« 好天にフラッと外出 | トップページ | 仕様変更 »

2009年11月25日 (水)

私の所蔵漫画本その6(めぞん一刻)

朝方までパラパラ降っていた雨も上がり、今は好天。しかぁ~し、出そびれた私は家の中。釣行は明日にしよう。それでは、こんな日のためのネタ。

Docu0005高橋留美子の傑作。全15巻。週刊誌に連載されている頃は、発行が隔週だったので余計に待ち遠しかった。変な下宿屋「一刻館」の管理人音無響子と浪人生(後に大学生→就職浪人→保父)五代裕作とのラブ・コメディとでも言おうか。最初は笑いの要素が強かったストーリーが、次第にシリアスになっていく。そして、それに伴って画風もどんどん変わる。翔んだカップルでもそうだったが、これがこの手の漫画が必然的に辿る道なのか。
 
 
 

|

« 好天にフラッと外出 | トップページ | 仕様変更 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/46855434

この記事へのトラックバック一覧です: 私の所蔵漫画本その6(めぞん一刻):

« 好天にフラッと外出 | トップページ | 仕様変更 »