« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月31日 (月)

病院へ行ってきた

外科に行き、痛み止めの飲み薬と湿布を貰ってきた。院内で温熱治療と電位治療もついでに(ついでに?)やって来た。この温熱と電位、何か意味があるのかなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ハイビスカスの花が咲いた

P1000118椿テレビでもらった鉢植えのハイビスカスが、特に世話もしないのに1年以上も枯れずに花を咲かせている。今日は何といっぺんに3つも咲いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

投票率その3

第45回衆院選の最終投票率(小選挙区)は、時事通信社のまとめでは69.13%前後になる見通しだ。現行の小選挙区比例代表並立制が導入された1996年以降の選挙では過去最高となる可能性が高い。

という記事があった。事前のアンケート等では、投票に行くと答えた人の数はもっと多かった筈だが、最終的にはこんなものか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうやらほぼ確定したようだ

日付が変わって、民主が300議席を超えた。前回の郵政選挙とは全く違う結果。小選挙区制の恐ろしさが改めて分かった。次回の総選挙では今回と全く異なる結果になることもありうるので、民主政権は浮わついた政権運営をしないようにしてほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月30日 (日)

ホントか?

8時に投票が締め切られると同時に、各TV局が選挙速報を流し始めた。が、そのいずれもが民主の圧勝を伝えている。しかも、まだ開票が始まっていないのにもかかわらず、である。
これが本当なら、民意は政権を民主に託したことになる。しかも2/3以上の圧倒的多数の議席を与えて。
さあ、困ったのは民主ではないか。これだけ期待が大きいと、それが裏切られた(少しでも歩みが遅いと)場合は、一体どうなるのか?再び混乱(ガラガラポン)が生じるのだろうか?

最終的な投票率(期日前投票も含めて)がどれほどの数値になるのかも、非常に興味がある。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

投票率その2

総務省が発表した午後4時現在の投票率は41・83%で、前回2005年を0・74ポイント下回っている。(読売新聞)

やっぱりね。

ただ、6時以降にバタバタと駆け込みで投票するような事があるかもしれないので、もう少し様子を見よう。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

投票率

総務省が発表した午後2時現在の投票率は35・19%で、前回2005年を0・25ポイント上回っている。(読売新聞)

と言うが、これって高いの?

意外と若い連中は行かないんじゃないかな?
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

投票を済ませてきた。

今朝は思ったより暑い。投票所が開く7時頃に出かけようと思っていたが、朝食を摂ってしまったので、出かけたのは7時半過ぎ。この時刻でこの気温、昼頃には30℃を超えるのではないか。最初から投票に行くと決めている人はいいが、軽い気持ちの人は行く気がなくなるかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月29日 (土)

傘なしで耐えた@東の谷

昨日も書いたとおり、膝の具合が悪くなった(1日おきにきつい崖?を上り下りしたせい?)ので、今日はOT氏と東の谷。集合時刻の7時ギリギリに池に着くと、OT氏は既に来ていた。まだ日差しはない。随分久し振りのような気がするが、一体どれくらいの間隔が空いたのだろうか。階段状堰堤の右端には先客。既に竿を曲げている。新しい池のほうでは、第2東名橋脚の陰に1人。我々は階段状堰堤に入ることにした。私が左端、OT氏がその右。先客は、我々が開始してじきに帰った。竿の曲がり具合から見て、5340009353400094もう充分釣ったのではないか。さあ準備だ。OT氏は特に考えることもないので、準備が早い。私は9尺宙の両ダンゴに決定。餌は、スイミー:特S:マッハ:水を2:1:1:1の両ダンゴ。「たな」1本で7時20分頃開始。すると、すぐにウキが動き出す。う~ん、ジャミ53400095なのかな。が、7時半のチャイムとほぼ同時に1匹目ゲット!ウキを動かしていたのは、ジャミではなかった。サイズ的にはやや不満が残るが、まぁこんなものでしょう。OT氏53400096もじきに竿を曲げる。その後、私もOT氏も竿を曲げるが、3匹釣った後に仕掛けが底を擦ったり、またバラシ連発で調53400097子が上がらなくなる私に対して、OT氏が次第に私を突き放して行く。いつもの事とは言え、ちょっと悲しい。でも仕方ない。8時を過ぎると、左後ろから日が当たるようになって、まだ夏の日差しが背中を暑くする。OT氏は傘を出すが、私は面倒なのでそのまま。更に、2人のウキの立つ辺りには、餌打ちの際にこぼれ53400098る麩の粒子を吸い込むへらが沸くようになる。私はようやく1匹を追加。が、その後再びあたりを拾えなくなる。ジャミも私だけにかかる。おかしいなぁ。ここで、思いきって「たな」を40cmくらいに短くしてみる。すると、ウキの動きはせわしなくなるが、なかなかかからない。湖面に見えるへらは、餌に興味がないようだ。私は更にハリスも詰める。どう見てもトラブル必至の仕掛けだ。「秋は「たな」を釣れ」との格言に従って、今度は1本くらいまで下げてみる。そしてよう53400099やく1匹をゲット。私の第2目標をクリアしたが、この池はこんなに難しかったかなぁ。一方、好調なOT氏だが、宙で釣53400100っているのに、何故かナマズをゲット!これには驚き。OT氏は後半もう1匹ナマズを釣った。その後は2人ともポツポツとあたりを拾う。OT氏は珍しくハリス切れが頻発。釣れない私は交換ゼロだが、サイズの割りに元気がいいのは素晴らしいものの、やはり2人とも少しずつテンションが下がる。私は9時半過ぎに餌が尽きて一旦終了。自分の中では第3目標をクリアしたつも53400101534001025340010353400104りだったが、記録としての写真には9匹しか写っていない。おかしいなぁ、何処かで写し忘れたのかなぁ。でも、記録が全てだから仕方ない。一旦休憩。OT氏はそれまでに15匹。しかも、私が休憩している間にスイミー主体の餌で次々とへらをゲットし、私が再開した時には20を超えている。私は餌をグルバラ:マッハ:水を2:2:1の両ダンゴに変えて再開したが、せっかく続53400105行するのだからと、竿も振り出し12尺に変更だ。「たな」は1m弱。すると、すぐに1匹目をゲット。自分的には11匹目だが、ここでようやく第3目標クリアが真実か。だが、何故か片方のハリスが切れている。早速交換と思ったら、残ったほうのハリスまでカット。全く無駄な仕事を増やして調子が狂う。OT氏はその後も順調に数を増やしていくが、ダブルを釣って26匹となった以降、何故かバッタリ。若いへら師が2人やって来て、我々の右に入った。また、我々の左にも1人。日差しは強くて腕がヒリヒリするが、それでも傘は出さない。私は抜群に調子が上がるということもなく、また竿を長くした事でサイズアップすることもなく、ポツポツ53400106534001075340010853400109534001105340011153400112と数を増やすのみ。バラシは後半も多く出たが、多分擦れ。1回だけ腹ビレに擦れて上がってきた。そして、11時半過ぎに終了だ。結果、実釣4時間強で17匹。集まってきたへらの数の割には少ない。もっと何か方策があっただろうが、今の私のアームではこんなものだろう。OT氏は私の餌が尽きる頃になって再びエンジンがかかり始めるが、2匹を追加して終了。結果は5340011328匹と、数だけ見れば素晴らしいが、心中はおそらく不満で一杯だろう。片付け。後から来た3人は、好調に竿を曲げている。片付けを終え、車に戻る。車まで距離がなく、またほとんど平坦なので膝に負担がかからない。本当に楽だ。次回はまたOT氏から連絡があるということで解散。帰り道、都田に寄ってみると、確認出来たへら師は全部で15人だが、そのうち13人が日陰側。塩ビ管から深場は大混雑というところか。日向側には階段下と流れ込みに入っている。皆さん頑張ってと心の中で呟いて、家路に着いた。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

のりピーと浜松

ビックリしたのは、のりピーこと酒井法子被告が、去年の1月から今年の5月まで、月1,2回のペースで浜松に来ていたということ。地元なので、もっと話題になっていてもおかしくないが、寡聞にして全く知らなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月28日 (金)

今週は3回も行っちゃった@都田

今日は特に予定していなかったが、涼しそうなのでつい都田へ。駐車場着は8時過ぎ。さっさと荷物を降ろして池に向かうと、あれれっ、私とOT氏のいつもの場所、それに旧爆釣ポイントには誰もいない。その奥にも。ヘラ師は塩ビ管から奥に5人。WINDOMの人は橋の下だ。それでは、最近入りたくても入れなかった、柳の木の奥の日陰に入ろう。釣れるか釣れないかは別にして。さあ準備だ。今日は11尺の仕掛けを現場施工するの53400077_253400078_2で、さっさと準備しなければ。私の準備中に1人やって来て、私のいつもの場所に入った。挨拶なし。私も、後から来て挨拶がない人にこちらから挨拶するほど人間が出来ていないので、そのまま。WINDOMの人は、私の準備中に帰った。さて、仕掛けなど簡単に出来ると思っていたら、老眼もあってなかなか思うように指が動かず、完成は9時頃か。竿は竹竿11尺、餌はいつもの両ダンゴで、開始は9時10分。暑くはないが、汗。しかも、準備中にそれまで鏡のようだった湖面が波立っている。さて、餌打ちを始めるが、ウキに動きナシ。何となくボウズの予感。そのまま餌打ちだけを繰り返す。が、30分くらい経っただろうか、急にウキがズルッと入った!何か来ている?すると、ウキが馴染んだままでグッと入り、これに合わせると、やったかかりました!ふ~~っ。サイ5340007953400080ズはまあまあ。と、今度はウキが馴染んでから消し込んだ!慌てて合わせれば、これもかかってます!いずれも口。急にどうしたのだろう。まあ、地合になったと言うことかな。しかぁ~し、その後はウキの動きがバッタリ。え~~っ、どうなってるの?へらは確かに寄っているようだが、何故か餌を食わない。困った。そこで、ウキ下を微調整。少しだけ長くする。が、ウキは馴染んでからすぐに戻すが、そ53400081の後がない。竿を引いて誘ってみるが、効果なし。それでも餌打ちのインターバルが長くならないよう、意識的に早く餌を切るようにする。と、ウキが馴染み切る直前のあたりで、ようやく3匹目。なかなか難しいなぁ。何とか最近の底の結果である5匹(私の第2目標)は釣りたい。更にウキ下を伸ばす。すると、急にウキの動きが良くなり、キチンとしたあたりで4,5匹目をゲット5340008253400083だ。やれやれ。しかぁ~し、しかぁ~し、今度こそ本当にウキの動きがなくなる。とにかく懸命?に餌打ち。11時だ。そろそろ終わりか。と、そこへHRさん登場。何でも寝坊したそうだ。旧爆釣ポイントに入った。私はここで、今までとは逆にウキ下を縮めてみる。とにかくウキに動いてもらわないと。すると、ウキが立って馴53400084染みながらズバッと入ってしまった!何だか分からないがとりあえず合わせれば、やったかかりました!これで6匹目。が、じきに餌が尽きて底は終了。11時20分。実釣2時間強で6匹は、最近のアベレージか。さあ、次は宙だ。竿は9尺に変更。餌はスイミー:特S:マッハ:水を2:1:1:1の両ダンゴ。今日は何があっても他の釣りには移行しないつもり。ずっと堪えていた用を足し、「たな」1本半で再開は11時35分。すると、ボソボソの餌で第2投からあたり!5340008553400086消し込みが出る。が、さっぱりかからない。餌に手水をかけて軽く混ぜると、何と連荘で2匹をゲット!サイズはバッチリだが、何だか底の時と同じような展開だなぁ。すると、次のあたりでバラすと、そこからウキの動きがなくなる。まさに底の時の状況をなぞっている感じだ。こちらは、更に餌に手水で対応。が、そんなに甘く53400087なく、時折出るあたりは全てカラ。12時のサイレン。ひたすらあわせ続ければ、何とかかかりました!ようやく私の第534000883目標にリーチだ。その後、もう1匹ゲットして第3目標をクリアするが、宙だけで第2目標は難しいか。ウキの動きが弱いので、そんな時には1個53400089餌釣法。すると、ウキがズバッと入って、やった第2目標クリアだ。ウキの動きは回復して、消し込みも出るようになる。が、それから1時までに2匹がかかるものの、いずれもアッパー。サイズもグーなのに、仕方ない。涙を呑んで(当たり前?)ノーカウント。すると、その後はウキが動いても全くかからず、遂に最後の1投。しかぁ~し、これもカラで1時半少し前に終了。宙では実釣2時間弱で5匹。合計実釣4時間で11匹。最近はほぼ53400092_2同じ結果だ。片付け。今週は月水金と3回も都田に来てしまった。それで結果はと言えば、ほぼ同じ。空は秋の雲、公園も秋の気配濃厚だ。人間にとっては非常に過ごしやすい気候だが、へらにとっては寒暖の差が大きくなって、動きにくくなっているのではないか。片付けを終え、HRさんに挨拶して駐車場に戻る。が、この時何故か再び膝が痛くなってしまった。これは困った。が、何ともならない。腹が減ったので、さっさと池を後にした。

P.S.後でOT氏から明日のお誘いがあったが、無理を言って、場所を(移動の際に)膝に負担がかかりにくい東の谷に変えてもらった。スミマセン。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月27日 (木)

P社の株が

最近急にP社の株の売買数が多くなり、また株価も上がっている。先日の下方修正報告とは全く関係ないところで動いているようだが、それにしても、この先どうなるのだろうか。

P.S.本日終わりはストップ高。で、発行済株式の10%以上が売買されたことになる。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月26日 (水)

間違いなく秋の気配@都田

今日も今日とて都田へ。8時半少し前に駐車場に到着すると、Priusの人が釣りの荷物を降ろしているところ。まずは池の様子を見に行くと、私のいつもの場所と塩ビ管手前に1人ずつ。Priusの人が何処に入ろうと、私の入る場所がなくなることはない。それにしても、日差しが暖かく感じるのは何故か?ちょっと前までは、日差しはドカンと暑かったのに、これはいよいよ秋の気配か。車に戻って荷物を降ろし、池に向かう。Priusの人は柳の木の奥の日陰に入ったので、私は旧爆釣ポイントに入ろう。先客に挨拶して、さあ5340006053400061準備だ。橋の下にも1人いた。先客は10尺底で、あたり出しが遅いと言う。が、私の準備中から竿を曲げている。私は今日も竹竿11尺で底、と思ったら、仕掛けのウキ止めが裂けていることに気付く。一旦はハリスを裂けた部分に巻きつけて対応しようかと思ったが、うまくいかないので止め。竿を9尺に変更だ。餌はいつもの両ダンゴ。ウキが逆テーパーなので視認性はバッチリだが、何となくバランスが悪そう。更に、ハリスが短めなので、上ハリスを切って長くする。底を取り、開始は9時10分。随分遅れてしまった。湖面には波。気温も上がらず、涼しい。そう言えば水温も低めだ。やはり秋の気配濃厚。さて、餌打ちを始めるが、やはり風と波でウキがシモり、また流される。竿を11尺から9尺に変えただけで、竿の張りがこんなにも違うのか。それで、仕掛けを思うように振り込めないので、イライラ。ウキの視認性だけがやけに良くて、ウキの動きナシ。先客はポツポツとあたりを拾っている。また塩ビ管近くの人も、竿を曲げている。隣に話を聞くと、私が来る少し前からウキの動きが良くなったらしい。それなら私にもいいことがありそうだ。が、しかぁ~し、早くも30分以上経過。隣が片付け開始。ん、まずい。隣がいる間に何とか1匹釣って格好をつけたいが。すると、ウキがシモりながらもスッと入り、やったと合わせるがカラ。でも、竿が短くてもへらが寄ってきたぞ。更に、今度は押えるようなあたりに合わせると、今度こそかかりました!が、が、寄せる途中でバラシ。先客は帰った。ガックリ。すると、引き続き良いあたりで今度こそと期待するが、またも寄せる途中でのバラシ。オー・マイ・ガーッ!どうも地合と私の波長が同期していない感じで、釣れて当たり前という状況でこういう事が続くと、最初の事もあって、イライラが募る。楽しくない。が、53400062次のあたりでようやくかかりました!今度はバラシません。やれやれ。サイズはこんなもの。さあ、どんどん行こう。すると、ウキが立った瞬間に消し込み、竿を伸されてハリス切れ。急いで交換。すると、今度は馴染んで戻してチクッ、のあたりで2匹目ゲットだ!しかぁ~し、一旦「たも」に収めながら、写真を撮ろうとしている時に「たも」から逃げられた。ゲゲッ。従って、2匹目の写真はありません。どうもへらは底から上にいるようで、その後も妙なあたりで2匹を534000635340006453400065追加。底では少なくとも前回並み(私の第2目標)の結果は出しておきたい。すると、次のあたりでやった5匹目!サイズも良くなった。が、その後はさっぱりとなって、11時過ぎに餌が尽きて、何となくイライラしながらの底は終了だ。結果、実釣2時間で5匹。さあ、今度は宙。竿はそのままでウキと仕掛けを交換。餌はスイミー:特S:マッハ:水を2:1:1:1の両ダンゴ。風はあったほうが涼しいが、波は何とかならないか。特に、手前に来る波は、道糸をたるませるので困る。さて、「たな」を1本半にセットして、前回同様ボソボソの餌で再開。すると、何とこちらも前回同様2投目からあたりが出る。が、全くか53400066からない。何故だ?今日は餌に手水を加えて軽く練ってみる。が、変わらず。それでも、繰り返し合わせているうちに1匹をゲット。やっぱり底とはサイズが違う。が、再びカラツンの嵐となり、ここで考える。カラツンが多い時には「トロ掛け」だ?今度は下ハリスを切って短くし、100均で買ったトロロを出す。うまく鈎に絡まないが、何とか付けて再開。すると、すぐに消し込みが!でもかからない。おかしいなぁ。しかぁ~し、何故か1回がかかるようになると、消し込み534000675340006853400069の連発でもう2匹を追加。素晴らしい!このまま宙での第2目標とトータルでの第3目標を同時クリアと行こう。しかぁ~し、何故か急にカラツンが頻発。カラツンだから「トロ掛け」なのに、それでもカラツン?じきに12時のサイレン。塩ビ管近くの人が終わったようだ。私は何とか「トロ掛け」でもう1匹と粘るが、なかなかかからない。かかっても擦れバラ53400070シ。それでも、やっとあたりに合って、宙での第2目標、更にはトータルでの第3目標達成だ!が、その後上ハリスにかかってハリス切れ。更にはトロロを池に落としてしまうミスで、「トロ掛け」は終わり。ハリスを結び直して、再び両ダンゴ。すると、予想通り、カラツン再開だ。塩ビ管近くの人が、帰りがけに声をかけてくれた。見ると、この池で最近顔を合わせる人だ。どうですかと訊かれたので、宙でカラツンの嵐と答える。すると、それを実際に見せることが出来53400071た。ウキがズバッと消し込んで全く手応えナシ。それでも1回だけあたりに合って、まずは前回と同じ結果にまで持って行く。とりあえずここまではOK。さて、その後は?そろそろ終わりの1時。が、今日は途中「トロ掛け」をやったので、餌がまだ余っている。さあて、どうしようかな。私に出来る事は、餌に手水。かなり柔らかくした。すると、これが効を奏したのか、急にあたりに合う確率が高くなる。ラス前にも1匹。残念ながら最後の1投はカラだったが、1時を過ぎて53400072534000735340007453400075から30分弱の間に4匹をゲットだ。結果、宙では実釣2時間強で10匹。内訳は両ダンゴが6匹、トロ掛けが4匹。宙だけで第3目標クリア!最後の様子を見ると、別に「トロ掛け」をする必要はなかったのかもしれない。トータルでは、実釣4時間強で15匹。これならまあまあでしょう。片付け。53400076対面にはダム?そばと階段下辺りに1人ずつ、またこちら側では奥のほうに1人。橋の下の人は昼頃帰った。私の左隣も終わるようだ。涼しい中片付けを終え、駐車場に戻る。汗がほとんど出なP1000117い。が、さすがに駐車場は暑い。さあ、腹も減ったことだし、帰りにはまた讃岐うどんでも食べるとするか。ゆっくりと池を後にした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月25日 (火)

私の所蔵漫画本その1(美味しんぼ)

昔から漫画が大好きで(最近の漫画にはついていけないものもあるが)、お金が自由に使えるようになってからは、好きな漫画の単行本をコツコツ買うようになった。もちろん今ではほとんど買いませんが。

これから私の所蔵(大袈裟!)する漫画の単行本を、アットランダムに不定期に紹介していきたいと思う。

これをネタに困った時のつなぎだという事は、分かっていても決して口にしないように。

Docu0008記念すべき第1回を飾るのは、現在も続くグルメブームに火をつけた名作、美味しんぼ。
昭和60年にこの第1巻が発行されているから、もう足掛け25年になる。現在102巻。こういう単行本は、一度買い始めると、それが終わるまでは買い続けなければならないという、ディアゴスティーニも真っ青な代物だが、何とか全巻を揃えている。山岡士郎と海原雄山との和解がなった後では、まだ新刊が出ていない。今後どこまで続くのかは分からないが、こちらも根性と金が続く限りはお付き合いするつもりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月24日 (月)

リベンジに向かった筈なのに@都田

日曜は鋭気を養うために休竿とした。そして今日、いささか寝不足だが、やる気満々で家を出る。暑いことは暑いが、湿気がなくカラッとした暑さだと予報が言っているので、今日は気持ち良く釣りをするぞ~。駐車場に着いたのは8時半少し前。へら師と思われる車がポツポツ。さてさて、今日は何処に入れそうかな?とりあえず荷物を降ろし、池に向かう。私のいつもの場所と旧爆釣ポイントには先客。WINDOMの人と、最近良く会う人。柳の木の奥が空いているので、やった涼しく釣りが出来そう。と思ったら、私が着くほんの少し前に、奥のほうから釣り台を持って走ってくる人が。その人は、私の目の前で私が入ろうとしていた場所にさっさと釣り台をセットするではないか。これには唖然。でも、先に入った人が優先だから、仕方がない。その奥には、この人の知り合いの人が入っている。もっと奥、塩ビ管まで行かないとダメか?塩ビ管奥にも先客がいるので、挨拶してから私は先日OT氏が入った場所(釣り台を移動させた人が元々入っていた場所)に入ることにした。やれやれ。さあ準備だ。意外と涼しい?が、汗を拭くタオルを車に忘5340004953400050_2
れてきた!急いで取りに戻る。これで汗がドーッと噴出す。さて、今日も竹竿11尺で底から入ろう。先日すぐ横で懲りている筈だが、今日もまずは11尺から。いつでも長竿に変える心の準備は出来ている。私の準備中に、WINDOMの人が片付け開始。そりゃぁないよ(トホホ)。でも、もう場所は変えない。私の左の人の知り合いが2人やって来て、左隣に入った。更にその奥にも2人。WINDOMの人の後には、多分Sさん。更に浅場に2人。さて、私の今日の餌はいつもの両ダンゴ。いろいろとモタモタしていたので、開始は9時。すると、ウキの馴染み幅が一定しない。何故?まだかけ下がりの途中なのか。微調整を繰り返して、何とか馴染みを出した。が、やはり。ウキが動かない。すぐに30分が経過。そろそろ竿を変えたほうがいいのかな?ウキが動かないからと言って、餌打ちの間隔が長くならないよう注意する。すると、ウキが微妙に返しているように53400051思えてきた。これならいける!そして、一旦戻したウキがチクッと入るのに合わせれば、やったかかりました!これで11尺の顔が立った。私以外の人が宙で最初だけ竿を曲げたものの、その後パッとしない中で、地合なのかウキの動きが良くなり、何と3連荘!2匹目はウキが馴染み切る寸前のあたり。3、4匹目は、馴染んで返してツン!これは気持ち良い。さあ、どんどん行534000525340005353400054って、第2目標いや第3目標クリアだ!が、しかぁ~し、しかぁ~し、何故かその後ウキの動きがバッタリ。たまにウキがあたりらしき動きを見せても、合わせればカラ、または擦れバラシ。宙の人達のほうが良さそうに見えてきた。そろそろ餌が終わり。最早これまでか?しかぁ~し、何故かウキの動きが復活。そして、何度となく誘いをかけてあたり53400055を出し、ようやく第2目標クリアだ。が、その後はたまのあたりが全てカラ、で11時過ぎに底は終了。実釣2時間で前回の結果に並んだ。さあ、次は宙だ。竿はどうしようかな?よし、このまま行こう。餌はスイミー:特S:マッハ:水を2:1:1:1の両ダンゴ。「たな」1本半で開始は11時20分頃。ダンゴはボソボソで、これを無理に餌付けすると、固そう!これにへらが食いつくかなぁ。しかぁ~し、何と2投目から消し込み!その後もウキは良く動き、あたりらしき動きもするが、懸命に合わせてもかからない。やはりこの餌がいけないのかなぁ。でも、先日は手水を加えて練った餌では余計にウキが動かなくなったので、今日は行けるところま53400056でこのボソボソで行くぞ。何度となく消し込みのカラを食らった後、ようやくかかりました!これこれ、サイズも底に比べてグ-ンとアップ。更には、ウキが馴染みきってからの小さ53400057なあたりで2匹目。いつもなら次第にウキが動かなくなるが、今日は大丈夫。「たな」を変えず、餌もボソボソを手もみするだけで対応。とにかくあたりらしきウキの動きに合わ53400058せていく。と、ここで12時のサイレン。そして、遂に私の第3目標にリーチだ。よしよし、53400059_3このまま行こう。しかぁ~し、なかなかあたりに合わない。擦れバラシやハリス切れも出て、こんなにウキが動いているのに何故?とボヤキも出る。そのうえ、デジカメの充電池が切れたようだ。仕方なくP1000114携帯のカメラで続行。すると、その後消し込みに合って、やった第3目標クリアだ。先日の倍の釣果になった。これならリベンジと言えるかな?多分餌合わせが上手に出来れば、釣果は倍以上になっている筈(あくまでタラ・レバですが)。さあ、一応2桁になったことだし、後何匹追加出来るか。が、しかぁ~し、これまでに増してカラが続く。とにかく餌は残り少ないからそのままP1000115にして、ひたすら合わせよう。すると、ようやく1匹を追加。ウキはまだまだ動いているが、とにかくかからず最後の1投。が、これも叶わず1時過ぎに終了だ。宙では実釣2時間で6匹。底と併せて4時間で11匹。私の周りの人で2桁まで数を伸ばしている人はいない筈(皆さんに聞いてまわったわけではないが)。今日は良くやったと言えるのではないか(←そうかな?)。片付P1000116け。奥の人から、両ダンゴは何を使ったのかと訊かれたので、スイミーと答える。ただし、その理由(封を切ったものから順に使い切るため)については答えられなかった。片付けを終え、周りの人達に挨拶して駐車場に戻る。本当に予報どおり、暑いがカラッとしていて、そんなに汗が出ない。もちろん息ははずみますが、何か。さて、腹が減っている。帰りに讃岐うどんでもかっこんで行くとするか。充実感を噛み締めながら、ゆっくりと池を後にした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月22日 (土)

昨日の出来事は白昼夢だったのか@都田

早速OT氏からお誘いがあり、今朝は7時集合。ほぼ時刻どおりに駐車場に到着すると、既にOT氏の車が。中には誰もいないので、池の様子を見に行っているのかも。おっ、何処かで見た車が停まっている。ひょっとして・・・。じきにOT氏が戻ってきて、まずは挨拶。私の(かつての)いつもの場所と柳の木の奥には先客がいると言う。さてさて、それでは何処に入ろうか。まずは荷物を降ろし、池に向かう。確かに2人が並んで釣るためには、奥の方か橋の下付近しかなさそうだ。あっ、やっぱり!柳の木の奥にいたのはバットさんだった。8尺で宙をやっていると言う。珍しい。まだ結果は出ていないとの事。我々は塩ビ管を挟んで、浅い方にOT氏、奥側に私が入ることにした。この辺りから5340004053400041奥にはほとんど入った事がない(流れ込み付近は別)ので、どんな様子なのか分からないが、まあいい、準備だ。ヘラ師はその他に我々の更に奥に1人と、対面ワンド付近に1人。後でバットさんから聞いたのだが、対面にいたのはWINDOMの人だった。さて、いつも変わらない釣り方のOT氏は準備が早い。私は竹竿11尺で底から行こう。餌はいつもの両ダンゴ。底も取れ、開始は7時半。昨日の結果から、かなり期待出来そうだが、まずは1匹だ。しかぁ~し、ウキはピクリともしない。なあに、まだまだこれからさ、と最初は平静を装っていた私だが、OT氏が竿を曲げると、ちょっと心配になってくる。バットさんも、ブルーではあるが竿が曲がっている。私のウキはさわりも、更には返しさえも出さない。そのまま、漫然と餌打ち。気が付けば既に1時間以上経過。これはまずい。他のへら師も竿を曲げている気配は感じないが、それにしても、これは一体どうなっているのだろう。昨日の出来事は何だったのか?このままではいけない。何かしなければ。よし、思い切って竿を13尺にしてみよう。再開は9時頃。すると、じきにウキが返すではないか。これは?地合なのか。そしてあたり!残念ながらカラだったが、俄然やる気に53400042なる。そして、ウキがズルッと入るのに合わせれば、やったかかりました!うわっ、凄い引き!まさかまさかのマ・ブ・ナでは?竿を気遣いながらも何とか寄せる。「たも」に収まったのは、30cmオーバー。上鈎を食っていた。何となく自信がないので、OT氏とバットさんに鑑定してもらう。良かったぁ、へらだって。これでボウズから逃れられた。時間がかかったなぁ。さあ、追加だ。すると、ウキはまだまだ動いていて、馴染むとすぐに返す。が、その後がない。ここで何やら何処かで聞いた声が。あっ、masaさんだ。私の昨日の結果を見て来たようだ。今日の途中経過にはかなりガッカリした様子で、バットさんとOT氏の間に入った。さて、私のウキはまだ動いていて、時折あたりを出すが、なかなかかからない。ひょっとし53400043てハリスが長過ぎるのかも。でも、そのまま続行。そして、何とか1匹を追加。すると、その後は一転してウキが動かなくなり、餌が尽きたのは多分10時頃。OT氏は4匹をゲットしている。さあ、次は宙だ。が、いつものように9尺では心許ない。ここは再度竹竿11尺にご登場願おう。餌はスイミー:特S:マッハ:水を1:2:1:1の両ダンゴ。別に意味はありません。ただ、封を切53400044_2った餌から順に使いきるだけ。「たな」1本半で再開すると、何故かすぐにウキが動き出し、消し込みのあたりも出る。おいおい、これはどうなってるの?そして、スパッとウキが消えるあたりで難な53400045く1匹目。サイズは小だが、1匹は1匹。よ~し、宙では爆釣だ!が、しかぁ~し、しかぁ~し、その後もウキの動きはなくならないが、次第に弱くなり、あたりに合わせてもかからなくなる。OT氏も「たな」をあれこれいじっているが、結果に繋がらないようだ。一方、10時頃に「お」で始めたmasaさんは、じきに竿を曲げ、その後も好調な様子。12尺両ダンゴの底に変えたバットさんも、大きな何かをかけた。私も「たな」を1本にしてみるが、変えたその時にはウキが動くものの、次第に弱くなって行く。やはり両ダンゴの地合ではないのか。また、用事があるので11時には終わりたいと言っていたOT氏にアクシデントが。道糸切れで仕掛けをロスト。ここで終わるかと思っていると、仕掛けを替えて続行だ。時間的に余裕はあるのか?ウキの動きがなくなった私は、masaさんとバットさんの様子を見に行く。すると、masaさんのウキの近くにOT氏がロストしたと思われるウキが寄っているではないか。どうやら、まだへらが付いているようだ。そして、OT氏の片付け中に、その仕掛けをゲット!尻ビレに擦れていたようだ。諦めていたウキが手元に戻って来たOT氏は、気分良く11時半頃に帰った。私も一緒に帰りたかったが、餌がまだ残っているので、それを使い切って終わろう。それにしても、開始から4時間が経過していて、途中経過はたったの3匹。昨日の結果はやはり夢だったのかも。既に集中力をキープ出来る時間帯ではないが、何とか数を増やしたい私は、まずは「トロ掛け」だ。「たな」は1本のまま。しかぁ~し、ハリス長をそのままにしての変更は無理だったようで、じきに中止。それでは、上ハリスを切って「お」にしてみよう。masaさんのようにはいかないかもしれないが、とにかく変更だ。すると、ウキは動くようになるが、やはり元はダンゴだったバラケに反応しているようで、あたりらしいウキの動きに合わせてもカラ。12時のサイレンが聞こえてくるが、恨めしい。奥には数名入っている。餌の残り具合から、終了は12時半頃。とにかくそれまでは一心不乱に餌打ちを続けよう。すると、地合なのかウキの動きが急に良くな5340004653400047る。そして、スパッというあたりで、やっと1匹。これでようやく私の第2目標にリーチだ。トホホとしか言いようがない。それでも何とかもう1匹ゲットして、第2目標クリア。既に集中力は途切れているので、後は惰性で餌打ち。が、ウキの動きは落ちない。餌打ちして竿を竿掛けに置いた瞬間にガタッといって竿が竿掛けから外れる。慌てて手に力を入れるが、無駄。ハリス切れ。また、ズバッというあたりにも合ったが、堪えきれずにハリス切れ。こちらは上鈎を食っていた。まだウキは動いているが、皮肉な事に餌が尽きた。実釣5時間で5匹とは、最近にない貧果。しょんぼりと片53400048付け。一時は雨も心配されたが、何とか持った。片付けを終え、帰り道2人の様子を見に行くと、masaさんは2桁を突破し、私が見ている前で14匹目をゲット!バットさんはあたりに合ったが、残念ハリス切れ。私は2人に挨拶して駐車場に戻った。昨日と同じく、汗はそれほどかいていない。今日は昨日と同じような結果を夢見て出掛けてきたが、見事に裏切られた。まぁ、それが釣りと言うものだろうが、それにしても・・・。そっと池を後にした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月21日 (金)

ちょっぴり秋の気配か@都田

予報では今日は1日曇り。何だか久し振りに竿を出すような気がして、ややテンションが上がり気味で都田へ向かったのは7時半頃。通勤ラッシュに巻き込まれるかと思ったら、拍子抜けするくらいにあっさり駐車場に到着。いつもなら橋まで行って池の様子を覗うのだが、今日はとりあえず荷物を降ろして池へ。先週末に草刈があり、随分見通しが良くなった。へら師は3人。私のいつもの場所(最近はあまり入っていない)と、私が入りたい柳の木の奥の日陰に先客が。WINDOMの人は橋の下にいる。さて、何処に入ろうか?膝を考慮して、帰りが楽な旧爆釣ポイントにしよう。両側の先客に挨拶して、さあ5340001453400015準備だ。右側の人は、多分底。私の準備中にも竿を曲げた。左側はさっぱりの様子。今日あの場所に入れなかったのは逆にラッキーだったか?さて、今日も最初は底から。11尺の両ダンゴ。餌はいつものとおり。空は曇っていて、風が少しある。右側の先客2人は傘をセットしているが、いらないようだ。湖面には白波が出たり消えたり。何となく初秋の雰囲気を感じる。底を取り、開始はジャスト8時。いつもながらではあるが、ウキの馴染み幅が思うように出ない。何故だ?ウキ下を微調整。そして餌打ちを繰り返す。今日の目標はまず1匹。が、何となくダメな感じ。右隣もしょっちゅう合わせるというより、本当にポツリポツリという感じ。WINDOMの人が、予定より10分ほど早く終了した。左隣は、どうやら全くウキが動かないようで、釣り座を外して奥まで行き、やがて9時頃帰った。私のほうだが、気持ちだけが先走りするものの、ウキに動きなし。が、いきなりウキがズルッと入り、何かかかった気がしたがすぐに外れた。そろそろ来たかな。ウキも微53400016妙に返すようになった。そして小さくムズッと押えるようなあたりで、やった1匹目!サイズはともあれ、良かったぁ。が、後が続かない。とにかく餌打ちのインターバルがバラバラにならないように気をつける。しかぁ~し、今日も少ないあたりに手が出ない。また、あたりの見過ごしも何度となく発生。私の癖なのか、餌打ちしてウキが馴染むと、無意識のうちに餌ボウルに目を53400017やるようで、そのわずかな間に何故か数少ないあたりが出てしまう。8時台には何とかもう1匹。今この池には、私と右隣の2人しかない。ほぼ貸切なので、もっとウキが動いても良さそうなものだが、おかしいなぁ。隣も次第に合わせる回数が減ってきたか。しかぁ~し、9時を過ぎると、急にウキの動きが良くなる。動きっ放しという事ではないが、しっかりとしたあたりでポツポツと数を増やす事が出来、気が付けば私の第3目標にリーチだ。根拠はないが、何となく53400018534000195340002053400021534000225340002353400024行けそう。が、カラツンも出て、残念ながら10時過ぎに餌がなくなるまで、もう1匹が出なかった。結局底では2時間で9匹。最初の頃に感じた「食い渋り」ではなかったようだ。サイズは良くても7,8寸というところか。さて、次は宙だ。竿を9尺に替え、餌はいつもの両ダンゴ。が、天々が尽きたので、足りない分は特Sで補った。「たな」は1本半で再開。すると、すぐにウキが動き出し、こりゃぁ地合になったかな?風が出て涼しい(今日はあまり汗をかかずに済んだ)のは嬉しいが、波も出てしまい、ウキの視認性が下がる。また、ウキが流されてしまい、ちょっと釣り辛い感じ。しかぁ~し、今日のあたりはほとんどがズバッという消し込み。細かいウキの動きに目を凝らす必要がないので、非常に楽で気持ちよい。結果もじ53400025534000265340002753400028きに出て、短時間に4匹をゲット。既に合計では私の第3目標をクリアしているが、人間の欲望には限りがなく、宙でも2桁、更には底と宙で計20匹以上という大胆な欲求が沸いてくる。でも、ひょっとしたら可能かも。すると、その欲のせいか、変なあたりにも手を出してしまい、やや間が空く。が、すぐに復活して数を増やす事が出来た。おまけにサイズも底の時より良くなって、30cmクラスも混じる。また、今日は餌をいじることもなく、餌付けのみで対応出来た。いよいよ私の欲望(まずは宙で2桁)にリーチか?と、これは難なく達成。素晴らし534000295340003053400031534000325340003353400034い!さあ、次は底と宙を併せて20。が、ちょっと間が空く。そろそろ12時。早く結果を出したい。右隣の人は11時頃に帰り、一瞬完全貸切と思ったが、WINDOMの人が入っ5340003553400036ていたところに1人見える。それに、奥の奥にも1人入った。私はその後2匹を追加。今日の目標全てをクリアだ!さて、あと何匹追加出来るかな?すると、バッチリのあたりで「たも」の枠ギリギリまで寄せたのだが、そこでバラシ!引きがおかしかったので、多分擦れなのだろうが、それにしても・・・。おまけに、頭上の木の枝に仕掛けが絡まないよう、仕掛けを湖面に打ち付けると、何と再び手応えがあるではないか。残念ながらブルーだった(これも外れた)が、こんな事はなかなかないぞ。が、しかぁ~し、ハリスがグチャグチャに絡んでしまい、涙を呑んで上ハリスをカット。もう餌が残り少ないので、このまま1本鈎釣法で続行だ。じきに12時のサイレン。すると、153400037個餌でもあたりが復活。宙での13匹目をゲット!やったね!が、しかぁ~し、しかぁ~し、鈎を呑んでいる。懸命に鈎外しで外そうとするが、ハリス切れ。餌も残り少ないのでここで止めても良いが、次の時の事もあるから、一応両ハリスを付けておこう。すると、この間が良かったのか、再開するとすぐにあたりが出る。が、かからない。遂に最後の1投。これも1個餌。が、何故53400038かかかりました!久し振りの「最後の1投」だ。結果、こちらも2時間強で14匹。底と併せて4時間強で23匹だ。もう1匹釣れば、時間あたり6匹になったが、そこまで私に要求するのは無理。気持ち良く片付け。汗もほとんど出ない。それにしても、今日は天気も曇りで過ごしやすく、また53400039意外に高活性?なのに、どうしてこんなに閑散としているのだろう。ん、逆にへら師が少ないから良かったのかもね。片付けを終え、駐車場に戻る。膝が痛くなることはなかったが、しんどい。多少息が上がった。さて、そろそろOT氏も腕がムズムズしているのではないか。釣り大会が来月あるが、それまでに竿を出すことが出来るかな。腹が減っている。気持ち良く池を後にした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月20日 (木)

ケーキ屋さん巡りその2

今日も暑い。が、ゴー!写真は一部のみあります。

まずは冨塚のパークタウンそばにある「AKIYAMA」。しかぁ~し、最初からお休みにぶち当たってしまった。正式な休みは水曜なのだが、今日もお休みでした。

仕方ない、次だ。

この店から、医療センターへ抜ける細いクネクネ道、更に佐鳴湖畔を走ってから左折して坂を登り、そのまま真っ直ぐに佐鳴台の団地に入ると、マンションの1階にある「メゾン・ド・フリュイ」。シフォン・ケーキの店でした。駐車スペースが狭く、2台しか停められない。
この近くにある「Valentine」は既に何度となく訪れている。

さあ、次はフランス人パティシエがいる、住吉の「Patisserie Abondance」。今まで興P1000113味津々だったが、ちょっと敷居が高い感じだった。青で統一された店の外観。店に入ると、いきなり「こんにちは」の声。流暢に日本語を話すフランス人パティシエが出迎えてくれた。巧みなセールストークと可愛らしいケーキ達、それらにつられてついついケーキを買ってしまった。

今日は10時前に出発したのだが、既に3軒をはしご(うち1軒はお休み)。昨日の疲れもなんのその、快調に飛ばす。

次は家の近くに戻って高丘北、スーパー丸滝の近くのマンション1階にある「パティスリー クレモンティーヌ」。家の近くにこんなケーキ屋さんがあるとは、今の今まで知らなかった。

さあ、今日の最後は、半田町にある「メイプルハウス」。奥にある飲食スペースでは、森の中で食事するという雰囲気が良さそう。

今日は勢いにまかせて5軒もはしごしてしまった(うち1軒はお休み)。が、まだまだ浜松のケーキ屋さんを制覇したとは言い難い。これからも機会があれば、ケーキ屋さん巡りにチャレンジしたいものだ。ただし、ケーキばかり食べるわけにはいかないのが悩みの種。

今日の昼食は、うなぎの「新角」。うな丼の写真を撮るつもりだったのだが、出てきた途端にその事を忘れてしまい、食べている途中で思い出した。従って、写真はありません。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月19日 (水)

ケーキ屋さん巡り

今日は姪と一緒にケーキ屋さんをはしごした。尚、写真は一切ありません。店の名前の部分をクリックすれば、その店の情報が掴めます。

まずは定番、ぬくもりの森の中にある「お菓子の森」。せっかく10時ぴったりに着くよう出かけたのだが、何故かケーキ屋さんが始まるのは11時からとある。え~~っ、どうして?この暑い中、他の施設をグルグル廻って時間をつぶす。ようやくOPENしたので、さっさとケーキを買い、その場で食べてさあ次だ。

続いては、大平台にある「La Verite」。住所も電話番号も分かっているので、場所がはっきりしないがカーナビが教えてくれるだろうと高を括っていたら、今の場所に移ったのは2004年末だったので、私のカーナビにはその情報がない。それで、適当に入力しながら大平台をうろうろ。やっと見つかった。

ここで一旦昼食及び休憩。

さあ、次はこれも有名?な、半田山にある「SAINT-RAPHAEL」。これは一発で分かった。医大に向かう坂の途中で、昔は喫茶店だったような気がする(今でも食事が出来るスペースがある)。

そして最後はシュークリームで有名?な「ふうしえ」(HPが見当たらないので、この店について書かれているブログ等で調べてください)だ。この店に最後に来たのは何と20年くらい前。場所がおぼつかなかったが、何故かすぐに分かった。

今日は水曜なので休みの店が多く、開いている店を探すのにも結構疲れた。が、まだ明日がある。明日は今日休みで行けなかった店のうち、何軒廻れるか。もちろん今日伺った全ての店でケーキを食べたわけではありませんよ。そんな事をしていたら体が持ちまシェン。

注)東三方にある「Liebling」は、前の会社の近くということもあり、既に訪問済み。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月17日 (月)

病院のはしご

今日は暑い中、外科と内科をはしごだ。いずれもお盆休みで受診出来ず、薬が切れてしまったため。外科では休み明けのためなのか、非常に混んでいた。幸い割と早く済み帰宅したが、9時過ぎに家を出てから約2時間で、既にカンカン照り。さっさと家に入ってエアコンだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月16日 (日)

こんな暑い日に竿を出す人@引佐天池

P1000111休んで良かった、こんな暑い日。と思っていたら、何とバットさんが引佐天池で竿を出すとメールが。早朝からなら、まだ話も分かるが、既に昼近い。そう言えばmasaさんも西大谷へ行っているようだ。西大谷はちょっと見に行けないので、所用で外出するついでに、引佐天池の様子を見に行こうかと思い立った。池には4台の車。おっ、あったあったバットさんの車。公園まで行って向きを変え、路肩に停めて傘を差し、バットさんがいるオーバーフロー左側に向かう。アチイッ!まずは挨拶。すると、何とバットさんはこれから終わるところだと言う。そうだよな、こんなに暑いのだから。日が当たらない3人はまだまだ粘るようだ。バットさんが片付けを始めたので、私も帰ることにした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日もお休みか

日付が変わっても、膝の具合に変化なし。今日も釣りはお休みがいいかもね。ただ、日中あまりに暑いので、家にいてもだらけるばかり。ひょっとして荷物の運搬が楽な釣り場に顔を出すかも。
とりあえずハリスは巻けた(←今頃かよ!)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月15日 (土)

今日はお休み

このところ、膝の痛みがぶり返している。昨日も実は足をひきずり(大袈裟!)、あの都田の崖(坂?)を降りたのだった。帰りの登りも大変で、今日は膝休めの1日。せっかくの好天だが、仕方ない。大久保とかなら行けそうだが、まあここは我慢だ。週明けには朝一で病院に行き、痛み止めをもらってこよう。
そうそう、やるやると言ってなかなか出来ていないハリス巻き、今日は絶対やっておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月14日 (金)

新「亀仙人」誕生@都田

SDカードを買って差し替えたら、デジカメが生き返った。今日の写真も全て残っている。やれやれ、だ。

今日は一日曇りという予報に、ついふらふらと出かけてしまいました、都田へ。ただ、最近は出だしが遅く、今日も池に着いたのは9時少し前。車から降りると、ムッとする暑さ。へら師と思われる車が多数停まっていて、今日はひょっとして場所がないかも。まずは橋まで行って池の様子を覗う。おっ、対面看板横と階段下に1人ずつ。こちら日陰側はと見れば、旧爆釣ポイントから奥に向かって、後から入る隙間はなさそう。だが、私のいつもの場所は空いているので、そこに入ろう。しかぁ~し、車に戻る途中に、荷物を抱えたへら師とすれ違う。やられた!私も急いで車に戻り、荷物を降ろして池に向かう。が、やはり私のいつもの場所にはさっきの人が入っていた。残念。奥には行けそうにないので、OT氏のいつもの場所か、そこから草むらひとつ隔てた場所のどちらかにしよう。それなら、荷物が置きやすい、OT氏のいつもの場所だ。先客に挨拶して、入る。既5340000153400002に汗まみれ。今日も何となく渋そうだが、さて底と宙、どちらから入るかな?よし、昨日と同じ11尺の底から行こう。餌もいつもの両ダンゴ。底を取り、開始は9時15分。さてさてどんな具合かな?すると、やはりかなりの渋さだ。ウキの馴染みは問題ないが、その後全く動かない。隣の人は宙の両ダンゴで始めた。旧爆釣ポイントから奥の3人は知り合いのようで、渋い渋いと言っている。それでも竿を曲げているが。さて、出来るだけ間を置かないよう餌打ちを続ける私だが、ウキに動きなし。が、よーく見ると、ウキが微妙53400003に戻している気がする。一瞬たりとも気を抜かないようにしよう。すると、ウキがズルッと入り、これに合わせればやったかかりました!ただ、擦れの雰囲気。とにかく寄せてみると、下唇にちゃんとかかっていた。サイズもまあまあ。良かったぁ、これでボウズから脱却だ。ただし、片方のハリスがグシャグシャに絡んでいて、涙を呑んで切る。実は昨夜もハリスを巻くのをサボったため、今日も現場施工なのだ。今夜こそ巻くぞ!隣はあたりがないのか、あまり合わせて53400004いない。さあ、もう1匹と行こう。すると、なにやらウキがモヤモヤし始めたようだぞ。そしてチクッというあたり!やったこれでしょう!が、しかぁ~し、引きがなく重いだけ。寄せる途中で亀と判明。しかもデカイ。しっかり口にかかっていて、鈎外しを使っても結局ハリス切れ。またも施工。亀は53400005昨日も私の両サイドで釣れていたので、まだまだ余裕。が、しかぁ~し、しかぁ~し、再度の亀にはビックリ。そして落胆。サイズが最初より小さくなったので、隣からさっきのが親だろうとからかわれたが、次は孫を釣りますよと返す。が、しかぁ~し、しかぁ~し、しかぁ~し(←しつこい!)、ま53400006たも良いあたりで亀。まさか昨日のY川さんのように、一度釣った亀がもう一度かかってきたということはないだろうな?顔は似ているが、多分違うと思う。これで私も亀仙人の仲間入りだ。えへんえへん(←ショボーン)。亀さんには二度と近くに来ないよう、お仕置きをかねて遠くに置いてきた。もう1時間経過しているが、成果は1匹だけ。亀が去ったあとには、静かなウキが残る。もうこれで底は終わりかな。あたりがほとんどないので餌の消費が少なく、まだかなり残っている。出来るだけ早く打ち切り、宙に行こう。でも、隣の様子を見ていると、宙も53400007難しそうだ。ところが、次第にウキの動きが出てくる。ひょっとして地合?そして、チクッというあたりでやっと2匹目。53400008う、嬉しかぁ~。ウキの動きはなくならない。そして3匹目。今頃になってウキが動き始めてもなぁ。ただ、第2目標もひょっとして行けそう?すると、今度はズバッというあたり!かなりの引きを堪えに堪えて寄せる。が、途中で力が抜ける。それは、マ・ブ・ナ。残念だが、まだ時間と餌はある。し5340000953400010かぁ~し、次のあたりでも、かかってきたのはマ・ブ・ナ。最初のは、ひょっとしたら地べらかもしれないが、ここは泣いて馬食を切り?残りの餌に期待しよう。しかぁ~し、次のあたりはバラシ、次のあたりはいきなり沖に逃げられてハリス切れ。あたりはまだまだあるが、急にあたりが出始めたこともあって餌の消費が激しくなり、11時半頃終了だ。最後の1投もカラだった。ここで底の餌を作って続行の選択肢もあるが、予定通り次は9尺で宙。仕掛けが「お」になっているので、「お」でやる。餌は両ダンゴも視野に入れていつもの。旧爆釣ポイントとその奥の計3人は、もう帰った。隣は釣れていなくても、両ダンゴを変える気配はない。さて、しばらく後に「たな」1本で再開。すると、第1投からウキに動きが。何となく怪しいが、それでも期待しながら餌打ち。すると、やはり予想通りでしたブルーの連荘。ガクガクッ。でもまだ始めたばかり。きっとへらは来る。すると、ウキが馴染んでからグッと力強く入るようになる。そろそろ来たかな?が、あたりが出始めても、おそらくバラケに来ていて、さっぱりかからない。とにかく53400011餌打ちだ。すると、ウキが馴染んでからスパッという感じで入り、これに合わせればやった宙の1匹目。寄せる途中でバラケを食っていることが分かったが、気にするな。さあこれからだ。が、12時のサイレンが鳴る頃から、急に空が暗くなった。そしてポツポツと大粒の雨。ヤバイ!隣が急に片付け開始。上空の雲はそんなに長い間雨を降らせるような感じはないのだが、私もソワソワし始める。何と言ってもあの大雨がトラウマになっているので、やはり短期の雨だとしても、終わろう。片付け。雨はボツボツと湖面に当たり、どんどん多くなる。私の頭上5340001253400013はちょうど木の枝で屋根のようになっているので、これが持ち堪えている間に片付けを終わらないと。奥の人達も半分は帰ったようだ。バラバラと降っている雨がやや弱くなった頃を見計らって、駐車場に戻る。駐車場にはそれほど強い雨が降っているようには思えないが、撤収を決めた以上後悔はない。急いで車に荷物を積む。今日の結果は、底では実釣2時間強で3匹。もちろん亀3匹とマブナ2匹は含みませんよ。それから宙では実釣30分弱で1匹。ブルーについては言うまでもありません。合計して実釣2時間半で4匹。この暑さで水中が酸素不足になり、まして低気圧の接近もあって食いが悪かったのだろうと勝手に決め込み、池を後にした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月13日 (木)

へらもお盆休みなのか@都田

いよいよ今日から本格的な?お盆休み。そして快晴の予報とくれば、出かけないわけにはいかないでしょう。OT氏は休みの間所用でNGだと言うので、それでは1人でゴー!もちろん行き先は都田。まだ空は曇っているが、暑い!駐車場にはポツポツと車が停まっているが、一体どれくらいがへら師なのだろう。まずは橋まで行って池の様子を覗う。おっ、OT氏のいつもの場所にWINDOMの人。それから柳の木の奥に1人。あとは塩ビ管付近から奥に数人。対面階段下にも1人いるぞ。頑張ってるなぁ。車に戻って荷物を下ろし、池に向かう。途中の道が、何となく削れているように見えるのは私だけか。かなりの土砂が池に流れ込んでいると思うのだが、地盤は大丈夫なのか。まずはWINDO53400024_2
53400025Mの人に挨拶して様子を聞くと、最近はかなり渋くなっていて、2桁を釣るのは難しいとの事。自分は7匹だと言う。荷物をいつもの場所に置いてから、今度は奥の人に挨拶して、今日の状況を確認。すると、底であまり芳しくないようだ。さて、どうしようか。今日は底→宙というスケジュールで来たが、底は止めようかな。いや、予定通り底から行こう。竿は11尺で餌はいつもの両ダンゴ。と思ったら、水の量を間違えたのか、ちょっとヤワヤワになってしまった。そこで、夏を一握り摘んで振りかける。汗ダクダクで底も取れ、開始は8時33分。WINDOMの人は、亀を釣って終了。時間通りだ。さて、餌打ちを始めると、あれれっ、ウキの馴染み幅がおかしいぞ。底取りがまずかったかな?何度となく打ち返すが、予定より1目盛以上出ている。が、しばらく見ていると、どうやら既にへらが寄っていて、ウキが馴染まないようだ。何とか馴染むようになると、今度はあたりを見逃53400026したり(最近はこれが多い)、カラツンだったりと、やはり難しそう。それでも、チクッという良いあたりに合って、ようやく1匹目ゲットだ。やれやれ。すると、今度はウキがズバッと入って、擦れて上がってきた。そのうえ、ハリスがグチャグチャに絡んでしまい、切るしかない。実は昨夜ハリスを巻く予定だったのだが、面倒なのでハリスケースを空っぽにしたまま今日は出かけて来たのだった。従って、交換は不可。現場施工だ。まだウキは動いている。私の左、旧爆釣ポイントにはY川さんが、WINDOMの人の後にはHRさん?が入っている。Y川さんは53400027底、HRさんは「お」で始めたようだ。今度は何故かカラツンばかりで、さっぱりかからなくなって来た。とにかく合わせるしかない。そして2匹目をゲット。しかぁ~し、次のあたりでは途中擦れが分かってからのバラシ。仕掛けが頭上の木の枝に一瞬かかったが、すぐに外れた。ウキの動きは次第に大人しくなって、馴染み幅も予定通りになる。が、しかぁ~し、ウキの動きが止まる。いよいよ食い渋り本番か?両ダンゴでなく、グルテンセットで釣ったほうが良さそう53400028な感じ。それでも、ウキが戻してから待って待って、ようやくのあたりを拾い、何とか3匹目。少なくとも底では第2目標をクリアしたい。が、このウキの動きでは無理かも。Y川さんは全くウキが動かないと言っていたが、遂に竿を曲げた!が、しかぁ~し、亀・・・。この亀はかなりしつこく、再度Y川さんの仕掛けにかかってきた。HRさんも「お」で2匹をゲットしているが、なかなかウキが動かない様子。宙はどうしようかな。さて、またも擦れが出た後は、今度こそ本当に53400029ウキの動きがバッタリ。こうなると放置プレイしかないが、ズバッというあたりが出て、またも擦れかとガックリしながら寄せてみると、しっかり口にかかっている。ラッキー!私のラッキーはまだ続く。どうせウキは動かないからと、餌打ちしてから放置プレイ。あたるもんならあたってみろ!柳の木の奥の人が竿を曲げ始めたので、様子を見に行く。底は止めて宙の両ダンゴで浅い「たな」を狙い、ポツポツと釣れているらしい。ホホー、宙が楽しみだ。それから自分の釣53400030り座に戻ると、ウキは餌落ちから1目盛まで戻している。それでは餌を切るかな、と空合わせすると、何とかかってます!一応Y川さんの承諾を得て、カウント。とりあえず第2目標クリアだ。釣ったのではなく釣れたのですが、何か。それからじきに餌が尽き、底は終了。実釣2時間強で5匹。良いような悪いような。さあ、次は宙だ。竿を9尺に変更。餌はいつもの両ダンゴ。「たな」は1本半で開始は10時50分。すると、数投でウキがモヤモヤ。これは底と違って高活性か?しかぁ~し、モヤモヤからあたりにならない。しばらくして、「たな」を1本に変更。すると、ウキの動きが格段に良くなる。が、ズバッというあたりは出ない。とにかく53400031あたりらしいウキの動きに合わせ続けると、20回くらい(←あくまで個人の感想です)のカラツンの後、やったかかりました!これで宙のボウズから逃れられた。両ダンゴ、ダメじゃん。それで、HRさんを真似て「お」にしてみる。上ハリスを切って短くするが、ちょっと段差が足りない感じ。でもそれで再開。すると、こちらも数投でウキがモヤモヤ。両ダンゴの時よりグーな感じだが、53400032どうもバラケにばかり来るようだ。それで、下ハリスにバラケ(元々はダンゴ)を付けて打ってみると、ズバッというあたりが出て、宙での2匹目。でも、続かない。再び通常の「お」に戻す。すると、ウキは動くのだがあたりは少なく、なかなかかからない。が、餌打ちしてウキが立つや否や消し53400033込み、慌てて合わせれば、やったかかりました!サイズもまあまあ。次は12時のサイレンとほぼ同時で、サイズは5340003430cmくらい。急に良くなってきたぞ。が、「たも」の中でハリス切れ。またも現場施工。随分下ハリスが長くなってしまった。ちょっと気になるが、気にせず続行。すると、ズバッというあたりが出るが、ガックリ擦れ。ちょうどHRさんが後ろで見ていた。何とかあと1匹、第3目標をクリアしたい。柳の木の奥の人がそろそろ終了か。Y川さんは奥にいる知り合いの様子を見に行った。HRさんは底で再開し、30cmオーバーをゲット。私も良いあたりではないものの、ポツポツとあたりを拾う。柳の木の奥の人は、HRさんと知り合いのようで、終了後様子を見に来た。その際、私の「お」の仕掛けを聞きに来たが、私の下鈎は宙の両ダンゴのものをそのまま使用。上鈎も同様。全く参考にならず、スミマセン。私は予定通り1時前に終了したいが、餌がまだ残っている(←両ダンゴをそのまま「お」のバラケにしたため)の53400035534000365340003753400038で、今度は1本餌釣法だ。下鈎にだけダンゴを付けて餌打ち。すると、ズバッというあたりが出て、へらを2匹ゲット。気が付けば何と第3目標をクリアした上に、更に3匹を追加している。素晴らしい!終了は1時頃になってしまったが、結果が出たので良しとしよう。実釣2時間強で8匹。こちらも良いのか悪いのか分からないが、今日の状況では良いほうなのか。結果、底と併53400039せて実釣4時間半弱で13匹。特に食い渋りとは言えない感じだ。Y川さんが戻ってきて、奥にいる先輩諸氏から指導を受けるべく移動するという。ただでさえクソ暑いのに、移動とは大変だ。私は片付け開始。汗が滴る。HRさんに挨拶して駐車場に戻る。もうヘロヘロ。そうだ、帰りにベイシアでSDカードを買って帰らないと。まだまだデジカメには働いてもらいますよ。汗臭いおっさんがベイシアに入っていった。

P.S.バットさんは今日引佐天池で自虐的な釣りを堪能しているとのメールがあった。
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月12日 (水)

魚万

某日、「魚万」という店で食事した。一応写真を撮っておいたのだが、一部ピンボケなものもあった。その辺りはご容赦願いたい。
P1000098P1000099P1000101
P1000102P1000103P1000104P1000105P1000106P1000107P1000108P1000109
 
やはり写真を撮り忘れたものがあった。それはお吸い物。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰宅

いやぁ、ちょっと浜松を離れている間に、いろいろな事があった。台風に地震。東名の路側帯崩落は、かなりインパクトがあったが、何とか近日中に暫定回復しそうだ。さっき帰宅したが、暑いね!早速シャワー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 8日 (土)

のりピー逮捕

知人宅にかくまわれていたのりピーこと酒井法子が、警察署に出頭して逮捕された。夫の逮捕から失踪劇、挙句の果てには自らが容疑者となる目まぐるしい展開の中で、彼女は今まで何を考えていたんだろう。気になる。おまけに、実弟も同様の罪で逮捕との報道。今回の彼女の容疑とは直接関係ないらしいが、芸能人の家族というのも、必ずしもハッピーとはいかないようだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日陰で涼しく釣り@都田

今日から世間はお盆休み。きっと都田も混んでいるのでは?と思いながら7時過ぎに家を出る。もちろん昨日の大久保のリベンジ(←返り討ちかもね)。駐車場に着くと、予想外に車が少ない。急いで橋まで行き、池の様子を覗うと、私のいつもの場所(←先週末はひどい目に遭った)に1人。後は日陰側奥の奥に2人。あっ、対面看板横にも1人。私が入りたい柳の木の奥は空いているので、さっさと車に戻り、荷物を降ろして池に向か5340000153400002う。先客に挨拶して、さあ準備だ。既に汗まみれ。今日はまず11尺で底から行こう。餌はいつもの両ダンゴ。池の水はまだ多少泥が残っているか。さざ波が立っている。何となく秋が近づいてきた感じ。湖面に映る対面の景色で、ちょっとウキが見にくいが、まあ許容範囲だ。一応底も取れ、開始は7時40分。しかぁ~し、いきなりウキの馴染みが良くない。底取りに問題があったのか?ウキ下を微調しながら続行。すると、何となくへらが底から上にいるようなウキの動き。これは困った。が、とりあえず最初のあたりに合わ53400003せると、やったかかりました!・・・ん?この引きは。懸命に堪えて寄せてみると、やはりマ・ブ・ナ。右の先客は大きなヘラを釣ったのか、写真を撮っている。う、裏山鹿~。ウキは底に着くまでにモヤモヤ。が、底に着くと大人しくなる。と思っていると、あたり!だが、今日もあたりの大半を見逃すチョンボ。何故か腕が反応しないのだ。これが今日一番のタラ・レバ。さて、それでも53400004あたりを拾うこともあり、これも今日一番のあたりで1匹目!サイズは小だがしょうがない?すると、今度はウキが53400005_2馴染む寸前で消し込むようなあたり!これに手を出すと、かかりました!が、またもマブナ。サイズは両方とも30cmオーバーなのに、ノーカウント。ウキはまだ動いているが、前に書いたようにあたりを見逃しているので、なかなか釣れない。それでもポツポツと数を増やす。何とか第2目標を5340000653400007534000085340000953400010クリア。が、正面に木の影と波が出始めて、そこからウキがほとんど見えない状態。いつもなら2時間で餌が尽きるのだが、予定の9時40分になっても餌が残っている。と、そこへmasaさん登場。塩ビ管奥に入った。波が一旦大人5340001153400012しくなると、見えなかったあたりを拾え、約1時間ぶりに1匹。そしてもう1匹。10時前に終了。結果、実釣2時間半弱で8匹(マブナ2匹含まず)。やれやれ。さあ次は宙だ。竿は9尺。仕掛け、ウキを交換。餌はいつもの両ダン53400014ゴ。「たな」1本半で再開は10時頃か。masaさんも開始している。その手前に入った人が、底なのか宙なのか分からないが、結構竿を曲げている。さて、ちょっとヤワヤワな餌で再開すると、何と最初からウキが動くではないか。そして53400015数投後、ウキが馴染みながらズバッと入り、宙の1匹目ゲットだ!サイズもグーだし、言うことなし。このまま続くかどうかが勝負だが、いつも大抵は数匹釣れた後はウキの動きが悪くなる。今日はどうかな?ウキはまだ動いている。そして良いあたりでもう2匹を5340001653400017ゲット。トータルでの第3目標クリア!が、しかぁ~し、3匹目を「たも」に収めて鈎を外そうとした際に、何故かハリス切れ。もうハリスのストックがない。それでは底用に縛ってあるハリスと鈎を使おう。ついでに、途中でパーマがかかった残りのハリスも交換だ。すると、いつも適当にハリス長を決めているのだが、今日はちょっと長過ぎたかも。でも、そのまま再開。やはり、ウキの馴染みに影響する。餌も早く落ちてしまう。これは困った。でも、続行。あたりはしばらくして出始めたが、擦れバラ5340001853400019シ連発。それでも何故かハリス長を変えない私。すると、何故かあたりに合って2匹を追加。宙での第2目標クリアだ。ここでハリス長を調整。そして「たな」も1本に変える。後で気付くのだが、どうして一度に2つの対応をしてしまうのだろう。これでは結果が悪かった時に、どちらが原因か分からなくなるではないか(←「後の祭り」と言う)。餌の経時変化もあって、ウキの動きは一気に悪くなり、その後「た53400021な」を1本半に戻したりしてみたが、1回バラシが出ただけで、12時少し前に餌が尽きて無念の納竿(←最近はほとんど「無念の納竿」ではないか?)。1時間近く釣れなかった・・・。結果、実釣2時間弱で5匹。底と併せて実釣4時間強で13匹。片付けは後にして、masaさんの様子を見に行くと、今日は明日の例会の対策を兼ねて「お」で釣っている。既に6匹。そして、私が53400022見ている間にも1匹釣った。12時のサイレンも鳴って、私の腹も鳴り始めたので、自分の釣り座に戻って片付け。帰り、膝の痛みが出るかとビクビクしたが、飲み薬と湿布のおかげなのか、関節がカクカク鳴ったものの痛みは出なかった。駐車場に戻ると、暑い。池では日陰と多少の風があったせいか、涼しく釣りが出来たのではないか。昨日のリベンジが出来たとは言い難いが、まあいいだろう。さあ、帰ろう。エアコンをギンギンに効かせて池を後にした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月 7日 (金)

やはりデジカメがおかしい@大久保

今日は写真を撮りながら、残りの枚数を確認(1枚撮る毎に1減る)していたので、多分全部撮れていると思ったのだが、やはり何枚か抜けていた。へらの数も9匹なのに、5匹しか映っていない。写真は全部で13枚(へら9枚、風景その他が4枚)の筈が、たった8枚しか保存されていないのでは、話にならない。そろそろデジカメも終わりか。今日は記憶がしっかりしているので、へらの数は9匹で行く。

53400018_2今日は快晴の予報だが、空は曇っている。膝が心配なので、車からあまり歩かなくていい釣り場に行こう。それは大久保(西の平)。OG氏には当然連絡しておく。時間帯が悪く、環状線はかなり混んでいたが、何とか8時頃に池に到着。今日は堰堤一番右に入ろう。準備。竿は9尺の宙で、餌はいつもの両ダンゴ。一応傘もセットして、「たな」1本で開始は8時15分。しかぁ~し、第1投を打つと、急に空が明るくなった。すると、暑い!!ふと左を見ると、一番左の釣り台はまだ日が翳っている。よし、面倒だがそちらへ移ろう。大汗をかきながら移動。そして再開は8時半。しかぁ~し、翳っていたこの場所も、じきに日差しが当たってきた。まさに骨折り損のくたびれ儲け。ガックリ。汗が引かないままに再開すると、すぐにウキがモヤモ53400019ヤ。これは高活性?しかぁ~し、消し込みあたりはやはりカラ。う~ん、最初から難しいとは。それでも合わせ続けて何とか1匹。やれやれ。OG氏は9時過ぎにやって来て、私の右に入り、9時半頃開始した。もちろん「カッツケ」。すると、すぐに1匹。私は次第にあたりが悪くなってくるのを我5340002053400021慢しながら3匹まで数を増やすが、その後はバッタリ。何故だろう。餌は手水で柔らかくしているのに。あたりはないわけではないが、全くかからない。「たな」を1本半にしたり、ハリス長を調整してみたりしたが、ダメ。OG氏はすぐに私を抜き、私の最初の餌が尽きた10時半には、ダブルスコアの6匹をゲットしている。後から来て倍の釣果、トホホ・・・。10時過ぎに常連さんがやって来て、堰堤一番右に入った。この人は、底でポツポツと竿を曲げていた。さて、次はどうしようかな?「トロ掛け」でもやってみようかな。ハリスを短くして、バラケはダンゴでも使えるように、特S:天々:マッハ:水を2:1:1:1だ。が、しかぁ~し、ヒゲトロが鈎に付かない。かなり前に53400022買ったものなので、繊維が切れて短くなっているようだ。数投打って1匹かかったが、ダメだ。ハリスを直して、両ダンゴに戻す。OG氏は仕掛けトラブルが頻発して数を増やせないでいる。その間に何とか差を詰めたいが、ウキの動きはどうにもならない。そこで、下鈎に「お」を付けて打ってみると、何とズバッという消し込みで2匹を追加。同様に2匹を追加したOG氏に対して、後534000232匹で追いつく展開に。が、しかぁ~し、しかぁ~し、OG氏が急にスパート。すぐに3匹をゲットして、またもダブルスコアに迫ってくる。せっかく近づいたのに、これは何としても阻止しなくては。「お」でのウキの動きは、目新しさがなくなったのか弱くなったので、再び両ダンゴで再開。餌はまだ53400024ボソ。すると、何故かズバッというあたりが復活して、2匹を追加。かろうじてダブルスコアから逃れる。が、しかぁ~し、しかぁ~し、しかぁ~し、OG氏は1本鈎釣法や「お」でみるみる数を増やし、私の2回目の餌が終わった12時半過ぎには、再びダブルスコアを付けた。もうガックリ。結果、実釣4時間で8匹。前回の結果に及ばなかった。片付け、と思ったら、OG氏が余った餌53400025を分けてくれると言うので、それを貰って続行。約30分の間に1匹をゲットして、何とか前回に並んだ。が、OG氏はその間に2匹をゲットし、実釣3時間半で18匹!という素晴らしい結果をたたき出した。まさに脱帽の一語。そして今度こそ本当の片付け。かんかん照りで辛い。次回はかならず曇りの日に、と言う事で解散。私はグッタリして帰途に付いた。

P.S.デジカメの具合が良くないのは、どうやらSDメモリが原因のようだ。前の写真を消去する際に、デジカメ本体で行わず、USBを通じてパソコンで行ったのが良くなかったらしい。さて、どうしようかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

混乱

さっき釣りから帰って、今パソコンを開いたところ。いきなり「のりピーに逮捕状」と出てきて、ビックリ!今朝までは悲劇のヒロインだったのが、一転して今は容疑者だ。芸能界の覚せい剤・大麻・麻薬汚染のひどさがここ1週間でドッと噴出した感じ。ただ、早くのりピーを確保しないと、まさに最悪の事態(自分で、または裏社会による)を招きかねない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年8月 5日 (水)

膝の件

膝の痛みが治まらないので、今日は外科へ。レントゲンを撮った結果、膝の軟骨が磨り減ってきているとの事。端的に言えば、「老化」。肥満も関係する。う~む、やはりそうだったか。とりあえず痛みを減らす処置として、温熱と電位の治療。薬は7日分もらった。薬に関係なく、出来るだけ頻繁に治療を受けに来るようにと言われたが、減りつつある軟骨が増えるわけでもないので、どうだろう。まあ、ボチボチ通うことにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 3日 (月)

梅雨明けの都田

53400088家に帰ってデジカメの中味を確認すると、えっ、数枚が保存されていない。これはどうしたことか?いつも最初に撮る池の景色がない。しかも今日は底と宙の合計で20匹は釣った筈だが、カメラには16匹しか映っていない。正確な数を記憶していないので、今日は写真のとおり16匹としておこう。それにしても、こんなことは今までになかったのだが・・・。ひょっとして16匹が正解なのかも。でも最初に撮った景色の写真もないし・・・。とりあえず別の写真を挿入。何もないよりはいいでしょ、季節が変だけど。尚、梅雨明けは帰ってから知りました。

土曜の豪雨には懲りたが、今日は晴れとの予報で、こりゃぁ行かないと。いつもよりやや早く家を出る。駐車場に到着は7時半過ぎ。WINDOMを始め、数台が停まっている。まずはいつものように定期便。それから池の様子を覗うと、私のいつもの場所(最近はちょっと違うが)にはWINDOMの人。後は、奥の方に1人。これなら、私が狙っている、柳の木の奥の日陰に入れそうだ。急いで車に戻る、と行きたいが、土曜の豪雨の際に必死こいて池と車を往復したせいか、左膝を痛めてしまった。歩くたびにカクカクいっている。家でも階段を降りる時には恐々だったのだが、荷物を持って崖?を降りるのは大丈夫か?やはり痛い。が、早く竿を出したい気持ちの方が強い。WINDOMの人に挨拶して、日陰に入る。WINDOMの人は、いつもの底で竿が曲がっている。こりゃぁ高活性か?池に流れ込む水に泥は入っていないが、池は泥色。水位は元通りになっているが、岸辺はぬかるんでいる。風・波は弱い。さあ準備するか。今日は前回中途半端に終わった底から。竿は竹竿11尺(正確には11.1尺)。masaさんからの頂き物。餌はいつもの両ダンゴ。底を取って開始は8時20分。すると、開始第3投でウキが戻した。そしてじきにあたり!が、かからない。最初からカラとは、お主なかなかやるな!その後、カラをはさみながら残っている写真の前に3匹は釣っている(釣った時刻から考えて)筈。53400001そしてようやく写真の1匹目。ここからスタート。竹竿の感触は非常に柔らかい感じ。それに適度な重さもある。WINDOMの人は9時過ぎに終了。私はその後あたりに合わせ続けるが、馴染み際のあたりとウキが戻してすぐのあたりはかなり見逃している。何故か手が動かないのだ。奥には人が次第に増えてきた。やはりこの好天に誘われたのだろう。私はそれからポツポツと534000025340000353400004534000055340000653400007あたりを拾うが、最後の方は毎回のようにカラツンで結局1匹しか追加出来ず、10時20分に予定通り終了。サイズは小の中に中が混じる感じ。さあ、次は宙だ。竿を9尺に換える。餌はいつもの両ダンゴ。「たな」1本で開始は10時半。すると、こちらも早々ウキが動き出す。が、やはり消し込みはカラ。消し込みの数は土曜よりは多かったが、カラも多かった。それでも、何度となく合わせているうちに、ようやくかかりました!やっぱり底よりサイズはグー。ただ、宙でも一部写真が抜け落ちている感じ。何故なら、4匹釣ったあとに擦れを連発したため、5匹目がかなり遅れたという記憶と写真とが一致してい534000085340000953400010ないから。でもまぁ仕方がない。写真に沿って行くしかない。写真では3匹ゲットした後、ウキの動きは悪くなるが、それでも消し込みは出るので、とにかく合わせていると、やったかかりました!しかぁ~し、寄せてみると目に擦れ。ゴメン。サイズはグーなのだが・・・。次の素晴らしいあたりでは、引きが強くて何度もバラシそうになったのを堪えに53400011堪えてやっと寄せると、今度は腹。こちらもグッドサイズなのに・・・。相次ぐ擦れでガックリしたのか、その後しばらくはあたりを取れなかった。12時前にようやく1匹。餌には手水を打っている。どうやら今日はこれで打ち止めか?しかぁ~し、しかぁ~し、12時のサイレンを機に、へらが口を使うようになる。へらも昼飯を食うのか?奥の方でもバシャバシャという音。私は連荘も5340001253400013534000145340001553400016あって、終了までの約30分間に5匹を追加。ラス前とオーラスはカラの連荘だったが、宙ではまあ前回よりは良い思いが出来たと思う。12時半終了。片付け。場所がいいので、まだ日差しは免れている。片付けを終え、後からO53400017T氏のいつもの場所に入った人に挨拶したが、聞こえなかったようだ。帰りも痛い膝をダマシダマシ駐車場に戻る。爽やかな気候のせいか、汗はそれほど出ていない。さて、帰りに「月刊へら専科」でも買っていくかな。大久保で折れたウキのトップも補修しないとね。そろそろと池を後にした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月 2日 (日)

情熱大陸

今、情熱大陸を観終わった。プロ・アングラー児島玲子さんの特集。釣った魚を食べるという観点からなので、残念ながらへらぶな釣りの話は出なかった。また、珍しい女性プロ・アングラーの紹介という程度の、ちょっとまとまりのない内容だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 1日 (土)

散々な目に遭った@都田

今日は特に釣行予定はなかったが、ネットの天気予報で昼まで曇り、その後一時的に晴れるとあるので、これは行かないわけにはいかないでしょう。例によって出だしが遅いが、まぁ何とかなるだろう。駐車場に着いたのは8時半過ぎ。途中腹が痛くなったので、まずは定期便。それから橋に行って池の様子を覗う。私のいつもの場所は空いているが、その両側に1人ずつ。柳の木の奥に1人。後は塩ビ管付近から奥に向かって5,6人はいる。WINDOMは停まっていたが、はて何処にいるのかな?橋の下かもね。急いで車に戻り、荷物を降ろして池に向かう。先客に挨拶していつもの場所。かなり土砂が5340093553400936堆積しているぞ。湖面は泥色だが、風・波はない。後ろからは水が流れ込んでいる。こりゃぁ底は止めたほうがいいかも。しかぁ~し、OT氏のいつもの場所に入っている人は、底で竿を曲げている。旧爆釣ポイントの人は浅い「たな」でこちらも竿が曲がっている。こりゃぁ前回同様高活性か?まずは準備しよう。土砂の状況から、宙を選択。竿は9尺で餌はいつもの両ダンゴ。準備中に雨がポツポツ。が、じきに上がった。宙の間、結構強い雨が降ったり止んだりを繰り返したが、どうにも困るような事はなかった。さて、「たな」1本半で開始は9時10分。すると、第3投でウキがモヤッとした。やはり高活性か?しかぁ~し、その後はウキが動かなくなる。ひょっとして渋いのかも。奥のほうで、あたりがないと言う声が。こりゃぁどうしたものか。確かにウキは弱くさわりを出すが、あたりに繋がらない。期待していた消し込みも、今日は数回あっただけ。「カラツン上等」など夢のまた夢。ウキが馴染んでしまうと動かなくなるので、「たな」が違うのかも。そっと1本に変更。すると、すぐにウキが動き、あたりらしき動きも。とりあえず合わせれば、やったかかりました!・・・ん、これは?久し振りのブルー。サイズもグー。猫が待っている53400937ので、あげる。その後、消し込みが出ないので、弱くても何でもあたりらしきウキの動きを取って行くと、やったかかりました!サイズは小だが、とりあえずボウズはなくなった。開始後30分経過。雨は断続的に降る。雨の降り始めは釣れると言うが、今日は関係なし(私にとって?)。両隣は少ないけれども竿を曲げている。10時を過ぎた。雨が上がったところ。と、今までかからな5340093853400939かった「モヤッ」というあたりに合って、ようやく2匹目ゲットだ。サイズはグー。ようやく釣ったという感触を得た。すると、連荘ではないが、じきにもう1匹。こちらもあたりは弱い。それまでは弱いながらもさわりが出ていて、時折弱く入る感じだった。が、その後はウキの動きがバッタリ。今日はかなり低活性のようだ。セットにした方がいいかな。そして、珍しく良いあたりが出たと思えば、またもブルー。ガクガクッ。雨は結構強く降るが、じきに止むので、いつ止めればいいのか判断に苦しむところ。奥の方の様子は分からないが、私の右隣の人は11時過ぎに帰った。今日は本当に数少ないあたりを拾ったので、いつもよりはあたりに対して釣れる確率は高いかも。それか53400940らもう1匹、またも小サイズをゲットすれば、いつものことではあるが、第2目標が嫌でも頭に浮かんでくる。しかぁ~し、雨が餌ボウルに入ってダンゴがやわやわになってしまい、持ちが悪くなってその後はあたりがほとんど出ず、予定通り11時過ぎ、2時間で終了だ。結果4匹。これなら、53400941たとえ釣れなくてもあたりが多い大久保の方が楽しいぞ。また、今日も二ゴイが前をフラフラ。仕方なく餌を上げる。さて、たまたま雨が小止み状態なので、大急ぎで次の準備。今度は竿を11尺にして底だ。何故底かと言えば、右隣が竿を曲げていたから。不幸中の幸いというか、風・波がないのでウキの視認性はバッチリ。底も取れ、開始は11時35分。すると、すぐにウキが小さくモヤモヤ。最初から底にすれば良かったか?ただ、底取りがうまくないのか、何となく馴染み幅がスッキリしない。更に、バッチリと思うあたりもカラ。う~ん、何故53400942だ?それでも、数回カラを食らった後で、ようやくかかりました!サイズもなかなか。時刻は11時48分と、開始後10分強。これならホント、底から始めれば良かった(←本日のタラ・レバ)。ウキはまだ動いており、じきに2匹目。これな53400943ら第3目標も夢ではなさそう。じきに12時のサイレン。と、ここで左隣が終了。空模様が怪しいので、雨のない時に終わるとの事。私は餌を作り過ぎた事もあって、そのまま続行を選択。タラ・レバではないが、まさにこの時勇気を持って終了していれば・・・。ウキはまだ動いているが、次の良いあたりに合わせると、何とまたもブルーがかかってきた。宙でも底でもブルー。これはいかがなものか。一人ブツブツ言っていると、急に辺りが暗くなった。そして大粒の雨がバラバラと音をたてて落ちてきたではないか。これはすぐに止まない感じ(あくまで私の予感)。暗いうえに湖面を雨粒が叩くので、ウキの視認性が一気に悪くなる。こりゃぁ餌打ちしても無駄か。しばらく餌打ちを休憩だ。雨は全く収まることを知らず、私はただ傘の中で小さくなっている。風がないので、何とか凌げる。が、何となく足元が深くなってきた感じ。後ろからは滝のように水が流れ込んでいる。荷物を置いてある場所にも水が入ってきた。もうそろそろ限界か。餌を捨て、撤収だ。大体30分くらいで2匹。トータル2時間半で6匹。ブルーギル3匹は含んでいません。さあ、要領良く短時間でやろう。釣り台はたたまず、池から上げておく。そして、荷物が多くな53400944ったので2回に分けて駐車場に運ぶ。まずは1回目。どれもビショビショ。ところが、車に戻ると、何となく雨足が穏やかになった気がして、もう少し待っていれば良かったか、と早くも後悔。とりあえず1回目の分を車に積み、池に戻る。すると、さっきまで釣り台があった場所は水没しているではないか。しかもその後ろにある通り道も泥水をかぶって見えなくなっている。空は少し明るくなり、雨はやや大人しくなっているが、流れ込む水の量が半端ない。もちろんここだけでなく、池全体でゴーゴーと流れ込んでいるので、さっきまでと比べて30cmくらい水位が上がった感じがする。まだまだ水位は上がりそうなので、片付けを遅らせていたら、どうなっていたか分からない。ビショビショに濡れても終了を選択したのは正解か?2回目の運搬が終わる頃には、空はかなり明るくなったが、いずれにせよあの場所での続行は不可能だった。とりあえず荷物を車に押し込み、びしょ濡れのまま車のシートに座って池を後にした。この後、家で除湿機とエアコンを同時にかけて道具を全て乾かさないと。ついでに自分もシャワーで洗おう。少し憂鬱になりながら車を走らせた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »