« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月30日 (木)

一転クソ暑い大久保でOG氏が@大久保

今朝の天気予報では、今日は曇りのようだ。多少暑くても我慢出来るかも。それなら大久保にでも行ってみようかな?8時半頃OG氏に連絡。OG氏も来ると言うので、まずはトイレに寄って(大久保にはトイレなし)からゴー!9時過ぎに池に着くと、OG氏は既に来ていて、堰堤一番左端の釣り台で準備中。私もその右に入る。空は曇っているが、確5340092253400923かに暑い。まずは傘をセット。それから準備だ。OG氏はいつものように9尺宙の「お」。私は9尺宙の両ダンゴで行こう。最初の餌は、特S:パウダーベイト・ヘラ:バラケマッハ:水を1:2:1:1だ。傘のセットに手間取るOG氏を尻目に、「たな」1本半での開始は9時10分。もう汗まみれ。すると、すぐにウキが動き出す。が、多分これはジャミ。それ53400924が証拠には、その後いいあたりでかかって来た。やれやれ。でも、これがやがてへらに変わるはず。遅れて開始したOG氏も、すぐにウキが動き出したが、こちらは本物が擦れてかかってきた。私もバラシが出るが、これも本物だった。こりゃぁ高活性か?しかぁ~し、昨日の都田と同じく、素晴らしいカラツン。一旦雨が降り出すが、じきに止んだ。OG氏は擦れてもう1匹。「た53400925な」が浅いようなので、釣れない私も真似て1本にしてみる。すると、ようやくあたりに合って1匹目。良かった~。この池では、最初にバラすと釣れないという私だけのジンクスがあるのだが、今日は大丈夫か?既に私のウキが立つ辺りにはへらが沸いている。何だかなぁと言う感じ。OG氏のウキの周りも同じ。次第に空が晴れてくると、湿気に加えて本当に暑い!さて、何と53400926かもう1匹追加した私だったが、その後はさっぱり。「たな」を上下したり、餌に手水等対応してみるが、あたりそのものが減ってきた。一方OG氏もバラケに食ってきた1匹に加え、またも擦れ。でも、トータルでは4匹と私を離している。10時頃、常連さんがやって来て、堰堤右端の釣り台に入った。私は思い切って、見えているへらを釣る試みをしてみる。いわゆる「カッツケ」。しかぁ~し、いかにも仕掛けが絡みそうで、怖い。何度かあたりが出たが、おそらく擦れ。一番ヤバかったのは、餌打ちして竿を竿掛けに置いた後、ちょっと餌ボウルの方に目をやったら、竿先がいきなり引きずり込まれた!慌てて合わせるが、バラシ。これも擦れだろうが、下手をすれば穂先を失くしていた。油断は絶対禁物です。OG氏もその後パッとせず、私が「カッツケ」をやったのに刺激されて、同じく「カッツケ」を試みるとの事。今まで「お」で通して来たのは、餌付けが1回で楽チンだからなのに、今日は「お」がことごとく落ちてしまい、これでは「お」の意味がないとボヤいていたので、両ダンゴにしても変わらないと踏んだのだろう。仕掛けを直して開始すると、何とバタバタと2匹をゲット!しかもちゃんと口にかかっている。これは素晴らしい。これからは「カッツケ」で勝負するよ5340092753400928うだ。私も釣れなくなってから1時間ほど経って、ようやく2匹をゲット。第2目標まであとわずか。しかぁ~し、餌が尽きて11時過ぎに一旦終了。後から来た常連さんは、あっという間に私の結果に並んだ。素晴らしい。既に釣り台の周りには、やる気のないへらが集まっている。これがほとんど30cmオーバー。さて、続いての餌は、いつもの特S・天々・マッハの両ダンゴ。懲りずにダンゴで続行だ。OG氏はバタバタと2匹「カッツケ」で釣ったあとは、何故か失速。バラシのオンパレード。仕掛けトラブルも出る。私は「たな」1本半で再開するが、ウキが馴染まない。馴染んだとしてもあたりが遠くなる。カンカン照りで餌が乾かないよう手水を打つが、釣果には反映されないようだ。それよりも「たな」を1本に戻そう。すると、ようやくあたりが出始めるが、や53400929はりカラ。ウキの周りにはパクパクが見える。餌付けをいろいろ試していると、やっとあたりに合って、第2目標をクリ53400930ア。今日は第3目標は難しそうだ。その後、もう1匹かかって、やっとOG氏に追いついたと思ったら、ほぼ同時にOG氏も竿を曲げていた。せっかく追いついたと思ったのに、としょげていると、OG氏がスパート。あれよあれよと言う間に3匹を追加し、私の6匹に対して10匹。擦れを差し引いても負けている。本人は食いあたりと擦れを見切ったとうそぶいており、まだまだ釣れそうだ。12時頃になって、常連さんが2人。堰堤の釣り台が埋まった。この人達は、浅い「たな」で始めると、すぐにへらをゲット!毎日のように来ている人は強い!私もOG氏も地合に関係なくポツポツとあたりを拾い、差は縮まらない。私は第3目標まであと1匹534009315340093253400933と、途中まででは考えられないよう展開に持ち込んだが、あと1匹が出ない。OG氏は再度の仕掛けトラブルでテンションが下がり、私の2回目の餌の終了に合わせて終わるとの事。暑くて汗ダラダラ。おまけに腹も減ってきたので、終了は止むを得ないか。1時過ぎに最後の1投。だが、甲斐なく終了だ。結果、実釣4時間強で9匹。いやぁ、難しかっ53400934た。昨日の都田があまりにも良かったので、それがこの池でも通用すると思った私が甘かった。OG氏は擦れを差し引いても10匹。「カッツケ」だけで9匹を釣った。こちらも素晴らしいの一語。片付け。まだこれから暑くなりそうだ。片付けが終わる頃には余計な汗でビッショリ。車に戻り、次回は曇りの日にしようと言って解散。私は環状線を北上した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月29日 (水)

