« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月31日 (日)

今日も見学@B&G

今日はB&Gでmasaさんが例会。それにバットさんも竿を出すというので、ちょっと様子を見に行こうかなと思い立った。まずはメールで状況確認すると、う~ん、あまり芳しくないようだ。天気は何とか持ちそうなので、とりあえず7時過ぎに家を出る。日曜の朝ということで道路は混んでおらず、8時前に到着。防波堤?を背にした浅場側にへら師が並んでいる。あっ、いたいたバットさん。masaさんも手を振ってくれた。まずはバットさんに534005185340051953400520状況を聞くと、1人だけ竿が曲がったとの事。なかなか渋そうだ。masaさんはウキは動いているものの、あたりに繋がらないと言う。皆さん結構真剣にウキを見ているようなので、私は防波堤?を越えて海側を見てみる。まだ海岸までは距離があるが、潮の香り534005215340052253400523がする。それと波の音。すぐ後ろではへら釣りをしているのが、何だか不思議な感じだ。空はどんよりしているが、風がなくて湿気が強い。池?に戻ると、状況に変化はなさそう。湖面は穏やかで、ボラの稚魚がピチピチと泳いでいる。もちろん成魚は遠くでバシャ53400524バシャと跳ねているが。曇っていて、写真にはきれいに写っていないが、風力発電の風車が5基(反対側には1基)。当然今日の天気では廻っていません。ちょっと残念だった。写真をクリックすると、拡大したものが見られます。1時間ほど岡ジャミをしていたが、竿を曲げる人はおらず、また(いつもの事ではあるが)腹が痛くなってきたので、9時頃にお暇することにした。公園内のトイレで用を済ませ、ゆっくりと池を後にした。今日は往復とも4,50分くらいかかり、距離では約20kmだった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月30日 (土)

長時間の岡ジャミ@引佐天池

今日から天気が悪くなるそうだが、今日も漏れてくる朝日で無理矢理目覚める。辛いなぁ。さてさて、釣り好きの人達は何処に出かけてるのかな、とメールすると、バットさんは引佐天池で餌を打ち出したところ。masaさんは多分これから西大谷。先週と同じだ。それから家でゴロゴロしていたが、曇りから雨は1回あったものの、その後降りそうにないので、それではちょっと引佐天池の様子を見に行こうかな。出発は9時過ぎ。道はそれほど混んでおらず、9時半頃には池に到着。おっ、路上駐車が数台。バットさんの車を道の脇に見つけた。私は公園駐車場で向きを変え、遊歩道入り口付近のスペースに駐車。それから歩いて堰堤に向かう。いたいた、バットさん。オーバーフローのこちら側。そP1000050P1000051っと背後に忍び寄り(←何で?)、どうですかと声をかける。この池でしばらく続いている低活性が、まだ回復していないようだ。オーバーフローの向こう側にはへら師が続々とやって来て、最後には7,8人になった。空模様は怪しいが、ザーッと雨になることはなさそうだ。しばらく岡ジャミになって、バットさんの釣りの邪魔でもしよう。バットさんは段底をしていたが、それでもウキは動かないようで、次にはセットの宙、そして再びバランP1000053スの底に戻した。ジャミになって1時間以上経過したが、どの人も竿を曲げない。湖面には波もなく、いい雰囲気の釣り場なのだが、一旦へそを曲げると非常に難しい釣り場になってしまう。と、バットさんがバランスの底に戻してしばらくすると、ウキの近くに泡。何かがやって来た?いや、まだはっきりしない。すると、今度はウキの馴染み際で何かがウキを動かした。絶対何か来ている。私もバットさんも息を殺してウキに全神経を集中させる。すると、ウキがズルッと入るようなあたりが!やったかかりました!同時に奥の方で長竿の人も竿を曲げたが、こちらはバスだった。さて、なかなか寄ってこないバットさんの獲物。私は竿を曲げているバットさんの写真を撮るが、久し振りの携帯なので、うまく撮れたか分からない。しばらく獲P1000055P1000057物と格闘していたバットさんが、ようやく獲物を寄せると、これはデカイ!ただ、残念な事にアッパーだった。しかも、バット鑑定人は「マブナ」だと言う。う~ん、難しいなぁ。でも、自虐的へら師の会公認の鑑定人(会長でもある)であるバットさんの見立てだから、間違いはないだろう。それにしても腹が減った。携帯で時刻を確認すると、ゲゲッ、もう11時半。何と2時間も岡ジャミをしていた私。よっぽど暇人なんだ(←そのとおりだけど)。そろそろお暇しよう。本物を是非1匹と言ってその場を離れた。明日はmasaさんと一緒?にBGで竿を出すと言うので、私も暇があれば(←暇だらけだろう!)見に行ってみようかな。そんな事を思いながら家路に着いた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月27日 (水)

P社の株価

P社の株価が急上昇?最低ラインの2倍以上になっている。って?よくよく考えれば、何のことはない「ようやく額面以上に戻った」だけ。以前は30円より下回ることもあったので、それに比べれば急騰!に見えるが、単にマイナスからゼロになったんだよね。でも取引の数は増えているが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

四つ池で短時間の釣り

先日竿を出せなかった四つ池で、今日は短時間ではあるが竿を出す。池に着いたのは9時。急いで道具を出し池に行くと、ゲゲッ、一つ目の池は大繁盛。こちら木の陰には3人、対面には7人。う~ん、どうしよう。一旦は木の陰に入ろうかと思ったが、何となく入りにくい。それで、今まで1回しか入ったことがない2つ目の池を見に行くと、先客は1人だけ。よし、ここに入ろう。木陰が涼しくて、釣り易そうだ。先客に挨拶して、木陰の真ん534004965340049753400498中よりやや手前に入る。さあ準備だ。どうやって釣ればいいかな。とりあえず時間もない事だし、9尺宙の両ダンゴで行こう。餌はいつもの。「たな」は、最初に鈎に粘土を付けて底を測ったら、4本継ぎで1本でも底に着いてしまう。これ以上「たな」を浅くすると、私のアームではトラブルから逃れられない。そこで、ハリスを短くして対応。何とか底には着いていないと思う。開始は9時半。すると、餌打ち開始第1投でウキに動きが。いや~な雰囲気。とりあえず合わせると、やはりかかってきましたよジャミ。良く見ると、ウキの近くが黒くなっている。うわぁ、これは困った。ジャミにもいろいろありまして、ここでは自然繁殖が盛んなようで、ハヤ・モロコ・タナゴ・ブルーなどが一緒に群れている。それがあちこちに100匹以上の群れを作っているのが分かると、途端に意気消沈。前回(何年前だ?)も一つ目の池でジャミの猛攻撃を受けた記憶が蘇ってきた。それでも、きっとへらはいると信じて餌打ち続行。先客には知り合いが2人来て、並んで竿を出している。ひょっとしてバットさんの知り合いの人かもね。さて、ウキは毎回動くが、合わせても合わせなくても毎回のように竿を上げれば何かが擦れてくる。こりゃぁ餌が良くなかった?集53400499魚材の入ったものではジャミの餌食か。と、ここでいきなりウキが消し込み、半信半疑で合わせると、やったかかりました!やはり予想どおり、ジャミの下にへらがいた。そうか、ウキを馴染ませればいいんだな。すると、今度はウキがズバッと入ったと思ったら、間髪入れずに沖に走る。慌てて竿を起こそうとするが、全く間に合わずに竿を伸されてハリス切れ。う~ん、手応えはデカそうだったけどなぁ。もう鈎は2本しかない。とにかくあたりには竿をすばやく立てるように心がけて続行。すると、今度は3連続バラシ。多分擦れなのだろう。その後は強いあたりはなく、ジャミの擦ればかり。どうやら今日は1匹で終わりか?まあボウズでないから良しとしよう。すると、しばらくして再びあたりが出始め、ジャミの擦れの合間に3534005005340050153400502匹をゲット。おおっ、これなら私の第2目標クリア可能か?しかぁ~し、ジャミの湧き方は尋常でなく、ウキが立たなかったり、斜めに持っていかれたりして、深く馴染ませることが出来ないまま時間が経過。今日は2時間ほど竿を出すつもりだったのだが、餌打ちのインターバルが嫌がうえにも早くなり、予定より30分早く11時少し前に餌が尽きた。元53400503より延長はなく、ここで終了。片付け。この場所は風が通るせいか、非常に涼しい。短時間ではあるが気持ち良く釣りが出来た。帰りに一つ目の池を覗くと、まだ帰る人はいないようで、皆さん頑張っている様子。次回、もしこの池に来ることがあったら、今度はこちらの池に入ろうかな。いや、二つ目の池も捨てがたいぞ。そんなことを思いながら池を後にした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年5月25日 (月)

今日はOG氏と大久保

今日は曇りで風も弱いとの予報。それなら何処かで竿を出さなければ。でも、都田で小サイズの相手をするのもどうかなぁ。よし、今日は大久保だ。多分前回よりは釣れるだろう。と、出かける前にOG氏にメール。そして出発。8時過ぎ。池に着いたのは8時半頃か。まだ誰もいない。さて、今日は何処に入ろうか。久し振りに堰堤の右端の釣り台に入ろう。池の水はかなり濁っている。これがどういう意味を持つのか。今日は曇りの筈な5340048553400486のに、カンカン照り。傘をセットしないといけないなぁ。と思っているところへOG氏登場。私の左に入る。この人も仕掛け・餌で迷うことはない。私はどうしよう。よし、9尺両ダンゴの底で行こう。餌は夏・冬・マッハの定番。しかぁ~し、何故か間違って11尺の竿に仕掛けをつけてしまう。どおりでやけに仕掛けが短いはずだ。急いで交換するが、OG氏が先着。そして、第1投からあたりがあると言う。これは高活性?底も取れ、開始は9時。すると、私のウキも第1投から動くではないか。もちろん何がウキを動かしているかこの段階では不明だが、でも動かないよりはずっといい。と、ここでOG氏の竿が曲がる!早い、早いなぁ。私も負けじと餌打ちすると、何とウキが馴染まない。それに、馴染んでからのさわりがきつく、いつあたりが出てもおかしくない状態に。よ~し、と気持ちを引き締めるが、その後は惨憺たるものだった。ウキの動きが止まらないので、果たしてこの動きのなかにあたりがあるのか?また、あたりがあるならどれなのか?こういうウキの動きで底釣りをするということがほとんどない私。戸惑ってしまう。そして、あたりらしきウキの動きに合わせても、バラシ。30分ほど経過して、どうにも我慢出来なくなり、再度底を測ってみる。すると、何と言うことでしょう!10cm近く違っていた。急いで修正。すると、ウキの動きが整理されたようで、随分ムダな動きが減った感じ(元々宙釣りだった?)。しかぁ~し、たまにあたりに合っても、今度はハリス切れ連発。手応えからへらが寄ってきたことは分かるが・・・。私がさっぱりのうちに、OG氏はポツポツと結果を増やす。全て好サイズ。また、今日は常連さんの出だしが早く、9時頃からポツポツとやっ53400487て来た。私がようやくあたりに合ったのは、開始してから45分以上経過してから。しかぁ~し、しかぁ~し、上がってきたのは・・・。とりあえずカウントさせてください。頑張った挙句の果てがこれか?もう気持ちはヨレヨレ。早く宙に変えたいが、作った餌がなくなるまでは底。しかぁ~し、その後は次第にウキの動きがなくなり、最初に比べれば雲泥の差。非常に擦れが多く、1匹釣った後は、鱗しか見ることが出来なかった。10時半頃餌が尽きて一旦終了。あれだけウキの動きがあって、たったのちびへら?1匹。一方のOG氏は、グッドサイズを5,6匹釣っている。さあ、次こそ宙だ。竿はそのままに仕掛けとウキを交換。餌は特S・天々・53400488バラケマッハと私の定番。「たな」を1本強(4本継ぎ)で開始すると、第1投からウキがズルッと入った!慌てて合わせれば、え~~~っ、何だこれは!2,3cmのジャミが、顔より大きな鈎にきちんとかかっているではないか。ガクガクッ。こりゃヤバイと思いながらも餌打ちを続行すれば、今度は消し込みの連発!高活性は間違いないか?ただ、なかなかかからない。それでも53400489ズバッと入るあたりでやった1匹目!サイズも申し分なし。こういうへらを待ってたんだよ~~っ。ただ、あたりが続かない。すぐに11時。OG氏もウキの動きが収まってきた様子。常連さんで右岸に入った人達は底だが、あたりがないと言っている。堰堤左に入った人達は宙。こちらはあたりが出ている。OG氏のウキの先には、餌打ちの際にバラける餌の粒子を拾うために寄ってきた多くのへらが見える。また、OG氏の釣り台の下にも10匹以上のへらが、餌ボウル53400490から落ちるバラケを求めて集まっている。これだけへらがいるのに、どうしてウキの下の餌には目もくれないのか?不思議だ。さて、ウキの動きは一旦悪くなったが、何故か復活し、11時を過ぎてようやく2匹目。ただ、続かない。どうしたら良いのか。いつものように、餌に手水をかけてかき混ぜるしか能のない私。他の餌とブレンドするなど考えもつきません。が、しかぁ~し、地合というものがありました。その後再びあたりが出、しかもあたりに合うようになって、53400491534004925340049312時前までに3匹を追加。ようやく私の第2目標をクリア出来た(底での1匹は、出来れば私の記憶から消し去りたい気持ち)。さあここから、今度こそ爆釣と行きたいが、12時を過ぎると雨粒が落ちてきた。最初はじきに止むだろうと思っていたが、雨粒が大きいので、洗濯物を取り込まないと、とOG氏が中座。私はこの隙に何とか数を釣って逆転してやろうと意気込むが、雨の降り始めこそウキが動いていたが、次第に静かになる。たまのあたりもカラ。ただ、雨は小止みになってきた感じ。明るくなってきたぞ。と、そうこうしているうちにOG氏が戻ってきた。さあ続行だ。と、ここで再び雲行きが怪しくなり、再び大粒の雨。傘を出しているので濡れはしないが、これはしばらく動けそうにないなぁ。常連さん達は、何事もないように続行している(傘は出していますよ)。1時前になり、協議の結果我々は中止と決定。片付け。すると、何と言うことでしょう!片付け中に雨が53400495小康状態に。そのうえ、片付けが終わる頃には明るくなって雨も止んだ。ガクガクッ、ガクガクッ。でも、再び準備する気にもなれず、予定通り終了だ。結果、実釣3時間半のOG氏は9匹、私は実釣4時間のうち底が1時間半で1匹と宙の2時間半で5匹の計6匹。底での結果が今日の全てだった。常連さんに挨拶して車に戻り、また今度大久保で釣ることがあれば宜しくと言って解散した。帰りはピーカン。一体どうなっているのかと思いながら車を走らせた。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年5月22日 (金)

