« クリビツテンギョウ | トップページ | わざわざボウズに会いに行く、まさに自虐的@小野の池 »

2009年4月15日 (水)

小野の池見つけた~ & 自虐的な釣りを強いる大久保

53400293今日は朝から暑いくらいの暖かさ。風が強いので釣りは迷うが、急に「小野の池」に行ってみたくなった。パソコンで地図を印刷(こちら)するが、車に乗ってからカーナビに池が載っている事が分かり、ガックリ。まあいい、ちょうど通勤ラッシュも一段落したところ。ゆっくり姫街道を北上する。ナビの指示に従って、何も考えずに到着。下りの道があったので、そのまま入っていったら、行き止まりだった。アブナイアブナイ。釣り台が幾つか見える。奥にある堰堤には入れるのかな?湖面は風が吹き荒れていて、やはり竿を出そうという気にはならない。とりあえず写真だけ撮っておこう。そんなに遠いという印象はなかった。ただし、もし竿を出しても釣れるかな?
534002945340029553400297_2534002985340029953400300_2写真を撮ってから、車をバックで出す。どうやらここしか駐車スペースはないみたいだ。それから池の周り?を車で見てみたが、他に降りる場所もなさそう。竿を出す予定もないので、そのまま池を後にした。

が、姫街道を南下しながら、ふと大久保(西の平)にでも行こうかなと思い立った。あそこなら風が強くても大丈夫だ。姫街道を右に折れ、環状線に入る。この時間帯でも結構混んでいる。到着は10時前。おっ、誰もいない。この陽気で何故?風は吹きすさんでいる5340030153400302が、堰堤が風除けになっているので、湖面はそれほど波立っていない。それでは、堰堤の左端に入ろう。今日は都田では既にOKの「両ダンゴの宙」がここでも通用するかを試す。竿は9尺。餌は特S:天々:バラケマッハ:水を1:2:1:1だ。「たな」は1本。開始は10時過ぎ。ウキが馴染んだら餌を切る、を繰り返す。なかなかウキが動き出さないなぁ。でも、こんなものかも。続行。しかぁ~し、いつまで経っても動かないので、業を煮やして「たな」を変更。少しずつ深くする。が、状況に変化ナシ。困った。さわりさえも出ない。11時を過ぎ、あまりにも退屈なので、底がどれくらいか適当に測ってみる。2本はない。そして、餌を付けて打ってみると、何と第1投からあたり!残念瞬時にバラしたが、俄然やる気に。すると、次の餌打ちではカラツン!そして3投目にはかかりました!が、途中でバラシ。3連続あたりなんて、一体どうしたことか。餌も宙のダンゴのままなのに。ちょっと考えたが、宙は諦めて底に変更だ。仕掛けを交換し、底取り。そして再開。すると、ウキが動いているではないか。さっきまで1時間も餌を打ち続けた私の努力は・・・。まさに自虐的な釣り!ウキの馴染み幅が思うように出ないが、これは餌のせいだろう。と、ここにOG氏登場。実は池に到着した時にメールを打っておいたのに反応してくれたと言うこと。ちょうど筍を掘っていたので、おすそ分けしてくれると言う。ありがた53400303くいただきます。いつもいつもスミマセン。と、OG氏が見ている前であたり!やったと合わせればかかりました!うん、良く引く。ただ、何となくいやな予感が。寄せてみればやっぱり、「マ・ブ・ナ」。あたりはまだ続いたが、話に夢中になって集中力を欠き、残念ながらOG氏がいる間には1匹も釣れなかった。OG氏が帰ってしばらくすると12時のサイレン。この時期に2時間やってボウズとは、この池はホントに厳しいなぁ。まぁ、釣り方の選択間違いが一番の原因だが。餌が軽くてウキがフワフワしっ放しなので、餌に水を加えてドロドロにしてからダンゴの底釣り(夏)を適宜加える。そして再開すれば、ウキの馴染みもはっきりして、何となく釣れそう。この池の常連さんと思われる人が、堰堤の右の方に入った。と、ここで53400304チクッというあたりが!反射的に合わせると、やったかかりました!バラサないよう慎重に寄せれば、ようやく私の今日の目標(1匹)クリアだ。あ~~っ、嬉しい!サイズも「たも」からはみ出そうなビッグサイズ。これで帰れる。気が楽になった。ウキはまだまだ動いているが、あたりがバラバラで、合わせきれない。たまに合ってもバラシ。これでは2匹目は無理か?すると、今度53400305はウキがチクチクッと入り、これにあわせれば2匹目ゲット!もう何も 言うことは あり~ません~(誰かの歌)。餌が大分減ってきた。終了は1時半くらいかな。常連さんはもう1人増えた。それからもう1回あたりがあったが、痛恨のハリス切れ。もう終わってもいいが、ここは餌が尽きるまでやろう。ハリス交換。その時に、ハリス長が都田の浅場用に縮めてあったのを解消し、ウキ下も変更。すると、ハリスが長くなってへらにアピールしたのか、ウキが馴染む前にあ53400306たりが出る。ひょっとしてそろそろ宙の地合かも。が、これには手を出さず、底に着いてからの小さなあたりを待つ。そして、ウキがフワッと戻してからの小さなあたりで遂に3匹目ゲットだ~~っ!そして、予定通り1時半に餌が尽きて、今日の釣りは終了。実釣3時間強で3匹(マブナ1匹含まず)。陽気のように気持ち良い釣りとはいかなかった。片付け。ちょうど常連さんの1人が竿を曲げた。片付けを終え、釣り台をきれいにしてから車に戻る。腹も減ったし、さっさと帰ろう。今日は「小野の池」を見に行って帰るつもりだったのが、陽気のせいか竿を出す羽目に。風を考慮して場所を選んだ筈だったのが、そんなに甘くなく、やや自虐的な釣りを強いられた。でも、ボウズでなかったからいいや、とあくまで楽観的に捉えながら池を後にした。

|

« クリビツテンギョウ | トップページ | わざわざボウズに会いに行く、まさに自虐的@小野の池 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/44677174

この記事へのトラックバック一覧です: 小野の池見つけた~ & 自虐的な釣りを強いる大久保:

« クリビツテンギョウ | トップページ | わざわざボウズに会いに行く、まさに自虐的@小野の池 »