« 面白いもの見つけた | トップページ | クラシックでも聴いて:その8 »

2010年1月 4日 (月)

初釣りは撃沈@都田

今日を逃すと明日から寒が戻るようなので、何としても釣行しなければ、と準備しているところへバットさんからメール。まさ(masa)にグッドタイミングだ。急いで支度を終え、池に向かう。駐車場に着いたのは9時頃。ヘラ師はダム?そばと流れ込み付近、それに坂の下にいるようだ。まずは飲み物を買い、と思ったら、軽のバンから荷物を降ろしている人が。まさしくバットさん。車から荷物を降ろし、まずは新年の挨拶。車の中はほとんどが釣り道具で、これからカバンに荷物を詰めるところだと言うので、それでは先に行きます。私は階段下から1つ深場の釣り座に入ろう。と、ここでワンドに入っている人が手を振った。あっ、去年以来のOさんだ。荷物を置いてから挨拶に向かう。このところボウズが続いているとの話を聞き、何となく嫌な予感(残念なことに当たってしまったのだが)。さあ準備しよう。あっ、対面にも1人入っている。さて、今日はどうしようかな。私の右の人達は、長い竿で底と宙をやっているようだ。私はとりあえず15尺で行くかな。餌はいつものグルテンセット。時間帯が悪いのか、太陽のギラギラと波。何とか底取りを終える。バットさんはじきにやって来たが、あれっ、もう1人。ザわさんだ。今年は張り切P1000160P1000161って釣りをするようだが、早速今日からとは素晴らしい。私の左、階段下にバットさん、その左にザわさんが入る。私は一足先に開始。9時45分過ぎ。しかぁ~し、ギラギラと波でウキがさっぱり見えない。18尺で開始したバットさんも困っている。ザわさんはなかなか始まらない。と、私の右で宙をしている人が竿を曲げ始めた。新べらが相手をしてくれているようだ。竿の選択を間違えたかな?でも、結局底の間に竿を変えることはなかった。竿が曲がっているのは、遊歩道端の長竿宙の人と、ワンドのOさんか。我々はウキが見えないので、さわっているのかも良く分からない。そのまま時間だけが過ぎるが、それでも双眼鏡でウキを見ているバットさんからは、ウキが動いているとの言葉が。ウキの視認性が回復したのは、太陽の位置がずれた11時半頃から。すると、私の右で長竿底の人の竿が曲がり始める。こちらにも分けて欲しいが、私のウキはシモるだけであたりが出ない。ごくたまにウキが返すように思えるが、それだけ。と、ここでザわさんがしきりと合わせ始めた。私と同じ15尺なのに、何故?そして遂に竿を曲げる!う、裏山鹿~。じきに12時のサイレン。底はもう止めてもいいが、餌がまだ残っているので、これをグルダンゴにしてもう少しやろうかな。が、ウキが少しだけ弱くさわったように感じただけで終り。実釣2時間半でボウズ。バットさんも擦れではあるが竿を曲げているので、私だけがアウト・オブ・ザ・蚊帳。でも、まだ宙があるから・・・。竿を13尺に替え、餌はいつものダンゴ、と思ったら、プログラムが足りない。そこで、特Sを代用。餌が馴染むまで、Oさんの様子を見に行くと、両ダンゴのままで竿が曲がったようだ。素晴らしいの一語。釣り座に帰って、開始は12時半頃か。ザわさんがおにぎりをくれた。ありがとうございます。さて、まずは両ダンゴの1本半から打ち始めるが、相変わらずウキに動きなし。1本に変える。ただ、長竿の人の「たな」は深そうだ。これでいいのか?私の右の2人は、へらが寄ってきたようで、竿が曲がり続ける。短い竿では駄目ですか?1時頃まで打ち続けるが、ウキに全く動きなし。それでは上ハリスを切って「玉」を出そう。と、バットさんが竿を曲げる!しかも寄せてみればダブル!遂にボウズは私1人になってしまった。ガクガクッ。湖面は1時頃から穏やかになってきたが、ウキが動かないのではどうしようもない。が、たまにウキが弱い動きを見せるようになる。いよいよ私の出番なのか?が、しかぁ~し、地合にはならず時間が過ぎる。2時を過ぎた。我々3人は静かなまま。右の2人は相変わらず竿を曲げる。アームの差とは分かっていても、辛い。2時半を過ぎて、遂に私の釣り座も日陰になった。もう終わろうか・・・。とりあえず餌を打ち切ろう。そして2時45分頃に終了。何も言うことはありません。片付け。バットさんとザわさんはまだ続けるようだ。片付けを終え、Oさんの様子を見に行こうとした時、再びザわさんの竿が曲がった!が、しかぁ~し、しかぁ~し、残念マブナでした。でも、何か釣れるのはいいことだ。P1000162Oさんのところに行くと、何と今日は7匹をゲットしている。しかも両ダンゴで。ガックリして戻り、2人に挨拶して階段を登る。波が出ていたが、私が橋のところまで来て池を見ると、再び湖面は穏やかになっている。看板横には2人。竿は曲がっているのかな?かなりガックリして車に戻った。何故私だけが釣れなかったのか?アームの差とは分かっていても、何故か悔しい。しばらくはお休みするが、次回こそ必ず1匹は釣るぞ!しょんぼりと池を後にした。

    ↓ここをクリックしてやってください。
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
 

|

« 面白いもの見つけた | トップページ | クラシックでも聴いて:その8 »

コメント

こんばんは。
今日は厳しい釣りでしたね。
私の方はまだアップしてませんが
夕方、地合いがきて追加しました。
結局、暗くなるまで竿を出してました。

投稿: 黄金バット | 2010年1月 4日 (月) 21時12分

バットさんこんばんは。もう日が変わってしまいました。
昨日は初釣りで結構気が入っていたのですが、それが逆に空回りしてしまったようです。普段の釣りをしていれば(タラ・レバですが)、何とか1匹くらいは釣れたのでは、と今更ながら悔やんでいます。
でも、これを引きずることなく次回釣行したいと思います。もう少し暖かくて風のない日に・・・。

投稿: sunshine_hera | 2010年1月 5日 (火) 00時42分

sunshineさん、新年おめでとうございます。

初釣りは激しいものになりましたね。こういう時はすぐリベンジして忘れてしまう事です。(野球のクローザーが打たれた時、そんな事言ってました)防寒具を持って(ヘラスカートカッコ悪いと思って控えていたのですが買っちゃいました。暖か~い!)当方西之谷の新年釣り大会(1/3)に参加しましたが・・・。残念な事に・・・。聞かないでください(笑)今でもその疲れが!?
今年も宜しくお願い致します。


投稿: yurie | 2010年1月 5日 (火) 19時53分

yurieさんこんばんは。
おっと、遅れ馳せながら明けましておめでとうございます。
4日は今年になってから唯一風の弱い日でしたので、軟弱な私も釣行しようという気になったのですが・・・。
知り合いと並んで釣る時には、誰かに先に釣られると途端にプレッシャーがかかってしまいます。まだまだ修行が足りませんね。
早くリベンジしたいのですが、暖かい日が来るのは当分先になりそうです。

投稿: sunshine_hera | 2010年1月 5日 (火) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/47202591

この記事へのトラックバック一覧です: 初釣りは撃沈@都田:

« 面白いもの見つけた | トップページ | クラシックでも聴いて:その8 »