マスク狂想曲

私は寝ている時にイビキをかくそうだ(自分では自覚していないが)。それで口にホコリなど吸い込んで、朝喉が痛くなったりする。それで、使い捨てのマスクを寝る時に着用している。ただ、勿体無いので、毎日使い捨ててはいないが。
最近マスクの残りが少なくなってきたので、昨日近くのドラッグストアにマスクを買いに行くと、何と新型インフルエンザの影響でマスクは品切れだと言うではないか。確かにTVで、関西方面ではマスクが品薄になっていると流れていたが、まだ被害も何もない浜松で、こんな状況になっているとは気がつかなかった。
それで、今朝はストアの開店時刻に合わせて家を出る。すると、開店前にもかかわらず駐車場には数多くの車が停まっており、入り口付近には客の列が出来ているではないか。私が車を停めると、ちょうど開店したところで、客が一気にマスクの売り場になだれ込んでいく。私もその後に続くが、もともと数が少ないうえに、客がその周りにたむろしているので、なかなかマスクの陳列してある棚まで行けない。そのうち、後一つと言う声を聞いて、爺さんと婆さんが競うように棚に向かい、爺さんが婆さんを突き飛ばしてマスクをゲットした。私は後ろのほうでただ呆れながらそれを見ているだけ。どうしてこんなパニックになっているのか。ちょうどオイルショックの時のトイレットペーパー、それと米不足の時を思い出した。まあ、米不足は流通の段階で売り惜しみをした事もあるが、それにしてもこの状況、TVの影響を受け過ぎではないかと思う。
興味を持った私は、近くの別のドラッグストア2店も廻ってみたが、時既に遅しと言った感じで、何処も全て売り切れ。マスクは風邪やインフルエンザに罹った人が、ウィルスを外に撒き散らさないためにするもので、予防に役立つという効果は実証されていないと、これもまたTVで流れていたが、TVは何だかマッチポンプのようだ。
まあ、そのうち増産が追いついて、パニックになって大量にマスクを買い込んだ連中は、使いきれないマスクを、収納スペースを削ってしまい込む事になるのだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月21日 (木)

さすらいのへら師@西ノ谷

今日も所用で外出したついでに、と言うのは・・・。実はバットさんの出勤前釣行連荘に触発された格好で、今日も家を出る。まず向かったのは、「小野の池」。到着は9時半頃。既に湖面には波。さて、どうしようかなぁ。とりあえず突先を見に行くと、堰堤に1人先客。しばらく迷ったが、今日は他の場所にしよう。帰り道、362に入り、今度は引佐天池を目指す。到着は10時頃。先客は4人。うち2人が路上駐車。「名人」さんとその後ろに1台。後は空きスペースに車を突っ込んでいる。私も公園駐車場で車の向きを変え、空いたところへ駐車。へら師は奥に2人、オーバーフローの両側に2人。なかなか入りにくい。強いて言えば、フェンス入り口から入って階段とオーバーフローの間ならOKか。でも、急に竿を出す気がなくなり、今度は山を越えて362に入り、そのまま西ノ谷に向かう。駐車場に着くと、既に5,6台が停まっている。池の様子を見に行くと、手前桟橋奥に1人。あとは左岸あたりにポツポツ。もうここで竿を出さないと、今日はお終いだ。楽な桟橋に入ろう。荷物を車から降ろし、桟橋に向かう。先客に挨拶し、桟橋の中央付近に入534004565340045753400458る。波が出ているが、何とかなるだろう。さあ準備だ。足元には立派なブルーが群れをなしている。ゲゲッ、ど太い鯉も回遊している。と、鴨がバシャバシャッと降りてきた。やれやれ。今日の竿は9尺で両ダンゴの宙。餌はいつもの特S:天々:バラケマッハだ。開始は10時半。「たな」は1本。この池には久しぶりにやって来たが、ジャミが多いのと、1回あたり出せば次々とあたる。ただしサイズは小、と言うイメージ。数投でウキが動くと楽観的に開始したが、ところがどっこい、ウキが動きません。どうしてだろう?波で多少ウキが見にくいが、そういう事ではありません。と、ウキがグッと入った!やったと合わせるがカラ。う~ん、ジャミかなぁ。再度のあたりに合わせると、やったかかりました!でも、引きはジャミっぽい。寄せれば婚姻色が出始めたハヤ。まあ最初はこんなものだろうと、ハヤを外そうとしていると、何処からともなく鴨がやってきて、私の目の前でハヤをひったくろうとしているではないか。驚いて「たも」で追い払う。いつもこうやってジャミをも53400459らっているのか。さて、その後はウキの動きが多少悪くなったかなと思っていた矢先にズバッと消し込みあたり!やったかかりました!サイズは7,8寸か。でも、これで帰れる。後は爆釣と行こう。しかぁ~し、そんなにうまくは行きません。なかなかあたりにならない。多分餌のタッチか。手水を加えてかき混ぜるという、いつもの手段で対応。すると、ポツポツとあたりを拾えるよ534004605340046153400462うになる。よし、このまま爆釣と行こう。しかぁ~し、しかぁ~し、次第にあたりが遠のく。まさに私の宙釣りパターン。隣の先客も、なかなか釣れない。この池、何かが変わったのか(←単に私のアームがしょぼいだけ?)。餌は更に手水を加え・・・というワンパターンしか対応策はない。そろそろ12時。と、ここで何故かあたりが復活して2匹をゲット。5340046353400464良く分からない。その後は再びあたりがなくなり(まさに私の宙釣りパターン)、12時10分過ぎに餌が尽きて終了。予定より少し早いのは、最初なかなかウキが動かなかったので、やや大きめに付けたダンゴのせいか。さて、次はどうしよう。今日は餌1回で終了する予定だったが、もう1回だけ餌を作ろうかな。今度は重くてウキがすんなり馴染むような餌にしてみよう。せっかく買った新ペレ、使わない手はありません。セット専用バラケ:新ペレを3:1に水1で作ってみる。しかぁ~し、作った後で袋の解説を読むと、新ペレは水に漬けて5分待てとあるではないか。でも、もう作ってしまいました。何だか凄い量。とても使い切れそうにない。おまけにボソボソで丸めにくい。何とか鈎にくっ付けて餌打ち。さすがに良く馴染むなぁ。ウキのトップが沈没寸前。53400465すると、そんな餌でも数投でウキが動いたではないか!そしてあたりも出た!1匹目は開始早々。こんな餌が良いのだろうか?でも、使っているうちにどんどん水分を吸って乾いていく感じ。やたらと手水を足す。すると、しばらくして吸水がストップ。今度はヤワヤワ状態に。それに水を足した分だけ量も増えた気がする。約3/4を捨てて、ようやく予定通り終了出来そうだ。ただ、やはり私の宙釣り、次第にウキの動きが悪くなった。隣の先客は途中から底に変え53400466たようだが、最初のあたりはズイゴ。でも、その後はポツポツと竿を曲げた。私の2匹目は何と両鈎が口にかかっている。そんなにおいしいのか?あたりが続いてくれれば文句ないが、ちょっとウキが動いてはシーン、更にはシーンが継続という感じで、もうこの餌は無理。でも、打ち切って終わろう。1時前に1人やって来て、桟橋の左端に入った。さて、そろそろ餌も終わり。残った餌を丸めて、後何回出来るかなと思っていると、ウキが消し込んだ!竿から手を離し53400467ていたので、慌てて掴む。以前この池のこの桟橋で、今使っている9尺の穂先を取られた事があるので、今日は絶対に竿を手放さない、また、時々竿の緩みをチェックする、を実行していたのだが、ほんの少しの隙をつかれた。とりあえず3匹目だが、それより竿が無事だった事の方が重要だ。そしてじきに餌が尽き、終了は1時半。こちらも多量に餌を捨てたせいか、予定より5340046930分ほど早く終われた。結果、トータル3時間で9匹。この池としては寂しい限り。でも、サイズの割りには良く引き、水深があるせいかグーッと引き込むのを堪えて浮かせる醍醐味?は感じたので、まあ良かったのだろう。片付け。今頃になって湖面が穏やかになった。片付けを終え、先客と後から来た人に挨拶して駐車場に戻る。今日は西ノ谷に爆釣の予定でやって来たが、大きく予想を裏切られた。でも、何処かの池に行っていれば、今頃大泣きしていただろうから、これで良かったのだと自分に言い聞かせる。さあ帰ろう。ゆっくりと車を動かした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月19日 (火)

どうにもやる気が起きなくて

明日から再び天気が悪くなると言う予報と、今日は風が穏やかそうなので、時間的にはやや遅れたが、外出したついでに都田へゴー。ところが、駐車場に着くと、車が多い。そのうえ、今日は公園の清掃作業の日なのか、たくさんの人が橋のこちら側で草刈りなどしている。草刈り機の音がすさまじく、こりゃぁ釣りにはならないなと思いながら池の様子を覗うと、やはりこちら側は橋の上から旧爆釣ポイントまで誰も入っていない。その奥からポツポツ。対面は看板横に2人。あとは深場に3人。どうしよう、いつもの場所には入れるが、音がうるさくて釣りにならないのでは。すると、フッとやる気が失せ、飲み物だけ買って池を後にした。9時半過ぎ。これで連続都田NGだ。モクレン通りで家路についたが、やはり何処かで竿を出したい。それでは大久保?いや、時間的に常連さん534004345340043553400436で隙間がないだろう。かなり家まで近づいたが、ここでようやく四つ池を選択。そのままゴー。池の駐車場はほぼ満杯。かろうじて車を停め、池の様子を見に行くと、手前の池には10人くらい入っている。場所がないわけではないが、とりあえずグルッと一周してみよう。釣れ具合はそれほどでもなさそう。サイズはこの池の平均。竿を出す場所を探している筈が、グルグルと二周廻ってし53400437まった。そして結局廻っているうちにやる気がなくなり、2つ目の池の写真を撮って終わりにした。確かに時間的に遅い事もあるが、どうにもやる気そのものが失せている感じがする。でも、別に「欝」ではありませんよ。そのまま家に帰った。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年5月18日 (月)

