチクッと入った!えっ、と思いながらも合わせるが、カラ。でも、へらはいる事が分かったので、かなりやる気になる。その後、ウキが1目盛フワッと戻す事もあったが、それからはウキに動きナシ。時間の過ぎるのは早く、そろそろ12時か。先客は竿を長くするようだ。赤い竿。私もウキの動きがなくなったので、12時を境に何かしよう。先客と同じように、竿を長くしようか。いや、私はここでは初めてだが「段差の底」をやってみよう。あ~あ、12時のチャイムだ。餌がまだかなり残っているが、捨てる。上ハリスを詰めて段差を作り、餌はセット専用バラケ:特S:水を3:2:1のバラケと「玉」。私の準備中に先客の赤い竿がきれいにしなる!う、裏山鹿~。私も早く竿を曲げたい。が、ウキは一向に動かない。う!また先客が竿を曲げた。気が気ではない。段差の底は早々に諦め、「たな」を1本半にして段差の宙に変更。まだ結果を出すには早いようにも思えるが、終了まで時間がない。ただ、こういう迷走が正しかったためしはない。結果、先客はもう一度竿を曲げ、私は何も起こらないまま時間切れで終了。53400059何となく予感していたものの、ひょっとして外れるのではと思いながら続けてきたが、今日は全く予想通りの結末になった。行かなかった事にしようかとも思っても、開始時にバットさんに連絡してしまったので、そうもいかない。寂しく片付け。湖面はまだ鏡のようだし、何より暖かいが、気持ちが凍えてしまっている。「タラ・レバ」ばかりが浮かんでくるが、必死に打ち消して池を後にした。あ~あ・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月27日 (火)

迷走

そろそろ禁断症状が出て来たのか、風があるのに都田へゴー。10時頃の出発だが、11時頃から開始して2時頃終ればいいやと思いながら駐車場に到着。まずはいつものように飲み物を買いながら橋に向かう。看板横には2人、更にその上流部浅場に1人。深場側には階段下に2人。ちょっと波が出ているなぁ。風も冷たいし。やっぱり止めよう。急に気持ちが萎えてしまった。それでは、風の少なさそうな東ノ谷奥池にでも行くか、と駐車場を離れる。が、途中で気が変わり、坂の上り際をUターンして鶏小屋へ。車が5台停まっているが、堰堤には1人。右岸の陽の当たらない所に2人見える。あとの2人5340004353400044は上の池かも。ここでも波。先客のウキも動いていないようだ。いつもならさっさと竿を出す私だが、今日は何故か気分が盛り上がらない。再び車に乗って池を離れた。迷走する私の行き先は?そうだ、大晦日に行けなかった洗車場へ行こう。ガソリンは入れず、洗車だけして金指街道を南下。環状線付近まで来て、あっ、そうだ!大久保に行こう。もう翳っているが、久し振りにOG氏に会えるかもしれない。環状線に入る。今度こそ方針転換はない。しかぁ~し、東名の入り口付近まで来て、急に腹が痛くなった。これはまずい。我慢出来そうにない。残念だが帰宅しよう。結局2時間近くうろうろしただけで終ってしまった。今ようやく落ち着いたところ。明日こそ、明日こそ竿を出すぞ~~っ。って、ちょっと弱気。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月25日 (日)

寒い

前回の釣行以来、急に寒くなった。土日は風も強かったので、釣りはなし。この寒さはまだ続くようで、釣行は難しい。私は一応体中に脂肪を着込んでいるのだが、見かけ倒しで寒さには弱い。かと言って、夏に強いわけでもないが。何とか陽気の良い日を選んで出掛けるしかなさそうだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月24日 (土)

冒涜?

How many times must a man cast a line
before they call him a man?
・・・
The answer,my friend,is blowing in the wind
the answer is blowing in the wind

どれだけ餌を打てば へら師と呼ばれるのだろう
友よ、答えは風の中に舞っている
答えは風の中

って、餌の袋を飛ばされないようにしなきゃね。
名曲が台無し。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月23日 (金)

久し振りの引佐天池

浜信の通帳を新しくしなければならないと言うことで、外出。ものすごくいい天気だ。ちょっと風が強いが。それなら、とついでに久し振りの引佐天池に行ってみたくなった。様子見ですよ、あくまで。池に沿った道路には3台の車。「名人」さんの車もある。3人は浅い方に固まっていた。2人はスコープでウキを見つめている。1人の仕掛けが「段差の底」だと分かったが、風・波が強くて難しいのではないか。このまま見ていると竿を出してしまいそうなので、さっさと退散した。5340004153400042

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月20日 (火)

知らないうちにこんな事になっていた

たまたまP社のHPを見たら、とんでもないことになっていた。今期の決算の下方修正(赤字:これは何となく分かっていた)と、連結子会社の解散、それに、P社は否定しているが、社長を始めとする経営層の刷新との一部報道があった事。ちょっと見ない間にこんなに状況が激変しているとは、まさに驚きの一語。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オバマ

あと少しで新しいアメリカ合衆国の大統領が就任する。外国のことなのに、日本のマスコミは大騒ぎ。初の黒人大統領だとの事だが、そんな事に浮かれていていいのか。どの人種の人が大統領になろうと、あくまで外国の話で、それが日本にとってどうなのかという視点での話があまりない。大体民主党(もちろんアメリカの)政権では、日本への風当たりが強くなるのは予想されるだろう。そのうえこの不況下では、極端な保護主義に走るかもしれない。自国が世界中に撒いた不況なのに、その事への反省など微塵もなく、あくまで自国さえ良くなればOKという姿勢が露骨になるかもしれないのだ。もちろんクリントン時代のような、北朝鮮への態度が甘くなる事も充分考えられ、拉致問題解決への時間は更に延びる事も予想される。今のところ日本にとって何ら良い結果をもたらすことが期待出来ないのに、こんなに浮かれていていいのかな。

オバマ氏の正式な名前は「バラク・フセイン・オバマ」だそうだが、就任式の予行演習では「バラク・H・オバマ」と言っていた。ちょっと姑息な気がしたのは私だけだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月19日 (月)

古い話つながりで

昨日と同じく古い話。これも小学生の頃TVでやっていた番組の主題歌で、誰が歌っていたかは定かではないのだが、何故か良く覚えている(一部違っているかもしれない)。

昨日見つけた 机の端に
誰が書いたか 三つの言葉
真理 人生 ああ青春
刻んだ奴の 心根が
今偲ばれて 我が胸の
ああ我が胸の 血がたぎる

こちらは「テレビドラマデータベース」でも、「60年代通信」でも、これというものが見つからなかった。検索方法が良くないのかも。
ただ、候補としては、黒沢年男主演の柔道部スポ根もの(「青春をぶっつけろ!」というタイトル)があるのだが、はっきりしない。こちらはこれからもしばらくは心の引っかかりが取れそうもないなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月18日 (日)

胸のつかえが取れた(古い話です)

古い話で申し訳ないが、ずっと心に引っかかっていた歌とドラマ。
梶光夫が歌っていたと思われる主題歌だけはっきりと覚えている(ただし一番だけ)。

あの人が俺に言った言葉
忘られぬ忘られぬ 
死なないで死なないで 生きて帰ってね
俺は笑って 別れてきたが
今大空に群がる敵を討つ俺
あの言葉 あの言葉が 胸を締め付ける
死なないで死なないで
死なないで死なないで

歳がばれてしまうが、これが私が小学校の時に聞いて、そのまま記憶に残っているのだ。
何というドラマで誰が主役だったのか、ずっと気になっていたのだが、これがさっき歌詞をそのまま入力して検索したら、何と一発で答えが出た。それが近藤正臣主演の「若いいのち」。
残念ながらドラマの内容等についてはほとんど覚えていない(歌詞から特攻隊?に関係あるように思える)が、とにかくこれで胸のつかえが取れた。

