« 何かだるい | トップページ | 発見!梶光夫の「大空にひとり」 »

2009年12月10日 (木)

ようやくへらが釣れた@段子川

今日はOG氏と段子川。集合時刻の10時少し前に駐車場に到着。川の様子を見に行くと、結構釣り人が入っている。さてさて、今日は東西のどちら側に入るのかな?駐車場に帰る途中でOG氏に遭遇。やはり東岸がいいようだ。車を移動させて工事現場のそばに駐車(大丈夫か?)。前回より本湖寄り、ゴミ除けフェンスの下流に入ることにする。5340055253400553正面にもへら師。さあ準備しよう。前回は9尺だったが、今日は水が澄んでいるようなので、気持ち長く11尺。もちろん底。餌は都田でお馴染みのグルテンセット。餌落ち目盛から始めたOG氏より少し早い10時40分に開始だ。ゴミはないが、流れがあってウキがシモる。OG氏からの距離も近く、竿も同じなので、魚の引っ張り合いになるかも。対面は時折竿が曲がるが、へらかどうかは不明。さて、餌打ちを始めたのはいいが、ウキが動かない。予想通りシモる。馴染み幅もスッキリしない感じ。めげずに続行。すぐに30分が経過。OG氏はウキの馴染みに四苦八苦。両グルテンでもウキが沈没?最初から段取りを踏んで底取りをすればいいのだが、何故かやらない(面倒らしい)。一応は底取りをキチンと、とアドバイスするが、彼には彼なりの考えがあるようだ。それでも、そろそろ私のウキに動きが。そして小さくあたるがカラ。う~む、難しい。前回はすぐにかかったのになぁ。魚の活性も落ちているのかも。そこで、私もOG氏を見習って両グルテン53400554に。すると、ウキがモゾッと入って、やった1匹目!残念マブナだったが、とにかく何か釣れた。OG氏は底釣りが性に合わないと言って、底を切って仕掛けを流して釣ることに。まあ、そういう釣り方もありますが。と、次のあたりでは、き53400555れいなハゼをゲット!漏れ聞こえてくる先客の話からも、この時期はハゼが釣れるようだ。サイズもグーなのだが、どうしようもない。私のウキはまだ動いているが、あたりが取りにくく何度もカラを食らう。OG氏も時折ウキが動くようになって、最初の獲物はハゼ。だが、これは気に入らず、何としてもマブナ以上を釣る気だ。さっぱり手応えのない私は、遂に手放し作戦。すると、飲み物を飲んでいる間にウキがズルズルと入って行く。53400556慌てて竿を持って合わせれば、やったかかりました!今度こそへらかな?う~ん、残念。それに、「たも」に収めた時には鈎が外れていたが、OG氏が擦れているのを見たようだ。いずれにせよ、ノーカウントである事は間違いない。写真だけ撮る。それからじきに12時。だが、サイレンは聞こえなかった。対面の1人が昼食。規則正しい生活を心がけましょう(←私もね)。が、どうやら潮が止まったようで、ウキの動きがなくなる。出来るだけ餌打ちのインターバルを一定にするよう心がけるが、ウキは時折モヤッとするだけで、あたりにならない。OG氏のウキも同様だが、それでももう1匹ハゼをゲット。私は予定通り約2時間でグルテンを打ち切る。それまででマブナ2匹(擦れ含む)とハゼ1匹。さて、どうしようか。今日は3時から病院に行くので、そんなに長くは釣っていられない。新たにグルテンを作るか?いや、残ったバラケを揉んで両ダンゴとしよう。ん、ウキの馴染み幅が違ってきたぞ。セットよりは重いからかな。ウキを微調。すると、ウキの動きが良くなる。潮が動き出したのかな?そしてあたりが出るが、何故かカラツンとバラシの連続。挙句の果てにはハリス切れ(合わせ切れではありません。このあたりは良かったなぁ)。そして1時。終了を考え53400557ながらの餌打ちになった。が、ウキの動きは続き、とにかくあたりらしきウキの動きに合わせれば、やったかかりました!が、残念またもマブナ。ガクガクッ。前回のこの川と漕艇場での繰り返しになるか。いや、とにかく餌を打ち切れば、その間にきっといい事?があるぞ。ウキ下を調整しながら続行すれば、ウキにあたりが!やったかかりましたよ「上がりべら」?寄せてみれ53400558ば、サイズは30cmないが、これはへらでしょう。やったボウズではなかった!やれやれ。さあ、あと何投で終わるかな。と、ここでOG氏の叫びが!あたりは分からなかったが、何だか知らないけどかかっている~!寄せて私が「たも」で掬うと、30cmはあるへらだ。最後の最後に帳尻を合わせる男OG氏。私も負けずにもう1匹。ん、何だか妙な感じがするぞ。ゲゲッ、潮が上が53400559ってきて、釣り台が水没寸前だ。慌てて終了。丸めた餌はOG氏にあげて、片付け。最初の頃から20cm近く水深が深くなった気がする。それも多分午後からのわずかの時間で。ウキ下が変わってきた事は気付いていたが、餌をセットから両ダンゴに変えた時期と近かったためか、それとも釣りに集中していたためか気付かなかった。危ういところだった。結果、実釣3時間弱で1匹。トホホと言うより「ヤッター」と言う感じ。結果が出て上機嫌のOG氏も片付けを終え、昼食は「吉野家」で摂る事にして一旦解散。それぞれ西インター入り口付近に向かった。

|

« 何かだるい | トップページ | 発見!梶光夫の「大空にひとり」 »

コメント

こんばんは。
やりましたね、段子川でのへらぶな。
型はいいようですね。
最近では30cm以下のへらぶなは少ないと思いますが…。

投稿: 黄金バット | 2009年12月11日 (金) 01時51分

バットさんおはようございます。
30cm「以上」のへらぶなは少ないと書かれていたので、やったぁと思っていたら、「以下」でしたね。ガックリ。でも、ボウズでなくて良かったぁ。
ここは釣り座にほぼ横付け出来るので、移動がなくて楽ですね。風も当たらないし。また陽気のいい日に来たいですね(陽気のいい日は釣れない?)。

投稿: sunshine_hera | 2009年12月11日 (金) 09時11分

12月12日(土)13日(日)14(日)と段子川に行きました。初日は坊主、2日目は3匹、3日目か9匹と釣れましたが、全て真鮒でサイズは35センチ前後のものばかりでした。しかし、久し振りの段子川での野釣りは楽しかったです。もう少し寒くなるとへらぶなの出番でしょうね。来月行くのを期待しています。これからも宜しくお願い致します。

投稿: 神奈川 | 2009年12月15日 (火) 15時49分

神奈川さんこんばんは。
凄いですね、3連荘ですか!さすがのバットさんでもないでしょう。どの辺りで竿を出したのか、教えていただければありがたいです。
バットさんによると、霜が降りるくらい寒くなると、大物が釣れるようですよ。それは楽しみなのか苦痛なのか分かりませんが・・・。

投稿: sunshine_hera | 2009年12月15日 (火) 22時42分

段子川の野釣りは、辛抱も伴いますが1匹でも釣れると釣堀とちがって大変嬉しいです。1月中旬に行きたいと思います。川の橋のすぐ上流で釣るようにしていますが、日により釣れる場所が異なるように感じられます。へら鮒がみんなを楽しませてくれるためかなとも思います。来月は37センチメートル以上が釣れるのを楽しみにしておりますので、宜しくお願い致します。

投稿: 神奈川 | 2009年12月30日 (水) 21時27分

神奈川さんこんばんは。
本格的に寒くなりました。バットさんが言うところの「霜が下りる」季節ですね(まだ早い?)。40cmオーバーも期待出来るかもしれません。
私は段子川には年に数えるほどしか行きませんが、お会い出来たらいいですね。
段子川への釣行回数が私より遥かに多いバットさんのほうが先に出会えるかも。

投稿: sunshine_hera | 2009年12月30日 (水) 21時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/46985481

この記事へのトラックバック一覧です: ようやくへらが釣れた@段子川:

« 何かだるい | トップページ | 発見!梶光夫の「大空にひとり」 »