« クラシックでも聴いて:その10 | トップページ | 愛宕下羊羹 »

2010年1月27日 (水)

会員番号1番ゲットか@都田

今週は行くまいと思っていたが、今日は風がないとの予報に、浮き足立ってきた。9時半過ぎにゴー!駐車場には多くの車。こりゃぁ場所はないかも。あっ、Oさんの車だ。急いで車から荷物を降ろし、外の道路から池に向かう。日向側にはダム?そばに2人、流れ込みに2人、遊歩道下に3人。あれ、何処かで見たことのある人がダム?の上から池を見ているぞ。そ・れ・は、ザわさん。仕事の途中に様子を見に来たようだ。階段を下りると、階段下から一つ深場に入っているOさんがこちらを向いた。まずは挨拶。その右横に入れさせてもらう。おおっ、湖面は予報どおり鏡のよう。ただ、竿は曲がっていないようだ。早速準備しよう。今日もまずは18尺で段差の底。何故かと問うてはいけません。餌は前回と同じ。ザわさんがやって来て、しばらく話していたが、私の準備が遅いのに苛立ったのか、開始前に帰った。底を念入りに取り、開始は10時45分過ぎ。多少波立つ53400633_253400634_2こともあるが、視認性には問題なし。そうそう、対面ワンドにも2人いて、時折竿を曲げていた。ゲッ、流れ込みの人、それに階段下の人が竿を曲げている。こりゃぁいい時に来たかな?が、そんなに甘くなかった。餌打ちが続く。11時を過ぎた。階段下の人はポツポツと竿を曲げる。私とOさんは餌を打つだけ。が、Oさんからさわりが出たとの声。地合かな?良く見れば、ウキが馴染んで戻してから、フワフワしているようにも見えるぞ。ここで、ちょっと餌落ち目盛が気になったので、餌なしで仕掛けを打つ。すると、ウキが馴染んでからしばらくして、フワフワしながらズバッと入ったではないか!当然合わせると、やったかかりました!鈎に少しだけ付いていたグルテンに来たようだ。が、残念バラシ。大きな鱗が2枚付いてきた。こりゃぁ参った。しばらくはあたらないだろう。と、ここでOさんの竿が曲がった!いいなぁと思った瞬間に私の竿も!慌てて合わせるが、堪えきれずにハリス切れ。これまでは何となくいい感じだが、結果が出るかどうかは別のような気がする。いや、まだ私に運は残っていた。ウキが戻してからチクッというあたり!これ53400635に合わせれば今度こそかかったでしょう!こりゃぁ大物だ。しかぁ~し、この引きは・・・。ちょっとへらとは違う感じだ。サイズは35cm近くあってもノーカウント。ウキはまだモヤモヤしている。釣るなら今だ。すると、またもウキが馴染んで戻してからのチクッというあたり!これにもバッチリ合い53400636ました!今度こそへらでしょう。が、しかぁ~し、しかぁ~し、鰓近辺に擦れている。どうやら今日は凸(デコ:オデコのことらしい。ツイッターで知りました)かな。「自虐的へらの会」会員番号1番をmasaさんから譲られそうだ。これ以降釣れない場合が充分考えられるので、とりあえず写真。あ~あ、こんなにポカポカ陽気なのに、どうして私だけがアウト・オブ・ザ・蚊帳なんだろうか。そんなボヤキ(独り言)を呟いていると、12時のサイレン。竿が曲がっている流れ込みの2人は余裕の昼食。今日は私も珍しく昼食を買ってきたが、とてもゆっくりと昼食を摂る心の余裕はありません。底が終わったら、ネ。12時を過ぎると風・波が出てきた。すると、ウキの視認性が悪くなるのは当然として、ウキが流され、またシモッてしまい、そのうえ底に何かあるのか、下鈎が引っかかっているような気がする。竿を上げれば木の枝。結局その後は何もなく、予定?の12時45分頃にグルテンが尽きて底は終了。実釣2時間で凸(記録:擦れ1匹とマブナ1匹)。我慢していた用を足し、遅い昼食。さあ、残ったバラケと「玉」で宙だ。18尺ではウキが遠くなって見え辛くなるので、竿を15尺に変更。再開は1時頃。まずは「たな」1本半から。が、ウキに動きなく30分が経過。それにウキが流される。「たな」を1本に。状況は同じ。再び1本半。更に再び1本へと、いつもの迷走が始まる。そんな私をよそに、階段下の人とOさんは竿を曲げる。いよいよ凸が現実味を帯びてきた。2時を過ぎ、流れ込みの2人が終了。対面の2人も帰っている。そろそろ最初のバラケもなくなるが、次の餌を作るべきか?が、何とこの頃から、波ではっきりしないがウキに動きが。あたりではなさそうだが、弱く入ることも。更に困ったぁ。日は山に近づき、雲で陰って体感温度も下がる一方。暑くて脱いでいたジャンパーを羽織る。2時半頃、遂にバラケがなくなった。さあここが思案のしどころ。う~ん、う~ん、どうしよう。このまま帰れば会員番号1番は私のもの。だが、敵?に後ろは見せられない。Oさんもまだ続けるようだし、よし、少しだけバラケを作ろう!天々単体でいつもの半分くらい作る。そして餌打ち。すると、何と言う事でしょう!2投目でウキがモヤッ53400637と入り、これに合わせればやったかかりましたよ!う、嬉しいゾーッ!サイズは小ぶりだが、これで凸解消。会員番号1番も返上出来る。すると、ウキはまだ動き、今度はグッと53400638力強いあたりで2匹目!もう何も言う事はありません。そろそろOさんも終りだと言うし、私もバラケを捨てながら続行すれば、3時を過ぎてウキが馴染んでから小さくチクッというあたり!これに合わせてやった3匹目か?残念顎に擦53400639れていた。ガックリ。階段下で竿を曲げ続けていた人が終了し、私に話しかけてきた。青い「PRIME AREA」のへらカバンと竿ケースがカッコいい。私のブログを見てくれているとの事。今日は青い「たも」で私と分かったようだ。ご購読ありがとうございます。何でもyurieさんと知り合いで、yurieさんをヘラブナ釣りに引きずり込んだ張本人だと言うではないか。いやぁ、世間は狭いなぁ。しばらく話をしたが、私としては懸命に対応したつもりなのだが、こういう顔でぶっきらぼうのため、悪い印象を残したとしたらスミマセンでした。これからもブログ宜しくご購読願います。さて、餌打ちの際に「玉」が吹っ飛んだのを機に終了。実釣2時間強53400640で2匹(擦れ1匹含まず)。トータルでは、実釣4時間半弱で2匹(擦れ2匹とマブナ1匹含まず)。今年は結果が×○×○×○となっているので、今日は×の日かと思ったが、結果が出て本当に良かった。Oさんも終了だと言うので、一緒に片付け。かなり冷えてきた。片付けを終え、橋を渡って駐車場に戻る。看板横とジャカゴ手前に1人ずつのへら師。駐車場で次回また宜しくと言って解散。私はケンタッキーに寄るべくモクレン街道をひた走った。
 
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« クラシックでも聴いて:その10 | トップページ | 愛宕下羊羹 »

コメント

こんばんは!

 え~~~!!”4回目の正直”で2枚も釣ってしまったんですか?やはりまだ会員ナンバー1番は御譲りできません。

 ま、釣果が有ったという事で、何はともあれおめでとうございます。(私の4度目は今度の土曜日かな?。)

 今日朝工業団地の池仕事前の見てきました。”オダ”が沈んでいるのが見えビックリしました。途中の道は予想よりかなり広くって走り易かったです。゛西の平の池”もこの池も、夏場のアフター5の楽しみが増えましたfish

投稿: masa872 | 2010年1月27日 (水) 19時45分

こんばんは。お疲れ様でした。今日階段の下でやっていた者です。早速読みました。また、お会いしたら、よろしくです。

投稿: taka | 2010年1月27日 (水) 20時46分

masaさんこんばんは。いやぁ、いただきたいのはやまやまですが、しばらくお預けしますので、大事にしてください。
工業団地の池は数年行っていませんが、まだ釣り台はありましたか?冬場は湖面に景色が映り、場所によっては午前中はウキが見辛いです。以前はへらも釣れましたが、今はどうでしょうか?一度は竿を出してみる必要がありそうです。
この池には「タナゴ」を捕る人が結構来ていました。天目に餌を入れて、一度に大量に捕っていましたが、今もいるのかな?

takaさんこんばんは。今日は随分竿が曲がっていましたね。2桁くらい釣ったのでは?羨ましいです。いつもは西ノ谷で竿を出しているんですか?
今後もブログ購読宜しくお願いします。

投稿: sunshine_hera | 2010年1月27日 (水) 20時59分

今晩は。
takaさんがお邪魔したみたいですね。
そ~なんです。takaさんが箆釣りに引きずり込んだ張本人です(笑)西之谷でバス釣りやってた頃(遊び程度)お若いのでてっきりバス釣りですか?とお聞きした所、「イヤ、箆です」という返事。当時、私の箆釣のイメージは「薀蓄云々、爺達の釣」だと思っていました(私もジジイですが、笑)近くで見せてもらって良いですかとお聞きすると、どうぞ×2と・・。お会いした時の印象がとても良く、それから西之谷通いが始まりました。道具を揃えて始めての釣行時も偶然お会いする事が出来、手取り足取り、ご教授頂きました。その後、諸先輩もご紹介頂き(G会)現在の私が有ります。最初の出会いって大事ですね・・・。現在takaさんはG会の若手三羽烏と言われている御仁の一人です。G会は若手、中堅、ベテランとバランス良く、会員が居て釣技向上を目指しているように感じます(例会に参加出来ない私は準構成員って言うところでしょうか、笑)sunshinさんが遭遇?した折も、増沢池の例会で納得出来ない釣をしてしまったらしく、リベンジの釣行っだった様です。こんな努力が昨年のG会年間チャンプの所以でしょうね!
自虐的なsunshineさんには関係ないか?(爆笑。スミマセン)
PS.昨年西之谷でも決まった「段底」は今年は爆発(笑)しません。増沢でも決まらないようですね?箆はどうやら1本半中りに居るようです(西之谷でも)

投稿: yurie | 2010年1月28日 (木) 20時08分

yurieさんこんばんは。
いやぁ、takaさんという方、若くてカッコいい人でしたね。青いへらカバンと竿ケース、颯爽としていました。それで釣りがうまいので、いう事なしでしょう。私もご教授願いたいですね。
また、段底が良くないのではなくて、私のアームが良くないだけのことだと思いますよ。

投稿: sunshine_hera | 2010年1月28日 (木) 21時33分

なかなか、会員番号1番はむずかしいですな。

投稿: 黄金バット@会社 | 2010年2月 2日 (火) 12時27分

バットさんこんにちは。
いやぁ、確かにゲットは難しいようです。今年はmasaさんもゲットに向けた動きをしているようなので、バットさんとの熾烈な1番争いが見もの?でしょう。私は出来れば参戦したくないのですが、2月は分かりませんね。

投稿: sunshine_hera | 2010年2月 2日 (火) 13時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/47404335

この記事へのトラックバック一覧です: 会員番号1番ゲットか@都田:

« クラシックでも聴いて:その10 | トップページ | 愛宕下羊羹 »