« 住所録の見直し | トップページ | 釣り場巡り »

2009年7月23日 (木)

強風とカラツンと@都田

今日は昼頃には明るくなるとの予報を受け、8時半過ぎに家を出る。目的地はもちろん。駐車場に着くと、こんな天気でも車は多い。これみんなへら師?急いで橋まで行き池の様子を覗うと、あれっ、人がまばらだ。対面には階段下辺りに1人。こちら側はOT氏のいつもの場所だけ。後は塩ビ管方面に数人。水は泥色、既に波立っている。さあ、何処でも入れるぞ。久し振りにいつもの場所にしようかな。いや、せっかく日陰が空いているのだから、日陰(旧爆釣ポイントから木を隔てた奥)にしよう。車に戻って荷物を下ろし、池に向かう。空はどんより。いつ雨が来てもおかしくない。さあ準備だ。と思ったら、15340088053400881人やって来て、私の左に入った。さて今日も11尺で底から行こうかな。あっ、餌を忘れた!一体何度忘れれば気が済むのだろう。次回こそは忘れないぞ。夏が残り少ないので、それを基準に夏:スイミー:特S:水を全て1の両ダンゴを作る。波で底が取り辛いが、何とかなった。開始は9時半。ウキの馴染み具合を見ながらウキ下を微調整。すると、数投でウキが戻すではないか。こんな悪天候でも高活性?そしてチクッというあたりが!残念カラ。すると、そこから連続してカラばかりが続く。おまけに泡付け。前回同様53400882へらの寄りがキツイのか。カラを5,6回繰り返した後に、ようやく1匹目。サイズは予定通りの小。まあこんなものでしょう。あたりはまだまだある。しかぁ~し、かからない。思わず「あれっ!」という独り言が。ようやくあたりに合ったと思えば、今度は「ライク」、いや正真正銘のマブナ。ホント良く53400883引くね。まだまだあたりはあるぞ。しかぁ~し、ここからバラシの連発。おまけに、風・波が大きくなってきた。雨もポツポツ。雨はじきに止んだが、風・波は収まらない。ウキが流され、またシモッてあたりが分からない。偏光グラスを出してみるが、あまり効果がなかった。こうなったら、風・波が5340088453400885弱くなった頃を狙ってあたりを拾うしかない。すると、連荘で2匹をゲット。何とかこのままで行きたいが、再び強い風・波。そして、今日はやけに餌の減りが早く、もう残り少ない。そんな筈はないのだが、最後の1投も効なく、終了は10時半過ぎ。わずか1時間しか餌が持たなかった。カラツンで無駄に餌打ちしたせいかも。でも、まあ仕方がない。実釣1時間で3匹(マブナ1匹含まず)。次は竿を9尺にして宙だ。餌は私の定番、特S:天々:マッハ。「たな」1本半で開始は10時50分。すると、何と3投目から消し込みが出る。これは一体・・・。おまけに、再びの泡付け。そんなに沢山へらがいるのか?すると、そこから宙でもカラツンの連発。とにかく消し込みに合わ53400886せるしかない私。すると、やったかかりました!これは大きい。35cmくらいある。こりゃぁ幸先いいぞ。とにかく消し込みに合わせれば、いつかはかかると言う事だ。すると、波53400887の中更にもう1匹。こちらもサイズはグー。ようやく第2目標クリアだ。次は宙での第2目標、その次は合計での第3目標・・・。しかぁ~し、「たも」の中でハリス切れ。急いで交換するが、微妙な時間のロスのせいか、ウキの動きが悪くなる。私のいつものパターンと言った方が分かりやすいかもね。風・波が強くなる中、ウキは悪いなりに動いており、時折消し込みが出るが、カラ。餌はまだ触っていない。餌付5340088853400889けだけで対応。とにかくあたりに合わせるだけ。すると、ようやく1匹。宙だけでの第2目標まで行きそうかな?その後もう1匹追加して、いよいよ宙での第2目標にリーチだ。だが、次第にウキが流されるようになったのは、へらが少なくなったせいかも。そういえば、最初の頃に比べて餌打ちのインターバルが長めになっている感じ。隣は餌を作り替えたらしく、急に竿が曲がるようになった。私もあれくらい続け53400890て竿が曲がるといいのに、と思いながら餌を切ると、あれっ、かかってます!まあ、何でもいいからかかればOK。しかもサイズはグー。多分その前のあたりを見過ごしていたに違いない。とにかく、宙での第2目標クリア。そして、トータルでの第3目標にもあと2匹。そして12時のサイレン。この頃から空が明るくなってきた。が、風・波は更に強くなる。私は日陰で傘を出していないが、傘を出している人達は大変そうだ。ウキは毎回流され、あたりも遠くなる。が、しっかり餌付けしてとにかくウキを馴染ませれば、少しは動いてくれる。そしてカラのあたり。53400891私はとにかくあたりに合わせるしかないが、焦って弱いウキの動きにも合わせてしまう。何とか1匹ゲットして、いよいよ第3目標にリーチだ。だが、餌も残り少ないし、自信がない。波はザバザバと言う感じで、もう終わっても良さそうだ。ここで、塩ビ管方面で釣っていた人が終わり、隣と話しこんでいる。奥の方には、前回底で調子良く釣っていた人と思われる人が、今日も快53400892調?に竿を曲げている様子。私もそろそろ終わりか。と、ここでいきなりの消し込み!何でもいいから合わせれば、やったかかりました!遂に第3目標クリアだ~~っ。しかぁ~し、またも「たも」の中でハリス切れ。目標も達成したことだし、もう終わろうか。いや、餌がある間は頑張ろう。急いでハリス交換。ウキの動きは決して良くならないが、時折動くので、最後の最後までネヴ53400893ァー・ギヴアップだ。すると、数少ないあたりに合って、もう1匹をゲット。これは大きい。さあ、底と同じようにカラの連発で餌の消費が早く、餌もあとわずかだ。あとは最後の1投に期待するだけ。が、最後の1投もカラで終わり。12時半を過ぎている。それでも、実釣1時間半強で8匹なら、この波とカラツンの中なら上出来(もちろん私にとって、だが)でしょう。底との合計では、53400894実釣2時間半強で11匹(マブナ1匹含まず)。これも上出来(もちろん私にとって、だが)。片付け。今日は最初は風が適当にあって、虫の被害もなく、体感温度も高くならず過ごしやすかった。しかぁ~し、カラツンには困った。途中から風が強くなると、仕掛けの振込みに難儀し、また仕掛けが流されて餌が溜まらないために、あたりの出が悪くなった。それでも、第3目標をクリアしたから、気持ち良く終われる。片付けを終え、駐車場に戻る。腹も減っていることだし、帰りにベイシアで何か買って行こうかな。そんな事を考えながら池を後にした。

|

« 住所録の見直し | トップページ | 釣り場巡り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/45717519

この記事へのトラックバック一覧です: 強風とカラツンと@都田:

« 住所録の見直し | トップページ | 釣り場巡り »