« OG氏と段子川 | トップページ | 楽天、先勝 »

2009年10月15日 (木)

古い船には新しい水夫が・・・@都田

まだまだ好天が続く。風もないとの予報に、いそいそと都田へ。駐車場に着いたのは9時過ぎ。車の数は少ない。まずは橋まで行って池の様子を覗う。日陰側には誰もいない。日向側には4人。坂の下、階段下、流れ込み、それにダム?そば。今日こそ日向と思って来たのだが、入りたい場所は塞がっている。ん~、どうしようか。よし、釣れるかどうかは分からないが、いつもの場所にしよう。幸い曇っているので、ウキの視認性も大丈夫だろう。波もないし。車に戻って荷物を降ろし、池に向かう。坂の下の人が竿を曲げ5340036653400367た。こちら側はどうかなぁ。さあ準備だ。竿は13尺で底。餌は昨日OG氏から貰った、ふまつげんの「底そこダンゴ」単体。5年以上前のものであることは間違いない代物。袋に書いてあるとおりに作る。餌に水が馴染むまでに底取り。さあ、開始だ。9時45分。が、第1投からウキが馴染まない。これで頭が混乱する。餌に重さはあるようだが、まとまりが悪そうだ。丸めて池に落として確認しようとするが、すぐにブルーがやって来て食ってしまうので、確認出来ない。仕方なく押し練り。まだ馴染まない。それでは、グルバラ(単に余っているから)をふりかけてみよう。う~ん、まだダメか。それではグルテン四季(これも封が切ってあるから)を混ぜてみよう。ん、馴染んだが、馴染み幅がおかしい。それに、何となく餌が途中で遊ばれているようにも見えるぞ。それでは、ハリスを縮めると同時に、再度底取りをしよう。ここまでで30分は余計な時間を費やした。最初からいつもの餌にしていたら、こんな事にはならなかったのに(本日のタラ・レバ)。やっと思い通りの馴染み幅が出たぞ。が、しかぁ~し、ウキは馴染んですぐに返す。えっ、そんなに寄っているのか?それとも餌のバラケが早過ぎるのか?いつまで経っても始まらない。次第にやる気が失せてきて、とりあえず1時間でこの餌は止めよう(すぐに止めないところが私らしい)。すると、ウキが立ってすぐに引っ張られ、トップが沈没するくらいのあたり!嫌な気がしながらも合わせると、やっぱりブルー。あ~あ。何処かから猫が飛んできたので、あげる。餌の周りには何かがいて、それがウキを動かしているのは間違いないが、それが果たしてブルーだけなのか?時折チクッというあたりが出るが、一向にかからない。1回だけブルーではないような引きを感じたが、バラシ。こちら側奥には2人入った。また、対面流れ込みの人は終了。あそこに入りたかった・・・。さて、その後はどんどん餌を捨てて、やっと最後の1投。疲れた~。最近良く会う人がやって来て、OT氏のいつもの場所から草むら一つ隔てた浅場に入った。そこなら日が当たる。最後の1投はウキが動かなかったが、空合わせをくれると、またもブルーがかかってきた。何だかなぁ。ちょうど1時間経過。さあ、新しく餌を作ろう。いつもの夏・冬・プログラムだ。ウキの53400368馴染み具合も言うことなし。すると、じきにウキが返すようになる。そして、まさにチクッというあたりで1匹目ゲットだ!今までは一体何だったのか。単に時間のロスか?私の1時間を返せ~っ!いや、とりあえずへらを寄せたことは間違いない。ただし多少の上ずりを含めて。さて、11時を過ぎてHRさん登場。半月ぶりにやって来たらしい。旧爆釣ポイントに入った。浅場の人は開始してじきに竿が曲がったが、ブルー。しかぁ~し、その後はポツポツと竿を曲げ5340036953400370た。私の方は、HRさんの準備中に小さなチクッで2匹目。返す返すも最初の餌が・・・。そして、もう1匹。これならまだまだ釣れそうだ。しかぁ~し、しかぁ~し、予報と異なり風・波が出てくる。ウキの視認性が一気に悪化。仕掛けも流されて、これは困った。冴えなくなると時間の経過が早くなり、すぐに12時のサイレン。HRさんは開始してしばらくはあたりがなかったが、連続してバラシが発生。もう寄ってきたのか?それに引き換え、私の方はウキが動いているのかどうかも分からない。ストレスが溜まる。一応偏光グラスを着けてみるが、そんなに改善しない。12時半を過ぎて、ようやく波が収まってきた。すると、ウキは小さくモヤモヤしているではないか。波がある間もきっと動いていたのだろう。そして、その後は小さなあたりも出たが、カラ。予定通り12時45分に餌が尽き、一旦終了。実釣3時間で3匹(実際には実釣2時間と言いたい)。ここで終わっても良いが、ふと両グルテンの底をやってみたくなった。前回旧爆釣ポイントに入った時にも、両グルテンの底でウキが動いたから。早速グルテン四季を少量作る。おおよそ30分で打ち終える量だ。そして、グルテンが水を吸う時間も惜しくて、すぐに丸める。が、こちらの餌も封を切ってから時間が経っている(約半年)せいか、全くと言っていいくらいまとまらない。指で丸めて丸めて、ようやくウキの馴染みも出た。が、しかぁ~し、再び波。坂の下の人は帰った。さて、ウキは馴染んでもすぐに返すの53400371で、何かがまだいる事は間違いない(今日は「間違いない」が多いなぁ)。そして、弱くウキが入るのに合わせると、やったかかりました!う、嬉しか~。これでようやく4匹。その後、何とかもう1匹と餌を打つが、波でウキの動きがかき消されてしまう。そして、最後の1投も虚しく1時20分少し前に終了だ。1匹出たことで良しとしないと。HRさんは1匹目をゲット。私は片付け。波53400372は収まる気配がない。片付けを終え、2人に挨拶して駐車場に戻る。次回こそ日向深場に入るぞ。車に荷物を積み終え、池を後にするが、モクレン通りを走っていると、フロントグラスに雨粒。ん、これは?すると、いきなり大粒の雨が降り出した!多分通り雨だと思うが、それにしても凄いなぁ。「丸亀製麺」で昼食を摂り、店から出ると雨は止んでいる。家に着くと、道路は乾いており、本当に局所的な通り雨だったようだ。さて、一休みしたらブログを更新するかな。

P.S.ブログを書き始める時に、タイトルは意味を持たせた筈(確か、古い餌を使うことについてだったと思う)なのだが、書いているうちにそんな事はすっかり忘れてしまった。後で見直して、あれっ、何でこんなタイトルにしたのだろうと不思議に思ったが、全く理由を思い出せない。そんな訳で、タイトルに意味はありません。悪しからず。 
 

|

« OG氏と段子川 | トップページ | 楽天、先勝 »

コメント

古い船を動かせるのは古い水夫では無いだろう!懐かしい拓郎氏の楽曲です。オイラは解るよ。同年だから・・・。今年は何処へ行ってもピリッとしない様子。どうしたんだろうね。自然に逆らわい様にしなくてはいけないんだろうね?!

投稿: yurie | 2009年10月15日 (木) 22時21分

yurieさんおはようございます。
たくろうと同世代(同年齢)とは驚きました。
最近は何処で竿を出されているんですか?やはり西之谷?西之谷は釣れますか?
都田もそろそろ釣れませんね。まあ、時期的にも当然かもしれません。が、暖かい場所では釣れるかも(何を言っているのか不明?)。
これからは、重い体に鞭打って日向側に行かないと、へらを拝む事は難しくなると思います。あ~あ、しんどいなぁ。

投稿: sunshine_hera | 2009年10月16日 (金) 07時47分

ゴメンナサイ。単身の夜はホトンド飲っていますので文章が支離滅裂で・・・。sunshineさんと同年代を過ごしたって事でご勘弁を!28年生まれです。勤務が不規則で(サービス業)これからの季節は週1の休みが暫く続きます。夏は比較的休みが多いのですが社員に休みを先に取らせないといけないので中々取れないのが現状です。一応西之谷(極水会の方々にご教授を受けています)がHGにはなっていますが、6月以降良くないね!(昨年の方が良かった!と思います)何でも「松食い虫」用の農薬散布後、すぐ雨が降ったのが影響しているようです。しかも2度も・・・。昨年の夏には有った水草が今年は全く繁茂してません!今夏両ダンゴではダメでしたね。昨年はペレ宙(管理釣り場の釣方ですが)で爆釣していたのですが、今夏は日光の手前でした(今市、イマイチって事。笑)でも釣れてる時って余り考えないけど、釣れない時ほど頭の中は一応グルグル回っているよね?「オーパ」作家の開高健氏が「箆鮒釣はコマの様だ」と揶揄していた事が有ります。外から見ていると止まって見えるけど釣り人の頭の中はグルグル思考してるって事ですね。西之谷の師匠は現在ウドンの段底でやっています(私も)しかし渋いね。バラケが落ちてから待って×3、ツン当りを取ってます。私の腕で朝9時から17時迄で平均20枚ってところでしょうか?最近は「ドボンの釣」にも挑戦!極水会の師匠連は余りやらない釣方ですが千葉(住処を構えています)に帰ったときは印旛沼からの「川」で釣らなくてはならない為、覚えなくてならない釣方だと思っています(あの超有名箆釣氏の浜田優氏もドボンやっているよ!)今回のコメント長くなりゴメンナサイ。思いの丈を綴ったつもりです(笑)ホント笑ってやって下さい。寒くなったら増沢の階段下?に入ってやって見たいな!(もっと良い場所有りますか?)飲んだクレ(今も飲んでます)のYurieでした。


投稿: yurie | 2009年10月16日 (金) 22時40分

yurieさんこんばんは。
失礼しました。私とほぼ同年ということですね。
西之谷は以前何度か通ったことがあります(駐車スペースのすぐそばの岩場の下)が、数は出てもへらのサイズがどうしても大きくならず、家からの距離も近いことがあって、今は都田(増沢池)に落ち着いています。
西之谷では最近放流協賛の釣り大会があったようですが、結果は芳しくなかったですか?

投稿: sunshine_hera | 2009年10月16日 (金) 23時06分

今晩は。ウィークデイには釣行出来ないのでエントリーしませんでしたけど西之谷の放流協賛は低調だった見たいです。ホトンドがボウズ・・・。一度大会に出て緊張感を味わって見たいのですが無理なようです。では又、増沢池でお会いしましょう。

投稿: yurie | 2009年10月17日 (土) 21時35分

yurieさんこんばんは。
やはり厳しいですか、西之谷。
私が通っていた頃とは様変わりしているようですね。
都田もなかなか厳しいですよ。
日向側か、日陰側でも奥の奥、ダム?そばか流れ込みならいけるかもしれません。

投稿: sunshine_hera | 2009年10月17日 (土) 21時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/46491585

この記事へのトラックバック一覧です: 古い船には新しい水夫が・・・@都田:

« OG氏と段子川 | トップページ | 楽天、先勝 »