« 浜名湖の風コンサート | トップページ | 住所録の見直し »

2009年7月20日 (月)

暑いうえにカラツンと来たもんだ@都田

今日も暑い。が、このまま家にいても暑さは変わらない。それなら、ゴー!しかぁ~し、相変わらず出が遅く、駐車場に着いたのは9時頃。やはり車が多い。とりあえず橋まで行って、池の様子を覗うと、OT氏のいつもの場所から旧爆釣ポイントまでは満席。その奥にも先客。塩ビ管付近にも入る隙間はなさそう。おっ、対面看板横にも1人入っている。頑張っているなぁ。さて、どうしようか?汗をかきながら考える。こちら側橋の下か、旧爆釣ポイントの奥の奥のいずれかだ。よし、ちょっと大変だが、奥の奥にしよう。車に戻って荷物を降ろし、池に向かう。途中、新しく出来た道?を通って旧爆釣ポイントまでをスルー。先客に挨拶して、その左に入れさせてもらう。もう日が当たっていて、暑い!5340086353400864早く釣り台と傘をセットしないと。先客は宙のようだ。私の準備中にも竿を曲げた。さて、今日も底の餌を忘れる体たらく。だが、それでも底をやるぞ!竿は11尺で、餌は夏:スイミー:水を2:1:1の両ダンゴだ。底を取り、開始は9時40分。最初から汗ダラダラ。スポーツドリンクをゴクゴク。さて、餌打ち開始後まもなく、何故かウキの周りに泡。今まで底でこんなに泡が出たことがないので、ビックリ。もう寄っている?塩ビ管近くにはSさん?がいつものように宙で竿を曲げている。その音が聞こえてきて、プレッシャー!でも、私は底なので関係ないかと勝手に納得。泡はへらの寄りに間違いなく、じきにウキ53400865が戻すようになった。そして、チクッというあたり!いやぁ、久し振りの底のあたりだ。合わせればバッチリかかりました。ただ、なかなか寄らない。嫌~な予感。「たも」に収めると、どうだろうやっぱり「ライク」か?う~ん、「ライク」だよな。残念ノーカウント。せっかく先客がグッドサイズと褒めて53400866くれたが、仕方ない。へらの寄りはきついようで、ウキが馴染まない事もあった。が、餌が底に着けばあたりが出て、ほぼ空振りなしでかかる。あたりの回数が多くないので、結果もそれほどではないが、なかなか気持ち良い。それよりも、やや集中力に欠けるのか、よそ見をしていてあたりを534008675340086853400869見過ごす事数回。これは大きかった。再び「ライク」がかかってきたが、それでも11時ま5340087053400871でに6匹(「ライク」2匹含まず)とまあまあの数字。が、しかぁ~し、しかぁ~し、6匹目をゲットした際に、何故か竿に仕掛けが絡みつくアクシデン53400872トで、両ハリスをロスト。急いで付け替えるが、キチンと長さを測ることをしなかったせいか、その後のウキの動きが悪くなる。ウキ下を微調整して、何とかウキの戻しが出るようになった頃には、餌がもう終わりだ。底での最後の1投。あたりが出るか、餌が落ちるかのいずれかまで竿を上げない。すると、ウキが餌落ちまで戻した後に、チクッと入り、やった「上がりべら」だ!サイズも53400873そこそこ(それまではいつもの底の感じ)になり、ニコニコの終了。実釣2時間弱で7匹(「ライク」2匹含まず)。さあ、次は宙だ。先客も竿を曲げてはいるが、なかなか厳しそうな様子。さあ、竿を9尺に変え、餌は特S:パウダーベイト・ヘラ:マッハ:水を1:2:1:1の両ダンゴだ。「たな」1本半での再開は11時52分。じきにウキはモヤモヤし始めるが、あたりが出ないまま12時のサイレン。しかぁ~し、12時を過ぎると消し込みが出始める。が、全くかからず。何だろ53400874う?餌かな。それほど大きいとは言えないあたりに手を出して、ようやく1匹目。サイズもまあまあだが、どうして底より宙の方がサイズがいいのか分からない。ま、いいか。と53400875にかく消し込みには何でも合わせると、それからしばらくして2匹目。これもグー。が、そこからは全くあたりに合わない。そのうえ、次第にウキの動きが弱くなる。何だかへらがウキの近くに見えるような気がして、それなら「たな」をもう少し上げたほうがいいのかも。1本にしてみる。すると、消し込みは更に多くなるが、全くかからないのは今までと同じ。う~ん、難しい。餌が合っていないのか。でも、餌に手水53400876はもうやったしなぁ。後は手もみか。そんなこんなで30分ほど経過すると、ようやく3匹目をゲット!サイズは小。もう1時を過ぎる。先客が終了。朝からやって20匹くらいだっ53400877たとの事。この人も合わせが静かで、バシッバシッという私とは大違い。合わせの修行はまだまだだなぁ。が、先客が帰ってじきに4匹目。グ~。いよいよ宙での第2目標まで後1匹。しかぁ~し、またもかからない。そのうえ、たまにかかったと思っても、寄せる途中で何故かバラシ。確かに口にかかっていると思うのだが、不思議だ?「たな」を少しの間1本半にしてみるが、馴染むまでに消し込みが出てカラ。再び1本に戻す。餌が残り少ないので、1本鈎釣法。これなら、消し込みはほぼあた53400878りの筈。すると、やったかかりました!1本鈎釣法の霊験あらたかだ。これで宙での第2目標クリア!だが、これもすぐに効果がなくなり、最後の1投も効なく、1時半過ぎに無念の終了。宙では実釣2時間弱で5匹!底と併せて4時間弱で12匹(「ライク」2匹含まず)。塩ビ管の方からは、カラツンを脱したSさんのへらを寄せる音が連続して聞こえてくる。う、裏山鹿~。片付けだ53400879けで息絶え絶え。それから、更にハアハア言いながら駐車場に戻る。今日は久し振りに底が出来て、まあ良かったか。でも、宙でのカラツンはダンゴをいじるだけでは解決しないのかも(私にアームがないという事はさておいて)。そろそろ両ダンゴ以外の釣り方に切り替える頃かもしれない。残っているスポーツドリンクをガブガブ飲んで息を吹き返し、池を後にした。

|

« 浜名湖の風コンサート | トップページ | 住所録の見直し »

コメント

こんにちは。
この日もお疲れ様でした。
底も型が良さそうですね。
「ライク」様も痩せたへらにも見えないわけでもないけど、怪しいですね。
私はしばらく竿を出してないとテンションが下がってしまっています。
ま、落ち着いて竿を出すには8月盆休みくらいからになりそうですが…。
8/13~16が休みです。

投稿: 黄金バット@会社 | 2009年7月21日 (火) 12時51分

バットさんこんにちは。
この日は久し振りの底で、少ないですがあたりを楽しみました。何と言っても小野の池では底ではあたりが1回もなかったので、本当にウキが動くということは素晴らしいことです。ただ、人間のほうが暑さで集中力が途切れてしまい、あたりを何度も見逃してしまいました。

投稿: sunshine_hera | 2009年7月21日 (火) 13時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/45685562

この記事へのトラックバック一覧です: 暑いうえにカラツンと来たもんだ@都田:

« 浜名湖の風コンサート | トップページ | 住所録の見直し »