こんな日に竿を出せて満足だ@都田

昼食後、用事で外出したついでに、急に釣りがやりたくなった。幸い、今日はまだ雨が降っていない。さて、どうしようか?片付けが楽な大久保もチラッと頭をかすめたが、やはり都田でしょう。途中、竿ケースを忘れたことに気付き、ロスタイムが生じたが、「そんなの関係ねぇ~っ!(←古っ!)」。駐車場に車は少ないが、猫がど真ん中に寝そべっているので、危うく轢きそうになった。とりあえず飲み物を買い、橋まで行って池の様子を覗うと、泥水に波。私のいつもの場所に1人と、塩ビ管付近に1人の計2人が竿を出している。何処でも入れそうだが、帰りが楽な旧爆釣ポイントにしよう。急いで車に戻り、荷物を降ろして池に向かう。水が勢い良く流れ込んでいる。先客に挨拶して状況を訊く5340090753400908と、底はあまり良くないようだ。以前masaさんから聞いたとおり、土砂が池に流れ込んで底の状態が悪くなっているようなので、今日は宙で行こう。先客も橋から見ている時は底だったが、今は宙にして竿を曲げている。さあ、早く準備しよう。竿は9尺で餌はいつもの特S・天々・マッハの両ダンゴ。湿気で準備中から汗、汗、汗。おまけにもう蚊にさされた。あっ、今まで気付かなかったが、対面看板横に1人準備中。さて、「たな」1本半で開始は1時40分。餌はこれ1回だけしか作らない。従って、終了は2時間後の予定。餌打ち開始すると、何と2投目からウキが動き、3,4投目では消し込みのカラツン。こんなに水が濁っているのに、餌が見えるのか?また、こんなに早く寄るのか?その後何度となくカラツンを味わうが、どうも餌が「たな」に届く前にさわっているようなので、「たな」を1本にしてみる。すると、いきなりのバラシ。う~ん、なかなか釣れないなぁ。早く1匹釣って、雨が来たら逃げよう。1本の「たな」でもカラツンの連続。ようやくかかったの5340090953400910で、さぞかし時間が経ったかと思えば、まだ開始して20分。カラツンの連発で、時間の経過が把握出来ていないようだ。でも、これで帰れる。すると、じきにもう1匹。いつもここまではOKだが、この後が肝心だ。やはりハリスが絡んでいて、早くも交換。雨もポツポツやって来た。荷物に覆いをかける。雨の降り始めは釣れると言うが、その後ポツポツとあたりを拾い、何とか第2目標をクリア。しかぁ~し、534009115340091253400913雨が激しくなって傘をセットすると、こりゃぁ帰れそうにないかな。奥にいた先客が帰った。我々と看板横は続行。だが、雨はどんどんひどくなる。まだ1時間くらいしか竿を出していないが、もう良しとしようか。いや、ここまで来たら第3目標まで行くぞ。後ろから5340091453400915は滝のように雨水が流れ込んでくる。それから2匹を追加。あたりはほとんどがズバッという消し込みで、非常に気持ち良い。が、次のあたりではかなりのビッグサイズと思ったら、目に擦れ。スマン。また、凄い消し込みに合わせもきつくなったのか、合わせ切れも出てしまった。雨の中交換。3時前に雨が小止みになったので、先客が終了。空は明るくなったが、またいつ雨が落ちてくるか分からないので、止めるか続けるかは一種の賭け。私は続行を選択。先客は頑張ってと言って帰った。対面看板横も続行のようだ。雨が餌ボウルに入って、餌の表面がやわやわになっ5340091653400917てしまった。餌付けが難しいし、餌打ちも大変だ。が、この餌が良かったのか、その後連荘が出る。いよいよ第3目標にリーチ。しかぁ~し、餌の内部は以前のままで、それを付けて餌打ちすると、再びカラツン。目の前をニゴイが行った53400918り来たりするので、つい餌をあげてしまう。すると、餌をよこすのが当たり前という感じで目の前に留まり、こちらを睨んでいる。仕方なく餌を丸めて何度となくあげた。が、やがて白い鯉と一緒に何処かへ行った。さて、3時を過ぎ、何とかあと1匹。すると、特に何か対応したわけでもないの5340091953400920に、あたりに合って第3目標達成だ!しかももう1匹というオマケ付き。もう充分でしょう。空が明るいうちに早く餌を打ち切ろう。そして、3時半少し前に餌が尽きて終了。最後の1投もカラツンだった。結果、実釣2時間弱で11匹は私53400921にとって上出来。泥水でどうなる事かと思ったが、何故かウキが良く動いた。もっと上手に対応していれば(←本日のタラ・レバ)、20くらいは行ったと思う。このところの雨でへら師が池に来ず、餌が不足していたのかもしれない。さあ、雨が来る前に片付けなければ。汗まみれになって片付け。対面看板横の人も終わったようだ。今日は急に思い立って都田に来たが、途中の大雨にもめげずに何とか釣りを終える事が出来た。ほぼ1週間ぶりに竿が出せたので、結果はともかく満足だ。駐車場に戻り、荷物を積んで家路に着いた。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年7月28日 (火)

タルツさんのブログ、復活

今朝覗いてみたら、タルツさんのブログが更新されていた。いろいろな事があったようだが、釣りが嫌になることはないそうなので、まずは一安心。ただ、更新のインターバルはこれまでより長くなりそうだ。時々は見に行くようにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅雨明けしない

このところ、ずっと雨が続いている。一体いつになったら梅雨明けするのか。先週来釣りにも行けず、やや欲求不満。予報では今週中は雨のようだ。この長雨で、都田も地盤が危うくなっているのでは、と少し心配。水量はおそらく増えているから、岸辺の様子も変わっているかも。今日は見に行くだけ行ってみようかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月25日 (土)

釣り場巡り

今日は朝方天気が良くなかったので、なかなか出かけられずにいたが、10時頃ふと出かけてみようかと思い立った。家を出ると、うわっ、蒸し暑い!早速車のエアコンをオン。53400897_2まずは都田。車はそこそこ停まっているが、へら師はどうかな?橋の上から確認。水は相変わらず泥色。波が出ている。風が湿気を帯びていて、体にまとわりついてくる。日陰側奥の奥の辺りに数人見えるぞ。こんな天気の日でも竿を出すんだ。偉いなぁ。じきに体がべたべたしてきたので、急いで車に戻り、スポーツドリンクを飲みながら、次は西の谷方面だ。しかぁ~し、ぼんやりしていた53400899のか、西の谷を通り過ぎてしまった。そこで、東の谷から見ていこう。うわっ、車が沢山停まっているぞ。新旧の池を併せて10台以上だ。とりあえず写真だけ撮っておこう。しばらく来ていないが、都田に比べてこの人気は一体何だろう。次は奥の池。ここには車が3台。へら師は堰堤と右岸の桟橋に1人ずつ。相変わらず底釣り限定の看板が掲げてある。ここも水は濁っているが、正面534009005340090153400902の景色はなかなかだ。写真をクリックすれば、拡大されたものが見られます。さて、通り過ぎた西の谷の様子はどうかな?この辺りは新しい道が出来つつあるが、なかなか開通しない。何故だろう。西の谷の駐車スペースには車が2台だけ。東の谷との違いは何5340090453400903処にあるのだろう。ざっと見渡しても、へら師の姿はない。さて、帰るとするかな。362を戻る。途中、何故かふらっと新池方面に右折。池の下の駐車スペースには車が1台。1人が車から釣り具を降ろしているので、挨拶して何が釣れるか訊いてみると、ヘラブナ5340090553400906かマブナとの事。池の半分が草で覆われてしまっても、まだ釣れるんだ。今度気が向いたら来てみようかな。池を見渡してから、家路に着いた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月23日 (木)

