« 明日こそ釣行 | トップページ | 天気が悪い »

2009年3月 2日 (月)

水中カメラ

Miruzoutop2_2へら師にとって、水中のへらの挙動が手に取るように分かれば、爆釣間違いなし。ただ、もちろん見ながら釣るのであれば、ウキの意味が餌を吊るすため以外になくなってしまうし、ウキの動きで水中を妄想する?こともなくなってしまって、趣味としてのへら釣りは終る。でも、直接釣るわけではないにしても、やはり水中の様子を見たいのは人情だろう。

以前P社にいた頃、同僚のSB氏が海釣りで同じようなことを考えて水中カメラを作った。もちろん大がかりなものは市販されているが、それではあまりに高価で一般人には手が出ないということで、安価なものを考案したのだった。ライト付き・水中でカメラの向きを変えられる等の素晴らしいスペックだったが、残念ながら重量がかさんだのと、電力を食うので電源が車載用のバッテリーになってしまったため、実用にはやや難があったのだが、個人的には非常に興味をそそられたものだった。

それから幾年月。今日たまたま、買ってきた「月刊へら専科」を見ていたら、フィッシングショーに安価な水中カメラが出品されたとあるではないか。名前は「うみなかみるぞう君」。随分トボけたネーミングだが、早速ネットで調べてみると、何と6万弱で買えるらしい。一気に購買意欲が高まったが、落ち着いて考えると(←こういう時に落ち着いてはいけないのだが)、先立つものがなかった(←トホホ・・・)。そこで、いつもの事ではあるが、パソコンの画面を羨ましげに眺めて終りにしたのだった。

興味のある方はこちらを覗いてみたら楽しいですよ。


|

« 明日こそ釣行 | トップページ | 天気が悪い »

コメント

はじめましてsunshineさん
先日バットさんとの待ち合わせで増沢池の駐車場まで行ったのですが時間が無くて寄ることが出来ませんでした。
引佐の天池では私も自虐的無謀な釣り方に励んでしまって結局オデコという不本意な結果となってしまいましたが、近いうちにリベンジに伺いたいものです。
水中のヘラの挙動は確かに気になるものですが、私もあるDVDの水中映像を見たときに水中のヘラの餌に対してウキの動きを見合わせたのですが、ヘラ釣り師の思い描いている状況とは実に正確な事に驚いてしまうほどでした。
たとえばなじみ際に出るウキの動きはどの層の魚の反応でそれが喰っているのかスレているのかが良くわかるんです。しかし、この場合喰っていたにせよなじむ途中の餌はまだ水分を十分含んでいないためたとえ食っていても餌が喰い頃の硬さになっていないので針掛かり出来ないんですね。
でも水中の様子が見えていたにしてもそれに対する対応策て難しいことには結局変わらないんだなって思いました。
それよりもあんなもん見なければ良かったかもって自分は感じました。

投稿: 杉ちゃん | 2009年3月 3日 (火) 22時47分

「杉ちゃん」さんこんばんは。初めまして。コメントありがとうございます。
今回の放流の際にも、かなり接近したようですが、お目にかかれませんでした。そして3月1日も。何か巡り合わせのようなものがあるかもしれませんね。旧姓「ビーグル」さんともすれ違いのまま今日に至っています。ただ、私は土日に限らず増沢に行くようにしていますので、必ず遭遇すると思っています。その際、無愛想でも怒らないでくださいね(予めお断りしておきますが、大体第1印象が悪い私です)。
今回の引佐天池、流石に自虐的へら釣りの会に進んで入会されただけのことはありますね。会長も大喜びだったのでは?私も今月はリキを入れて、増沢で「乗っ込み」を味わいたいと思っています。なので、何とか自虐的にならないよう(それでも会長からは脱会させないと言われています)、爆釣を目指したいですね。masaさんのご指導の下、今年こそ浅場で爆釣だぁ~?

投稿: sunshine_hera | 2009年3月 3日 (火) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/44226711

この記事へのトラックバック一覧です: 水中カメラ:

« 明日こそ釣行 | トップページ | 天気が悪い »