« 私の所蔵漫画本その1(美味しんぼ) | トップページ | P社の株が »

2009年8月26日 (水)

間違いなく秋の気配@都田

今日も今日とて都田へ。8時半少し前に駐車場に到着すると、Priusの人が釣りの荷物を降ろしているところ。まずは池の様子を見に行くと、私のいつもの場所と塩ビ管手前に1人ずつ。Priusの人が何処に入ろうと、私の入る場所がなくなることはない。それにしても、日差しが暖かく感じるのは何故か?ちょっと前までは、日差しはドカンと暑かったのに、これはいよいよ秋の気配か。車に戻って荷物を降ろし、池に向かう。Priusの人は柳の木の奥の日陰に入ったので、私は旧爆釣ポイントに入ろう。先客に挨拶して、さあ5340006053400061準備だ。橋の下にも1人いた。先客は10尺底で、あたり出しが遅いと言う。が、私の準備中から竿を曲げている。私は今日も竹竿11尺で底、と思ったら、仕掛けのウキ止めが裂けていることに気付く。一旦はハリスを裂けた部分に巻きつけて対応しようかと思ったが、うまくいかないので止め。竿を9尺に変更だ。餌はいつもの両ダンゴ。ウキが逆テーパーなので視認性はバッチリだが、何となくバランスが悪そう。更に、ハリスが短めなので、上ハリスを切って長くする。底を取り、開始は9時10分。随分遅れてしまった。湖面には波。気温も上がらず、涼しい。そう言えば水温も低めだ。やはり秋の気配濃厚。さて、餌打ちを始めるが、やはり風と波でウキがシモり、また流される。竿を11尺から9尺に変えただけで、竿の張りがこんなにも違うのか。それで、仕掛けを思うように振り込めないので、イライラ。ウキの視認性だけがやけに良くて、ウキの動きナシ。先客はポツポツとあたりを拾っている。また塩ビ管近くの人も、竿を曲げている。隣に話を聞くと、私が来る少し前からウキの動きが良くなったらしい。それなら私にもいいことがありそうだ。が、しかぁ~し、早くも30分以上経過。隣が片付け開始。ん、まずい。隣がいる間に何とか1匹釣って格好をつけたいが。すると、ウキがシモりながらもスッと入り、やったと合わせるがカラ。でも、竿が短くてもへらが寄ってきたぞ。更に、今度は押えるようなあたりに合わせると、今度こそかかりました!が、が、寄せる途中でバラシ。先客は帰った。ガックリ。すると、引き続き良いあたりで今度こそと期待するが、またも寄せる途中でのバラシ。オー・マイ・ガーッ!どうも地合と私の波長が同期していない感じで、釣れて当たり前という状況でこういう事が続くと、最初の事もあって、イライラが募る。楽しくない。が、53400062次のあたりでようやくかかりました!今度はバラシません。やれやれ。サイズはこんなもの。さあ、どんどん行こう。すると、ウキが立った瞬間に消し込み、竿を伸されてハリス切れ。急いで交換。すると、今度は馴染んで戻してチクッ、のあたりで2匹目ゲットだ!しかぁ~し、一旦「たも」に収めながら、写真を撮ろうとしている時に「たも」から逃げられた。ゲゲッ。従って、2匹目の写真はありません。どうもへらは底から上にいるようで、その後も妙なあたりで2匹を534000635340006453400065追加。底では少なくとも前回並み(私の第2目標)の結果は出しておきたい。すると、次のあたりでやった5匹目!サイズも良くなった。が、その後はさっぱりとなって、11時過ぎに餌が尽きて、何となくイライラしながらの底は終了だ。結果、実釣2時間で5匹。さあ、今度は宙。竿はそのままでウキと仕掛けを交換。餌はスイミー:特S:マッハ:水を2:1:1:1の両ダンゴ。風はあったほうが涼しいが、波は何とかならないか。特に、手前に来る波は、道糸をたるませるので困る。さて、「たな」を1本半にセットして、前回同様ボソボソの餌で再開。すると、何とこちらも前回同様2投目からあたりが出る。が、全くか53400066からない。何故だ?今日は餌に手水を加えて軽く練ってみる。が、変わらず。それでも、繰り返し合わせているうちに1匹をゲット。やっぱり底とはサイズが違う。が、再びカラツンの嵐となり、ここで考える。カラツンが多い時には「トロ掛け」だ?今度は下ハリスを切って短くし、100均で買ったトロロを出す。うまく鈎に絡まないが、何とか付けて再開。すると、すぐに消し込みが!でもかからない。おかしいなぁ。しかぁ~し、何故か1回がかかるようになると、消し込み534000675340006853400069の連発でもう2匹を追加。素晴らしい!このまま宙での第2目標とトータルでの第3目標を同時クリアと行こう。しかぁ~し、何故か急にカラツンが頻発。カラツンだから「トロ掛け」なのに、それでもカラツン?じきに12時のサイレン。塩ビ管近くの人が終わったようだ。私は何とか「トロ掛け」でもう1匹と粘るが、なかなかかからない。かかっても擦れバラ53400070シ。それでも、やっとあたりに合って、宙での第2目標、更にはトータルでの第3目標達成だ!が、その後上ハリスにかかってハリス切れ。更にはトロロを池に落としてしまうミスで、「トロ掛け」は終わり。ハリスを結び直して、再び両ダンゴ。すると、予想通り、カラツン再開だ。塩ビ管近くの人が、帰りがけに声をかけてくれた。見ると、この池で最近顔を合わせる人だ。どうですかと訊かれたので、宙でカラツンの嵐と答える。すると、それを実際に見せることが出来53400071た。ウキがズバッと消し込んで全く手応えナシ。それでも1回だけあたりに合って、まずは前回と同じ結果にまで持って行く。とりあえずここまではOK。さて、その後は?そろそろ終わりの1時。が、今日は途中「トロ掛け」をやったので、餌がまだ余っている。さあて、どうしようかな。私に出来る事は、餌に手水。かなり柔らかくした。すると、これが効を奏したのか、急にあたりに合う確率が高くなる。ラス前にも1匹。残念ながら最後の1投はカラだったが、1時を過ぎて53400072534000735340007453400075から30分弱の間に4匹をゲットだ。結果、宙では実釣2時間強で10匹。内訳は両ダンゴが6匹、トロ掛けが4匹。宙だけで第3目標クリア!最後の様子を見ると、別に「トロ掛け」をする必要はなかったのかもしれない。トータルでは、実釣4時間強で15匹。これならまあまあでしょう。片付け。53400076対面にはダム?そばと階段下辺りに1人ずつ、またこちら側では奥のほうに1人。橋の下の人は昼頃帰った。私の左隣も終わるようだ。涼しい中片付けを終え、駐車場に戻る。汗がほとんど出なP1000117い。が、さすがに駐車場は暑い。さあ、腹も減ったことだし、帰りにはまた讃岐うどんでも食べるとするか。ゆっくりと池を後にした。

|

« 私の所蔵漫画本その1(美味しんぼ) | トップページ | P社の株が »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/46035068

この記事へのトラックバック一覧です: 間違いなく秋の気配@都田:

« 私の所蔵漫画本その1(美味しんぼ) | トップページ | P社の株が »