« こんな本もある | トップページ | 再々度の韓流ブーム »

2010年1月11日 (月)

3者揃い踏みも結果は@都田

予報によれば、今日は曇りだが風がない。それではどうしようかな、と思っているところへmasaさんからメール。これから都田(増沢)に向かうとのこと。これに背中を押される格好で釣行が決定!家を出たのは9時過ぎか。途中、バットさんに「今日は何処へ」と確認すると、何とバットさんも都田に向かっている。久し振りのブロガー3者揃い踏みになるではないか。駐車場に着くと、バットさんは既に車から荷物を降ろしていた。挨拶してから暖かい飲み物を買い、池に向かう。masaさんは遊歩道の端に入っていた。挨拶して話を訊くと、今年は2日から竿を出しているとのこと。ビックリしたなぁ、もう(古~っ!)。masaさんの釣り座からバットさん、私と並ぶ。へら師は他に、対面流れ込み付5340060253400603近に4人とワンドに2人。こちら側はダム?そばに2人と流れ込み、階段下にそれぞれ1人ずつ。浅場の看板横にも何人かいるようだ。さあ準備しよう。と、流れ込みの人(Hさん)が竿を曲げる。宙のようだ。と、今度は階段下の人(Mさん)も竿を曲げる。こちらも宙。う~ん、困った。が、当初の予定通りまずは底から行こう。竿は18尺で、餌は前回と同じ。ただ、わたグルを少々追加。風はない筈なのに、時間帯なのか波とギラギラ。さっさと底を取って、開始は10時15分過ぎ。バットさんは14尺で宙から。masaさんは16尺の底。流れ込みのHさんと階段下のMさんはしきりに合わせていて、今更だが宙から始めれば良かったのかなぁ(本日のタラ・レバ)。しばらくはギラギラでウキがさっぱり見えなかったが、11時頃から何とかなった。が、しかぁ~し、ウキに動きなし。今年は今日を含めて3回この池に来ているが、底ではあたりを見ていないので、何とかして1匹。しかぁ~し、しかぁ~し、今日のウキの動きが一番悪く、返しさえも出ない。両グルテンで打ってもシーン。時間だけが過ぎる。早くも12時のサイレン。流れ込みのHさんやダム?そば、それに看板横の人達は帰った。私は12時半過ぎまで底で粘るが、全くウキが動かないまま終了だ。masaさんも午後からは宙にするとの事。私も宙にしよう。竿・ウキ・仕掛けはそのままで、上ハリスだけを短くする。餌は前回と同じ。1時前には再開か。まずは「たな」2本から。シーン・・・。1回だけウキが入ったが、おそらく糸ずれ。その後、1本半で再度糸ずれらしきウキの動きがあって、そろそろ結果が出せるかも、と期待するが、ダメ。階段下のMさんが終わったが、6匹だそうだ。やはり午前中が良かったか。さて、「たな」を1本まで浅くしてみた私だが、何ら変わりなし。ただ、同じく「たな」を浅くしたmasaさんはウキが動き出したようだ。バットさんは一旦宙にするも、再び底に戻した。さて、2時を過ぎ、何か変化があっても良さそうだが、私のウキに動きはなし。おとといはそれでもウキが動いていたのに、今日は底・宙ともにアウト。そろそろ終わろうかな。だが、バラケがまだ少しある。今日は思い切って3時までやってみよう。ひょっとしてゴールデンタイムのおこぼれにあずかれるかも。いや、全くウキに動きなし。3時を過ぎ、寒い。いつもなら終わっているが、よし3時15分までやろう。ちょうど5時間になる(何のこっちゃ?)。masaさんはしきりと合わせており、そろそろゴールデンタイムの恩恵にあずかれそうだ。私は放置作戦でウキが入ったが、これもカラ。いよいよ残った53400606バラケを捨てて最後の1投に賭ける。が、しかぁ~し、しかぁ~し、何のいいこともなく終了。2人から残業のお誘いがあるが、今日は既に1時間延長しているので、これ以上は無理。片付け。非常に疲れた。肉体的にも精神的にも。片付けを終え、さっさと帰ればいいものを、2人の釣りの様子を後ろから見る。う~ん、確かにmasaさんのウキは動いているようだな。早く帰らないと釣られてしまいそうだ。などと思っているうちに、masaさんが竿を曲げた!ゲゲッ、やっ5340060753400608ぱり?!早く帰れば良かったと憎まれ口を叩いていると、再びmasaさんの竿が曲がる!残念擦れだったようだが、これを機に帰ろう。2人に挨拶して、バットさんには私が橋を渡りきるまで竿を曲げないようにお願いしてから階段を登る。足取りは重い。橋を渡る途中で、浅場のワンド付近に3人が竿を出しているのに気付く。もうそんな季節なのか?湖面に波はない。まさ(masa)にゴールデンタイム?駐車場に戻り、暖かい飲み物を買って気持ちをほぐす。さあ、帰ろう。疲れ果てて家路に着いた。
 
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
 

|

« こんな本もある | トップページ | 再々度の韓流ブーム »

コメント

こんばんは。
取りあえずリベンジおめでとうございます。
しかも地べら・・・。大きいですね?
しかし増沢も厳しいですね。この時期西之谷でも入る所間違えると(通称お立ち台、暖かく、風も有る程度カバーしてくれる場所)朝9時より16時まで当り無し!(バランスの底、両グル)ボウズを覚悟しましたが最後の一投、しかも片方のグルテンが飛んじゃって「1個付」で何とか1匹ゲット!新べら相手の師匠連は宙で釣果を上げていましたが難しくなってきましたね。今週は段底で挑戦しようと思っています。

投稿: yurie | 2010年1月11日 (月) 18時52分

yurieさんこんばんは。
今日Mさんから聞きましたが、西の谷の大会で入賞したようですね。おめでとうございます。
さて、今日は今年3回の釣行で一番ウキが動きませんでした(私だけかも)。
さっさと諦めて帰ればいいものを、未練がましく延長した結果は、やはりボウズ。もっとも、ブロガー3人揃い踏みで、楽しい時間が過ごせたことは良かったのですが・・・。

投稿: sunshine_hera | 2010年1月11日 (月) 20時49分

こんにちは。
昨日はありがとうございました。
楽しいひとときを過ごせましたよ。
いつも口が悪くてすみません…。
もうちょっと居てくれれば私の1枚も見れたのに…。
代わりにザわさんがみてくれました。

投稿: 黄金バット@会社 | 2010年1月12日 (火) 12時56分

バットさんこんにちは。
え~っ、あれから遂に出たんですか?ガクガクッ・・・。
やはり根性が足りない私でした(トホホ×トホホ)。

投稿: sunshine_hera | 2010年1月12日 (火) 13時18分

こんにちは。
西之谷の大会の事はもう忘れました!(笑)
只、初心者(箆鮒釣り2年)の私にとっては色々ご教授頂いている師匠の方々のおかげだと心底(真底はエサですが、爆笑)思っていますので(フラシもお借りしました)お礼をしている最中です。休日休めないサービス業を生業としているので
サラリーマンとして最初で最後の大会出場だったと思います(大げさだナ~)
常々師匠連(沢山いて・・・?笑)から言われている事は「基本」です。解っているようで本質のところを理解しているか否か。底取しかり。おかしいなと思ったらもう一度測り直し(面倒で中々出来ない人多し)かってのトーナメンター○島師匠の教えです。

投稿: yurie | 2010年1月12日 (火) 16時22分

yurieさんこんばんは。
そうですね、分かっていてなかなか出来ないのが底取りのやり直し。ウキ下を適当に調整して済ませてしまうことが多いです。ホント、分かってはいるんですが・・・。

投稿: sunshine_hera | 2010年1月12日 (火) 23時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/47263834

この記事へのトラックバック一覧です: 3者揃い踏みも結果は@都田:

« こんな本もある | トップページ | 再々度の韓流ブーム »