« またバッテリー上がり? | トップページ | 一転大久保(西の平)で自虐的な釣り »

2009年3月15日 (日)

場所の変更は良かったのか@鶏小屋

今日は予報では好天だが風が強いとある。しかぁ~し、この程度の風でビビッては、自虐的へら釣り師の名がすたる。まずは会長に今日の予定をメールで確認。S田さんと引佐の「おのの池」にこれから行くとの事。私はなんと言っても、春の雨の後の「乗っ込み」に期待して都田だ。家を出たのは8時半過ぎ。9時頃には駐車場に到着。今日は「北区」のウォークラリーとやらがあるようで、駐車場はほぼ満杯。WINDOMも停まっている。まずはいつものように池の様子を見に行くと、あれっ、釣り人がいない。橋から上流側にはジャカゴに1人か2人(ちょっとはっきりしない)、下流側には日向ワンドに1人、それから日陰側には私のいつもの場所と深場ダム?そばに1人ずつ。WINDOMの人の姿は見えないが、多分日陰側橋の下だろう。それにしても寒いなぁ。風が冷たい。湖面も波打っているし、どうしようかな。しばらく考えたが、ここは風・波の影響が少ない鶏小屋に行こう。会長にはその旨連絡(←自虐的云々はどうなった?)。公園を出て、坂を下って左折、そして左折、更に細い道をクネクネ。あっ、前から車!かろうじて擦れ違う。ここはこれが恐い。何とか奥まで入る。車は2台。堰堤フェンス入り口のすぐ右で1人竿を出している。挨拶して様子を訊くと、7時半頃から16尺ドボンでまだ1匹。もう1人は上5340015853400159の池にいるとのこと。この池も風で波立っているが、背中から吹いているので、釣り台に座ってしまえば体には風が当たりにくそうだ。ちょっと迷ったものの、フェンス入り口からすぐ左に入らせてもらうことにした。さあ準備しよう。会長から、良かったら「おのの池」でどう?とメールがあったが、既に準備中と返事。さあ、どちらの池が正解か?今日は15尺で段差の底予定だが、風・波で芳しくないかも、と最初はバランスの底から入ることにする。餌はセット専用バラケ:特S:水を3:1:1のバラケと、α21:グルテン四季:水を1:1:2の食わせだ。やはり風でうまく底取りが出来ない。大体「たな」は3本。そして9時半過ぎに開始。ところが、何故か1回餌打ちしただけでまたまた予定を変更。下ハリスを伸ばし、上ハリスを切って段差の底にする。適当な底取りで、再開は10時近く。すると、隣のドボンがあまり良くなさそうなのに対し、こちらは早くもウキが動いたように見53400160えた。そこで、グルテンだけ付けてウキの馴染み具合を確認。すると、馴染んで1目盛か2目盛入ったなぁと思っているうちに、いきなりのあたり!慌てて合わせれば、やったかかりました!多分擦れでは?と思ったが、寄せてみればOK。サイズはやや小ぶりだが、ボウズを逃れたのでまずはホッ。すると、それからほどなく、バラケが抜けてからの小さなあたりで2匹を追加。5340016153400162これは素晴らしい!今まで段差の底では大久保でしか実績がないが、この池のような深い場所での釣果は非常に嬉しい。しかも開始して1時間経っていない。あとは都田(増沢)で同じような結果を出す事だ。ただ、ひょっとして今日はバランスの底でも良いのでは、という疑問が残った。風・波は止む気配がないが、時折わずかな時間ではあるが穏やかになる。その時にしかハッキリとしたあたりは見えない。ウキの動きは何か良くなってきたように思えるが、同時にカラツンも出て来た。かすりもしない。最初の好調は何処へやら。隣も1匹追加してからはサッパリの様子。この人が、初対面の私に対して良く喋る!釣りの事から家庭の事情まで、休みなく大声で話し掛けてくるので、私も返事せざるを得ない。仏頂面ではいられなかった。まぁ、たまにはいいでしょう。11時を過ぎ、会長に途中経過を報告すると、「おのの池」ではまだ開始したばかりとの返事が。さて、隣の話に相づちを打ちながら、バラケが抜けてからのあたりを待っていると、何故か再びあたりに合うようになる。そして、短時間に3匹を追加し534001635340016453400165て私の第2目標クリア!この池では久し振りではないだろうか。サイズ的にはこの池としてはやや小ぶりかもしれないが、嬉しさに変わりなし。この頃、隣の知り合いの人がやって来て、堰堤の左端に入った。私はその後、ウキをひったくるようなあたりで擦れをゲット。竿先を水中に引き込まれたが、擦れでは仕方ない。ノーカウント。写真はありません。今日はこれからひょっとして第3目標もクリアーするかな?と妙な欲が出てくるが、擦れ以降はウキの動きは良くならないまま12時のサイレンを聞く。私の両隣は優雅に昼食だが、私は買った飲み物も車の中に置いてきたので、飲まず食わず(←大袈裟!)で続行。しかぁ~し、ウキの動きはナシ。隣もマブナをゲットするが、その後はバッ53400166タリ。堰堤左端の人は黙々と餌打ちをしていて、様子は不明。私はその後、やはり待ちに待ってのあたりで7匹目をゲット!そろそろ終わりなので、第3目標は無理でも何とかもう1匹。と、ここで堰堤左端の人が竿を曲げる!この人は私が終った1時までに2匹を追加した。さて、終了予定は1時として、何とか「上がりべら」をゲットしたい。そんな私に朗報!やはりバラケが抜53400167けてからしばらく待ってのあたりで、やったかかりました!でも喜びも束の間。私にもやって来ました「マブナ」。これが「上がりべら」の代わりのようだ。涙を呑んでノーカウント。そして最後の1投も効なく1時少し過ぎに終了となった。片付けと同時に会長に結果を報告。それから、隣に挨拶して車に戻り、我慢していた用を足してから荷物を積み込んだ。会長からはウキに動53400168きナシと自虐的な途中経過報告があった。さて、今日は実釣3時間半で7匹(マブナ1匹含まず)と、飽きない程度に楽しめた。風が背中から吹いて、仕掛けの振り込みにも難儀しなかったのが結果的にも精神的にも良かったと思う。車に荷物を積み、ゆっくりと池を後にした。明日はひょっとして都田(増沢)に行くかもね。

|

« またバッテリー上がり? | トップページ | 一転大久保(西の平)で自虐的な釣り »

コメント

いや~~~~~いい釣りしてますね!。happy01
私は今日朝8時前から凧のアルバイトがあり、夜も少し用事があったりしたので、釣行はあきらめました。5月まではこんな調子で推移しそうです。

投稿: masa872 | 2009年3月15日 (日) 20時59分

masaさんこんばんは。今日はホント迷いました。都田は風が吹きっさらしなので、前回のジャカゴはそれでも気温が高かったので何とかなりましたが、今日は風が冷たかったので、「乗っ込み」対応は後日としました。
さて鶏小屋ですが、ここも水は冷たかったです。先客がいろいろと話してくれましたが、鶏小屋から夜へらを持って行った人がいて(引佐の「おのの池」に入れたらしい)、しかもそれをあちこちでバラシたため、会から除名し、更に会は一旦解散の憂き目(名前を変えて存続したようです)に遭ったなど、初対面の私にそこまで話していいの?という感じでした。まだまだ面白い話があったのですが、ここでは書けません。
あっ、これも書いて良かったのかな(もう書いちゃった)?
釣果の方ですが、去年はこの時期ボウズの連続だった事を思えば、今日は御の字ですね。何より見よう見まねの「段差の底」で結果が出たことが嬉しいです。これでホントに良かったのかは分かりませんが。同じように都田でも出来れば、冬の時期ももっと楽しめたのでは、と思います。

投稿: sunshine_hera | 2009年3月15日 (日) 21時38分

こんにちは。
鶏小屋イケてますね~~。
段底はキマると面白いといいますがいいですね。
私は全然キマリませんでしたが…。
自虐的へらの会は除名は有りませんからご安心を。
一度入ったら永久的にストーカーのようにまとわりつく会ですよ、ふっふっふっ!

投稿: 黄金バット@会社 | 2009年3月17日 (火) 12時44分

バットさんこんにちは。
鶏小屋では久し振りに良い思いをしました。去年の3月にはようやくボウズから逃れられてホッとしていたことが夢のようです。段底は本当にあれで良かったのかは未だに謎のままですが。
それにひきかえ、大久保では会の名に恥じない釣りが出来、本当に嬉しく思っています。トホホ・・・。

投稿: sunshine_hera | 2009年3月17日 (火) 13時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/44354111

この記事へのトラックバック一覧です: 場所の変更は良かったのか@鶏小屋:

« またバッテリー上がり? | トップページ | 一転大久保(西の平)で自虐的な釣り »