« 小野の池見つけた~ & 自虐的な釣りを強いる大久保 | トップページ | ぐるナイゴチ10 矢部の復帰はナシ »

2009年4月16日 (木)

わざわざボウズに会いに行く、まさに自虐的@小野の池

53400307好天が悪い!好天のせいだ!今日も朝からソワソワ。9時半頃ようやく家を出る。目的地は引佐天池。しかぁ~し、途中で気が変わって、金指街道から姫街道へとチェ~ンジ。もう道は覚えました。スイスイと向かったのは「小野の池」。何故だろう?分からない。昨日来たばかりなのに、何故か心惹かれる。まさに自虐的?後から来るかもしれない車のために、出来るだけ左に寄せて駐車。さてさて、何処に入ればいいのかな?ドキドキする。手前が入りやすそうだが、バットさんのブログに突先がいいと書いてあったのを思い出して奥に向かう。立入禁止の看板の横に設置してある、金属製のハシゴを使ってフェンスを越える。そして突先へ。ギリ5340030853400309ギリ釣り台が出せるスペース。さあ準備するかな。おっ、対面の堰堤付近でバシャバシャとはたく音が。果たしてへらの活性や如何に?今日はこれまたバットさんを真似て15尺底で行こう。餌はいつものセット。底取りをしようとして初めて気が付いたのだが、波と太陽の位置の関係で、ウキがほとんど見えない。何とか底取りして、開始は10時半。「たな」は2本半くらいで、思ったほど深くない。視認性向上を目指して偏光グラスをかけるが、効果なし。何とか目を慣らしながら続行。不幸中の幸いは、風の向きが追い風になっている事。振り込みだけが楽だった。ウキの馴染み幅は問題なし。ただ、ウキの戻りやさわりは全くない。最初はこんなものかと思っていたが、時間だけが過ぎる展開に焦りも出てくる。まるで昨日の大久保(こちらは宙だったが)をなぞるようだ。途中、両グルテンにしてみても、ウキに動きなし。対面の堰堤は、石積になっているようで、都田のジャカゴと同様の作りではないか。岸辺には草が生えていて、そこにへらがバシャバシャやっている。人が入っている痕跡はない。ウキは全く動かないまま、あっという間に12時のサイレンが聞こえてくる。弱った。もう少しでバラケがなくなる。そうしたら終わろう。と、わずか2回ほどだったが、ウキの餌落ち目盛の下が見えることがあった。ウキが返した?食い上げ?いや、はっきりしない。ひょっとしてへらが寄ってきたかも。でもバラケが尽きたので、予定通り終了だ。時刻は12時半。ん、ちょっと待てよ。このまま終わると、まだ宙をやってないという言い訳で、再度ここに来るかもしれない。それなら宙もやって、両方ダメでしたとすれば、悔いなく終われるし二度と来なくてもいい。それでは竿を13尺にして、セットの宙を少しだけやってみよう。バラケはセット専用バラケと特S、それにバラケマッハを少々。食わせは残ったグルテンと「玉」。「たな」は2本。ちょっと深いかなと思い、一応底を確認するが、底には着いていないようだ。ただ、その後1本半に修正した。さて、再開したのは良いが、やはり底の時と何の変わりもない。すんなり馴染んでジワジワ戻す、の繰り返し。多少「たな」を上下してみるが、そんな事でウキが動き出す筈もない。あ~あ、いつも何気なく釣っている都田の有り難みがようやく分かってきた。釣れないと文句を言うのはアームがないだけ。へらは間違いなくいるのだから。こうして、いるのかいないのか分からない(多分いない)場所で竿を出すのは、結構しんどいものだ。最後の方では、底を取って「段差の底」まがいもやってみたが、ウキが流されてしまう。風・波は右後ろから左前に吹いているが、ウキは右に流される。なにかしっくりこ53400311ない。2時にグルテンも「玉」も尽きて、終了。途中、亀が私の様子を見に来た。バットさんの化身かも。片付け。足元がそんなに広い訳ではないので、池に落ちないよう注意しながら道具をしまう。今日は自虐的を地で行く釣りだったが、意外と疲労感はない。望んで自虐的になったのだから、まさに納得ずく?釣り好きに結果をメールで報告してから、バックで坂を登った。もう来ることはないだろう「小野の池」よ、さようなら。

|

« 小野の池見つけた~ & 自虐的な釣りを強いる大久保 | トップページ | ぐるナイゴチ10 矢部の復帰はナシ »

コメント

こんにちは、お疲れ様でした。
逝ってきましたね、小野へ。
もう二度と逝かないのですか?
残念ですね~~。

「ウキが返した?食い上げ?」って「食い逃げ」じゃないですか?

ここへ覗きに来る人は口を揃えて言います、「アタリが見れたならいいじゃん」とね。
でもアタリが見れたら釣りたいですよね~~。

私もこの間ボウズで帰った時にはもうしばらく来ないだろうと思いましたが、でもやっぱり1枚でいいから釣りたいと言う気になりました。

投稿: 黄金バット@会社 | 2009年4月16日 (木) 18時20分

バットさんこんばんは。
ウキのトップ、餌落ち目盛の下が見えたのは事実です。それからゆっくりと再馴染みしました。多分へらが寄ってきたのではないかと思います。でも、そこで止めるのが私流。
今日は覚悟して行ったので、疲れはそれほどありませんでした。でも、堰堤ではたいているのに、何故ウキ下にはいないのか?ちょっと悔しかったです。尚、バットさんの化身は国産でした。

投稿: sunshine_hera | 2009年4月16日 (木) 19時09分

国産でしたか、了解です。
国産がんばってほしいですね。
そういえば、P社がんばっているようですね。

投稿: 黄金バット | 2009年4月16日 (木) 19時45分

そういえば、バスも見かけましたよ。全く、バスのいない池はほとんどないですね。鶏小屋では、バスを放しに来た人(バスを養殖?している業者らしい)に誰に頼まれたのか訊いたところ、名前は言えないが釣具屋だと答えたという話を聞きました。未確認情報ですが。

P社の行く末がはっきりするのはまだこれからでしょう。とりあえず新聞等に話題を提供しているようですが。

投稿: sunshine_hera | 2009年4月16日 (木) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/44687639

この記事へのトラックバック一覧です: わざわざボウズに会いに行く、まさに自虐的@小野の池:

« 小野の池見つけた~ & 自虐的な釣りを強いる大久保 | トップページ | ぐるナイゴチ10 矢部の復帰はナシ »