« 長持ちする花 | トップページ | 浅場は釣れなくなったのか@都田 »

2009年9月18日 (金)

類は友を呼ぶ@小野の池

明日はOT氏と都田の予定だが、その前に今日何処かに行きたい。よし、ここは思い切って小野の池だ。この間行って自虐的な釣りを堪能したばかりなのに、まだ自虐が足りないようだ。いや、ひょっとして釣れるかも、とかすかな希望。池に着いたのは9時半(何しろ出だしが遅かったので・・・)。先客が右から4つ目の釣り台にいたので、挨拶して状況を訊くと、ダメだと言う。13尺で底が取れるので、底釣りをしている。私は今日は13尺で宙を考えてきたが、そうか底が取れるのか。それでは一番右の釣り台に入って底でもやろうかな。最初は日が差していたので、傘をセット。それから、13尺を出して底を53400226_253400227測ると、ホントだ底が取れる。それでは、いつもの両ダンゴで行こう。と思ったら、マッハは前回の都田で使い果たしていた。そこで、マッハに代えて「プログラム」を開けよう。開始は10時。先客がわざわざ私の釣り台までやって来て、いろいろと情報をくれた。この池には梅雨明けから5,6回来て、3匹をゲットしている。常連さんによると、50cmオーバーもいるようだ。また、あるブログでこの池を知り、この素晴らしいロケーションとウキの動かなさに惹かれて竿を出しているとの事。どんなブログかと訊くと、「・・・黄金バットさんのと、あとは・・・」。後は何ですか?「・・・デラシネの何とか・・・」。それは私ですよ。「え~~っ!」。思わぬ場所でブログの読者に出会った。また、私の拙いブログでも、人に何かしらの影響を与えていることがあるんだなぁ、と感激。先客は再び釣り台に戻った。さて、私の方は、13尺で底が取れたのは良いにしても、ただそれだけ。ウキはピクリとも動かない。ただ、ウキが立つ近くには泡が出る。先客によると、へらでないとすれば鯉だそうだ。実際に鯉をかけたこともあるらしい。すぐに1時間が経過。バットさんも短い竿で芳しくなかった事を思い出して、ここは15尺に変更だ。ついでにグルテンも作ろ5340022853400229う。グルテン四季を取りに車に戻るついでに、許可を得て先客をパチリ。私の釣り台も。さて、15尺で底取りすると、今日先客が入っている、4月に私も入った場所よりは多少浅いようだ。何とか仕掛けを絡ませずに振り込める。また、これも先客の話だが、やはり雨の後、濁りが出ているのが狙い目。最初に来た時は雨の後で、すぐにあたりが出た。また、朝が良いとの事。今日の私はどれもダメだ。15尺で再開するが、特に変わりなし。泡といい、何かしら餌の近くにいるのではないかと思えるのだが、ウキは決して動かない。両グルテンにもしてみたが、静か。遂に12時のサイレン(トホホ・・・)。さあ、それでは宙でもやろうかな。竿はそのままで、餌はグルバラ:プログラム:水を2:2:1の両ダンゴ。ただ、開始時から大きな蜂が私の背後に来ては何処かに飛び去っている。何だろうと思っていたが、どうやら私が座っている釣り台を支えているパイプの中に巣があるようだ。これは困った。せっかく餌を作ったが、蜂に刺される方が嫌なので、いつもより大きく早く餌打ちして、早く終わらせてしまおう(捨てないところが私らしい)。「たな」を3本から2本、更には1本半から1本まで変えてやってみたが、いずれもシーン。ようやく1時15分に餌を打ち53400230終えた。さっさと片付け。底と併せて実釣3時間半。バサーが3人やって来て、釣り台に土足で乗ってキャストしている。さて、片付けを終え、車に荷物を積んでから先客に挨拶しに行くと、あたりはないがさわりは出ているとの事。う、裏山鹿~。こんなに遅くまでこの池で竿を出した事はない。そろそろ終わり。明日は都田に行くかもしれないと言うので、また宜しくと言って車に戻った。突先には途中1人来て、その後その人の知り合いらしき人も来た。車に戻る途中、1人やって来て、釣り台を眺めていた。これから竿を出すのかな。腹も減ったので、さっさと車を出し、池を後にした。

|

« 長持ちする花 | トップページ | 浅場は釣れなくなったのか@都田 »

コメント

こんばんんは。
報告のメールありがとうございました。
私のブログは毎日60~100IPはカウントしてます。
誰が見ているのかホントわかりませんね~~。
前々回の釣り場の顔見知りのNさんも見ているようでした。
下手な事書けませんね、馬鹿な事も…。

相変わらず、小野の池は魅力的ですね。
早く釣りたいな~~。
雨の後に予定してみます。
う~~ん、連休は降りそうにないですね。

投稿: 黄金バット | 2009年9月18日 (金) 22時01分

バットさんこんにちは。
いやぁ、昨日は痺れましたよ。あたりがない(当たり前?)のと、後ろの蜂。熊蜂か雀蜂の大きな1匹が何度もやって来ては、台の下で何かやって、再び何処かへ飛んでいくという風に、常にビクビクしながらの釣りでした。まさに自虐的!
雨はしばらくないので、私も次の雨の後の早朝に出かけるようにします。

それにしても、バットさんは1日に60~100もアクセスがあるの?素晴らしい!
一で二三さんとは一時並んだことがあったけど、今やグ-ンと引き離されてしまいました。向こうはもう80000アクセスだよ!
まあ、こちらはボチボチ行きますか。

投稿: sunshine_hera | 2009年9月19日 (土) 13時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/46243548

この記事へのトラックバック一覧です: 類は友を呼ぶ@小野の池:

« 長持ちする花 | トップページ | 浅場は釣れなくなったのか@都田 »