行かなきゃ良かったか@昭和新池

今日はたまたま外出する用事があったので、ついでに湖西の方へ行ってみようかと思い立った。気賀からグルッと浜名湖を廻り、無料になったレイクサイドウェイを走る。それから再び浜名湖に沿ってしばらく走り、アスモ湖西方面に曲がる。ようやく着いた。1時間強かかった。まずは公園で用を足す。それから池に沿って1周。風がかなり強いの5340042553400426534004275340042853400429に、堰堤で2人が竿を出していて、もう1人が準備中。こんな強い風では竿を振れないなぁと思いながら、前回(いつだったか?)竿を出した、山側の釣り座を見に行くと、あれっ、ここは思ったより風の影響がなさそうだ。それなら、ちょっとだけ竿を出してみるのもいいかもしれない、などと良からぬ考えが頭に浮かぶ。先日「杉ちゃん」さんから、1時間くらいの距離でビビルなとお叱りを受けたばかりなので、これは何としても竿を出さなければ。また、素直に帰ったのでは、バットさんからも何か言われそうだしなぁ。車を適当な場所に停め、フェンスをよっこらしょと乗5340043053400431り越える。さあ準備だ。今日はとりあえず11尺宙の両ダンゴから行こう。餌はいつもの。「たな」は1本で10時半開始。しかぁ~し、湖面の波と太陽の位置で、ウキの視認性がかなり悪い。これは多分前回も同じだったろう。でも、今更場所を変えるなんて出来ない。そのまま餌打ち開始。しかぁ~し、しかぁ~し、ウキは毎回右から左に流され、その間に餌が落ちてしまう。これではへらを寄せるなんてムリ。それに、透明度があるので、もっと遠くの深い「たな」を狙わないと難しいだろう。30分ほど打って、竿を13尺に交換。もっと長くしても良いが、頭上の木がそれを許さない。仕掛けを見ると、段差がある。これを両ダンゴ用に変えるのは億劫なので、「お」を出してセットに変更だ。「たな」は1本半。しかぁ~し(今日は「しかぁ~し」が多いなぁ)、竿が少し長くなっただけで、いきなり振り辛くなる。同じ場所にはなかなか行かない。それでも、11時半を過ぎる頃から、何故かウキが流れなくなる。ひょっとして寄ってきた?でも、12時のサイレン(チャイム?)。今日は餌1回で終了予定なので、もうあとわずかの時間しかない。すると、ウキの細かな動きは分からないが、スッと入ったような気がして、とりあえず合わせると、ナニッ、かかった?やった、かかりましたよ!この手応え。「たも」は使わないと思って後ろに置いてあるので、慌てて探す。そして獲物を浮かせようとした瞬間に、ゲゲッ、バラシた!反動で仕掛けが頭上の木にかかる。急いで引っ張れば、何とか外れた。う~ん、残念。12時5分の出来事でした。でも、へらがいる事がはっきりしたので、後は釣るだけだ。するとその後、ウキが突然見えなくなることが数回。これは消し込んだのか、それとも単にウキを見失った(何しろ逆光と波でウキの位置も良く見えない状況)のかは分からない。いずれにせよ、合わせても手応えはないが。そして遂に最後の1投。いつものように餌ボウルにこびりついたバラケ(元はダンゴ)をかき集め、祈りながらの餌打ちだ。し53400433かぁ~し、残念ながらあたりはなく、終了。予定の12時半頃かなと思って携帯で時刻を確認すると、何と1時前。両ダンゴで2時間の予定だったから、「お」のセットに変更した事で1回に打つ餌の量が減ったのが、終了時刻が伸びた原因だ。片付け。今日は長袖を着てきたが、袖口のあたりが日焼けしている。痛い。片付けを終え、車に戻る。何か物足りない気持ちもあるが、帰ろう。帰りも1時間強かかって家に辿りついた。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年5月17日 (日)

トラックバックを整理した

以前、トラックバックから辿っていったら、ワンクリック詐欺みたいな「あなたは登録されました(ついては会員登録費用を払え)」というアダルトサイトにぶつかって、非常に不愉快な思いをしたことがあるので、変なもの(ほとんどアダルトに繋がっている)は消去したつもりだったのだが、タイトルだけ見たら別に変でも何でもなさそうなものでも、一応チェックしてみた。すると、中には私のブログの内容をそのままコピーしたもの(ぐるナイ関連)がアップされていたり、記事そのものがないものなど、これまたふざけたものが幾つかあったので、一気に消去した。もうトラックバックは規制(受け付けない)するしかないのかな。コメントは既にフィルターをかけている(都度対応)が、トラックバックまで及ぶとは考えてもいなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月16日 (土)

竜洋海洋公園とB&G

先日バットさんから、竜洋のBG(B&G)で竿を出してみたらどうかと言われて、自宅から距離があるので考え物と回答したのだが、ちょっと行ってみたい気持ちになっていた。そんなところへ、今日バットさんがBGへ行くと言うので、ちょっとだけ様子を見に行ってみようかなと思い立った。図書館に本を返却するついでに、ゴー。天気は下り坂だが、まだ本格的な雨にはなっていない。カーナビに周辺の海洋公園をセットし、言われるままに進む。途中、これはおかしいと思っても、そこは我慢だ。南進すると雨が降り出し、雨で道路が混雑していたこともあって到着まで約1時間かかった。が、すぐには釣り場が分からない。適当な所に駐車し、傘を差しながら池?の方に歩いて行くと、対面に見覚えのある車が。何人かで喋っているようだが、はっきり見えない。釣り人は2人。その近くから車がこちらに走ってきたので、多分行けるのだろう。私も車に戻り、土道を進む。左の防波堤?から先はもう海。近くに車を停めると、間違いない、バットさんの車。向こうも気が付いたようだ。あっ、その隣にはザわさん。バットさんの後ろで岡ジャミをし534004225340042353400424ていたようだが、バットさんは既に片付けを終えている。1匹出たようだ。正面には風力発電の風車が。しばらく話し込んでいると、雨が強くなってきた。そんな中、釣り人の1人が竿を曲げる。おっ、デカイ!40cmはある。腹パンだ。こちら側は遠浅だと言うが、結構手前まで来ているんだなぁ。話は尽きないが、11時を過ぎたので、お暇することにした。良い釣り場であることは間違いなさそうだが、やはり距離がある。私には都田が向いているのかな?帰りも道は混雑しており(この道はいつもなのか?)、1時間近くかかって家にたどり着いた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月15日 (金)

気が変わって都田から大久保へ

どうやら今日の夜から天気が悪くなり、土日は雨のようだ。それなら、と今日は何処かに行ってみよう。昨日バットさんに引佐天池の駐車スペースについて訊いておいたので、そちらに行こうかな。でも、何か引っかかるものがあって、結局は都田へ。駐車場到着は8時半頃。今日も沢山の車が停まっている。まずは飲み物を買いながら池の様子を見に行くと、おっ、既に波が出ている。対面看板横には2人。深場にもいる。こちら側橋の上にはWINDOMの人。私のいつもの場所には、赤いへらカバンの人が。旧爆釣ポイントにも先客。その奥にもポツリポツリ。う~ん、どうしよう。こちら側深場流れ込み辺りに入ろうかな。車に戻って荷物を降ろし、と思ったが、車に向かう途中に、次第にやる気がなくなる。そして、荷物を降ろすのではなく、車に乗って池を離れた。向かう先は家。何だろう、このやる気のなさは。それでも、モクレン街道を南下しているうちに、よし、大久保に行こうと思い立った。そのまま環状線に入り、一路大久保へ。随分遠回りしてしまったが、今度はホント。途中でOG氏に大久保へ向かう事をメールで連絡しておいた。池に着いたのは9時を過ぎている。まだ誰もいない。それでは、私は堰堤の左端に入らせてもらおうかな。さっさと荷物を運ぶ。本来は都田で9時前に竿を出す予定だっ5340041253400413たのが、大幅に遅れているので、早く準備しないと。今日は9尺宙の両ダンゴで行くとするかな。餌は特S:天々:バラケマッハ:水を1:2:1:1だ。「たな」は1本半。私の準備中に1人やって来て、左岸倒木横に入った。それからポツポツと常連さんが来て、右岸と堰堤に入った。さて、私の開始は9時半。すると、第3投でウキが小さく入った!これは高活性か?そして、しばらくすると、ズバッというあたりでやったかかりました!ああっ、沖に逃げられる。必死で堪えるが、残念ハリス切れ。クッソー。急いで交換、そして再開。まだウキは動いているぞ。ただ、あたりは出ない。そして、空合わせをくれると、あっ、何かがかかった!ひょっとして1匹目?しかぁ~し、寄せる途中で尻ビレが見えてきた。ガクガクッ。サイズは30cm超だが、仕方ない。早く処理して再開しないと。でもなかなか寄らず、かと言って外れもせず切れもせず、時間のロス。あ~あ、疲れた。再開。53400414すると、まだウキの動きはある。が、あたりにはならない。「たな」を調整するが、効果なし。結局元の「たな」に。そして、ようやく10時半近くになって1匹目ゲット!いやぁ、痺れた。サイズは言うことなし。都田とは違う面白さだ。さあ、ここから爆釣と行こう。しかぁ~し、その後はハリス切れが2回。決して「合わせ切れ」ではありません。堪えに堪えてのもの。やはり安物のハリスではダメか?いや、私の竿さばきがなってないのだろう。まだまだ勉強だ。左岸の常連53400415さんも竿を曲げたが、こちらは8尺底。へらのサイズはかなり小。都田を思わせる。私はもう1匹追加するが、餌に手水を加えて軽く練る等の対策をしても、なかなかあたりには結びつかない。私以外の常連さんは4人。左岸以外の3人も次第に竿が曲がるようになるが、それも散発的。空が曇ってくると、皆静かになる。私もそろそろ餌が終わり。その次はどうしようかな。と、ようやく3匹目ゲット!ウキの動きの割には結果が付いてこない。それからじきに餌が尽き53400416て終了。さて、次は?終了?「お」のセットで続行?それとも底?よし、ここは底。しかも両ダンゴで行こう。竿はそのまま。餌は「ペレ底」単体だ。と思ったら、買ってあったのは「新ペレ」という餌だった。あれ~、おかしいなぁ。でも、この餌でも底釣りが出来ると書いてあるぞ。ダンゴの底釣り(夏・冬)にこの餌を1:1に水1.5だ。でも、出来上がりは何だか妙に茶色いし、手触りも良くない。こんな餌で釣れるのか?底を取り、再開は12時少し前。すると、第1投からウキが戻すではないか。そしてあたり!やったと合わせるがバラシ。擦れてるのかなぁ。その後もウキは動き、時には馴染まないことも。今にも釣れそうなのだが、バラシが頻発。カラツンもある。カラツンはジャミのような気もするが、かけてみなければ分かりません。餌は手水を加えて次第に柔らかくしていくが、それでもあたりはバラシかカラ。う~ん、どうすればいいのか?多分ハリスが「たな」に比べて長過ぎる(40cmと45cm)のが問題のように思えるが、調整するのが面倒?で、そのまま続行。そしてバラシとカ53400417ラツンを食らう。左岸の常連さんは帰り、代わって1人、堰堤に入った。やっぱりハリスを調整しようかな、と思った途端にあたり!そしてようやくかかりました!う、嬉しい~。ウキを動かしているのはジャミではなかった。さて、ハリスはどうしようか。釣れたからこのままでいい?いや、予定通り短くしよう。5cmずつ詰める。そして底を取り直し、再開。確かに馴染みは良くなった。これであたりも取れれば言うことないが。しかぁ~し、そんな思うようにはならない。ただ、ウキの動きは多少弱くなるものの、決してなくならない。堰堤の常連さん2人は宙で竿を曲げている。私もあたりは出ているのだが、口にかからない。それでも何とかもう15340041853400419匹。これはウキが戻してから待ちに待った結果。これで私の第2目標クリアだ。すると、次はウキが馴染んですぐのチクッというあたりでゲット!やっと宙に並んだ。ただ、第3目標は難しいなぁ。それからも時折のバラシとカラツンで、そろそろ餌も終わり。今度こそ終了だ。OG氏からは残念ながら返事が来なかった。そして53400420遂に最後の1投。多分ムダだろう。常連さんの様子を見渡す。そしてウキに視線を戻すと、消し込んでいる!慌てて合わせれば、やったかかりました!「上がりべら」だ。う、嬉しいゾ~。しかぁ~し、しかぁ~し、寄せる途中で鰓に擦れている事が判明。ガクガクッ。力が抜ける。悔しいので、写真だけ撮っておこう。2時終了。結果、宙で実釣2時間で3匹、底で実釣2時間弱で3匹(擦れ1匹含まず)の計4時間で6匹。こんなものではないか。片付け。今日から、万力が変わった。これはかなり昔にJ州屋で買ったもの。OT氏から、いつになったら使う53400421のかと言われ続けて早幾年。ようやく日の目を見ました。さて、今日は予定外の行動で時間をロスしてしまった。何故都田で嫌気が差してしまったのかは不明だが、大久保では釣りの間波がほとんど出なかった。結果はパッとしないが、ウキはあれだけ動いていたので、もし何か工夫があれば2桁は楽勝だったように思う。実はその「何かの工夫」を見つけるのが難しいのだが。片付けを終え、車に戻る。予報どおりなら、土日は再び季節外れの大掃除だ。まだまだ捨てるものは沢山あるぞ。やる前からうんざりしてしまうが、まあ、ボチボチやればいいか。そんな事を思いながら家路についた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月11日 (月)

メール送信エラー解消

いやぁ、実に他愛ない事だった。最初の設定(ダイヤルアップ時にプロバイダから送られたもの)をそのまま入力したのでは、ダメに決まっている。途中でメールサーバを変更された事に全く気付いていなかったのだ。さっきTNCのHPであっけなく解決。テスト送信にも成功だ。多分、この変更連絡もメールで来ていたのだろうが、肝心のHDDがおしゃかでは気付きようがない。まぁ、出来て良かったという事で、チャンチャン!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月10日 (日)

もういいでしょう@小野の池

体調が戻ったら、まず行きたいのが小野の池。ぜひ何とかしたいのだ。が、今日はバットさんも行く(起きられたら)ようなので、これは対決になる?家を出る7時頃に、バットさんにもう出かけたかと訊けば、既に小野にいるとの事。さすがだ。私も負けじと姫街道をひた走る。割と早く着いた。ちょうど4駆がバックで坂を登ってくるところ。入れ替わりに私が坂を下る。さて、バットさんは何処に入っているのだろう。突先かな?急いで見に行53400376くが、いない。おかしいなぁと思いながら釣り台を順に眺めて行くと、いましたいました。何でも7時頃から開始しているらしい。坂の上に常連さんらしい人が2人。何処かへ行った。が、多分堰堤に入るのだろう。私も岡ジャミはほどほどにして、突先に向かう。蒸し暑い。汗が滴る。フェンスを越えると、堰堤にはさっきの常連さん達が準備中。私の左手には、波除けの竹が設置されている。堰堤にも。設置してくれた人には頭が下がるが、それと足元の缶コーヒーの空き缶とはどう繋がるのか。さて、私も準備しよう。竿は15尺で底。餌はいつものグルテン5340037753400378セットだが、今日でα21は終わった。8時前には開始したかったが、開始は8時10分。さっきまで鏡のようだった湖面はしだいに波立ってきた。濁っているのはいいが、波はなぁ。おまけに、今日からは糸トンボの攻撃が始まっている。宙なら何とかなるが、底ではあたりが消されてしまうので、困る(←あたりが消されるって・・・?)。対面常連さんが1匹ゲット。バットさんにトンボの件と併せてメールすると、何と鳳来へ行くはずのS田さんが来ているというではないか。それならと、9時を過ぎた頃に釣りを中断。2人の様子を見に行くと、バットさんは段底に変更。S田さんはバットさんから釣り台1つ隔てた所に入っていた。釣り座に戻り、再開。しかぁ~し、何の変化もない。風・波が大きくなっただけ。堰堤では1匹釣った人がまた竿を曲げた。もう1人の人は亀。また、もう1人常連さんが堰堤に入った。あっという間に10時。堰堤では11尺で釣っているようなので、私も13尺くらいにしてみようかな。竿を変更中に、S田さんが突先の様子を見に来た。ウキが動かなさ過ぎて間が持たないのだろう。しばらく話をした後、再び釣りに戻った。さて、13尺にすればウキの視認性も向上するかと思ったら、トップが細いウキなので、余計に見にくくなった。ガックリ。そのうえ、13尺では底が不安定なようで、振り込み方によってウキの馴染みが違う。それに加えて糸トンボときては、精神の集中など無理だ。11時を過ぎ、バットさんの終了時刻。再び様子を見に行くと、ちょうど片付けの最中だった。結果は聞かない。私も帰ってもいいが、バットさんとS田さんからもう少しやってみればと言われ、渋々釣り座に戻る。そして残った餌を打ち、底は終了。12時近く。では、今度は竿はそのままで「お」のセットと行こう。バラケはセット専用バラケと特S。波がひどくなって、やや逆光気味のウキがかなり見にくくなった。対面では2匹釣っている人が、再び竿を曲げる。何と48cmという声が聞こえる。す、素晴らしい。う、裏山鹿~。この人はもう1回竿を曲げた。後から来た人も竿を曲げ、常連さんには何かこの池特有の秘訣でもあるのか。私は「たな」を1本から2本の間で変化させながら様子を伺うが、1回もウキが動くことなく1時過ぎに終了。片付け。「たも」は濡れていない。あまりに暑いので、途中からジャンパーを脱いだが、その下は半袖だったので、見事に日焼けしている。痛い。53400379片付けを終え、荷物を抱えながらフェンスを越える。そしてS田さんに終了を告げる。途中経過は聞きません。S田さんはまだ続けるようだ。おっ、こちら対面にも1人入っているではないか。車に荷物を積み池を離れたが、喉が渇いたので、途中の自販機でサイダーを買ってゴクゴクやりながら家路についた。ボウズを繰り返す事5回。もういいでしょう。会長はまだまだこれからだと言うが、もう気持ちが持ちまシェン。明日からは都田で動くウキを見ることにしよう。グッタリ疲れて姫街道を南下した。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年5月 9日 (土)

いきなり初夏!

今日は朝から好天。暑くてたまらない。これでは体調がおかしくなるのは当然だ。私はまだ喉の具合が良くならないので、今日は涙を呑んで休竿。masaさんとバットさんはそれぞれ竿を出しているようなので、ブログを楽しみにしていよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月 7日 (木)

I caught cold?

風邪をひいたようだ。昨日から喉が痛い。鼻も詰まり気味。まだ熱は出ていないが、慎重に推移を見守る必要がある。
やはり季節外れの大掃除で体力を消耗した後に、人込みに突っ込んだのが良くなかったのでは?
もっとも、大掃除の際にしこたまホコリを吸い込んだということも、「あると思います」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年5月 6日 (水)

雨に思う

昨日今日と雨になり、静かなGWを過ごしている。昨日は浜松祭りの関係者にとっては残念な最終日となったが、私は穏やかだ。ただ、パソコンの復旧はしんどい。今、フリーソフトでHDD丸ごとバックアップを探している。それと、ひょっとしたら壊れたはずのHDDから何かを引っ張り出せるかも、とも。まぁ、焦らずにボチボチ行くのがいいのかな。今月に入ってから釣りにも行っていないし。GW明け(明日?)からは天気が回復するようなので、まずは都田で勘を戻してから、恐る恐る「小野の池」にでも行ってみようか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月 5日 (火)

メール送信エラー

まだまだ本調子にはなっていない私のPC。今度はEメールが送れないエラーが発生している(受信はOK)。ただいま調査中だが、思うに任せない状況だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 4日 (月)

康川で夕食

P1000048今日はちょっとだけきばって、うなぎの康川で夕食だ。それも、梅。うなぎが2匹載っている。久しぶりの贅沢だぁ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぬくもりの森

Logo2以前、バットさんのブログで紹介された「ぬくもりの森」にある、「お菓子の森」に行ってきた。距離的にはかなり近いと思っていたのだが、連休中ということを忘れていたため、館山寺街道に出るまでに渋滞にはまってしまった。何とか「すじかい橋」まで来て一段落、と思ったら、今度は右折を間違えてグルッと大回り。やれやれ、やっと着いた。だが、今度は駐車場がほぼ満車だ。すごい人気の店。一応店の外でケーキを食べたが、人が多くてゆっくり出来ないので、今度は平日に来てみよう。写真は「ぬくもりの森」。とりとめのない写真になってしまった。
P1000028P1000030P1000031P1000032P1000034P1000035P1000036P1000037P1000038P1000039P1000040P1000044P1000045P1000046P1000047_2この後、うなぎパイファクトリーにも行ったが、こちらも人が多くてうんざり。写真はありません。皆さん「安・近・短」の娯楽を楽しんでいるようだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月 3日 (日)

その後PART3

うわぁ~、大事なデータが消失してた!音楽をMP3とWMAで圧縮・保管していたのは、壊れたHDDの方だった。多分1000曲くらいは入っていただろう。それもパー。ひょっとしたら回復させることが出来るかもしれないが、その努力もする気がしないくらい疲れ果てている。次回同じ目に遭わないよう、データは別HDDに、マスターHDDはバックアップを取るようにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その後PART2

昨日からWINDOWSの自動更新で100以上の更新を行ったが、遂にあのSP3の番になった。前回のトラブルがあって、ちょっとためらったのだが、しつこく更新を迫るので、だめもとでいいやと半ばやけになって更新だ。すると、何故かすんなり更新出来た。そうか、前回はWINDOWSに任せず自分で途中の更新をすっ飛ばしてSP3にいったので、それが良くなかったのか。更新の順番が大事なのかと思い知った(←当たり前だけど)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 2日 (土)

その後

ようやくそこそこ使えるようになった。だが、メールアドレスは全滅。WEBメールはサーバーに保管されているので問題ないが、アウトルックのアドレスはまったく使えない。これから1人ずつ丁寧に訊いていくしかなさそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もうへとへと

昨日粗大ごみを捨てに行ってから、パソコンでチマチマ遊んでいたら、急にWINDOWSが起動しなくなった。まぁよくあることと、セーフモードで対応しようとするが、そのセーフモードも立ち上がらない。これは困った。汗がタラーリ。何度やっても、BIOSから後に進まないのだ。いよいよこのパソコンも寿命か?いや、何とかして回復させないと。
実は以前にもHDがおかしくなって、一度交換しているのだった。他に思い当たる節もないので、きっとこれだ。お金に余裕があるわけではないが、急いでOAナガシマに向かう。そしてHDDをゲット。80GBの安いものが在庫切れなので、仕方なく250GBのものを購入。もちろんパラレルですよ。
家に帰って早速交換。そしてWINDOWSの再インストールだ。一発でOK。その後、ネットワーク設定等を済ませてから、今度はWINDOWS UPDATE を実行。SP2は問題なく出来たが、SP3でエラーになってしまった。この時点で既に日付が変わっている。そこからああでもないこうでもないといじくり回したが、4時近くになっても結局元に戻らず断念。今朝から再開して、ようやく昨日の10時過ぎくらいの時点まで戻すことが出来た。
さあ、今度は気を付けてやらないと。WINDOWS UPDATE はSP2までに留めておいたほうが無難なようなので、その他のアプリのインストール等、覚えているだけでも済ませよう。何しろ、元がどうなっていたかは全く覚えていないのだから仕方がない。不幸中の幸いは、データは全て外付けのHDDにしまってあったと言う事。これから数ヶ月かけて、ゆっくり元に戻すしかない。もちろん100%の復旧は無理だけれども。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 1日 (金)

いよいよ3年目

私のプー生活も遂に3年目を迎えた。今朝は国民健康保険に加入するため、近くのセンターへ。それから午後は粗大ゴミを処理場まで持っていく。これでもう今日は充分でしょう。粗大ゴミはまだこれからも出そうで、何回となく通うことになりそう。ただ、車が小さいので、積める大きさには限りがある。それ以上のものは、料金を払うかして持って行ってもらうしかなさそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »