« 今度はローソンでスカイプのクレジットが | トップページ | 小野の池でぼんやり見学 »

2009年10月 1日 (木)

雨の後なのに激渋@都田

雨の中休みで曇りとの予報。行かないわけにはいきません。8時過ぎに家を出る。8時半頃に駐車場に到着。おっ、WINDOMがまだあるぞ。今日の池はどんなんかなぁ?橋に向かう途中で、WINDOMの人に遭遇。ちょうど池から車に向かうところだった。挨拶して今日の状況を訊くと、6匹出たが、ブルーも7匹だと。良いのか悪いのか分からないなぁ。とりあえず橋に行ってみよう。対面は階段下に1人。後から流れ込みにもう1人入った。こちら側は、私のいつもの場所に先客。後は深場に1人。さて、どうしようかな?10月に入ったので、深場または日向側も選択肢にあるが、今日はこちら側浅場にしておこう。車に戻って荷物を下ろし、池に向かう。まずは先客に挨拶。それから旧爆釣ポイ5340030553400306ントに入る。後から思えば、この選択が全てを決めた。さあ準備だ。足元には雨の影響で土砂が流れ込んでいる。底は難しいかもね。とりあえず13尺を出す。もちろん底。餌はいつもの夏:冬:プログラム:水を1:1:1:1.5の両ダンゴだ。湖面はまだ凪いでいるが、ごみが多い。私の準備中に先客が竿を曲げたが、バラシた。意外と高活性なのかも。さて、底も取れ、開始は9時20分。すると、第1投からウキが馴染む途中であたり!ブルーかもしれないが、とにかくかけてみないと分かりません。すると、その後もウキはモヤモヤ・チクッを繰り返すが、一向にかからない。なあに、これだけウキが動いていれば、そのうちかかるさと高を括っていたら、どんどん時間が過ぎる。おかしいなぁ。しかも、次第にウキの動きが悪くなる。先客も合わせる回数が減ってきた。そして、カニを2匹。が、その次に本命をゲット!ただし、後がない。10時頃からは、雲が取れるようになると、太陽の位置のせいか正面の景色が湖面に映り込んで、ウキがほとんど認識出来なくなる。私のイライラは募るばかり。そのうえ風・波も起きる。ウキの視認性を上げようと偏光グラスを装着するが、効果なし。困った。そのうえ、更に時間が進むと、今度は背後の山の影が湖面に映るようになり、最早お手上げ状態。が、餌打ちのインターバルを意識して餌打ちするので、餌がどんどん減っていく。開始1時間を過ぎ、たまたま波がなくウキが見やすいその時に、いきなりチクッというあたり!やったと合わせればかかりました!ふぅ~っ。良い手応え。きっと大物か?しかぁ~し、寄せる途中で痛恨のバラシ!反動で仕掛けが頭上の木の枝にかかり、それを無理して引っ張ったら、竿に仕掛けが絡みついてしまった。一目処置のしようがない。普通なら癇癪が爆発して仕掛けをつぶしてしまうのだが、何故か今日は辛抱強く絡みを解き、両ハリスカットで我慢だ。私も大人になったもんだ。最初と比べてハリス長・段差が短くなってしまったが、そのまま再開。すると、波その他もろもろでウキが見難い中、チクッとウキが入ったような気がして合わせると、やった今度こそかかったでしょう!が、バラシ。ガクガクッ。小さな鱗が付いてきた。さあ、久し振りのボウズが視野に入ってきたぞ。11時を過ぎる。最早これまでか。相変わらずウキの視認性はほぼゼロ。が、しかぁ~し、しかぁ~し、神は我を見捨53400307てませんでした。波の中、またもウキが入ったように思え、とりあえず合わせるとやった今度こそかかりました!慎重に寄せる。サイズはこの際どうでもいい。ただ、ボウズを免れた事が嬉しい。先客は1匹釣った後、多分私と同じなのだろうウキが見えないのか、全くかからない。私は11時20分頃に餌が尽き、途中トラブルがあったものの2時間で餌を打ち終えた。結果1匹(ト53400308ホホ)。流れ込んだ土砂の影響なのかは不明だが、これまでにない貧果だ。先客もこの時点で私と同じ1匹(私が来るまでの途中経過は不明だが)。さあ、次は宙だ。竿を11尺に変更。餌はグルバラ:プログラム:水を2:2:1の両ダンゴ。「たな」1本半での再開は11時30分頃。多少ウキの位置が手前になったとは言え、視認性は向上していない。あたりが消し込みになれば問題ないが、さてどうだろう。が、そんな杞憂はすぐに吹っ飛んだ。開始早々ウキが動き始め。更には消し込みも!これなら前半の失態を取り戻せるかも。が、しかぁ~し、何故かあたりに合わない。しかも、次第にウキの動きが悪くなるのはいつものとおり。それで53400309も、何とかあたりに合わせて1匹目ゲット!これで底・宙でのボウズはなくなった。が、その後はたまに出るあたりに全く合わない。そこで、「たな」を1本に変更だ。すると、すぐにウキが動き出す。これなら何とかなるかも。しかぁ~し、どうにもならずに時間だけが経過。う~ん、どうしよう。セットに変えようか。いや、まだまだ両ダンゴで釣るぞ!ちょっとアドベンチャーだが、「たな」を更に浅くしてみる。う~ん、これは怖い。私のアームではトラブル必至だ。そこで、53400310再度「たな」を1本半に戻してみる。すると、ウキが馴染みきってから小さく入った。これに合わせると、やったかかりましたよ!何だか分からないが、とりあえずOKか?開始後1時間を過ぎている。これで一時的・断片的ではあるが先客を抜いた。この頃から浅場には地合がやって来たのか、後から来て我々2人より更に浅場に入った2人も竿を曲げる。そして隣の先客も。私53400311のウキも波の中消し込みが出るようになり、一度見過ごしたあたりの後の消し込みで宙の3匹目ゲットだ!底と併せて4匹目。何とか私の第2目標はクリアしたい。1時を過ぎ、ウキの動きは12時までとは随分違ってきた。風・波も穏やかになったし、これからがきっと爆釣タイムなのだろう。が、私の餌はもうじき終わる。1個餌釣法でもやってみようかな。すると、これが功を53400312奏し、ズバッというあたりでやった私の第2目標クリア(底と宙を併せてだけど・・・)だ!その後、あたりは数回出たものの全くかからず、最後の1投もウキに動きがなく、1時半に無念の終了だ。実釣2時間で4匹。こちらはまあまあ(もちろん私にとって、だが)。片付け。先客が竿を曲げてい53400313る。きっとこれからだ。気温も上がってきたし、風・波もない。う~ん、次回からは開始時刻を遅くして、その分終りを遅くしようかな。片付けを終え、先客に挨拶して駐車場に戻った。快晴。残暑とでも言うのだろうか、かなり暑い。これで本当に明日は雨?もし明日が雨でなかったら、リベンジに来ようかな。そんな事を思いながら池を後にした。

|

« 今度はローソンでスカイプのクレジットが | トップページ | 小野の池でぼんやり見学 »

コメント

こんにちは。
な~~~んだ、ボウズじゃなかったのか。
面白くないな~~、たまにはボウズになりましょう。
なんて、書いてると自分がまたボウズになりそうです。

♪雨が止んだら~~、お別れなのよ~~♪のフレーズで

♪雨が止んだら~~、小野の池なのよ~~♪

土曜日午後雨が止んだら行きたい所ですが、行けるかな?
風もドン吹くと思います。

投稿: 黄金バット@会社 | 2009年10月 2日 (金) 12時27分

バットさんこんにちは。
この日はまさに小野の池日和。本当に悩みましたよ、どちらに行こうかと。
底で1時間以上やって1匹も釣れない時には、小野の池に行けば良かったのでは、とちょっとだけ後悔もしてしまいました。
それにしても、あの渋さは一体何だったのでしょう。先客は私のいつもの場所で10尺の底でしたが、もし私がそこで13尺を振っていたら、爆釣間違いなし?今週のタラ・レバでした。

投稿: sunshine_hera | 2009年10月 2日 (金) 14時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/46361981

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の後なのに激渋@都田:

« 今度はローソンでスカイプのクレジットが | トップページ | 小野の池でぼんやり見学 »