« 私の所蔵漫画本その2(翔んだカップル) | トップページ | どうしても越えられない壁がある@都田 »

2009年9月10日 (木)

何年ぶりかのハゼ釣り@都田川

今朝OG氏に、久し振りに釣りはどうですかとメールしたら、今日はハゼ釣りはどうでしょうと返って来たので、随分久し振りだけどそれもいいかもねと賛成。都田川で竿を出すことになった。一応NM氏にも連絡しておく。集合は9時半だったが、少し早く落合橋を越えて左折したところに着いたので、ちょうど終わって帰るところだった先客に挨拶しながら状況を訊くと、全然ダメとのこと。更に、準備中の夫婦に尋ねてみても、同じような答え。これは困ったなぁ。しばらくしてOG氏が対岸にいることが分かったが、いずれにせよ餌を買わなければならないので、こちら側に来てもらい、植むら釣り具店で青イソメを購入。何でもゴカイは入荷していないらしい。それから曳船橋に向かい、橋のたもとから右折して河川敷に入る。さっきの落合橋とは違って、平日にも拘らず多くの車と釣り人。5340016153400162我々は人のいないところに入る。随分遅れてしまったが、さあ準備だ。OG氏はハゼ釣り専用のワームで釣ると言う。私はとりあえずリール竿を出し、ぶっこみでやろう。しかぁ~し、OG氏の最初の1投が根掛かり。皆さんはウキ釣りをしているようだ。10時半過ぎに私も餌打ちを始めるが、じきに根掛かり。数本鈎を失ったところで、ここは振り出し15尺にへらの仕掛けでやってみようと思い立った。もちろんウキは違いますよ。そんなところにNM氏登場。竿と仕掛けは持って来たが、釣れ具合によっては竿を出しても良いという感じ。我々にプレッシャ~。私は再開第1投。しかぁ~し、またも根掛かりでハリス切れ。何しろへらのハリス0.3号なので、切れるのは簡単だ。交換は面倒なので、1本鈎で続行。すると、風・波でウキがシモッたように見えたが、とりあえず合わせると、あれっ、また根掛かり?いや、かかってました!返しのない鈎なので、バラシに注意しながら寄せる。やったね!すると、次の餌打ちでまたもあたり!残念今度は空中でバラシ。まあ、1匹出ているからと余裕で再開すると、またもあたりだ!今度もかかりまし53400163た!さあどんどん行こう。しかぁ~し、しかぁ~し、次の餌打ちで、何と仕掛けが穂先のリリアンから外れてしまうアクシデント。15尺のへらの仕掛けはパーだ。ここで戦意喪失。OG氏はリール竿から置き竿に変えて、ワームのウキ釣りをしていたが、どうにも芳しくない様子。最初にいた落合橋の日陰に行きたいようだ。私は再度リール竿でぶっこみをするが、根掛かりで鈎をロスト。気分転換に場所でも移動しようかと言うことで、落合橋南側へ移動し、橋の下に入る。並びは左から私、5340016453400165NM氏、OG氏の順。そろそろNM氏も竿を出すかな。私とOG氏は再びリール竿でぶっこみから入る。が、かなり水深が浅いようだ。まあいいや、開始。鈎はへらの底用を使っている。最初は根掛かりはなかったのだが、やはり何かあるようで、2回ハリスをロストすれば、再度ウキ釣りに変更だ。ただ、15尺の仕掛けはないので、今度は振り出し12尺に12尺の底釣り用仕掛けを使う。もちろんウキは違いますよ。すると、ここは水深がない!ウキからオモリまで30cm以下だ。しかも次第に潮が引いていった。もう12時を過ぎた。と、何かウキの動きが良さそうだ。やたらと消し込みが出る。これにへらの要領で合わせるが、餌付けが大きすぎるのかバラシの連続。OG氏がコンビニで昼食を買ってきてくれると言うので、お願いする。すると、OG氏が出かけてじきにあたりに合いました!まずは1匹。そして再度のあたり!が、しかぁ~し、水面から顔を出したところでバラシ。やはり鈎に返しは必要かも。NM氏も準備を始めた。そしてOG氏が帰着。おにぎりを食らいながらの餌打ちだ(イソメを掴んだ手でおにぎりを食べているのは私だけ)。NM氏は仕掛けを入れたまま食事中にあたりか?が、食事が先と合わせない。OG氏は53400166ここでもリール竿でワーム。私とNM氏は昼食後しばらくはウキに動きがあったが、その後動かなくなる。たまに消し込みが出るが、かからない。OG氏も生餌のウキ釣りに変更。とにかく水深がどんどん浅くなっていくので、ウキ下が非常に厳しい状況に。気が付けばそろそろ3時だ。もう終わろうよ。何だかとても疲れた。私が率先して片付け開始。2人も同意したようだ。今日は本当に何年かぶりのハ53400167ゼ釣りだった。久し振りということや、少し風が強くて、また底の状態があまり良くない場所で開始したので、釣果は上がらなかった。でも、生餌の感触やかすかな潮の香りなど、海釣りの気分を味わえたのは良かった。挨拶して解散。おにぎり1個の昼食で、まだ空腹が満たされていない私だが、何とか晩飯までは我慢しよう。そう思いながら家路に着いた。

|

« 私の所蔵漫画本その2(翔んだカップル) | トップページ | どうしても越えられない壁がある@都田 »

コメント

こんばんは。
めずらしいですね、ハゼ釣りとは。
時期的には釣れてもいいはずですよね~~?
潮の時間はいつ頃がいいのでしょうか?

へらやマブが掛かってくるのではないかと文章を読んでいましたが、残念でしたね。

投稿: 黄金バット | 2009年9月10日 (木) 18時24分

バットさんこんばんは。
いやぁ、今日はいつもの倍疲れました。閉鎖水系ではないうえに、どの程度獲物がいるのかも分かりませんから。
最初はウキに動きがあるのですが、次第にウキが動かなくなっていく。まさに私のヘラブナ釣りと同じパターンでした。
ちゃんと釣れば、ハゼは釣れたと思います。が、どうすればちゃんと釣れるのかが分かりません。これではどうしようもありませんね。

投稿: sunshine_hera | 2009年9月10日 (木) 21時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/46173139

この記事へのトラックバック一覧です: 何年ぶりかのハゼ釣り@都田川:

« 私の所蔵漫画本その2(翔んだカップル) | トップページ | どうしても越えられない壁がある@都田 »