« 村下孝蔵 | トップページ | 私の所蔵漫画本その4(続翔んだカップル) »

2009年9月21日 (月)

いよいよ釣れない雰囲気だ@都田

連休3日目(私には特に関係ないが)は、昨日と打って変わって曇り。それでも、気温が上がらなければ釣りやすそうと家を出たのは7時半頃。駐車場に着くと、WINDOMハケーン!まずは飲み物でも買おうかなと自販機に向かうと、何と小銭は受け付けるものの、商品選択ボタンが機能していないではないか。飲み物ナシでも釣りが出来ないことはないが、もし熱中症になったらどうしようと、わざわざコンビニまでゴー。駐車場に戻り、荷物を降ろして池に向かう。随分時間をロスした。WINDOMの人はOT氏のいつも5340024553400246の場所に入っていたが、まだ8時だというのに急に終了だ。挨拶しながら様子を訊くと、波が出てきたから止めるとの事。今日は7匹だった。そうですか。私はいつもの場所に入ることにする。ヘラ師は対面深場に3人。こちら側は浅場に私と右隣。深場には何人かいるようだ。さて、今日は13尺の底で行こう。餌は夏:冬:プログラム:水を1:1:1:1.5の両ダンゴ。風・波があるが、今日は慎重に底取りする。そして開始は8時20分。今までの12尺に比べ、わずか1尺(約30cm)長くなっただけなのに、何となくテイストが違う感じだ。それに、見かけの風・波はそれほどでもないように思えるのに、ウキがかなり流されてしまう。釣り人が1人やって来て、WINDOMの人の後に入った。私のウキは馴染んでからモヤモヤがじきに始まり、気持ち良いツンというあたりで2匹をゲット!5340024753400248サイズはそれほどでもないが、竿を長くした意味があったかも。が、波が大きくなると、振り込みも思うように出来なくなったので、今日の底はほとんどオーバースローだ。右隣の人は宙で始めたようだが、前回のOT氏の結果をなぞるような推移で、ブルーのオンパレード。これは厳しい。柳の木から奥に向かって、ポツポツとへら師が入釣。Sさんと思われる人が、開始早々竿を曲げている。私のほうは、5340024953400250波でウキの動きが良く分からなくなって、やや停滞。それでも1匹。更に、波が穏やかになった時を狙って、馴染んで戻してツン!で1匹。何とか第2目標はクリア出来そうだ。すると、ウキがシモりながらもチクッと入り、これに合わ5340025153400252せればやった第2目標クリア!やれやれ。逆に後半の宙は厳しいのかも。その後、またも流されてシモッたウキがモゾッと入るのに合わせて6匹目。これならWINDOMの人に追いつけそうだ。が、しかぁ~し、ウキの動きが次第に悪くなる。既にハリスは充分長いし、ウキの馴染み幅も問題なさそう。それでもウキ下を微調整したほうが良いのか?どうしようと迷いながら続行すれば、結局何も変わることなく餌が尽き、予定通り2時間で底は終了だ。結果6匹。う~ん、竿を長くした甲斐はあったのかなぁ?私のすぐ横、旧爆釣ポイントに1人やって来た。さて、右隣はその後どうなったのか?ブルーとは縁が切れたのだろうか?まあ、次に行こう。次は宙。竿はちょっとだけ12尺と迷ったが11尺を採用。餌はグルバラ:プログラム:水を2:2:1の両ダンゴだ。底・宙ともに今月中は両ダンゴで通すぞ。10月は未定。さて、「たな」1本で再開は10時半。すると、数投でウキがモヤモヤ。これは?ブルー?そしてスパッというあたり!残念カラ。でも、何とか釣れそうだ。私の第3目標もクリアが見えてきた。そして、じ53400253きにズバッというあたりで1匹目。これこれ、これですよ。底に比べてサイズアップだ。さあ、このまま行こう。が、しかぁ~し、しかぁ~し、次第にウキの動きが悪くなるのはいつもと同じ。どうしてだろう。とりあえず餌に手水と軽い練り。が、効果は・・・。すぐに11時。波は出続けているが、時折穏やかになる。その時にあたって欲しいのは皆さん同じだが、そういう時に限ってあたらない。こちらも底の時と同じように、流される。が、底のように待つことがないので、ある範囲で餌を切り、それほど影響はないと思う。もちろんへらにそこそこの活性があっての53400254話だが。すると、ウキが流されてモヤッという動き。これに合わせれば、やった宙の2匹目。さっきまで到達不可能と思われていた私の第3目標がグ-ンと近くに見えてきたぞ。が、ここでウキが急に馴染まなくなる。その原因は、言わずと知れたブルー。連荘で鈎を呑んでくる。後ろに猫が待ってるので、どんどんポイ。右隣から、へらがブルーに変わりましたかと訊かれたので、餌を甘くしたらこうなったと答える。が、ウキが深馴染みした次の餌打ちで、ウキが53400255ズバッと入るのに合わせると、これはブルーではありません。寄せる途中でかなりのサイズというのが分かる。径が35cmある「たも」よりデカイ。私にとって初めてだが、メジャーを取り出して採寸すると、何と39cm!甘く読めば40cmと読めないことはないが、ここはシビアに39cmだ。やはりウキをしっかり馴染ませれば何とかなる筈。しかぁ~し、それからはどうしてもウキが馴染む途中でブルーにつかまってしまう。実は、開始して1時間が経過したら「たな」を1本にしようと思っていたのだが、今やると間違いなくブルーの餌食だろう。さてどうしようか。餌が残り少ないが、一応「たな」を上げてみようかな。と、じきに12時のサイレン。一時ポツポツと雨が来たが、もう大丈夫だろう。と、ウキが馴染んでからモヤモヤ、そしてズバッと入った!これに合わせればやった第3目標クリアだ~っ!が、しかぁ~し、しかぁ~し、寄せてみるとわずかに口から外れている。く、悔しか~!あまりに悔しいの53400256で、写真。その後はあたりもなく、12時15分に餌が尽きて終了。実釣1時間45分で3匹。ガックリ。底と併せても実釣3時間45分で9匹。他の人の状況が分からないので何とも言えないが、やはり少しずつ釣れなくなっているのではないだろうか。片付け。すると、私の片付け中に右隣の人の竿が曲がる!今までどうだったのかは分からないが、これは素晴らしいへらだ。3053400257cm以上は間違いなしとの事。片付けを終え、右隣に挨拶すると、「ブログをやっている人ですよね」との言葉が。ええと答えると、「写真を撮っていたから・・・」。「今日は豊橋から来ました」。えっ、ひょっとして私のブログにコメントをくださった事がある豊橋bb太郎さんですか?「そうです」。これはこれは初めまして。この池に来たのも今日が初めてだと言う。いやぁ、何処で誰に会うか分かりませんね。まだ話がしたかったが、今日はこのあとお彼岸で墓参りに行かなければならない。今後も私のブログを宜しく(←と言ったかどうかは覚えていないが)、お先にと言って駐車場に向かった。いやぁ、驚いたなぁ。この前の小野の池での出来事といい、私の拙いブログも様々な人間関係を生み出しているんだ。でも、今日の豊橋bb太郎さんには、私の独り言をたっぷり聞かれたかも。私はいつもこうです。集中力を削いでしまい、ゴメンなさい。さあ、早く帰らないと。が、しかぁ~し、それでもゆっくりと池を後にした。

|

« 村下孝蔵 | トップページ | 私の所蔵漫画本その4(続翔んだカップル) »

コメント

 先程はどうもでした。結局あれから一匹追加しましたが直後にブルーギルの猛攻にあい、2時頃納竿。僕が見ている限りでは、他の人たちもパッとしなかったみたいですね。きっとsunshine_heraさんが竿頭だと思います。はじめていく池ではポイントやタナがよくわからないので夕方までねばるつもりでしたがブルーギルにはトラウマがあるのであっさりやめちゃいました。今度行く時は深場ねらいで行きますからそちらの情報もよろしくお願いします。では本日はありがとうございました。
 
  P・S 僕もエアコン全開で池を、後にしました(笑)。 

投稿: 豊橋bb太郎 | 2009年9月21日 (月) 17時53分

豊橋bb太郎さんこんばんは。
今日はお会いできて良かったです。これからも宜しくお願いします。
さて、最近の都田ですが、やはり深場へと「へら」も「へら師」も移動しているようです。先日の放流協賛釣り大会でも、深場の方が好成績を収めました。
私が浅場に入っているのは、楽だからです。体型を見てお分かりのとおり、長い距離やきついアップダウンの移動はしんどいですから。
私も8月頃までは底は9尺か11尺、宙は9尺でやっていましたが、9月に入ってから少しずつ竿を伸ばしています。結果がはっきりしないので、今のところ効果は不明ですが。
今日はブルーの猛攻に辟易されたようですが、底でやればそんなに来ないようですよ。
今日の結果に懲りずに、今度は深場で爆釣してください。ただ、両ダンゴが何処まで効くかは分かりませんが。masaさんという方が、「お」でいつも好結果を出しています。
竿頭は、多分奥のほうにいたSさんと言う方だと思いますよ。いつも良く竿が曲がっていますから。

投稿: sunshine_hera | 2009年9月21日 (月) 20時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/46269820

この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ釣れない雰囲気だ@都田:

« 村下孝蔵 | トップページ | 私の所蔵漫画本その4(続翔んだカップル) »