強風とカラツンと@都田

今日は昼頃には明るくなるとの予報を受け、8時半過ぎに家を出る。目的地はもちろん。駐車場に着くと、こんな天気でも車は多い。これみんなへら師?急いで橋まで行き池の様子を覗うと、あれっ、人がまばらだ。対面には階段下辺りに1人。こちら側はOT氏のいつもの場所だけ。後は塩ビ管方面に数人。水は泥色、既に波立っている。さあ、何処でも入れるぞ。久し振りにいつもの場所にしようかな。いや、せっかく日陰が空いているのだから、日陰(旧爆釣ポイントから木を隔てた奥)にしよう。車に戻って荷物を下ろし、池に向かう。空はどんより。いつ雨が来てもおかしくない。さあ準備だ。と思ったら、15340088053400881人やって来て、私の左に入った。さて今日も11尺で底から行こうかな。あっ、餌を忘れた!一体何度忘れれば気が済むのだろう。次回こそは忘れないぞ。夏が残り少ないので、それを基準に夏:スイミー:特S:水を全て1の両ダンゴを作る。波で底が取り辛いが、何とかなった。開始は9時半。ウキの馴染み具合を見ながらウキ下を微調整。すると、数投でウキが戻すではないか。こんな悪天候でも高活性?そしてチクッというあたりが!残念カラ。すると、そこから連続してカラばかりが続く。おまけに泡付け。前回同様53400882へらの寄りがキツイのか。カラを5,6回繰り返した後に、ようやく1匹目。サイズは予定通りの小。まあこんなものでしょう。あたりはまだまだある。しかぁ~し、かからない。思わず「あれっ!」という独り言が。ようやくあたりに合ったと思えば、今度は「ライク」、いや正真正銘のマブナ。ホント良く53400883引くね。まだまだあたりはあるぞ。しかぁ~し、ここからバラシの連発。おまけに、風・波が大きくなってきた。雨もポツポツ。雨はじきに止んだが、風・波は収まらない。ウキが流され、またシモッてあたりが分からない。偏光グラスを出してみるが、あまり効果がなかった。こうなったら、風・波が5340088453400885弱くなった頃を狙ってあたりを拾うしかない。すると、連荘で2匹をゲット。何とかこのままで行きたいが、再び強い風・波。そして、今日はやけに餌の減りが早く、もう残り少ない。そんな筈はないのだが、最後の1投も効なく、終了は10時半過ぎ。わずか1時間しか餌が持たなかった。カラツンで無駄に餌打ちしたせいかも。でも、まあ仕方がない。実釣1時間で3匹(マブナ1匹含まず)。次は竿を9尺にして宙だ。餌は私の定番、特S:天々:マッハ。「たな」1本半で開始は10時50分。すると、何と3投目から消し込みが出る。これは一体・・・。おまけに、再びの泡付け。そんなに沢山へらがいるのか?すると、そこから宙でもカラツンの連発。とにかく消し込みに合わ53400886せるしかない私。すると、やったかかりました!これは大きい。35cmくらいある。こりゃぁ幸先いいぞ。とにかく消し込みに合わせれば、いつかはかかると言う事だ。すると、波53400887の中更にもう1匹。こちらもサイズはグー。ようやく第2目標クリアだ。次は宙での第2目標、その次は合計での第3目標・・・。しかぁ~し、「たも」の中でハリス切れ。急いで交換するが、微妙な時間のロスのせいか、ウキの動きが悪くなる。私のいつものパターンと言った方が分かりやすいかもね。風・波が強くなる中、ウキは悪いなりに動いており、時折消し込みが出るが、カラ。餌はまだ触っていない。餌付5340088853400889けだけで対応。とにかくあたりに合わせるだけ。すると、ようやく1匹。宙だけでの第2目標まで行きそうかな?その後もう1匹追加して、いよいよ宙での第2目標にリーチだ。だが、次第にウキが流されるようになったのは、へらが少なくなったせいかも。そういえば、最初の頃に比べて餌打ちのインターバルが長めになっている感じ。隣は餌を作り替えたらしく、急に竿が曲がるようになった。私もあれくらい続け53400890て竿が曲がるといいのに、と思いながら餌を切ると、あれっ、かかってます!まあ、何でもいいからかかればOK。しかもサイズはグー。多分その前のあたりを見過ごしていたに違いない。とにかく、宙での第2目標クリア。そして、トータルでの第3目標にもあと2匹。そして12時のサイレン。この頃から空が明るくなってきた。が、風・波は更に強くなる。私は日陰で傘を出していないが、傘を出している人達は大変そうだ。ウキは毎回流され、あたりも遠くなる。が、しっかり餌付けしてとにかくウキを馴染ませれば、少しは動いてくれる。そしてカラのあたり。53400891私はとにかくあたりに合わせるしかないが、焦って弱いウキの動きにも合わせてしまう。何とか1匹ゲットして、いよいよ第3目標にリーチだ。だが、餌も残り少ないし、自信がない。波はザバザバと言う感じで、もう終わっても良さそうだ。ここで、塩ビ管方面で釣っていた人が終わり、隣と話しこんでいる。奥の方には、前回底で調子良く釣っていた人と思われる人が、今日も快53400892調?に竿を曲げている様子。私もそろそろ終わりか。と、ここでいきなりの消し込み!何でもいいから合わせれば、やったかかりました!遂に第3目標クリアだ~~っ。しかぁ~し、またも「たも」の中でハリス切れ。目標も達成したことだし、もう終わろうか。いや、餌がある間は頑張ろう。急いでハリス交換。ウキの動きは決して良くならないが、時折動くので、最後の最後までネヴ53400893ァー・ギヴアップだ。すると、数少ないあたりに合って、もう1匹をゲット。これは大きい。さあ、底と同じようにカラの連発で餌の消費が早く、餌もあとわずかだ。あとは最後の1投に期待するだけ。が、最後の1投もカラで終わり。12時半を過ぎている。それでも、実釣1時間半強で8匹なら、この波とカラツンの中なら上出来(もちろん私にとって、だが)でしょう。底との合計では、53400894実釣2時間半強で11匹(マブナ1匹含まず)。これも上出来(もちろん私にとって、だが)。片付け。今日は最初は風が適当にあって、虫の被害もなく、体感温度も高くならず過ごしやすかった。しかぁ~し、カラツンには困った。途中から風が強くなると、仕掛けの振込みに難儀し、また仕掛けが流されて餌が溜まらないために、あたりの出が悪くなった。それでも、第3目標をクリアしたから、気持ち良く終われる。片付けを終え、駐車場に戻る。腹も減っていることだし、帰りにベイシアで何か買って行こうかな。そんな事を考えながら池を後にした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月22日 (水)

住所録の見直し

Docu0007パソコンの環境回復シリーズ。
友人から暑中見舞いが届いた。今年4月の異動で住所が変わったらしい。住所録に登録しておかなければ、と思った瞬間気がついた!パソコントラブルで住所録も吹っ飛んでしまっている・・・。
いや、何故かちゃんと取ってありました、外付けのHDDに。やれやれ。
筆まめを再インストールして、住所録もついでに見直してみよう。すると、市内では区が入っていない。これは最新のものではないな。年賀状と突き合わせて一通りチェックし、変わっているものについては再度入力した。これで今年の年末は大丈夫だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月20日 (月)

暑いうえにカラツンと来たもんだ@都田

今日も暑い。が、このまま家にいても暑さは変わらない。それなら、ゴー!しかぁ~し、相変わらず出が遅く、駐車場に着いたのは9時頃。やはり車が多い。とりあえず橋まで行って、池の様子を覗うと、OT氏のいつもの場所から旧爆釣ポイントまでは満席。その奥にも先客。塩ビ管付近にも入る隙間はなさそう。おっ、対面看板横にも1人入っている。頑張っているなぁ。さて、どうしようか?汗をかきながら考える。こちら側橋の下か、旧爆釣ポイントの奥の奥のいずれかだ。よし、ちょっと大変だが、奥の奥にしよう。車に戻って荷物を降ろし、池に向かう。途中、新しく出来た道?を通って旧爆釣ポイントまでをスルー。先客に挨拶して、その左に入れさせてもらう。もう日が当たっていて、暑い!5340086353400864早く釣り台と傘をセットしないと。先客は宙のようだ。私の準備中にも竿を曲げた。さて、今日も底の餌を忘れる体たらく。だが、それでも底をやるぞ!竿は11尺で、餌は夏:スイミー:水を2:1:1の両ダンゴだ。底を取り、開始は9時40分。最初から汗ダラダラ。スポーツドリンクをゴクゴク。さて、餌打ち開始後まもなく、何故かウキの周りに泡。今まで底でこんなに泡が出たことがないので、ビックリ。もう寄っている?塩ビ管近くにはSさん?がいつものように宙で竿を曲げている。その音が聞こえてきて、プレッシャー!でも、私は底なので関係ないかと勝手に納得。泡はへらの寄りに間違いなく、じきにウキ53400865が戻すようになった。そして、チクッというあたり!いやぁ、久し振りの底のあたりだ。合わせればバッチリかかりました。ただ、なかなか寄らない。嫌~な予感。「たも」に収めると、どうだろうやっぱり「ライク」か?う~ん、「ライク」だよな。残念ノーカウント。せっかく先客がグッドサイズと褒めて53400866くれたが、仕方ない。へらの寄りはきついようで、ウキが馴染まない事もあった。が、餌が底に着けばあたりが出て、ほぼ空振りなしでかかる。あたりの回数が多くないので、結果もそれほどではないが、なかなか気持ち良い。それよりも、やや集中力に欠けるのか、よそ見をしていてあたりを534008675340086853400869見過ごす事数回。これは大きかった。再び「ライク」がかかってきたが、それでも11時ま5340087053400871でに6匹(「ライク」2匹含まず)とまあまあの数字。が、しかぁ~し、しかぁ~し、6匹目をゲットした際に、何故か竿に仕掛けが絡みつくアクシデン53400872トで、両ハリスをロスト。急いで付け替えるが、キチンと長さを測ることをしなかったせいか、その後のウキの動きが悪くなる。ウキ下を微調整して、何とかウキの戻しが出るようになった頃には、餌がもう終わりだ。底での最後の1投。あたりが出るか、餌が落ちるかのいずれかまで竿を上げない。すると、ウキが餌落ちまで戻した後に、チクッと入り、やった「上がりべら」だ!サイズも53400873そこそこ(それまではいつもの底の感じ)になり、ニコニコの終了。実釣2時間弱で7匹(「ライク」2匹含まず)。さあ、次は宙だ。先客も竿を曲げてはいるが、なかなか厳しそうな様子。さあ、竿を9尺に変え、餌は特S:パウダーベイト・ヘラ:マッハ:水を1:2:1:1の両ダンゴだ。「たな」1本半での再開は11時52分。じきにウキはモヤモヤし始めるが、あたりが出ないまま12時のサイレン。しかぁ~し、12時を過ぎると消し込みが出始める。が、全くかからず。何だろ53400874う?餌かな。それほど大きいとは言えないあたりに手を出して、ようやく1匹目。サイズもまあまあだが、どうして底より宙の方がサイズがいいのか分からない。ま、いいか。と53400875にかく消し込みには何でも合わせると、それからしばらくして2匹目。これもグー。が、そこからは全くあたりに合わない。そのうえ、次第にウキの動きが弱くなる。何だかへらがウキの近くに見えるような気がして、それなら「たな」をもう少し上げたほうがいいのかも。1本にしてみる。すると、消し込みは更に多くなるが、全くかからないのは今までと同じ。う~ん、難しい。餌が合っていないのか。でも、餌に手水53400876はもうやったしなぁ。後は手もみか。そんなこんなで30分ほど経過すると、ようやく3匹目をゲット!サイズは小。もう1時を過ぎる。先客が終了。朝からやって20匹くらいだっ53400877たとの事。この人も合わせが静かで、バシッバシッという私とは大違い。合わせの修行はまだまだだなぁ。が、先客が帰ってじきに4匹目。グ~。いよいよ宙での第2目標まで後1匹。しかぁ~し、またもかからない。そのうえ、たまにかかったと思っても、寄せる途中で何故かバラシ。確かに口にかかっていると思うのだが、不思議だ?「たな」を少しの間1本半にしてみるが、馴染むまでに消し込みが出てカラ。再び1本に戻す。餌が残り少ないので、1本鈎釣法。これなら、消し込みはほぼあた53400878りの筈。すると、やったかかりました!1本鈎釣法の霊験あらたかだ。これで宙での第2目標クリア!だが、これもすぐに効果がなくなり、最後の1投も効なく、1時半過ぎに無念の終了。宙では実釣2時間弱で5匹!底と併せて4時間弱で12匹(「ライク」2匹含まず)。塩ビ管の方からは、カラツンを脱したSさんのへらを寄せる音が連続して聞こえてくる。う、裏山鹿~。片付けだ53400879けで息絶え絶え。それから、更にハアハア言いながら駐車場に戻る。今日は久し振りに底が出来て、まあ良かったか。でも、宙でのカラツンはダンゴをいじるだけでは解決しないのかも(私にアームがないという事はさておいて)。そろそろ両ダンゴ以外の釣り方に切り替える頃かもしれない。残っているスポーツドリンクをガブガブ飲んで息を吹き返し、池を後にした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月19日 (日)

浜名湖の風コンサート

Docu0004P1000089今日3時過ぎに、浜松市農村環境改善センターで開催されている「浜名湖の風コンサート」をのぞきに行ってきた。体育館か講堂のようなところで、暑い中コンサートが進行していた。パイプ椅子の座席に約半分ほどの観衆。久し振りにアマチュアコンサートとやらを観て、何だか非常に羨ましくなってしまった。ザわさんのミニライブのところでも書いたが、音楽っていいなぁ。楽しいなぁ。私も遠い昔フォークバンドまがいをちょっとだけやっていたので、少しだけまたやりたくなってしまった。9月にはガーデンパークで大規模なアマチュアのフォークコンサートが2日連続で開催されるというので(しかも無料!)、こちらも興味津々だ。
Docu0005Docu0006
 
 
 
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月18日 (土)

暑い!たまらなく暑い@都田

今日は曇り後雨から1日中曇りに予報が変わったのを受けて、何としても釣行だ。OT氏からお誘いがないが、ゴー!その前に、masaさんとバットさんに今日の予定を訊くが、返事がなかったので、それでは1週間ぶりの都田へ行こう。ただ、出だしが遅く、暑い!駐車場に着くと、車の数は多いが、はてさてへら師はどれくらいいるのかな?2人が車から道具を降ろしている。私はまず橋まで行って池の様子を覗うが、車の数ほどへら師はいない。橋の下近辺は不明だが、対面はワンド辺りに1人。こちら側は旧爆釣ポイントに、最近良く見かける人が準備中。その奥には誰もいないが、塩ビ管奥には何人かいそうだ。既に汗。急いで車に戻り、荷物を降ろして池に向かう。もちろん旧爆釣ポイントの奥、日陰になっている所に入るため。先客に挨拶して到着。汗が滴っている。さあ準5340084553400846備だ。私のいつもの場所に1人入った。汗の量が半端なく、タオルは水を絞ったように濡れている。さて、今日は9尺宙から。またしても底の餌を忘れてしまった。仕方ない。餌は特S:パウダーベイト・ヘラ:バラケマッハ:水を1:2:1:1の両ダンゴだ。奥にいる黒っぽい服(後で紺だと分かった)の人が竿を曲げている。活性はありそうか?ここでmasaさんからメール。これから都田に来るとの事。さて、「たな」1本半で開始は9時半。傘の代わりに、傘まがいをセット。風がほとんどなく(もっとも、それが蒸し暑さを倍増させているのだが)、湖面は鏡のよう。多少「虫」が顔に来るが、全盛期の勢いはない。餌打ち開始してしばらくは、ウキが立ってから馴染むまでが非常に早く、餌が固いのか、それともへらが全くいないのか、非常に気になる。が、しばらくすると、ウキがフワフワ。来たぞ来たぞ。そしてズバッというあたり!やったと合わせるがカラ。その後もあたりらしきウキの動きに合わせてもカラ。私の右の2人は、私より後から始めているのに、もう竿が曲がっている。10時前になって、ようやくあたりに合った!が、凄い引き!これは・・・。ようやく「たも」に収める頃にはヘトヘトだ。やっぱり目の上に擦れている。黄金色をした、30cmオーバーのグッドサイズなのだが、クーッ。と、ここで背後から声が。あっ、ザわさんだ。仕事が忙しくて(結構な事です)竿を出せないが、岡ジャミになると言う。それなら、53400847何とか1匹は釣らないと。すると、今度こそ消し込みに合って1匹目。やれやれ。バットさんからは、今日は休みだが竿を出せるかどうかは微妙とのメールがあった。さて、ウキの動きは予想外に良くなり、これなら2桁くらいはいけそうかな?しかぁ~し、次のあたりでも凄い引き。たしかにサイズも良いのだが、今度は目の下に擦れている。ガクガクッ。ザわさんの方から、カウントカウントと悪魔の囁きが聞こえてくるが、もちろんノーカウント。それより次を釣ろう。する53400848と、まだウキの動きはなくなっておらず、またもズバッというあたり!やっと2匹目をゲットだ。サイズは擦れの方が大きいが、気にするな。と、ここでmasaさん登場。塩ビ管手前に入る。汗は一向に止まらず、作ってきたスポーツドリンクをゴクゴク。ザわさんはmasaさんの様子を見に行った。masaさんが来た頃から、地合?になったのか、あたりに合うようになり、masaさんが開5340084953400850始した11時までに2匹。更に私の最初の餌が終わった11時半少し前までに3匹の計5匹を追加だ。サイズ的にはやや寂しいものも含まれてい534008515340085253400853るが、問題なし。ザわさんは、私の餌が尽きる少し前に帰った。岡ジャミお疲れ様でした。さあ、私の第3目標クリアは間違いなし。次の餌を作ろう。ただ、ややウキの動きが悪く53400854なってきたので、トロロコブの用意もしておくかな。餌はいつもの特・天々・マッハの両ダンゴ(バラケ兼用)。餌が馴染むまで、masaさんの様子を見に行く。12尺「お」で開始しているが、既にウキの周辺には泡、泡、泡。ただ、なかなかあたりにならないようだ。私は自分の場所に戻って、「たな」1本半の両ダンゴで再開。11時35分。すると、時間が空いたのが良くなかったのか、ウキはすんなり馴染むだけ。これはマズイ。しばらくウキが馴染んだら切る、を繰り5340085553400856_2返すと、ようやくウキがモゾモゾ。そして、ズバッというあたり!やったかかりました!サイズもグー。まだ地合はあるのかな?しばらくしてまたもあたり!そして12時のサイレン。しかぁ~し、次第にウキの動きが悪くなる。やはり地合53400857か?もちろん餌に手水の対策は打つが、効果ははっきりしない。が、いきなりズバッとウキが入って、やった第3目標クリアだ!ウキの動きは良くならず、意を決して?「たな」を534008581本にしてみる。すると、再開2投目であたり!サイズはかなりダウンしたものの、何かを変えれば効果が出るということだ。masaさんがこちらの様子を見に来た。奥の方は全体的にあまり芳しくない状況のようだ。ただ、紺色の服の53400859人だけ底で好調らしい。私はその後、「たな」1本でもう1匹追加するが、ウキの動きは良くならない。そこで、「たな」を1本半~1本強と変化させてみるが、全く効果なし。1時を廻った。「たな」は再び1本になっている。餌も残り少ない。1本鈎釣法も試してみるが、ダメ。こうなったら、餌を打ち切って終わりにしよう。すると、欲がなくなった(ように感じた)のが幸いしてか、急にズバッ5340086053400861というあたりが出て、1匹ゲット。更にもう1匹。残念ながら「最後の1投」はなかったが、それでも2時間で7匹ならまあまあだ。1時半過ぎに終了。結果、前半が2時間で7匹。後半と併せて4時間で14匹と、同じ場所で前回(7月11日)を上回り、前々回(7月3日)並みの釣果となった。片付けの前に、masaさんの53400862様子を見に行くと、両ダンゴで打っているが、やはりウキの周りには泡。紺色の服の人はまだ竿を曲げ続けている。一旦自分の場所に戻って片付け。少し動くだけでも汗。片付けを終え、再びmasaさんの所に行くと、masaさんの竿が曲がった!残念バラしたが、何となくまだまだ釣れそうだ。続行との事。masaさんに挨拶、更に旧爆釣ポイントの先客にも挨拶して駐車場に戻る。本当に息が切れる。汗もボトボト。車のエアコンを思い切り効かせて池を後にした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月16日 (木)

もう一つ回復

P1000088パソコンの環境回復シリーズ。
すっかり忘れていたが、インテルの顕微鏡(おもちゃ)があった。買ったのは2000年頃かな。従って、このソフトはウィンドウズ98対応なので、現在の環境では動作しない。確かインテルのサポートがあった筈だが、と探してみるが、なかなか見つからない。おっと、あったあった。日本語ではないが、使えればいいだろう。ダウンロード、インストールしてから顕微鏡を接続。やれやれ、映った。
何故これを買ったのかは、今となっては不明だが、せっかくあるので、何かを拡大してみてみよう(一応サンプルはあるが、あまり面白くない)。ただ、何といっても30万画素なので、あまり多くを期待しないほうが良さそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月13日 (月)

後悔の果てに来たものは・・・@小野の池

明日から拠所ない用事があるので、今日は是非とも釣行だ。さて、何処へ行こうか?虫がいなくなった小野の池?何故か吸い寄せられるように車は進む。OG氏にも一応連絡。今日も出だしが遅く、池に着いたのは9時半頃。既に暑い。風は多少あるようで、波が出ている。まだ私以外に誰もおらず、車を停めて突先の様子を見に行くと、波と日差し5340083653400837でいきなりめげるが、今日はここに入ることにしよう。とにかく暑い。傘を出したいが、場所に余裕がないので、この間買った傘まがいを出そう。今日は13尺底のセット。と思ったら、底の餌を持ってくるのを忘れた!ガクガクッ。とりあえずスイミー:特S:水を2:1:1のバラケにグルテン四季の食わせを作る。すると、その後「夏」が見つかったので、バラケの上からパラパラ。餌が乾かないように、濡れタオルをボウルにかける。波とギラギラでウキの視認性が良くないので、逆テーパーの太いトップのウキを採用。底取りもやりにくく、開始は10時。最初から汗が滴る。むき出しの腕が日光で痛い痛い。タオルをかけて何とか対応。さて、餌打ちを開始したものの、すぐにあたりさわりが出るとは誰も思っていない。が、仕掛けを上げる際に、何かにかかった!これはへらか?しかも、シモッたウキがもやっと入るようにも見え、最初からやる気満々。しかぁ~し、再度何かにかかったものを上げてみると、木の枝。あ~あ。OG氏から見学に来ると連絡があったので、少なくとも昼過ぎまでは続行する必要がある。底の次は宙でもやるかな。その後はウキの返しなど見られる筈もなく、予定通りボウズ街道まっしぐら。早くも11時だ。ここで、ハリス長を調整。更に両ダンゴまたは両グルテンで打ってみるが、いずれも効果なく、今日は来なければ良かったのでは?と後悔の念が頭をよぎる。ほぼ餌打ちマシーンと化した私、ひたすら打つ、打つ、打つ。が、ウキはピクリともしない。餌も残り少なくなった53400838頃、OG氏がバイクでやって来た。この近くはバイクで通るが、ここに池があるとは知らなかったとの事。しばらく見ていたが、当然何も起こらず、暇つぶしに池の周りを調査してくると言って、一旦去った。私も残った餌を打ち終え、12時頃に底は終了。もう帰りたい。が、一応宙をやって、この池の最後としよう。ウキが宙でも使えるので、仕掛けはそのままに「たな」を1本(約1m)に設定。跳ねているへらが浅い「たな」を示していると思ったから。餌はいつもの両ダンゴ。太陽がちょうど真上に来たせいか、ウキが見難くなった。そのうえ、風で振り込みにくい。餌を少し大きめに付けて打つ。当然何も起こらず、数投打ったところへOG氏が帰ってきた。すると、何とここで初めてウキがフワッというさわりを出した。OG氏からもウキが動いたと言われ、これは間違いなくへらが来ているぞ。急に2人に緊張が走る!すると、次の餌打ちで、
 
 
 
 
 

ズバッとウキが消し込んだ!!!
 
 
 
 
 
 
 
 
慌てて合わせれば、やったかかりました!この手応え!
 
 
 
 
 
 
 
諦めずに続けていた甲斐があった・・・
 
 
 
 
 
 
 
それが、これ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 53400839
 
 
 
 
 
 
 
 
 
遂にこの池で1匹釣ったどーーーーっ!!何度もボウズを食らいながらも、遂に釣ったどーーーーっ!!「たも」の径が約35cmなので、このへらは40cm近くある。魚体もきれいで太っており、言うことナシ。OG氏も興奮。私もさっきまで絶望の淵を歩いていたのが嘘のように晴れがましい気分。だが、そんな気分に長く浸っている暇はない。2匹目を狙って餌打ち。OG氏は腹が減ったと言って、帰った。見学お疲れ様でした。全く人間の欲望には限りがなく、ボウズよりは1匹、1匹よりは2匹と欲望は深まるばかり。しかぁ~し、その後は全くウキが動かず、「たな」を上下したり餌付けを変えたり餌に手水等分か53400840る範囲で対応したが、効なく1時半に餌が尽きて終了。片付け。さすがの魚影の薄さで宙の後半はさっぱりだったが、妙な充実感がある。片付けを終え、車に戻ると、坂の上に車が2台。1人はバサーだと分かったが、もう1人は何処にいるのだろう。車に荷物を積み、バックで坂を上がりながら池を見ると、あっ、バットさんがいつも入る釣り台から更に右、草が生い茂る中に赤い傘が見える。ここに釣り台があるのかどうかは分からないが、いずれにせよ凄い場所53400842で釣っている。車から降りてしばらく見ていると、底釣りのウキが立つ周りには、底から上がってくると思われる大きな泡がボコッボコッ。えっ、どうしてあんなに泡が出るのか?すぐそばが岸辺のように見えるのに、そんなに浅いところでもOKなのか。残念ながら竿が曲がるシーンは見られなかったが、まだまだこの池には秘密がありそうだ。今回限りでこの池は終わりにしようと思った私の気持ちも、結果が出たことで変わった。OG氏も、私の竿が曲がるのを見てかなりやる気が出たようで、次回は一緒に竿を出しても良いとメールしてきた。まあ、とにかく今日は万々歳の半日でした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年7月12日 (日)

ようやく一つ片付いた

Photo1HDDが壊れてから2ヶ月が経過したが、まだ100%の回復がなされていない。と言うか、元々がどんな状況だったのかもはっきりしないのだが。
そんな中、ようやくワンセグが見られるようになった。これは導入時からの問題児で、導入当初もなかなか視聴出来ず、癇癪が爆発寸前だったのを、何故かは分からないが偶然チャンネルをセット出来て、そのまま何とか使ってきた代物。それが再度使用することになったら、やっぱり思うようにいかず、偶然もあり得ず、1ヶ月以上放っておく事になったのだった。
今日、何気なくもう一度やってみようかな、と思い立って、ソフトのインストールから始めたのだが、ダメ。一体どうなっているのかと、アイオーデータのHPを見ると、ソフトがアップデートされている。とりあえず藁にもすがる気持ちでダウンロード、そしてインストール。すると、何と一発でチャンネルがセット出来たではないか。これには唖然とするしかない。
でも、まぁ結果オーライということで、早速都議選の結果を見ている。
以前のPC環境に戻すまで、あとどれくらいの復旧作業が必要なのかは分からないが、現在特に困っていないので、これで充分なのかも。もし何か困ることが出てきたら、また考えればいいか。でも、再度の災難?に備えて、早くフリーのバックアップソフトを探さなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月11日 (土)

一人ポツンと@都田

今日明日は天気がいいと予報が言っているので、出かけないわけにはいかないでしょう。しかぁ~し、起きたのは6時頃だったのだが、のんびり朝食を食べていたりして、出発は7時半頃。行き先はもちろん都田。暑いなぁ。駐車場に着くと、昨日とは打って変わってたくさんの車。WINDOMは停まっているのかどうか不明。とりあえず車から荷物を降ろし、池に向かう。おっ、OT氏のいつもの場所に先客。被り物から、いつもは旧爆釣ポイントに入っている人と思われる。私のいつもの場所と旧爆釣ポイントは空いているが、日が当たっているので、奥に行こう。旧爆釣ポイントから木を隔てて奥は、日が当た5340082453400825らないので釣りが楽。もっとも、釣果と結びついているわけではないが。塩ビ管付近から更に奥には5,6人が入っている。こちらも涼しそうだ。対面坂の下には1人が頑張っている。暑そうだ。さあ準備しよう。ほとんど何も考えずに7尺宙の両ダンゴに決定。餌はパウダーベイト・ヘラ4に水1。塩ビ管手前の赤い竿の人と、OT氏のいつもの場所の人の竿が曲がっている。準備も出来、「たな」1本で開始は8時10分頃。餌が柔らか過ぎて持たない(麩と水の割合5:1を4:1にしたため)ので、スイミーを一掴み加える。ようやく馴染んできた。が、全く反応ナシ。最初こそ悠長に構えていた私だが、30分を過ぎる頃から焦り出す。いつもならそろそろ1匹釣っている頃なのに。おっ、ウキが動いた。そろそろかな?しかぁ~し、あたりが出ても弱く、これではかからない。1回だけあたりに合ったが、寄せる途中でバラシ!反動で仕掛けが頭上の木の枝に絡み、鈎を1本ロスト。また、風・波も出始めた。おかげで虫は何処かに行ったが、ウキの視認性が悪くなる。その後もウキの動きは良くならず、携帯で時刻を確認すると、もう1時間近く経過している。左の赤い竿の人、右の底の人だけしか竿が曲がっていないように見えて、こり53400826ゃぁボウズも仕方ないか?と、ここでようやくズバッというあたり!それに合って1匹目ゲットだ。嬉しいことは嬉しいが、こんな事してていいのかなぁ。もっと何か対策しないと、今日は本当にこれで終わりかも。だが、餌のタッチは変えられず、ひたすら餌を打つだけ。すると、今度は「かか53400827ってました」で2匹目。あたりを見過ごしたのか、餌を切る動作にへらが食いついてきたのかは不明だが、とりあえずカウント。1と2とでは大違いだ。やれやれ。釣り好きの人達に、現状を報告。しかぁ~し、その後はほとんどウキに動きがなく、10時前に餌が尽きて一旦終了。原因は竿なのか餌なのか、それとも別の何かが(私のアームという原因はさておいて)あるのか?このまま続行はあり得ず、竿を9尺に変更。餌は特S・天々・マッハ。竿を7尺から9尺に変えただけなのに、いきなり重さを感じる。9尺ってこんなに重かったっけ。餌の吸水も終わったようなので、「たな」1本半で再開。すると、数投でウキがモヤモヤ。そしてあたりが出始めるが、最初の消し込みはカラ。次のあたりではバラシ。何となく先が読める展開か?すると、予想通りウキの動きが悪くなって、どうしてもウキを見つめる時間が長くなる悪循環。「たな」を1本に変更。餌に手水はとっくにやっているが、今日は効果が感じられない。ここで、どうしても結果が欲しくて、上ハリスを詰めて30分くらい「お」でやってみるが、あまり変わり映えしないので、再び両ダンゴに戻す。「たな」は1本から2本に、更に1本半に戻したりして、私の迷走は続く。11時だ。2回目の餌でも早1時間が経過した。今日はひょっとして2匹を超えられずに終わる?しかぁ~し、天は我を見放さなかった。いきなりズバッとウキが消し込み、後半の1匹目ゲット!う、嬉か~。何故か534008285340082953400830ウキの動きが良くなって、気がつけば私の第2目標をクリアしている。餌をコツコツ打ち続けた結果か、または単なる地合(時合?)か。そういえば、奥の人達の竿も曲がっているようだし、後から旧爆釣ポイントに入った人もグッドサイズをゲットしている。まさに地合(時合?)。その後一旦はウキの動きがおとなしくなるが、しばらくして復活。消し込みが出始める。12時近くなったので、へらもランチタイムか?そしてズバッという消し込み534008315340083253400833にもかかる!かかる!あと少しで12時という時点で8匹目をゲット。どうやらこれが「上53400834がりべら」になるのか?いや、12時のサイレンと同時にもう1匹!何と私の第3目標にリーチがかかった!あり得ない展開だ。ウキはまだ動き、消し込みも出るが、残念ながら餌が尽きて12時5分頃終了だ。前半と併せて、実釣4時間で9匹。前後半いずれも餌打ちから1時間は釣れなかった。そろそろ両ダンゴでは難しくなってきた(単に餌合わせが出来ていないというご指53400835摘は勘弁していただいて)のだろうか?トロ掛けを含むセットへの移行も考慮の対象か。日が当たらないのと多少の風もあって、傘は必要なかった。結果はさておき、快適な釣りが出来た。片付け。今日はちょうど近くに誰もいない場所での釣りとなったため、へらの寄りが悪かったのでないか。最初の7尺という選択も、餌が違っていればまた違う結果になったかもしれない。片付けを終え、旧爆釣ポイントの人に挨拶して駐車場に戻る。やはり暑い。さっさと荷物を車に積み、池を後にした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月10日 (金)

釣り場巡り

53400820今日も暑い。家にいてもエアコンをかけるだけなので、ガソリンを入れるついでに近場の釣り場を見に行ってみよう。まずはガソリン。セルフではないのに120円だ。安いなぁ。それから、小野の池へ。
おっ、坂の上に2台の車。何処に入っているのかな?手前の釣り台に1人は見えるが、突先まで行っても、もう1人は分からなかった。凄53400821く暑い。風は多少吹いているようだが、あまり関係なさそうだ。虫は以前のように、坂にいても襲ってくることはなかった。さあ、次は引佐天池だ。
ここには車が3台。釣り人も堰堤に3人。「名人」さんはいないようだ。残りは都田。
金曜は車関係の会社の休みが多いので、かなり多くの釣り人がいるかと思ったが、ダム?側から池を望むと、日陰側に何人か入ってい53400822る。WINDOMの人はもう帰っている筈。
一通り池を見たので、帰ろうとモクレン通りに進むと、ここで美女?が美しい声で危険を知らせてくれる。最近道路を走る時は、どんな場合でも決められた速度を超えないようにしている私だが、念には念を入れてピッタリ40km/hで走行。すると、いましたいました。2台の車が捕まっている。それを横目に40km/h。途中から50km/hに変わっているので、そこでは50km/h。皆さんも交通法規は守りましょう。
環状線でセルフの店の横を通ったが、123円だった。ガソリンの価格というのは、本当に良く分からない。

釣り場の写真は、クリックして拡大しないと釣り人が分からないかも。

P.S.唖然さん、前の空の部分はコメントごと消去させてもらいましたので、悪しからず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 9日 (木)

OG氏に誘われて昭和新池

昨夜OG氏から、竿の取り付け具を渡すついでに大久保で竿を出そうとお誘いがあり、別に断る理由もないのでOKとした。が、今朝は雨が降っているので、中止もやむなしと連絡すると、予報では雨は上がるので湖西の昭和新池に行こうというお誘いに変化。別に断る理由もないので、9時にOG氏宅に到着。途中環状線で雨がザーッと降り出したので、ヤバイと思ったのだが、何とか止んだ。OG氏宅で荷物をOG氏の車に移し、さあ出発だ。浜名バイパスからモニョモニョと私にはさっぱり分からない道を通ってまずは昭和新池に到着。堰堤に3人竿を出している。するとOG氏から、頭谷池はどうかという新しい提案が。まあ別に何処でもいいですよと返事。行くついでに昭和池にも寄る。頭谷池に向かう道は、私なら絶対行きません。轍がすごいし、狭い道をかなり奥まで行かないと池には着かない感じ。おまけに、かなり先には1台車が難儀しているのが見える。そこで、バックして次の池へ。そこにはバサーが準備中だったが、挨拶して様子を聞くと、彼らも今日初めてこの池に来たとの事。水は透き通っている。堰堤には草が茫々。フェンスを乗り越えるのが大変そうだったので、ここも止めて結局昭和新池に戻り、駐車スペースから一番近い堰堤に入る。雨は大丈夫そうだが、暑い。早速もらった取り付け534008105340081253400811具で傘をセット。さて、OG氏はいつものように9尺で「お」。私は少し迷ったが、11尺宙の両ダンゴに決定。餌はパウダーベイト・ヘラ単体。作り方はもちろん袋の裏に書いてあるとおり。「たな」1本で開始は11時少し前。この池も水はきれいだ。ひょっとして仕掛けが丸見えか?先客は楽しそうに話しており、その後竿が曲がり出した。我々は餌打ちを始めるが、ウキに動きナシ。とにかくへらを寄せないと、と打っては切るを繰り返す。が、ウキはすんなり馴染んですんなり戻る。私は途中で「たな」を1本半に変更。12時近くになって、ウキが動き出したように思え、思わず竿を持つ手に力が入る。すると、ウキがズバッと消し込み、やったと合わせるがカラ。と、何とここでOG氏の竿が曲がる!やられた!う~ん、グッドサイズ。30cm以上は間違いない。う、裏山鹿~。OG氏は更にもう1匹。私の方はたまにしかあたりが出ず、餌に手水のいつものパターン。だが、あまり効果がないようで、OG氏を見習って再び「たな」を1本に戻す。すると、すぐにあたりが出たが、カラ。先客は竿が長いようだが、時折曲がっている。私も1回だけあたりに合ったが、バラシ。ガクガクッ。その後は全くウキが動かず、最初の餌は2時間弱で終了。このままではボウズ必至だ。何とかしないと。OG氏も2匹より数を増やせずにいる。私は昼食を摂りながら次の餌を作る。特S・天々・マッハのワンパターン。1時少し前に再開。「たな」は1本のまま。すると、再開数投でウキに動きが。やっぱり使い慣れた餌がいいなぁ。そしてまたもズバッというあたりが出るが、さっきまでと同じようにカラ。う~ん、難53400813しい。餌が合ってないのか。早くも手水と揉み。すると、ズバッという消し込みでやったかかりました!凄い引き。これこれ、これでしょう。「たも」に収めれば35cmはありそう。う、嬉しか~。ウキはまだまだ動いているぞ。どんどん餌打ち。すると、またもズバッというあたり!やったOG氏に並ん5340081453400815だ!さっきまではボウズの恐怖に怯えていたのが嘘のようだ。すると、それからすぐに再びの消し込みで、OG氏を逆転!す、素晴らしい~。もう何も言うことはありません。OG氏も負けじと1匹ゲットし、低レベルではあるがシーソーゲ53400816ームとなる。が、私は1時台にもう1匹ゲット!あたりは全て消し込み(もちろん大半がカラだが)で30cmオーバーのグッドサイズ。最初の頃には思いも寄らなかった第2目標クリアまで、何と視野に入ってきた。OG氏も消し込みあたりはあるが、カラのようだ。どうもバラケに来ているような気がする。先客は1人が帰った。さて、2時を過ぎ、OG氏の都合もあって、終了は3時頃か。それまでに餌が多分尽きるが、何とかもう1匹。が、次第にウキの動きが悪くなる。53400817そこで、再び餌に手水と揉み。残った餌の量は大分少なくなった。すると、餌がほとんど落ちてからのあたりで5匹目ゲット!もういつでも帰れる。OG氏もむざむざ手をこまねいている訳もなく、4匹目をゲット。そして、上ハリスを縮めて5匹目。またも並んだ。さあ、このまま2人とも終了か?し53400818かぁ~し、しかぁ~し、何故か私にあたりがあって、6匹目をゲット。その後もウキは動いていたが、餌がもうない。最後の1投も効なく(最近はあまり効果がない)3時少し前に終了だ。OG氏はまだ餌が残っていたが、私の終了とほぼ同時刻に餌を捨てて終了。片付け。傘から出ると、暑い!再び汗がダラダラ。今日は最初の2時間でまさかのボウズ。餌が悪かったのか、それともへらの活性がそれほど高くなかったのか?が、後半の2時間は非常に気持ちよいあ53400819たりで6匹。満足出来た。餌を上手に合わせることが出来れば、もっと数が釣れただろう(本日のタラ・レバ)。片付けを終え、フェンスを越えて車に戻る。かなり疲れているが心地よい。再びOG氏の車でOG氏宅に戻る。途中白須賀の道の駅に寄ったので、到着は4時半頃。今日の礼を言って荷物を移そうとすると、今日もまた野菜をくれると言う。本当に毎度毎度すみません。たくさんのお土産を持って家路に着いた。

P.S.2つ目の池は、深山池でした。写真を撮り忘れたのは痛恨の極み。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

傘の取り付け具ゲット!

Docu0003傘の取り付け具について、いろいろな方に不要なものはありませんかと問い合わせていたら、masaさんから形は違うがあるよと言われ、ありがたく頂戴することになっていたが、その後OG氏からもコの字の部分ならほぼ同じものがあると言われ、ついでに今日釣りをしようということになり、そのときにもらう事になった。釣りの件はこの後に書くことにして、OG氏からもらったコの字部分はほぼ前のものと同じ形だったので、早速取り付けて見ると、ピッタリではないものの使い勝手に問題はなさそう。これで一件落着。masaさんのご好意にも感謝感謝。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年7月 8日 (水)

お元気そうでなにより

結婚を機に静岡朝日テレビを退社して、しばらく顔を見ることがなかった原田裕見子さんが、ブログを開設していることが分かった。とびっきり静岡のキャスターを長い間勤めていたので、知っている人も多いだろう。浜松出身ということもあって、割と親しみを持って番組を見ていた事を思い出す。愛嬌のある可愛い人だったが、今もそれは変わらないようだ。今はフリーアナウンサーとしていろいろな仕事をしているとの事。お元気そうでなにより。

フリーアナウンサー原田裕見子の日記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 6日 (月)

雑感

①県知事選で川勝さんが勝った。坂本さんとの差は県全体では15000票だが、浜松市では40000票の差がついている。別に出身地ということでもない(大学の学長だったけど)のに、どうしてこんなに差がついたのだろう。やはり何か変わってほしいという気分が都市部に蔓延しているからだろうか。ちなみに静岡市では、その差は10000票でした。おっと、私が誰に入れたかは、例によって秘密です。

②高校生の殺人。仲が悪くなったといって、すぐに殺すという発想に行くのがまず分からない。以前は仲良しだったとの報道だが、本当だろうか。自分の言うことをよく聞いてくれる「都合のよい相手」だったのが、自分の思うようにならなくなったことで、自分が全否定されたと思い込んでしまったのではないか。また、高校生活はわずか3年。口をきくのも嫌な相手でも、そのうち離れ離れになるのだから、それまで待てないというのもよく分からない。まさに分からないことだらけだ。

③P社の株価。じりじりと上がっている。もちろん、まだ評価するような数字ではないが、おそらく新体制への期待が反映しているのだろう。が、第1四半期の結果がどうなるかで、期待など一気に吹っ飛んでしまう可能性もある。微々たるものではあるが一応株主である私も、全く無関心ではいられない?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月 5日 (日)

かなりだるい

Docu0002今朝は朝一で投票に行き、その後都田にでも行こうかなと思っていたが、投票後にテレビを見始めると、そのままズルズルと時間が経ってしまった。結局昨日今日と雨がないのに竿を出さなかった。これは勿体無い。とは言え、梅雨時ということもあるかもしれないが、かなりだるい。明日からも天気が芳しくないので、傘をさせない私は何処にも行けないだろう。傘の取り付け具をどうするかも決められないのだから。まぁ、仕掛け作りとハリス巻きでもしておこうかな。これくらいならテンションが低くても出来るだろう。

傘の取り付け具もスキャナーで撮った。立体的なものでもデジカメよりきれいに撮れるので、非常に便利だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 4日 (土)

2つのブログ

今朝は久し振りに遅起き。グッスリ眠れたのかどうかは分からないが、とにかく釣りに出るにはちょっと遅過ぎる感じ。それで、のんびりとパソコンに向かっている。
ヘラブナ釣りのブログなど見ているのだが、その中の2つが気になってしょうがない。
1つはタルツさんのブログ、もう1つは半魚人さんのブログ(HP?)。どちらも最近更新されていない。
釣りが嫌になったということはないだろうから、何か事情があるのだろう。とても気になる。早く更新されてほしいのだが、余計なお世話と言われれば、それまでだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 3日 (金)

私にすればこんなもの@都田

今日は特に釣行は考えていなかったが、何故か吸い寄せられるように都田へ。8時半頃駐車場に到着。あっ、しまった!傘の代用品を忘れてきた!おまけに底の餌も。こりゃぁ日陰しか入る場所はないな。とりあえず池の様子を見に行くと、対面には階段下付近に1人。こちら側は旧爆釣ポイントに1人。WINDOMの人は多分橋の下。橋の上流に1人。いつも旧爆釣ポイントに入って底釣りをしている人かな。車に戻って荷物を降ろし、池に向かう。先客に挨拶しながら何処に入るか考える。私のいつもの場所には雨水が流れ込んでおり、また日が当たりそうなので、今日は旧爆釣ポイントから木を隔てた奥に入ろう。ここなら傘がなくても大丈夫。さあ準備だ。うっ、右前方にへらの死骸が2匹。私の準備中に1人やって来て、私の左に入る。おそらくSさん。Sさんの前にも死骸があるようで、それをどかした。すると、腐敗臭が辺り一面に漂い、オエッという吐き気5340079453400795が。それを我慢しながら準備だ。今日は9尺宙の両ダンゴ。餌はパウダーベイト・ヘラ単体。もちろん袋に書いてあるとおりに作ります。既に「虫」が来ているので、無駄だと知りながらもスプレー。そして「たな」1本半での開始は8時52分。湖面は穏やか。すると、第2投からあたりが!そして第4投で早くもかかりました!ああ~っ、ハリス切れ!ガックリ。残りのハリスは1本だけ。隣のSさんも両ダンゴだが浅ダナ。開始早々あたりが出5340079653400797ているようで、合わせ始めた。私の方はあたりが消し込みでポツポツと2匹釣り、これは爆釣か?しかぁ~し、いつもならそろそろ釣れなくなる頃。充分注意しよう(←何を?)。汗が止まらず、せっかく顔に塗った虫除けが流れてし53400798まう。それでイライラ。何とかもう1匹ゲットするが、今度こそ(予定通り?)あたりがなくなる。餌打ちマシンと化した私が我に帰ったのは、誰あろうmasaさんの登場によってだ。今日はこの人に引き寄せられて都田にやって来たと言っても過言ではなさそう。今日は午後から用事があるので、午前中だけ竿を出すと言い、私と左隣の人の間に入った。masaさんの準備中に5340079953400800「たな」を1本にすると、私にあたりが戻って2匹を追加。何とか私の第2目標をクリアだ。よし、次は第3目標。前回のような釣りが出来ればノープロブレム。しかぁ~し、しかぁ~し、そこからは地獄のような展開(←大袈裟)が待っていた。何度となくバラシ、ハリス切れ。そして仕掛けトラブル。全く数を伸ばせず、ロスタイムは20分以上。masaさんは10時頃セットで開始。すると、じきに1匹。そこからポツ53400801ポツとあたりを拾い、私のアドバンテージはどんどん少なくなる。Sさんもなかなか波に乗れない感じ。私はひたひたと迫ってくる某氏のプレッシャーに押しつぶされそうになりながらも、何とか1匹を追加するが、そこから先は全くダメで、10時52分に最初の餌が尽きる。実釣2時間弱で6匹。今の私ではこんなものではないか(いささか自嘲気味に)?後半に期待しよう。次の餌はいつもの特S・天々・バラケマッハ。「たな」は1本のままで再開すると、餌が変わったせいかウキの動きが良くなる。そしてあたり!う~ん、消し込みなんだが、かからない。そ5340080253400803れでもあたりに合わせ続ければ、何とか2匹をゲット。何となく第3目標が遠くに見えてきたぞ。しかぁ~し、しかぁ~し、そこからがまたも私の宙。あたりがバッタリ。いつものように手水と練りで対応するが、ダメ。一旦は「たな」を1本半にしてみる。が、これもウキがモヤモヤするだけであたりに繋がらない。また1本に戻す。もうじき12時。対面階段近くの人は終わり、看板横には2人入っているようだ。私は5340080453400805地合なんだか分からないまま2匹を追加して、かろうじて第3目標をクリア。後はどれだけ追加出来るか?何となく無理な感じがする。あたりは少なく、たまに出る消し込みはほとんどがカラ、では期待薄も仕方がないだろう。12時のサ53400806イレンが鳴って、いよいよあと1時間。おっ、消し込みに合った!う、嬉しいゾ~ッ。Sさんは用事が出来て終了モード。どれくらい釣ったのかな。私より多いことは間違いないが。Sさんが帰り、そこにいたへらがこちらにやって来てくれれば言うことないが、そうは問屋が卸しません。突然出53400807るあたりで1匹追加するが、次のあたりで「上がりべら」と思って寄せたへらは、残念擦れ。そして最後の1投。だが、最近効果がなく、1時前に終了だ。後半も2時間で6匹。合計4時間で12匹。片付け。まだ餌があるからと続行のmasaさんは既に2桁に突入。私より1時間あとから開始して私より数が出るとは、流石の一言。もっとも、私と比較されては迷惑だろう。片付け5340080853400809を終え、masaさんに挨拶して駐車場に戻る。明日はOT氏のお誘いがあれば都田に来るかもしれないが、日の当たらない場所に入るには、集合時刻を早める必要があるだろう。もっとも、たとえ5時集合にしてもWINDOMの人には勝てないと思うが。汗をかきながら池を後にした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月 2日 (木)

WEBメール

ココログのメンテナンストラブルが解消したと思ったら、今度はNIFMAILのトラブル発生?今まではココログとNIFMAILは違うIDでも個別にアクセス出来たのだが、今回のメンテナンスとやらでIDが統一されてしまったらしい。それで、今までのデータが残っているNIFMAILに入るには、一旦ココログからログアウトして再度元のIDでログインしなければならなくなったのだ。これが非常に面倒くさい。もちろん、一旦NIFMAILにログインすれば、ココログにログインするにはNIFMAILからログアウトして再び(ココログの)IDでログインすることになる。今までのように2つのIDをパソコンに記憶させることは出来ないのも面倒だ。そこで、仕方なく元のIDでログインする方のデータを全て消去し、ココログと同じIDでログインする方に新たにメールアドレスを取得した。関係する方々にはその旨を新しいアドレスで送ったのだが、ひょっとして迷惑メールとしてはねられているかもね。後から考えたら、古いほうで連絡すれば良かったのだが、古いほうはもう全て消してしまったので、どうにもなりません。とにかく関係する方々には、このブログを見て、メールを確認してください。宜しく御願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 1日 (水)

こんなの買っちゃった

いやぁ、ココログのトラブルで丸2日更新が出来なかった。結構イライラしたのだが、私もかなりブログ中毒なのかもね。

53400772さて、傘の取り付け具が壊れたので、取り付け具単体で安いのがあるかとT海釣り具やら I グロ、J 州屋を探ってみたのだが、どれも高く、またでかいので、これなら傘とのセットになっているものを買ったほうが良さそうだ(J 州屋で3980円)。そこで、取り付け具を買うのは保留にした。と、ここで I グロに変わったものがあるのを発見。いつもWINDOMの人がしている、頭にかぶる傘のようなもの。何と498円。急に欲しくなって、買ってしまった。安い割にはなかなか良いぞ。しばらくはこれで凌ぐとするかな。雨にはきついかもしれないが。
5340079253400793

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »