« 私の所蔵漫画本その4(続翔んだカップル) | トップページ | SHIMANO TV »

2009年9月23日 (水)

状況に変化ナシ@都田

いよいよ5連休も最終日。って、私にはno businessだが。せっかく曇りで風がないとの予報が出ているので、行かないわけにはいかないでしょう。7時半過ぎにゴー!駐車場に着いたのは8時頃。まずは飲み物を買い、それから荷物を降ろして池に向かう。いたいた、WINDOMの人。まずは挨拶。今日の途中経過は5匹。竿は12尺。私はいつもの場所に入れさせてもらう。対面深場に2人いて、大きな声で今日は40~50は釣れ5340025953400260ると言っている。そんなに爆釣なのか?そろそろ日向かも。今日も私は13尺両ダンゴの底から行こう。餌は夏:冬:プログラム:水を1:1:1:1.5だ。私の準備中に1人やって来て、塩ビ管手前に入った。その後しばらくしてSさん登場。いつもの塩ビ管に入れないので、旧爆釣ポイントに入った。湖面は鏡のよう。気温もやや低め。私は既に薄手のジャンパーを着ている。さて、底を取り、開始は8時25分。波が出てきた。そろそろWINDOMの人は終了の時刻。と思ったら、道糸がウキの上で切れるアクシデント発生。これで間違いなく終りでしょう。が、片付け中に沖にウキが浮いてきたので、Sさんからリール竿を借りて何とか回収した。私のほうは、情けない事にいつもの通りウキの馴染み幅が出ない。ウキ下を微調整。少し不満が残るが、こんなものだろうと再開。ウキはすぐには動かないが、今頃なら当然。Sさんはいつものように宙だが、なかなかあたりが出ないようだ。私はとりあえず餌が底に着いたら切る、を繰り返す。すると、20分くらい経過した頃からウキに動きが。そしてあたり!残念カラ。だが、その後明確なあたりが続い534002615340026253400263て、何と3連荘だ!片付けを終えて私の後ろで見ていたWINDOMの人も感心するあ53400264たり。私も鼻高々。その後、1回カラツンが出たものの、再度のあたりで4匹目ゲットだ!これは素晴らしい。WINDOMの人は帰った。さあ、これなら底で一気に第3目標クリアか!ところが、いつもの事ながら、ここからウキの動きが一気に悪くなる。ウキの馴染み幅に変化はなさそうだが、一体何が悪いのだろうか?そのうえ、たまに出るあたりもカラになる。本当に待って待って53400265待っての小さなあたりで、ようやく5匹目。ペースが落ちてきたとは言え、まだ開始して1時間経っていない。これからこれから。が、しかぁ~し、本当の渋さはここからだった。Sさんはあたりが出始めたようだが、かかるのはブルーのよう。ダブルもゲットだ。私の方は、とにかくウキが動かない。波は多少出ていて、ウキが流され、またシモるが、それは関係ないだろう。カラツンにも53400267痺れる。ようやく1匹ゲットするが、どうやら第3目標は無理のようだ。そして、写真が残っていないのではっきりしないが、その後確かに1匹ゲット。サイズもグー。ただ、デジカメの不調で写っていない。悔しいが、ここはなかった事にしよう。何故覚えているかと言うと、その次の餌打ちでこれもかかりました!ただ、擦れているのが水中でも見え、挙句の果てにバラシ。反動で仕掛けを頭上の木にかけてしまったから。これはハリス1本の被害で済んだものの、交換時に残ったほうも誤って切ってしまう。ハリス総交換後はウキが多少は動き出したものの、結局1匹も追加出来ずに尻すぼみで底は終了だ。実釣2時間で6匹(ホントは7匹だよ~っ)。さあ、次は宙だ。でも、隣のSさんの様子を見ていると、追加は難しそう。でもやりましょう。と、ここでHRさん登場。WINDOMの人の後に入った。さて、竿を11尺に交換し、餌はグルバラ:プログラム:水を2:2:1の両ダンゴ。何となく出来上がった餌の量が少ないようだが、量り間違えたかな?まあ、これで行こう。「たな」1本半での再開は10時30分。すると、数投でウキがモヤモヤ。が、今日はあたりにならない。辛抱強く餌打ちを繰り返すが、次第に気持ちが緩んでくる。餌打ちの後で竿を竿掛けに置いて手を離し、あたるもんならあたってみろ!とばかりに飲み物を口にする。すると、何と宙で初めてのあたり!しかも力強く消し込んだではないか。絶対に食っている!が、勢い込んでも虚しいだけ。2度と竿から手を離すまいと続行。既に30分が経過。Sさんもあたりに合うようになったようだ。私の方は「たな」を1本に変更だ。すると、ウキが深馴染みしてから更にズルッと入るのに合わせれば、やったかかりました!これこれ、これですね。サイズもグー。が、「たも」に入ったへらの口のすぐ横に鈎。ガ-ン!最初のあたりがこれか・・・。尻ビレが「たも」からはみ出しているので、35cm以上はあるのに。ガックリ。でも、へらが寄ってきたことが分かっただけでも良かった。今日は大きなあたりはそんなに出そうもないから、とにかくあたりらしきウキの動きには確実に合わせて行こう(って、いつもの通りじゃん)。すると、ウキがチクッと入るのに合わせて今度こそ1匹目だ!やれ534002695340027053400271やれ。その後、とにかくあたりらしきウキの動きに合わせ続けてポツポツと2匹を追加。何となく合計での第3目標が見えてきたぞ。が、しかぁ~し、「たな」を上げた功罪のうちの罪が出てきた。それがブルー。ウキの動きをおかしくしてしまう。じきに12時のサイレン。やはり餌の量がいつもより少ない。とてもあと30分は持たないぞ。ちょっとだけ「1個餌釣法」でやってみようかな。すると、何故か急にウキの動きが良くなる。不思議だ~。5340027253400273消し込み消し込みで2匹を追加。とりあえず底との合計ではあるが第3目標をクリアだ。が、これも続かない。最後の1投も効なく、12時15分に餌が尽きて終了。結果、宙では実釣1時間45分で5匹。底と併せて実釣3時間45分で11匹(ホントは12匹だよ~ん)。片付け。HRさんは「お」で1時間打ったが、カラの嵐でブルーもかからなかったとの事。対面深場では、途中で20匹釣ったとの声が聞こえて53400275きた。爆釣は間違いないようだ。へら師も2人増えている。もう少ししたら、向こうに行こう。こちら日陰側にも、奥に数人入ったようだ。途中経過は不明。片付けを終え、挨拶して駐車場に戻る。季節がいいのか、そんなに息も切れない。さて、秋は深まりつつあるが、へらの動向はまだそんなに変わっていないようだ。もちろん食いが落ちている事は間違いないが、まだ釣れない事はない。何とか9月中は日陰側浅場でも釣れそうだ。ただ、数は出ませんよ(←私だけかもしれないが)。5連休最後の日とあって、曇りでも家族連れが繰り出している。邪魔にならないよう、さっさと車をどけよう。そっと池を後にした。

P.S.この池にも蜂の巣があるようで、今日は大きな蜂が私の背中を通って何処かへ行ったり来たり。怖い、怖いよ~っ!途中何度も釣りを止めようかと思った。本当に何とかならないものか。

|

« 私の所蔵漫画本その4(続翔んだカップル) | トップページ | SHIMANO TV »

コメント

こんばんは。
蜂、こわいですね~~。
何もしなければどうって事ないですが
たまたま蜂を脅かしてしまうと、恐いですね。

投稿: 黄金バット | 2009年9月23日 (水) 22時14分

バットさんこんばんは。有意義な連休でしたか?
それにしても、蜂、怖いですねぇ。先日の小野の池といい今日の都田といい、背後をブンブン飛ばれると、見えないだけに怖さ倍増です。
多分偵察(何か見つけると巣に戻り、大群でやってくるようです)だと思うので、偵察の1匹を「たも」で捕って池に沈めればいいんじゃないかと思いますが、怖くて出来ません。

投稿: sunshine_hera | 2009年9月23日 (水) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/46288745

この記事へのトラックバック一覧です: 状況に変化ナシ@都田:

« 私の所蔵漫画本その4(続翔んだカップル) | トップページ | SHIMANO TV »