« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月29日 (月)

少しは気が晴れたか@都田

今日も梅雨の合間の晴れ?と言うことで、出だしは遅いが都田へゴー!既にかなり暑い。駐車場に着くと、車の数はそれほどではないが、果たしてへら師はどれくらいいるのかな?車から荷物を降ろし、池に向かうと、私のいつもの場所にWINDOMの人、旧爆釣ポイント、更にその奥にも先客。深場まで入っている。対面には誰もいない。さて、どうしようか?一瞬は奥に入ろうかとも思ったが、まあいいやOT氏のいつもの場所にしよう。もう日が当たってるけど、しょうがない。2人に挨拶して、さあ準備だ。今日は底の餌5340077253400773も切れているし、11尺の仕掛けはつぶれたまま。それなら、9尺宙の両ダンゴで行くとしよう。餌はパウダーベイト・ヘラ単体を袋の裏に書いてあるとおりに作る。おっと、私から草むら一つ隔てた右にも1人入っていた。最近は草木の生長が早くて、橋の下方面の視界は悪くなっている。さて、紫外線と暑さ対策で傘を出さないとね。あっ、傘の取り付け具が壊れた!傘をセット出来ない。既に汗が滴っているというのに、これは困った。仕方がない、普通の傘のように肩に背負うことにしよう。「たな」1本半で開始は8時13分。まだ湖面は鏡のよう。すると、第2投から連続して消し込みが!全くかからないが、これは高活性?WINDOMの人とその隣の先客は底のようだ。WINDOMの人は9時頃に帰ったが、私が見ている間に竿が曲がることはなかったように思う。旧爆釣ポイント53400774の人は、ポツポツ竿を曲げていた。私は何度となくあたりに合わせているうちに、やったかかりました!とりあえずボウズは免れたので、気が楽になった。まだウキは動いているぞ。しかぁ~し、次のあたりは凄い引き。何とか寄せると、ガックリ擦れ。いつもなら途中でバラシているのに、今日は最後まで相手をしなければならないので、面倒だ。ただ、擦れの後もウキの動きはある。が、次第にあたりは減ってくる。2匹目をゲットしたところで、もう9時になろうとして5340077553400776_2いる。これでは前回と同じ展開ではないか。せっかく今日やって来た意味がないぞ。そこで、早くも1個餌釣法。すると、ズバッというあたりで3匹53400777目。本当にポツポツとしか釣れないのか。1個餌釣法はすぐに効果がなくなり、再び元のように2個餌で再開。だが、ウキの動きは芳しくない。1匹はかかってくれたが、その後はまたも擦れて上がってくる。どうしてだろう。餌のせいか、それとも「たな」が合っていないのか?今日は「たな」や釣り方(「お」とかトロ掛けとか)を変えずにやろうと思っていたが、「たな」だけ1本に変えさせてもらいます。すると、すぐにズバッと言うあたりが出て、5匹目ゲットだ。対面坂の下に2人入った。また、深場ワンドにも。「たな」を変えた効果があったのか、それか534007785340077953400780らもポツポツと釣れ(大半のあたりはズバッというカラだった)、1回目の餌はちょうど2時間で終了。珍しく擦れが頻発した。ハリス切れはなかったが、1回だけ目の前でバラシた時に頭上の木の枝にかかって両ハリスをロストしただけ。本当に最近では珍しい。ところで、今日も「虫」がやって来た。あまり効果がないと思いながらもスプレーをかける。それより、次第に風・波が出て来ると、その方が効果があった。さあ、2回目の餌を作ろう。今度はいつもの特S・天々・マッハ。「たな」は変えず。すると、再開後数投でズバッ5340078153400782というあたり!まずは1匹。あたりは続いてもう1匹。しかぁ~し、次のあたりでは、消し込んですぐに沖に走られ、堪えられずに早くもハリス切れだ。後半は擦れで上がってくるのはなかったが、その代わりにハリス切れが数回出た。どちらがいいのかな?多分ハリス切れのほうがいいと思うよ。さて、その後ウキの動き53400783が芳しくなくなったので、「たな」を1本半にしてみる。すると、深く馴染んでからズバッというあたりで1匹ゲット!私の第3目標クリア!前回のリベンジも成るかもね。後から奥に入ったSさん?は、快調に竿を曲げている様子。旧爆釣ポイントの人は、WINDOMの人が帰ってからしばらくは竿が曲がっていたが、次第にペースダウン。12時前に帰った。さて、私はまたも「たな」を1本に変更。餌は手水・練りを加えてある。すると、まさに地合としか言いようのないあたりが出始め、ポツポツと竿が曲がる。何故だ?餌のせいではなさそうだが。しかぁ~534007845340078553400786534007875340078853400789し、しかぁ~し、地合はほどなく消滅。再びウキの動きが弱くなる。奥の方から、バットさんの知り合いと思われる人がやって来た。仕掛けトラブルでやる気が失せたとの事。そのまま帰った。昼近いのも原因の一つだろう。さて、いよいよ12時のサイレン。そろそろ53400790餌もなくなるし、終わりか?と、ここで再びあたり!まだ地合は残っていた?ようやく1匹。が、ラス前、オーラスとカラの連発で終了。ちょうど雲が多くなってきて、暑さは何とか凌げそうだ。波もそれほどないし。何となくこれから釣れそうだが、終わり。2回目も2時間で餌が尽きた。片付け。結果、最初の餌では実釣2時間弱で7匹。2回目の餌では実釣2時間弱で10匹。トータル4時間弱で17匹。何とか前回のリベンジは成った(と思うよ)。サイズもかなり良かっ53400791たし。ただ、場所に入る時に、前方に死骸が2匹。このところ急に増えている感じ。私がこの池に初めて来た2000年頃には結構あったのだが、ここ数年はほとんどお目にかかったことはなかった。一体どういうことだろう。水質でも悪化したのだろうか?そういえば、へらの色も背中がエンジ色をしたのを見ることがある。これは、かつて大久保の上の池(三山池?)でへらが大量死した(何か農薬のような化学物質が流れ込んだことによると思われるが?)時にもそのような色をしたへらを釣った記憶があるので、悪い予感がするといえば言い過ぎだろうか。まあ、言い過ぎ勘繰り過ぎであってほしいが。汗をかきかき駐車場に戻る。ちょうど1人終わってきて、豊橋ナンバーの車で帰った。私は炭酸飲料を買ってがぶ飲みしながら家路に着いた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月27日 (土)

私だけが蚊帳の外@都田

今日は久し振りにOT氏と都田。集合時刻の6時より少し早く駐車場に着いたので、まずは定期便。WINDOMが停まっている。車から荷物を降ろしていると、6時ジャストにOT氏登場。5月の終わり頃に一緒に竿を出してからだから、ほぼ1ヶ月ぶりだ。挨拶もそこそこに、池に向かう。おっ、旧爆釣ポイントに先客。WINDOMの人は橋の下方面に入っているようだ。先客に挨拶して、私もOT氏もいつもの場所に入ることにする。さあ準備5340076053400761しよう。OT氏は毎回同じ9尺宙の両ダンゴなので、迷うことがない。私は11尺の仕掛けがまだ直っていないので、ここは9尺底の両ダンゴから入るとするかな。餌は夏:スイミー:マッハ:水を1:1:1:1。先客は、私よりは長い竿で底釣り。あたりが出ているようだが、カラも出ている感じ。でも時々竿が曲がる。対面には看板横付近に1人。ここには最終的に3人入った。さて、準備が早いOT氏が一足早く開始。そしてじきに1匹ゲットだ。湖面は鏡のよう。私は6時半頃開始。すると、何故かウキの馴染みが悪い。ウキ下を微調整して対応しようとするが、問題はそこではなかった。最初からへらが寄っているので、ウキの馴染みが悪くなっていたのだった。まさしく前回と同じ症状。今日はそれがひどく、なかなか餌が底に着かない。仮に着いても、すぐに舞い上がる。ウキはモヤモヤするのだが、あたりは出ず。ウキ下を微調整するだけでは対処出来ず、ハリス長まで触るが、なかなか思うような馴染み幅そしてあたりを出せない。たまにあたりらしきウキの53400762534007635340076453400765動きに合うこともあって、ボウズは免れたが、底は8時頃終了。実釣1時間半でたった4匹。OT氏、そして先客(底)のような竿の曲がりは夢のまた夢。結局最後までさっぱりの状態で、既に8匹をゲットしたOT氏にはダブルスコアをつけられた。さあ、次は宙。きっとOT氏のようなウキの動きを出せる筈だ。しかぁ~し、この頃から太陽の直射で傘のセットを余儀なくされると同時に、「虫」が襲来。対応策として、今日は虫除けスプレーを持参したのだが、これをかけても効果ナシ!耳・目・鼻目掛けて飛んでくる。腕や首に止まるのはまあ我慢出来ても、粘膜状の箇所に来られると、どうしても気が散る。何度も顔をぬぐう。さて、竿はそのままに仕掛けとウキを交換。餌はいつもの両ダンゴ。OT氏のようにウキが動けばいいが。「たな」1本半で再開。すると、じきにウキは動き出すが、何故かあたりにならない。53400766OT氏も最初の頃のようなウキの動きはなくなっており、数を簡単に増やせなくなっている。私は中途半端なあたりで1匹ゲットし、苦労の果てに第2目標をクリアするが、それからは数少ないあたりを拾えない。何より集中力が落ちている。「虫」による被害は先客も同じらしく、声をかけてきた。私は何度となくスプレーするが、どうにも対応しきれない。OT氏も同じ。ただ、OT氏と先客はそんな中でも竿を曲げている。私はこれしか知らない対応策、餌に手水を加えて練る、をしてみるが、そんなに甘くない。更には、先日大久保で好評だったペトペトダ53400767ンゴを作ってみるが、こちらもこの池では不評のようだ。再び元の餌に戻すが、9時を過ぎていきなりの消し込み!やったかかりました!寄せてみれば35cmくらいある。先客からグッドサイズと褒められるが、釣ったというより釣れた感じなので、あまり喜べない。が、1匹は1匹だ。すると、何53400768故かあたりが続き、もう1匹ゲット。地合なのかどうかが全く分からないまま、ひたすら餌を打つ展開。結局2回目の餌ではそれから数を増やすことなく、10時頃に終了だ。実釣2時間弱で3匹。先日の大久保もビックリの状況。OT氏は既に10匹を超えている。先客もかなりの数を釣っていて、時々背後の猫のためにブルーを釣ってやる心の余裕も。湖面には波が出てきて、風のおかげか「虫」はいなくなった。さて、最後の餌はパウダーベイト・ヘラ単体。今日は袋に書いてあるとおりに作る。ちょっと多めか?かなりボソな感じ。そのまま餌付けして再開。すると、何となくウキの動きが良くなったように思え、竿を持つ手にも力が入る。が、それも最初だけ。次第にウキは動かなくなる。やはり手水と軽い練りで対応。OT氏も「たな」を変えたりしているが、なかなか苦戦の模様。先客も途中から宙に変えたようだ。ここではたと気がつく。今日は周りに振り回され過ぎていないか?先客の竿の曲がりばかり見ていたり、先を行くOT氏に追いつき追い越せではなく、私は私の釣りをしよう。とりあえず今日は私の第3目標をクリアしよう。少しだけ気が楽になった。私の竿が5340076953400770曲がったのは、開始後30分以上経ってから。すると、今度も何故か一瞬だけあたりが続き、もう1匹ゲット。とりあえず設定してみたものの、本音ではさっきまで難しいと思っていた第3目標まであと1匹となった。しかぁ~し、やはりその後がない。11時になり、OT氏が終了を宣告。餌が尽きたら終わると。すると、そこから怒涛?の粘りで2匹を追加し、終わってみればあたりが少ない中での、実釣約5時間で17匹という好結果。充分ではないか。OT氏は11時半頃帰った。私は11時を過ぎて534007711匹を追加してようやく目標クリアとなり、OT氏と一緒に終わっても良かったのだが、まだ餌が残っているので、何とかあと2匹くらいはゲットしたいと続行。しかぁ~し、しかぁ~し、ウキの動きが回復しないままに餌が尽きて無念の終了だ。最後の1投もカラ。結局3回目の餌では実釣2時間弱で3匹。トータル実釣5時間(途中のロスタイム除く)で10匹。底が厳しいという状P1000086況(先客は竿を曲げているのに)だったのが、宙ではもっと厳しい状況(OT氏は竿を曲げているのに)で、私としてはなかなか厳しい結果だった。片付け中に12時のサイレン。先客は宙に変えても竿を曲げ、今日は我々が来てからも20近く釣ったのではないか。対面看板横には3人。ワンドに1人。何故かジャカゴ上流に1人。こちら側深場には数人入っているようだが、詳細は不明。片付けを終え、先客に挨拶して駐車場に戻る。暑い。腹も減った。早く帰ろう。さっさと荷物を積み、家路に着いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月25日 (木)

両ダンゴは難しい~@大久保

今日はOG氏と大久保。OG氏は8時過ぎに来ると言うので、私は一足先に池に向かう。池に着いたのは7時頃。予報では晴れだが、空は曇っている。私が一番乗りのようだ。池は済んでもいず濁り過ぎてもいず、何となく釣れそうな雰囲気。堰堤の一番左の534007335340073453400735釣り台に入る。涼しい~。肌寒ささえ感じる。さあ準備だ。今日は最初から7尺宙の両ダンゴの予定。餌は特Sの残り7/3とスイミー2/3、マッハ1に水1。「たな」1本で開始は7時10分。すると、第2投から消し込みあたり!まさかと思いながら合わせると、やっ53400736ぱりねジャミ。まあ最初はこんなものだろう。すると、次のあたりでは瞬時にバラシたが、これはジャミの感触ではなかった。そして次のあたりでは、やったかかりました!今日は最初から高活性か?しかぁ~し、シーバスの鰓洗いのように、水面から飛び出してバラシ。いやぁ、凄い技を持っているんだと感心。でも感心してばかりでは仕方がない。何としてもOG氏が来る前に1匹は釣っておかないと。しばらくカラの相手をしていたが、30分くらい経過して、ようや5340073753400738くあたりに合った!しかぁ~し、上がって来たのは小サイズ。う~ん、これかぁ。ちょっと辛い。でも、へらには変わりない。堂々とカウントだ。すると、ポツポツとあたりを拾うことが出来、OG氏が来るまでに予定外の5匹まで数を伸ば534007395340074053400741せた。私の第2目標ゲットだ。8時半頃OG氏登場。私の右に入る。すると、氏の準備中に私に6匹目!今日は間違いなく高活性だ!OG氏は道具を忘れたと言って一旦帰っ534007425340074353400744たが、その間にも2匹。次第にあたりが出なくなっていたのだが、ダンゴを良く練ってペトペトにしたのが良かったのか、私の第3目標まで視野に入ってきたぞ。OG氏はいつものように「お」で9時頃開始すると、すぐに1匹をゲット!その後もポツポツとあたりを拾う。この調子だと、いずれは追い抜かれてしまいそうだ。何とかしないと。でも、最初の餌はじきに終わり。実釣2時間で8匹は上出来。このまま帰ってもいいくらいだ。だが、今日は続行。さて、今度はどんな餌にしようかな?OG氏から、釣れているのなら同じ餌を作ればいいのにと言われるが、前半と後半では違う餌を作るのが私のセオリー。今度はスイミー:天々:マッハ:水を1:2:1:1だ。左岸倒木奥に常連さんが入った。いつもなら9時を過ぎればポツポツとやって来るのだが、今日はいない。常連さんの多くは12時前からやって来た。さて、作り替えた餌で再開するが、この餌どうもタッチが気に入らない。重くてウキがすんなり馴染むのはいいとしても、その後がないのだ。OG氏が後から追ってくるので、気が気ではない。OG氏のバラケが落ちる辺りでは、バラケが落ちると同時にへらがワッと沸き、こぼれたバラケをパクパク吸っているのが見える。その数105340074553400746匹以上。それでも釣れるOG氏はさすがだ。私は2匹ゲットして第3目標をクリアしてからは、ウキの動きが止まってしまったので、何か対策しないとOG氏の後塵を拝するようになってしまう。ん、そうだ!さっきやったように、餌をペトペトにしてみよう。もちろん全部ではなく、部分的に。すると、次第にウキが動くようになってくるではないか。へらがいる事は分かっているが、ここのへらはすぐに食わないので、餌が持つようにしないとあたりが出ないのかも。しかぁ~し、たまにあたりが出てもかからない。時間だけが過ぎるいつもの私の宙の展開に。この餌が尽きたら終わってもいいが、一方のOG氏からは、久し振りに昼食を摂って続行しようと提案。ゲゲッと思ったが、ひょっとして20釣れるかもと妙な期待をして、提案に乗る。でも、これが大きな間違いだったとは・・・。OG氏が買い物に行ってくれると言うので、おにぎり1個を頼んだ。OG氏はここまで5匹。OG氏が不在の間にまたも何匹か釣れるかも、と思っていると、常連さんがやって来て、堰堤右端の釣り台に入った。すると、そのタイミングでようやくペトペト5340074753400748ダンゴの効果が表れたのか、続けざまに2匹をゲット!朝といい、OG氏不在と私の釣果は無関係の筈だが。1時間以上のブランクがあったが、あれは一体何だったのか?まだウキは動いていて、再度のあたり!もう1匹ゲットか、と思ったら、残念擦れ。OG氏は帰ってくるなりすぐに1匹ゲット!一体どうすればそんなにあたりを出せるのか?朝方は曇りで涼しくて一時は雨まで来たのだが、いつの間にか晴れ上がり、傘なしでは凌げない暑さになっている。私の横にはおにぎり。早く食べたいが、この餌を打ち切ってからにしよう。餌は練りと経時変化で、ペトペトに更に粘りが加わって、全く使い物にならない感じだが、何故かこれがへらに気に入られ、ほぼ毎回5340074953400750消し込みが出るようになる。もちろんカラだが。それでも何とかあたりに合うこともあり、1匹をゲットだ!少しずつではあるが、私のこの池での記録である15匹(だと思った)に近づいているぞ。だが、それは非常に長い道のりだった。あたりがない分ウキを見る時間が増えて餌の消費が遅くなって、2回目の餌は2時間半かかって使い果たした。それで5匹。やっぱり続行は無茶だったか?OG氏も次第にウキの動きが悪くなっていると言う。常連さんはウキが動かないと言っているが、私はまだウキが動いているぞ。やっと昼食だ。う、嬉しい~。毎度のことではあるが、堰堤の釣り台の周りにはへらがウヨウヨ。後から来た常連さんが「もっと働け!」と叱咤していた。さあ、続行の餌はどうしようかな?よし、新しく「パウダーベイト・ヘラ」を開けよう。袋には5杯に水1と書いてあるが、省資源の観点から4杯に水1とする。やや緩いか。12時頃に再開。すると、さっきまでは毎回のようにあたりがあったのに、再開後はバッタリ。ウキ53400751の馴染みも悪い。が、今までと同様にペトペトダンゴを作ると、ウキの馴染みも出て、あたりが出る。そして1匹を追加。もうすぐ私の記録更新か?しかぁ~し、ウキの動きはすぐになくなり、その後はペトペト餌を打つだけになってしまう。何故だ~?時折出るあたりはカラばかりで、やっぱり53400752続行は不正解だったのかと、タラ・レバが口をついて出てしまう。ようやく15匹目をゲットするが、喜びというより、もうヘトヘトだ。その後は全くあたりに合わず、またあたり自体の数も減る。そろそろ、いつ終わるかというタイミングを図る展開に。餌は思ったより柔らかく、ペトペトの効果も表れていない感じなので、同じ餌を一つまみ加えて再度練る。すると、再びウキの動きが出て5340075453400755くるが、今度はやや固すぎるようなので、手水を加えて軽く練る。何だか何をしているのか分からないまま餌をいじっている感じ。それでも、ウキの動きがまたも出てきた。OG氏は10匹まで数字を伸ばしているが、その先が難しいようだ。私は何とかあたりらしきウキの動きに合わせようとするが、カラ。1回素晴らしい消し込みが出たのだが、残念擦れて上がってきた。また、ハリス切れの際にウキのトップを折ってしまうアクシデント。この辺ではもうテンションは下がり、集中力も切れている。や53400756はり4時間が限界か。ウキを交換して餌落ちからやり直し。すると、交換したウキでもあたりは続く。1時を過ぎ、遂に私のこの池での記録更新だ(かかった時間は考えない)!OG氏は「お」を諦め、両ダンゴにしている。私はまだウキの動きがあるので、何とかもう1匹とネヴァー・ギヴアップの精神で続行(集中力は切れているが)。遂に最後の1投。泣いても笑ってもこれが53400757最後だ。すると、何と言うことでしょう、消し込みあたりに合いました!「上がりべら」ゲットだ~。実釣約2時間で4匹。トータル6時間半で17匹。いやはや疲れ果てた。と、OG氏から、餌が余っているので続行との指示が。私が横で見ていると言うと、餌を分けてくれると言うので、それをもらっ53400758_2て(渋々?)やってみる。既に両ダンゴで1匹をゲットしているOG氏、追加を目論むが、残念追加出来ず。私も餌をペトペトダンゴに変身させて追加を目論むものの、ウキが動き出した頃に餌が終了。約30分。2時を過ぎている。片付け。今日は予定外の残業で本当に疲れた。手当ても出53400759ず、散々だ。でも、6時間以上竿を出すのは何年かぶりなので、それはそれで良かったとしよう。片付けを終え、車に戻る。OG氏が、作った野菜を分けてくれるというので、遠慮なくいただきますと氏の家へ。トマト、ナス、キャベツその他をいただきました。いつもいつもスミマセン。それから、ゆっくりと帰路についた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月23日 (火)

底も宙もイライラ@都田

今日こそ梅雨の合間。絶対に出かけなければ、今週はない。8時頃に家を出るが、まさに通勤ラッシュに巻き込まれてしまった。何とか駐車場に到着。車はチラホラ。WINDOMは停まっている。飲み物を買ってから、池の様子も見ずに車から荷物を降ろす。汗。池に下りると、旧爆釣ポイントに先客。WINDOMの人はいない。対面にも誰もいないので、おそらく橋の下辺りにいるのだろう。私はいつもの場所に入る。先客はおそらく底だ5340071853400719_2ろうが、私の準備中から竿を曲げ、かなりのハイペースで竿を曲げ続けた。さて、今日は11尺底の両ダンゴで行くかな。餌は夏:スイミー:水を2:1:1.しかぁ~し、仕掛けを準備していると、何とウキ止めが裂けているではないか。これでは使い物にならないので、竿を変えないと。さ~て、長くするか短くするか?よし、久し振りに12尺を出してみよう。多分初めて使うので、ウキを決めて餌落ち目盛から底取りまですると、開始は8時50分を過ぎている。さあ、先客のように爆釣だ?しかぁ~し、ウキが最初から馴染まない。どうやら餌が落ちているのではなく、へらが寄っているようだ。しかも、底から少し上に。最初はそれが分からずウキ下を何度も調整したが、変化がなかったのでようやく分かった。でも、あたりは出ない。底に着いたと思ったら、すぐに戻すのは前回と同じ。そこからのあたりがないのだ。しかも、「虫」の襲来。隣が何度も竿を曲げているのに、私は顔や耳を触っているだけ。波も出てきた。ウキはあたりを示さないが、ようやくチクッというあたり!やった1匹目!と思ったら、顔を水面から出した瞬間にバラシ。ガクガクッ。それでも次第にあたりらしきウキの動きは出てきたが、何故かカラ。ウキの馴染み具合から、多少ずらし幅を取っているのは間違いないが、それでもカラ。「虫」とカラでイライラが募る。遂には顔をはたいた時に、メガネを池に落としてしまった。力入れすぎ~。どうやってもチクッというあたりが出せない。食い上げのようなあたりも出るが、もちろんカラ。イライラもヒートアップだ。そして、再度のグッドあたりも、顔を水面から出した途端にバラシ。も~っ、どうすればいいんだ。隣は10匹、いやそれ以上釣っている。今日の私は、ひょっとして底ではボウズかも。ようやくキチンとしたあたりが出て1匹目は、開始1時間534007205340072153400722近く経ってから。とにかくボウズでなくて良かった。すると、何故かあたりが出始め、しかもかかる。連荘ではないが、あっという間に3匹。しかも30cmクラスも混じる。一体どうなっているのか?さっきまではボウズ必至の暗い顔つきだったのが、どうやら私の第2目標まで行けるかも。その後は、あたりの出方が悪くなるが、それでも必死にあたりを拾い、餌が尽きた10時20分までにもう3匹を追加し、計6匹。餌付けが多少大きかった534007235340072453400725のと、やたらと合わせたので餌の消費が激しく?いつもより早い1時間半(そのうち開始から1時間弱は無駄な時間)で底は終了。とりあえず私の第2目標はクリア出来た。でも、隣の様子を見ていたので、何か寂しい・・・。さあ、次は宙だ。竿は9尺に変更。餌はいつもの両ダンゴ。「たな」1本半で開始は10時30分。いつものように、ウキが馴染んだら切る、を繰り返していると、じきにウキがモヤモヤ。そしてあたり!残念カラ。でも、これなら宙でのボウズはなさそうだ。しかぁ~し、次のあたりでガッチリ捉えたのは、ブルー。ヘナヘナ~ッ。猫がいないが、とりあえず後ろに放っておく。すると、次から急に消し5340072653400727込みあたりが出る。まずは1匹。やれやれ。しかぁ~し、次の消し込みでは物凄い引きで、懸命に堪えたのだがハリス切れ。代えのハリスはもう後1本しかないぞ。すると、あたりはまだ出ていて、ズバッという気持ち良いあたりでポ534007285340072953400730ツポツと5匹まで数を伸ばす。私の第3目標(トータルで)もクリアしたことだし、これなら宙は安心か?ちょうど太陽が真上に来て、さすがの私のいつもの場所でも日が当たるようになったので、傘をセット。しかぁ~し、このインターバルの乱れと太陽光による餌の変質のせいなのか、再開後は全くあたりが出なくなった。とりあえず最初の頃と同じように、ウキが馴染んだら切る、を繰り返すが、変わってしまった地合は戻らない。ウキはモヤモヤしながら馴染むと、そこからの動きは弱くてあたりにならない。11時を過ぎていて、ゴールデンタイムも多少関係するのだろうか、隣の竿も曲がりが悪くなってきた。ただ、それなりに竿を曲げ続けたが。私は餌に手水をかけてかき混ぜるが、一度消し込みが出てハリス切れになると、もうダメ。それからは、1個餌釣法や「たな」の上下など試してみるが、どうやら餌がダメなようだ。でも、新しく餌を作ることはないし、元より少ない餌なので、何かを足し引きすることもない。結局ダメダメの餌のままで続行すれば、時間だけが過ぎる予想通りの展開。12時のサイレンの後も地合は戻らず、12時30分少し前53400732に終了だ。波は大分収まっているが、延長はありません。結果、宙では実釣2時間弱で5匹(後半の1時間以上は無駄)。トータルでは、実釣3時間半で11匹(最初と最後の計2時間が無駄な時間)。片付け。隣は底で通し、多分30匹以上は釣っている。WINDOMの人は10時頃に帰り、後から1人入ったようだ。対面は看板横に1人。後から階段下に入っていた人も、12時に帰った。こちら奥には何人かいるようだが、不明。最初は涼しかった池も、もうモヤモヤした暑さになっている。片付けを終え、先客に挨拶して駐車場に戻る。汗が滴っている。帰りにバーミヤンの跡に出来た讃岐うどんの店にでも寄ろうかな。そんなことを考えながら車を走らせた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月20日 (土)

見学も後半は空振り(ハーフスイング)

P1000083_2P10000842日連続の釣行でいささか疲れており、今日はお休み。masaさんとバットさんに何処で釣っているかとメールで訊くと、バットさんは引佐天池、masaさんは都田と返事が。まあ、暑いから気が向いたら見学に行くとするかな。でも、やはり気になって、昼食後カインズホームで買い物するついでに、まずは都田へ。masaさんは日陰側奥の方で竿を出していた。今日はかなり厳しいとのこと。そろそろ終わると言うが、それでも私が見ている間に2匹をゲット。さすがです。では、次に引佐天池だ。しかぁ~し、予め連絡をしておけば良かったのだが、池に着いた時にはバットさんの姿はなかった。「名人さん」とバサーだけ。これは仕方がない。そのまま家路についた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月19日 (金)

ザわさんのミニライブ

P1000081今日釣りの途中で、ザわさんからメールが。今日2時と4時に市野のイオンでミニライブを行うとのこと。これは行かなくては。でも、釣りの終わりから考えて、2時は無理だな。何とか4時には間に合うようにスケジューリングしよう。釣りを終え、家でシャワーと食事を済ませ、ブログを出来るだけ早く書いてイオンに向かうという、かなりのハードスケジュール。やはり無理だった。ブログは底釣りで一旦終了し、急いでイオンに向かう。と、ここで、私は一度も市野のイオンに行ったことがないことに気づいた。確かあの辺りだろう、といい加減に3時半出発。後で分かったのだが、せっかくブログを書いていてパソコンも立ち上がっていたのだから、せめてイオンの住所くらいはネットで調べておけば、カーナビでルート探索出来たのに。私のカーナビは古いので、イオン市野は載っていないのだった。それで、何となくあたりを付けながら市野のあたりをふらふら。ダメだ、見つからない。もう4時になる。あっ、そうだ!ゴP1000075ルフ練習場の近くに紡績工場の跡地がある。きっとそこだ。ネヴァー・ギヴアップでようやくイオンを発見。とてつもなく広い。急いで車を停め、ライブ会場へ。いたいた、ザわさん。パーカッションなんだ。何かいいなぁ。多くの客を惹きつけている。客層がまちまちなので、曲は良く知られたものが多く、最後は「A列車で行こう」だった。パチパチパチ。声をかけると、明日も違うバンドでライブがあるとのこと。いいなぁ、素晴らしいなぁ、音楽の趣味って。いささか興奮して家路についた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日は梅雨の合間ということで@都田

昨日の消化不良がすっきりせず、今日も出かけました都田。駐車場に着いたのは8時過ぎ。いつものように飲み物を買い、橋の上から池の様子を覗うと、日向側には階段近くから4人が入っている。こちら側には私のいつもの場所にWINDOMの人、それから旧爆釣ポイントにも。奥には塩ビ管近くに誰かいるようだ。車に戻って荷物を降ろし、池に向かう。先客の2人に挨拶し、さて何処に入ろうか。OT氏のいつもの場所は既に日が当たっている。よし、今日は旧爆釣ポイントから木を隔てた奥に入ろう。ん、涼しい。さあ5340068653400687準備だ。と思っていると、あっという間に2人やって来て、私の左隣と塩ビ管近くに入った。さて、今日は11尺で底から行くかな。餌はへらスイミー:夏:冬:水を1:1:1:1.5の両ダンゴだ。ちょうど波が出てきたが、割とウキの視認性は良くて問題なさそうだ。開始は8時40分頃。すると、いきなりウキの馴染みが悪い。もう寄っている?ここは毎日のようにへら師が入るので、居ついているのかも。餌とウキ下を微調整して再開すると、ウキが立つや否や消し込んだ!慌てて合わせると、やった早くもかかりました!しかぁ~し、何だか様子がおかしい。マ・ブ・ナのような引き。寄せてみると、う~ん、ライク?と5340068853400689りあえずノーカウント。ウキはどうもへらが底から少し上にいるような動きをして、餌が底に着くとすぐに戻す。ひょっとして、餌が舞い上がっているのかな?それでも小さなあたりを拾って1匹目ゲット。これなら何とか2桁くらい「行けそ5340069053400691うな気がする~」。しかぁ~し、次のあたりではまたもライクか?涙を呑んでノーカウント。バット主任判定員、判定宜しくお願いします。次のあたりでやっと2匹目。しかぁ~し、その後はウキの動きが悪くなる。塩ビ管方面から、底はウキが動かないとのボヤキが聞こえてきて、やっぱり2桁は無理かな?とにかくウキが馴染んでからの戻しが早く、その後がないという繰り返し。そのうえ、風が弱くなると、出てきました「虫」。顔面、耳でコソコソ。何度も追い払うが、効果なし。この攻撃はしば5340069253400693らく続いたが、その間は集中力が飛んだ。ようやくウキが馴染んで戻してチクッというあたりで3匹目ゲットは、約30分後。このあたりを待っていた。が、続かない。もう1匹ゲットして9時台は終わる。左隣の人は、かなり浅い宙をやっているようだが、開始後じきに1匹ゲット。ただ、サイズ小に腐っている様子。私はまだそこそこのサイズが出ているので、このまま行きたいと思っていたが、遂に私の方にも534006945340069553400696サイズダウンが発生。ただ、あたりが良くなっているので、痛し痒しといったところか。そ5340069753400698の後、2匹を追加して終了。今日は餌をやや大きめに付けた事と、餌打ちのインターバルが多少短くなったおかげで、いつもより早く1時間半強で底は終了だ。実釣1時間半強で9匹(マブナライク2匹含まず)は、ちょっと不満な感じ。今日のウキの動きなら、やはり2桁は行かないと。まぁ、贅沢は言えないが。さあ、次は宙だ。これも、塩ビ管方面からウキが動かないとの声があり、両ダンゴでは厳しそうだ。でも、予定通り両ダンゴの宙をやるぞ。竿は9尺に変更し、餌はいつもの。「たな」は1本半で開始は10時35分頃。かなり暑いが、私の場所はかろうじて日が当たらない。ラッキー!さて、いつもどおりウキが馴染んだら餌を切る、を繰り返していると、来た来たへらが。ウキがモヤモヤ、そしてムズッと入った。ちょっと合わせてみるがカラ。や5340069953400700はり大きなあたりに絞ろう。すると、いきなりズバッと入って1匹目ゲットだ。今日のあたりは皆大きかった。もう1匹ゲットしたところで、ウキの動きが弱くなる。そこで、これもいつもどおり餌に手水を加えて軽く混ぜる。すると、今日はあたりが復活。ズバッズバッというあたりでポツポツと釣って行く。左隣と塩ビ管近くの人も53400701534007025340070353400704534007055340070653400707竿を曲げており、11時台のゴールデンタイムは今日は「お呼びでない」かも。途中にはもちろん擦れやバラシも出ており、全くスムーズに釣り進んだわけではないが。12時のサイレンを聞き、いよいよ餌もあとわずか。まだまだあたりは続き、特に餌をいじるとかハリス長を変えるとか「たな」を上下することなく、終了の12時24分までに3匹をゲット。いずれもあたりは明確。残念534007085340070953400710ながら最後の1投はなかったが、満足でしょう。こちらも実釣2時間弱で12匹。サイズも35cmくらいが混じり、強い引きも楽しめた。ハリストラブルもなく、気持ち良く終了。トー53400711タルでは、実釣約3時間半で21匹(マブナライク2匹含まず)。しかぁ~し、ここで重大な発表があります。最近はほとんど擦れの写真を載せることはないのだが、今日に限って以前のように擦れも掲載しようかなと思い立ち、擦れであがった2,3匹の写真も撮った。もちろんどれが擦れかは記憶しておいて、ブログに載せる際に擦れはこれとこれ、と示すつもりだったのだが、何とどれが擦れなのか忘れてしまった。それで、最終的な数字は、実釣約3時間半で21匹(マブナライク2匹含まず。擦れ2,3匹含む)だ。情けない話。次回からは擦れは原則載せません(擦れ以外ボウズの場合は載せます)。でも、35cmは擦れではないよ。これは覚えている。片付け。対面深場の人はダム?そばを除いて帰った。坂の下には2人。こちら側も塩ビ管奥には5人くらいいるが、私の右には誰もいない。片付けを終え、隣に挨拶して駐車場に戻る。さあ、急いで家に帰り、シャワーと食事を済ませてブログ更新だ。それから・・・。それは次の記事で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月18日 (木)

散々の都田

昨日行くべき釣行に行かなかったことがずっと頭に残っており、今日こそ竿を出そうと意気込む。昨夜修理した万力を持って家を出たのは7時半過ぎ。ちょうど出勤ラッシュ時だが、「そんなの関係ねぇ~っ!」(←古~~っ!)。しかぁ~し、私は重大なミスに気づいていなかった。駐車場に着くと、曇天で雨が近そうな天気もあって、車は少ない。まずは飲み物を買って車に戻り、荷物を降ろす。と、ここで、ようやく気がついた。デジカメも携帯も忘れた!万力を忘れないようにという思いだけが頭にあって、いつもの動作がすっ飛んでいたのだった。今から帰ってもう一度来るのは億劫だしなぁ。行き先を大久保にして、途中に家に寄るという考えもあるが、既にテンションはダダ下がり。かと言って、このまま帰るのは癪なので、少しだけでも竿を出そう。従って、今日は写真はありません。悪しからず。渋々池に向かう。すると、前回と同じ面子が前回と同じ場所に入っているではないか。とりあえず挨拶するが、返してくれたのはWINDOMの人だけ。後は対面看板横と階段下に1人ずつ。私は前回同様、OT氏のいつもの場所に入る。さあ準備するかな。とにかく1回だけ餌を作ろう。それなら前回良かった宙だ。竿は9尺。餌はへらスイミー:特S:天々:マッハ:水をそれぞれ1の両ダンゴだ。「たな」1本で開始、と思ったら、いきなり波。WINDOMの人は「こりゃぁ釣りにならない」と、さっさと帰り支度。もう8時半頃なのかも。もう少し遅く来れば、いつもの場所に入れたかもしれないが、もう場所は移動しません。開始。旧爆釣ポイントの先客は、かなり良い調子で竿を曲げている。それから木を隔てて奥にいた先客は、WINDOMの人が帰ってじきに終了。何も言わずに帰った。さて、開始してすぐにはウキは動かない。おそらく10分以上黙々と餌打ちしていると、ようやくウキがモヤモヤ。今日は最終目標1匹と設定しているが、これならじきにクリアか?すると、ウキが一旦立ってから再び寝ようとするので、とりあえず合わせると、やったかかりました!サイズは小だが、目標達成だ。気が楽になった。ひょっとして爆釣?昔のように釣れた数を記憶しないといけないから、大変だなぁ、な~んて考えていると、今度はウキがズバッと入って、早くも2匹目。こちらはまあまあのサイズ。よしよし。しかぁ~し、ここで湖面に雨粒。急いで傘をセットして荷物に覆いをかけるが、再開すると状況は一変。ウキの動きが悪くなっている。そこで、いつものように餌に手水云々で対応しようとするが、今日はそんなに甘くありません。状況は変わらず。対面看板横の人は、ポツポツと竿を曲げている。こちらの先客と同様に底のようだが、今日は釣り方の選択を間違えたのかも。私はそのまましばらく餌打ちするが、どれくらい経過したか不明のまま、遂に「たな」を1本にする。すると、ウキの動きが良くなり、ズバッというあたりでやっと3匹目。サイズは小だが、嬉しい。ひょっとして、私の第2目標もありかな。このまま行きたいが、やはり次第にウキの動きが悪くなる。餌のせいかなぁ。そのうえ「たな」が浅いせいか、ブルーが擦れてしまったので、一気にやる気が消失。「たな」を1本半に戻す。もう上ずっていて無理かも、と思っていたが、まだウキは動くぞ。雨は一旦小止みになったが、再びポツポツ。だが、これもじきに止んだ。さて、ウキは動いているが、あたりが出ない。そのうえ、たまに出る消し込みは全てカラ。やっぱり餌だろう。でも、対策がありません。かなりの間餌打ちマシーンとなっていたように思える。そろそろ餌が残り少なくなってきた。おっ、そうだ、1本鈎ならぬ1個餌(下鈎)でやってみよう。すると、予想したとおり、ウキの動きが良くなってズバッというあたりが出るようになり、かかりました!色はまさに地べら風、サイズも30cmある。う、嬉しい~!そのうえ、第2目標まで見えてきた。すると、更にもう1匹追加して、サイズは小だが予定外の第2目標クリアだ。ただし、横にいる先客の数分の一?よし、どんどん行こう。しかぁ~し、あたりはなくならないがカラになり、ラス前々にバラシがあって終了だ。大体2時間くらいやったかな。片付け。でも、何だか空が明るくなってきたぞ。でも終わりだ。こちら側奥には人が入ってきた様子。更に、私が駐車場に戻ると、1人が車から道具を降ろしていた。これからなのかな。返す返すも忘れ物が残念だ。車で時刻を確認すると、10時半を過ぎている。やはり実釣約2時間で5匹と言うことか。今日は来なかったことにすることも出来たが、正直にブログに載せよう。そう考えながら池を後にした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月17日 (水)

大久保釣行は延期

昨夜の雨と雷で、今日はおそらく池の水は濁っているだろう。多分釣れない。そこで、予定していたOG氏との大久保釣行は延期させてもらった。しかぁ~し、ゆっくりと7時過ぎに起きてみると、今朝は快晴。これなら出来たかな?でも、今更実は・・・とは連絡しにくいしなぁ。予定通り今日はナシとした。でも、masaさんがイヴニング・フィッシングをするかもしれない。晩に出かけるのもいいかもね(←言ってみただけですよ)。

関係ない話だが、麻生総理は盟友の鳩山総務相を切って、消費税12%をぶち上げて、それからどうするのだろう。自民党や内閣の支持率がどうなろうと、衆議院議員の任期満了まで総理が出来れば、後は野となれ山となれ、なのかな。
ひょっとして、不正DM関連でちょっと話題になっている「野党国会議員」の名前を公にしたり、またいきなり逮捕(または事情聴取)するとかして、その後間髪を入れず電撃解散でも企んでいるのかもしれない。
ホント、「一寸先は闇」の世界だもんなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月16日 (火)

底も宙も両ダンゴなのだが@都田

またまた天気が悪くなりそうと言うことで、出かけました都田。午後から雨らしいので、今日は珍しく7時頃の出発。でも、こんな天気でも来る人は来る。駐車場には車が数台。うっ、家で済ませて来た筈なのに。腹が・・・。時間のロスだが仕方ない、定期便。池の様子を覗うより、さっさと車に戻って荷物を降ろす。さあ急いで池に向かおう。すると、いつもの場所にはWINDOMの人、旧爆釣ポイントとそれから木を隔てて奥にそれぞれ1人。もっと奥は不明。対面には誰もいない(後から深場に2人、看板横に1人入った)。さあ困った、何処に入ろうか。塩ビ管方面に行こうか、それとも前回と同じく橋の下かな?いや、今日はOT氏のいつもの場所に入ろう。何故そう決めたのかは不明。多分帰りが楽だから。右側に草むらがあるので左利きの私は竿が振りにくいが、まあ大丈夫5340065953400660だろう。それより、先客の竿が曲がっていない感じがする。まだ食い渋りなのか。さて、竿はちょっと迷ったが11尺を出す。もちろん最初は底で両ダンゴ。餌はいつもの。底を取り、一旦は7時40分に開始したのだが、ウキの馴染みが思うように出ないため、餌にはへらスイミーを振りかけ、底も取り直す。おかしいなぁ、合ってると思うけど。でも、何とか出た。すると、じきにウキが返すようになるが、あたりにならない。それらしきウキの動きでは、合わせてもカラ。8時頃から、先客の竿が曲がり始める。どうやら地合になってきたのか?でも私は蚊帳の外。何かウキが立ってから馴染む途中に、へらがいるような53400661感じがしてならない。大きなあたりも出るが、多分糸ずれ。私も早くボウズから抜け出して、先客の仲間入りがしたぁ~い。しかぁ~し、あたりらしきウキの動きには全く合わない。ようやく1匹目が出たものの、新べらのくせに暴れてハリスがグチャグチャ。早くもハリス交換だ。かなりめげる。湖面は最初鏡のようだったが、次第に白波が立ち始める。ウキの視認性は一気に悪化。53400662でも、先客はポツポツと竿を曲げる。どうして私だけ・・・。すると、ウキが馴染んでからのチクッという小さなあたりに、やったかかりました!でも、これは何となく・・・。なかなか上がって来ず、難儀してようやく「たも」に収めれば、う~ん、どうだろう。ライク?とりあえずノーカウントとしよう。結果が少なかったらカウントだ?さて、やはりへらは底にはおらず、ウキが立ってから急に53400663消し込んだり、一旦底に着いた餌が舞い上がったりと、底特有のあたりはさっぱり。何とかもう1匹追加するが、ウキの視認性が悪いままでは釣りきれないと、開始後約1時間経過した時点で竿を9尺に変更だ。これで理屈の上ではウキが約1.2m手前に立つので、ウキの視認性はかなり改善される筈。ただ、手前にへらがいるかは分からないが。すると、再開後すぐにウキが動き出す。ウキも良く見えるし、良かった良かった。ただし、全くかからない。WINDOMの人は9時頃に終了。すると、それから旧爆釣ポイントの先客が「入れパク」状態に。ほぼ毎回のように竿を曲げる。この人は10時過ぎに帰ったが、途中までは快調に飛ばしていた。さて、ウキの動きがグチャグチャな私、どれに合わせて良いのか分からず、手当たり次第に合わせるが、全くかからない。ひょっとしてウキを動かしているのはブルー53400664かも。今日は最初から何となくブルーな気分なので、ブルーに好かれたかな。しかぁ~し、やっと1匹ゲット。でも、あたりを何度も見逃しているような気がしてならない。本来なら2桁楽勝のはずなのに、どうやら今日は第2目標クリアも難しそうだ。先客の竿が曲がるのを、ただ横目で見つめるだけ。それでも、地合を少しだけ分けてもらい、ポツリポツリと第2目標をクリアし、最終534006655340066653400667的には6匹で底は終了だ。実釣2時間。う~ん、辛かった。これで次は宙なのだが、こん53400668な感じで推移するなら、早く終わったほうがいいに決まってる。竿は9尺のままで、仕掛けとウキを交換。餌はいつもの両ダンゴ。前回の「お」の仕掛けのままなので、ハリスを交換。空は今にも泣き出しそうだが、何とか午前中は持ってくれ。10時少し前に再開だ。「たな」は1本半(4本継ぎ)。とりあえずウキの馴染み具合を見よう、と適当に餌付けし、餌打ち。その間にスポーツドリンクを飲む。すると、一旦馴染んだウキが再び寝ようとする。これに合わせると、5340066953400670第1投で1匹目ゲットだ!ただしサイズは小。続いて餌打ちすると、今度はウキがズバッと入って、難なく2匹目。最近はほとんど「たな」1本でやっているが、今日は1本半がいいのかも。しかぁ~し、次のあたりも消し込みだったが、痛恨のバラシ。すると、ここからウキの動きが一気に悪化。場が荒れたのかなぁ。そこで、私の定番「餌に手水を打って軽く混ぜる」で対応。今日は何としてもこのままの状態で続行だ。「たな」を変えたり、「お」への移行は考えないようにしよう。すると、ズバッと5340067153400672いうあたりが復活し、次は宙では本当に久し振りのダブル!これは嬉しい。そして、連荘でもう1匹。本当に餌を少しいじっただけでこんなに変わるのか?宙では第2目標をクリアし、トータルでも第3目標達成だ。それからは多少間が空くことはあっても、あたりが途切れることはなく、小気味良いあたりでポツポツと5340067353400674534006755340067653400677数を増やす。サイズはまちまちだが、30cmオーバーも混じる。底の頃には思いもよらない展開に、ただただ驚くだけ。10時台にはダブルもあって8匹を追加し、宙でも第3目標クリアだ。しかも、最近の宙は「お」ばかりだったのが、今日は両ダンゴでこの結果。素晴らしいの一語。11時を過ぎてもペースは落ちず、ラス53400678534006795340068053400681534006825340068353400684前には上がりべらゲットだ。オーラスは残念カラだったが、実釣2時間で17匹なら上出来。トータルでも実釣4時間で23匹。しかも底より宙の方が多い。あたりもほぼズバッと爽快だったので、今日は気持ち良く帰れそうだ。片付け。今日は餌をいじったのは1回だけ。「たな」や釣り方も変えなかった。最近はすぐに両ダンゴから「お」に逃げたり、「たな」を上げ下げしたりして迷53400685走気味だったのだが、我慢して両ダンゴで続けることも必要かもしれない(←今日たまたま結果オーライだっただけかもしれないが)。片付けの最中に12時のサイレン。こちら側奥のほうには何人か入ったようだ。さあ、雨が来る前に帰ろう。明日はOG氏と大久保の予定だが、天気はどうかな?気持ち良く池を後にした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月15日 (月)

早速飲んでみました

Docu0001ノンアルコールビール風味飲料、キリンFREE。早速飲んでみました。う~ん、以前からある同種の飲料とそんなに違う感じはしない。もちろん、ビールの風味でもない(一瞬はビールテイストを感じたが)。ただ、アルコールが0.00%というのがキモなので、わずかではあるがアルコール分を含む同種の飲料とは異なるのだが。
これはビールとは全く違う「炭酸飲料」だと思ったほうが良さそうだ(元々そういう飲み物)。好んで飲みたいとは思わないが、車でお出かけの際にどうしても1杯やりたくなった場合に、これで我慢するかもしれない程度。


P.S.この画像はスキャナーで撮ったもの。最初デジカメで撮ろうとしたら、手ぶれ補正が付いていないので、何度トライしてもボケボケ。スキャナーではうまくいかないのでは、と思いながらやってみると、これが結構いける。昆虫好きな養老先生が、昆虫をスキャナーで取り込む話を何処かで見た?記憶があったので試してみたのだが、この方がデジカメよりグー、だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月14日 (日)

予定外&例会&橋の真下&バットさん@都田

今日は資源物回収の日。溜まった新聞紙などをよっこらしょと出し、朝食を摂ってのんびりしていたら、8時過ぎにバットさんからメールが来ている事に気づく。ヤバイ、7時半頃のメールだ。今日はどうするかというお誘いだった。私の予定では大久保だったが、今日はやけにのんびりしてしまい、既に出遅れているため、大久保はもう常連さんで一杯だろう。それでお休みでも仕方ないと思っていたところだった。しばらく考えたが、昨日竿を出せなかった都田もあるかもね。予定外だがとりあえず都田へ行きますと連絡して家を出る。既に9時過ぎ。空は曇り、風もないので、竿を出すには良い環境か。しかぁ~し、駐車場に着くと、車が溢れている。まずは池の様子を見に行こう。橋まで行くと、ゲゲッ、今日は例会か?対面にはビッシリと人。こちら日陰側にも。ざっと数えたところ、25人。もう例会に間違いない。入る場所もなさそうだし、どうしよう。バットさんには現状を報告。私のいつもの場所付近では竿が曲がっていない様子。しばらく橋の上で悩んでいたが、例会で食い渋っているところで私が何匹か釣れば、それはそれでカッコいいのでは?と言う良く分からない理由で竿を出すことに決定。バットさんにはボウズ覚悟でと連絡しておく。車に戻って荷物を降ろし、池に向かう。空いているのは橋の下辺りしかない。最近は入ったことがないので、やはりボウズ必至か。足場の良さそうな、橋の真下5340063553400636に入る。うわぁ、こんな人出は久し振り。これで果たして竿を曲げることが出来るか?さあ準備しよう。もちろん底から始めるが、幾らなんでも9尺はなさそうだ。11尺にしよう。餌はいつもの両ダンゴ。対面坂の下では、長い竿の人が竿を曲げている。全くの食い渋りというわけでもなさそうだ。それに、左の方では私の準備中に竿が曲がり始めた様子。ひょっとして「ボウズ覚悟」は大袈裟だったか。とりあえず今日の目標は、ボウズ回避の1匹としておこう。底も取れ、開始は9時45分。冬場でもないのにこの遅さ。滅多にありません。紫外線対策で傘を出しておく。さて、餌打ち開始後しばらくはウキが動かない。まあまあ、良くある事。どんどん餌打ち。しかぁ~し、なかなかウキが動き出さないので、少し焦る。でも、時刻を見るとまだ開始して15分くらいしか経っていないぞ。気持ちを落ち着かせよう。と、ウキがモヤッと返した!来たか?と、ここでバットさんからメール。見ると、対面で手を振っているのはバットさんではないか。遂に来ましたね、私の罠の中に。バットさんからウキに目を戻すと、いきなりのあたり!これに合わせればやったかかりました!サイズはともあれ、これで今日の目標は達成だ。気持ちが落ち着く。すると、何と言うことでしょう、そこからあたりが連発し、しかもそれを全て拾え、久し振りの5340063753400638534006393連荘ではないか(←サイズはさておき)!良く見ると、皆さん竿が曲がっているようで、最初から食い渋りなどなかったかのようだ。な~んだ、それなら目標は一気に第3目標としよう。もう1匹追加したところで、バットさんがこちらにやって来た。まだ何処で竿を5340064053400641出すか決めていないようなので、時間も遅いことだし、ここで竿を出しましょうと罠を仕掛ける。バットさんは車に戻って考えると言い、一旦去った。引佐天池と比べているのかな?私はもう1匹追加し、いつもの第2目標もクリアしている(←サイズはさておき)。これなら第3目標など軽い軽い。しかぁ~し、次第にウキの動きが悪くなる。何故だ?何故だ?数を稼げないではないか。対面坂の下の人は相変わらず竿が曲がっている。ペースも落ちないようだ。やはりどんな時でも釣れる人は釣れる5340064253400643んだなぁ。私はそれでもポツポツとあたりを拾う。バットさんは覚悟を決めたようで、荷物を持って坂を下りてきた。私から草むら一つ隔てたところに入る。11時頃開始か。竿は10尺の底。しかぁ~し、この頃から波が出始める。私は橋の影があって、何とか白波にも対応出来るが、バットさんとこちら側の例会の人達は大変ではないか。それにウキの視認性が悪くなるのと同時に、ウキの動きも悪くなるダブルパンチ。餌が粘りを出したのが良くないのかな。11時を過ぎてしまった。ウキが馴染んでから戻さずにあたるとカラ、戻してからだと待ってもあたらない。ウキ下の調整はもちろん行うが、なかなかあたりを出すのは難しく、セットの方がいいかもしれない。が、餌も減ってきたことだし、このまま行こう。すると、数少ないあたりのうちにはかかるものもあって、終了の12時少し前までに3匹を追加。ようやく予定の第3目標が達成出534006445340064553400646来た。実釣2時間超で10匹。サイズは多少大きくなったが、尺まではいかない。途中の頃には20~30当たり前という感じだったのが、やっとこれだけ確保出来ました。やれ53400647やれ。さあ次は宙だ。その前に、バットさんの様子を見に行く。あたりはあるが乗らないとの事。しばらく見ていると、確かにあたっている。おっ、12時のサイレンだ。それでは私も次の準備をしよう。さて、竿はどうしようかな?やっぱり9尺で行こう。餌はいつもの両ダンゴ。「たな」は1本(4本継ぎ)。再開は12時15分。いつもなら帰っているか後半の途中の頃。すると、第2投で、ウキが立ってからすぐに消し込んだ!やったと合わせるがバラシ。おそらく擦れだろう。しかぁ~し、これが災いしたのか、次第にウキの動きが弱くなる。でも、まだ底の貯金があるから、もう少しこのままで続けてみよう。でも、ウキはどんどん動きを弱め、最後には動かなくなる。いつものことではあるものの、一体どうすれば良いのか、相変わらず分からない私。餌に手水と「たな」の調整も効かず、餌打ちマシーンと化す。1時に近くなり、そろそろいつもの「お」に行こうかな?本当は両ダンゴで通したいが、ムリ。上ハリ53400648スを縮め、再開。すると、第2投でウキが消し込み、難なく宙の1匹目ゲットだ。なんだかなぁ(←阿藤快風に)。でも、やはりバラケが良くないのか、どうしてもバラケに来てしまうようで、あたって合わせても「お」が付いてくる。元々はダンゴ餌だから、ある程度は持ってくれないと困るのだが、バラケとなるとそうはいかない。でも、新たに餌を作ることはしない私。何とか作った餌で終わろう。それから「たな」を上下するが、前回と同じ1本弱でもう1匹ゲットした後に、今5340064953400650まで使っていた「お」の極小がなくなる。それでは、ミクロを出そう。すると、再開後第1投であたり!3匹目をゲットだ。何かを変えるとすぐに反応するが、じきに慣れてしまうようで、それからはサッパリの状態に戻る。う~ん、困った。2時に近づき、いよいよ例会も終わりのようだ。もう少し待っていれば、例会の人達が囲っていたへらが開放されて釣れるようになるかも。でも私の餌も残り少ない。両ダンゴからバラケになったおかげで、多少は餌の消費が抑えられ、2時過ぎまでは何とかありそうだ。さて、ウキの動きがなくなったので、再度「たな」を詰める。ウキからオモリまで50cmくらい。いわゆるカッツケ状態だ。これで勢い良く合わせると、ハリストラブルは必至。もしそうなったら、その時点で終わろう。すると、「たな」を変えてからすぐに連荘が出5340065153400652る。これは素晴らしいが、続かない。例会が終わって、皆さん計量している。対面坂の下の人が一番竿を曲げていたようだが、サイズが不明なので必ずしも優勝とは言えないかも。私は最後の数投を段差のまま両ダンゴで打って、早く終わらせようとする。すると、ラス前にあたり!やった上がりべらゲットか?しかぁ53400653~し、右手の水草に入り込み、逃げられた。ガクガクッ。その後最後の1投も叶わず、2時27分に終了。実釣2時間超で5匹!これは辛い。が、私にしては良くやった方かも。底と併せ、実釣4時間半で15匹。思ったほど食い渋りでもなかったが、爆釣でもない。片付け。バットさんもそろそろ終わると言うので、背後でミニ岡ジャミ。一緒に駐車場に戻る。気温が上がっていなくても、息が切れるのは単なる老化か?バットさんの釣果は聞かなかったが、ブログを見ればいいか。駐車場で挨拶して解散。私は炭酸飲料を買ってガブガブ飲みながら池を後にした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年6月13日 (土)

さすらいのへら師は竿を出さず

昨夜は涼しかったせいか、グッスリと眠れ、目が覚めたら7時前。昨日の釣行でかなり疲れたので、今日はまぁ見学くらいにしておくかな、とバットさんにメールすると、今日は既に都田で竿を出しているとの返事が。これは珍しい。朝食を摂ってから見に行こう。8時少し前くらいに家を出る。曇っていて風もなさそう。まさに釣り日和だが、果たしてどうか。駐車場には既に沢山の車が停まっている。あっ、あったあったバットさんの車。塩ビ管にいるようなので、いつもの道ではなく、公園の指標があるところからゴソゴソと木々の中を下りる。あれっ、随分奥に出てしまった。先客に挨拶しながら塩ビ管に戻る。いまP1000073P1000074したいましたバットさん。既に4匹ゲットしているとの事。ただ、皆さんあまり竿が曲がっていないようだ。見ると、私のいつもの場所付近も満杯。人出が多くなって食い渋っている?対面には1人もいないんだがなぁ。しばらく岡ジャミをしていると、バットさんに急な仕事が入って、9時頃に終了になってしまった。残念ながら私が見ている間に竿は曲がらなかったが、あたりは見た。駐車場で挨拶して解散したが、私は何故か竿を出そうかなと思い立ち、まずは引佐天池を目指す。池には「名人」さん1人だけ。あとはバサー。バットさんが言っていたように、ここも釣れないようだ。一旦は車を空きスペースに停めたのだが、何故か再度出発。今度は小野の池に向かう。しかぁ~し、池に着いてビックリ。坂を下りた駐車スペースには、車が3台も停まっているではないか。私も坂の途中に車を停めて、池の様子を覗うが、釣り台に2人。手前の人がしきりと顔をぬぐっている。何だろうと思っていると、じきに分かった。虫!都田と同じ小さな虫が大発生していて、それを追い払っているのだった。駐車スペースがないこともあって、急にやる気が失せる。そのうえ、坂で見ている私にも虫の大群が来襲。たまらない。これは撤収が正解でしょう。バットさんにもその旨連絡して、池を去った。しかぁ~し、虫は私に付いてきたようで、車中でも顔に違和感。運転中に顔をぬぐう。車の運転にも支障が出かねない虫。でも、これも野池の宿命。虫もビーへーも自然の一部なのだから。結局3つの池で竿を出さずに終わった。さすらいのへら師の苦悩は続く。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月11日 (木)

ダイシン理容

今日、ようやく安い床屋へ行った。今までは、かつて通っていた床屋への利用回数を月1回から2~3ヶ月に1回に抑えていたのだが、髪が伸びるのが早い私(苦髪楽爪って知ってる?)、夏場になるとモサモサした髪が鬱陶しくて仕方なかった。知り合いからも安い床屋がいいよと言われていたのだが、なかなか新しい事にチャレンジ出来ない私は、ズルズルとその利用を先延ばしして来たのだった。だが、もう背に腹は変えられない、行ってみよう。図書館へ行くついでに、遂にダイシン理容に入った。中は広いなぁ。どういうシステムか分からず、入り口付近でモタモタしていると、店員の方が丁寧に説明してくれた。まずは券売機で、調髪の券を買う。顔剃りとシャンプーがセットになっていて、1800円。いつも行く床屋の半額以下だ。それを持って店員の方に渡す。前回床屋に行ってからほぼ3ヶ月。かなり伸びている髪を、全体に短くしてもらう。シャンプーと顔剃りも含め、所要時間は30分くらい。簡単だが、これで充分だ。いやぁ、すっきりしたなぁ。今後はこちらで調髪することにしよう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年6月10日 (水)

60000アクセス達成

111今気づいたのだが、さきほど60000アクセスを達成したようだ。以前と同じ感想だが、これからもコツコツと更新するだけ。釣り以外の話題もポツポツと交えながら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 6日 (土)

一転食い渋りか@都田

朝から降っていた雨も昼までには上がり、私は休竿だとしても他の人達はどうだろう。とりあえず都田へでも行ってみようかな。2時前に駐車場に到着。おっ、雨が上がったせいか、車が多いぞ。この中のどれくらいの人が竿を出しているのかな?あまりに蒸し暑いので、今日は炭酸飲料を買いながら池の様子を見に行くと、対面看板横に1人。対面にはその人だけ。こちら日陰側には、おおっ、橋の下付近からずっと竿が並んでいるではないか。ざっと数えて10人。果たして竿は曲がっているか?10分以上見ていたが、P1000071P1000072残念竿が曲がることはなかった(←ひょっとして私の見落としかもしれないが)。あまりに暑いので、見学を中止してT海釣り具で餌を買って帰ることにする。ついでにと言っては何だが、釣り好きに今日の状況を訊くと、バットさんがこれから竿を出すようだ。ブログ更新を楽しみにしていよう。いつもならスイスイと進む車も、今日は休日、なかなか進みません。やっと餌を買い、家路に着くが、結構時間がかかってしまった。それで、帰る途中に寄る筈だった他の予定はキャンセル。さて、明日は朝から好天だから、今度は竿を出すつもりで都田にでも行くとするかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »