« ちょっぴり秋の気配か@都田 | トップページ | リベンジに向かった筈なのに@都田 »

2009年8月22日 (土)

昨日の出来事は白昼夢だったのか@都田

早速OT氏からお誘いがあり、今朝は7時集合。ほぼ時刻どおりに駐車場に到着すると、既にOT氏の車が。中には誰もいないので、池の様子を見に行っているのかも。おっ、何処かで見た車が停まっている。ひょっとして・・・。じきにOT氏が戻ってきて、まずは挨拶。私の(かつての)いつもの場所と柳の木の奥には先客がいると言う。さてさて、それでは何処に入ろうか。まずは荷物を降ろし、池に向かう。確かに2人が並んで釣るためには、奥の方か橋の下付近しかなさそうだ。あっ、やっぱり!柳の木の奥にいたのはバットさんだった。8尺で宙をやっていると言う。珍しい。まだ結果は出ていないとの事。我々は塩ビ管を挟んで、浅い方にOT氏、奥側に私が入ることにした。この辺りから5340004053400041奥にはほとんど入った事がない(流れ込み付近は別)ので、どんな様子なのか分からないが、まあいい、準備だ。ヘラ師はその他に我々の更に奥に1人と、対面ワンド付近に1人。後でバットさんから聞いたのだが、対面にいたのはWINDOMの人だった。さて、いつも変わらない釣り方のOT氏は準備が早い。私は竹竿11尺で底から行こう。餌はいつもの両ダンゴ。底も取れ、開始は7時半。昨日の結果から、かなり期待出来そうだが、まずは1匹だ。しかぁ~し、ウキはピクリともしない。なあに、まだまだこれからさ、と最初は平静を装っていた私だが、OT氏が竿を曲げると、ちょっと心配になってくる。バットさんも、ブルーではあるが竿が曲がっている。私のウキはさわりも、更には返しさえも出さない。そのまま、漫然と餌打ち。気が付けば既に1時間以上経過。これはまずい。他のへら師も竿を曲げている気配は感じないが、それにしても、これは一体どうなっているのだろう。昨日の出来事は何だったのか?このままではいけない。何かしなければ。よし、思い切って竿を13尺にしてみよう。再開は9時頃。すると、じきにウキが返すではないか。これは?地合なのか。そしてあたり!残念ながらカラだったが、俄然やる気に53400042なる。そして、ウキがズルッと入るのに合わせれば、やったかかりました!うわっ、凄い引き!まさかまさかのマ・ブ・ナでは?竿を気遣いながらも何とか寄せる。「たも」に収まったのは、30cmオーバー。上鈎を食っていた。何となく自信がないので、OT氏とバットさんに鑑定してもらう。良かったぁ、へらだって。これでボウズから逃れられた。時間がかかったなぁ。さあ、追加だ。すると、ウキはまだまだ動いていて、馴染むとすぐに返す。が、その後がない。ここで何やら何処かで聞いた声が。あっ、masaさんだ。私の昨日の結果を見て来たようだ。今日の途中経過にはかなりガッカリした様子で、バットさんとOT氏の間に入った。さて、私のウキはまだ動いていて、時折あたりを出すが、なかなかかからない。ひょっとし53400043てハリスが長過ぎるのかも。でも、そのまま続行。そして、何とか1匹を追加。すると、その後は一転してウキが動かなくなり、餌が尽きたのは多分10時頃。OT氏は4匹をゲットしている。さあ、次は宙だ。が、いつものように9尺では心許ない。ここは再度竹竿11尺にご登場願おう。餌はスイミー:特S:マッハ:水を1:2:1:1の両ダンゴ。別に意味はありません。ただ、封を切53400044_2った餌から順に使いきるだけ。「たな」1本半で再開すると、何故かすぐにウキが動き出し、消し込みのあたりも出る。おいおい、これはどうなってるの?そして、スパッとウキが消えるあたりで難な53400045く1匹目。サイズは小だが、1匹は1匹。よ~し、宙では爆釣だ!が、しかぁ~し、しかぁ~し、その後もウキの動きはなくならないが、次第に弱くなり、あたりに合わせてもかからなくなる。OT氏も「たな」をあれこれいじっているが、結果に繋がらないようだ。一方、10時頃に「お」で始めたmasaさんは、じきに竿を曲げ、その後も好調な様子。12尺両ダンゴの底に変えたバットさんも、大きな何かをかけた。私も「たな」を1本にしてみるが、変えたその時にはウキが動くものの、次第に弱くなって行く。やはり両ダンゴの地合ではないのか。また、用事があるので11時には終わりたいと言っていたOT氏にアクシデントが。道糸切れで仕掛けをロスト。ここで終わるかと思っていると、仕掛けを替えて続行だ。時間的に余裕はあるのか?ウキの動きがなくなった私は、masaさんとバットさんの様子を見に行く。すると、masaさんのウキの近くにOT氏がロストしたと思われるウキが寄っているではないか。どうやら、まだへらが付いているようだ。そして、OT氏の片付け中に、その仕掛けをゲット!尻ビレに擦れていたようだ。諦めていたウキが手元に戻って来たOT氏は、気分良く11時半頃に帰った。私も一緒に帰りたかったが、餌がまだ残っているので、それを使い切って終わろう。それにしても、開始から4時間が経過していて、途中経過はたったの3匹。昨日の結果はやはり夢だったのかも。既に集中力をキープ出来る時間帯ではないが、何とか数を増やしたい私は、まずは「トロ掛け」だ。「たな」は1本のまま。しかぁ~し、ハリス長をそのままにしての変更は無理だったようで、じきに中止。それでは、上ハリスを切って「お」にしてみよう。masaさんのようにはいかないかもしれないが、とにかく変更だ。すると、ウキは動くようになるが、やはり元はダンゴだったバラケに反応しているようで、あたりらしいウキの動きに合わせてもカラ。12時のサイレンが聞こえてくるが、恨めしい。奥には数名入っている。餌の残り具合から、終了は12時半頃。とにかくそれまでは一心不乱に餌打ちを続けよう。すると、地合なのかウキの動きが急に良くな5340004653400047る。そして、スパッというあたりで、やっと1匹。これでようやく私の第2目標にリーチだ。トホホとしか言いようがない。それでも何とかもう1匹ゲットして、第2目標クリア。既に集中力は途切れているので、後は惰性で餌打ち。が、ウキの動きは落ちない。餌打ちして竿を竿掛けに置いた瞬間にガタッといって竿が竿掛けから外れる。慌てて手に力を入れるが、無駄。ハリス切れ。また、ズバッというあたりにも合ったが、堪えきれずにハリス切れ。こちらは上鈎を食っていた。まだウキは動いているが、皮肉な事に餌が尽きた。実釣5時間で5匹とは、最近にない貧果。しょんぼりと片53400048付け。一時は雨も心配されたが、何とか持った。片付けを終え、帰り道2人の様子を見に行くと、masaさんは2桁を突破し、私が見ている前で14匹目をゲット!バットさんはあたりに合ったが、残念ハリス切れ。私は2人に挨拶して駐車場に戻った。昨日と同じく、汗はそれほどかいていない。今日は昨日と同じような結果を夢見て出掛けてきたが、見事に裏切られた。まぁ、それが釣りと言うものだろうが、それにしても・・・。そっと池を後にした。

|

« ちょっぴり秋の気配か@都田 | トップページ | リベンジに向かった筈なのに@都田 »

コメント

こんにちは。
久しぶりにmasaさん、OTさん、sunshineさんと並んで出来ましたね。
前日と大きく釣果が違うのはもう秋なんでしょうかねぇ。
自分はまだまだ、常夏ですが…。

投稿: 黄金バット@会社 | 2009年8月24日 (月) 12時25分

バットさんこんにちは。
いやぁ、この日は散々でしたね。前の日があまりに良かった(もちろん私にとって、ですが)ので、その続きを期待してしまいました。現実はその反対だったんですが。
でも、久し振りに3強?の揃い踏みが出来て良かったです。
実は今日24日、この日のリベンジに都田へ向かいました。が・・・。

投稿: sunshine_hera | 2009年8月24日 (月) 14時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/45996603

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日の出来事は白昼夢だったのか@都田:

« ちょっぴり秋の気配か@都田 | トップページ | リベンジに向かった筈なのに@都田 »