« 昨日の出来事は白昼夢だったのか@都田 | トップページ | 私の所蔵漫画本その1(美味しんぼ) »

2009年8月24日 (月)

リベンジに向かった筈なのに@都田

日曜は鋭気を養うために休竿とした。そして今日、いささか寝不足だが、やる気満々で家を出る。暑いことは暑いが、湿気がなくカラッとした暑さだと予報が言っているので、今日は気持ち良く釣りをするぞ~。駐車場に着いたのは8時半少し前。へら師と思われる車がポツポツ。さてさて、今日は何処に入れそうかな?とりあえず荷物を降ろし、池に向かう。私のいつもの場所と旧爆釣ポイントには先客。WINDOMの人と、最近良く会う人。柳の木の奥が空いているので、やった涼しく釣りが出来そう。と思ったら、私が着くほんの少し前に、奥のほうから釣り台を持って走ってくる人が。その人は、私の目の前で私が入ろうとしていた場所にさっさと釣り台をセットするではないか。これには唖然。でも、先に入った人が優先だから、仕方がない。その奥には、この人の知り合いの人が入っている。もっと奥、塩ビ管まで行かないとダメか?塩ビ管奥にも先客がいるので、挨拶してから私は先日OT氏が入った場所(釣り台を移動させた人が元々入っていた場所)に入ることにした。やれやれ。さあ準備だ。意外と涼しい?が、汗を拭くタオルを車に忘5340004953400050_2
れてきた!急いで取りに戻る。これで汗がドーッと噴出す。さて、今日も竹竿11尺で底から入ろう。先日すぐ横で懲りている筈だが、今日もまずは11尺から。いつでも長竿に変える心の準備は出来ている。私の準備中に、WINDOMの人が片付け開始。そりゃぁないよ(トホホ)。でも、もう場所は変えない。私の左の人の知り合いが2人やって来て、左隣に入った。更にその奥にも2人。WINDOMの人の後には、多分Sさん。更に浅場に2人。さて、私の今日の餌はいつもの両ダンゴ。いろいろとモタモタしていたので、開始は9時。すると、ウキの馴染み幅が一定しない。何故?まだかけ下がりの途中なのか。微調整を繰り返して、何とか馴染みを出した。が、やはり。ウキが動かない。すぐに30分が経過。そろそろ竿を変えたほうがいいのかな?ウキが動かないからと言って、餌打ちの間隔が長くならないよう注意する。すると、ウキが微妙に返しているように53400051思えてきた。これならいける!そして、一旦戻したウキがチクッと入るのに合わせれば、やったかかりました!これで11尺の顔が立った。私以外の人が宙で最初だけ竿を曲げたものの、その後パッとしない中で、地合なのかウキの動きが良くなり、何と3連荘!2匹目はウキが馴染み切る寸前のあたり。3、4匹目は、馴染んで返してツン!これは気持ち良い。さあ、どんどん行534000525340005353400054って、第2目標いや第3目標クリアだ!が、しかぁ~し、しかぁ~し、何故かその後ウキの動きがバッタリ。たまにウキがあたりらしき動きを見せても、合わせればカラ、または擦れバラシ。宙の人達のほうが良さそうに見えてきた。そろそろ餌が終わり。最早これまでか?しかぁ~し、何故かウキの動きが復活。そして、何度となく誘いをかけてあたり53400055を出し、ようやく第2目標クリアだ。が、その後はたまのあたりが全てカラ、で11時過ぎに底は終了。実釣2時間で前回の結果に並んだ。さあ、次は宙だ。竿はどうしようかな?よし、このまま行こう。餌はスイミー:特S:マッハ:水を2:1:1:1の両ダンゴ。「たな」1本半で開始は11時20分頃。ダンゴはボソボソで、これを無理に餌付けすると、固そう!これにへらが食いつくかなぁ。しかぁ~し、何と2投目から消し込み!その後もウキは良く動き、あたりらしき動きもするが、懸命に合わせてもかからない。やはりこの餌がいけないのかなぁ。でも、先日は手水を加えて練った餌では余計にウキが動かなくなったので、今日は行けるところま53400056でこのボソボソで行くぞ。何度となく消し込みのカラを食らった後、ようやくかかりました!これこれ、サイズも底に比べてグ-ンとアップ。更には、ウキが馴染みきってからの小さ53400057なあたりで2匹目。いつもなら次第にウキが動かなくなるが、今日は大丈夫。「たな」を変えず、餌もボソボソを手もみするだけで対応。とにかくあたりらしきウキの動きに合わ53400058せていく。と、ここで12時のサイレン。そして、遂に私の第3目標にリーチだ。よしよし、53400059_3このまま行こう。しかぁ~し、なかなかあたりに合わない。擦れバラシやハリス切れも出て、こんなにウキが動いているのに何故?とボヤキも出る。そのうえ、デジカメの充電池が切れたようだ。仕方なくP1000114携帯のカメラで続行。すると、その後消し込みに合って、やった第3目標クリアだ。先日の倍の釣果になった。これならリベンジと言えるかな?多分餌合わせが上手に出来れば、釣果は倍以上になっている筈(あくまでタラ・レバですが)。さあ、一応2桁になったことだし、後何匹追加出来るか。が、しかぁ~し、これまでに増してカラが続く。とにかく餌は残り少ないからそのままP1000115にして、ひたすら合わせよう。すると、ようやく1匹を追加。ウキはまだまだ動いているが、とにかくかからず最後の1投。が、これも叶わず1時過ぎに終了だ。宙では実釣2時間で6匹。底と併せて4時間で11匹。私の周りの人で2桁まで数を伸ばしている人はいない筈(皆さんに聞いてまわったわけではないが)。今日は良くやったと言えるのではないか(←そうかな?)。片付P1000116け。奥の人から、両ダンゴは何を使ったのかと訊かれたので、スイミーと答える。ただし、その理由(封を切ったものから順に使い切るため)については答えられなかった。片付けを終え、周りの人達に挨拶して駐車場に戻る。本当に予報どおり、暑いがカラッとしていて、そんなに汗が出ない。もちろん息ははずみますが、何か。さて、腹が減っている。帰りに讃岐うどんでもかっこんで行くとするか。充実感を噛み締めながら、ゆっくりと池を後にした。

|

« 昨日の出来事は白昼夢だったのか@都田 | トップページ | 私の所蔵漫画本その1(美味しんぼ) »

コメント

こんばんは!リベンジ?出来た様ですね。
それと、竹の11尺でおやりになった様で嬉しいです。
多分少し竹竿に慣れてきたのかな?、最初の印象(柔らかいだけの竿)より感じが変わってきたかと思います。
 同調子の中硬竿の竿ですので、小さな魚も、大きな(35センチくらいまでかな?季節によっても違いますが)のもそれなりに楽しめるかと思います。またこの作者の竿はむりな設定をしていませんので、癖も出にくいはずです。
 竹竿は1本ごとに全部違いますので、もし次にほかの竹竿を振ることがあったら、また違った調子を味わえると思います。

投稿: masa872 | 2009年8月24日 (月) 19時20分

masaさんこんばんは。
竹竿の良さが少しだけ分かったような気がします。
特に宙で、へらがかかった際に、無理に引き寄せようとせず(私はいつも早く「たも」に入れたくて無理に引っ張ります)とも、堪えていると、自然にへらが浮いてくることがありました。まだ合わせがきつくて、ちょっと怖い(竿に負担を掛け過ぎ?)ですが、今後も底でも宙でも使っていきたいです。

投稿: sunshine_hera | 2009年8月24日 (月) 21時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/46016745

この記事へのトラックバック一覧です: リベンジに向かった筈なのに@都田:

« 昨日の出来事は白昼夢だったのか@都田 | トップページ | 私の所蔵漫画本その1(美味しんぼ) »