« 台風一過の都田は寒~い! | トップページ | 予想通りの結果@都田 »

2009年10月10日 (土)

何とか前回並みの結果に@○○○の池

今日は間違いなく快晴との予報だが、何となく曇っている感じ。寒いかな?それでも風がなさそうなので、これなら出来るでしょう。う~ん、明日も快晴のようだから、今日は出遅れたこともあるので、思い切って行き先を○○○の池にしよう。一応釣り好きには連絡。すると、別件で連絡したバットさんから、今日は○○○の池で竿を出しているとの朗報が?急いでゴー!しかぁ~し、やっぱり遠いなぁ。およそ40分かかって9時半頃池に到着。車から荷物を降ろし、階段を登る。バットさんは階段から右に入っていた。まずは挨拶。ちょうどそこにはこの池の主であるK合さんがいて、階段を挟んだ左側でOKというので、早速そこに入ることにする。前回ザわさんが入ったところ。池にはあと奥の釣り5340033253400333台に1人。だが、12時頃には堰堤に7人が並んだ。さて、バットさんがウキが動きっ放しと言う(前回もそんな事を聞いた記憶が・・・)。まあ、とりあえず準備しよう。今日は15尺を振ろうかと思っていたが、12尺のバットさんのウキが動きっ放しなら、13尺でも大丈夫だろう。餌はいつもの夏・冬・プログラム。底取りを終え、開始はジャスト10時。湖面はまだ穏やかだ。昨日と同じ装備をしてきたが、これならジャンパーは不要だろう。やや馴染み幅に不満があるが、適当に調整して続行。すると、じきにいきなりのあたりで53400334早くも1匹目ゲットだ!サイズはさておき、こんなに高活性?よ~し、ガンガン釣るぞ。が、しかぁ~し、この池はそんなに甘くなかった。確かにへらはいるが、バットさんが言うように、どうやら底から少し上に溜まっているようだ。ウキが馴染むとすぐに返し、餌落ち目盛付近まで餌が舞い上がる。そして鋭く入るが、これが全てカラ。なぁに、そのうちかかるさと思っていると、いつものことではあるが、次第にウキが動かなくなる。私の左側に入ったK合さんは、開始してすぐに竿を曲げる。15尺両グルテンの底だと言うことを後で聞いたが、何処にでも上手な人はいるんだなと改めて感心。おっと、自分のウキを何とかしないと。バットさんは相変わらずウキが動いていると言うが、この差は何だろう。あっという間に1時間が経過。何とかしないとと心では思っていても、実際は何もせず、そろそろ11時半。と、ここでウキがズルッと入った!これはどう見ても擦れ。ヤバイと思いながらも合わせれば、とりあえずかかりました。ただ、私の関心事は擦れているかどうかだけ。結構強い引きを53400335堪えて寄せてみると、おおっ、ちゃんと口にかかっているぞ。サイズもグー。どうしてこんなあたりでかかるのかは分からないが、結果オーライという事で(チャンチャン!)。すると、まさかこういう地合はないと思うが、それからしばらくして、またもズルッというあたり!ガッチリかかったと思いきや、まさかのハリス切れ。合わせ切れではありません、念のため。そこからウキの動きは再びなくなり、12時を少し過ぎたところで餌が尽き、底は終了。実釣2時間強で2匹とは、お先真っ暗の途中経過。それに、12時頃から風・波ともに強くなる。体感温度53400336もグッと下がり、ジャンパーを着込む。さあ、宙の準備をしよう。堰堤にはズラッとへら師が並ぶ。そして皆さん竿を曲げている。曲がってないのは私だけ(バットさんも私が始めてから3匹を追加している)。竿を12尺に変更し、餌はプログラム単体を4に対して水1の両ダンゴだ。「たな」1本半での再開は12時半。予定終了時刻は2時半くらい。何とか1匹。が、風で思うように竿を振れない。それに、餌にかける圧力もバラバラになり、ウキの馴染み幅を一定に出来ないのだ。私の左側では竿が曲がっているが、私はただ餌を打つだけのマシン(ポイントが一定しないので、実際はマシン以下)になっている。すぐに1時。多少波が穏やかになってきた気がする。すると、ウキがしっかり馴染んだ後、グッと力強く入ったではないか!よしよし、これだ。が、そんなあたりを数回空振りすると、またもウキが動かなくなる。私には荷が重い、餌合わせとやらをしなければならないようだ。だが、私が出来るのは「餌に手水と軽く混ぜる」だけ。が、後で考えると、それよりも餌付けの圧を一定にしてしっかりとした馴染みを出す方が先だったかもしれない。それでも、かなり水を加え、手揉みしてやや小さめに餌打ちすると、何とウキが再び動き出したではないか。1時半頃になって、やっと波が収まった。さあ、ウキに集中しよう。すると、ウキが馴染んでから53400337戻し、1回小さなあたりを見送った後に、ウキがズバッと入った!これに合わせると、やったかかりました!開始してから1時間半以上経過している。う、嬉しか~。何とか宙で1匹出て、都田のような無様な結果にはならなくて済んだ。地合なのか、バットさんも竿を曲げるようになる。私は53400338その後、再びのズバッというあたりで、今度は美形のへらをゲットだ。肩の盛り上がり具合がグー。写真にはうまく写っていないが、バットさんも褒めてくれた。更に次の餌打ちでもズバッというあたりにかかったのだが、残念バラシ。ガックリ。バットさんの方は地合を継続している。私はその後ウキは動くがあたりにならず、2時を少し過ぎたところで餌が尽き、無念の納竿となった。結果、実釣2時間弱で2匹。これは前回と同じ。底と併せ、前回には1匹及ばない53400340が、何とかそれに近づける事が出来た。尚、この時点でバットさんは6匹。私が来るまでの結果4匹と併せると、何と2桁を達成。う~ん、参りました。片付け。その後、バットさんと無駄話をしていると、バットさんの竿が曲がった!この調子では、どんどん差が開いてしまう。さっさと帰ろう。バットさんと常連さんに挨拶して階段を下りる。無性に腹が減っているが、時間が悪い。何か食べてもすぐに夕食。まあ、どうするか車の中で考えながら帰ろう。ゆっくりと池を後にした。

|

« 台風一過の都田は寒~い! | トップページ | 予想通りの結果@都田 »

コメント

こんにちは。
今日はお疲れ様でした。
私も7時半から15時半まで8時間耐久ヘラブナ釣りは疲れました。
ウキが動いていたのでたくさん合わせて餌はたくさん池の生物に投入しました。
やはり色んな池に行くと新しい何かが発見出来るような気がします。
実はsunshineさんの釣りも私には勉強になっているんですよ。
またお願いします。

投稿: 黄金バット | 2009年10月10日 (土) 18時13分

バットさんこんばんは。
遅い昼食は丸亀製麺でした。これ、関係ないか。
私の釣りを参考にって、それは私のような釣りをしなければ釣れるという反面教師としてでしょうか。それ以外にはありえませんよね(あくまでネガティブな私です)。
次回もし来ることがあれば(多分来ます)、隣でしきりと竿を曲げていたK合さんの真似をして、15尺両グルテンの底をやってみたいですね。

投稿: sunshine_hera | 2009年10月10日 (土) 18時50分

小野の池2日目。まさかの雨!3投目から触りだしたが…カニあたりっぽい(>_<)それでもその間のへらあたりを待ちに待つこと2時間くらいだったか昨日よりサイズアップで更に妊娠か?腹ぱんのブタさんへらをゲット!最高な強い引き、なかなか顔を出さない!1日一枚でも大満足です。後から常連のお二人さん!テラノの人と白のセダンの人。新しく作った台の底にあった障害物を取ったから14、15尺での底が良くなったそうです。今日私は午後から彼女を迎賓館に送っていく約束をしていたのでお昼であがりました。今日もカニ名人でした。ぼちぼち鳥小屋に行こうかな!

投稿: もりもり | 2009年10月10日 (土) 21時39分

もりもりさんこんばんは。
凄いですね、毎回結果を出すなんて。今日はサイズもグーだったようで、本当に素晴らしい!我々の自虐的な釣りとは正反対の釣りですね。
今日も段底だったんですか?ハリスは何号?場所はいつものところですか?もっと情報が欲しいですね。
カニはおまけということで、カニ名人の称号はいらないでしょう。

投稿: sunshine_hera | 2009年10月10日 (土) 22時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/46447440

この記事へのトラックバック一覧です: 何とか前回並みの結果に@○○○の池:

« 台風一過の都田は寒~い! | トップページ | 予想通りの結果@都田 »