それにしても、私の音楽人生の一部にはこんな歌も入っていたんだと、今更ながら感慨に浸ってしまう。これが東京オリンピックの翌年ぐらいのドラマですよ。いやはや・・・。

梶光夫は、「我が青春の城下町」なら知っている人が多いと思うが、上記の歌を覚えている人はそんなにいないでしょう。戦争を扱ったドラマが流されていた時代の話でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月16日 (金)

LOVE SHUFFLE

今観終ったところ。キャストは揃えてあるが、果たしてどうだろう。野島伸司の脚本は何か無理がある(第1回だから仕方ないとも言えるが)。しかぁ~し、韓国ドラマのありえない設定に比べればまだ安心?だ。そう言えばどことなく韓国ドラマのような感じもするなぁ。まぁ、私の関心は香里奈と貫地谷しほりという好対照の2人を同時に観られる事にあるので、ストーリー展開は二の次なのだが。とりあえず来週も観てみる事にしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上場廃止基準

株の事は疎い私だが、P社が危ない事だけは分かる。このところの不況でヤバイ会社が多く出て来たため、上場廃止基準というものが緩和されたそうだ。東証1部、2部上場の企業の場合、時価総額が10億から6億になった。P社の場合はこの緩和された基準でもすれすれ(かすりそう!)になっている。元より株価が額面を切っている(今日の時点ではこちらも額面すれすれの51円で終了)のに、果たして持ちこたえることが出来るのだろうか?

P.S. 私の場合、どうも上っ滑りになって後先の事も考えずに何かしてしまい、「後悔先に立たず」状態になる事がある。今回も上記の事に関してある人に不愉快な思いをさせてしまった。この場を借りてお詫びします。本当に済みませんでした。今後は想像力をもっと働かせるよう努力します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 9日 (金)

こんな本って・・・

Docu0016図書館で何気なく手に取り借りてきたこの本、昔話の裏って一体何だろうと思いながら読み始めると、これはそんなメルヘンチックな本ではなかった。とても子供には見せられない内容。まぁ、私には良い暇つぶしになったが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 8日 (木)

とりとめもなく

53400013年末に眼鏡を新しくした。わざわざ眼科に行って視力を測って作った。が、まだ使っていない。前の眼鏡が現役続行中。確か10年以上、いやひょっとして20年以上前に作ったもので、耳にあたる部分のプラスチックはなくなり、「ツル」の鋭い先が耳にチクチクあたりながら使っている。また、「ツル」を止める部分の片方のねじを、釣りの途中に紛失した(釣りの途中にいきなり眼鏡が顔から落ちて気付いた)ので、道糸をグルグル巻きにして仮留めしたのだが、仮がそのまま本になって幾年月。OT氏からも早く替えろと言われ続けて来たのに、ようやく応えられた。が、なかなか古いものが捨てられない性分なのか、まだ新しい眼鏡の出番はない。そう言えば、今の釣り台も、買ってから半年くらいは使う勇気?がなかった。物の価値は買った時点から下がる一方なのに、一体何を恐れているのだろう。よし、新しい眼鏡は次回の釣行から使うことにしよう。でもまだ分からないぞ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月 4日 (日)

穏やかな正月

少し肌寒いものの、良く晴れて風もない穏やかな正月を過ごしている。これは今年の先行きが穏やかなものになるという暗示なのか。それとも、やがて来る暗い時代のプロローグなのか。
明日は仕事始めだが、一年中休みの私は初釣りにでも行こうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 1日 (木)

謹賀新年

このブログをいつも見てくださる皆さん、それにたまたまこのブログに辿り着いた皆さん、明けましておめでとうございます。
昨年はいろいろとお世話になりました。
今年も宜しくお願いします。

53400105横向きで済みません。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »