« 翔んだカップルその後 | トップページ | 古い船には新しい水夫が・・・@都田 »

2009年10月14日 (水)

OG氏と段子川

今日は快晴との予報だが、朝から曇っている。どうしようかなぁと思っていると、OG氏から段子川でどうでしょうとのメールが。都田に行くつもりだったが、久し振りの段子川もいいかもね。9時集合という事にして、バットさんに最近の情報を訊いてみるが、特にないとの返事が。まあ、行き当たりバッタリでも何とかなるだろう。余裕を持って家を出るが、途中ビックリするような出来事や道路工事で、9時ギリギリに川に到着。OG氏は既に来ていて、右岸奥が楽だと言うので、車を移動。ゴミ除けのフェンスの奥には先客。どうですかと訊いてみると、こんなのばかりとの返事が。小さくてよく分からなかったが、へ5340034953400350らではないようだ。我々はフェンスの手前に並んで入る。川は白っぽく濁っていて、流れはそんなにない。早速準備しよう。竿はバットさんの助言により9尺。もちろん底。餌はいつもの夏・冬・プログラム。OG氏は宙の「お」の仕掛けのまま、ふまつげんの古~い餌を使用。私の方が少し先に開始。9時半過ぎ。すると、いつもの事ではあるが、馴染み幅が思うように出ない。浅すぎて底取りが難しいのかも。ウキ下を微調整して再開。すると、すぐにウキが動き出す。多分へらではないだろう。そしてあたり・・・。やっぱりそ53400352うでした、縞イサキ。こいつの鰭には棘があって、触ると痛い。気をつけよう。その後、何匹か同じものを釣った後に、同じようなあたりで急にかかりました!が、残念ハリス切れ。合わせ切れではありません、念のため。今日はやたらとハリスが切れた。またバラシも数回。大きな鱗が付いてきたから、きっと大きな魚なのだろう。水深がないので、かかった魚は沖に走る。早く竿53400353を立てないと、危ない。それでもその後、あたりに合って1匹目!だが、今日は何となくマブナライクばかりのようで、カウントは止めておこう。OG氏はへらでOKと言うが、まあ今日だけ。OG氏は古い餌のせいか、バラケ具合も良くないと言っている。間違いなく5年以上が経過している餌だから、無理もないだろう。私はその後、ウキの動きはなくならないものの、縞イサキばか53400354りかかる。が、たまにこういう小さいの(おそらくマブナ)もかかる。まぁ、いろんなのが釣れて楽しいと言えば楽しいのだろう(五目釣り)。しばらくして、足元の水が引いているのに気付く。あっ、ここは干満がある川でした。知らない間にかなり水深が浅くなっていた。ウキ下を調整。すると、あたりが復活するが、やはりハリス切れが出てしまう。そんな強く合わせていないし、強引に寄せてもいない。するとやはり大物?やたらとあたりに合わせたため、餌の消費が激しく、開始して2時間経たないうちに餌が尽きた。いつもなら次は宙なのだが、今日は底オンリー。再び同じ餌を作る。が、今度は少し水が多かったのか、やや柔らかめ。大丈夫か?馴染む途中で落とされないか?が、最初より後の餌の方が良かったのか、再開534003555340035653400357してじきにあたり!ポンポンとあたりを拾えるようになった。なかには30cmクラスも出53400358て、まぁ満足か。が、しかぁ~し、お約束の亀も来ました。顔の怖い奴。ハリスを切られてしまった。でも、このまま行けばそこそこの結果にはなりそうだ。が、その後まさかの53400359マブナの擦れが発生。一応写真を撮る。仕掛け巻きが写っているのが擦れの印。12時を過ぎてもう1匹追加。これ53400360以外にも、全般を通してやたらとかかってきたのが縞イサキ。それに時々ハヤの稚魚が擦れる。まさに五目釣り(へら・マブナ・亀・縞イサキ・ハヤ)だ。でも、それなりに五目釣りを楽しんでいたのだが、いつの間にか風向きが逆になり、フェンスで留まっていたゴミが戻って来始めると、釣りにならなくなる。せっかく仕掛けを直したOG氏もこれにはゲンナリ。既に終了モードか?公園まで行ってトイレ休憩。私も何とかゴミの隙間を狙って餌打ちするが、ウキの馴染みが出なくなることも。餌打ちのインターバルがバラバラになって、釣れない時間帯に。30分以上我慢して、ようやくゴミが上流に移動したので、再開。随分見やすくなったが、何となく濁りが取れてきたようにも思える。そろそろお終いが正解かもね。せっかくウキが見やすくなり、また馴染みも出る(ウキ下を微調整)ようになったのだが、そこからは小さなものばかりがかかるよう534003615340036253400363になる。1時頃、餌が尽きたので、OG氏が使わなくなった餌を貰って続行。あたりは出53400364るがなかなかかからない。OG氏は底から宙に変えて頑張っていたが、腰の具合が思わしくなくなって、無念の終了。私も貰った餌を打ち切り、最後の1投でかわいらしいフナをゲット!実釣4時間弱でそこそこ楽しめた。片付け。途中から空が明るくなったが、快晴ではなかった。今週末の航空祭に関係あるのか、爆音を轟かせてジェット機が飛ぶ。また、鵜も飛んできた。片付けを53400365終え、OG氏が勧める「杢屋」で昼食。西郵便局の近く。随分安かった。OG氏に店まで乗せていってもらった。ありがとうございます。次回は漕艇場でやりましょうと言う事で解散。3時半に来客がある私は、それなりのスピードで家路に付いた。

|

« 翔んだカップルその後 | トップページ | 古い船には新しい水夫が・・・@都田 »

コメント

こんばんは。
お疲れ様でした。
相変わらず、ジャミラとマブナが多いですね。
11:33と11:37のはへらぶなに見えますが、いかがでしょうか?
思ったよりフナ系が来ますね、もっとジャミラばかりで話にならないかと思いましたが…。

投稿: 黄金バット | 2009年10月15日 (木) 00時53分

バットさんおはようございます。
いやぁ、こんなに釣れるとは思いませんでした。奥の方には3人が入っていましたが、やはり小さいもの(フナなのか縞イサキなのかは不明)が多かったようです。マブナライクとは言え、そこそこの型が釣れて楽しみました。たまにはいいですね、川の釣り。ゴミには閉口ですが。

投稿: sunshine_hera | 2009年10月15日 (木) 06時41分

9月下旬段子川に行きしたが、小型(25センチメートル)の真ぶなばかりよく釣れました。大型のへら、まぶなは11月ですかね。段子川で釣るのをたのしみにしています。青森県の虹の湖で5月に43センチメートルのへらぶなを釣りましたが、段子川もそれくらいのものが釣れると思います。

投稿: 神奈川 | 2009年10月18日 (日) 04時38分

「神奈川」さんおはようございます。初めまして、でしょうか?
段子川には子供の頃から遊びに行っていましたが、こういう大きな魚が釣れるとはその頃は思っていませんでした。何しろ10cmもあれば「大きい」と喜んでいたのですから。
段子川に大きなへらが上がってくるのは、バットさんに言わせると「霜が下りる頃」だそうです。極寒?の中で釣るのが粋らしいですよ。

投稿: sunshine_hera | 2009年10月18日 (日) 07時43分

野釣りは、真鮒が最初でないかと思います。へら鮒は養育されて川にはなされたもので、自然ではないと思います。その点では段子川は、川釣りを小学生に覚えて依頼45年ぶりに野釣りに出会えたのが3年前の段子川でした。貴重な川だと思います。これからも宜しくお願い致します。

投稿: 神奈川 | 2009年10月21日 (水) 05時19分

神奈川さんおはようございます。
私の釣りは父に連れられて行った海釣りが最初らしいのですが、記憶にありません。餌箱を海に落として叱られたらしいのですが・・・。
川や池、田んぼに入っての魚捕りは懐かしいですね。近所の仲良しと今にして思えばそこそこの距離を歩いて段子川(我々は「そうめん川」と呼んでいました)まで行き、川に入って三角網でガサガサとやれば、小魚が沢山入って嬉しかったものです。大きなフナなどは、大雨で川が溢れ、水は引いたあとに田んぼに残されたものを拾い?に行ったことを覚えています。

投稿: sunshine_hera | 2009年10月21日 (水) 06時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/46483539

この記事へのトラックバック一覧です: OG氏と段子川:

« 翔んだカップルその後 | トップページ | 古い船には新しい水夫が・・・@都田 »